本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年07月19日

盛重 純一 (もりしげ じゆんいち) 助教 Jun-ichi Morishige

研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 細胞分子機能学
助教

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類 薬理学

所属研究室等

細胞分子機能学

学歴

【取得学位】
博士(工学)

職歴

金沢大学 医薬保健研究域 医学系 細胞分子機能学 助教(2015/10/19-)
金沢大学 医薬保健研究域 医学系 分子情報薬理学 助教(2011/09/01-2015/10/18)
福山大学グリーンサイエンス研究センター 特別研究員(2010/05/01-2011/08/31)
福山大学グリーンサイエンス研究センター 特別研究員(2007/04/01-2010/03/31)
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 衛生薬学 学術研究員(2005/04/01-2007/03/31)

生年月

所属学会

日本薬理学会(202304-)
日本生化学会
日本脂質生化学会

学内委員会委員等

○宝町・鶴間地区事業場 安全衛生委員会(2016-2016)

受賞学術賞

専門分野

食生活学、代謝学

専門分野キーワード

脂質生化学,肥満,エネルギー代謝

研究課題

著書

  • A Cleanup Method for Mass Spectrometric Analysis of Sphingosine- and Ceramide-1-Phosphate in Blood and Solid Tissue Using a Phosphate Capture Molecule Springer Science 2018 原著書 Jun-ichi Morishige,Ryouhei Yamashita,Tamotsu Tanaka,Kiyoshi Satouchi
  • A cleanup method for mass spectrometry of sphingosine-1-phosphate in blood and solid tissues using a phosphate capture molecule. Springer Science 2012/04 Jun-ichi Morishige,Tamotsu Tanaka,Kiyoshi Satouchi
  • 誘導体化によるリン酸モノエステル型リン脂質の分析 丸善出版 2011/12 盛重純一,田中保,里内清
  • Potential role of lysophosphatidic acid on vascular inflammation and atherosclerosis Transworld research network 2008/01 Akira Tokumura,Junichi Morishige

論文

  • Sustained effect of habitual feeding time on daily rhythm of core body temperature in mice Frontiers in Nutrition 9巻 2022/08/22 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Sphingosine Kinase 1 is Involved in Triglyceride Breakdown by Maintaining Lysosomal Integrity in Brown Adipocytes Journal of Lipid Research 100450頁 2023/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • L-Carnitine prevents lenvatinib-induced muscle toxicity without impairment of the anti-angiogenic efficacy Zheng Jing,Tomohiro Iba,Hisamichi Naito,Pingping Xu,Jun-ichi Morishige,Naoto Nagata,Hironao Okubo,Hitoshi Ando Frontiers in Pharmacology 14巻 1182788頁 2023 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Brown adipocyte-specific knockout of Bmal1 causes mild but significant thermogenesis impairment in mice. Molecular metabolism 49巻 101202頁 2021/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Chronic Treatment with Metformin Has No Disrupting Effect on the Hepatic Circadian Clock in Mice. Medicina (Kaunas, Lithuania) 58巻 2号 2022/02/15 査読有 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Mass Spectrometric Analysis of Sphingomyelin with N-α-Hydroxy Fatty Acyl Residue in Mouse Tissues. Lipids 56巻 2号 181頁 2021/03 査読有 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 褐色脂肪組織におけるスフィンゴシンキナーゼ1の機能解析(会議名:第63回日本脂質生化学会)(2021/06/10)
  • Lysophosphatidic acid produced by lysophospholipase D in hen egg white is relevant to blood vessel formation on chorioallantoic membrane(会議名:3rd International Conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators)(2007/05)
  • A Simple Method for Isolation of Bioactive Phosphomonoester Phospholipids using Phos-tag-immobilized Bead(会議名:KEYSTONE SYMPOSIA, Systems Biology of Lipid Metabolism)(2015/02/09)
  • A simple method for isolation and identification of bioactive lipids having monoester type phosphate using phosphate capture molecule, Phos-tag(会議名:LIPID MAPS Annual Meeting 2012)(2012)
  • リポタンパクにおける酸化リン脂質の産生(会議名:第50回日本脂質生化学会)(2008)

全て表示

  • Simultaneus determination of phosphate monoester lysophospholipids using phosphate-capture molecule, Phos-tag_(会議名:4th International Conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators)(2009)
  • 褐色脂肪組織におけるスフィンゴシンキナーゼ1の機能解析 (会議名:第97回日本薬理学会年会・第44回日本臨床薬理学会学術総会)(2023/12/16)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「スフィンゴシン1-リン酸が制御するリソソームを介した熱産生機構の解明とその応用」(2023-2025) 代表者
○基盤研究(C)「スフィンゴシン1-リン酸産生を起点とした新規熱産生機構の解明と肥満治療への応用」(2020-2022) 代表者
○若手研究(B)「スフィンゴシン1-リン酸の2型受容体を介する新規肥満・NASH治療の基礎的検討」(2017-2018) 代表者
○若手研究(B)「血液中リゾリン脂質の産生制御を介して肥満抑制効果を発揮する機能性食品の開発」(2013-2014) 代表者

競争的資金・寄付金等

○助成金 (2019-2019) 研究 スフィンゴシン1-リン酸の2型受容体を介する熱産生機構を標的とした新規2型糖尿病治療の基礎的検討 ノバルティス ファーマ研究助成 ノバルティスファーマ株式会社
○助成金 (2018-2018) 研究 スフィンゴシン1-リン酸の2型受容体を介するエネルギー代謝機構を標的とした新規2型糖尿病治療の基礎的検討 ノバルティス ファーマ研究助成 ノバルティスファーマ株式会社
○助成金 (2017-2017) 研究 スフィンゴシン1-リン酸の2型受容体を介するエネルギー代謝機構を標的とした新規2型糖尿病治療の基礎的検討 ノバルティス ファーマ研究助成 ノバルティスファーマ株式会社

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○薬理学(2022)
○薬理学(2021)
○薬理学(2020)
○薬理学(2019)
○薬理学(2018)
○薬物治療の基礎(2017)
○薬物治療の基礎(2016)

大学院担当授業科目

○細胞分子機能学特論(2022)
○細胞分子機能学特論(2021)
○細胞分子機能学特論(2020)
○細胞分子機能学特論(2019)
○細胞分子機能学特論(2018)
○細胞分子機能学特論(2017)
○細胞分子機能学特論(2017)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ