本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2022年05月30日

川尻 秀一 (かわしり しゆういち) 教授 KAWASHIRI Shuichi

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻 細胞浸潤学
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 医学専攻

所属研究室等

歯科口腔外科 TEL:076-265-2444 FAX:076-234-4268

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 外科系口腔外科学 1994/03 修了
【出身大学】
愛知学院大学 歯学部 歯学科 1989/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

生年月

1964年06月

所属学会

日本口腔外科学会 代議員(2011-2020)
日本口腔科学会 評議員(2011-2019)
日本口腔腫瘍学会 評議員(2011-2019)
日本口腔組織培養学会 常任理事(編集委員)(2011-2019)
日本癌学会
日本小児口腔外科学会 理事(2021-2023)

学内委員会委員等

受賞学術賞

○口腔組織培養学会学会賞(2004/11)
○日本口腔組織培養学会/学会賞(2019/11/02)
○日本口腔腫瘍学会・学会賞(2005/01/22)

専門分野

口腔外科、外科系歯学

専門分野キーワード

浸潤、口腔癌

研究課題

口腔扁平上皮癌の浸潤と転移

著書

論文

  • ヒト口腔扁平上皮癌の浸潤に関与する運動促進因子の解析 原田博紀、川尻秀一、ほか5名 日本口腔組織培養研究会誌 6巻 1号 17ー28頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ヒト口腔扁平上皮癌組織における膜型マトリックスメタロプロテアーゼの発現 熊谷茂宏、川尻秀一、ほか4名 口腔腫瘍 10巻 1号 9ー15頁 1998/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • びまん性浸潤型(4D型)ヒト口腔扁平上皮癌の可移植化に関する検討 森山万紀子、川尻秀一、ほか4名 口腔組織培養研究会誌 7巻 1号 33ー38頁 1998/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • マウス口底膿瘍モデルを用いた歯性感染症起炎菌の検討 栗山智有、川尻秀一、ほか3名 日口外誌 44巻 4号 375ー381頁 1998/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • マウス口底膿瘍モデルを用いての歯性感染症起炎菌の病原性の検討-S. ConstallatusとF. Nucleatumの相互作用の機序について- 栗山智有、川尻秀一、ほか4名 日口外誌 45巻 3号 181ー186頁 1999/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • マウス口底膿瘍モデルを用いての歯性感染症起炎菌の病原性の検討-病原性の比較- 栗山智有、川尻秀一、ほか4名 日口外誌 45巻 1号 7ー12頁 1999/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 口腔扁平上皮癌におけるウロキナーゼ型プラスミノーゲナクチベーターシステムの役割 能崎晋一、川尻秀一、ほか3名 頭頸部腫瘍 23巻 1号 57ー60頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 口腔扁平上皮癌における血管分布およびVEGFの発現について 森山万紀子、川尻秀一、ほか4名 頭頸部腫瘍 24巻 1号 12ー17頁 1998/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of bacterial orofacial infections using a new murine model Kuriyama T.、Kawashiri S.、ほか5名 Microbiol pathogenesis 29巻 1号 115ー120頁 2000/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of chemotherapy on invasion and metastasis of oral cavity in mice Kawashiri S.、Yamamoto E.、ほか3名 Head & Neck 23巻 4号 764-771頁 2001/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of matrix metalloproteinase 2 and 9 in synovial fluid of the tempromandibular joint accompanied by anterior disc displacement Tanaka A.、Kawashiri S.、ほか4名 J Oral Pathol Med 30巻 1号 59-64頁 2001/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of matrix metalloproteinase-2 in osteoarthritic fibrocartilage from human mandibular condyle Tanaka A.、Kawashiri S.、ほか5名 J Oral Pathol Med 29巻 7号 314ー320頁 2000/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Immunohistochemical localization of a urokinase-type plasminogen activator system in squamous cell carcinoma of the oral cavity Nozaki S.、Kawashiri S.、ほか5名 Oral Oncol. 34巻 1号 56-62頁 1998/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Immunohistochemical study of tumour angiogenesis in oral squamous cell carcinoma Moriyama M.、Kawashiri S.、ほか4名 Oral Oncol. 33巻 5号 369-374頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Immunotherapy with effector cells and IL-2 of lymphnode metastasis of human squamous cell carcinoma of the head and neck established in nude mice Chikamatsu K.、Kawashiri S.、ほか5名 Int J Cancer 82巻 4号 532ー537頁 1999/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Juvenile xanthogranuloma occuring in the oral cavity Kawashiri S.、Yamamoto E.、ほか2名 J Oral Pathol Med. 26巻 4号 484-487頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reproduction of occult metastasis of head and neck cancer in nude mice Kawashiri S.、Yamamoto E.、ほか4名 Ckin.Exp.Metastasis 17巻 1号 277ー282頁 1998/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The virulence of mixed infection with Streptococcus constellatus and Fusobacterium nucleatum in murine orofacial infection model Kuriyama T.、Kawashiri S.、ほか4名 Microbes Infect 2巻 6号 1425ー1430頁 2000/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tooth autotransplantation in oral surgery with special reference to oroantral fistula Yamamoto E.、Kawashiri S.、ほか2名 Jpn J Oral Diag/Oral Med. 11巻 1号 179ー184頁 1998/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A study of angiogenesis of oral squamous cell carcinoma in the orthotopic inplantation model Kakihara K.、Kawashiri S.、ほか4名 Oral Oncology 5巻 431ー434頁 1997/09 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Cancer of the upper gum under long-term worn full denture Yamamoto E.、Kawashiri S.、Tanaka A. Oral Oncology 7巻 61ー64頁 2001/04 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Expression of membrane type-1 matrix metalloproteinase in human oral squamous cell carcinoma in nude mice Kumagai S.、Kawashiri S.、ほか4名 Oral Oncology 5巻 421ー424頁 1997/09 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Expression of the active type gelatinase of the oral squamous cell carcinoma Kawashiri S.、Tanaka A.、ほか3名 Oral Oncology 7巻 529ー532頁 2001/04 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Occult metastasis of cancer cells in an orthotopically implanted oral cancer model Kawashiri S.、Kumagai S.、ほか5名 Oral Oncology 5巻 443ー446頁 1997/09 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Pathological relationship between basement membrane degradation and mode of invasion for oral squamous cell carcinoma Tanaka A.、Kawashiri S.、ほか4名 Oral Oncology 7巻 571ー574頁 2001/04 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Reproduction of diffuse invasive growth of human oral squamous cell carcinoma in nude mice Moriyama M.、Kawashiri S.、ほか4名 Oral Oncology 5巻 405ー408頁 1997/09 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • The Effect of neoadjuvant chemotherapy on cervical lymph node metastasis of human oral squamous cell carcinoma Kojima K.、Kawashiri S.、ほか4名 Oral Oncology 5巻 435ー438頁 1997/09 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Tooth autotransplantation in oral surgery Yamamoto E.、Nakagawa K.、Kawashiri S. Asian Congress on Oral and Maxillfacial Surgery 545ー549頁 1997/05 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Effects of fibroblast growth inhibitor on proliferation and metastasis of oral squamous cell carcinoma N. Noguchi, S. Kawashiri, et al Oral Oncology 39巻 3号 240-247頁 2003/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of mesenchyme-specific gene HMGA2 in squamous cell carcinomas of the oral cavity J. Miyazawa, S. Kawashiri, et al Cancer Research 64巻 5号 2024-2029頁 2004/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 口腔扁平上皮癌におけるFGF-2発現に関する免疫組織化学的検討 長谷剛志、川尻秀一、田中彰、能崎晋一、喜多万紀子、野口夏代、 加藤広禄、中谷弘光、中川清昌、山本悦秀 日本口腔腫瘍学会雑誌 16巻 1号 13-20頁 2005/01 査読有
  • 浸潤様式4D型口腔扁平上皮癌の生物学的性状-4C型からの移行の ない独立した浸潤形態- 本悦秀、川尻秀一、加藤広禄、吉澤邦夫、野口夏代、 北原寛子 21巻 3号 131-169頁 2009/01
  • 口腔扁平上皮癌細胞の浸潤・転移モデル 川尻秀一、田中彰、他 12巻 2号 1-13頁 2004/04
  • 化学誘発舌癌における浸潤増殖像と血管構築 川尻秀一、熊谷茂宏、ほか2名 10巻 2号 73-79頁 1997/10
  • Caveolin-1 Expression at Metastatic Lymph Nodes Predicts Unfavorable Outcome in Patients With Oral Squamous Cell Carcinoma Kato K, Miyazawa H, Kobayashi H, Noguchi N, Lambert D, Kawashiri S. Pathol Oncol Res 2020/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Focal Adhesion Kinase (FAK) Overexpression and Phosphorylation in Oral Squamous Cell Carcinoma and Their Clinicopathological Significance Kato A, Kato K, Miyazawa H, Kobayashi H, Noguchi N, Kawashiri S. Pathol Oncol Res 2020/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between pharyngeal airway depth and ventilation condition in mandibular setback surgery: A computational fluid dynamics study Shirazawa Y, Iwasaki T, Ooi K, Kobayashi Y, Yanagisawa-Minami A, Oku Y, Yokura A, Ban Y, Suga H, Kawashiri S, Yamasaki Y. Orthodontics and craniofacial research 23巻 3号 313-322頁 2020/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of Postoperative Stability Between BSSRO and Le Fort 1 Osteotomy with BSSRO in Skeletal Class III Malocclusion with Severe Open Bit Ooi K, Inoue N, Matsushita K, Yamaguchi HO, Mikoya T, Kawashiri S, Tei K Journal of maxillofacial and oral surgery 19巻 4号 591-595頁 2020/10/26 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of Maximum Mouth Opening Following Mandibular Bilateral Sagittal Splitting Ramus osteotomies in Class III Females Using Two Different Osteosynthesis Methods Ooi K, Inoue N, Matsushita K, Yamaguchi HO, Mikoya T, Kawashiri S, Tei K. Journal of oral rehabilitation 47巻 10号 1242-1246頁 2020/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Factors Related to Patients' Nutritional State After Orthognathic Surgery Ooi K, Inoue N, Matsushita K, Yamaguchi HO, Mikoya T, Kawashiri S, Tei K Oral Maxillofac Surg 23巻 4号 481-486頁 2019/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Clinicopathological Significance of the ET Axis in Human Oral Squamous Cell Carcinoma Miyazawa H, Kato K, Kobayashi Y, Hirai M, Kimura I, Kitahara H, Noguchi N, Nakamura H, Kawashiri S Pathol Oncol Res 25巻 3号 1083-1089頁 2019/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Selectively High Efficacy of Eribulin Against High-Grade Invasive Recurrent and/or Metastatic Squamous Cell Carcinoma of the Head and Neck Kobayashi Y, Kitahara H, Hirai M, Tanaka A, Jokaji R, Kobayashi K, Bou-Gharios G, Nakamura H, Kawashiri S Oncol Lett 17巻 6号 5064-5072頁 2019/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ral GTPase Activation by Downregulation of RalGAP Enhances Oral Squamous Cell Carcinoma Progression Gao P, Liu S, Yoshida R, Shi CY, Yoshimachi S, Sakata N, Goto K, Kimura T, Shirakawa R, Nakayama H, Sakata J, Kawashiri S, Kato K, Wang XY, Horiuchi H J Dent Res 98巻 9号 1011-1019頁 2019/08 査読有 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○口腔癌の浸潤・転移阻害物質の開発

科研費

○奨励研究(A)(1968-2001)「口腔扁平上皮癌の化学療法剤による転移抑制効果に関する実験的研究」(1997-1997) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「口膣扁平上皮癌の化学療法剤による転移制御効果に関する実験的研究」(1998-1998) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「口腔偏平上皮癌の化学療法剤および血管新生阻害剤による転移抑制効果に関する研究」(1999-1999) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「口腔扁平上皮癌の化学療法剤および血管新生阻害剤による転移抑制効果に関する実験的研」(2000-2000) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「口腔扁平上皮癌のエクソソームを介した腫瘍進展機序の解明」(2020-2022) 分担者
○挑戦的萌芽研究「口腔扁平上皮癌の浸潤・転移における腫瘍間質の役割」(2011-2013) 代表者
○基盤研究(C)「抗癌剤および線維芽細胞増殖抑制剤による口腔扁平上皮癌の浸潤・転移抑制効果」(2006-2007) 代表者
○基盤研究(C)「抗癌剤および血管新生阻害剤による口腔扁平上皮癌の浸潤・転移抑制効果」(2008-2010) 代表者
○基盤研究(C)「口腔扁平上皮癌における抗癌剤および血管新生阻害剤による浸潤・転移に対する効果」(2004-2005) 代表者
○若手研究(B)「口腔扁平上皮癌における抗癌剤および血管新生阻害剤による浸潤・転移抑制効果」(2002-2003) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2018-2018) 研究 口腔扁平上皮癌における線維芽細胞ならびに血管新生阻害薬による浸潤・転移抑制効果 第32回北國がん基金 北國がん基金
○競争的資金(学外) (2014-2018) 教育 健康長寿社会を担う歯科医学教育改革 文部科学省課題解決型高度医療人材養成プログラム 文部科学省

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○歯科口腔外科学臨床実習(2019)
○歯科口腔外科学(2019)
○歯科口腔外科学臨床実習(2019)
○歯科口腔(2017)
○歯科口腔外科学臨床実習BSL(2017)
○歯科口腔(2016)
○歯科口腔外科学臨床実習BSL(2016)
○歯科口腔外科学臨床実習BSL(2015)
○歯科口腔(2015)
○歯科口腔(2014)

大学院担当授業科目

○細胞浸潤学特論(2019)
○細胞浸潤学特論(2019)
○細胞浸潤学特論(2017)
○細胞浸潤学特論(2017)
○細胞浸潤学特論(2017)
○細胞浸潤学特論(2016)
○細胞浸潤学特論(2016)
○細胞浸潤学特論(2016)
○細胞浸潤学特論(2015)
○細胞浸潤学特論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○口の中にできる腫瘍(キーワード:口,腫瘍)
○歯と顎の病気と外傷(キーワード:歯,疾患,外傷)
○最新の歯科治療(キーワード:歯科,治療)

その他公的社会活動

このページの先頭へ