本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2020年04月16日

三谷 裕介 (みたに ゆうすけ) 講師 MITANI. Yusuke

所属組織・役職等

附属病院 医薬保健研究域医学系 小児科

教育分野

所属研究室等

学歴

職歴

生年月

1977年10月

所属学会

日本周産期新生児医学会 評議員(2018-2020)

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

極低出生体重児における神経発達障害と脳内ネットワークの関連

専門分野キーワード

新生児医学

研究課題

極低出生体重児における神経発達障害と脳内ネットワークの関連

母体への高用量静注用ガンマグロブリン製剤投与による新生児ヘモクロマトーシス発症予防

著書

論文

  • XL-EDA-ID Presenting with Congenital Duodenal Atresia and Perforations. 38巻 7号 733-735頁 2018/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 新生児ヘモクロマトーシス発症予防に免疫グロブリン胎児治療を施行した2例 三谷 裕介 日本小児科学会雑誌 121巻 10号 1702-1707頁 2017/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 低出生体重児の包括的管理~NICUの立場から~(会議名:第22回腎と妊娠研究会)(2019/03/02)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「極低出生体重児における神経発達障害と脳内ネットワークの関連」(2017-2020) 代表者
○若手研究(B)「極低出生体重児における神経発達障害と脳内ネットワークの関連」(2017-2019) 代表者

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ