本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年07月16日

千葉 芳広 (ちば よしひろ) 教授 CHIBA, Yoshihiro

所属組織・役職等

人間社会研究域 経済学経営学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 経済学類
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 経済学専攻
【大学院後期課程】
人間社会環境研究科 人間社会環境学専攻 社会経済学コース

所属研究室等

経済史

学歴

【出身大学院】
北海道大学大学院 博士課程 経済学研究科博士後期課程 経済学専攻 1999/03 単位取得満期退学
【出身大学】
北海道大学 経済学部 経済学科 1992/03 卒業
【取得学位】
博士(経済学)

職歴

生年月

所属学会

社会経済史学会
東南アジア学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

経済史、地域研究

専門分野キーワード

農業,経済史,医療,労働

研究課題

著書

  • 帝国主義とパンデミック : 医療と経済の東南アジア史 吉川弘文館 2023/01 千葉, 芳広 9784642059640
  • フィリピン社会経済史 : 都市と農村の織り成す生活世界 北海道大学出版会 2009 千葉 芳広 9784832967137
  • 「コレラと公衆衛生ーー帝国植民地の比較史」秋田, 茂;脇村, 孝平編『人口と健康の世界史』 ミネルヴァ書房 2020/08 単著 千葉芳広 9784623090143
  • “Imperial Medicine and Ethnicity in an Urban Society: Cholera Epidemics in the Philippines” Nazrul Islam ed. Chinese Medicine and Transnational Transition during the Modern Era: Commodification, Hybridity, and Segregation Palgrave Macmillan 2021/04 単著 Yoshihiro Chiba

論文

  • 近代マニラの飲み水と屎尿処理 ――公衆衛生と地方財政の視点からの考察 千葉芳広 社会経済史学 87巻 4号 3-26頁 2022/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Imperial Medicine and Physicians: Healthcare System in late Spanish Colonial Manila 千葉芳広 Historical Bulletin 54巻 48-78頁 2020 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 植民地支配と都市空間:―アメリカ統治初期マニラの公衆衛生― 千葉 芳広 東南アジア研究 56巻 1号 67頁 2018 査読有
  • スペイン統治下フィリピンにおける西洋医専門職の形成 : 19世紀末マニラの帝国医療に焦点を当てて 千葉 芳広 東南アジア. 歴史と文化 = Southeast Asia. 東南アジア学会 編 47号 5頁 2018 査読有
  • フィリピン公衆衛生政策の形成:スペイン・アメリカ両統治下マニラにおけるコレラ流行 千葉 芳広 社会経済史学 81巻 1号 25頁 2015 査読有

全て表示

  • 土地政策と公衆衛生政策 : アメリカ統治下フィリピンの開発 (宮本謙介教授 記念号) 千葉 芳広 經濟學研究 62巻 3号 187頁 2013/02 査読無
  • The 1919 and 1935 rice crises in the Philippines: The rice market and starvation in American colonial times Yoshihiro Chiba Philippine Studies 58巻 523頁 2010/12/01 査読有 
  • フィリピンにおける地域経済圏の形成--19〜20世紀前半のマニラと中部ルソンにおける労働力移動 千葉 芳広 アジア経済 47巻 7号 29頁 2006/07 査読有
  • Cigar-makers in American colonial Manila: Survival during structural depression in the 1920s Journal of Southeast Asian Studies 36巻 3号 373頁 2005/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • フィリピン農村の就業構造--ブラカン州ハゴノイ町の事例 千葉 芳広 アジア研究 49巻 4号 60頁 2003/10 査読有
  • 中国系移民と植民地開発--アメリカ統治初期フィリピンにおける支配の様相 千葉 芳広 歴史学研究 770巻 770号 1頁 2002/12 査読有
  • <論文>アメリカ期フィリピンにおける小作経営と農業労働 : 中・南部ルソン人口稠密地域における米作農業 千葉 芳広 經濟學研究 50巻 4号 24頁 2001 査読無
  • アメリカ植民地下フィリピンにおける米穀危機の政治経済-米価政策と華人商人・地主の対応- 千葉 芳広 アジア経済 39巻 9号 21頁 1998 査読有
  • Labor Force of the Philippines, 1903-2010 Yoshihiro Chiba 304巻 2023/09

講演・口頭発表等

  • 「フィリピン・アメリカ戦争にみる人種と感染症:強制移動との関係における考察」小シンポジウム「20 世紀の諸国家の統治と強制移動の論理」(会議名:第74 回日本西洋史学会大会)(2024/05/19)
  • Labor Force of the Philippines, 1903-2010(会議名:A Study Workshop on the Quantitative Macro Economic History of the Philippines, 1900-2010)(2023/10/29)
  • フィリピン・アメリカ戦争にみる人種と感染症:帝国と経済開発の視点からの考察(会議名:第3回強制移動史研究会)(2023/03/19)
  • 1918年と1938年における就業人口について(会議名:アジア長期経済統計:フィリピン班研究会)(2022/10/31)
  • 近代フィリピン病院史の予備的考察(会議名:医療社会史研究会)(2021/12/18)

全て表示

  • 近代マニラにおける飲み水と屎尿処理 ー 公衆衛生と財政の視点から(会議名:北陸史学会)(2021/11/28)
  • 「近代マニラにおける飲料水と屎尿処理—— 帝国医療と財政の視点から」(会議名:2020年 第25回フィリピン研究会全国フォーラム)(2020/07/05)
  • 「近代フィリピンの水と生活 ――二つの植民地統治に跨った公衆衛生」(会議名:社会経済史学会全国大会)(2019/05/19)
  • Cholera Epidemics under Spanish and American Imperial Medicine: Policies and Response(会議名:Interdisciplinary Workshop on Chinese Medicine along the Silk Road: Transition and New Discovery)(2018/12/03)
  • Filipino Physicians in Spanish Colonial Philippines: The Relation to Imperial Medicine with a Focus on Late 19th Century’s Manila(会議名:The First Joint Meeting of the Asian Society of the History of Medicine and History of Medicine in Southeast Asia)(2018/06/28)
  • Filipino Physicians in Spanish Colonial Philippines: The Emergence of Medical Profession with a focus on the Late 19th Century’s Manila(会議名:The 11th Annual Congress of Asian Political and International Studies Association)(2017/10/21)
  • スペイン統治下医師専門職の形成 ――19世紀末のマニラを中心として(会議名:東南アジア学会全国大会)(2016/12/03)
  • Medicine of the Philippines in the late 19th Century(会議名:2016 Annual Conference of Southeast Asian Studies in Taiwan)(2016/09/22)
  • Medicine and Medical Practice in the Philippines in the late 19th Century(会議名:The 10th International Conference on Philippine Studies)(2016/07/08)
  • アメリカ統治下のマニラにおける都市空間と衛生(会議名:アジア政経学会全国大会)(2015/06/13)
  • Urban Space and Education in Public health: Manila, 1905-14(会議名:Change and Exchange: Philippine Studies Conference, Australian National University)(2014/09/13)
  • Cholera in the late 19th Century’s Manila: Global Contexts and Local Life(会議名:The Third Congress of the Asian Association of World Historians)(2015/05/30)
  • スペインからアメリカ統治移行期におけるマニラ社会: コレラ流行からみた衛生と生活(会議名:社会経済史学会全国大会)(2014/05/24)

その他(報告書など)

  • 「書評『〈伝統医学〉が創られるとき:ベトナム医療政策史』 小田なら著、京都大学学術出版会、2022 年」 千葉芳広 『立命館アジア・日本研究学術年報』 4巻 243頁 2023/08 査読無 ⑫書評・文献紹介等
  • グローバル化と生態環境から視る医療史 千葉芳広 本郷 164号 11頁 2023/03/01 ⑨総説・解説(商業誌)
  • 開発原病・帝国医療 千葉芳広 社会経済史学事典 316頁 2021/06
  • Physicians in Imperial Medicine: The Emergence of a Filipino Medical Profession in late Nineteenth Century Manila 千葉芳広 Discussion Paper Series 705, Institute of Economic Research, Hitotsubashi University 1頁 2020/02 査読無 ②速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
  • 書評 長田紀之著『胎動する国境 : 英領ビルマの移民問題と都市統治』 千葉 芳広 社会経済史学 = Socio-economic history 84巻 1号 134頁 2018 査読無

全て表示

  • マニラ地域経済圏における商品流通の展開 : 19世紀から20世紀前半における米穀取引を中心に(自由研究発表要旨,第80回研究大会報告) 千葉 芳広 東南アジア学会会報 90号 17頁 2009 査読無
  • 「アキノ、コラソン」、「マルコス、フェルディナンド」など29項目 千葉芳広 『世界人名辞典』(岩波書店) 2013 ⑮その他
  • 公衆衛生と健康の経済史 : アメリカ統治下フィリピンにみる研究動向 千葉 芳広 北海道医療大学人間基礎科学論集 0巻 37号 A21頁 2011 査読無

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)「移住資本の視点からみた20世紀の強制移住者の比較史研究―東中欧と太平洋地域の事例」(2022-2025) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「19世紀後半から20世紀前半のフィリピン地域社会における病院制度の形成」(2021-2025) 代表者
○基盤研究(C)「近現代フィリピンの人的・物的資本形成の数量経済史」(2021-2023) 分担者

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ