本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年09月26日

濱田 里羽 (はまだ りう) 特任助教 HAMADA, Riu

所属組織・役職等

国際基幹教育院

教育分野

所属研究室等

学歴

職歴

石川県公立学校派遣スクールカウンセラー(2006/04/01-2013/03/31)
金沢大学 保健管理センター カウンセラー(2011/04/20-2013/03/31)
小松短期大学 学生相談センター カウンセラー(2012/04/01-2013/03/31)
金沢大学 大学教育開発・支援センター 特任助教(2013/03/01-2016/03/31)
金沢大学 国際基幹教育院  特任助教(2016/04/01-)

生年月

所属学会

日本学生相談学会
日本カウンセリング学会
日本教育心理学会
大学教育学会

学内委員会委員等

○大学間連携共同教育推進事業 障がい学生等支援グループ 委員(2012-2016)
○障がい学生支援委員会 委員(2016-)

受賞学術賞

専門分野

臨床心理学

専門分野キーワード

障がい学生支援、大学生のライフスキル、グループプログラム

研究課題

発達障害のある大学生のタイム・マネジメント支援

著書

論文

  • 専門教育課程と連動させた医療系大学生のための対人マナー教育の試み 木村誠,濱田里羽 小松短期大学論集 23号 29-41頁 2016/09/30 査読有 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 日常のコミュニケーションに不安を抱える学生を対象とした継続的グループプログラムの試み 濱田里羽 学生相談研究 36巻 2号 135-146頁 2015/11/30 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 臨床心理士と大学教員の協働によるコミュニケーションスキル育成プログラムの有効性の検討 木村誠 , 濱田里羽  小松短期大学論集  22号 35-46頁 2015 査読有 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 発達障害学生への合理的配慮と大学教育(3)包括的な発達障害学生支援の実践 濱田里羽 文部科学教育通信 342号 16-18頁 2014/06/23 査読無 その他
  • 大学は今(第39回)大学生のライフスキルを磨く支援(下) 濱田里羽 週刊教育資料 1285号 28-29頁 2014/02/10 査読無 その他

全て表示

  • 大学は今(第38回)大学生のライフスキルを磨く支援(上) 濱田里羽 週刊教育資料 1283号 28-29頁 2014/01/27 査読無 その他
  • コミュニケーション・サポート・セミナーから始める障害学生支援―障害者差別解消法成立を受けて その2― 濱田里羽 学校法人 36巻 7号 18-22頁 2013

講演・口頭発表等

  • 大学間連携による障がい学生支援のノウハウ共有の試み(会議名:大学教育学会第39回大会)(2017/06/11)
  • 大学における障がいのある人への差別解消と合理的配慮 ―その基礎知識と対応例について―(会議名:北陸先端科学技術大学院大学 平成28年度第1回メンタルヘルス研修)(2016/09/12)
  • 障がい学生支援を意識したグループプログラムの紹介(会議名:平成27年度 東海・北陸・近畿地区学生指導研究会 北陸地区部課長研究会)(2015/11/13)
  • 発達障害のある学生と大学図書館とのかかわり(会議名:平成26年度石川県大学図書館協議会特別研修会)(2014/11)
  • 臨床心理士と大学教員の協働による対人マナー講座実施の試み(会議名:日本学生相談学会第33回大会)(2015/05/17)

全て表示

  • 開かれた支援と学内連携による実践報告(カウンセラーも含めた教職員の連携)(会議名:関東地区学生生活連絡協議会研修会平成26年度第3回講演会)(2014/11)
  • 大学生を対象とした時間管理スキル育成プログラムの効果の検討―日常生活スキルの変化に焦点をあてて― (会議名:日本カウンセリング学会第47回大会)(2014/08/30)
  • 学科全体を対象としたコミュニケーションスキル育成プログラムの試み(会議名:日本学生相談学会第32回大会)(2014/05/18)
  • 学生のソーシャルスキル向上を目指したコミュニケーション・サポート・セミナーの試み (会議名:第20回大学教育研究フォーラム)(2014/03/18)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「発達障害のある大学生のタイム・マネジメントを支援するアプリケーションの開発」(2017-2020) 代表者

学域・学類担当授業科目

○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○臨床心理学(2017)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○臨床心理学(2016)
○コミュニケーション・トレーニング(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○コミュニケーション・トレーニング(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○多様なコミュニケーション手段と社会-障がいとの関わり方を工夫する-(2015)
○コミュニケーション・トレーニング(2015)
○臨床心理学(2015)
○多様なコミュニケーション手段と社会-障がいとの関わり方を工夫する-(2014)
○コミュニケーション心理学(2014)
○臨床心理学(2014)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ