本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

表 志津子 (おもて しずこ) 教授 OMOTE Shizuko

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系 看護科学領域 公衆衛生・在宅看護学分野

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類 看護学専攻
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻

所属研究室等

公衆衛生看護学

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学系研究科 保健学専攻 修了
【出身大学】
藤田保健衛生大学  衛生看護科 卒業
【取得学位】
修士(保健学)
博士(保健学)

職歴

金沢大学(2003/04/01-)

生年月

所属学会

日本公衆衛生学会
日本公衆衛生看護学会 評議員(2015-)
日本地域看護学会 評議員、査読委員(2015-)
日本看護科学学会
日本高齢者虐待防止学会 査読委員
日本災害看護学会
日本産業衛生学会

学内委員会委員等

○知の拠点整備事業 アカデミア部門会議 委員(2014-2015)

受賞学術賞

専門分野

公衆衛生看護学

専門分野キーワード

公衆衛生看護、災害保健、事業評価、介護予防

研究課題

冬期における高齢者の介護予防プロクラムの構築に関する研究

地域保健活動の評価に関する研究

若年性認知症者が就労を継続する仕組みづくり

震災後の保健活動に関する研究

地域のケアシステムに関する研究

高齢者の虐待に関わる専門職支援

著書

  • 公衆衛生看護学 インターメディカル 2015 共著
  • 褥瘡. NST完全ガイド(東口高志編集) 照林社 2005
  • NST完全ガイド 改訂版  照林社 2009/01 共著 978-4-7965-2187-1
  • 実践に基づく最新褥瘡看護技術 改訂版 照林社 2009/09 共著

論文

  • Relationship between the degree of property damage and changes in red blood cells, hematocrit, and hemoglobin among victims of the Noto Peninsula Earthquake Environ Health Prev Med 8巻 2号 151-164頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A longitudinal study on sleep, ambulatory blood pressure and fatigue of family caregivers providing home care Rie Naganuma, Keiko Tsukasaki, Teruhiko Kido, Chiaki Sakakibara, Akie 金沢大学つるま保健学会誌 35巻 1号 37-44頁 2011/12 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Impact of the Physical health-Status of Victims of the Noto Peninsula Earthquake -Focusing on Blood Pressure and Body-Mass Index (BMI)- 32巻 2号 1-11頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 就労している女性主介護者の介護と仕事の両立に対する満足度とその関連要因 北陸公衆衛生学会誌 37巻 2号 27-33頁 2011/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Difficulties faced by care managers in interventions for family members who abuse the elderly: interviews with care workers 30巻 2号 93-101頁 2007

全て表示

  • Difficulties experienced by care managers who are care workers managing elder abuse cases in the Japanese long-term care insurance system health and social care in the community 15巻 6号 569-576頁 2007/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 能登半島地震後2年間の自宅生活者の健康状態の推移と関連要因の検討 表志津子、長沼理惠、城戸照彦 金沢大学つるま保健学会誌 34巻 1号 51-58頁 2010/07 査読有 原著論文
  • 看護職である介護支援専門員が認識する高齢者虐待事例ケアマネジメントへの困難と対処 佐伯和子,石原多佳子 日本老年看護学会誌 14巻 2号 60-67頁 2010/05 査読有 原著論文
  • 能登半島地震を体験した自宅在住高齢者の生活が安定するまでの心情の動き 北陸公衆衛生学会誌 36巻 2号 18-24頁 2009/10 査読有 原著論文
  • 能登半島地震被災後の自宅生活者の暮らしと健康の実態(第2報)震災後8ケ月間の推移 城戸照彦、大倉美佳 北陸公衆衛生学会誌 35巻 1号 12-16頁 2008/10
  • 行政分野で働く保健師にとっての仕事の価値と基本属性の関連 日本地域看護学会誌 11巻 1号 53 -58頁 2008/09 査読有 原著論文
  • 能登半島地震被災4カ月後の自宅生活者の暮らしと健康の実態 金沢大学つるま保健学会誌 31巻 2号 71-74頁 2008/01 査読有
  • Urinary Type1 collagen cross-linked N- teleopeptides in inhabitants 18 years after cessation of exposure to cadmium in Japan 76巻 2号 187-194頁 2006/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 能登半島地震被災後の自宅生活者における1年間の健康状態の推移と影響要因の検討(第3報) 33巻 1号 33-39頁 2009
  • Difficulties for care managers in demonstrating the existence of elderly abuse -Interviews with care workers- つるま保健学会誌 29巻 2号 85-92頁 2006 査読有 原著論文
  • 地域のリウマチ者の会に参加者が見出している意味-歩行困難なリウマチ者への面接から- 29巻 1号 77-83頁 2005
  • The healing process in pressure ulcers after a nutrition regimen change of bedridden elderly :A case series. 2巻 2号 85-93頁 2005
  • 女性労働者の定期健康診断結果における健康状態の産業分類別比較 金沢大学つるま保健学会誌 30巻 2号 211-223頁 2006/12 査読有
  • デイケアで生き生きとした様子を見せる高齢脳卒中後遺症者にとってのデイケア参加の意味 棚町祐子, 表志津子ほか7名 9巻 2号 92-99頁 2005/04
  • 若年労働者のコンビニエンスストアを利用した食事摂取状況と労働状況に関する実態調査  日本産業衛生学会誌 50巻 3号 92-99頁 2008/05 査読有 原著論文
  • 慢性疾患を持つ一人暮らし高齢者が認識する医療機関の存在 北陸公衆衛生学会誌 34巻 1号 35-40頁 2007/10 査読有
  • Randomized control trial to evaluate a new double-layer-air cell overlay for elderly patients requiring head-elevation. Sanada,H.,Sugama,J.,Omote,S,et.al Journal of Tissue Viavility 13巻 3号 112-121頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 留学生の医療機関の受診に関する実態調査 北陸公衆衛生学会誌 33巻 2号 92-97頁 2007/01 査読有 原著論文
  • 石川県内の認知症対応型共同生活介護事業所職員の地震発生直後の利用者対応に関わる自信とその関連要因 囲祐里,荒木彩衣,上嶋美咲,大道朱莉,田中舞子,翠里実,山口なるみ,由井綾音,渡部菜緒,市森明恵,表志津子 北陸公衆衛生学会誌 43巻 2号 2017/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 人口動態統計の経年推移可視化ツールの開発による地域診断学習の可能性 岡本理恵,表志津子,市森明恵,大畑友紀,板谷智也,京田薫,塚崎恵子,城戸照彦 金沢大学つるま保健学会誌 40巻 1号 103-106頁 2016 査読有
  • 岐阜県内市町村のたばこ対策の推進の実態 道林千賀子,中村正和,坂井友美,表志津子 東海公衆衛生雑誌 4巻 1号 110-119頁 2016 査読有
  • 高齢者虐待回避のために施設入所に至った介護者の心情とその支援-介護支援専門員のインタビューから- 石原多佳子、表志津子、小林和成、纐纈朋弥 日本高齢者虐待防止研究 4巻 1号 78-85頁 2016 査読有
  • 症状を理由に退職を経験した男性若年認知症患者と共に暮らす妻の思い 市森明恵、市川あみ、上嶋千智、久保山沙希、黒川美沙子、小西美希、中島敦美、西村匠、岡本理恵、表志津子 日本認知症ケア学会誌 14巻 4号 868-876頁 2016 査読有
  • Responding to cases of elder requiring protection and separation: skills for specialists Fuki Okoshi, Keiko Tsukasaki, Shizuko Omote J of Tsuruma health science society, Kanazawa University 39巻 2号 1-12頁 2015 査読有
  • 企業で働く壮年期男性の退職準備の実態と退職準備に関係する要因 市森明恵、表志津子 北陸公衆衛生学会誌 42巻 1号 10-16頁 2015 査読有
  • セルフケアを目的とした高齢者の足の手入れプログラムの開発 渡邊亜梨珠、表志津子、平松知子、斉藤恵美子 金沢大学つるま保健学会誌 39巻 1号 129-132頁 2015 査読有
  • Physical activity and quality of life among community-dwelling older people in Indonesia: an intervention study Supratman, Kido T, Tsukasaki K, Omote S, Okamoto R, Sakakibara C, Kyota K, Ichimori A Journal of the Tsuruma Health Science Society 38巻 1号 57-66頁 2014 査読有
  • ベトナムにおける看護教育の現状と看護師の役割 - N 看護大学での調査より 浅永恭子、岡本理恵、表志津子 金沢大学つるま保健学会誌 38巻 2号 39-43頁 2014 査読有

講演・口頭発表等

  • Impact of the Physical health-Status of Victims of the Noto Peninsula Earthquake -Focusing on Blood Pressure and Body-Mass Index(BMI), and Anemia-(会議名:The 4th International Conference on Community Health Nursing Research,)(2009)
  • Elder abuse An attempt at formulating criteria for determining elder neglect at home (initial report)(会議名:The 4th International Conference on Community Health Nursing Research)(2009)
  • 能登半島地震被災後1年間の自宅生活者の暮らしと健康状態の推移(会議名:第56回日本公衆衛生学会)(2008)
  • Preparedness of community-based support for managing the health of vulnerable elderly residents during natural disasters in Japan(会議名:6thICCHNR)(2015)
  • Elderly Living Independently in the Community: An evaluation of first step toward foot care intervention(会議名:6thICCHNR)(2015)

全て表示

  • 乳児とその母親の夜間睡眠の現状(会議名:第40回日本睡眠学会)(2015)
  • 症状を理由に退職を経験した男性若年認知症患者と共に暮らす妻の思い(会議名:第16回日本認知症ケア学会)(2015)
  • 赤ちゃんふれあい体験学習事業の2年後の評価 -中学2 年生への調査から-(会議名:第2回日本公衆衛生看護学会)(2014)
  • 極低体重児出生における妊娠経過の分析と予防的支援の検討、第3回日本公衆衛生看護学会(会議名:第3回日本公衆衛生看護学会)(2015)
  • 地域の高齢者の足の手入れ習慣の実態と身体機能との関連(会議名:第73回日本公衆衛生学会)(2014)
  • 高齢者虐待の保護・分離対応に必要な地域包括支援センター専門職の介入技能(会議名:第18回日本在宅ケア学会学術集会)(2014)
  • 赤ちゃんふれあい体験学習の効果-小学6年生の体験前後の比較から-(会議名:第1回日本公衆衛生看護学会)(2013)
  • 高齢者虐待の保護・分離対応に必要な地域包括支援センター専門職のアセスメント技能(会議名:第72回日本公衆衛生学会)(2013)
  • Actual condition of illmorance among frail elderly individuals living at home in the snowy regions of Japan,(会議名:3rd IPHNC)(2013)
  • factors associated with the winter activity of elderly individuals living in regions with snowfall(会議名:3rd IPHNC)(2013)
  • Assessing the effectiveness of community-based health promotion services(会議名:World conference on Health promotion 21th IUHPE)(2013)
  • The Prevalence and Incidence of Pressure Ulcers in Home Care Setting in Japan,(会議名:the WOCN Society 41st Annual Conference)(2009)
  • 基本健康診査を用いた能登半島地震被災者の4年間の身体的健康と影響要因(第4報),(会議名:第68回日本公衆衛生学会)(2009)
  • 能登半島地震前後の被災者の身体的健康状態の推移と影響要因(第5報)(会議名:第68回日本公衆衛生学会)(2009)
  • 就労している女性介護者の介護と仕事の両立に対する認識と関連要因の検討,(会議名:第13回日本地域看護学会)(2010)
  • 能登半島地震罹災2年目の自宅生活者の健康状態と影響要因の検討(第4報)(会議名:第13回日本地域看護学会)(2010)
  • 子どもの高齢者虐待防止教育に関する小中学校教諭の意識(会議名:第7回日本高齢者虐待防止学会,)(2010)
  • An Attempt at Formulating Criteria for Determining Elder Neglect at Home (Second Report)(会議名:The International Conference on Community Health Nursing Research Symposium)(2011)
  • The relationships of the overall job satisfaction level with basic characteristics and work experience in public health nurses working for administrative agencies in Japan, The 4th International Conference on Community Health Nursing Research,  Adelaide South Australia(2009)
  • Elder abuse An attempt at formulating criteria for determining elder neglect at home (initial report), The 4th International Conference on Community Health Nursing Research, Adelaide South Australia(2009)
  • Impact of the Physical health-Status of Victims of the Noto Peninsula Earthquake -Focusing on Blood Pressure and Body-Mass Index(BMI), and Anemia-,The 4th International Conference on Community Health Nursing Research, Adelaide South Australia,(Oral)(2009)
  • 能登半島地震前後の被災者の身体的健康状態の推移と影響要因(第3報)貧血に焦点をあてて,第79回日本衛生学会,東京(2009)
  • 能登半島地震前後の被災者の身体的健康状態の推移と影響要因(第2報)代謝系疾患に焦点をあてて,第79回日本衛生学会,東京(2009)
  • 能登半島地震前後の被災者の身体的健康状態の推移と影響要因(第1報)血圧とBMIに焦点をあてて,第79回日本衛生学会,東京(2009)
  • A longitudinal study on sleep, ambulatory blood pressure and fatigue of family caregivers providing home care, The 12th East Asian Forum of Nursing Scholars,  Tokyo (2009)
  • 能登半島地震被災後1年間の自宅生活者の暮らしと健康状態の推移,第56回日本公衆衛生学会,福岡(2008)
  • 能登半島地震被災後の自宅生活者の暮らしと健康状態の推移,第11回日本地域看護学会学術集会,沖縄(2008)
  • 能登半島地震被災後の自宅生活者の暮らしと健康状態の推移,第78回日本衛生学会学術集会シンポジウム,熊本(2008)
  • 看護職である介護支援専門員が高齢者虐待事例を担当する困難さと対処への意識,第27回日本看護科学学会学術集会,東京(2007)
  • 高齢者を虐待する家族への介入の困難さ-介護職である介護支援専門員の認識-,第55回日本公衆衛生学会,愛媛(2007)
  • 介護支援専門員が認識する高齢者虐待事例へのケアマネジメントの困難さ-契約の視点から-,第10回日本老年看護学会学術集会,栃木(2005)
  • カドミウム暴露中止18年後の住民の尿中Type 1 collagen cross-linked N-teleopeptides,第53会日本公衆衛生学会学術集会,札幌(2005)
  • デイケアで生き生きとした様子をみせる高齢脳卒中後遺症者の意識,第9回日本老年看護学会学術集会,茨城(2004)
  • 寝たきり高齢者における褥瘡治癒過程と栄養との関係,第23回日本看護科学学会学術集会,三重(2003)
  • 就労している女性介護者の介護と仕事の両立に対する認識と関連要因の検討(会議名:第13回日本地域看護学会)(2010)
  • 看護職である介護支援専門員が高齢者虐待事例を担当する困難さと対処への意識(会議名:第27回日本看護科学学会学術集会)(2007)
  • 能登半島地震前後の被災者の身体的健康状態の推移と影響要因(第2報)代謝系疾患に焦点をあてて(会議名:第79回日本衛生学会)(2009)
  • The Prevalence and Incidence of Pressure Ulcers in Home Care Setting in Japan(会議名:he WOCN Society 41st Annual Conference)(2009)
  • 能登半島地震前後の被災者の身体的健康状態の推移と影響要因(第5報)(会議名:第68回日本公衆衛生学会)(2009)
  • 子どもの高齢者虐待防止教育に関する小中学校教諭の意識(会議名:第7回日本高齢者虐待防止学会)(2010)
  • 能登半島地震罹災2年目の自宅生活者の健康状態と影響要因の検討(第4報(会議名:第13回日本地域看護学会)(2010)
  • The relationships of the overall job satisfaction level with basic characteristics and work experience in public health nurses working for administrative agencies in Japan(会議名:The 4th International Conference on Community Health Nursing Research)(2009)
  • Local welfare commoners ’ awareness on the education provided to children on elderly abuse prevention(会議名:The International Conference on Community Health Nursing Research Symposium)(2011)
  • 北陸において冬期の認知症予防教室に参加する高齢者の活動に関連する要因の検討(会議名:第71回日本公衆衛生学会)(2012)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○事業評価、地域診断、介護予防、若年性認知症

科研費

○基盤研究(C)「自治体のたばこ対策の推進に関する保健師のコンピテンシー評価尺度の開発」(2016-2018) 分担者
○基盤研究(C)「がん家族と家族を地域で支えるシステムの構築」(2014-2017) 分担者
○基盤研究(C)「多職種が使用可能な高齢者虐待・ネグレクトの判断基準の作成に関する研究」(2007-2009) 代表者
○基盤研究(C)「高齢者虐待事例への介護支援専門員の初期の支援に対する認識に関する研究」(2005-2007) 代表者
○基盤研究(C)「高齢者虐待事例に介入する専門職の技術の抽出と技術到達指標の開発」(2011-2013) 分担者
○基盤研究(C)「地域性を考慮した冬期の介護予防プログラムの構築に関する研究」(2010-2012) 代表者
○基盤研究(C)「保護・分離を必要とする高齢者虐待事例対応における技能養成プログラムの開発」(2014-2016) 分担者
○基盤研究(B)「降雪地域の高齢者の心身機能向上を目的とした歩行機能サポートプログラムの構築と評価」(2013-2016) 代表者
○挑戦的萌芽研究「高齢者虐待における虐待者と被虐待者分離後の支援プログラムの開発」(2013-) 分担者
○挑戦的萌芽研究「住民協働による学童期からの高齢者虐待一次予防プログラムの開発」(2008-2010) 分担者
○挑戦的萌芽研究「若年性認知症者が企業での就業を継続できる仕組みの提案」(2016-) 代表者

学域・学類担当授業科目

○地域看護概論(2017)
○地域行政看護論(2017)
○公衆衛生看護実習(2017)
○公衆衛生学(2017)
○地域健康支援技術演習(2017)
○ヘルスプロモーション実習(2017)
○公衆衛生学(2017)
○公衆衛生看護実習(2017)
○公衆衛生看護管理論(2017)
○地域診断と看護活動(2017)
○健康教育論(2017)
○地域看護活動基礎実習(2017)
○地域健康支援技術各論(2017)
○在宅看護実習(2017)
○健康発達看護学入門(2017)
○地域健康支援技術論(2017)
○地域アセスメント技術演習(2017)
○公衆衛生学(2017)
○保健医療福祉概論(2016)
○地域看護概論(2016)
○健康教育論(2016)
○公衆衛生学(2016)
○公衆衛生学(2016)
○健康発達看護学入門(2016)
○地域行政看護論(2016)
○地域保健指導論(2016)
○地域看護活動基礎実習(2016)
○公衆衛生看護技術演習(2016)
○公衆衛生学(2016)
○在宅看護実習(2016)
○地域診断と看護活動(2016)
○公衆衛生看護実習(2016)
○疫学演習(2016)
○地域診断と看護活動(2015)
○社会保障論(2015)
○公衆衛生看護技術演習(2015)
○地域行政看護論(2015)
○公衆衛生学(2015)
○地域看護概論(2015)
○在宅看護実習(2015)
○地域保健指導論(2015)
○健康教育論(2015)
○健康発達看護学入門(2015)
○地域看護活動基礎実習(2015)
○公衆衛生看護実習(2015)
○保健医療福祉概論(2015)
○公衆衛生学(2015)
○公衆衛生学(2015)
○在宅看護実習(2014)
○在宅看護論(2014)
○健康発達看護学入門(2014)
○健康教育論(2014)
○地域保健指導論(2014)
○地域看護概論(2014)
○地域看護活動基礎実習(2014)
○公衆衛生学(2014)
○保健医療福祉概論(2014)
○地域行政看護論(2014)
○公衆衛生看護技術演習(2014)
○公衆衛生看護実習(2014)
○公衆衛生学(2014)
○公衆衛生学(2014)

大学院担当授業科目

○公衆衛生・在宅看護学特講演習(2017)
○研究者として自立するために(2017)
○公衆衛生・在宅看護学特別研究(2017)
○公衆衛生・在宅看護学特論(2017)
○公衆衛生・在宅看護学課題研究(2017)
○公衆衛生・在宅看護学演習(2017)
○看護学研究方法特論Ⅱ(2017)
○公衆衛生・在宅看護学特講(2017)
○保健学研究方法論(2016)
○地域・環境保健看護学特別研究(2016)
○地域・環境保健看護学特講演習(2016)
○公衆衛生・在宅看護学特講演習(2016)
○公衆衛生・在宅看護学特講(2016)
○地域・環境保健看護学特講(2016)
○公衆衛生・在宅看護学特別研究(2016)
○地域・環境保健看護学課題研究(2016)
○地域・環境保健看護学演習(2016)
○地域・環境保健看護学特論(2016)
○看護学研究方法特論(2016)
○公衆衛生・在宅看護学演習(2016)
○公衆衛生・在宅看護学課題研究(2016)
○公衆衛生・在宅看護学特論(2016)
○看護学研究方法特論(2015)
○地域・環境保健看護学特論(2015)
○地域・環境保健看護学課題研究(2015)
○地域・環境保健看護学演習(2015)
○地域・環境保健看護学特講(2015)
○地域・環境保健看護学特講演習(2015)
○地域・環境保健看護学特別研究(2015)
○地域・環境保健看護学特講(2014)
○地域・環境保健看護学特講演習(2014)
○地域・環境保健看護学特別研究(2014)
○看護学研究方法特論(2014)
○地域・環境保健看護学課題研究(2014)
○地域・環境保健看護学演習(2014)
○地域・環境保健看護学特論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○輪島市能登半島地震災害復興計画策定懇話会委員(2007/07/09-2008/03/31)
○津幡町高齢者虐待防止対応マニュアル作成委員会委員長(2007/09/28-2009/03/31)
○石川県高齢者虐待総合検討会委員委員(2010/06/01-2012/05/31)
○米原市高齢者虐待ネットワーク会議委員(2010/06/25-2016/03/31)
○石川県介護保険審査会委員(2010/04/01-)
○全国保健師教育機関協議会ブロック理事(2015/06-2017/05)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○石川県介護保険審査会委員(2010-2018) 合議体における審査
○全国保健師教育機関協議会(2015-) 東海北陸近畿ブロック理事
○米原市高齢者虐待防止ネットワーク委員会(2010-2016) 全体会議、ケース会議における専門識者として助言を行う

このページの先頭へ