本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年04月19日

生越 友樹 (おごし ともき) 教授 OGOSHI Tomoki

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類 応用化学コース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

高分子化学教室 TEL:076-234-4775 FAX:076-234-4800

学歴

【出身大学院】
京都大学 博士課程 工学研究科 高分子化学専攻 2005/03 修了
【出身大学】
京都大学 工学部 工業化学科 2000/03 卒業
【取得学位】
博士(工学)

職歴

日本学術振興会特別研究員(DC1) 京都大学大学院工学研究科 特別研究員(DC1)(2002/04/01-2005/03/31)
日本学術振興会特別研究員(PD) 大阪大学大学院理学研究科 特別研究員(PD)(2005/04/01-2006/10/31)
金沢大学大学院自然科学研究科 物質工学専攻(2006/11/01-2007/03/31)
金沢大学理工研究域物質化学系 金沢大学理工研究域物質化学系(2008/04/01-)
金沢大学理工研究域物質化学系(2010/03/01-)

生年月

1976年05月

所属学会

高分子学会
日本化学会 日本化学会
シクロデキストリン学会
アメリカ化学会

学内委員会委員等

○化学グループ代表幹事 委員(2016-2018)

受賞学術賞

○第4回アジアシクロデキストリンシンポジウムポスター賞(金賞)(2007/05/20)
○優秀講演賞(学術)(2008/04/10)
○若い世代の特別講演会賞(2009/03/28)
○平成20年度高分子研究奨励賞(2009/05/01)
○BCA(2016/10/17)
○野副記念奨励賞(2016/09/02)
○MBLA 2016(2017/02/01)
○Polymer Journal論文賞-日本ゼオン賞
○科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
○2013 Cram Lehn Pedersen Prize(2012/07/09)
○第61回進歩賞(2012/03/26)
○HGCS Japan Award of Excellence 2010(2011/02/21)
○ヤングサイエンティスト講演賞(2010/07/16)

専門分野

超分子、高分子化学

専門分野キーワード

超分子化学、高分子複合材料、高分子合成

研究課題

新規環状分子"Pillar[5]arene"の創成

新規環状分子"Pillar[5]arene"の創成 カリックスアレーンは、構成単位がメタ位でメチレン結合により連結したカップ構造の環状ホスト分子である。その中で我々は、p- Dimethoxybenzene(DMB)とアルデヒドとの反応を行った。その結果、ユニットが2,5位でメチレン結合によって連結した、対称性の高い柱状(Pillar)の新規な環状物であるPillar[5]areneを得ることができた。

環状ホスト分子を基とした超分子複合体の創製

環状ホスト分子を基とした超分子複合体の創製 環状化合物であるシクロデキストリン、カリックスアレーン、ククルビツリルなどは、その空洞サイズに適したゲスト分子を取り込むことができる環状ホスト分子である。このような環状ホスト分子と、カーボンナノチューブ、グラフェン、感温性高分子、π共役分子、イオン液体をナノレベルで組み合わせることで、従来にない超分子複合体の創製の創成に関して研究を行っている。

フェノール樹脂を基としたハイブリッド材料の創製

フェノール樹脂を基としたハイブリッド材料の創製 フェノール樹脂のさらなる高機能化を目的として、フェノール樹脂と無機ナノ粒子・イオン液体・炭素材料とのナノレベルでの複合化を行い、従来にない高性能フェノール樹脂の開発を目指している。

著書

論文

  • Cyclodextrin-Grafted Poly(phenylene ethynylene) with Chemical-Responsive Properties Chemical Communications 35巻 9号 3702-3704頁 2006/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tapping Mode AFM Evidence for an Amorphous Reticular Phase in a Condensation-Cured Hybrid Elastomer: a,w-Dihydroxypoly(dimethylsiloxane)/Poly(diethoxysiloxane)/Fumed Silica Nanoparticles Journal of the American Chemical Society 126巻 39号 12284-12285頁 2004/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of Organic-Inorganic Polymer Hybrids Having Interpenetrating Polymer Network Structure by Formation of Ruthenium-Bipyridyl Complex Macromolecules 35巻 2号 334-338頁 2002/01 査読有 原著論文
  • Synthesis of Photosensitive Organic-Inorganic Polymer Hybrids by Utilizing Caged Photoactivatable Alkoxysilane Macromolecules 37巻 16号 5916-5922頁 2004/08 査読有 原著論文
  • Synthesis of Amorphous and Nanostructured Cationic Polyacetylene/Silica Hybrids by Using Ionic Interactions Macromolecules 38巻 22号 9110-9116頁 2005/11 査読有 原著論文

全て表示

  • Synthesis of Organic-Inorganic Polymer Hybrids by Means of Host-Guest Interaction Utilizing Cyclodextrin Macromolecules 36巻 3号 654-660頁 2003/02 査読有 原著論文
  • Multiresponsive Photopatterning Organic-Inorganic Polymer Hybrids Using a Caged Photoluminescence Compound Macromolecules 38巻 10号 4425-4431頁 2005/05 査読有 原著論文
  • Chemically-Responsive Sol-Gel Transition of Supramolecular Single-Walled Carbon Nanotubes (SWNTs) Hydrogel Made by Hybrids of SWNTs and Cyclodextrins(CDs) Journal of the American Chemical Society 129巻 16号 4878-4879頁 2007/04 査読有 原著論文
  • Supramolecular Single-walled Carbon Nanotubes (SWCNTs) Network Polymer Made by Hybrids of SWCNTs and Water Soluble Calix[8]arenes Chemical Commuinications 47巻 4776頁 2007/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Star-Shaped Poly(2-methyl-2-oxazoline) Using by Reactive Bromoethyl Group Modified Calix[4]resorcinarene as a Macrocyclic Initiator 59巻 6号 731-737頁 2007/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Water Soluble Single-walled Carbon Nanotubes Using Inclusion Complex of Cyclodextrin with an Adamantane Derivative CHEMISTRY LETTERS 36巻 8号 1026-1027頁 2007/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Appearing, Disappearing and Reappearing of Fumed Silica Nanoparticles: Tapping Mode Evidence in a Condensation Cured Polydimethylsiloxane Hybrid Elastomer CHEMISTRY OF MATERIALS 19巻 9号 2141-2143頁 2007/05 査読有 原著論文
  • Synthesis of a Stimuli-Responsive P-Chiral Polymer Having Chiral Phosphorus Atoms and Azobenzene Moieties in the Main Chain Chemistry - An Asian Journal 2巻 3号 397-402頁 2007/03 査読有 原著論文
  • Synthesis of Colloidal Polyoxazoline / Silica Hybrids Prepared in an Aqueous Solution POLYMER 43巻 11号 4036-4041頁 2006/05 査読有 原著論文
  • Synthesis and Characterizations of UV-Induced Interpenetrating Polymer Network (IPN) Structure of Poly(urethane acrylate) (UA Polymer) / Silica Hybrids POLYMER JOURNAL 37巻 9号 686-693頁 2005/08 査読有 原著論文
  • Synthesis of Poly(vinylidene fluoride) (PVdF) / Silica Hybrids Having Interpenetrating Polymer Network Structure by Using Crystallization between PVdF Chains JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART A-POLYMER CHEMISTRY 43巻 16号 3453-3460頁 2005 査読有 原著論文
  • Controlled Polymer Hybrids with Ladderlike Polyphenylsilsesquioxane as a Template by Utilizing the Sol-Gel Reaction of Phenyltrimethoxysilane 43巻 2号 473-478頁 2004 査読有 原著論文
  • Synthesis of Anionic Polymer / Silica Hybrids by Controlling pH in an Aqueous Solution Journal of Material Chemistry 15巻 2号 315-322頁 2005/01 査読有 原著論文
  • Enhancement of Water-Solubility of Single-Walled Carbon Nanotubes by Formation of Host-Guest Complexes of Cyclodextrins with Various Guest Molecules JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C 112巻 34号 13079-13083頁 2008/08 査読有 原著論文
  • Synthesis of Phenolic Polymer-Coated Gold Nanoparticles POLYMER JOURNAL 40巻 10号 942-943頁 2008/10 査読有 原著論文
  • para-Bridged Symmetrical Pillar[5]arenes: Their Lewis Acid-Catalyzed Synthesis and Host-Guest Property JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY 130巻 15号  5022-5023頁 2008/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Defection-Selective Solubilization and Chemically-Responsive Solubility Switching of Single-Walled Carbon Nanotubes with Cucurbit[7]uril CHEMICAL COMMUNICATIONS 19巻 2245-2247頁 2008/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Formation of IPN Organic-Inorganic Polymer Hybrids Utilizing the Photodimerization of Thymine POLYMER BULLETIN 45巻 1号  9-16頁 2000/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of Organic-Inorganic Polymer Hybrids Having Interpenetrating Polymer Network Structure by Formation of Ruthenium-Bipyridyl Complex Polymer Journal 35巻 2号 178-184頁 2003/02 査読有 原著論文
  • Synthesis and Characterization of Transparent Poly(2-methyl-2-oxazoline)(POZO)-Vanadium Oxide(V2O5) Hybrids with Reversible Formation Journal of Material Chemistry 13巻 9号 2202-2207頁 2003/09 査読有 原著論文
  • Synthesis of Organic-Inorganic Polymer Hybrids Utilizing Amphiphilic Solvent as a Compatibilizer Bulletin of the Chemical Society of Japan 76巻 9号 1865-1871頁 2003/09 査読有 原著論文
  • Controlled Polymer Hybrids with Ladderlike Polyphenylsilsesquioxane as a Template by Utilizing the Sol-Gel Reaction of Phenyltrimethoxysilane Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry 43巻 2号 473-478頁 2005/01 査読有 原著論文
  • ポリマー共存下におけるフェノール系樹脂の分子複合体形成 小澤雅昭,山岸忠明,中本義章ほか2名 ネットワークポリマー 28巻 4号 213-219頁 2007/12 査読有 原著論文
  • Star-Shaped Poly(2-methyl-2-oxazoline) Using by Reactive Bromoethyl Group Modified Calix[4]resorcinarene as a Macrocyclic Initiator Polymer Bulletin 59巻 6号 731-737頁 2008/01 査読有 原著論文
  • 芳香環を特異的に導入したフェノール樹脂の合成と機能 山岸忠明,中本義章ほか4名 繊維と工業 64巻 4号 117-121頁 2008/04 査読有 原著論文
  • 高分子量オルトクレゾール樹脂の分子形態 山岸忠明,中本義章ほか3名 ネットワークポリマー 29巻 3号 213-219頁 2008/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Green Polymerization of Phenol in Ionic Liquids MACROMOLECULES 41巻 22号 8533-8536頁 2008/11 査読有 原著論文
  • Solubilization of Single-Walled Carbon Nanotubes by Entanglements between Them and Hyperbranched Phenolic Polymer Carbon 47巻 1号 117-123頁 2009/01 査読有 原著論文
  • Columnar Stacks of Star- and Tadpole-Shaped Polyoxazolines Having Triphenylene Moiety and Their Applications for Synthesis of Wire-Assembled Gold Nanoparticles MACROMOLECULES 42巻 8号 3042-3047頁 2009/04 査読有 原著論文
  • Through-Space p-Delocalized Pillar[5]arene Chemical Communications 32巻 4874-4876頁 2009/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pillar-Shaped Macrocyclic Hosts Pillar[n]arenes: New Key Players for Supramolecular Chemistry Chem. Rev. 116巻 7937頁 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Spherical Vesicles Formed by Co-Assembly of Cyclic Pentagonal Pillar[5]quinone with Cyclic Hexagonal Pillar[6]arene J. Am. Chem. Soc.  138巻 8064頁 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and X-ray Crystal Structure of Difunctionalized Pillar[5]arene at A1/B2 Positions by in-situ Cyclization and Deprotection Chem. Commun. 2011/07 原著論文
  • Chemically-Responsive Supramolecular Structural Change of Pillar[5]arene Nanotubes Chem. Lett. 40巻 795-797頁 2011/05 原著論文
  • Monofunctionalized Pillar[5]arenes: Synthesis and Supramolecular Structure Chem. Commun. 7164-7166頁 2011/05
  • "Clickable" Pillar[5]arenes Chem. Commun. 6927-6929頁 2011/04 原著論文
  • Planar-Chiral Macrocyclic Host Pillar[5]arene: No Rotation of Units and Isolation of Enantiomers by Introducing Bulky Substituents Org. Lett. 13巻 1264-1266頁 2011/02 原著論文
  • Ionic Liquid Molecules (ILs) as Novel Guests for Pillar[5]arene: 1:2 Host-Guest Complexes between Pillar[5]arene and ILs in Organic Media Chem. Lett. 40巻 96-98頁 2011/02 原著論文
  • Transparent Ionic Liquid-Phenol Resin Hybrids with High Ionic Conductivity Polym. J. 2011/03 原著論文
  • Planar-Chiral Pillar[5]arene: Chiral Switches Induced by Multi-External Stimulus of Temperature, Solvents and Addition of Achiral Guest Molecule J. Org. Chem. 76巻 618-622頁 2011/01 原著論文
  • Facile, Rapid, and High-Yield Synthesis of Pillar[5]arene from Commercially Available Reagents and Its X-ray Crystal Structure J. Org. Chem.  76巻 328-331頁 2011/01 原著論文
  • High Yield Synthesis of Polyrotaxane Constructed from Pillar[5]arene and Viologen Polymer and Stabilization of Its Radical Cation Macromolecules 43巻 7068-7072頁 2010/09 原著論文
  • Supramolecular Polymer Networks from Hybrid between Graphene Oxide and Per-6-Amino--Cyclodextrin Chem.Commun. 6087-6089頁 2010/07 原著論文
  • Synthesis and Conformational Characteristics of Alkyl-Substituted Pillar[5]arenes J. Org. Chem. 75巻 3268-3273頁 2010/06 原著論文
  • Preparation of High-molecular-weight Phenolic Resins by means of a Phaseseparation Reaction System Chem. Lett. 39巻 422-423頁 2010/03 原著論文
  • Synthesis, Conformational and Host-Guest Properties of Water-Soluble Pillar[5]arene Chem. Commun. 3708-3710頁 2010/04 原著論文
  • Polypseudorotaxane Constructed from Pillar[5]arene and Viologen Polymer Macromolecules 43巻 3145-3147頁 2010/03 原著論文
  • Effect of Intra-Molecular Hydrogen Bond Belt and Complexation with Guest on Rotation Behavior of Phenolic Units in Pillar[5]arenes J. Phys. Chem. Lett. 1巻 817-821頁 2010/02 原著論文
  • Synthesis and Conformational Characteristics of Nonsymmetric Pillar[5]arene Org. Lett. 12巻 636-638頁 2010/01 原著論文
  • Chemically-Responsive Supramolecular Assemblies of Pyrene-β-Cyclodextrin Dimer Langmuir 26巻 3169-3173頁 2010/07
  • Synthesis and Host-Guest Property of Alternating Copolymer Constituted of Calix[4]arene and Calix[6]arene in Main-Chain Polym. Chem. 1巻 203-206頁 2010/01 原著論文
  • Lewis Acid Catalyzed Synthesis of Dodecamethoxycalix[4]arene from 1,3,5-Trimethoxybenzene and Its Conformational Behavior and Host-Guest Property Tetrahedron 2009/11 原著論文
  • Side-Chain Polypseudorotaxanes with Hetero-Macrocyclic Receptors of Cyclodextrins (CDs) and Cucurbit[7]uril (CB7): Their Contrast Lower Critical Solution Temperature Behavior with α-, γ-CDs and CB7 Macromolecules 42巻 8003-8005頁 2009/11 原著論文

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○特別研究員奨励費「高度にナノ構造を制御した有機-無機ポリマーハイブリッドの創成」(2002-) 代表者
○特別研究員奨励費「超分子集合体を用いた有機-無機ハイブリッド材料の精密ナノ構造制御」(2005-) 代表者
○若手研究(B)「分子認識に基づく機能性超分子複合体の創成」(2007-) 代表者
○基盤研究(C)「交互へテロ環状ホスト高分子を基とした特異的反応場の創成」(2008-) 分担者
○基盤研究(C)「分子カプセルを利用した超分子構造体の作成と機能解発」(2008-) 分担者
○若手研究(B)「パラ位連結環状ホスト分子を基とした電子特異的分子チューブの創成」(2009-) 代表者
○挑戦的萌芽研究「ロタキサン型フェノール樹脂を基にした環動部位を有する熱硬化性樹脂の創成」(2011-2012) 代表者
○挑戦的萌芽研究「ロタキサン型フェノール樹脂を基にした環動部位を有する熱硬化性樹脂の創成」(2011-2012)
○若手研究(B)「パラ位連結環状ホスト分子を基とした電子特異的分子チューブの創成」(2009-2010) 代表者

学域・学類担当授業科目

○高分子化学(2016)
○高分子化学(2016)
○課題探究ゼミナールⅡ(2016)
○課題探究ゼミナールⅡ(2016)
○課題探究ゼミナールⅢ(2016)
○応用化学演習Ⅲ(2016)
○応用化学実験Ⅲ(2016)
○固体物理学(2016)
○高分子化学Ⅰ(2016)
○応用化学実験Ⅲ(2016)
○課題探究ゼミナールⅢ(2016)
○化学文献指導(2016)
○応用化学課題研究(2016)
○課題探究ゼミナールⅡ(2015)
○課題探究ゼミナールⅡ(2015)
○学外技術体験実習A(2015)
○学外技術体験実習B(2015)
○化学文献指導(2015)
○課題探究ゼミナールⅢ(2015)
○課題探究ゼミナールⅢ(2015)
○応用化学演習Ⅲ(2015)
○応用化学実験Ⅲ(2015)
○応用化学実験Ⅲ(2015)
○高分子化学Ⅰ(2015)
○応用化学課題研究(2015)
○高分子化学(2015)
○高分子化学Ⅰ(2014)
○応用化学演習Ⅲ(2014)
○高分子化学(2014)
○課題探究ゼミナールⅢ(2014)
○課題探究ゼミナールⅢ(2014)
○課題探究ゼミナールⅡ(2014)
○課題探究ゼミナールⅡ(2014)
○応用化学実験Ⅲ(2014)
○応用化学実験Ⅲ(2014)
○学外技術体験実習B(2014)
○学外技術体験実習A(2014)
○応用化学課題研究(2014)
○化学文献指導(2014)

大学院担当授業科目

○機能性高分子材料化学(2016)
○バイオリファイナリー特論(2016)
○機能性超分子化学(2016)
○マテリアルプログラム序論(2016)
○超分子材料化学(2016)
○プレゼンテーションⅣ(2015)
○プレゼンテーションⅢ(2015)
○プレゼンテーションⅡ(2015)
○プレゼンテーションⅠ(2015)
○機能性超分子化学(2015)
○バイオリファイナリー特論(2015)
○超分子材料化学(2015)
○課題研究平成27年10月入学者用(2015)
○課題研究平成27年度入学生用(2015)
○機能性高分子材料化学(2015)
○マテリアルプログラム序論(2015)
○先端化学平成27年10月入学者用(2015)
○インターンシップⅡ(2015)
○インターンシップⅠ(2015)
○先端化学平成27年度入学生用(2015)
○超分子材料化学(2014)
○課題研究平成26年10月入学者用(2014)
○先端化学平成26年10月入学者用(2014)
○インターンシップⅠ(2014)
○先端化学平成26年度入学生用(2014)
○プレゼンテーションⅠ(2014)
○インターンシップⅡ(2014)
○プレゼンテーションⅡ(2014)
○機能性高分子材料化学(2014)
○機能性超分子化学(2014)
○課題研究平成26年度入学生用(2014)
○マテリアルプログラム序論(2014)
○創成研究Ⅱ(2014)
○プレゼンテーションⅣ(2014)
○創成研究Ⅰ(2014)
○プレゼンテーションⅢ(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ