本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年04月04日

木村 正人 (きむら まさと) 教授 KIMURA, Masato

研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 数物科学系 数物科学系・計算科学コース

教育分野

【学士課程】
理工学域 数物科学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻

所属研究室等

現象数理解析

学歴

職歴

大阪教育大学 教育学部 助手(1994/04/01-1996/09/30)
広島大学 理学部 講師(1996/10/01-2001/10/31)
九州大学 数理学研究院 助教授(2001/11/01-2011/03/31)
九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 准教授(2011/04/01-2013/03/31)
金沢大学 数物科学系 教授(2013/04/01-)

生年月

所属学会

日本応用数理学会 「連続体力学の数理」研究部会幹事(2012-2018)
日本応用数理学会 「連続体力学の数理」研究部会主査(2019-2019)
日本数学会 応用数学分科会委員(2016-2018)

学内委員会委員等

○ 数物学類生の私費留学派遣委員会 委員(2016-2019)
○数物科学JASSO-GP委員会 委員長(2016-2019)
○GSリーディングプログラム運営委員会 委員(2016-2019)
○国際産学連携委員会 委員(2018-2019)
○数物科学代議委員会WG 委員(2018-2019)
○数物科学代議委員会WG 委員(2016-2017)
○数物科学代議委員会WG 委員(2014-2015)

受賞学術賞

専門分野

数学基礎・応用数学

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • Symmetry and positive definiteness of the tensor-valued spring constant derived from P1-FEM for the equations of linear elasticity Networks and Heterogeneous Media 9巻 4号 617-634頁 2014/01/01 
  • Convergence of a threshold-type algorithm using the signed distance function K. Ishii, M. Kimura Interfaces Free Boundaries 18巻 479-522頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • An energy-consistent model of dislocation dynamics in an elastic body V. Chalupecky, M. Kimura Mathematical Challenges in a New Phase of Materials Science 53-68巻 2016 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 力法を用いた最適形状設計問題のアプローチによる自由境界問題の数値解析 塩田青玄, マハラニ・アハサニ・ウンミ, 木村正人, 畔上秀幸, 大塚厚二 京都大学数理解析研究所講究録 1995巻 92-101頁 2016 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Shape optimization approach by traction method to inverse free boundary problems S. Shioda, A. U. Maharani, M. Kimura, H. Azegami, K. Ohtsuka Series: Mathematics for Industry 26巻 111-123頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)

全て表示

  • The gradient flow structure of an extended Maxwell viscoelastic model and a structure-preserving finite element scheme M. Kimura, H. Notsu, Y. Tanaka, H. Yamamoto Journal of Scientific Computing 78巻 1111-1131頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Unidirectional evolution equations of diffusion type G. Akagi, M. Kimura J. Differential Equations 266巻 1-43頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Comparing motion of curves and hypersurfaces in R^m J. Minarčík, M. Kimura, M. Beneš To appear in DCDS-B 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Deformation problem for glued elastic bodies and an alternative iteration method Masato Kimura, Atsushi Suzuki To appear in Proceedings of CoMFoS18 2019 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)

講演・口頭発表等

  • Unidirectional gradient flow and its application to a crack propagation model(会議名:Variational Models of Fracture)(2016/05/08)
  • Applications of a phasefield model for crack propagation(会議名:WCCM XII&APCOM VI)(2016/07/24)
  • Shape optimization approach to free boundary problems by traction method(会議名:ICCOPT2016)(2016/08/06)
  • Phase field model for crack propagation and some applications(会議名:Japan-Taiwan Joint Workshop on Numerical Analysis and Scientific Computation)(2016/11/26)
  • Generalized hexagonal crystalline motion with facet collision and breaking and application to a snow flake model(会議名:Emerging Developments in Interfaces and Free Boundaries)(2017/01/22)

全て表示

  • Analysis of unidirectional diffusion equation and its gradient flow structure(会議名:The 42nd Sapporo Symposium on Partial Differential Equations)(2017/08/08)
  • Hexagonal crystal growth model with singularities(会議名:Free Boundary Problems and Nonlinear PDEs)(2017/09/26)
  • A delamination-vibration model and its finite element analysis(会議名:CoMFoS18: Mathematical Analysis of Continuum Mechanics II)(2018/06/13)
  • Gradient flow structure of the Maxwell-Zener model for viscoelasticity(会議名:The 12th AIMS Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications)(2018/07/05)
  • Snow crystal growth model with supersaturation of vapor(会議名:Czech-Japanese Seminar in Applied Mathematics 2018)(2018/07/13)
  • Phase field modeling for crack propagation with irreversibility(会議名:China-Japan Symposium on Defects and Cracks in 2018 CSIAM Annual Meeting)(2018/09/14)
  • A structure preserving finite element method for Maxwell type viscoelasticity problem(会議名:Japan-Taiwan Joint Workshop on Scientific Computation and Related Topics)(2018/11/24)
  • Snow crystal growth model using generalized crystalline method(会議名:Taiwan-Japan Joint Workshop on Inverse Problems in Kyoto 2019)(2019/03/30)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)(一般)「雪氷現象に現れる移動境界問題の数理解析」(2016-2018) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「連続体における特異点集合の形状最適化問題の理論と応用」(2016-2018) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「変分型亀裂進展モデルの数学解析と数値解析」(2014-2016)

学域・学類担当授業科目

○地域概論(2017)
○数理科学1(2017)
○解析学3A(2017)
○解析学3B(2017)
○応用解析(2017)
○数値解析(2017)
○微分積分学第一(2017)
○地域概論(2016)
○微分積分学第一(2016)
○応用解析(2016)
○数値解析(2016)
○数値解析(2015)
○解析学3C(2015)
○線形代数学第二(2014)
○数値解析(2014)
○解析学3C(2014)
○数理科学1(2014)
○数理科学1(2013)
○解析学3C(2013)
○数値解析(2013)
○線形代数学第二(2013)
○線形代数学第一(2013)

大学院担当授業科目

○海外研修(GS-GHR)(2017)
○ゼミナールA平成29年度入学生用(2017)
○演習A平成29年度入学生用(2017)
○課題研究A平成29年度入学生用(2017)
○計算理学概論b(2017)
○現象数理学(2017)
○現象数理学(2017)
○現象数理学(2017)
○計算理学概論a(2017)
○現象数理学(2017)
○異分野研究A(GS-GHR)(2017)
○異分野研究B(GS-GHR)(2017)
○国際プレゼンテーション(GS-GHR)(2017)
○国際プレゼンテーション(GS-GHR)(2016)
○海外研修(GS-GHR)(2016)
○演習A平成28年度入学生用(2016)
○現象数理学(2016)
○異分野研究B(GS-GHR)(2016)
○異分野研究A(GS-GHR)(2016)
○ゼミナールA平成28年度入学生用(2016)
○課題研究A平成28年度入学生用(2016)
○現象数理学(2015)
○現象数理学(2015)
○ゼミナールA平成27年度入学生用(2015)
○演習A平成27年度入学生用(2015)
○課題研究A平成27年度入学生用(2015)
○応用解析学(2015)
○現象数理学(2014)
○現象数理学(2014)
○ゼミナールA平成26年度入学生用(2014)
○演習A平成26年度入学生用(2014)
○課題研究A平成26年度入学生用(2014)
○計算理学概論(2013)

他大学の客員教授

○九州大学マス・フォア・インダストリ研究所

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ