本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2022年03月25日

嶋田 努 (しまだ つとむ) 准教授 Tsutomu Shimada

メール

所属組織・役職等

附属病院 附属病院 薬剤部
薬剤部副部長

教育分野

所属研究室等

臨床薬理動態学 TEL:076-265-2046 FAX:076-234-4280

学歴

職歴

金沢大学 薬学部(1999/04/01-2002/03/31)
金沢大学大学院  自然科学研究科  博士前期課程(2002/04/01-2004/03/31)
金沢大学大学院  自然科学研究科  博士後期課程(2002/04/01-2005/03/31)
武蔵野大学 薬学研究所 助手(2005/04/01-2007/04/30)
武蔵野大学 薬学研究所 助教(2007/05/01-2010/03/31)
武蔵野大学 薬学研究所 講師(2010/04/01-2012/03/31)
武蔵野大学 薬学研究所 客員研究員(2012/04/01-2014/06/30)
常磐植物科学研究所 研究開発部門 アドバイザー(2012/04/01-2012/06/30)
アルフレッドアイデュポン小児病院 Biomedical Research Research Fellow(2012/07/25-2014/06/30)
金沢大学附属病院 薬剤部 准教授(2014/07/01-)

生年月

所属学会

日本薬学会
和漢医薬学会
日本医療薬学会
日本薬剤学会 英語セミナー委員(2016-2019)
日本生薬学会 編集委員会(2016-2018)
トランスポーター研究会北部会 組織委員(2017-2019)
日本静脈経腸栄養学会
日本医薬品情報学会
トランスポーター研究会
日本TDM学会
日本動態学会

学内委員会委員等

○機器(システム)の構成・仕様を決定するための委員 委員長(2020-2020)
○医療薬学委員会 委員(2014-2020)
○宝町ネットワーク委員会 委員(2015-2020)
○卒後臨床研修センター運営委員会 委員(2015-2020)
○医療用ガス安全管理委員会 委員(2016-2020)
○放射性医薬品委員会 委員(2016-2020)
○検査試薬委員会 委員(2015-2020)
○アイソトープ部運営委員会 委員(2016-2020)
○研修医・専門医総合教育センター初期臨床研修部門会議 委員(2017-2020)
○Vチーム 座長(2017-2020)
○病院実習検討WG 委員長(2020-2020)
○ローカルスタディーマネージャー 委員(2020-2020)
○統合臨床試験WG委員(問題作成委員) 委員(2019-2019)
○ローカルスタディーマネージャー 委員(2015-2015)
○ローカルスタディーマネージャー 委員(2016-2016)
○ローカルスタディーマネージャー 委員(2017-2017)
○ローカルスタディーマネージャー 委員(2018-2018)
○ローカルスタディーマネージャー 委員(2019-2019)
○金沢大学薬学同窓会総会 その他(2018-2020)
○検体検査の精度管理のためのワーキンググループ委員 委員(2018-2018)
○統合臨床試験WG委員会 委員(2016-2019)
○教育研修委員会 委員(2014-2019)
○Vチーム 座長(2017-2019)
○月曜セミナー調整係 部会長(2014-2019)
○環境調査チーム 委員(2014-2020)

受賞学術賞

○Best Poster Presenter(2022/02/13)
○日本医療薬学会2020年度 JPHCS誌論文賞(2020)
○日本医療薬学会2020年度 JPHCS誌論文賞(2020)
○第2回日本精神薬学総会・学術集会 優秀発表賞(2018/09/16)
○日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019 優秀演題賞(2019/03/23)
○第27回日本医療薬学会 優秀演題賞(2017/11/03)
○優秀ポスター賞(2016/06/26)
○和漢医薬学会奨励賞(2013/08/31)
○日本生薬学会論文賞(2011/09/24)

専門分野

医療系薬学

専門分野キーワード

臨床薬物動態学、生薬療法学

研究課題

著書

  • スタンダード薬学シリーズII 第7巻 臨床薬学I臨床薬学の基礎及び処方箋に基づく調剤  2017/10/18 原著書 共著 嶋田 努、他 32人 978-4-8079-1719-8
  • 硫酸ポリサッカライド 2015 原著書 単著

論文

  • Potent SIRT1 Enzyme-stimulating and Anti-glycation Activities of Polymethoxyflavonoids from Kaempferia parviflora  9巻 9号 1291-4頁 2014/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Neonatal bone marrow transplantation prevents bone pathology in a mouse model of mucopolysaccharidosis type I.  125巻 10号 1662-71頁 2015/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Morquio A syndrome: diagnosis and current and future therapies.  supple 1巻 141-151頁 2014/09 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Establishment of Glycosaminoglycan Assays for Mucopolysaccharidoses  Tomatsu S, Shimada T, Mason R, Montaño A, Kelly J, LaMarr W, Kubaski F, Giugliani R, Guha A, Yasuda E, Mackenzie W, Yamaguchi S, Suzuki Y, Orii T metabolites 4巻 3号 655-79頁 2014/08 査読有 総説
  • Long-term follow-up of post hematopoietic stem cell transplantation for Hurler syndrome: clinical, biochemical, and pathological improvements. 2:65-76 (2015) Mar. 2巻 65-76頁 2015/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Novel heparan sulfate assay by using automated high-throughput mass spectrometry: Application to monitoring and screening for mucopolysaccharidoses. Shimada T, Kelly J, LaMarr WA, van Vlies N, Yasuda E, Mason RW, Mackenzie W, Kubaski F, Giugliani R, Chinen Y, Yamaguchi S, Suzuki Y, Orii KE, Fukao T, Orii T, Tomatsu S. MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM 113巻 92-99頁 2014/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chondroitin 6-Sulfate as a Novel Biomarker for Mucopolysaccharidosis IVA and VII. Shimada T, Tomatsu S, Yasuda E, Mason RW, Mackenzie WG, Shibata Y, Kubaski F, Giugliani R, Yamaguchi S, Suzuki Y, Orii K, Orii T. JOURNAL OF INHERITED METABOLIC DISEASE 16巻 15-24頁 2014/05 査読有 原著論文
  • Salacia reticulata has therapeutic effects on obesity. Shimada T, Nakayama Y, Harasawa Y, Matsui H, Kobayashi H, Sai Y, Miyamoto KI, Tomatsu S, Aburada M. J Nat Med 68巻 4号 668-676頁 2014/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Suppression of adipocyte hypertrophy by polymethoxyflavonoids isolated from Kaempferia parviflora. Okabe Y, Shimada T, Horikawa T, Kinoshita K, Koyama K, Ichinose K, Aburada M, Takahashi K. PHYTOMEDICINE 21巻 6号 800-6頁 2014/05 査読無 原著論文
  • Enzyme replacement therapy in newborn mucopolysaccharidosis IVA mice: Early treatment rescues bone lesions? Tomatsu S,Montaño AM,Oikawa H,Dung VC,Hashimoto A,Oguma T,Gutiérrez ML,Takahashi T,Shimada T,Orii T,Sly WS MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM 2014/04 原著論文
  • Impact of Enzyme Replacement Therapy and Hematopoietic Stem Cell Therapy on Growth in Patients with Hunter Syndrome. Patel P,Suzuki Y,Tanaka A,Yabe H,Kato S,Shimada T,Mason RW,Orii KE,Fukao T,Orii T,Tomatsu S MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM 1巻 184-196頁 2014/04 査読有 原著論文
  • Pharmacokinetics of 6-shogaol, a pungent ingredient of Zingiberis Rhizoma, and the anti-inflammatory activity of its metabolite, 6-paradol Daisuke Tokuhara, Tsutomu Shimada, Akitoshi Asami, Akiko Takahashi, Hiroko Kobayashi, Hiroshi Saimaru, Masaki Aburada Journal of Traditional Medicine 30巻 5号 199-205頁 2013/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Enzyme replacement therapy on hypophosphatasia mouse model. Oikawa H, Tomatsu S, Haupt B, Montaño AM, Shimada T, Sly WS. JOURNAL OF INHERITED METABOLIC DISEASE 37巻 2号 309-17頁 2014/03 査読有 原著論文
  • Assay for Glycosaminoglycans by Tandem Mass Spectrometry and its Applications. Tomatsu S,Shimada T,Mason RW,Kelly J,LaMarr WA,Yasuda E,Shibata Y,Futatsumori H,Montaño AM,Yamaguchi S,Suzuki Y,Orii T J Anal Bioanal Tech 2014巻 Suppl 2号 006頁 2014/03 査読有 原著論文
  • A dietary restriction influences the progression but not the initiation of MSG-Induced nonalcoholic steatohepatitis.  Fujimoto M, Tsuneyama K, Nakanishi Y, Salunga TL, Nomoto K, Sasaki Y, Iizuka S, Nagata M, Suzuki W, Shimada T, Aburada M, Shimada Y, Gershwin ME, Selmi C. Journal of Medicinal Food 17巻 3号 374-83頁 2014/03 査読有 原著論文
  • Growth charts for patients with Hunter syndrome. Patel P,Suzuki Y,Maeda M,Yasuda E,Shimada T,Orii KE,Orii T,Tomatsu S MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM 1巻 5-18頁 2014/01 査読有 原著論文
  • Newborn screening and diagnosis of mucopolysaccharidoses.  Tomatsu S, Fujii T, Fukushi M, Oguma T, Shimada T, Maeda M, Kida K, Shibata Y, Futatsumori H, Montaño AM, Mason RW, Yamaguchi S, Suzuki Y, Orii T. MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM 110巻 1-2号 42-53頁 2013/09 査読有 総説
  • Pathogenesis of Morquio A syndrome: an autopsied case reveals systemic storage disorder. Yasuda E, Fushimi K, Suzuki Y, Shimizu K, Takami T, Zustin J, Patel P, Ruhnke K, Shimada T, Boyce B, Kokas T, Barone C, Theroux M, Mackenzie W, Nagel B, Ryerse JS, Orii KE, Iida H, Orii T, Tomatsu S. MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM 109巻 3号 301-11頁 2013/07 査読有 原著論文
  • Spontaneous onset of nonalcoholic steatohepatitis and hepatocellular carcinoma in a mouse model of metabolic syndrome.  Nishida T, Tsuneyama K, Fujimoto M, Nomoto K, Hayashi S, Miwa S, Nakajima T, Nakanishi Y, Sasaki Y, Suzuki W, Iizuka S, Nagata M, Shimada T, Aburada M, Shimada Y, Imura J. LABORATORY INVESTIGATION 93巻 2号 230-41頁 2013/02 査読有 原著論文
  • Aging-like skin changes in metabolic syndrome model mice are mediated by mineralocorticoid receptor signaling.  Nagase T, Akase T, Sanada H, Minematsu T, Ibuki A, Huang L, Asada M, Yoshimura K, Nagase M, Shimada T, Aburada M, Nakagami G, Sugama J. Aging Cell 12巻 1号 50-7頁 2013/02 査読有 原著論文
  • Advances in therapies of Mucopolysaccharidosis IVA (Morquio A Syndrome) Tomatsu S, Alméciga-Díaz CJ, Montaño AM, Barrera LA, Shimada T, Yasuda E, Patel P, Mackenzie WG, Mason R, Corao D, Suzuki Y, Orii KE, Orii T Expert Opinion on Orphan Drugs 1巻 10号 805-18頁 2013/01 査読有 総説
  • Tetrandrine prevents bone loss in sciatic-neurectomized mice and inhibits receptor activator of nuclear factor κB ligand-induced osteoclast differentiation. Takahashi T, Tonami Y, Tachibana M, Nomura M, Shimada T, Aburada M, Kobayashi S. BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 35巻 10号 1765-74頁 2012/10 査読有 原著論文
  • Puerariae flos alleviates metabolic diseases in Western diet-loaded, spontaneously obese type 2 diabetic model mice. Kubo K, Shimada T, Onishi R, Tsubata M, Kamiya T, Nagamine R, Iizuka S, Sai Y, Amagaya S, Aburada M, Miyamoto K. J Nat Med 66巻 4号 622-30頁 2012/10 査読有 原著論文
  • Preventive effect of Terminalia bellirica on obesity and metabolic disorders in spontaneously obese type 2 diabetic model mice. Makihara H, Shimada T, Machida E, Oota M, Nagamine R, Tsubata M, Kinoshita K, Takahashi K, Aburada M. J Nat Med 66巻 3号 459-67頁 2012/07 査読有 原著論文
  • Disposition kinetics of taxanes in peritoneal dissemination. Miyamoto K, Shimada T, Sawamoto K, Sai Y, Yonemura Y. Gastroenterol Res Pract 2012巻 doi:10.1155/2012/963号 2012/05 査読有 総説
  • Polymethoxyflavonoids from Kaempferia parviflora induce adipogenesis on 3T3-L1 preadipocytes by regulating transcription factors at an early stage of differentiation. Horikawa T, Shimada T, Okabe Y, Kinoshita K, Koyama K, Miyamoto K, Ichinose K, Takahashi K, Aburada M. BIOLOGICAL AGRICULTURE & HORTICULTURE 35巻 5号 686-92頁 2012/05 査読有 原著論文
  • The crude extract from puerariae flower exerts antiobesity and antifatty liver effects in high-fat diet-induced obese mice. Kamiya T, Sameshima-Kamiya M, Nagamine R, Tsubata M, Ikeguchi M, Takagaki K, Shimada T, Aburada M. Evid Based Complement Alternat Med doi: 10.1155/2012/27巻 2012/05 査読有 原著論文
  • Aging-like skin changes induced by ultraviolet irradiation in an animal model of metabolic syndrome. Akase T, Nagase T, Huang L, Ibuki A, Minematsu T, Nakagami G, Ohta Y, Shimada T, Aburada M, Sugama J, Sanada H. Biol Res Nurs 14巻 2号 180-7頁 2012/04 査読有 原著論文
  • The molecular mechanisms of the hepatoprotective effect of gomisin A against oxidative stress and inflammatory response in rats with carbon tetrachloride-induced acute liver injury. Teraoka R, Shimada T, Aburada M. BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 35巻 2号 171-7頁 2012/02 査読有 原著論文
  • Preventive effect of Kaempferia parviflora ethyl acetate extract and its major components polymethoxyflavonoid on metabolic diseases. Shimada T, Horikawa T, Ikeya Y, Matsuo H, Kinoshita K, Taguchi T, Ichinose K, Takahashi K, Aburada M. FITOTERAPIA 82巻 8号 1272-8頁 2011/12 査読有 原著論文
  • Flavangenol (pine bark extract) and its major component procyanidin B1 enhance fatty acid oxidation in fat-loaded models. Shimada T,Tokuhara D,Tsubata M,Kamiya T,Kamiya-Sameshima M,Nagamine R,Takagaki K,Sai Y,Miyamoto K,Aburada M Eur J Pharmacol 677巻 1-3号 147-53頁 2011/12 査読有 原著論文
  • Skin fragility in obese diabetic mice: possible involvement of elevated oxidative stress and upregulation of matrix metalloproteinases. Ibuki A,Akase T,Nagase T,Minematsu T,Nakagami G,Horii M,Sagara H,Komeda T,Kobayashi M,Shimada T,Aburada M,Yoshimura K,Sugama J,Sanada H EXPERIMENTAL DERMATOLOGY 21巻 3号 178-83頁 2011/11 査読有 原著論文
  • Advantages and disadvantages of hyperbaric oxygen treatment in mice with obesity hyperlipidemia and steatohepatitis. Tsuneyama K, Chen YC, Fujimoto M, Sasaki Y, Suzuki W, Shimada T, Iizuka S, Nagata M, Aburada M, Chen SY. ScientificWorldJournal 11巻 2124-35頁 2011/10 査読有 原著論文
  • Preventive effect of geniposide on metabolic disease status in spontaneously obese type 2 diabetic mice and free fatty acid-treated HepG2 cells. Kojima K, Shimada T, Nagareda Y, Watanabe M, Ishizaki J, Sai Y, Miyamoto K, Aburada M. BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 34巻 10号 1613-8頁 2011/07 査読有 原著論文
  • Effects of bezafibrate in nonalcoholic steatohepatitis model mice with monosodium glutamate-induced metabolic syndrome. Sasaki Y, Shimada T, Iizuka S, Suzuki W, Makihara H, Teraoka R, Tsuneyama K, Hokao R, Aburada M. EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY 662巻 1-3号 1-8頁 2011/07 査読有 原著論文
  • Salacia reticulata inhibits differentiation of 3T3-L1 adipocytes.  Shimada T, Nagai E, Harasawa Y, Watanabe M, Negishi K, Akase T, Sai Y, Miyamoto K, Aburada M. JOURNAL OF ETHNOPHARMACOLOGY 136巻 1号 67-74頁 2011/06 査読有 原著論文
  • Preventive Effect of Boiogito on Metabolic Disorders in the TSOD Mouse, a Model of Spontaneous Obese Type II Diabetes Mellitus. Shimada T, Akase T, Kosugi M, Aburada M. Evid Based Complement Alternat Med doi: 10.1093/ecam/ne巻 2011/06 査読有 原著論文
  • Preventive Effects of Salacia reticulata on Obesity and Metabolic Disorders in TSOD Mice. Akase T, Shimada T, Harasawa Y, Akase T, Ikeya Y, Nagai E, Iizuka S, Nakagami G, Iizaka S, Sanada H, Aburada M. Evid Based Complement Alternat Med doi: 10.1093/ecam/ne巻 2011/06 査読有 原著論文
  • Preventive effect of pine bark extract (flavangenol) on metabolic disease in Western diet-loaded tsumura suzuki obese diabetes mice. Shimada T, Kosugi M, Tokuhara D, Tsubata M, Kamiya T, Sameshima M, Nagamine R, Takagaki K, Miyamoto K, Aburada M. Evid Based Complement Alternat Med  doi: 10.1093/ecam/n巻 2011/03 査読有 原著論文
  • Preventive effects of Salacia reticulata on non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD)/ non-alcoholic steatohepatitis (NASH) in monosodium glutamate treated mice  Watanabe M, Shimada T, Iiduka S, Iida N, Kojima K, Ishizak J, Sai Y, Miyamoto K, Aburada M Journal of Traditional Medicines 28巻 2号 73-82頁 2011/02 査読有 原著論文
  • Antiobesity effects of Kaempferia parviflora in spontaneously obese type II diabetic mice. Akase T, Shimada T, Terabayashi S, Ikeya Y, Sanada H, Aburada M. J Nat Med 65巻 1号 73-80頁 2011/01 査読有 原著論文
  • Metabolic disease prevention and suppression of fat accumulation by Salacia reticulata. Shimada T, Nagai E, Harasawa Y, Akase T, Aburada T, Iizuka S, Miyamoto K, Aburada M. J Nat Med 64巻 3号 266-74頁 2010/07 査読有 原著論文
  • Pharmacokinetics of [6]-shogaol, a pungent ingredient of Zingiber officinale Roscoe (Part I). Asami A, Shimada T, Mizuhara Y, Asano T, Takeda S, Aburada T, Miyamoto K, Aburada M. J Nat Med. 64巻 3号 281-7頁 2010/07 査読有 原著論文
  • A study of cardiovascular function in Tsumura Suzuki obese diabetes, a new model mouse of type 2 diabetes. Kawada T, Miyata S, Shimada T, Sanzen Y, Ito M, Hemmi C, Iizuka S, Suzuki W, Mihara K, Aburada M, Nakazawa M. Biol Pharm Bull 33巻 6号 998-1003頁 2010/03 査読有 原著論文
  • Dose dependent development of diabetes mellitus and non-alcoholic steatohepatitis in monosodium glutamate-induced obese mice. Sasaki Y, Suzuki W, Shimada T, Iizuka S, Nakamura S, Nagata M, Fujimoto M, Tsuneyama K, Hokao R, Miyamoto K, Aburada M. LIFE SCIENCES 85巻 13-14号 490-8頁 2009/09 査読有 原著論文
  • [The effect of theanine on oxygen-induced retinal neovascularization in the neonatal rat]. Hiramatsu R, Nakanishi-Ueda T, Takenaka Y, Ueda T, Tomoyasu S, Iketani Y, Shimada T, Aburada M, Yasuhara H, Koide R. 日本眼科学会雑誌 112巻 8号 669-73頁 2008/08 査読有 原著論文
  • Preventive effects of Bofutsushosan on obesity and various metabolic disorders. Shimada T, Kudo T, Akase T, Aburada M. BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 31巻 7号 1362-7頁 2008/07 査読有 原著論文
  • Mechanism of decrease of oral bioavailability of cyclosporin A during immunotherapy upon coadministration of amphotericin B. Ishizaki J, Ito S, Jin M, Shimada T, Ishigaki T, Harasawa Y, Yokogawa K, Takami A, Nakao S, Miyamoto K. BIOPHARMACEUTICS & DRUG DISPOSITION 29巻 4号 195-203頁 2008/05 査読有 原著論文
  • 田七人参の薬理活性物質の探索--薄層および高速液体クロマトグラフィーによる田七人参と人参の成分の比較分析 栗原 久、丸山 悠司、赤瀬 智子、嶋田努、油田正樹 日米高齢者保健福祉学会誌 3巻 145-55頁 2008/03 原著論文
  • 田七人参成分のサイトカイン(IL−1β)分泌抑制作用  嶋田努、丸山博文、栗原久、丸山悠司、赤瀬智子、油田正樹 薬理と治療 36巻 3号 191-8頁 2008/03 査読有 原著論文
  • Monosodium glutamate (MSG): a villain and promoter of liver inflammation and dysplasia. Nakanishi Y, Tsuneyama K, Fujimoto M, Salunga TL, Nomoto K, An JL, Takano Y, Iizuka S, Nagata M, Suzuki W, Shimada T, Aburada M, Nakano M, Selmi C, Gershwin ME. JOURNAL OF AUTOIMMUNITY 30巻 1-2号 42-50頁 2008/02 査読有 原著論文
  • メタボリックシンドロームに対するコタラヒムブツ(Salacia reticulata )の予防効果 赤瀬智子、嶋田努、原沢友紀子、赤瀬朋秀、池谷幸信、田代眞一、油田正樹 薬理と治療 36巻 1号 39-48頁 2008/01 査読有 原著論文
  • Efficacy of Tokishakuyakusan on the anemia in the iron-deficient pregnant rats. Akase T, Hihara E, Shimada T, Kojima K, Akase T, Tashiro S, Aburada M. BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 30巻 8号 1523-8頁 2007/08 査読有 原著論文
  • Effects of green tea fractions on oxygen-induced retinal neovascularization in the neonatal rat. Saito Y,Hasebe-Takenaka Y,Ueda T,Nakanishi-Ueda T,Kosuge S,Aburada M,Shimada T,Ikeya Y,Onda H,Ogura H,Taguchi Y,Yasuhara H,Koide R JOURNAL OF CLINICAL BIOCHEMISTRY AND NUTRITION 41巻 1号 43-9頁 2007/07 査読有 原著論文
  • Inhibitory Effects of Tea Catechins on Lipid Peroxidation Induced by Rose Bengal and Blue Light Exposure in Porcine Retinal Homogenate Nakanishi-Ueda T, Taguchi Y, Ueda T, Yano S, Aburada M, Shimada T, Koide R, Yasuhara H The Showa University Journal of Medical Sciences 19巻 1号 43-51頁 2007/01 査読有 原著論文
  • Involvement of alpha1-acid glycoprotein in inter-individual variation of disposition kinetics of ropivacaine following epidural infusion in off-pump coronary artery bypass grafting. Yokogawa K, Shimomura S, Ishizaki J, Shimada T, Fukuwa C, Kawada M, Tsubokawa T, Yamamoto K, Miyamoto K. JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACOLOGY 59巻 1号 67-73頁 2007/01 査読有 原著論文
  • Obesity-induced increase of CYP2E1 activity and its effect on disposition kinetics of chlorzoxazone in Zucker rats. Khemawoot P, Yokogawa K, Shimada T, Miyamoto K. BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY 73巻 1号 155-62頁 2007/01 査読有 原著論文
  • Insulin resistance and low sympathetic nerve activity in the Tsumura Suzuki obese diabetic mouse: a new model of spontaneous type 2 diabetes mellitus and obesity. Takahashi A, Tabuchi M, Suzuki W, Iizuka S, Nagata M, Ikeya Y, Takeda S, Shimada T, Aburada M. Metabolism 55巻 12号 1664-9頁 2006/12 査読有 原著論文
  • Preventive effects of Daisaikoto on metabolic disorders in spontaneous obese type II diabetes mice Tsunakawa M, Shimada T, Suzuki W, Nagata M, Takeda S, Mizuno A, Kosugi M, Aburada M. Journal of Traditional Medicines 23巻 6号 216-23頁 2006/11 査読有 原著論文
  • Site-dependent contributions of P-glycoprotein and CYP3A to cyclosporin A absorption, and effect of dexamethasone in small intestine of mice. Jin M, Shimada T, Yokogawa K, Nomura M, Ishizaki J, Piao Y, Kato Y, Tsuji A, Miyamoto K. BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY 72巻 8号 1042-50頁 2006/10 査読有 原著論文
  • Monosodium glutamate誘発による新たな肥満2型糖尿病モデルマウス 永田光信, 鈴木 亘, 飯塚生一, 丸山博文, 嶋田 努, 油田正樹 薬理と治療 34巻 7号 795-802頁 2006/07 査読有 原著論文
  • Contributions of intestinal P-glycoprotein and CYP3A to oral bioavailability of cyclosporin A in mice treated with or without dexamethasone. Jin M,Shimada T,Yokogawa K,Nomura M,Kato Y,Tsuji A,Miyamoto K INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS 309巻 1-2号 81-6頁 2006/02 査読有 原著論文
  • Effects of 1-benzylxanthines on cyclic AMP phosphodiesterase 4 isoenzyme.  Suzuki H, Sawanishi H, Nomura M, Shimada T, Miyamoto K. BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 29巻 1号 131-4頁 2006/01 査読有 原著論文
  • Long-term levothyroxine treatment decreases the oral bioavailability of cyclosporin A by inducing P-glycoprotein in small intestine. Jin M,Shimada T,Shintani M,Yokogawa K,Nomura M,Miyamoto K Drug Metab Pharmacokinet 20巻 5号 324-30頁 2005/10 査読有 原著論文
  • 局所麻酔薬ropivacaineのα_1-酸性糖タンパク結合動態と薬物間相互作用の検討 石﨑 純子、下村 祥子、福和 千恵、嶋田 努、横川 弘一、宮本 謙一 Japanese journal of pharmaceutical health care and sciences 31巻 6号 445-450頁 2005/06 査読有 原著論文
  • Di-sulfated keratan sulfate as a novel biomarker for mucopolysaccharidosis IVA. Shimada T, Tomatsu S, Mason RW, Yasuda E, Mackenzie WG, Hossain J, Shibata Y, Montaño AM, Kubaski F, Giugliani R, Yamaguchi S, Suzuki Y, Orii KE, Fukao T, Orii T  JOURNAL OF INHERITED METABOLIC DISEASE 21巻 1-13頁 2015/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cremophor EL releases cyclosporin A adsorbed on blood cells and blood vessels, and increases apparent plasma concentration of cyclosporin A. Jin M, Shimada T, Yokogawa K, Nomura M, Mizuhara Y, Furukawa H, Ishizaki J, Miyamoto K. INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS 293巻 1-2号 137-44頁 2005/04 査読有 原著論文
  • Impact of Enzyme Replacement Therapy and Hematopoietic Stem Cell Transplantation in Patients with Morquio A Syndrome 9巻 1-17頁 2015/03 査読有 総説
  • Pharmacokinetic advantage of intraperitoneal injection of docetaxel in the treatment for peritoneal dissemination of cancer in mice. Shimada T, Nomura M, Yokogawa K, Endo Y, Sasaki T, Miyamoto K, Yonemura Y. J Pharm Pharmacol 57巻 2号 177-81頁 2005/02 査読有 原著論文
  • Saturable Hepatic Extraction of Gemcitabine Involves Biphasic Uptake Mediated by Nucleoside Transporters Equilibrative Nucleoside Transporter 1 and 2.  Shimada T, Nakanishi T, Tajima H, Yamazaki M, Yokono R, Takabayashi M, Shimada T, Sawamoto K, Miyamoto K, Kitagawa H, Ohta T, Tamai I, Sai Y. J Pharm Sci.  104巻 9号 3162-3169頁 2015/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of intraperitoneal administration of docetaxel on peritoneal dissemination of gastric cancer.  Yonemura Y1, Endou Y, Bando E, Kuno K, Kawamura T, Kimura M, Shimada T, Miyamoto K, Sasaki T, Sugarbaker PH. CANCER LETTERS 210巻 2号 189-96頁 2004/07 査読有 原著論文
  • Newborn screening and diagnosis of mucopolysaccharidoses: application of tandem mass spectrometry Tomatsu S, Kubaski F, Sawamoto K, Mason RW, Yasuda E, Shimada T, Montaño AM, Yamaguchi S, Suzuki Y, Orii T.  Nihon Masu Sukuriningu Gakkai Shi 2巻 65-76頁 2015/03 査読有 原著論文
  • Influence of cytarabine and cyclophosphamide on the disposition kinetics of cyclosporin A after bone marrow transplantation.  Shimada T, Aoki Y, Yokogawa K, Nomura M, Ishizaki J, Nishigami J, Miyamoto K. Transpl Int. 16巻 11号 788-93頁 2003/11 査読有 原著論文
  • Effect of switching basal insulin regimen to degludec on quality of life in Japanese patients with type 1 and type 2 diabetes mellitus.  Okada M, Okada M, Nishigami J, Yamaaki N, Furukawa K, Ohyama K, Shimada T, Sai Y J Pharm Health Care Sci. 1巻 26頁 2015/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • カラムスイッチングHPLCシステムによるゾニサミドの高感度測定法の評価 金 明姫、西尾 忠、嶋田 努、 竹田 和喜、横川 弘一、宮本 謙一 医療薬学 29巻 2号 178-183頁 2003/04 査読有 原著論文
  • Enzyme replacement therapy for treating mucopolysaccharidosis type IVA (Morquio A syndrome): effect and limitations.  Tomatsu S, Sawamoto K, Shimada T, Bober MB, Kubaski F, Yasuda E, Mason RW, Khan S, Alméciga-Díaz CJ, Barrera LA, Mackenzie WG, Orii T. Expert Opin Orphan Drugs. 3巻 11号 1279-1290頁 2015/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lowered blood concentration of tacrolimus and its recovery with changes in expression of CYP3A and P-glycoprotein after high-dose steroid therapy. Shimada T, Terada A, Yokogawa K, Kaneko H, Nomura M, Kaji K, Kaneko S, Kobayashi K, Miyamoto K. Transplantation 74巻 10号 1頁 2002/11 査読有 原著論文
  • Effects of ethyl acetate extract of Kaempferia parviflora on brown adipose tissue.  Kobayashi H, Horiguchi-Babamoto E, Suzuki M, Makihara H, Tomozawa H, Tsubata M, Shimada T, Sugiyama K, Aburada M J Nat Med. 70巻 1号 54-61頁 2015/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Modulation of mdr1a and CYP3A gene expression in the intestine and liver as possible cause of changes in the cyclosporin A disposition kinetics by dexamethasone. Yokogawa K, Shimada T, Higashi Y, Itoh Y, Masue T, Ishizaki J, Asahi M, Miyamoto K. Biochem Pharmacol. 63巻 4号 777-83頁 2002/02 査読有 原著論文
  • Activity of daily living for Morquio A syndrome.  Yasuda E, Suzuki Y, Shimada T, Sawamoto K, Mackenzie WG, Theroux MC, Pizarro C, Xie L, Miller F, Rahman T, Kecskemethy HH, Nagao K, Morlet T, Shaffer TH, Chinen Y, Yabe H, Tanaka A, Shintaku H, Orii KE, Orii KO, Mason RW, Montaño AM, Fukao T, Orii T, Tomatsu S. Mol Genet Metab. 118巻 2号 111-22頁 2016/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • PK/PD analysis of biapenem in patients undergoing continuous hemodiafiltration.  Akashita G, Hosaka Y, Noda T, Isoda K, Shimada T, Sawamoto K, Miyamoto K, Taniguchi T, Sai Y. J Pharm Health Care Sci. 1巻 31頁 2015/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Gallic Acid, the Active Ingredient of Terminalia bellirica, Enhances Adipocyte Differentiation and Adiponectin Secretion. Makihara H, Koike Y, Ohta M, Horiguchi-Babamoto E, Tsubata M, Kinoshita K, Akase T, Goshima Y, Aburada M, Shimada T Biol Pharm Bull 36巻 7号 1137-43頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Risk factors for interstitial lung disease induced by gemcitabine plus albumin-bound paclitaxel therapy in pancreatic ductal adenocarcinoma patients 8巻 5号 2022 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Limited Impact of Murine Placental MDR1 on Fetal Exposure of Certain Drugs Explained by Bypass Transfer Between Adjacent Syncytiotrophoblast Layers 2022 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Initial Serum C-reactive Protein Level as a Predictor of Increasing Serum Vancomycin Concentration During Treatment 43巻 5号 652-656頁 2021 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of NOS Inhibitors and Anticoagulants on Nitric Oxide Production in a Tissue-factor Induced Rat DIC Model  35巻 4号 1999-2004頁 2021 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Risk Factors for Delayed Elimination of Methotrexate in Children, Adolescents and Young Adults With Osteosarcoma 34巻 6号 3459-3645頁 2020 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Administration of erlotinib in apple juice overcomes decreased absorption in a rat model of gastric acid suppression 35巻 6号 534-538頁 2020 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of Tolerability Between 2-Weekly and 3-Weekly Docetaxel Regimen in Castration-resistant Prostate Cancer 40巻 8号 4291-4297頁 2020 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The active ingredients in the anti-obesity drugbofutsushosan in high-fat-diet-fed obese mice 2020 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 個別認証技術を用いた医療用麻薬フェンタニル注射液の院内個別管理 嶋田 努,長田幸恵,原 祐輔,登 真良,旭野欣也,牧野智成,崔 吉道 医療薬学雑誌 46巻 5号 249-256頁 2020 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Examination of Aggregate Formation upon Simultaneous Dissolution of Methacrylic Acid Copolymer LD Enteric Coating Agent, Pharmaceutical Additives, and Zwitterionic Ingredients 43巻 682-687頁 2020 査読有 原著論文
  • Incidence and risk factors of neonatal hypoglycemia after ritodrine therapy in premature labor: a retrospective cohort study 5巻 7号 2019/04/16 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Detailed assessment and risk factor analysis of corticosteroid-induced psychiatric disorders in pediatric, adolescent, and young adult patients undergoing induction or consolidation therapy for hematologic malignancy. 1078155219879992巻 2019/10/21 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Hatano rats are a suitable metabolic syndrome model for studying feeding behavior, blood pressure levels, and percent body fat 81巻 1号 147-154頁 2019/01/25 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アルブミン懸濁型パクリタキセル+ゲムシタビン療法における末梢神経障害のリスク因子に関する検討 山本 奈歩,堀 祐貴,高廣 理佳子,菅 幸生,嶋田 努,崔 吉道 医療薬学雑誌 45巻 3号 127-134頁 2019/03/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 安心・安全な薬物療法を実施するためにー薬物動態学的な観点からー 嶋田 努 金沢大学十全医学雑誌 127巻 3号 98‐102頁 2018 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Palonosetron on Days 1 and 5 Versus Granisetron Daily (Days 1-5) in Germ Cell Tumour Therapy. 33巻 2号 643-647頁 2019/03/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multiday corticosteroids in cancer chemotherapy delay the diagnosis of and antimicrobial administration for febrile neutropenia: a double-center retrospective study 5巻 3頁 2019/02/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of coadministration of rifampicin on the pharmacokinetics of linezolid: clinical and animal studies 4巻 27頁 2018/11/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 進行膵がん患者に対するFOLFIRINOX療法施行時におけるコリン様症状の発現状況とリスク因子の探索 伊藤智代,中出順也,嶋田 努,崔 吉道 医療薬学雑誌 44巻 8号 403-410頁 2018/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Risk factors for oxaliplatin-induced vascular pain in patients with colorectal cancer and comparison of the efficacy  4巻 18頁 2018/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Contribution of equilibrative nucleoside transporters 1 and 2 to gemcitabine uptake in pancreatic cancer cells. 39巻 5号 256-263頁 2018/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Drug interaction between methotrexateand salazosulfapyridine in Japanesepatients with rheumatoid arthritis  Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences 3巻 7号 2017/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multiple Oral Dosing Pharmacokinetics of Standardized Extract of Centella asiatica ECa 233 and Its Inductive Effect on Efflux Transporters in Rats 4巻 2号 e66-73頁 2017/08/28 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of ethyl acetate extract of Kaempferia parviflora on brown adipose tissue  Journal of Natural Medicines  70巻 1号 54-61 頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Co-administration of dexamethasone increases severity and accelerates onset day of neutropenia in bladder cancer patients on methotrexate, vinblastine, adriamycin and cisplatin chemotherapy: a retrospective cohort study Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences 3巻 3号 2017/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Kaempferia parviflora extract on knee osteoarthritis. Journal of Natural Medicines 72巻 1号 136-144頁 2018/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ランソプラゾールOD錠とレボフロキサシン錠同時懸濁時における凝集物生成の原因と対策 中川祐紀子,鈴木拓也,志村裕介,菅 幸生,嶋田 努,崔 吉道 医療薬学雑誌 43巻 1号 26-33頁 2017/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • NSTカンファレンス前ミーティングの有用性~薬剤師の視点から~(会議名:第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会)(2016/02/25)
  • 薬剤師外来によるレゴラフェニブ副作用管理(会議名:第25回日本医療薬学会年会)(2015/11/23)
  • フェンタニルバッカル錠と舌下錠併採用時のリスクマネージメント(会議名:第25回日本医療薬学会年会)(2015/11/21)
  • クラビット錠とタケプロンOD錠の同時溶解時における配合変化(会議名:日本病院薬剤師会 第26回北陸ブロック学術大会)(2015/11/15)
  • 慢性疼痛に対して使用していたフェンタニル貼付剤を漸減中止後に離脱徴候をきたした一例(会議名:第9回日本緩和医療薬学会年会)(2015/10/02)

全て表示

  • 緩和ケアチーム主導によるメサドン治療管理の実践と事例報告 (会議名:第9回日本緩和医療薬学会年会)(2015/10/02)
  • ワルファリンからの切り替えにおけるNOACの適正使用に向けた実態調査(会議名:平成27年度第1回(161回)学術研修会)(2015/09/12)
  • 当院におけるスーグラ錠の使用状況と適正使用に向けた今後の課題(会議名:平成27年度第1回(161回)学術研修会)(2015/09/12)
  • ラットおよびヒト遊離肝細胞による[3H]ゲムシタビン取り込みの速度論的解析(会議名:第10回トランスポーター研究会年会)(2015/06)
  • 肥満病態における薬物体内動態変動(会議名:第10回トランスポーター研究会年会)(2015/06)
  • ドセタキセルの術中腹腔内温熱化学療法の薬物動態(会議名:第10回トランスポーター研究会年会)(2015/06)
  • タクロリムスの静脈内投与から経口投与への切り替え時における肥満度の体内動態変動に与える影響(会議名:第32回日本TDM学会・学術大会)(2015/05)
  • XELOX+ベバシズマブ療法施行中に手足症候群と表在性真菌症の併発が疑われた1症例(会議名:日本臨床腫瘍薬学会学術大会2015)(2015/03)
  • 中心静脈栄養管理下での肝胆道系酵素上昇を認めだが、経腸栄養の併用開始後に著明に改善した1症例(会議名:第22回石川NST研究会)(2015/01)
  • 当院外来化学療法室での医療用麻薬の使用状況調査と薬剤師介入の効果に関する検討(会議名:第25回北陸ブロック学術大会)(2014/11)
  • Biphasic Hepatic Uptake of Gemcitabine Characterized by Contribution of ENT1 and ENT2(会議名:19th North American ISSX Meeting and 29th JSSX Annual Meeting)(2014/10)
  • ドセタキセルの術中腹腔内温熱化学療法時の薬物動態(会議名:第41回日本TDM学会)(2014/09)
  • 肝硬変における体液貯留に対するトルバプタンの有効性及び安全性(会議名:第1回(通算第159回)学術研修会)(2014/08)
  • 当院でのデノスマブ投与患者における血清Ca値のコントロールの現状(会議名:第1回(通算第159回)学術研修会)(2014/08)
  • 真菌性眼内炎疑いに対する抗菌化学療法の適切な薬剤選択にICT薬剤師が関与した一症 例(会議名:医療薬学フォーラム2016 第24回クリニカルファーマシーシンポジウム)(2016/06/26)
  • タクロリムスの静脈内から経口投与への切り替え時における体格指数の体内動態変動に 与える影響(会議名:医療薬学フォーラム2016 第24回クリニカルファーマシーシンポジウム)(2016/06/26)
  • 胚細胞腫瘍BEP療法の悪心嘔吐対策におけるパロノセトロン2回投与(第1日、第5日)法とグラニセトロン連日投与法の比較(会議名:第14回日本臨床腫瘍学会学術集会)(2016/07/29)
  • 褐色脂肪細胞に対する黒ショウガ酢酸エチル可溶部の効果(会議名:第33回和漢医薬学会学術大会)(2016/08/27)
  • レボフロキサシン錠とランソプラゾールOD錠の同時懸濁時における配合変化(会議名:第26回 日本医療薬学会年会)(2016/09/07)
  • 経口C型肝炎治療における医師・看護師・薬剤師による協働プロトコールの構築 (会議名:第26回 日本医療薬学会年会)(2016/09/18)
  • 長期経腸栄養剤投与と薬物体内動態変動(会議名:第26回 日本医療薬学会年会)(2016/09/17)
  • A longitudinal survey on urinary independence and prescription trends in post-stroke patients(2022/02/11)
  • Long-term administration of Elental® affects the pharmacokinetic parameters of oral tacrolimus in rats(2022/02/11)
  • バンコマイシンに着目した高齢者の薬物体内動態の個人間変動予測における高齢者総合機能評価の有用性の検証(会議名:36th JSSX Annual Meeting )(2021/11/19)
  • 多職種との協働による手術室における重要薬適正管理への取組み(会議名:第31回日本病院薬剤師会北陸ブロック学術大会)(2021/11/07)
  • 金沢大学附属病院における院内製剤の管理体制の構築(会議名:第31回日本病院薬剤師会北陸ブロック学術大会)(2021/11/07)
  • 腹膜における薬物トランスポーターの発現解析(会議名:第1回トランスポーター研究会関西支部)(2021/10/30)
  • マウス胎盤関門と血液脳関門のMDR1関門透過制御寄与の比較(会議名:第42 回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム)(2021/10/28)
  • The comparison of the MDR1 contribution to the drug distribution of the placental barrier and blood-brain barrier(会議名:第15回 次世代を担う若手のための医療薬科学シンポジウム)(2021/10/23)
  • To clarify mechanism of neonatal hypoglycemia by ritodrine(会議名:第15回 次世代を担う若手のための医療薬科学シンポジウム)(2021/10/23)
  • 腎機能変化に依存しないバンコマイシン血中濃度上昇予測因子の探索(会議名:第31回医療薬学会年会 )(2021/10/09)
  • XELOX 療法に対する第1 世代5-HT3 受容体拮抗薬とNK1 受容体拮抗薬併用による制吐効果と副作用の検討(会議名:第31回医療薬学会年会)(2021/10/09)
  • 医師起点による経口抗がん剤定型チェック式トレーシングレポートの活用により薬剤性肺炎の重症化を回避した事例(会議名:第31回医療薬学会年会)(2021/10/09)
  • High flow CHDF施行下のバンコマイシン投与で治療域に維持できた一例(会議名:医療薬学フォーラム2021/第29回クリニカルファーマシーシンポジウム)(2021/07/24)
  • バンコマイシンの血中濃度が急上昇した症例に対するポリスルホン膜を使用した血液透析の施行とその後の治療継続支援を行った一例(会議名:医療薬学フォーラム2021/第29回クリニカルファーマシーシンポジウム)(2021/07/24)
  • 妊娠糖尿病合併妊娠におけるインスリン治療介入後の新生児低血糖症のリスク因子に関する検討(会議名:医療薬学フォーラム2021/第29回クリニカルファーマシーシンポジウム )(2021/07/25)
  • 脳卒中急性期患者が排尿自立困難に至る要因の病期縦断的な処方動向分析(会議名:第14回日本在宅薬学会学術大会)(2021/07/23)
  • 双生イオン薬剤と医薬品添加物メタクリル酸コポリマーLDとの新規配合変化(会議名:日本薬剤学会 第36年会)(2021/05/15)
  • クエチアピンの併用がラモトリギンの体内動態に及ぼす影響(通常用量付近での検討)(会議名:日本薬学会 第141年会)(2021/03/27)
  • 金沢大学附属病院における2020年度実務実習の現状について (会議名:第30回日本医療薬学会年)(2020/10/24)
  • フェンタニル経皮吸収型製剤の有効性・安全性に与える個体差の要因解明  2020.10.24-11.1 (Web開催)(会議名: 第30回日本医療薬学会年会)(2020/10/24)
  • バーコードおよび部門システムを利用した注射薬返品業務の可視化 (会議名: 第30回日本医療薬学会年会)(2020/10/24)
  • 乳がんに対するドセタキセル術前又は術後化学療法による皮膚障害の危険因子に関する検討(会議名:第30回日本医療薬学会年会)(2020/10/24)
  • ラットにおける先発品および後発品のドセタキセル静注用製剤投与後の組織への取り込みの比較(会議名:第14回 次世代を担う若手のための医療薬科学シンポジウム)(2020/11/28)
  • 低胃酸モデルラットにおけるエルロチニブの溶解性・吸収性に対するアップルジュースの影響 (会議名:第14回 次世代を担う若手のための医療薬科学シンポジウム)(2020/11/28)
  • 合併病態が引き起こすフェンタニル経皮吸収型製剤の個体差に関する後方視的調査 (会議名:第14回 次世代を担う若手のための医療薬科学シンポジウム)(2020/11/28)
  • 小児・若年成人造血器腫瘍患者におけるステロイド誘発性精神障害の重症度と出現時期の解析(会議名:日本薬学会 第140年会)(2020/03/02)
  • パラベン類保存剤を含有する院内製剤0.5%ガンシクロビル点眼液の品質評価 (会議名:第140年会日本薬学会)(2020/03/02)
  • DCF療法施行時の発熱性好中球減少症に対するペグフィルグラスチムの予防効果(会議名:日本薬学会 第140年会)(2020/03/02)
  • 経腸栄養剤が薬物体内動態におよぼす影響(会議名:日本薬学会北陸支部131回例会)(2019/11/17)
  • HIPEC セミナー 温熱化学療法の薬理動態~薬物の腹膜透過性について~ (会議名:日本ハイパーサーミア学会第36回大会)(2019/09/07)
  • MSイメージングとフランツセルを用いたフェンタニル経皮吸収製剤の皮膚透過性の検討 (会議名:日本薬物動態学会第34回年会)(2019/12/11)
  • 金沢大学附属病院における未承認等医薬品の使用の管理に関する取り組み(会議名:第29回日本医療薬学会年会 )(2019/11/04)
  • 点眼手技の評価において変動をもたらす評価者側及び患者側の要因の探索(会議名:第29回日本医療薬学会年会)(2019/11/02)
  • ゲムシタビン+ナブパクリキセル療法による間質性肺炎のリスク因子に関する検討(会議名:令和元年度 第1回(通算第 通算第 169 回)学術研修会)(2019/09/28)
  • 腹腔内温熱化学療法施行時のドセタキセルの薬物動態に与える温度の影響 (会議名:日本ハイパーサーミア学会第36回大会)(2019/09/07)
  • フランツセルを用いたフェンタニルのラット皮膚透過性と代謝能の検討(会議名:医療薬学フォーラム20019 第27回クリニカルファーマシーシンポジウム)(2019/07/13)
  • 腎機能低下患者に対するゾレドロン酸治減量治療の有用性と安全性に関する後方視的調査(会議名:医療薬学フォーラム20019 第27回クリニカルファーマシーシンポジウム)(2019/07/13)
  • 低胃酸モデルラットを用いたErlotinibの吸収低下に対する酸性飲料の有用性 (会議名:第3回フレッシャーズカンファランス)(2019/06/16)
  • ラットにおけるクエチアピンの併用がラモトリギンの薬物動態へ及ぼす影響 (会議名:第3回フレッシャーズカンファランス)(2019/06/16)
  • 個別認証技術によるPTP包装された医療用麻薬の個別管理 (会議名:日本薬剤学会第34年会)(2019/05/18)
  • 膵癌患者におけるFOLFIRINOX療法とアルブミン懸濁型パクリタキセル+ゲムシタビン療法の逐次投与に関する調査(会議名:第11回日本がん薬剤学会学術大会)(2019/05/12)
  • ペムブロリズマブ施行中に無顆粒球症を発症した症例への病棟担当薬剤師、医薬品情報管理室、抗菌薬適正使用支援チームの関わり(会議名:日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019)(2019/03/02)
  • 脳腫瘍により発症した中枢性尿崩症に対するバソプレシン微量持続静脈内投与中に水疱形成を伴う皮膚壊死を生じた一例(会議名:第28回日本医療薬学会年会)(2018/11/24)
  • 免疫チェックポイント阻害薬の安全性情報管理体制の構築と免疫関連有害事象発現に関連する臨床的因子の探索(会議名:第28回日本医療薬学会年会 )(2018/11/23)
  • 小児・若年成人造血器腫瘍患者におけるステロイド誘発性精神障害の出現率と危険因子の解析(会議名:第28回日本医療薬学会年会)(2018/11/23)
  • The effect of long-term enteral nutrition on intestinal microbiota and pharmacokinetic factors (2018/11/21)
  • 金沢大学附属病院における未承認等医薬品の使用の管理に関する取り組み(会議名:日本病院薬剤師会第29回北陸ブロック学術大会)(2018/11/18)
  • 小児造血幹細胞移植における栄養管理 (会議名:日本病院薬剤師会第29回北陸ブロック学術大会)(2018/11/18)
  • Gemcitabine Uptake System of Pancreatic Tumor is Mainly Contributed by Equilibrated Nucleoside Transporter 2(2014/10/02)
  • 点眼手技評価の変動をもたらす者側及び患要因探索 (会議名:平成30年度第1回(通算第167回)学術研修会)(2018/09/01)
  • Consideration of post-marketing drug safety assessment in hospitals (2018/07/04)
  • Pharmacokinetics of fentanyl after dermal administration to arthritis model rats(2018/07/03)
  • 医療機関における副作用報告基準の確立へ向けた検討(会議名:第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会)(2018/06/30)
  • ランソプラゾールOD錠とレボフロキサシン錠の同時懸濁による凝集物生成が有効成分の溶出性に与える影響(会議名:医療薬学フォーラム2018)(2018/06/24)
  • 難治性てんかんに対しケトン食(低糖質・高脂質食)導入後、フェニトイン中毒を来した一例(会議名:医療薬学フォーラム2018)(2018/06/23)
  • 経腸栄養剤長期投与による腸内フローラ変動と薬物動態変動因子への影響 日本薬剤学会 第33年会 2018.6.1(静岡)(会議名:日本薬剤学会 第33年会)(2018/06/01)
  • ドセタキセル静注用製剤の先発医薬品および後発医薬品のラットにおける体内動態の比較(会議名:日本薬剤学会 第33年会)(2018/05/30)
  • 表皮におけるシトクロムP450のBMI上昇に伴う発現変動(会議名:日本薬学会第138年会 )(2018/03/28)
  • 肥満によるCYP3A4とその転写因子の発現変動に関するヒト皮膚組織を用いた解析(会議名:日本薬学会第138年会 )(2018/03/28)
  • エルロチニブとCYP3A4阻害剤による薬物相互作用が副作用に及ぼす影響(会議名:日本薬学会第138年会 )(2018/03/28)
  • アルブミン懸濁型パクリタキセル+ゲムシタビン療法における末梢神経障害のリスク因子に関する検討(会議名:日本薬学会第138年会 )(2018/03/28)
  • 病院実務実習における薬学生によるプレアボイド報告の有用性の検討(会議名:日本薬学会第138年会 )(2018/03/28)
  • 骨肉種患者における大量メトトレキサート療法の母集団薬物動態解析 (会議名:日本薬学会第138年会 )(2018/03/27)
  • レボフロキサシン錠とランソプラゾールOD錠の配合変化による経鼻経腸栄養用チューブ閉塞の原因解析(会議名:第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会)(2018/02/23)
  • 経腸栄養剤長期投与患者におけるジゴキシン血中濃度低下に対する食物繊維の影響の検討(会議名:日本薬物動態学会 第32回年会)(2017/11/29)
  • アジュバント誘発関節炎モデルラットにおけるフェンタニル静注時の体内動態について(会議名:日本薬物動態学会 第32回年)(2017/11/29)
  • リファンピシンによるリネゾリド血中濃度低下とそのメカニズムの検討 −臨床および基礎的研究−(会議名:第28回日本病院薬剤師会北陸ブロック学術大会)(2017/11/26)
  • 集中治療室におけるバンコマイシン血中濃度変動因子の探索(会議名:第28回日本病院薬剤師会北陸ブロック学術大会)(2017/11/26)
  • 医事システムと連動した新規持参薬入力システムの開発と業務改善効果(会議名:第27回日本医療薬学会年会)(2017/11/05)
  • FOLFIRINOX 療法におけるコリン様症状の発現率とリスク因子の検討(会議名:第27回日本医療薬学会年会)(2017/11/04)
  • リトドリン塩酸塩による切迫早産治療後の新生児低血糖症発現率とリスク因子の解明(会議名:第27回日本医療薬学会年会)(2017/11/03)
  • リトドリン塩酸塩による切迫早産治療後の新生児低血糖症発現率とリスク因子の解明(会議名:第27回日本医療薬学会年会)(2017/11/03)
  • ポリスルホン膜を用いた持続的血液濾過透析(CHDF)施行患者に対するビアペネムの至適投与法(会議名:第38回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム)(2017/10/27)
  • 臨床で経験したレボフロキサシン錠とランソプラゾールOD錠の配合変化におけるメカニズムの解明(会議名:臨床で経験したレボフロキサシン錠とランソプラゾールOD錠の配合変化におけるメカニズムの解明)(2017/10/27)
  • 腹腔内温熱化学療法施行下のドセタキル薬物動態解析(会議名:第38回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム)(2017/10/26)
  • 精神疾患患者における退院時服薬指導書の有用性に関する実態調査(会議名:第50回日本薬剤師学術大会)(2017/10/09)
  • この10年における非定型抗精神病薬処方時の耐糖能フォローアップへの薬剤師の介入の成果と今後の課題(会議名:第1回日本精神薬学会総会・学術集会)(2017/09/24)
  • 骨肉腫患者を対象としたメトトレキサート大量療法における排泄遅延因子の解析(会議名:第34回日本TDM学会.)(2017/09/23)
  • 切迫早産治療を目的としたリトドリン塩酸塩投与による新生児低血糖発現率の上昇とそのリスク因子の解析(会議名:平成29年度石川県病院薬剤師会第1回(通算165回)学術研修会)(2017/09/02)
  • 前立腺がん患者におけるドセタキセル低用量法と高用量法の忍容性に関する比較検討(会議名:第15回日本臨床腫瘍学会学術集会)(2017/07/29)
  • 金沢大学附属病院における副作用報告に関する問題点の抽出及び今後の課題.(会議名:第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会)(2017/07/08)
  • 個別認証技術を用いたフェンタニル注射液の管理と院内流通の見える化(会議名:第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会)(2017/07/08)
  • MVAC(Methotrexate, Vinblastine, Adriamycin, Cisplatin)療法におけるdexamethasone併用による好中球減少症の重篤化の機序の解明(会議名:医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム)(2017/07/01)
  • BMI値の変動がフェンタニル経皮吸収製剤の鎮痛効果に及ぼす影響(会議名:医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム)(2017/07/01)
  • 骨肉種患者におけるメトトレキサート排泄遅延因子の検討(会議名:第27回北陸ブロック学術大会)(2017/11/27)
  • 肥満時の薬物動態変動による医薬品副作用回避戦略 (会議名:第31回 日本薬物動態学会 )(2016/10/13)
  • Pharmacokinetic analysis of docetaxel during laparoscopic hyperthermic intraperitoneal chemotherapy in patients with peritoneal metastasis of gastric cancer (松本)(会議名:第31回 日本薬物動態学会 )(2016/10/14)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

○MUCOPOL YSACCHARIDOSIS IV A/VII SCREENING AND TREATMENT METHOD(出願国名:アメリカ)

共同研究希望テーマ

○病態時の薬物動態変動

科研費

○若手研究(B)「薬物動態変動要因としての栄養組成および腸内細菌叢環境の関与」(2015-2016) 代表者
○若手研究(B)「「Kaempferia parvifloraの代謝疾患予防効果および作用機序の解明」」(2009-2011) 代表者
○基盤研究(B)「「肥満児の薬物動態変動による医薬品副作用の回避戦略」、」(2015-2018) 分担者
○基盤研究(C)「「がん薬物療法における血管痛発現機序の解明および新規予防法の開発」」(2016-2019) 分担者
○基盤研究(C)「「メタボリックシンドローム(代謝症候群)に対して有効な伝統生薬の探索研究」」(2007-2008) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「病態背景が経皮吸収型製剤の経皮アベイラビリティにおよぼす影響」(2020-2022) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「加齢による薬物体内動態の個人間変動予測の新機軸」(2019-2022) 分担者
○日本学術振興会 基盤研究(B)「室内ダスト中の化学物質暴露による腸内細菌叢の変化は生体高次機能をかく乱し得るのか」(2017-2019) 分担者
○日本学術振興会 基盤研究(B)「careとcureを融合した看護薬剤学モデルの開発」(2017-2019) 分担者
○日本学術振興会 基盤研究(C)「環境中化学物質暴露による腸内細菌叢バランスの破綻が薬物投与設計に与える影響」(2017-2019) 代表者

競争的資金・寄付金等

○助成金 (2016-2016) 研究 「食に伴う腸内フローラ変動が薬物投与設計におよぼす影響」 第54回(平成28年度)三島海雲記念財団 学術研究奨励金(個人研究奨励金) 三島海雲記念財団
○助成金 (2019-2019) 研究 皮膚中CYP3A が経皮吸収製剤の体内動態および個体差におよぼす影響 平成30年度(第31回)中冨健康科学振興財団研究助成金 中冨健康科学振興財団研
○助成金 (2016-2016) 研究 「腸内細菌叢パターンの変動に伴う投与設計の個別化」 第8回北陸銀行若手研究者助成金 北陸銀行

共同研究・受託研究実績

○アポテカxコンチネンス(2021-2021)
○アポテカxカケハシ(2021-2021)
○個別認証技術を活用した医薬品トレーサビリティの研究(2021-2021)
○個別認証技術を活用した医薬品トレーサビリティの研究(2020-2020)
○LCMS用TDM試薬キット(免疫抑制剤)の評価(2019-2019)
○個別認証技術を活用した医薬品トレーサビリティの研究(2019-2019)
○個別認証技術を活用した医薬品トレーサビリティの研究(2018-2018)
○個別認証技術を活用した医薬品トレーサビリティの研究(2017-2017)
○LCMS用TDM試薬キット(免疫抑制剤)の評価(2017-2018)
○個別認証技術を活用した医薬品トレーサビリティの研究(2016-)
○独活葛根湯の薬理作用に関する研究(2010-2011)
○防已黄耆湯の抗肥満作用における機序解明(2009-2010)

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○臨床実習(サブスペシャリティ・ローテーション)(2021)
○臨床薬理学(2021)
○実務実習Ⅱ(2021)
○臨床薬学論(2021)
○チーム医療実習(2021)
○実務実習Ⅰ(2021)
○医薬品安全性学(2021)
○実務実習Ⅲ(2021)
○臨床薬理学(2020)
○実務実習Ⅲ(2020)
○実務実習Ⅰ(2020)
○実務実習Ⅱ(2020)
○チーム医療実習(2020)
○実務実習Ⅳ(2020)
○医薬品安全性学(2020)
○臨床薬学論(2020)
○臨床薬理学(2017)
○病院実習Ⅱ(2017)
○病院実習Ⅰ(2017)
○医薬品安全性学(2017)
○医薬品安全性学(2016)
○病院実習Ⅰ(2016)
○病院実習Ⅱ(2016)
○医薬品安全性学(2015)
○病院実習Ⅰ(2015)
○病院実習Ⅱ(2015)

大学院担当授業科目

○医薬情報統御学特論(2021)
○医薬情報統御学特論(2021)
○医薬情報統御学特論(2020)
○医薬情報統御学特論(2020)
○人体の正常と疾病 III(2020)
○医薬情報統御学特論(2017)
○医薬情報統御学特論(2017)
○医薬情報統御学特論(2016)
○医薬情報統御学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○日本医療学会日本医療薬学会代議員(2021/04/01-2023/03/31)
○日本薬剤学会日本薬剤学会代議員(2020/04/01-2022/03/31)
○日本医療薬学会 総務委員会(2018/04/01-2020/03/31)
○日本医療薬学会役員候補者選挙管理委員(2019-2020)
○日本医療薬学会代議委員選挙管理委員(2018/10/01-2019/03/31)
○日本動態学会BP賞選考委員会(2018-2019)
○日本薬学会トピックス小委員会(2018-2019)
○日本生薬学会編集委員会委員(2016-2018)
○トランスポーター研究会北部会組織委員(2017-2019)
○北陸薬物療法モニタリング懇話会理事(2014-)
○石川県病院薬剤師会ホームページ委員会委員長(2015-)
○石川県病院薬剤師会常任理事(2015-)
○日本薬剤学会英語セミナー委員(2016-2018)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ