本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2022年03月24日

長尾 秀実 (ながお ひでみ) 教授 NAGAO Hidemi

所属組織・役職等

理工研究域 数物科学系 計算科学コース 計算実験教育プログラム 計算バイオ科学講座

教育分野

【学士課程】
理工学域 数物科学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻

所属研究室等

計算バイオ科学研究室

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 大学院自然科学研究科 物質科学専攻 1994/03 修了
【出身大学】
金沢大学 理学部 化学科 1988 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

生年月

1963年12月

所属学会

生物物理学会
日本化学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

電子状態、生物物理・化学物理・ソフトマターの物理

専門分野キーワード

磁性、超伝導、生体分子、生物物理

研究課題

超伝導,超流動現象等のダイナミックの理論的研究

光と物質の相互作用に関する理論的研究

伝導性,超伝導性,磁性,光物性発現のための分子設計

著書

  • Organometallic Conjugation John Wiley & Sons 原著書 共著
  • 物理化学実験法 東京化学同人 2000/09 原著書 共著
  • New Trends in Superconductivity Kluwer Academic Publishers 2002 原著書 共著 H.Nagao, A.M.Yaremko, S.P.Kruchinin, K.Yamaguchi
  • 化学 化学同人 2019 原著書 共著 川口 一朋、長尾 秀実

論文

  • A path integral centroid molecular dynamcis method for Bose and Fermi statistics K. Kinugawa, H. Nagao and K. Ohta J. Mol. Liq. 90巻 11-20頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A semi-classical approach to the dynamics of many-body Bose/Fermi systems by the path integral centroid molecular dynamics K. Kinugawa, H. Nagao and K. Ohta J. Chem. Phys. 114巻 1454-1466頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A theoretical study on conductivity of model polymer including DNA base pairs Y. Shigeta, H. Nagao, Y. Yoshioka, J. Toyoda, Y. Morita, K. Nakasuji and K. Yamaguchi Synthetic Metals 119巻 259-260頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Adiabatic population inversion in multilevel systems Y. Ohta, T. Yoshimoto, H. Nagao, and K. Nishikawa Int. J. Quantum. Chem. 80巻 1068-1075頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of difference two-electron density matrix between two states of magnetic molecules D. Yamaki, H. Nagao, and K. Yamaguchi Int. J. Quantum Chem 85巻 204-213頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Calculation of quasiparticle energy of molecular systems by the GW method Y. Ohta, J. Maki, T. Yoshimoto, Y. Shigeta, H. Nagao, and K. Nishikawa, Int. J. Quantum Chem. 84巻 348-353頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Control of intramolecular proton transfer by a laser field Y. Ohta, T. Bando, T. Yoshimoto, K. Nishi, H. Nagao, and K. Nishikawa J. Phys. Chem. 105巻 8031-8037頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Control of proton tautomerization using laser field Y. Ohta, T. Bando, K. Nishi, T. Hayashi, H. Nagao,and K. Nishikawa Synthetic Metals 121巻 1483-1484頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Electronic structure calculation by Monte Carlo diagnalization method Y. Shigeta, H. Nagao, and K. Yamaguchi Int. J. Quantum Chem. 84巻 601-606頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Exciton dynamics in model dendrimers H.Nagao, M. Nakano, K. Kamada, K. Ohta, and K. Yamaguchi Nonlinear Optics 26巻 193-200頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Exciton Migration Pathways in Dendritic Molecular Aggregates M. Takahata, H. Fujita, M. Nakano, S. Takamizawa, S. Kiribayashi, H. Nagao, and K. Yamaguchi Mol. Cryst. Liq. Cryst. 342巻 297-302頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Generalized spin density functional theory for non-collinear molecular magnetism S. Yamanaka, D. Yamaki, Y. Shigeta, H. Nagao, Y. Yoshioka, N. Suzuki, and K. Yamaguchi Int. J. Quantum. Chem. 80巻 664-671頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Generalized spin orbital calculations of spin-flustrated molecules D. Yamaki, Y. Shigeta, S. Yamanaka, H. Nagao, K. Yamaguchi Int. J. Quantum Chem. 84巻 546-551頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Generalized spin orbital GW thoery for spin-frustrated and spin-degenerated systems S. Yamanaka, Y. Shigeta, Y. Ohta, D. Yamaki, H. Nagao, K. Yamaguchi Int. J. Quantum Chem. 84巻 369-374頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Generalized spin-density functional calculation for the spin frustrated systems S. Yamanaka, D. Yamaki, Y. Shigeta, H. Nagao, Y. Yoshioka, K. Yamaguchi, and N. Suzuki Mol. Cryst. Liq. Cryst. 343巻 139-144頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intermolecular double proton transfer controlled by laser field T. Bando, Y. Ohta, K. Nishi, H. Nagao, and K. Nishikawa Synthetic Metals 121巻 1485-1486頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Non Born-Oppenheimer density functional theory for excited states by using Green's function techniques T. Yoshimoto, Y. Ohta, J. Maki, Y. Shigeta, H. Nagao, and K. Nishikawa, Int. J. Quantum Chem. 84巻 354-362頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Noncollinear spin density functional theory for spin-frustrated and spin-degenerated systems S. Yamanaka, D. Yamaki, Y Shigeta, H. Nagao, K. Yamaguchi Int. J. Quantum Chem. 84巻 670-676頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Polarizabilities of Dendritic Molecular Aggregates: Contribution of Exciton Generation H. Fujita, M. Takahata, M. Nakano, S. Kiribayashi, H. Nagao, and K. Yamagchi Mol. Cryst. Liq. Cryst. 342巻 303-308頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Possibilities of molecular magnetic metals and high Tc superconductors in field effect transistor configurations T. Kawakami, Y. Kitagawa, F. Matsuoka, Y. Yamashita, H. Isobe, H. Nagao, and K. Yamaguchi Int. J. Quantum Chem 85巻 619-635頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Quantum spin dynamics in solution applicable to quantum computing H. Nagao, K. Kinugawa, Y. Shigeta, K. Ohta and K. Yamaguchi J. Mol. Liq. 90巻 63-68頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Quantum spin dynamics of antiferromagnetic ring with central excess spin H. Saito, K. Kinugawa, Y. Ohta, H. Nagao, K. Yamaguchi, and K. Nishikawa Synthetic Metals 121巻 1788-1789頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spatial contribution of virtual excitations to the second hyperpolarizabilities of fractal antenna molecular aggregates H. Fujita, M. Takahata, M. Nakano, S. Kiribayashi, H. Nagao, K. Yamaguchi Nonlinear Optics 26巻 185-192頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spin-mediated superconductivity in cuprates, organic conductors and pi-d conjugated systems. K. Yamaguchi, Y. Kitagawa, T. Onishi, H. Isobe, T. Kawakami, H. Nagao, and S. Takamizawa Coordination Chemistry Review 226巻 235-249頁 2002 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical Studies on Anomalous Phases of Photo-doped Systems in Two-band Model H. Nagao, M. Nishino, Y. Shigeta, Y. Yoshioka and K. Yamaguchi J. Chem. Phys. 113巻 11237-11244頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical studies on field-induced superconductivity in molecular crystals H. Nagao, Y. Kitagawa, T. Kawakami, T. Yoshimoto, H. Saito, and K. Yamaguchi Int. J. Quantum Chem 85巻 608-618頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical studies on magnetic behavior in clusters by the genetic algorithms A. Oda, H. Nagao, Y. Kitagawa, Y. Shigeta, and K. Yamaguchi Int. J. Quantum. Chem. 80巻 645-656頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical Studies on Necessary Conditions for Reversible Photoinduced Magnetization: Cobalt-Iron Cyanide System M. Nishino, Y. Kitagawa, T. Onishi, T. Soda, Y. Takano, H. Nagao, Y. Yoshioka, and K. Yamaguchi Mol. Cryst. Liq. Cryst. 343巻 151-156頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical studies on superconducting and other phases: Triplet superconductivity, ferromagnetism and ferromagnetic metal H. Nagao, M. Nishino, Y. Shigeta, Y. Yoshioka, and K. Yamaguchi Int. J. Quantum. Chem. 80巻 721-732頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical studies on the proton and electron transfer (PET) in a pseudo one-dimensional hydrogen bonded network system Y. Shigeta, Y. Kitagawa, H. Nagao, Y. Yoshioka, J. Toyoda, K. Nakasuji and K. Yamaguchi J. Mol. Liq. 90巻 69-74頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical study on anomalous phases in organic systems with side chains K. Nishikawa, H. Nagao, J. Maki, H. Kawabe, and K. Yamaguchi Synthetic Metals 121巻 1790-1791頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical study on dependence of hyperpolarizability of one-dimensional ring system on the delocalization transition H. Nagao, Y. Ohta, T. Yoshimoto, H. Saito, J. Maki, H. Kawabe, K. Ohta, and K. Nishikawa Int. J. Quantum Chem. 84巻 686-693頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical study on dependency of conductivity on structure of the proton and electron coupled system Y. Shigeta, H. Nagao, J. Toyoda, K. Nakasuji, Y.Yoshioka, and K. Yamaguchi Int. J. Quantum. Chem. 80巻 882-891頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical study on exciton molecule in two-dimensional systems T. Yoshimoto, A. Yoshinaga, J. Maki, H. Kawabe, H. Nagao and K. Nishikawa Synthetic Metals 119巻 229-230頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical study on magnetic quantum tunneling of anisotropic spin systems with magnetic field H. Kawabe, K. Kinugawa, H. Saito, H. Nagao, K. Yamaguchi, and K. Nishikawa Synthetic Metals 121巻 1784-1785頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical study on magnetic structures of noncollinear magnets A. Yoshinaga, T. Yoshimoto, H. Kawabe, H. Nagao, K. Yamaguchi, and K. Nishikawa Synthetic Metals 121巻 1786-1787頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical study on quantum dynamics of Bose system interacting with photon field H. Nagao, M. Nakano, K. Nishikawa, and K. Yamaguchi Int. J. Quantum Chem. 84巻 401-408頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical study on triplet superconducting phase and other phases in hole-doped ferromagnetic systems H. Nagao, Y. Shigeta, K. Yamaguchi, and K. Nishikawa Synthetic Metals 121巻 1792-1793頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical study on van der Waals and charge transfer interactions between molecules J. Maki, T. Yoshimoto, H. Nagao and K. Nishikawa Synthetic Metals 120巻 765-766頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Third-order nonlinear optical properties of fractal antenna molecular aggregates: effects of aggregate architecture M. Takahata, H. Fujita, M. Nakano, S. Kiribayashi, H. Nagao, and K. Yamaguchi Nonlinear Optics 26巻 177-184頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Conformation of ultra-long-chain fatty acid in lipid bilayer: Molecular dynamics study 153巻 165101頁 2020 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical study on interaction of cytochrome f and plastocyanin complex by a simple coarse-grained model with molecular crowding effect Nakagawa Satoshi, Kurniawan Isman, Kodama Koichi, Arwansyah Muhammad Saleh, Kawaguchi Kazutomo, Nagao Hidemi MOLECULAR PHYSICS 116巻 666-677頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Hydrophilic Residues and Hydrophobic Length on Flip-Flop Promotion by Transmembrane Peptides Nakao Hiroyuki, Hayashi Chihiro, Ikeda Keisuke, Saito Hiroaki, Nagao Hidemi, Nakano Minoru JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B 122巻 4318-4324頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Quantum Chemical Study of Axial Ligand Effect on the Electronic Properties of Type I Copper Protein Kurniawan Isman, Kawaguchi Kazutomo, Sugimori Kimikazu, Sakurai Takeshi, Nagao Hidemi CHEMISTRY LETTERS 47巻 1172-1175頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Theoretical Study on Redox Potential and pK(a) of [2Fe-25] Cluster Model from Iron-Sulfur Proteins Kurniawan Isman, Kawaguehi Kazutomo, Shoji Mitsuo, Matsui Toru, Shigeta Yasuteru, Nagao Hidemi BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN 91巻 1451-1456 頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Decomposition analysis of free energy profile for Hsp90-ADP association K. Kawaguchi, H. Saito, and H. Nagao Molecular Simulation 42巻 896-901頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inverted micelle formation of cell-penetrating peptide studied by coarse-grained simulation: Importance of attractive force between cell-penetrating peptides and lipid head group Kawamoto, Shuhei;Takasu, Masako;Miyakawa, Takeshi;Morikawa, Ryota;Oda, Tatsuki;Futaki, Shiroh;Nagao, Hidemi JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS 134巻 9号 0-0頁 2011

講演・口頭発表等

  • タンパク質の会合解離過程の理論的研究(会議名:化学反応経路探索のニューフロンティア2020)(2020/09/13)
  • Theoretical Studies on Stability and Dynamics of Protein by a Coarse-grained Model (会議名:XXIX IUPAP Conference on Computational Physics, CCP2017)(2017/07/09)
  • Hras-GTP / GDP 複合体のGTP / GDP と溶媒水分子との水素結合状態の分子動力学法による研究 (会議名:第30回分子シミュレーション討論会)(2016/11/30)
  • Biophysics in Computational Science (会議名:6th International Conference on Mathematics and Natural Science)(2016/11/02)

その他(報告書など)

  • 強電子相関系への量子化学的アプローチ 川上貴資、山口兆、長尾秀実 36巻 10号 665-678頁 2001 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○物性理論および計算
○ダイナミックス

科研費

○特定領域研究(A)(1998-2001)「スピン共役電子系の理論計算」(2000-)
○特定領域研究(A)(1998-2001)「核と電子を等価に扱う密度汎関数理論とダイナミックス」(2000-)
○特定領域研究(A)(1998-2001)「スピン共役電子系の理論計算」(2000-) 代表者
○特定領域研究(A)(1998-2001)「核と電子を等価に扱う密度汎関数理論とダイナミックス」(2000-) 代表者
○特定領域研究(A)(1998-2001)「核と電子を等価に扱う密度汎関数理論とダイナミックス」(2001-) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「有機分子性結晶の外場誘導超伝導発現の論理的研究」(2001-) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「光化学反応に於ける光照射ストレス下の電子伝達体ダイナミックスに関する理論的研究」(2014-2016) 代表者
○挑戦的萌芽研究「分子系の引き込み現象発現可能性に関する理論的研究」(2011-2012) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2022-2024) 教育 数物科学とサステナビリティに関連する数物系学際領域科学のグローバル人材育成 国費外国人留学生の優先配置を行う特別プログラム 文科省

共同研究・受託研究実績

○量子多分子系ダイナミクス・シミュレーション高度化技術の開発(2001-)

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○計算分子科学(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○国際研修A(数物科学類)(2017)
○国際研修A(数物科学類)(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○国際研修B(数物科学類)(2017)
○国際研修B(数物科学類)(2017)
○力学2(2017)
○国際研修B(数物科学類)(2017)
○計算実験1(2017)
○計算実験課題研究(2017)
○国際研修B(数物科学類)(2017)
○国際研修A(数物科学類)(2017)
○バイオ科学(2017)
○国際研修A(数物科学類)(2017)
○国際研修A(数物科学類)(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○国際研修A(数物科学類)(2016)
○国際研修B(数物科学類)(2016)
○国際研修B(数物科学類)(2016)
○計算実験2(2016)
○国際研修B(数物科学類)(2016)
○国際研修A(数物科学類)(2016)
○国際研修B(数物科学類)(2016)
○国際研修A(数物科学類)(2016)
○計算実験1(2015)
○計算分子科学(2015)
○計算実験課題研究(2015)
○力学2(2015)
○バイオ科学(2015)
○力学2(2014)
○計算実験1(2014)
○計算分子科学(2014)
○化学物理学(2014)
○バイオ科学(2014)
○計算実験課題研究(2014)

大学院担当授業科目

○応用計算科学b(2017)
○高度先端計算科学特論(2017)
○高度先端計算科学特論(2017)
○高度先端計算科学特論(2017)
○計算生命科学(2017)
○高度先端計算科学特論(2017)
○計算生命科学(2017)
○計算生命科学(2017)
○計算科学概論(2017)
○計算科学概論(2017)
○計算科学概論(2017)
○計算生命科学(2017)
○計算科学概論(2017)
○計算バイオ科学a(2017)
○応用計算科学a(2017)
○ゼミナールB平成29年度入学生用(2017)
○計算バイオ科学b(2017)
○課題研究B平成29年度入学生用(2017)
○演習B平成29年度入学生用(2017)
○計算バイオ科学b(2016)
○計算バイオ科学a(2016)
○応用計算科学a(2016)
○応用計算科学b(2016)
○ゼミナールB平成27年度入学生用(2015)
○演習B平成27年度入学生用(2015)
○課題研究B平成27年度入学生用(2015)
○応用計算科学(2015)
○計算バイオ科学(2015)
○高度先端計算科学特論(2015)
○計算生命科学(2015)
○高度先端計算科学特論(2015)
○高度先端計算科学特論(2014)
○計算生命科学(2014)
○高度先端マテリアルシミュレーション(2014)
○計算機能量子化学(2014)
○計算機能量子化学特論(2014)
○高度先端計算科学特論(2014)
○計算科学基礎(2014)
○高度先端計算科学特論(2014)
○連携科目Ⅰ(2014)
○計算バイオ科学(2014)
○応用計算科学(2014)
○演習B平成26年度入学生用(2014)
○ゼミナールB平成26年度入学生用(2014)
○課題研究B平成26年度入学生用(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○金沢子ども科学財団運営委員(2001/04-)
○北陸先端科学技術大学院大学 コーディネータ非常勤(2021/04/01-2022/03/31)
○筑波大学計算科学研究センター運営協議会委員(2021/04/01-2022/03/31)
○筑波大学計算科学研究センター運営協議会委員(2020-2021)
○北陸先端科学技術大学院大学 コーディネータ非常勤(2019/04/01-2020/03/31)
○筑波大学計算科学研究センター運営協議会委員(2019-2020)

講演可能なテーマ

○超伝導などの物性理論

その他公的社会活動

このページの先頭へ