本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2022年05月30日

谷口 巧 (たにぐち たくみ) 教授 TANIGUCHI Takumi

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 医学専攻

所属研究室等

麻酔・集中治療医学 TEL:076-265-2430

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 外科学 1995
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学科 1991
【取得学位】
医学博士

職歴

生年月

1965年10月

所属学会

日本集中治療学会 理事、評議員(2020-2023)
日本麻酔学会 代議員、救急、心肺蘇生委員会委員、学術会議実行委員会(2019-2023)
日本救急医学会 評議員(2010-2022)
日本集団災害医学会 災害教育検討委員会委員(2010-2021)
日本急性血液浄化学会 理事、評議員(2012-2023)
米国集中治療医学会
日本外傷学会

学内委員会委員等

○医学系 運営委員会 その他(2018-2022)
○医学系 教育委員会 委員(2016-2020)

受賞学術賞

○日本麻酔科学会若手奨励賞(2002/04/18)
○臨床薬理研究振興財団研究助成金(2001/12/12)
○上原記念生命科学財団研究奨励金(2003/03/11)
○日本集中治療医学会優秀論文賞(2004/03/05)
○日本集中治療医学会 優秀論文賞(2007/03/02)
○アメリカ心臓病学会 若手研究賞(2007/11/03)
○日本急性血液浄化学会 Best presentation Award(2008/09/15)

専門分野

麻酔科学、救急医学

専門分野キーワード

敗血症、サイトカン、血液浄化

研究課題

敗血症における各種麻酔薬の影響

敗血症における各種サイトカインの変動

著書

  • Effects of ketamine and propofol on the ratio of interleukin-6 to interleukin-10 during endotoxemia in rats. 2003 原著書 共著 200巻  85-92頁
  • Cytokine Adsorbing Columns 2010/04 原著書 単著 0302-5144
  • 病院外心停止例の治療 今日の治療指針2014年版 医学書院 2014 原著書 単著 谷口 巧
  • 敗血症におけるデクスメデトミジンの効果.α2受容体作動薬. 克誠堂出版 2012/09 原著書 共著 西川俊昭 編者 西川俊昭ほか9名
  • 救急臨床検査。気道(A)、呼吸(B) へるす出版 2010/08 34巻 8号 930-934頁

全て表示

  • カリウムの排泄。腎臓管理Q&A 総合医学社 2009/01 21巻 1号 11-16頁
  • サイトカイン吸着カラムを用いた血液浄化療法の有用性 医学図書出版 2010/02 34巻 2号 119-124頁
  • ナトリウムの再吸収.腎臓管理Q&A 2009/01 21巻 1号 17-21頁
  • 血液浄化の中止・離脱基準 総合医学社 2011/08 054-060頁
  • 鎮痛・鎮静薬の使用法 医学書院 2011/01 100-101頁

論文

  • Ketamine inhibits endotoxin-induced shock in rats Takumi Taniguchi, K Shibata, K Yamamoto ANESTHESIOLOGY 94巻 928-932頁 2001/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Acute respiratory distress syndrome associated with accidental hypothermia Takumi Taniguchi ほか3名 INTENSIVE CARE MEDICINE 27巻 793-794頁 2001/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of posttreatment with propofol on mortality and cytokine responses to endotoxin-induced shock in rats Takumi Taniguchi ほか2名 CRITICAL CARE MEDICINE 30巻 4号 904-907頁 2002/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multiple organ failure after strangulation injury Takumi Taniguchi ほか4名 INTENSIVE CARE MEDICINE 28巻 6号 1193頁 2002/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dose-related effects of ketamine on mortality and cytokine responses to endotoxin-induced shock in rats. 97巻  1769-1772頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Effects of hypothermia on mortality and inflammatory responses to endotoxin-induced shock in rats. 10巻  940-943頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anti-inflammatory effects of ketamine in endotoxemic rats during moderate and mild hypothermia. 98巻  1114-1120頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of dexmedetomidine on mortality and inflammatory responses to endotoxin-induced shock in rats. 32巻  1322-1326頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A novel adsorbent of circulating bacterial toxins and cytokines; the effect of direct hemoperfusion with CTR column for the treatment of experimental endotoxemia. 34巻  800-806頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of posttreatment with direct hemoperfusion using a CTR column on mortality and inflammatory responses to endotoxin-induced shock in rats. 24巻  460-464頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of sevoflurane pretreatment on mortality and inflammatory responses to endotoxin-induced shock in rats. 101巻  1151-1156頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dose-related effects of direct hemoperfusion using a cytokine adsorbent column for the treatment of experimental endotoxemia. 33巻  539-544頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Attitudes toward the performance of bystander cardiopulmonary resuscitation in Japan. 75巻  82-87頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Unusual abnormal left ventricular contraction pattern associated with subarachnoid hemorrhage. 33巻  2036-2037頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The attitudes of Japanese high school students toward cardiopulmonary resuscitation. RESUSCITATION 78巻  340-345頁 2008/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of carvedilol on mortality and inflammatory responses to severe hemorrhagic shock in rats. SHOCK 32巻  272-275頁 2009/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of direct hemoperfusion using a cytokine adsorbing column on endotoxin-induced experimental acute lung injury in rats. BLOOD PURIFICATION 30巻  44-49頁 2010/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Successful treatment of exertional heat stroke using continuous plasma diafiltration. Inoue N, Sato A, Ikawa Y, Shimizu M, Okajima M, Taniguchi T, Yachie A J Clin Apher 31巻 5号 490-2頁 2016/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Attitudes toward the performance of bystander cardiopulmonary resuscitation in Japan in 2010 Takumi Taniguchi, K Sato, T Fujita, M Okajima, M Takamura Circ J 76巻 1130-5頁 2012/05 査読有 原著論文
  • Cytokine profiles of patients with enterohemorrhagic Escherichia coli O111-induced hemolytic-uremic syndrome. 13. Shimizu M, Kuroda M, Sakashita N, Konishi M, Kaneda H, Igarashi N, Yamahana J, Taneichi H, Kanegane H, Ito M, Saito S, Ohta K, Takumi Taniguchi, Furuichi K, Wada T, Nakagawa M, Yokoyama H, Yachie A Cytokine 60巻 694-700頁 2012/12 査読有 原著論文
  • Effects of acute low-dose ethanol on inflammatory reactions to endotoxin-induced shock in rats. Ajisaka H, Okajima M, Goto Y, Taniguchi T, Inaba H J Toxicol Sci 37巻 649-54頁 2012/03 査読有 原著論文
  • Effects of propofol with hyperthermia in a rat model of endotoxemic shock C Mukawa, Takumi Taniguchi Acta Anaesthesia Scan 56巻 866-71頁 2012/08 査読有 原著論文
  • Attitudes toward automated external defibrillator use in Japan.  Takumi Taniguchi, W Omi, H Inaba Resuscitation 79巻 288-291頁 2008/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dose and time-related effects of dexmedetomidine on mortality and inflammatory responses to endotoxin-induced shock in rats. Takumi Taniguchi, A Kurita, K Kobayashi, K Yamamoto, H Inaba J Anesth 22巻 221-228頁 2008/08 査読有 原著論文

講演・口頭発表等

  • Effects of dexmedetomidine after emergency cardiovascular surgery(会議名:44th Congress of Critical Care Medicine)
  • The attitudes toward the performance of automated external defibrillator (AED) in Japan in 2010 (会議名:40th Congress of Critical Care Medicine)(2011)
  • Effects of the combination therapy of endotoxin adsorption and continuous hemodiafiltration in methicillin-resistant Staphylococcus aureus toxic shock syndrome (会議名:40th Congress of Critical Care Medicine )(2011)
  • Effects of atorvastatin during cardiopulmonary resuscitation in a rat model of cardiac arrest induced by airway obstruction (会議名:39th Congress of Critical Care Medicine)(2010)
  • Effects of propofol and ketamine on mortality and inflammatory responses in rats during hypothermia(会議名:43th Congress of Crit Care Med)(2014)

全て表示

  • Effects of the combination therapy of endotoxin adsorption and continuous hemodiafiltration in methicillin-resistant Staphylococcus aureus toxic shock syndrome. (会議名:40th Congress of Critical Care Medicine)(2011)
  • Effect of direct hemoperfusion with cytokine absorbing column in a severe ARDS patient with multiple organ failure(会議名:41th Congress of Critical Care Medicine.)(2012)
  • Effects of continuous plasma diafiltration therapy in acute liver failure.(会議名:42th Congress of Critical Care Medicine)(2013)
  • Comparison carvedilol with bisoprolol on mortality and inflammatory responses to endotoxin-induced shock in rats (会議名:Resuscitation Science Symposium AHA congress)(2010)
  • The attitudes toward the performance of bystander cardiopulmonary resuscitation in Japan in 2010 (会議名:Resuscitation Science Symposium AHA congress)(2010)
  • Effects of long-term administration of dexmedetomidine on inflammatory responses in patients with severe sepsis(会議名:Resuscitation Science Symposium AHA congress)(2011)
  • Effects of long-term administration of dexmedetomidine on inflammatory responses in patients with severe sepsis.(会議名:Congress of American Heart Association (Resuscitation Science Symposium))(2011)
  • Is procalcitonin the prognostic marker on septic shock patients caused by methicillin-resistant Staphylococcus aureus? (会議名:Congress of American Heart Association (Resuscitation Science Symposium))(2012)
  • 緊急心臓外科手術後におけるデクスメデトミジンとプロポフォールの併用鎮静の有用性(会議名:第39回日本集中治療医学会総会)(2012)
  • 術中急変により集中治療室に入室した症例の検討(会議名:第59回日本麻酔科学会学術総会)(2012)
  • 急性肝不全患者におけるContinous Plasmadiafiltrationが有用であった症例(会議名:第23回日本急性血液浄化学会)(2012)
  • MRSA感染症におけるプロカルシトニン値の有用性(会議名:第40回日本救急医学会学術総会)(2012)
  • 外科術後真菌感染症の早期発見には何が有用か?(会議名:第25回日本外科感染症学会総会)(2012)
  • Effects of cytokine absorbing therapy for endotoxin-induced experimental acute lung injury in rats (会議名:10th the joint scientific congress of the KSCCM and JSICM )(2010)
  • 急性呼吸不全に対してのサイトカイン吸着療法の可能性 (会議名:第37回日本集中治療医学会総会)(2010)
  • 上気道閉塞心肺停止モデルにおけるアトロバスタチン内服の影響 (会議名:第57回日本麻酔科学会総会)(2010)
  • リネゾリドに変更した重症MRSA感染症の特徴 (会議名:第38回日本救急医学会総会)(2010)
  • 多臓器不全に対するサイトカイン吸着療法の有用性 (会議名:第21回日本急性血液浄化学会総会)(2010)
  • エンドトキシンショックモデルに対するβ遮断薬の効果ーカルベジロールとビソプロロールにおいて(会議名:第38回日本集中治療学会総会)(2011)
  • Toxic Shock Syndromeに対するエンドトキシン吸着、持続血液濾過透析併用療法の有用性(会議名:第38回日本集中治療医学会総会)(2011)
  • 心肺蘇生に対する日本人の意識調査(2010年)(会議名:第58回日本麻酔科学会総会)(2011)
  • 日本におけるAEDに対する意識調査(2010年)(会議名:第39回日本救急医学会総会)(2011)
  • 救急集中治療領域の重症患者に対する肛門内留置型排便管理チューブの使用経験(会議名:第39回日本救急医学会総会)(2011)
  • The changes of procalcitonin levels in critical patients with abdominal septic shock during blood purification(会議名:International Symposium of Intensive Care and Emergency Medicine)(2016/03)
  • Effects of dexmedetomidine after emergency cardiovascular surgery(会議名:第36回米国集中治療医学会学術集会)(2016)
  • 上気道閉塞心肺停止モデルにおけるアトロバスタチン内服の影響(2010)
  • リネゾリドに変更した重症MRSA感染症の特徴(2010)
  • Toxic Shock Syndromeに対する血液浄化療法(CHDFとPMX-DFPとの併用療法)の有用性(2010)
  • 多臓器不全に対するサイトカイン吸着療法の有用性(2010)

その他(報告書など)

  • 病院前救急医療と呼吸管理 谷口 巧、稲葉英夫 18巻 1号 9-13頁 2001/01 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○奨励研究(A)(1968-2001)「低体温と敗血症におけるアポトーシス,サイトカインの変動に対する静脈麻酔薬の効果」(2000-) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「低体温と敗血症におけるアポトーシス,サイトカインの変動に対する静脈麻酔薬の効果」(2001-) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「アナンダマイドと静脈麻酔薬との関係に注目した敗血症性ショックの治療法の開発」(2002-) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「アナンダマイドと静脈麻酔薬との関係に注目した敗血症性ショックの治療法の開発」(2003-) 代表者
○基盤研究(C)「開発したサイトカイン吸着カラムを利用した敗血症性ショックの制御」(2006-) 代表者
○基盤研究(C)「開発したサイトカイン吸着カラムを利用した敗血症性ショックの制御」(2007-) 代表者
○基盤研究(C)「サイトカイン吸着カラムを用いた血液浄化療法の可能性への追及」(2007-) 代表者
○基盤研究(C)「サイトカイン吸着カラムを用いた血液浄化療法の可能性への追及」(2009-) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2012-2013) 研究 高齢者消化器系腫瘍術後における集中治療管理の有用性 第26回北国がん基金

共同研究・受託研究実績

○低温X線装置の開発(2000-)
○血液濾過透析における個人用HDF機器の性能向上(2001-)

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○事故・中毒(2017)
○麻酔・蘇生学臨床実習BSL(2017)
○事故・中毒(2016)
○麻酔・蘇生学臨床実習BSL(2016)

大学院担当授業科目

○臨床系領域融合セミナー(2017)
○周術期管理学特論(2017)
○外科学概論(2017)
○臨床系教育セミナー(2017)
○周術期管理学特論(2017)
○臨床系領域融合セミナー(2017)
○周術期管理学特論(2017)
○周術期管理学特論(2016)
○外科学概論(2016)
○周術期管理学特論(2016)
○周術期管理学特論(2016)
○臨床系領域融合セミナー(2016)
○臨床系教育セミナー(2016)
○臨床系領域融合セミナー(2016)
○機能回復学特論(2015)
○機能回復学特論(2014)

他大学の客員教授

○石川県立看護大学

教育活動(FD)に関する研究

○アメリカ合衆国の救急医学教育システムから日本の救急医学教育を考える(2005)
○災害医療の標準化コース(日本版ADLS、BDLS)の提案(2005)
○アンケート調査に基づくAEDの普及への問題点(2006)
○急性中毒はどう治療するか(2008)
○BDLSコースin Japan開催における受講生の反応(2008)
○当院での研修医に対する外傷初期治療教育の取り組み(2009)
○一地方国立大学における臨床初期研修医に対する救急医学教育の現状と問題点(2009)

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○集中治療について(キーワード:集中治療、重症患者)
○鎮痛、鎮静、せん妄に関して
○敗血症その診断と治療(キーワード:敗血症、ショック)
○心肺蘇生法(キーワード:心肺停止,心肺蘇生)
○急性血液浄化法
○多発外傷に対するアプローチの仕方(キーワード:多発外傷)
○災害教育コース(キーワード:災害教育)
○急性呼吸不全の診断と治療(キーワード:急性呼吸不全、人工呼吸)

その他公的社会活動

○日本集団災害医学会 MCLSコース(2012-) 災害における日本の標準教育コースにおいてインストラクターを行っている
○JATECコース(2005-) 日本救急医学会、日本外傷学会が行っている外傷初期治療法の教育コースであるJATECコースのインストラクターとして外傷初期治療の普及に努めている
○AMA ADLSコース(2008-) 米国医師協会が行っている災害教育コースであるADLSコースのインストラクターとして災害教育の普及に努めている
○AMA BDLSコース(2008-) 米国医師協会が行っている災害教育コースであるBDLSコースのインストラクターとして災害教育の普及に努めている
○JPTECコース(2008-) 日本救急医学会、日本外傷学会が行っている病院前外傷初期治療法の教育コースであるJPTECコースのインストラクターとして病院前の外傷初期治療の普及に努めている
○AHA PALSコース(2009-) AHAが行っている小児救急処置教育コースであるPALSのインストラクターを行い、小児の救急医療の普及に努めている
○AHA ACLSコース(2009-) AHA学会が行っている心肺蘇生法の教育コースであるACLSコースのインストラクターとして蘇生法の普及に努めている
○AHA BLS コース(2009-) AHA学会が行っている心肺蘇生法の教育コースであるBLSコースのインストラクターとして蘇生法の普及に努めている

このページの先頭へ