本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

7名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

社会科学

基礎法学

キーワード 研究者名 研究情報
法理学、法哲学 足立 英彦
研究課題
・法理学
・法の目的
・法思想史

科研費採択テーマ
・グスタフ・ラートブルフとヘルマン・U・カントロヴィッツの交友関係について
・法概念の論理的分析
・1919年前後のラートブルフの法概念の変遷:『法哲学』講義原稿の読解を踏まえて

教育法学、教育行政、法社会学 土屋 明広
ポストモダン法、金沢大付属病院無断臨床試験訴訟、ポストモダンの正義 仲正 昌樹
研究課題
・正義論
・ポスト・モダン系法哲学
・医療倫理

東洋法制史 中村 正人
研究課題
・清代刑法における故意に関する研究

科研費採択テーマ
・清律の刑罰減免制度より見た清代法制度の特質に関する実証的研究
・近世中国の刑罰制度に関する総合的研究─軍制との関係を中心として─
・唐代を中心とする中国刑事手続制度の基礎的研究
・元明時代の法制に関する基礎的研究―『皇明条法事類纂』の分析を中心として―
・情報化時代における新たな史料学構築の可能性 : 『唐六典』を例として
・唐代を中心とする中国裁判制度の基礎的研究

法教育 要件事実 医療安全 野坂 佳生
共同研究希望テーマ
・法教育 社会科教育 市民性教育 主権者教育
・医療安全

研究課題
・法関連教育の理論と実践
・臨床法学教育
・医療安全・介護安全・学校安全

科研費採択テーマ
・障害を持つ子どもを対象とした主権者教育(=法教育)のプログラム開発
・道徳と社会科の「融合可能性」を探る研究

英米法、マイノリティ、陪審制度、選挙制度 東川 浩二
研究課題
・投票権や選挙制度に関する研究
・司法制度に関する研究
・表現の自由と不法行為責任

科研費採択テーマ
・虚偽の言論規制と人格権保護に関する比較法研究
・社会的少数者・弱者保護のための表現規制のあり方に関する比較法研究
・交渉教育理論を適用した英語教育の教材開発研究

日本法制史、加賀藩、救恤、御救、飢饉、災害 丸本 由美子

このページの先頭へ