本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年04月24日

藤野 陽 (ふじの のぼる) 准教授 FUJINO Noboru

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類 看護学専攻
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻

所属研究室等

金沢大学大学院医薬保健学総合研究科 TEL:076-265-2254 FAX:076-234-4251

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学系研究科 1999/03 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学科 1993/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

金沢大学 循環器内科(2004/04/01-)
ハーバード大学医学部 遺伝学部門 研究員(2000/10-2003/03)

生年月

1969年03月

所属学会

日本心不全学会 評議員(2008-)
日本心臓病学会 日本心臓病学会特別正会員(2011-)
一般社団法人 日本循環器学会 学術集会運営委員会幹事 兼 第81回学術集会会長校事務局長(2015-)

学内委員会委員等

○つるま保健学会誌編集委員会 その他(2016-)

受賞学術賞

○住友生命社会福祉事業団 海外医学研究助成(2000/04/19)
○福田記念医療技術振興財団 国際交流助成(2000/06/08)
○財団法人医科学応用研究財団 国際交流助成(2003/11/30)
○福田記念医療技術振財団研究助成:平成17年度(2005)

専門分野

肥大型心筋症 拡張型心筋症 フォスフォランバン、循環器内科学

専門分野キーワード

肥大型心筋症、遺伝子診断

研究課題

肥大型心筋症の遺伝子解析

著書

  • 心不全 慢性心不全 中山書店 2009/09 原著書 共著 藤野 陽,井野秀一,川尻剛照,山岸正和
  • 心筋症-1、肥大型心筋症 南山堂 2010/02 原著書 編著 藤野陽、今野哲雄,井野秀一、山岸正和 105-110頁

論文

  • Exercise-induced ST-segment depression and systolic dysfunction in patients with nonobstructive hypertrophic cardiomyopathy M Shimizu, N Fujino, et al Am Heart J 140巻 1号 52-60頁 2000/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Clinical features of hypertrophic cardiomyopathy caused by a Lys183 deletion mutation in the cardiac troponin I gene H Kokado, N Fujino, et al Circulation 102巻 6号 663-669頁 2000/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Acute increases in plasma oxidized low-density lipoprotein immediately after percutaneous transluminal coronary angioplasty H Fujii, N Fujino, et al Am J Cardiol 87巻 1号 102-103頁 2001/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cardiac troponin T Arg92Trp mutation and progression from hypertrophic to dilated cardiomyopathy N Fujino, M Shimizu, et al Clin Cardiol 24巻 5号 397-402頁 2001/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A novel mutation Lys273Glu in the cardiac troponin T gene shows high degree of penetrance and transition from hypertrophic to dilated cardiomyopathy N Fujino, M Shimizu, et al Am J Cardiol 89巻 1号 29-33頁 2002/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • 特発性心筋症における遺伝子変異と臨床病型との対応 - 心筋症における遺伝子変異臨床病型連関 藤野 陽、清水 賢巳 医学のあゆみ 217巻 8号 809-813頁 2006/05 査読無
  • 心筋梗塞後症候群 藤野 陽 別冊:日本臨牀 新領域別症候群シリーズNo.5 循環器症候群(第2版)(II) 165-168頁 2007/09 査読無
  • Scimitar症候群 藤野 陽、舟田 晃、山岸 正和 23-26頁 2008/03
  • 高齢者僧帽弁副組織 藤野 陽 354-356頁 2008/03
  • Assessment of QT intervals and prevalence of short QT syndrome in Japan Clin Cardiol 31巻 6号  270-274頁 2008/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Takotsubo cardiomyopathy with marked ST-segment elevation and electrical alternans complicated with hyperglycemic hyperosmolar state. Oe K, Mori K, Otsuji M, Konno T, Fujino N, Yamagishi M Int Heart J 49巻 5号 629-635頁 2008/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Impact of QT variables on clinical outcome of genotyped hypertrophic cardiomyopathy. Uchiyama K, Hayashi K, Fujino N, Konno T, Sakamoto Y, Sakata K, Kawashiri MA, Ino H, Yamagishi M. Ann Noninvasive Electrocardiol 14巻 1号 65-71頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Long QT syndrome and associated gene mutation carriers in Japanese children: results from ECG screening examinations. Hayashi K, Fujino N, Uchiyama K, Ino H, Sakata K, Konno T, Masuta E, Funada A, Sakamoto Y, Tsubokawa T, Nakashima K, Liu L, Higashida H, Hiramaru Y, Shimizu M, Yamagishi M. Clin Sci (Lond) 117巻 12号 415-424頁 2009/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Impact of anti-apoptotic and anti-oxidative effects of bone marrow mesenchymal stem cells with transient overexpression of heme oxygenase-1 on myocardial ischemia. Tsubokawa T, Yagi K, Nakanishi C, Zuka M, Nohara A, Ino H, Fujino N, Konno T, Kawashiri MA, Ishibashi-Ueda H, Nagaya N, Yamagishi M. Am J Physiol Heart Circ Physiol 298巻 5号 H1320-1329頁 2010/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Heterogeneity of clinical manifestation of hypertrophic cardiomyopathy caused by deletion of lysine 183 in cardiac troponin I gene. Funada A, Masuta E, Fujino N, Hayashi K, Ino H, Kita Y, Ikeda H, Fujii T, Nakanuma Y, Yamagishi M. Int Heart J 51巻 3号 214-217頁 2010/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • サルコメア遺伝子変異と肥大型心筋症 藤野 陽、村本 明彦、今野 哲雄、山岸 正和 63巻 6号 548-552頁 2008/06
  • Impact of renin-angiotensin system polymorphisms on development of systolic dysfunction in hypertrophic cardiomyopathy. Evidence from a study of genotyped patients. 舟田晃、今野哲雄、藤野陽、村本明彦、林研至、坪川俊成、坂田憲治、川尻剛照、武田仁勇、井野秀一 、山岸正和 Circ J.  74巻 12号 2674-2680頁 2010/11 査読有
  • A KCR1 variant implicated in susceptibility to the long QT syndrome. Hayashi K, Fujino N, Higashida H, Yamagishi M, ほか13名 JOURNAL OF MOLECULAR AND CELLULAR CARDIOLOGY 50巻 1号 50-57頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 興味深い一過性左室内非同期運動を呈したシベンゾリン中毒症例の検討 藤岡研佐、藤野陽、井野秀一、山岸正和、ほか7名 心臓 43巻 1号 87-92頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 看護師が認識する糖尿病腎症初期患者へのケア 尾蔵清佳、多崎恵子、稲垣美智子、藤野 陽、ほか4名 日本糖尿病教育・看護学会誌 15巻 1号 11-17頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multiple noncoding exons 1 of nuclear receptors NR4A family (nerve growth factor-induced clone B, Nur-related factor 1 and neuron-derived orphan receptor 1) and NR5A1 (steroidogenic factor 1) in human cardiovascular and adrenal tissues. Demura M, Fujino N, Yamagishi M, Takeda Y, ほか17名 JOURNAL OF HYPERTENSION 29巻 6号 1185-1195頁 2011/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 遺伝性心血管疾患:現状と展望 山岸 正和、林 研至、今野 哲雄、川尻 剛照、井野 秀一、藤野 陽 J Cardiol Jpn Ed 6巻 2号 105-114頁 2011/06 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • Efficacy and safety of coadministration of rosuvastatin, ezetimibe, and colestimide in heterozygous familial hypercholesterolemia Kawashiri MA, Fujino N, Yamagishi Mほか10名 AMERICAN JOURNAL OF CARDIOLOGY 109巻 3号 364-369頁 2012/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 大震災と脳卒中:わが国における経験を踏まえての検討 北 義人、藤野 陽、山岸正和、ほか4名 呼吸と循環 60巻 9号 917-923頁 2012/09 査読無
  • A novel mutation in the transmembrane nonpore region of the KCNH2 gene causes severe clinical manifestations of long QT syndrome Liu L, Hayashi K, Fujino N, Higashida H, Yamagishi M, ほか10名 Heart Rhythm 10巻 1号 61-67頁 2013/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 心不全のゲノム網羅的研究 藤野 陽、舟田 晃、舛田 英一、山岸 正和 26巻 11号 45-49頁 2008/11
  • 特殊治療のすすめかた: 拡張不全の総合的治療の実際とその有用性 藤野陽、井野秀一、山岸正和 26巻 11号 1893-1895頁 2009/11
  • Impact of systolic dysfunction in genotyped hypertrophic cardiomyopathy Fujino N, Yamagishi M, ほか8名 CLINICAL CARDIOLOGY 36巻 3号 160-165頁 2013/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Current perspectives in genetic cardiovascular disorders: from basic to clinical aspects Kawashiri MA, Fujino N, Yamagishi M, ほか3名 HEART AND VESSELS online巻 online号 online頁 2013/08 査読無 解説 研究論文(学術雑誌)
  • Sarcomere Gene Mutations Are Associated With Increased Cardiovascular Events in Left Ventricular Hypertrophy. Results From Multicenter Registration in Japan. JACC: Heart Failure 1巻 6号 459-466頁 2013/12/01 
  • Left ventricular apical aneurysm and systolic dysfunction in hypertrophic cardiomyopathy Journal of Cardiology 2014/05/27 
  • Compound heterozygosity deteriorates phenotypes of hypertrophic cardiomyopathy with founder MYBPC3 mutation: Evidence from patients and zebrafish models American Journal of Physiology - Heart and Circulatory Physiology 307巻 11号 H1594-H1604頁 2014/01/01 
  • Fragmented QRS Predicts Heart Failure Progression in Patients With Hypertrophic Cardiomyopathy CIRCULATION JOURNAL 79巻 1号 136-143頁 2015/01/01 
  • Right ventricular hypertrophy is associated with cardiovascular events in hypertrophic cardiomyopathy: evidence from study with magnetic resonance imaging. Can J Cardiol 31巻 6号 702-708頁 2015/01/24 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Whole exome sequencing combined with integrated variant annotation prediction identifies asymptomatic Tangier disease with compound heterozygous mutations in ABCA1 gene. Atherosclerosis 240巻 2号 324-329頁 2015/04/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Functional Characterization of Rare Variants Implicated in Susceptibility to Lone Atrial Fibrillation. Circ Arrhythm Electrophysiol 8巻 5号 1095-1104頁 2015/06/30 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Increased extent of myocardial fibrosis in genotyped hypertrophic cardiomyopathy with ventricular tachyarrhythmias. J Cardiol 66巻 1号 63-68頁 2015/07/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Electrocardiographic QRS Fragmentation as a Marker for Myocardial Fibrosis in Hypertrophic Cardiomyopathy. J Cardiovasc Electrophysiol 26巻 10号 1081-1087頁 2015/08/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 心筋症と突然死 藤野 陽, 今野 哲雄, 林 研至, 寺本 了太, 山岸 正和 循環器内科 79巻 2号 90-94頁 2016/02/01 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Whole exome sequencing combined with integrated variant annotation prediction identifies a causative myosin essential light chain variant in hypertrophic cardiomyopathy. J Cardiol 67巻 2号 133-139頁 2016/02/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Usefulness of Electrocardiographic Voltage to Determine Myocardial Fibrosis in Hypertrophic Cardiomyopathy. Am J Cardiol 117巻 3号 443-449頁 2016/02/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 心筋症遺伝子のコホート研究 藤野 陽, 今野 哲雄, 林 研至, 寺本 了太, 山岸 正和 Heart View 20巻 2号 76-81頁 2016/02/01 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Hypokalemia and the Disappearance of Giant Negative T Waves. 55巻 5号 545-546頁 2016/03/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 糖尿病とPAD 藤野 陽 看護技術 62巻 4号 19-22頁 2016/04/20 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 日本心臓病学会、第60回日本心臓病学会学術集会、セッション名: パネルディスカッション 8、セッションタイトル:心血管疾患発症進展における遺伝・環境的要因、演題名:肥大型心筋症における心肥大発症に関与する遺伝的要因の検討、2012/09(2012)
  • 日本心臓病学会、第57回日本心臓病学会学術集会シンポジウム、セッション名:シンポジウム 慢性心不全の治療ガイドラインを検証する、演題名:心筋症に伴う慢性心不全の予後:Genotyped症例での検討、2009/09(2009)
  • 日本循環器学会、第76回日本循環器学会学術集会、セッション名 : シンポジウム23 (SY23)、セッションタイトル(日):心疾患患者の妊娠・出産の管理、セッションタイトル(英):Management of Pregnancy and Delivery in Patients with Heart Disease、演題名:Management of Pregnancy and Delivery in Patients with Genotyped Hypertrophic Cardiomyopathy、2012/03(2011)
  • 日本循環器学会、第72回日本循環器学会年次学術集会シンポジウム(17. Update in Cardiomyopathy-Novel Approaches, Novel Targets-)、Impact of Missense Mutations in Cardiac Ryanodine Receptor Gene as a Cause of Hypertrophic Cardiomyopathy:A New Insight From Ca Handling、2008/03(2007)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○肥大型および拡張型心筋症における遺伝子解析

科研費

○若手研究(B)「肥大型及び拡張型心筋症におけるフォスフォランバン、FKBP12.6遺伝子解析」(2004-2006) 代表者
○基盤研究(C)「肥大型及び拡張型心筋症の病態解明:分子遺伝学的、臨床機能解析的、両アプローチから」(2007-2009) 代表者
○基盤研究(C)「肥大型及び拡張型心筋症の網羅的遺伝子解析によるテーラーメード治療の確立」(2010-2012) 代表者
○基盤研究(C)「先天性徐脈発症機構の分子生物学的解明とこれに基づくバイオペースメーカー開発の研究」(2010-2012) 分担者

学域・学類担当授業科目

○老年期病態学  (2016)
○慢性・終末期看護実習(2016)
○感染学(2016)
○精神老年運動器疾病論(2016)
○看護学英語(2016)
○成人疾病論(2016)
○看護生態アセスメント演習(2016)
○生体の機能(2016)
○成人看護技術演習(2016)
○情報処理基礎(2016)
○老年期病態学  (2015)
○成人疾病論(2015)
○精神老年運動器疾病論(2015)
○臨床実践看護学入門(2015)
○成人看護技術演習(2015)
○看護生態アセスメント演習(2015)
○感染学(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○看護学英語(2015)
○慢性・終末期看護実習(2015)
○生体の機能(2015)
○情報処理基礎(2015)
○情報処理基礎(2014)
○看護生態アセスメント演習(2014)
○老年期病態学  (2014)
○感染学(2014)
○看護学英語(2014)
○慢性・終末期看護実習(2014)
○看護総合実習(2014)
○成人看護技術演習(2014)
○生体の機能(2014)
○精神老年運動器疾病論(2014)
○成人疾病論(2014)

大学院担当授業科目

○慢性・創傷看護技術学特講演習(2016)
○慢性・創傷看護技術学特講(2016)
○臓器機能制御学特論(2016)
○臓器機能制御学特論(2016)
○慢性・終末期看護技術学演習(2016)
○生体機能学特論(2016)
○慢性・終末期看護技術学特論(2016)
○内科学概論(2016)
○慢性・終末期看護技術学演習(2015)
○慢性・終末期看護技術学特論(2015)
○生体機能学特論(2015)
○慢性・創傷看護技術学特講(2015)
○慢性・創傷看護技術学特講演習(2015)
○慢性・創傷看護技術学特講(2014)
○慢性・創傷看護技術学特講演習(2014)
○生体機能学特論(2014)
○慢性・終末期看護技術学特論(2014)
○慢性・終末期看護技術学演習(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○肥大型及び拡張型心筋症患者における遺伝子診断(キーワード:肥大型心筋症,拡張型心筋症,フォスフォランバン)

その他公的社会活動

このページの先頭へ