本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2022年03月30日

齋藤 毅 (さいとう たけし) 講師 SAITO, Takeshi

所属組織・役職等

人間社会研究域 経済学経営学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 経済学類
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 経済学専攻

所属研究室等

国際経営研究室 人間社会2号館5階571

学歴

【出身大学院】
同志社大学 博士課程 社会学研究科 2012/09 修了
【取得学位】
博士(産業関係学)

職歴

立命館大学稲盛経営哲学研究センター 研究員(2016/11/21-)
長崎県立大学 経営学部 准教授(2016/04/01-2019/09/30)
福井県立大学 地域経済研究所 専任講師(2013/04/01-2016/03/31)

生年月

所属学会

日本労務学会
日本経営学会
経営行動研究学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

経営学、経営組織論、国際経営論、人的資源管理論

専門分野キーワード

国際経営、地域経済、経営理念、ビジネスモデル、経営組織論、中小企業

研究課題

フィロソフィに基づく組織・人事管理の国際比較研究

中小企業の新たなビジネスモデルの研究

先進諸外国のグローバルマネジメントの研究

著書

  • 雇用関係の制度分析 ミネルヴァ書房 2020/05/10 原著書 分担執筆 樋口純平・西村純編
  • シリーズ「大学と地域」1 これからのビジネスと地域 長崎文献社 2019/03/31 原著書 分担執筆 長崎県立大学経営学部編集委員会編
  • 東アジア新興市場圏と地場産業 晃洋書房 2015/02/28 原著書 分担執筆 坂田幹男・唱新編

論文

  • 海外における日本企業の人的資源管理 齋藤毅 金沢大学経済論集 41巻 2号 5-29頁 2021/03/31 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 海外における日本企業の技術移転について 齋藤毅 金沢大学経済論集 40巻 2号 1-33頁 2020/03/30 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 中国における日系企業の経営現地化 齋藤毅 経営行動研究年報 第24号 70-75頁 2015/09/15 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 中小企業のグローバル人材育成の現地点 齋藤毅 福銀ジャーナル 盛夏号 2-8頁 2015/07/15 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • フォルクスワーゲンの賃金・人事制度-生産現場の制度と慣行に関する実態調査報告 齋藤毅 評論・社会科学 第99号 27-73頁 2012/03/15 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)

全て表示

  • 生産現場の人事管理と品質管理に関する国際比較研究-ドイツの自動車企業を中心に 齋藤毅 経営学論集第83集 [10]1-11頁 2013 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 生産システム論の再構成-労働研究と経営研究の統合に向けての試論 齋藤毅 評論・社会科学 第89号 145-191頁 2009/03/20 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 中国の労使関係と日系企業の対応  齋藤毅 ふくい地域経済研究  20号 32-36頁 2015/05/01 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 日本の経営方式の特質と課題-自動車工場の品質管理に関する日米比較 齋藤毅 評論・社会科学 第88号 237-268頁 2009/01/30 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)

講演・口頭発表等

  • 中国の日系企業の人事労務管理(会議名:立命館大学稲盛経営哲学研究センター 第8回ワークショップ)(2021/07/20)
  • 海外における中小企業の工場管理-中国進出企業の事例比較(会議名:日本労務学会九州部会)(2019/12/07)
  • A Comparative Study on the Amoeba Management System and Inamori Philosophy Practice in Japan and China(会議名:稲盛経営哲学研究センター 第2回国際シンポジウム)(2016/12/08)
  • The Roles of Local Employees and Japanese Expatriates in the Process of the Localization of the Management Practices at the Japanese Factories in China(会議名:the 6th East Asia Academic Exchange Forum)(2016/11/04)
  • 地方におけるグローバル人材育成の動向と今後の方向性(会議名:福井県立大学地域経済研究所 2015年度第6回地域経済フォーラム)(2016/03/16)

全て表示

  • 生産現場の人事管理と品質管理に関する国際比較研究-日米独の自動車企業を中心にー(会議名:日本経営学会 第86回全国大会)(2012/09/07)
  • 日系企業の海外現地経営に関する研究動向-生産管理と人事管理を中心に-(会議名:日本経営学会 九州部会)(2018/01/27)
  • 中国進出企業の人的資源管理(会議名:日本経営学会 第89回全国大会)(2015/09/04)
  • アジア進出企業の日本的人的資源管理の適用と動向(会議名:日本経営学会 第270回中部部会)(2014/12/13)
  • 地方中小企業のアジアにおける人的資源管理-日系企業の現状と動向-(会議名:経営行動研究学会 第24回全国大会)(2014/08/09)
  • 中国進出企業のグローバル人材育成の現状(会議名:経営行動研究学会 第16回九州部会)(2014/04/19)
  • フォルクスワーゲンの賃金・人事制度-生産現場の制度と慣行に関する実態調査報告-(会議名:日本労務学会 第42回全国大会)(2012/07/15)
  • 生産現場の人事管理と品質管理に関する国際比較研究-ドイツの自動車企業を中心に-(会議名:日本経営学会 九州部会)(2012/06/30)
  • ドイツの品質管理-日独の雇用システム-(会議名:社会労働問題研究会)(2011/02/19)
  • グローバル競争時代における日本企業の報酬管理-自動車企業3社の比較-(会議名:日本労務学会 第40回全国大会)(2010/07/31)
  • 日本の現場品質管理の特質-日米独の3カ国工場比較を通して-(会議名:日本経営学会 第83回全国大会)(2009/09/03)
  • 自動車生産職場改革の収斂と多様性-労使関係制度と賃金制度に関する国際比較を通してー(会議名:日本経営学会 第82回全国大会)(2008/09/06)
  • 日本自動車工場の現場品質管理-熟練研究と管理研究の統合アプローチ-(会議名:日本労務学会 第38回全国大会)(2008/08/03)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)「日本企業のグローバル人的資源管理の現状と課題」(2015-2016) 分担者

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

○アメーバ経営と経営フィロソフィの実践における日中比較(2016-2021)

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○演習(2021)
○演習(2021)
○大学・社会生活論(2021)
○国際社会研究演習A4(2021)
○国際社会研究演習A2(2021)
○国際社会研究演習A3(2021)
○国際社会研究演習A1(2021)
○国際経営論(2021)
○経営学総論A(2021)
○経営学概論(2021)
○経営学入門(2021)
○演習(2020)
○演習(2020)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2020)
○経営学概論(2020)
○国際経営論(2020)
○経営学総論A(2020)
○初学者ゼミⅠ(2020)
○国際経営論(2019)
○国際経営論演習(2019)
○自主課題研究(2019)
○国際経営論(2019)

大学院担当授業科目

○国際経営論演習b-2(2021)
○国際経営論演習b-2(2021)
○国際経営論演習b-1(2021)
○国際経営論演習a-2(2021)
○国際経営論演習a-1(2021)
○国際経営特論b-2(2021)
○国際経営特論b-1(2021)
○国際経営特論a-2(2021)
○国際経営特論a-1(2021)
○人間社会論文作成基礎(2021)
○人間社会論文作成基礎(2021)
○人間社会論文作成基礎(2021)
○国際経営論演習b-1(2020)
○国際経営特論b-2(2020)
○国際経営特論b-1(2020)
○国際経営論演習a-2(2020)
○国際経営論演習a-1(2020)
○国際経営特論a-2(2020)
○国際経営特論a-1(2020)
○人間社会論文作成基礎(2020)
○人間社会論文作成基礎(2020)
○人間社会論文作成基礎(2020)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○石川県庁 商工労働部 石川経営天書塾運営委員会 運営委員(2021/04/01-2023/03/31)
○金沢市労働政策課 事業所表彰委員会 委員(2021/04/01-2022/09/30)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ