本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年06月23日

木村 正人 (きむら まさと) 教授 KIMURA, Masato

研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 数物科学系 数物科学系・計算科学コース

教育分野

【学士課程】
理工学域 数物科学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻

所属研究室等

現象数理解析

学歴

【取得学位】
博士(理学)

職歴

大阪教育大学 教育学部 助手(1994/04/01-1996/09/30)
広島大学 理学部 講師(1996/10/01-2001/10/31)
九州大学 数理学研究院 助教授(2001/11/01-2011/03/31)
九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 准教授(2011/04/01-2013/03/31)
金沢大学 数物科学系 教授(2013/04/01-)

生年月

所属学会

日本応用数理学会 「連続体力学の数理」研究部会主査(2019-2023)
日本数学会 応用数学分科会委員(2016-2018)
日本応用数理学会 「連続体力学の数理」研究部会幹事(2012-2018)

学内委員会委員等

○国費GHRプログラム運営委員会 委員(2021-2023)
○GS-GHRリーディンングプログラム 委員(2016-2023)
○全学教務委員会 委員(2022-2023)
○サステナブル理工学プログラム運営委員会 委員(2022-2023)
○国際産学連携委員会 委員長(2022-2023)
○数物科学代議委員会WG 委員(2021-2021)
○数物科学代議委員会WG 委員(2020-2020)
○数物科学JASSO-GP委員会 委員長(2016-2021)
○GSリーディングプログラム運営委員会 委員(2016-2021)
○留学推進委員会 委員(2020-2021)
○国際産学連携委員会 委員(2020-2021)
○ 数物学類生の私費留学派遣委員会 委員(2016-2019)
○国際産学連携委員会 委員(2018-2019)
○数物科学代議委員会WG 委員(2018-2019)
○数物科学代議委員会WG 委員(2016-2017)
○数物科学代議委員会WG 委員(2014-2015)

受賞学術賞

専門分野

数学基礎・応用数学

専門分野キーワード

応用数学、数理モデリング、数値解析、偏微分方程式

研究課題

理論データサイエンスと機械学習の数理

産業界の課題における数理モデリング

破壊現象のフェーズ・フィールド・モデルとその数学解析・数値シミュレーション

移動境界問題の数値解析

著書

  • Jindrich Necas Center for Mathematical Modeling Lecture notes Volume IV, Topics in Mathematical Modeling, Part 2: Geometry of hypersurfaces and moving hypersurfaces in R^m ---for the study of moving boundary problems--- 2008 単著 M.Kimura 978-80-7378-060-9 39頁
  • Jindrich Necas Center for Mathematical Modeling Lecture notes Volume IV, Topics in Mathematical Modeling, Part 1: Shape derivative of minimum potential energy: abstract theory and applications matfyzpress 2008 単著 M.Kimura 978-80-7378-060-9 1頁

論文

  • Boundary Element Methods for Crack Problems M. Kimura Boundary Element Methods (Eds. S. Kobayashi, N. Nishimura), Proceedings of the IABEM Symposium (Kyoto, October, 1991), Springer-Verlag 176頁 1992 査読有
  • ACCURATE NUMERICAL SCHEME FOR THE FLOW BY CURVATURE APPLIED MATHEMATICS LETTERS 7巻 1号 69頁 1994/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Asymptotic estimation for the condition numbers in BEM NUMERISCHE MATHEMATIK 73巻 2号 209頁 1996/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Numerical analysis of moving boundary problems using the boundary tracking method Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics 14巻 3号 373頁 1997 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Time local existence of a moving boundary of the Hele-Shaw flow with suction EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED MATHEMATICS 10巻 581頁 1999/12 査読有 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • 平均曲率流に対する符号付距離関数を用いたレベルセット法 木村 正人,野津 裕史 日本応用数理学会論文誌 10巻 2号 101頁 2000 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Shape derivative and linearization of moving boundary problems M. Kimura GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications 13巻 167頁 2000 査読有
  • A level set method using the signed distance function 木村 正人 数理解析研究所講究録 1145巻 95頁 2000/04 査読無
  • 移動境界問題の数値解析 木村 正人 数学 52巻 1号 1頁 2000/01/28 査読無
  • Numerical analysis of moving boundary problems M. Kimura Sugaku Expositions 15巻 1号 71頁 2002 査読有
  • A level set method using the signed distance function JAPAN JOURNAL OF INDUSTRIAL AND APPLIED MATHEMATICS 19巻 3号 415頁 2002/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Stability analysis for Allen-Cahn type equation associated with the total variation energy NONLINEAR ANALYSIS-THEORY METHODS & APPLICATIONS 60巻 2号 257頁 2005/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 亀裂進展に伴うエネルギー解放率の数学解析に関する再考察(理論,特異性をもつ連続体力学,<特集>平成18年研究部会連合発表会) 木村 正人,若野 功 日本応用数理学会論文誌 16巻 3号 345頁 2006 査読無
  • Adaptive mesh finite element method for pattern dynamics in reaction-diffusion systems M.Kimura,H.Komura,M.Mimura,H.Miyoshi,T.Takaishi,D.Ueyama Proceedings of the Czech-Japanese Seminar in Applied Mathematics 2005, COE Lecture Note Vol.3, Faculty of Mathematics, Kyushu University, ISSN 1881-4042 56頁 2006 査読無
  • Analytical and numerical aspects on motion of polygonal curves with constant area speed M. Bene\v{s,M. Kimura,S. Yazaki MAGIA 2007 Proceedings, Slovak University of Technology in Bratislava, ISBN 978-80-227-2796-9 127頁 2007 査読無
  • Quantitative study of adaptive mesh FEM with localization index of pattern M.Kimura,H.Komura,M.Mimura,H.Miyoshi,T.Takaishi,D.Ueyama Proceedings of the Czech-Japanese Seminar in Applied Mathematics 2006, COE Lecture Note Vol.6, Faculty of Mathematics, Kyushu University, ISSN 1881-4042 114頁 2007 査読無
  • Nonlinear Gauss-Seidel scheme for Allen-Cahn type systems M. Bene\v{s,R. Chabiniok,M. Kimura,K. Mikula MAGIA 2007 Proceedings, Slovak University of Technology in Bratislava 29頁 2007 査読無
  • Stable marker-particle method for the Voronoi diagram in a flow field JOURNAL OF COMPUTATIONAL AND APPLIED MATHEMATICS 202巻 2号 377頁 2007/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Application of a curvature adjusted method in image segmentation M. Bene\v{s,M. Kimura,P. Pau\v{s,D. \v{S}ev\v{c}ovi\v{c,T. Tsujikawa,S. Yazaki Bulletin of the Institute of Mathematics, Academia Sinica, New Series 3巻 4号 509頁 2008 査読有
  • Geometry of hypersurfaces and moving hypersurfaces in R^m ---for the study of moving boundary problems--- M.Kimura Jind\v{r}ich Ne\v{c}as Center for Mathematical Modeling Lecture notes Volume IV, Topics in Mathematical Modeling 39頁 2008 査読無
  • Shape derivative of minimum potential energy: abstract theory and applications M.Kimura Jind\v{r}ich Ne\v{c}as Center for Mathematical Modeling Lecture notes Volume IV, Topics in Mathematical Modeling 1頁 2008 査読無
  • PHASE FIELD MODEL FOR MODE III CRACK GROWTH IN TWO DIMENSIONAL ELASTICITY KYBERNETIKA 45巻 4号 605頁 2009 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Exponential decay phenomenon of the principal eigenvalue of an elliptic operator with a large drift term of gradient type ASYMPTOTIC ANALYSIS 65巻 1-2号 103頁 2009 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Second order numerical scheme for motion of polygonal curves with constant area speed INTERFACES AND FREE BOUNDARIES 11巻 4号 515頁 2009 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • メッシュフリー粒子法における差分公式の打ち切り誤差解析 石島清宏,木村正人 日本応用数理学会論文誌 20巻 3号 165頁 2010/09/25 査読無 
  • Phase field model of mode III-type crack evolution and its energy estimation 高石 武史,木村 正人 数理解析研究所講究録 1719巻 21頁 2010/11 査読無
  • フェーズフィールドモデルによる複雑な亀裂のシミュレーション T. Takaishi,M. Kimura 計算工学講演会論文集,査読無 16巻 B-1-3頁 2011 査読無
  • Shape derivative of potential energy and energy release rate in fracture mechanics M. Kimura,I. Wakano Journal of Math-for-Industry 3巻 21頁 2011 査読有 
  • Phase field models for crack propagation M. Kimura,T. Takaishi Theoretical and Applied Mechanics Japan 56巻 85頁 2011 査読有
  • Computational studies of non-local anisotropic Allen-Cahn equation M. Benes,S. Yazaki,M. Kimura Math. Bohem. 136巻 4号 429頁 2011 査読有
  • Differentiability of potential energies with a parameter and shape sensitivity analysis for nonlinear case: the p-Poisson problem JAPAN JOURNAL OF INDUSTRIAL AND APPLIED MATHEMATICS 29巻 1号 23頁 2012 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Polygonal Hele?Shaw problem with surface tension Interfaces and Free Boundaries 15巻 1号 77頁 2013 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • フェーズフィールド法による亀裂進展現象の数理モデリング 高石武史,木村正人 「科学・技術の研究課題への数学アプローチ 数学モデリングの基礎と展開」九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 MIレクチャーノート 46巻 109頁 2013 査読無
  • Vibration-fracture model for one dimensional spring-mass system K. Abe,M. Kimura Journal of Math-for-Industry 5巻 A号 25頁 2013 査読有 
  • A mathematical model of fracture phenomena on a spring-block system 木村 正人,野津 裕史 数理解析研究所講究録 1848巻 171頁 2013/08 査読無
  • A phase field approach to mathematical modeling of crack propagation, Masato Kimura,Takeshi Takaishi A Mathematical Approach to ems of Science and Technology, Series of Mathematics for Industry, Springer 5巻 161頁 2014 査読無
  • Shape derivative of cost function for singular point: Evaluation by the generalized J integral Hideyuki Azegami,Kohji Ohtsuka,Masato Kimura JSIAM Letters 6巻 29頁 2014 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Symmetry and positive definiteness of the tensor-valued spring constant derived from P1-FEM for the equations of linear elasticity Networks and Heterogeneous Media 9巻 4号 617-634頁 2014/01/01 
  • Numerical construction of energy-theoretic crack propagation based on a localized Francfort-Marigo model Armanda I,M. Kimura,T. Takaishi,Maharani A. U Recent Development in Computational Science 6巻 35頁 2015 査読有
  • Shape optimization approach to a free boundary problem Maharani A. U,M. Kimura,H. Azegami,K. Ohtsuka,Armanda I Recent Development in Computational Science 6巻 42頁 2015 査読有
  • 計算手法の数理解析と現実問題への適用 き裂進展フェーズフィールドモデルとその数値解析 高石武史,木村正人 計算工学 20巻 3号 3289頁 2015/07/31 査読無 
  • 特異性を持つ多角形運動と雪の結晶成長モデルへの応用 (パターン形成と界面ダイナミクスの数理) 田中 智恵,木村 正人 数理解析研究所講究録 1979巻 120頁 2015/12 査読無
  • 力法を用いた最適形状設計問題のアプローチによる自由境界問題の数値解析 塩田青玄, マハラニ・アハサニ・ウンミ, 木村正人, 畔上秀幸, 大塚厚二 京都大学数理解析研究所講究録 1995巻 92-101頁 2016 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • An energy-consistent model of dislocation dynamics in an elastic body V. Chalupecky, M. Kimura Mathematical Challenges in a New Phase of Materials Science 53-68巻 2016 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Convergence of a threshold-type algorithm using the signed distance function K. Ishii, M. Kimura Interfaces Free Boundaries 18巻 479-522頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Shape Optimization Approach by Traction Method to Inverse Free Boundary Problems MATHEMATICAL ANALYSIS OF CONTINUUM MECHANICS AND INDUSTRIAL APPLICATIONS 26巻 111頁 2017 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • Comparing motion of curves and hypersurfaces in $\mathbb{R}^m$ J. Minarcik,M. Kimura,M. Benes DCDS-B 24巻 9号 4815頁 2019 査読有
  • Unidirectional evolution equations of diffusion type G. Akagi,M. Kimura J. Differential Equations 266巻 1頁 2019 査読有
  • The gradient flow structure of an extended Maxwell viscoelastic model and a structure-preserving finite element scheme. M. Kimura,H. Notsu,Y. Tanaka,H. Yamamoto Journal of Scientific Computing 78巻 2号 1111頁 2019 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • A new Lagrange-Galerkin scheme for solving fluid flow in porous media I. Wijaya,M. Kimura,H. Notsu Journal of Physics Conference Series 1245巻 12007頁 2019 査読無
  • Analysis of a projection method for the Stokes problem using an epsilon-Stokes approach Kimura Masato,Matsui Kazunori,Muntean Adrian,Notsu Hirofumi JAPAN JOURNAL OF INDUSTRIAL AND APPLIED MATHEMATICS 36巻 3号 959頁 2019/09 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Chaos in nanomagnet via feedback current Taniguchi Tomohiro,Akashi Nozomi,Notsu Hirofumi,Kimura Masato,Tsukahara Hiroshi,Nakajima Kohei PHYSICAL REVIEW B 100巻 17号 2019/11/21 査読有
  • Regularity of the minimiser of one-dimensional interaction energies ESAIM: Control, Optimisation and Calculus of Variations 26巻 27頁 2020/03 研究論文(学術雑誌) 
  • Deformation Problem for Glued Elastic Bodies and an Alternative Iteration Method CoMFoS 2018: Mathematical Analysis of Continuum Mechanics and Industrial Applications III, Mathematics for Industry, Springer, 34巻 81頁 2020/08 その他 
  • Quantitative Estimate of the Continuum Approximations of Interacting Particle Systems in One Dimension. SIAM J. Math. Anal. 53巻 1号 681頁 2021 研究論文(学術雑誌) 
  • Theoretical and numerical studies for energy estimates of the shallow water equations with a transmission boundary condition Discrete & Continuous Dynamical Systems - S 14巻 3号 1063頁 2021/03 研究論文(学術雑誌) 
  • Particle Dynamics with Elastic Collision at the Boundary: Existence and Partial Uniqueness of Solutions Acta Applicandae Mathematicae 174巻 1号 2021/08 研究論文(学術雑誌) 
  • Irreversible phase field models for crack growth in industrial applications: thermal stress, viscoelasticity, hydrogen embrittlement SN APPLIED SCIENCES 3巻 9号 2021/09 研究論文(学術雑誌)
  • The lewy-stampacchia inequality for the fractional Laplacian and its application to anomalous unidirectional diffusion equations Discrete & Continuous Dynamical Systems - B 2021 研究論文(学術雑誌)
  • Weak solutions for unidirectional gradient flows: existence, uniqueness, and convergence of time discretization schemes NODEA-NONLINEAR DIFFERENTIAL EQUATIONS AND APPLICATIONS 28巻 6号 2021/12 研究論文(学術雑誌)
  • Phase Field Models for Thermal Fracturing and Their Variational Structures Materials 15巻 7号 2571頁 2022/03/31 研究論文(学術雑誌) 
  • Comoving mesh method for certain classes of moving boundary problems Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics 39巻 3号 973頁 2022/08/02 研究論文(学術雑誌) 
  • Numerical crack path selection problem based on energy profiles Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics 2022/07/13 研究論文(学術雑誌) 
  • A Two-Step Lagrange–Galerkin Scheme for the Shallow Water Equations with a Transmission Boundary Condition and Its Application to the Bay of Bengal Region—Part I: Flat Bottom Topography Mathematics 11巻 7号 1633頁 2023/03/28 研究論文(学術雑誌) 
  • Universal approximation properties for an ODENet and a ResNet: Mathematical analysis and numerical experiments Discrete and Continuous Dynamical Systems - B 1頁 2023/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Generalized Moment Method for Smoluchowski Coagulation Equation and Mass Conservation Property MATHEMATICS 11巻 12号 2023/06 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Unidirectional gradient flow and its application to a crack propagation model(会議名:Variational Models of Fracture)(2016/05/08)
  • Applications of a phasefield model for crack propagation(会議名:WCCM XII&APCOM VI)(2016/07/24)
  • Shape optimization approach to free boundary problems by traction method(会議名:ICCOPT2016)(2016/08/06)
  • Phase field model for crack propagation and some applications(会議名:Japan-Taiwan Joint Workshop on Numerical Analysis and Scientific Computation)(2016/11/26)
  • Generalized hexagonal crystalline motion with facet collision and breaking and application to a snow flake model(会議名:Emerging Developments in Interfaces and Free Boundaries)(2017/01/22)

全て表示

  • Analysis of unidirectional diffusion equation and its gradient flow structure(会議名:The 42nd Sapporo Symposium on Partial Differential Equations)(2017/08/08)
  • Hexagonal crystal growth model with singularities(会議名:Free Boundary Problems and Nonlinear PDEs)(2017/09/26)
  • A delamination-vibration model and its finite element analysis(会議名:CoMFoS18: Mathematical Analysis of Continuum Mechanics II)(2018/06/13)
  • Gradient flow structure of the Maxwell-Zener model for viscoelasticity(会議名:The 12th AIMS Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications)(2018/07/05)
  • Snow crystal growth model with supersaturation of vapor(会議名:Czech-Japanese Seminar in Applied Mathematics 2018)(2018/07/13)
  • Phase field modeling for crack propagation with irreversibility(会議名:China-Japan Symposium on Defects and Cracks in 2018 CSIAM Annual Meeting)(2018/09/14)
  • A structure preserving finite element method for Maxwell type viscoelasticity problem(会議名:Japan-Taiwan Joint Workshop on Scientific Computation and Related Topics)(2018/11/24)
  • Snow crystal growth model using generalized crystalline method(会議名:Taiwan-Japan Joint Workshop on Inverse Problems in Kyoto 2019)(2019/03/30)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○産業界の課題および異分野融合研究における数理モデリング
○移動境界問題・最適形状設計問題の数理モデリングとシミュレーション
○破壊現象の数理モデリング

科研費

○国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))「エネルギー勾配流の新潮流:数学理論が開く多様な現象と応用の世界」(2020-2024) 代表者
○基盤研究(B)(一般)「連続体における不連続現象の数理モデリングと数学解析」(2017-2020) 代表者
○挑戦的研究「ひだと裂け目の数理 ―エネルギー変分の視点から―」(2016-2019) 代表者
○特別研究員奨励費「転位ダイナミクスと塑性モデルの数学解析」(2015-2017) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「変分型亀裂進展モデルの数学解析と数値解析」(2014-2016)

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2023-2023) 教育 数物科学分野における研究・教育国際化のための学生派遣プログラム 海外留学支援制度(協定派遣,短期研修・研究型) 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)
○競争的資金(学外) (2022-2022) 教育 数物科学分野における研究・教育国際化のための学生派遣プログラム 海外留学支援制度(協定派遣,短期研修・研究型) 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)
○競争的資金(学外) (2021-2021) 教育 数物科学分野における研究・教育国際化のための学生派遣プログラム 海外留学支援制度(協定派遣,短期研修・研究型) 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)
○競争的資金(学外) (2020-2020) 教育 数物科学分野における研究・教育国際化のための学生派遣プログラム 海外留学支援制度(協定派遣,短期研修・研究型) 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)
○競争的資金(学外) (2019-2019) 教育 数物科学の大学院国際化に向けたヨーロッパ諸大学への学生派遣プログラム 海外留学支援制度(協定派遣,短期研修・研究型) 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)
○競争的資金(学外) (2018-2018) 教育 数物科学の大学院国際化に向けたヨーロッパ諸大学への学生派遣プログラム 海外留学支援制度(協定派遣,短期研修・研究型) 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)
○競争的資金(学外) (2017-2017) 教育 数物科学の大学院国際化に向けたヨーロッパ諸大学への学生派遣プログラム 海外留学支援制度(協定派遣,短期研修・研究型) 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)
○競争的資金(学外) (2016-2016) 教育 数物科学の大学院国際化に向けたヨーロッパ諸大学への学生派遣プログラム 海外留学支援制度(協定派遣,短期研修・研究型) 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)
○競争的資金(学外) (2015-2015) 教育 数物科学の大学院国際化に向けたヨーロッパ諸大学の大学院生受入プログラム 海外留学支援制度(協定受入,短期研修・研究型)(重点政策枠) 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)
○競争的資金(学外) (2016-2016) 教育 数物科学の大学院国際化に向けたヨーロッパ諸大学の大学院生受入プログラム 海外留学支援制度(協定受入,短期研修・研究型) 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)
○競争的資金(学内) (2016-2016) 教育 数物科学の教育国際化プロジェクト  金沢大学教育改革GP 金沢大学
○競争的資金(学内) (2015-2015) 教育 数物科学の教育国際化プロジェクト  金沢大学教育改革GP 金沢大学

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○地域概論(2017)
○数理科学1(2017)
○解析学3A(2017)
○解析学3B(2017)
○応用解析(2017)
○数値解析(2017)
○微分積分学第一(2017)
○地域概論(2016)
○微分積分学第一(2016)
○応用解析(2016)
○数値解析(2016)
○数値解析(2015)
○解析学3C(2015)
○線形代数学第二(2014)
○数値解析(2014)
○解析学3C(2014)
○数理科学1(2014)
○数理科学1(2013)
○解析学3C(2013)
○数値解析(2013)
○線形代数学第二(2013)
○線形代数学第一(2013)

大学院担当授業科目

○海外研修(GS-GHR)(2017)
○異分野研究B(GS-GHR)(2017)
○国際プレゼンテーション(GS-GHR)(2017)
○ゼミナールA平成29年度入学生用(2017)
○演習A平成29年度入学生用(2017)
○課題研究A平成29年度入学生用(2017)
○計算理学概論b(2017)
○計算理学概論a(2017)
○現象数理学(2017)
○現象数理学(2017)
○現象数理学(2017)
○現象数理学(2017)
○異分野研究A(GS-GHR)(2017)
○国際プレゼンテーション(GS-GHR)(2016)
○海外研修(GS-GHR)(2016)
○ゼミナールA平成28年度入学生用(2016)
○課題研究A平成28年度入学生用(2016)
○演習A平成28年度入学生用(2016)
○現象数理学(2016)
○異分野研究B(GS-GHR)(2016)
○異分野研究A(GS-GHR)(2016)
○現象数理学(2015)
○現象数理学(2015)
○ゼミナールA平成27年度入学生用(2015)
○演習A平成27年度入学生用(2015)
○課題研究A平成27年度入学生用(2015)
○応用解析学(2015)
○現象数理学(2014)
○現象数理学(2014)
○ゼミナールA平成26年度入学生用(2014)
○演習A平成26年度入学生用(2014)
○課題研究A平成26年度入学生用(2014)
○計算理学概論(2013)

他大学の客員教授

○九州大学マス・フォア・インダストリ研究所

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ