本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年07月16日

瀬尾 崇 (せお たかし) 准教授 SEO Takashi

所属組織・役職等

人間社会研究域 経済学経営学系

教育分野

【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 経済学専攻
【大学院後期課程】
人間社会環境研究科 人間社会環境学専攻 社会経済学コース

所属研究室等

学歴

職歴

生年月

所属学会

International Joseph A. Schumpeter Society
進化経済学会 理事
経済学史学会 関西部会幹事
経済理論学会
European Association for Evolutionary Political Economy
European Society for the History of Economic Thought
経済教育学会(202204-)

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

シュンペーター,ネオ・シュンペーター学派,マルクス、景気循環論,技術革新,政治経済学,進化経済学、イノベーション・システム,システム・ダイナミックス

専門分野キーワード

資本主義経済,イノベーション・システム,システム・ダイナミックス,貨幣・信用,J.S. シュンペーター,K. マルクス,景気循環,ネオ・シュンペーター学派

研究課題

著書

  • 学ぶほどおもしろい 経済学史 晃洋書房 2022/04/10 共著 木村 雄一,瀬尾 崇,益永 淳 477103611X
  • 進化的経済学―シュンペーターを超えて シュプリンガーフェアラーク東京 2023/04/01 共訳 E.S.アンデルセン,八木 紀一郎,小山 友介,小川 一仁,瀬尾 崇,馬場 真一郎,宮代 以作 4431710094

論文

  • ヴィジョンとしての「経済進化」の継承 瀬尾 崇 季刊経済理論 46巻 1号 83頁 2009/04/20 査読無
  • オートバイ産業の技術革新と構造変化 瀬尾 崇 進化経済学論集第13集 2009/03 査読無
  • ネオ・シュンペーター学派の経済学 : 現在までの到達点 瀬尾 崇 季刊経済理論 47巻 4号 76頁 2011/01/20 査読無
  • メトカフ型競争モデルの非独占化 瀬尾 崇,木村 雄一,小川 一仁 経済論叢 173巻 4号 392頁 2004/04 査読無
  • Endogenous Roles of Public Institutions in the Knowledge-based Innovation System Takashi Seo Proceedings for the 17th International Joseph A. Schumpeter Society Conference 2018/07 査読有 研究論文(プロシーディング)

全て表示

  • Schumpeter's Treatise on Money and Schumpeterian Business Cycle Theory Takashi Seo Discussion Paper Series (Faculty of Economics and Management, Institute of Human and Social Sciences, Kanazawa University) 33号 2017/06 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「貨幣の信用理論」の再構築に向けたエコロジー貨幣論からの示唆 瀬尾崇 季刊経済研究 41巻 1-4号 29頁 2023/03 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 資本主義経済における技術へのシステム論的アプローチ 瀬尾崇 季刊経済理論 58巻 3号 31頁 2021/10 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 資本主義経済における競争論の再構成--「当事者」の導入方法をめぐって 瀬尾 崇 金沢大学経済論集 31巻 2号 175頁 2011/03 査読無
  • Schumpeterian Innovation System in Knowledge Capitalism Takashi Seo Discussion Paper Series (Faculty of Economics and Management, Institute of Human and Social Sciences, Kanazawa University) 27号 2016/02 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Reconsidering Schumpeterian Business Cycle Theory Takashi Seo Discussion Paper Series (Faculty of Economics and Management, Institute of Human and Social Sciences, Kanazawa University) 23号 2014/09 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • N. カルドアの農工二部門モデルの再検討 : モデルの意義と政策<人文・社会科学> 木村 雄一,瀬尾 崇 埼玉大学紀要. 教育学部 = Journal of Saitama University. Faculty of Education 61巻 1号 183頁 2012 査読無
  • シュピートホフ景気理論と宇野恐慌論 瀬尾 崇 金沢大学経済論集 35巻 1号 121頁 2015/12 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • A practical report and reflection on a course on evolutionary economics for undergraduate students Evolutionary and Institutional Economics Review 2024/04 研究論文(学術雑誌)
  • The Status of Knowledge Capital in National Innovation Systems: System Dynamics Model and Policy Implications Takashi Seo Proceedings for the 30th Annual EAEPE Conference 2018/09 査読無 研究論文(プロシーディング)
  • カルドアの2部門モデルの再検討 木村 雄一,瀬尾 崇 進化経済学論集第15集 2011/03 査読無
  • 一次産品部門の発展を考慮したカルドア型2部門モデル 瀬尾 崇 金沢大学経済論集 32巻 1号 125頁 2011/12 査読無
  • 景気循環論をめぐるシュピートホフとシュンペーター 瀬尾 崇 金沢大学経済論集 35巻 1号 89頁 2015/01 査読無
  • A Neo-Schumpeterian Perspective on Technical Change and Unemployment Takashi Seo Discussion Paper Series (Faculty of Economics and Management, Institute of Human and Social Sciences, Kanazawa University) 17号 2012/09 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 国内二輪車産業の成熟化と技術変化・制度変化 : Industry Life Cycle理論に基づいて 瀬尾 崇 金沢大学経済論集 34巻 1号 195頁 2013/12 査読無
  • 景気循環論における「定常過程の理論」の意義 瀬尾崇 金沢大学経済論集 41巻 2号 109頁 2021/03 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 知識の蓄積過程とイノベーション過程 瀬尾 崇 進化経済学会第18回金沢大会発表論文集 539頁 2014/03 査読無
  • シュンペーターの『貨幣論』と景気循環論 瀬尾 崇 進化経済学会第22回京都大会 年次大会 研究論文集 2017/03 査読無
  • 技術変化の長期的プロセスとシュンペーター的失業理論 瀬尾 崇 進化経済学論集第16集 2012/03 査読無
  • A Schumpeterian Innovation System in Knowledge Capitalism: System Dynamics with STELLA Takashi Seo Proceedings for the 16th Conference of International Joseph A. Schumpeter Society 2016/07 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • Schumpeter's paradox reconsidered: The need for a theory of circular flow Takashi Seo MPRA Paper 106802号 1頁 2021/03
  • A Schumpeterian Innovation System in Knowledge Capitalism - System Dynamics with STELLA - Takashi Seo Discussion Paper Series (Faculty of Economics and Management, Institute of Human and Social Sciences, Kanazawa University) 39号 2018/03 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Towards the reconstruction of Schumpeter's credit theory of money: Wicksell, Hahn, and the monetary circuit Takashi Seo Discussion Paper Series (Kanazawa University, Faculty of Economics and Management) 76号 23頁 2023/05/26 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • シュンペーターの信用論・銀行家論からみた現代のクラウドファンディング 瀬尾崇 経済学史研究 65巻 2号 102-122頁 2024/01/25 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 小学生のための経済学:江戸川区子ども未来館「経済ゼミ」を通じて 木村雄一・瀬尾崇 経済教育 42号 39-42頁 2023/11/30 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Schumpeter's Treatise on Money and Schumpeterian Business Cycle Theory Takashi Seo Discussion Paper Series (Faculty of Economics and Management, Institute of Human and Social Sciences, Kanazawa University) 33号 19頁 2017/06/01 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • The Status of Knowledge Capital in National Innovation Systems: System Dynamics Model for Plicy Implications Seo Takashi Discussion Paper Series (Faculty of Economics and Management, Institute of Human and Social Sciences, Kanazawa University) 45号 30頁 2018/09/19 査読無

講演・口頭発表等

  • シュンペーターから見た現代資本主義の未来:クラウドファンディングはシュンペーターの「銀行家」か?(会議名:経済学史学会第87回大会)(2023/05)
  • Towards the reconstruction of Schumpeter’s credit theory of money: Wicksell, Hahn, and the monetary circuit(会議名:The 26th Annual ESHET Conference)(2023/06)
  • 技術変化の長期的プロセスとシュンペーター的失業理論(会議名:進化経済学会第16回大阪大会)(2012)
  • シュンペーターの貨幣の信用理論と貨幣的サーキット理論(会議名:ポスト・ケインズ派経済学研究会)(2022/06/18)
  • 合評会:木村 雄一・瀬尾 崇・益永 淳『学ぶほどおもしろい経済学史』晃洋書房、2022年(会議名:経済学史学会関西部会第181回例会)(2022/07/17)

全て表示

  • シュンペーターの「貨幣の信用理論」(会議名:経済学史学会東北部会第43回例会)(2022/04/23)
  • 小学生のための経済学:江戸川区こども未来館「経済ゼミ」を通じて(会議名:経済教育学会第38回全国大会)(2022/10/02)
  • 現代の異端派貨幣論に対するエコロジー貨幣理論の意義(会議名:経済理論学会第70回大会)(2022/10/08)
  • The Significance and Limitations of Schumpeter's Monetary Theory(会議名:The 25th Annual ESHET Conference)(2022/06/09)
  • 企画セッション:進化経済学を教育する (一般公開) のコメンテーター(会議名:第26回進化経済学会京都大会)(2022/03/25)
  • システム論的アプローチによる「技術革新の政治経済学」(会議名:第3回経済理論学会誌『季刊経済理論』特集論文研究会)(2021/06/19)
  • シュンペーターの貨幣的経済のヴィジョンとヴィクセルの影響(会議名:金沢大学・政治経済学セミナー)(2021/11/27)
  • シュンペーター『貨幣論』の全体像とその特徴(会議名:富山大学政治経済学セミナー)(2019/10/30)
  • Endogenous Roles of Public Institutions in the Knowledge-based Innovation System(会議名:The 17th Conference of the International Joseph A. Schumpeter Society)(2018/07/04)
  • The Status of Knowledge Capital in National Innovation Systems: System Dynamics Model and Policy Implications(会議名:The 30th Annual EAEPE Conference)(2018/09/08)
  • Commentator: C. P. Chandrasekhar, “A decade without recovery: Why secular stagnation characterizes contemporary capitalism”(会議名:The 3rd International Seminar on Political Economy in Toyama)(2017/11/19)
  • A Schumpeterian Long Wave Theory as an Institutional Cycle: The Case of the 5th Wave in Japan(会議名:The 29th Annual EAEPE Conference)(2017/10/21)
  • Commentator: Coste, C. and C. Silvant, “The French Financial Debates in the Aftermath of the 1848 Crisis: An Overview of the Socialist and Liberal Positions”(会議名:The 21st Annual ESHET Conference)(2017/05/18)
  • Schumpeter’s Treatise on Money and Schumpeterian Business Cycle Theory(会議名:The 21st Annual ESHET Conference)(2017/05/18)
  • シュンペーターの『貨幣論』と景気循環論(会議名:進化経済学会第22回京都大会)(2017/03/26)
  • コメント:山本泰三編『認知資本主義』(ナカニシヤ出版, 2016年)(会議名:進化経済学会部会・現代日本の経済制度部会)(2016/08/06)
  • Innovation Strategy Choice and Market Share Competition: An Evolutionary Approach(会議名:The 35th Annual Conference of the International Simulation and Gaming Association (ISAGA) and Joint Conference of SAGSAGA)(2004/09/06)
  • The Effect of Innovation at the Phase of Upward Turnover from the ‘Floor’ of Business Cycle: An Evolutionary Behavioral Approach(会議名:The 18th Annual EAEPE Conference 2006)(2006/11/03)
  • A Schumpeterian Innovation System in Knowledge Capitalism: System Dynamics with STELLA(会議名:制度的経済動学研究会)(2016/08/22)
  • Reconsidering Schumpeterian Business Cycle Theory: From the Spiethoff-Schumpeter Perspective(会議名:International Conference on New Thinking in Economic Theory and Policy)(2014/09/14)
  • Restless Capitalism論にもとづいた現代資本主義における知識の一考察(会議名:第5回知識共創フォーラム)(2015/03/07)
  • Restless Capitalism論にもとづいた現代資本主義における知識の再生産(会議名:ポストケインズ派経済学研究会)(2015/03/28)
  • 現代資本主義における知識の再生産過程:Restless Capitalism論に基づいて(会議名:経済理論学会第63回大会)(2015/11/22)
  • A Schumpeterian Innovation System in Knowledge Capitalism: System Dynamics with STELLA(会議名:The 16th Conference of the International Joseph A. Schumpeter Society)(2016/07/06)
  • Schumpeter's Treatise on Money and Business Cycle Theory(会議名:The 2nd International Seminar on Political Economy in Toyama)(2016/10/02)
  • Reconsidering Schumpeterian Business Cycle Theory: From the Spiethoff-Schumpeter Perspective(会議名:International Conference on New Thinking in Economic Theory and Policy)(2014/09/14)
  • Comment to Two Papers of Pro. Y. Horano and Prof. H. Tohyama(会議名:International Conference Kyoto University, Comparative Analysis of Change Related to Institutions and Policies after the Global Crisis: Dynamics and Configuration of the World Political Economy)(2014/12/27)
  • Schumpeterian Innovation System in Knowledge Capitalism(会議名:International Seminar on Political Economy in Toyama 2016)(2016/02/16)
  • コメント:難波安彦「ソローのハロッド批判を巡って」(会議名:政治経済学セミナー2014)(2014/03/06)
  • ミクロ・マクロ・ループの実践としての個体群思考(会議名:進化経済学ワークショップ)(2006)
  • コメント:小山友則「フィッシャー原理の多変量化について」(会議名:経済理論学会第56回大会)(2008/10/25)
  • The Recent Contributions of Neo-Schumpeterian Economics: Some Additional Issues from Marxian Perspective(会議名:Ulrich Witt教授 (Max Planck Institute of Economics) セミナー)(2011/03/13)
  • 農工2部門モデルの検討(会議名:制度的経済動学研究プロジェクト第4回研究会)(2011/02/22)
  • 技術変化の長期的プロセスとシュンペーター的失業理論(会議名:政治経済学セミナー2012)(2012/03/15)
  • Reconsideration of Schumpeterian Theory of Unemployment(会議名:European Association for Evolutionary Political Economy Summer School 2012)(2012/07/03)
  • 知識の蓄積過程とイノベーション過程(会議名:進化経済学会第18回金沢大会)(2014/03/16)
  • ミクロ的な投資行動の定式化と社会的な変動の解釈にかんする考察(会議名:経済理論学会第54回大会)(2006)
  • 「個別-社会」連関と分析道具としての個体群思考:「ミクロ・マクロ・ループ論の次なる段階」(会議名:経済理論学会第55回大会)(2007)
  • オートバイ産業の技術革新と構造変化(会議名:進化経済学会第13回岡山大会)(2009)
  • イノベーションの定式化にかんする考察(会議名:経済理論学会第57回大会)(2009)
  • カルドアの二部門モデルの再検討(会議名:進化経済学会第15回名古屋大会)(2011)
  • The Effect of Innovation at the Phase of Upward Turnover from the 'Floor' of Business Cycle: An Evolutionary Behavioral Approach(会議名:European Association for Evolutionary Political Economy Annual Conference 2006)(2006)
  • A Neo-Schumpeterian Perspective on Technical Change and Unemployment(会議名:International Conference of Structural Economic Dynamics)(2012)

その他(報告書など)

  • 書評:ロバート・スキデルスキー(鍋島直樹訳)『経済学のどこが問題なのか』 瀬尾崇 季刊経済理論 59巻 4号 72頁 2023/01
  • 書評:J.A. シュンペーター(八木紀一郎・荒木詳二訳)『経済発展の理論』(初版) 瀬尾崇 経済学史研究 63巻 1号 74頁 2021/01 ⑫書評・文献紹介等
  • 書評:泉正樹・江原慶・柴崎慎也・結城剛志著『これからの経済原論』 瀬尾崇 季刊経済理論 57巻 3号 85頁 2020/10 ⑫書評・文献紹介等
  • 誤解だらけの経済学古典 第4回J.A.シュンペーター シュンペーターが語った本当の「イノベーション」 NEWS PICKS 2020/05
  • 書評:根井雅弘『資本主義はいかに衰退するのか』NHKブックス, 2019年 瀬尾崇 公明新聞 2020/01

全て表示

  • 書評:山本泰三『認知資本主義:21世紀のポリティカル・エコノミー』ナカニシヤ出版,2016 瀬尾 崇 経済学史研究 59巻 1号 121頁 2017/01 査読無 ⑫書評・文献紹介等
  • 書評:松尾匡・橋本貴彦『これからのマルクス経済学入門』 瀬尾 崇 経済科学通信 141号 92頁 2016/09 査読無 ⑫書評・文献紹介等
  • 書評:前田裕之『経済学の壁』 瀬尾崇 経済学史研究 65巻 1号 106頁 2023/07 査読無

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)(一般)「シュンペーターの貨幣理論の解明と貨幣的経済理論の学史的系譜における位置づけ」(2021-2023) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「シュンペーター的景気循環論の理論的・統計的および制度論的再構築」(2015-2018) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学内) (2019-2019) 研究 科研費採択支援事業 金沢大学人間社会研究域
○助成金 (2018-2019) 研究 学際としての「北陸学」の構築を目指して 人文科学,社会科学に関する学際的グループ研究助成 サントリー文化財団
○競争的資金(学内) (2015-2015) 研究 戦略的研究推進プログラム 基盤形成型 科研費採択支援②一般型支援 金沢大学

共同研究・受託研究実績

○特に景気の底からの上向反転における技術革新の役割に注目した景気循環のシミュレーション分析(2005-2006)

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○地域概論(2021)
○地域概論(2021)
○政治経済学(2021)
○政治経済学(2021)
○政治経済学(2021)
○演習(2021)
○経済学史(2021)
○現代経済理論A(2021)
○プレゼン・ディベート論(2021)
○アカデミックスキル(2021)
○経済学史(2021)

大学院担当授業科目

○現代経済理論特論a-1(2021)
○現代経済理論特論a-2(2021)
○現代経済理論演習a-1(2021)
○現代経済理論演習a-2(2021)
○現代経済理論演習b-2(2021)
○現代経済理論演習b-1(2021)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ