本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

1名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

総合生物

ゲノム生物学

キーワード 研究者名 研究情報
クロマチン,ノンコーディングRNA,ヒト染色体工学,MeCP2重複症候群,レット症候群,自閉症,エピジェネティクス,インプリンティング 堀家 慎一
研究課題
・染色体工学技術を用いた自閉症羅患遺伝子座の解析
・15q11-q13刷り込み遺伝子領域のクロマチン動態の解析
・PEG1/MEST刷り込み領域の遺伝子発現制御機構の解明
・オキシトシンレセプター遺伝子の発現制御機構の解明

出願済みの発明名称
・細胞判定装置、細胞判定方法及びプログラム

科研費採択テーマ
・性特異的なエピゲノム制御による自閉症発症機序の解明
・LINE1配列のストランド特異的分布とMARを介したクロマチン制御機構の解明
・染色体の空間的配置と組織特異的遺伝子発現制御機構の解明
・核内足場クロマチン構造を介したncRNA, IPWの作動機序の解明
・エピジェネティック因子MBD5による発達障害発症機序の解明
・15q11-13染色体ペアリングに着目した自閉症発症機構の解明
・核マトリックスを介した長鎖ncRNA,UBE3A-ATSのクロマチン制御機構
・ヒトDMRにおける母性メチル化インプリント確立メカニズムの解明
・インプリント長鎖非コードRNAの核内動態とクロマチンダイナミクスの解析
・レット症候群の早期診断と治療を目指した統合的研究
・レット症候群の診断と予防・治療法確立のための臨床および生物科学の集学的研究
・神経細胞特異的なクロマチンダイナミクスを司る分子の同定
・性特異的なエピゲノム制御による自閉症発症機序の解明
・Y染色体微小重複が男性不妊症に与える影響-Y染色体は微小欠失だけではない-
・生後早期の母子関係を評価する新規バイオマーカーの開発 -発達障害回避を目指して-
・概日リズムに基づく妊娠・産褥期セルフケアプログラムの開発-光と食による制御の検討
・命をつなぐ染色体~遺伝子の運び屋である染色体を観察しよう~
・新規胚シグナルlaeverinの幹細胞と免疫システムに対する作用の解明と臨床応用

このページの先頭へ