本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2021年04月18日

市村 宏 (いちむら ひろし) 特任教授 ICHIMURA Hiroshi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 ウイルス感染症制御学分野
先進予防医学研究科長
先進予防医学研究科長
学長補佐(国際担当)
学長補佐(国際担当)
国際機構副機構長
国際機構副機構長

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類 ウイルス感染学
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻 ウイルス感染症制御学
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 ウイルス感染症制御学
先進予防医学研究科 ウイルス感染症制御学

所属研究室等

金沢大学医薬保健研究域医学系ウイルス感染症制御学研究分野 TEL:076-265-2228 FAX:076-234-4237

学歴

【出身大学院】
鳥取大学 博士課程 医学研究科 病理系(ウイルス学) 1984/03 修了
【出身大学】
山口大学 医学部 医学科 1980/03 卒業
【取得学位】
医学博士

職歴

金沢大学 大学院医学系研究科ウイルス感染症制御学(1999/05/01-)
京都府立医科大学 微生物学教室 助教授(1994/09/01-1999/04/30)
京都府立医科大学 微生物学教室 講師(1994/04/01-1994/08/31)
ベイラー医科大学 ウイルス生化学研究室 研究員(1985/02/01-1987/01/31)
カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校 癌研究所 客員研究員(1991/04/01-1992/03/31)
国立呉病院 臨床研究部ウイルス・微生物研究室 室長(1984/04/16-1994/03/31)

生年月

1956年01月

所属学会

第30回日本医学会総会 日本医学会総会奨励賞審査委員(2019-2019)
日本予防医学会 理事(2017-2021)
日本癌学会
北陸腸内細菌研究会 会長(2010-2020)
日本感染症学会 評議員(1994-)
日本ウイルス学会 評議員(1999-2020)
日本臨床ウイルス学会
国際エイズ学会
日本予防医学会 評議員(2014-2017)
日本予防医学会 常任理事(2002-2013)
日本感染症学会 日本感染症学会中日本地方会理事(2011-2014)
日本エイズ学会 ECC山口メモリアルエイズ研究奨励賞選考委員(2009-2012)

学内委員会委員等

○金沢大学微生物等安全管理委員会 委員長(2004-2017)
○国際戦略会議 委員(2014-2017)
○感染症対策検討委員会 委員(2009-2020)
○医薬保健研究域教育研究会議(代議委員会) 委員(2012-2017)
○医学系運営委員会 委員(2006-2019)
○医学系会議 委員(1999-2020)
○国際委員会 委員長(2004-2017)
○教育人事委員会 委員(2012-2017)
○医学類会議 委員(1999-2020)
○国際委員会 委員(2006-2011)
○短期留学プログラムに係る作業部会 委員(2006-2011)
○宝町キャンパス再開発検討委員会 委員(2006-2011)
○教育企画会議留学生部会 委員(2008-2011)
○国際交流本部 委員(2008-2011)
○国際交流本部 委員(2008-2011)
○教育企画会議 委員(2008-2011)
○国際委員会 委員(2006-2011)
○教育委員会 委員(2006-2009)
○教育企画会議留学生部会 委員(2008-2011)
○再任審査委員会 委員(2006-2011)
○金沢大学微生物等安全管理委員会 委員(2018-2020)
○先進予防医学研究科会議 委員長(2018-2019)
○危機対策本部会議 委員(2019-2021)
○卓越大学院プログラム 企画実行委員会 委員(2019-2025)
○先進予防医学研究科会議 委員(2020-2020)
○医学系・医学類会議 委員(2018-2020)
○外科再編ワーキンググループ 委員(2019-2019)
○内科再編ワーキンググループ 委員(2018-2019)
○教育研究評議会 委員(2018-2019)
○医薬保健学総合研究科博士課程・修士課程、先進予防医学研究科合同運営会議 委員(2018-2019)
○医薬保健学総合研究科博士課程・修士課程委員会 委員(2018-2019)
○医学系運営委員会 委員(2018-2019)
○宝町キャンパス委員会 委員(2018-2019)
○情報企画会議 委員(2018-2019)
○資料館委員会 委員(2018-2019)
○国際企画会議 委員(2018-2019)
○国際交流タスクグループ 委員(2018-2019)
○医薬保健系教育研究会議代議員会 委員(2018-2019)
○教務委員会 委員(2016-2017)
○SGU企画・推進本部会議 委員(2016-2017)
○国際企画会議 委員(2016-2017)
○教育委員会 委員長(2016-2018)
○中期目標等・点検・評価ワーキンググループ 委員長(2011-2015)
○国際機構連絡会 委員(2012-2013)
○研究国際企画会議 委員(2012-2013)
○国際推進会議 委員(2012-2013)

受賞学術賞

○Medal for People's Health(2016/11/04)

専門分野

ウイルス学

専門分野キーワード

ウイルス学、国際保健学、HIV/AIDS

研究課題

COVID-19におけるSARS-CoV-2特異的中和抗体価の経時的推移ならびに重症化機序の解明

SARS-CoV-2臨床分離株の同定とウイルス学的・遺伝学的性状の解析ならびに中和抗体価の測定

石川県の新型コロナウイルス感染クラスターにおけるウイルス学的解析

エンテロウイルス71感染症重症化の病態と関連するウイルス因子の解明

血液媒介性ウイルス(HIV, HBV, HCV)の分子疫学的検討

非B型HIV-1感染小児のエイズ発症に影響を及ぼす因子の解明

非サブタイプB型HIV-1の薬剤耐性関連遺伝子解析

著書

  • Viral hepatitis C, D and E. 1991/01 原著書 共著 355-357頁
  • サイトカインデータマニュアル 南江堂 1995/01 原著書 共著 今西二郎、市村宏 ほか15名
  • 微生物学 文光堂 1999/11 原著書 共著 市村 宏、今西二郎
  • HIVに対する感染免疫機構「免疫疾患 Ver. 2,state of arts」 医歯薬出版株式会社 2002/03 原著書 共著 市村 宏
  • かぜウイルス特異的に作用する物質「MRL-2471」への期待 治療 2002/11 原著書 共著 吾郷昌信、市村 宏

全て表示

  • 看護微生物学 医歯薬出版株式会社 2019/03/25 原著書 共著 編集:市村 宏、今西二郎、 執筆:石崎有澄美、市村 宏、今西二郎、神谷 茂、小島夫美子、槙村浩一、森内浩幸、森内雅子 ISBN978-4-263-23724-3
  • HIV Infection in Sub-Saharan Africa. in "Environmental Health and Education For Sustainable Dvelopment" Kanazawa e-Publishing Co., Ltd 2012/12 原著書 共著 Raphael W. Lihana and HIroshi Ichimura. (Ed. by Hiroyuki Nakamura, Katsunori Suzuki, and Kazuichi Hayakawa) 978-4-89010-608-0

論文

  • HIV-1 infection in Pygmy hunter gatherers is from contact with Bantu rather than with nonhuman primates. 19巻 5号 435-439頁 2003/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of Env CRF 10 among HIV Variants Circulating in Rural Western Kenya. AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES 19巻 2号 161-165頁 2003/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Construction and in vitro properties of chimeric simian and human immunodeficiency virus with the human TNF-alpha gene. MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY 46巻 12号 849-855頁 2002/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genetic subtypes of HIV type 1 based on the vpu/env sequences in Republic of Congo-Brazzaville. AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES 18巻 1号 79-83頁 2002/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Natural Infection of Wild-born Mandrills (Mandrillus sphinx) with Two Different Types of Simian Immunodeficiency Virus. AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES 17巻 12号 1143-1154頁 2001/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Prenatal short-course zidovudine reduces mortality in children born to HIV-positive mothers in rural Kenya. JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES 183巻 10号 1540-1542頁 2001/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genetic Subtypes of HIV Type 1 in Republic of Congo. AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES 16巻 7号 613-6頁 2000/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Role of apoptosis induction in both peripheral lymph nodes and thymus in progressive loss of CD4+ cells in SHIV-infected macaques. AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES 16巻 1号 9-18頁 2000/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sequential analysis of apoptosis induction in PBMC and lymph nodes in the early phase of pathogenic and non-pathogenic SIV mac infection. Tohko Iida, Hiroshi Ichimura ほか9名 AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES 15巻 8号 721-7頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Differentiation of a Cell Line of Human Cervical Argyrophil Small Cell Carcinoma to Macrophage Lineage Cells. JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH 90巻 5号 523-529頁 1999/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Kinetics of Cytokine Production in the Cornea and Trigeminal Ganglion of C57BL/6 Mice After Corneal HSV-1Infection. JOURNAL OF INTERFERON AND CYTOKINE RESEARCH 19巻 6号 609-615頁 1999/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cytokine Expression and Induction of Acinar Cell Apoptosis after Pancreatic Duct Ligation in Mice. JOURNAL OF INTERFERON AND CYTOKINE RESEARCH 19巻 6号 637-644頁 1999/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fas antigen expression and apoptosis of lymphocytes in macaques infected with simian immunodeficiency virus strain mac. ARCHIVES OF VIROLOGY 143巻 4号 717-7頁 1998/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • IL-9R a chain mRNA could be highly expressed in CD8+ Tcells producing anti-HIV substance(s). ACTA VIROLOGICA 42巻 1号 47-53頁 1998/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Suppression of HIV replication in vivo by CD8+ T cells from HIV-infected and -seronegative individuals. INTERNATIONAL JOURNAL OF STD & AIDS 8巻 5号 307-310頁 1997/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Apoptosis of lymphocytes in SIV-infected macaques. AIDS Res Newsletter 106巻 86頁 1996/08 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Polymerase substrate depletion: a novel strategy for inhibiting the replication of the human immunodeficiency virus. VIROLOGY 211巻 2号 554-560頁 1995/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prevalence of blood borne virus among intravenous drug users and alcoholics in Hiroshima, Japan. INTERNATIONAL JOURNAL OF STD & AIDS 6巻 6号 441-443頁 1995/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hepatitis C virus genotypes, reactivity to RIBA 2 antigens and liver disease. JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 43巻 3号 212-215頁 1994/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of dibutyryl cyclic AMP on morphologic features and marker production of human cervical argyrophil small cell carcinoma cell line. INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER 56巻 5号 766-771頁 1994/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Biological, Serological, and Genetic Characterization of HIV-1 Subtype E Isolates from Northern Thailand. AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES 10巻 3号 263-269頁 1994/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Risk of liver cirrhosis and hepatocellular carcinoma in subjects with hepatitis B and delta infection: A study from Kure Japan. JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY 8巻 5号 433-436頁 1993/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Risk of HCV transmission through saliva, stool and urine of patients with HCV infection. Venereology 6巻 33-35頁 1993/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hepatitis C virus RNA and hepatitis C virus antibody in the serum of patients with abnormal liver function. JOURNAL OF INFECTION 25巻 1号 47-53頁 1992/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prevalence of four blood-borne viruses (HBV, HCV, HTLV-1, HIV-1) among haemodialysis patients in Japan. JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 36巻 4号 271-273頁 1992/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Establishment and characterization of a new cell line TC-YIK originating from argyrophil small cell carcinoma of the uterine cervix integrating HPV16 DNA. CANCER 67巻 9号 2327-2332頁 1991/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A long-term follow-up of five patients with hepatitis delta virus in Japan. JOURNAL OF INTERNATIONAL MEDICAL RESEARCH 19巻 6号 484-492頁 1991/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chromosomal insertion and amplification of human papillomavirus 16 DNA sequences in a cell line of argyrophil small cell carcinoma of the uterine cervix. JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH 82巻 4号 371-375頁 1991/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hepatitis C virus antibodies in haemodialysis patients. LANCET 335巻 8702号 1409-1410頁 1990/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Heterotransplantation of argyrophil small cell carcinoma of the uterine cervix integrating HPV16 DNA into nude mice. JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH 79巻 1255-1258頁 1988/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hepatitis d virus infection in different time periods in Japan. JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY 5巻 4号 407-410頁 1990/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Isolation and comparative restriction endonuclease DNA fingerprinting of equine herpesvirus-1 from cattle. AMERICAN JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH 49巻 11号 1807-1813頁 1988/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of hepatitis delta virus uperinfection on the clearance of hepatitis B virus (HBV) markers in HBV carriers in Japan. JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 26巻 49-55頁 1988/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prevalence of antibody to delta antigen among HBV carriers in Japan. JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 22巻 3号 217-221頁 1987/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Differential metabolism of (E)-5-(2-iodovinyl)-2\'-deoxyuridine (IVDU) by equine herpesvirus type 1- and herpes simplex virus-infected cells. ANTIVIRAL RESEARCH 8巻 1号 41-51頁 1987/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nucleotide sequence changes in thymidine kinase gene of herpes simplex virus type 2 clones from an isolate of a patient treated with acyclovir. ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY 31巻 10号 1483-1490頁 1987/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phosphorylation of nucleoside analogs by equine herpesvirus type 1 pyrimidine deoxyribonucleoside kinase. ANTIVIRAL RESEARCH 7巻 1号 53-67頁 1987/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Second-generation pseudorabies virus vaccine with deletions in thymidine kinase and glycoprotein genes. AMERICAN JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH 48巻 5号 780-793頁 1987/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of thymidine kinase activity by viruses with group B DNA genomes.: bovine cytomegalovirus (bovine herpesvirus 4). VIRUS RESEARCH 4巻 197-2頁 1986/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Persistence of hepatitis B e antigen for a long period after the clearance of hepatitis B surface antigen. 29巻 6号 505-508頁 1985/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Neutralizing antibody and interferon-a in cerebrospinal fluids and sera of acute aseptic meningitis. 15巻 3号 231-237頁 1985/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Risk of HTLV infection in patients on haemodialysis. LANCET 1巻 8376号 565-566頁 1984/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Acute and latent infection of rabbits by herpes simplex virus. Yonago Acta Medica 26巻 65-72頁 1983/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Human papillomavirus infection and cervical abnormality in Nairobi, Kenya, an area with high prevalence of human immunodeficiency virus infection. 80巻 5号 847-855頁 2008/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The use of short-course zidovudine to prevent perinatal transmission of human immunodeficiency virus in rural Kenya AMERICAN JOURNAL OF TROPICAL MEDICINE AND HYGIENE 69巻 1号 8-13頁 2003/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Active generation and selection for HIV intersubtype A/D recombinant forms in a coinfected patient in Kenya AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES 20巻 2号 255-258頁 2004/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genetic diversity of HIV type 1 in rural eastern Cameroon Journal of acquired immune deficiency syndromes 37巻 5号 1641-1650頁 2004/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genetic diversity of HIV type 1 in Likasi, southeast of the Democratic Republic of Congo AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES 20巻 12号 1352-1357頁 2004/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A novel simian immunodeficiency virus from black mangabey (Lophocebus aterrimus) in the Democratic Republic of Congo JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY 86巻 Pt7号 1967-1971頁 2005/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A new subtype (subgenotype) Ac (A3) of hepatitis B virus and recombination between genotypes A and E in Cameroon JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY 86巻 Pt 7号 2047-2056頁 2005/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rapid spread of hepatitis C virus among injecting-drug users in the Philippines: Implications for HIV epidemics JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 77巻 2号 221-6頁 2005/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • HIV type 1 subtypes in circulation in northern Kenya AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES 21巻 9号 810-814頁 2005/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tuberculosis and oral Candida species surveillance in HIV infected individuals in Northern Kenya, and the implications on tuberculin skin test screening for DOPT-P EAST AFRICAN MEDICAL JOURNAL 82巻 12号 609-13頁 2005/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Emergence of antiretroviral therapy resistance-associated primary mutations among drug-naive HIV-1-infected individuals in rural western Cameroon 43巻 1号 15-22頁 2006/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A natural inter-genotypic (2b/1b) recombinant of hepatitis C virus in the Philippines JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 78巻 11号 1423-1428頁 2006/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Biochemical characterization of reactive nitrogen species by eosinophil peroxidase in tyrosine nitration ACTA MEDICA OKAYAMA 61巻 1号 17-30頁 2007/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anti-retroviral drug resistance-associated mutations among non-subtype B HIV-1-infected Kenyan children with treatment failure JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 79巻 7号 865-872頁 2007/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • RANTES -28G delays and DC-SIGN - 139C enhances AIDS progression in HIV type 1-infected Japanese hemophiliacs AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES 23巻 5号 713-719頁 2007/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transiently, paralleled upregulation of arginase and nitric oxide synthase and the effect of both enzymes on the pathology of asthma AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LUNG CELLULAR AND MOLECULAR PHYSIOLOGY 293巻 6号 L1419-426頁 2007/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular characterization of human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) and HIV-2 in Yaounde, Cameroon: evidence of major drug resistance mutations in newly diagnosed patients infected with subtypes other than subtype B JOURNAL OF CLINICAL MICROBIOLOGY 46巻 1号 177-184頁 2008/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • HIV-2 amino acid substitutions in Gag and Env proteins occurring simultaneously with viral load upsurge in a drug-naive patient Journal of infection and chemotherapy 14巻 2号 151-155頁 2008/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prevalence of nevirapine-associated resistance mutations after single dose prophylactic treatment among antenatal clinic attendees in North Rift Kenya. 24巻 12号 1555-1559頁 2008/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • HIV type 1 genetic diversity in Moyale, Mandera, and Turkana based on env-C2-V3 sequences 24巻 12号 1561-1564頁 2008/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Changes in the HIV-1 envelope gene from non-subtype B HIV-1-infected children in Kenya in press頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Profile of HIV-1 infection and genotypic resistance mutations to antiretroviral drugs in treatment-naive HIV-1-infected individuals in press頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • High-risk HPV types for uterine abnormal cervices of female commercial sex workers in the Philippines in press頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rapid Detection of Human Immunodeficiency Virus Type 1 group M by a Reverse Transcription-Loop-Mediated Isothermal Amplification Assay in press頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular Genetic Diversity of Hepatitis B Virus in Kenya 51巻 6号 417-421頁 2009/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tracking the entry routes of hepatitis C virus as a surrogate of HIV in an HIV-low prevalence country, the Philippines Journal of Medical Virology 81巻 7号 1157-1162頁 2009/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prediction of Response to Pegylated Interferon Treatment of Chronic Hepatitis B in the Philippines Journal of Medical Virology 82巻 2号 213-219頁 2010/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • HIV-1 subtype diversity and drug resistance among HIV-1-infected Kenyan patients initiating antiretroviral therapy AIDS Research and Human Retroviruses 25巻 12号 1211-1217頁 2009/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of HIV-1 Genotypes and Drug Resistance Mutations among Drug-Naive HIV-1-Infected Patients in Northern Vietnam AIDS research and human retroviruses in press頁 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multiple routes of hepatitis C virus transmission among injection drug users in Hai Phong, Northern Vietnam JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 82巻 8号 233-235頁 2010/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prevalence of HBV infection among different HIV-risk groups in Hai Phong, Vietnam JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 83巻 3号 399-404頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Oral and Cervical Human Papillomavirus Infection among Female Sex Workers in Japan JAPANESE JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES 64巻 1号 34-39頁 2010/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Efficient monitoring of HIV-1 vertically-infected children in Kenya on first-line antiretroviral therapy JOURNAL OF CLINICAL VIROLOGY 52巻 2号 123-128頁 2011/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • High prevalence of intermediate-risk human papillomavirus infection in uterine cervices of Kenyan women infected with human immunodeficiency virus JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 83巻 11号 1988-1996頁 2011/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • No increase of drug-resistant HIV-1 prevalence among drug-naïve individuals in Northern Vietnam AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES 28巻 10号 1349-1351頁 2012/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • HIV infection in Sub-Saharan Africa Environmental Health and Education for Sustainable Development 2012/12 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Diversity of HIV-1 and Drug Resistance Mutations among Injecting Drug Users in Kenya AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES 29巻 1号 187-190頁 2013/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Infection with High-risk HPV Types among Female Sex Workers in Northern Vietnam JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 85巻 2号 288-294頁 2013/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • E6 and E7 variants of human papillomavirus-16 and -52 in Japan, the Philippines, and Vietnam JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 85巻 6号 1069-1076頁 2013/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Geographic and Temporal Trends in the Molecular Epidemiology and Genetic Mechanisms of Transmitted HIV-1 Drug Resistance: an Individual Patient and Sequence-level Meta-Analysis. Geographic and Temporal Trends in the Molecular Epidemiology and Genetic Mechanisms of Transmitted HIV-1 Drug Resistance: an Individual Patient and Sequence-level Meta-Analysis Rhee SY, Blanco JL, Jordan MR, Taylor J, Lemey P, Varghese V, Hamers RL, Bertagnolio S, de Wit TF, Aghokeng AF, Albert J, Avi R, Avila-Rios S, Bessong PO, Brooks JI, Boucher CA, Brumme ZL, Busch MP, Bussmann H, Chaix ML, Chin BS, D'Aquin TT, De Gascun CF, Derache A, Descamps D, Deshpande AK, Djoko CF, Eshleman SH, Fleury H, Frange P, Fujisaki S, Harrigan PR, Hattori J, Holguin A, Hunt GM, Ichimura H, Kaleebu P, Katzenstein D, Kiertiburanakul S, Kim JH, Kim SS, Li Y, Lutsar I, Morris L, Ndembi N, Kee PN, Paranjape RS, Peeters M, Poljak M, Price MA, Ragonnet-Cronin ML, Reyes-Terán G, Rolland M, Sirivichayakul S, Smith DM, Soares MA, Soriano VV, Ssemwanga D, Stanojevic M, Stefani MA, Sugiura W, Sungkanuparph S, Tanuri A, Tee KK, Truong HM, van de Vijver DA, Vidal N, Yang C, Yang R, Yebra G, Ioannidis JP, Vandamme AM, Shafer RW PLOS Medicine 12巻 6号 e1001845頁 2015/06/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of HBV Among HBV/HIV-1 Co-Infected Injecting Drug Users from Mombasa, Kenya Kibaya RM, Lihana RW, Kiptoo M, Songok EM, Ng’ang’a Z, Osman S, 石崎有澄美, 畢 袖晴, Okoth FA, 市村 宏 and Lwembe RM Current HIV Res  13巻 4号 292-299頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genetic analyses of HIV-1 strains transmitted from mother to child in Northern Vietnam Phan CTT, Pham HV, 畢 袖晴, 石崎有澄美, Saina M, Phung CD, Khu DTK, 市村 宏 AIDS Res Hum Retroviruses 31巻 8号 797-805頁 2015/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of HIV-1 nef and gag Variations and Host HLA Characteristics as Determinants of Disease Progression among HIV-1 Vertically Infected Kenyan Children Saina MC, 畢 袖晴, Lihana R, Lwembe R, 石崎有澄美, Panikulam A, Palakudy T, Musoke R, Owens M, Songok EM,市村 宏 PLoS One 10巻 8号 e0137140頁 2015/08/28 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Change in the prevalence of HIV-1 and the rate of transmitted drug-resistant HIV-1 in Haiphong, Northern Vietnam Pham HV, 石崎有澄美, Nguyen CH, Saina MC, Hoan HT, Tran VT, 畢 袖晴, PhamTV, and 市村 宏 AIDS Res Hum Retroviruses 31巻 7号 757-759頁 2015/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Two-year outcome of first-line antiretroviral therapy among HIV-1 vertically infected children in Hanoi, Vietnam.  Pham HV, 石崎有澄美, Nguyen LV, Phan CTT, Phung TTB, 竹本 K, Pham AN, 畢 袖晴, Khu DTK, 市村 宏 Int J STD AIDS 26巻 11号 821-830頁 2015/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hepatitis C virus genotypes in Kenya Mwangi J, Nganga Z, Mpoke S, Lihana R, Kinyua J, Lagat N, Muriuki J, LLei R, Kageha S, Osman S, 市村 宏 Arch Virol 161巻 1号 95-101頁 2016/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lower prevalence of Entamoeba species in children with vertically transmitted HIV infection in Western Kenya Matey EJ, 所 正治, 永元 T, 水野 T, Saina MC, 畢 袖晴, Oyombra JA, Okumu P, Langat BK, Sang WK, Songok EM, and 市村 宏 AIDS 30巻 5号 803-805頁 2016/03/13 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Human papillomavirus infection in male patients with STI-related symptoms in Hanoi, Vietnam Le HHL, 畢 袖晴, 石崎有澄美, Le HV, Nguyen TV, Hosaka N, 市村 宏 J Med Virol  88巻 6号 1059-1066頁 2016/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Impact of HIV infection and anti-retroviral therapy on the immune profile of and microbial translocation in HIV-infected children in Vietnam 畢 袖晴, 石崎有澄美, Nguyen LV, 松田 K, Pham HV, Phan CTT, 緒方 K, Giang TTT, Phung TTB, Nguyen TT, Tokoro M, Pham AN, Khu DTK, 市村 宏  Int J Mol Sci 17巻 8号 E1245頁 2016/08/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Positive correlation of HIV infection with Giardia intestinalis assemblage B but not with assemblage A in asymptomatic Kenyan children Matey EJ, 所 正治,
 水野 T, 松村 T,
 永元 T, 畢 袖晴, Oyombra JA, Sang WK, Songok EM 
and 市村 宏 AIDS 30巻 15号 2385-2387頁 2016/09/24 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A functional polymorphism in the NKG2D gene modulates NK-cell cytotoxicity and is associated with susceptibility to Human Papilloma Virus-related cancers. Espinoza JL, Nguyen VH, Ichimura H, Pham TTT, Nguyen CH, Thuc VP, Elbadry MI, Yoshioka K, Tanaka J, Takami A, and Nakao S.  Scientific Report  6巻 39231頁 2016/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Discrepancies in prevalence trends for HIV, hepatitis B virus, and hepatitis C virus in Haiphong, Vietnam from 2007 to 2012.  Ishizaki A, Tran VT, Nguyen CH, Tanimoto T, Hoang HTT, Pham HV, Phan CTT, Bi X, Pham TV, Ichimura H. PLoS One 12巻 6号 e0179616頁 2017/06/29 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Short-term Probiotic Ingestion on Immune Profiles and Microbial Translocation among HIV-1-Infected Vietnamese Children. Ishizaki A , Bi X, Nguyen LV, Matsuda K, Pham HV, Phan CTT, Khu DTTK, Ichimura H. Int J Mol Sci 18巻 10号 2185頁 2017/10/19 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アジアの中の日本 岡 慎一、市村 宏、塩田 達雄 HIV感染症とAIDSの治療 8巻 2号 4-10頁 2017/11/30 査読無 展望 その他
  • Prevalence of enteric bacteria pathogens among HIV infected and uninfected children in Dandora, Kenya. Rashid SS, Matey E, Tokoro M, Ichimura H, Nyerere A and Sang W Journal of Advances in Microbiology 19巻 1号 1-7頁 2019/11/20 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Human papillomavirus genotypes and HPV16 E6/ E7 variants among patients with genital cancers in Vietnam. Pham TTT, Bi X, Hoang HTT, Ishizaki A, Phuong Nguyen MTP, Nguyen CH, Hung NP, Pham TV, Ichimura H. Jpn J Infect Dis 71巻 6号 419-426頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Low concordance of oral and genital HPV infection among male patients with sexually transmitted infections in Vietnam Hai Ha Long Le, Xiuqiong Bi, Azumi Ishizaki, Hung Van Le, Trung Vu Nguyen, Hiroshi Ichimura BMC Infect Dis 19巻 1号 578頁 2019/07/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Extremely diversified haplotypes observed among assemblage B population of Giardia intestinalis in Kenya Mizuno T, Matey EJ, Bi X, Songok EM, Ichimura H, Tokoro M Parasitol Int 102038頁 2019/12/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Newly emerged enterovirus-A71 C4 sublineage may be more virulent than B5 in the 2015–2016 hand-foot-and-mouth disease outbreak in northern Vietnam Son T Chu, Kyousuke Kobayashi, Xiuqiong Bi, Azumi Ishizaki, Tu T Tran, Thuy T B Phung, Chung T. T. Pham, Lam V Nguyen, Tuan A Ta, Dung T K Khu, Masanobu Ago, An N Pham, Satoshi Koike, Hiroshi Ichimura Sci Rep 10巻 159頁 2020/01/13 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Novel Hyaluronate Lyase Involved in Pathogenicity of Streptococcus dysgalactiae subsp. Nguyen AV, Ogura K, Matsue M, Hashimoto W, Okamoto S, Ichimura H Frontiers in Microbiology 11巻 552418頁 2020/09/24 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Clinical outcomes of patients with chronic hepatitis C after generic direct-acting antiviral treatments in Vietnam: A retrospective analysis. Vu H|TT, Ishizaki A, Nguyen QT, Nguyen HN, Le HT, Nguyen KV, Ichimura H Asian Pac J Trop Med 13巻 11号 487-493頁 2020/09/30 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 新型コロナウイルス感染症〜わかってきたバイオロジー、疫学、対策〜(会議名:石川県議会政策調査会研修会)(2020/09/30)
  • ウィズ/アフターコロナ期をどう過ごすか −わかってきたバイオロジー、疫学-(会議名:小松大学市民公開講座)(2020/09/30)
  • 職場における感染症対策(会議名:令和2年度健康経営セミナー)(2020/11/04)
  • 新たに出現したエンテロウィルスA71C4亜型とその組換ウイルスの病原性(会議名:2019北陸腸内細菌研究会)(2019/07/13)
  • Low concordance of oral and genital HPV infection among male patients with sexually transmitted infections in Vietnam(会議名:Hai Ha Long Le, Xiuqiong Bi, Azumi Ishizaki, Hung Van Le, Trung Vu Nguyen, Hiroshi Ichimura)(2019/07/26)

全て表示

  • 日本とベトナムの手足口病患者から分離されたエンテロウイルス71の病原性解析と病原性決定因子の探索(会議名:第67回日本ウイルス学会学術総会)(2019/10/31)
  • IMPACT OF HIV INFECTION AND ANTIRETROVIRAL THERAPY ON THE GUT MICROBIOTA AMONG HIV-INFECTED CHILDREN IN VIETNAM(会議名:第33回日本エイズ学会学術集会)(2019/11/28)
  • 人類とウイルスの闘いの歴史 −『新型コロナ』とは−(会議名:第9回公開市民講座)(2020/10/10)
  • Epidemiological and Virological Characterization of the Enterovirus Causing Hand Foot and Mouth Disease in Northern Vietnam, 2015-2016(会議名:第66回日本ウイルス学会学術集会)(2018/10/26)
  • Tissue culture adaptation of enterovirus 71 selects mutant viruses that bind to HS and are attenuated in vivo(会議名:第66回日本ウイルス学会学術集会)(2018/10/30)
  • Incidence and clearance of human papillomavirus infection in male patients with STI(会議名:第66回日本ウイルス学会学術集会)(2018/10/28)
  • 抗HIV療法開始後24ヶ月間の小児免疫状態の改善(会議名:第32回日本エイズ学会学術集会・総会)(2018/12/02)
  • Lower prevalence of Entamoeba species in children with vertically transmitted HIV infection in western Kenya (会議名:第22回国際エイズ学会学術集会)(2018/07/25)
  • Impact of anti-retroviral therapy on the immune status in HIV-infected children  -Longitudinal study-(会議名:第22回国際エイズ学会)(2018/07/25)
  • HIV感染小児における免疫プロファイルおよびバクテリアルトランスロケーションに対するプロバイオティクスの短期摂取効果 (会議名:プロバイオティクス シンポジウム)(2018/12/01)
  • ベトナムのHIV感染小児における免疫プロファイルおよびバクテリアルトランスロケーションに対するプロバイオティクスの短期摂取効果 (会議名:第9回代田カンファレンス)(2018/10/25)
  • ベトナムでの感染症分野における共同研究(会議名:KICK-OFF SYMPOSIUM OF THE DOUBLE DEGREE PROGRAMS BETWEEN HANOI MEDICAL UNIVERSITY AND KANAZAWA UNIVERSITY)(2019/03/25)
  • Research collaboration between Kenya Medical Research Institute and Kanazawa University (会議名:Japan-Africa Meeting: Collaborative Research on Helicobactor pylori)(2017/12/01)
  • ベトナムの男性性感染症患者における口腔および性器HPV感染の低い一致(会議名:第65回日本ウイルス学会学術集会・総会)(2017/10/25)
  • 抗レトロウイルス療法が小児免疫状態に及ぼす影響(会議名:第31回日本エイズ学会学術集会総会)(2017/11/24)
  • Twenty-year collaboration between KEMRI and Kanazawa University(会議名:第8回ケニア中央医学研究所科学健康年会議)(2018/02/14)
  • ベトナムの子宮頚癌患者におけるHPV感染 —遺伝子型、E6・E7亜型の分布—.(2014/11/10)
  • 性器がん患者におけるヒトパピローマウイルス遺伝子型とE6/E7変異体(会議名:第64回日本ウイルス学会学術集会・総会)(2016/10/23)
  • HIV感染と抗レトロウイルス療法が小児の免疫系と腸管微生物体内移行に及ぼす影響(会議名:第30回日本エイズ学会学術集会・総会)(2016/11/24)
  • Comparison of HIV-1 nef and gag Variations and Host HLA Characteristics as Determinants of Disease Progression among HIV-1 Vertically Infected Kenyan Children (会議名:国際HIV・新興感染症会議2016)(2016/05/25)
  • 発展途上国における赤痢アメーバ種の臨床検査誤診断(会議名:2017年度KEMRI学術会議)(2017/02/08)
  • HIV感染と抗レトロウイルス療法が小児の免疫系と腸管微生物体内移行に及ぼす影響(会議名:第11回ベトナム小児科学会学術総会)(2016/11/04)
  • 輸入感染症 ー海外渡航時における感染症対策ー(会議名:第54回全国大学保健管理協会東海・北陸地方部会研究集会)(2016/07/28)
  • ベトナムの男性性感染症患者におけるヒトパピローマウイルス感染(会議名:第27回日本性感染症学会学術集会)(2014/12/06)
  • HPV infection in Asia(会議名:Vietnamese-Japanese Students’ Scientific Exchange Meeting 2015)(2015/10/31)
  • HPV infection in Asia -An outcome of collaboration between HPUMP and Kanazawa University-(会議名:ハイフォン医科薬科大学創立35周年記念国際科学会議)(2014/11/14)
  • HIV感染小児における腸内細菌の体内移行と免疫活性化(会議名:第28回日本エイズ学会学術集会)(2014/12/03)
  • Sequence variation in the HIV-1 gag gene among rapid, slow and non progressor children.(会議名:第13回あわじしま感染症・免疫フォーラム)(2014/09/23)
  • 感染症に対するテーラーメード予防法の確立に向けて(会議名:第83回日本衛生学会学術集会)(2013/03)
  • The training and research collaboration between HPMU and Kanazawa University(会議名:ベトナム・日本外交関係樹立40周年記念セミナー「ベトナム・日本の科学技術協力の成果と展望」)(2013/06)
  • Influence of HIV infection and anti-retroviral therapy on the immune status and microbial translocation in HIV-infected children in Vietnam(会議名:第8回HIV病原性、治療、予防に関する国際エイズ会議)(2015/07/19)
  • Effects of short-term probiotic ingestion in children with HIV-1 infection(会議名:第8回HIV病原性、治療、予防に関する国際エイズ会議)(2015/07/19)
  • Effects of probiotics on HIV-1 infected children in Vietnam(会議名:2013年度ベトナム小児感染症とHIV/AIDS学会)(2013/10/24)
  • Drug-resistant HIV infection among children in Vietnam(会議名:第10回ベトナム小児科学会学術集会)(2015/11/17)
  • 2007年度:国際学会一般発表2回、国内学会招待講演1回、一般発表7回、  2008年度:国際学会一般発表2回、国内学会招待講演2回、一般発表8回(2008)
  • 世界のHIV感染症ーHIVの起源から治療の現状までー(会議名:第55回感染症学会中日本地方会、第82回感染症学会西日本地方会、第60回化学療法学会西日本地方会)(2012/11)
  • 国立大学での留学生へのワクチン接種(会議名:第23回トラベラーズワクチンフォーラム)(2013/02)
  • 日本におけるエイズの大流行はあるか? -エイズの故郷アフリカとアジアの現状からの考察-(会議名:第48回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会)(2009/03)

その他(報告書など)

  • インターフェロンによるAIDS治療 市村 宏 医薬ジャーナル社 1998/02 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • 子宮頚部好銀性小細胞癌 山崎正人、市村 宏、栗村 統 診療手帖 1989/01 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • インターフェロン 市村 宏、今西二郎 臨床と研究 1994/01 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • IFN による免疫疾患の治療 市村 宏、今西二郎 臨床と研究 1994/01 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • B 型肝炎ウイルス(HBV) 市村 宏 臨床と微生物 特集:ウイルスと性感染症 1995/01 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

全て表示

  • AIDSにおけるTリンパ球の減少とアポト-シス 飯田陶子、市村 宏 医学のあゆみ 1996/01 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • ライノウイルス感染症 市村 宏 医学のあゆみ 1996/01 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • ケモカインの抗HIV-1作用 34(1):99-100 市村 宏 1997/01 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • インターフェロンによるAIDS治療 市村 宏 医薬ジャーナル 1998/01 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • ウイルス感染時の免疫応答 市村 宏 臨床と微生物 2000/01 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • HIV感染症/AIDSにおける最近の診断と治療 2000/01
  • HIV感染症 -HIVの起源と多様性獲得のメカニズム- 武久 盾、市村 宏 医学のあゆみ 2000/05 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • HIV-1とリコンビネーション −サブタイプEはリコンビナントか? 武久 盾、市村 宏 治療学 2001/01 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • アジアにおけるHIVの流行 景山誠二、市村宏 日本予防医学会 2巻 2号 9-12頁 2007/10 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • HIV検査 診断と治療社 71巻 1号 131-136頁 2008/01 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • 腸管出血性大腸菌感染症 藤田信一、市村 宏 自然科学社 59巻 6号 955-961頁 2008/06 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • HIV-1母子感染の現状と予防 日本予防医学会 1巻 2006/01 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • ケニアのHIV-1母子感染児における病態進行に関与する因子としてのHIV-1 nef/gag遺伝子の多様性と宿主HLAの比較 市村 宏、畢 袖晴、Matilda Chelimo Saina 乳酸菌研究会に関する報告書(平成28年度) 2016/09/30 ④研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○萌芽的研究(1996-2001)「角膜ヘルペス再活性化機構の解明とその制御法の検討」(1999-2000) 代表者
○基盤研究(A)「アフリカのHIV/SIV・HTLV/STLVの遺伝子解析ーその起源と進化の解明」(2000-2003) 分担者
○基盤研究(A)「HIV母子感染ならびにエイズ発症に影響を及ぼす因子の解明」(2002-2005) 代表者
○厚生労働科学研究費補助金「非サブタイプB型HIVにおける薬剤耐性ジェノタイプ解析アルゴリズムに関する研究」(2004-2006) 分担者
○基盤研究(B)「フィリピンのHIV流行阻止のためのハイリスク集団把握と流行予測の試み」(2004-2007) 分担者
○厚生労働科学研究費補助金「ゲノム情報を用いたエイズワクチン開発と発症阻止に関する基礎的研究」(2004-2006) 分担者
○厚生労働科学研究費補助金「海外渡航者に対する予防接種の在り方に関する研究」(2005-2008) 分担者
○「宿主側及びウイルス側要因からみたHIV感染症の病態解明と新規医薬品・診断薬品の開発によるエイズ発症防止の研究」(2007-2009) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「アジアにおけるヒトパピローマウイルス遺伝子型・亜型の分布と癌化リスクの解明」(2013-2015) 代表者
○基盤研究(B)「フィリピンにおけるHIV流行モデルの検証と流行阻止の試み」(2008-2011) 分担者
○基盤研究(B)「ケニアのHIV-1感染小児の病態進行に関与する宿主及びウイルス側因子の解明」(2011-2014) 代表者
○基盤研究(C)「小児の抗HIV治療による免疫状態の改善と至適マーカーの同定 」(2014-2016) 分担者
○⑤ 基盤研究 (B)(海外学術調査)「アジア・アフリカの開発途上国におけるウイルス肝炎対策に関する実態調査」(2015-2017) 分担者
○盤研究(B)(海外学術調査)「ケニアのHIV感染および非感染小児下痢症における腸管寄生原虫の役割」(2016-2019) 分担者
○基盤研究(C)「 長期抗HIV療法が小児免疫状態に及ぼす影響」(2017-2019) 分担者
○基盤研究(B)「エンテロウイルス71感染の重症化に関与するウイルス側因子の解明」(2018-2020) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「男性HPV感染者に対する適切なフォローアップ・アルゴリズムの確立」(2018-2020) 代表者
○基盤研究(B)「越境性大気中PM2.5結合ヒトアルブミンの生体影響とその予防法の開発」(2020-2020) 分担者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学内) (2018-2019) 教育 予防医学教育の更なる国際化ならびに高度化 2018年度金沢大学教育改革GP(金大教育GP) 大学院先進予防医学研究科
○競争的資金(学外) (2002-2020) 教育,研究 ベトナム/ケニアにおけるウイルス感染症教育・研究 医学系教育研究資金 (株)ヤクルト本社 代表取締役社長 根岸孝成

共同研究・受託研究実績

○ヒトCD8+リンパ球由来整理活性物質の機能とその精製法に関する研究(1999-2001)
○ハノイにおける薬剤耐性HIVの現状および推移(2006-2009)
○開発途上国における血液媒体疾患に対する総合的な対策のあり方に関する研究(2007-2009)
○アジア人男性におけるHPV関連がんの現状と有効な予防対策の立案(2014-2019)
○抗レトロウイルス療法がHIV感染小児免疫状態に及ぼす影響(2014-2020)
○アジアにおける手足口病重症化の病態と関連するウイルス・宿主因子の解明(2014-2020)
○Profile of HIV-1 Drug-Resistant mutations and their Impact on Anti-retroviral Treatment Outcome Among Newly diagnosed Infants in Kenya(2016-2020)
○ベトナム北部におけるC型肝炎撲滅への現状と課題(2016-2020)

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○基本的基礎配属(2017)
○医学英語(2017)
○英語コミュニケーション(2017)
○医学研究プレゼンテーション(2017)
○応用基礎配属(2017)
○最新医学研究(2017)
○実践医学英語(2017)
○医学研究実践(2017)
○国際保健(2017)
○ウイルス感染(2017)
○応用臨床実習(2017)
○病態生理(2017)
○英語コミュニケーション(2017)
○ウイルス感染(2016)
○国際保健(2016)
○病態生理(2016)
○応用基礎配属(2016)
○応用臨床実習(2016)
○基本的基礎配属(2016)
○医学研究実践(2016)
○最新医学研究(2016)
○ウイルス感染(2015)
○国際保健(2015)
○英語Ⅲ(専門セミナー)(2014)
○ウイルス感染(2014)
○国際保健(2014)

大学院担当授業科目

○環境と遺伝(2017)
○ウイルス感染症制御学特論(2017)
○環境と健康各論(2017)
○環境と健康各論(2017)
○環境と健康各論(2017)
○環境と健康総論(2017)
○ウイルス感染症制御学特論(2017)
○ウイルス感染症制御学特論(2017)
○環境と健康総論(2016)
○ウイルス感染症制御学特論(2016)
○環境と健康各論(2016)
○環境と遺伝(2016)
○環境と健康各論(2016)
○環境と健康各論(2016)
○ウイルス感染症制御学特論(2016)
○ウイルス感染症制御学特論(2015)
○ウイルス感染症制御学特論(2014)

他大学の客員教授

○京都府立医科大学
○ハノイ医科大学
○ハイフォン医科薬科大学
○福井大学

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

○JICA ケニア感染症対策プロジェクトケニア中央医学研究所ケニア(1996/07-2005/04)ケニアHIV/AIDS部門の短期専門家として現地で技術・研究指導を行うとともに、ケニア中央医学研究所の研究者を金沢大学に短気研修員/大学院生(博士課程)として受入れた。
○東南アジアの環境保全を目的とする若手研究者ネットワークの構築チェンマイ大学、バンドン工科大学、ハノイ医科大学タイ、インドネシア、ベトナム(2008/10-2009/03)ベトナム「Environmental Science Course for Young Researchers Invited from ASEAN Countries 2008」(JSPS) で、ベトナムからの研究者を受入れるとともに前参加者に対して講義を分担して行った。
○東南アジアの環境保全を目的とする若手研究者ネットワークの構築チェンマイ大学、バンドン工科大学、ハノイ医科大学タイ、インドネシア、ベトナム(2009/04-2009/09)ベトナム「Environmental Science Course for Young Researchers Invited from ASEAN Countries 2009」(JSPS) で、ベトナムからの研究者を受入れるとともに前参加者に対して講義を分担して行った。

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○石川県医師会感染症対策委員会感染症対策委員会委員(2015/08/20-2022/06/30)
○石川県感染症予防連絡協議会石川県感染症予防連絡協議会委員(2014/06/01-2021/05/30)
○石川県感染症発生動向調査企画委員会石川県感染症発生動向調査企画委員会委員(2003/06/01-2023/03/31)
○加賀市新型コロナウイルス感染症対策本部ア(2020/05-2021/03/31)
○県新型コロナウイルス感染症対策本部アドバ(2020/04/17-2020/03/31)

講演可能なテーマ

○HIV感染症/エイズ(起源,疫学,分子診断,薬剤耐(キーワード:エイズ,HIVの起源,薬剤耐性)
○海外渡航者用ワクチンの現状と問題点(キーワード:渡航者用ワクチン,未承認ワクチン)
○新興・再興ウイルス感染症について(キーワード:新興感染症,再興感染症,新型インフルエンザ)

その他公的社会活動

○北陸アフリカ協会(2003-) アフリカのエイズ孤児支援を目的に設立されたNGO。代表者として、ケニア西部で学校給食の立ち上げ、ケニアと金沢の小学生の交流支援、などを行っている。
○金沢市立森山町小学校(2004-2005) 学校評議員として森山町小学校の教育・運営に関する助言を行った。

このページの先頭へ