本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年11月02日

秋根 茂久 (あきね しげひさ) 教授 AKINE, Shigehisa

研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類 化学コース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

錯体化学研究室 TEL:076-264-5701 FAX:076-264-5742

学歴

【出身大学院】
東京大学 修士課程 理学系研究科 化学専攻 1997/03 修了
東京大学 博士課程 理学系研究科 化学専攻 2000/03 修了
【出身大学】
東京大学 理学部 化学科 1995/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

筑波大学 化学系 助手(2000/04/01-2004/03/31)
筑波大学 大学院数理物質科学研究科 助手(2004/04/01-2004/09/30)
筑波大学 大学院数理物質科学研究科 講師(2004/10/01-2008/03/31)
筑波大学 大学院数理物質科学研究科 准教授(2008/04/01-2011/09/30)
筑波大学 数理物質系 准教授(2011/10/01-2013/09/30)

生年月

1972年06月

所属学会

日本化学会
錯体化学会 理事(2015-2017)
錯体化学会
有機合成化学協会
基礎有機化学会
アメリカ化学会
錯体化学会 BJSCC編集委員(2016-)

学内委員会委員等

○研究教育用エックス線防護委員会 委員(2016-2017)
○理工系環境・安全衛生委員会 委員(2016-2017)
○環境報告書編集小委員会 委員(2016-2017)
○理工研究域 科研費獲得対策委員会 委員(2016-2017)
○就職担当(化学コース内委員) 委員(2016-2017)
○理工系環境・安全衛生委員会 委員(2014-2015)

受賞学術賞

○第21回若い世代の特別講演(2007/03/25)
○有機合成化学協会研究企画賞(DIC研究企画賞)(2011/02/18)
○HGCS Japan Award of Excellence 2010(2011/02/21)

専門分野

無機化学、有機化学

専門分野キーワード

錯体化学・超分子化学・構造有機化学

研究課題

・金属錯体を使った動的な構造変換システムの開発 ・新しい動的キラル錯体の合成とキラリティー変換 ・含金属ホスト化合物の合成と超分子構造形成

金属錯体がもつ特徴の一つに、金属―配位子間の結合の可逆性の高さがあります。 この性質により、大きなサイズの構造体の自発的な形成や動的な構造変換(外部から与える刺激や環境の違いによる構造変換)を容易に行えるようになります。
 大きなサイズの構造体を狙い通りに作り、動的な構造変換を意図通りに起こさせるためには、有機基と適切な金属を最適な位置に配置する必要があります。 したがって、有機配位子の精密な設計は不可欠であり、適切な金属の選択が重要となります。 そこで、金属錯体の動的特性と有機化学的な精密分子設計を十分に活用し、新しい動的錯体の構築とそれに基づく応答性超分子・各種機能性錯体の創成を目指した研究を行っています。

著書

論文

  • Electronic perturbation of supramolecular conjugates of porphyrins and phthalocyanines Mihara, N.; Yamada, Y.; Akine, S.; Sugimoto, K.; Tanaka, K. Chem. Commun. 53巻 14号 2230頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Perfect encapsulation of guanidinium ion in a helical trinickel(II) metallocryptand for efficient regulation of helix inversion rate Akine, S.; Miyashita, M.; Piao, S.; Nabeshima, T. Inorg. Chem. Front. 1巻 1号 53頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic helicity control of single-helical oligooxime metal complexes by coordination of chiral carboxylate ions Sairenji, S.; Akine, S.; Nabeshima, T. Tetrahedron Lett. 55巻 12号 1987頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic helicity control of a single-helical oligooxime complex and acid-base triggered repeated helicity inversion mediated by amino acids Sairenji, S.; Akine, S.; Nabeshima, T. Chem. Lett. 43巻 7号 1107頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Increased Nuclearity of Saleln-Type Transition Metal Complexes by Incorporation of O-Alkyloxime Functionality Akine, S.; Nabeshima, T. Heteroatom Chem. 25巻 5号 410頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Oxidation Reactivity of a Structurally and Spectroscopically Well-Defined Mononuclear Peroxocarbonato-Iron(III) Complex Tsugawa, T.; Furutachi, H.; Marunaka, M.; Endo, T.; Hashimoto, K.; Fujinami, S.; Akine, S.; Sakata, Y.; Nagatomo, S.; Tosha, T.; Nomura, T.; Kitagawa, T.; Ogura, T.; Suzuki, M. Chem. Lett. 44巻 3号 330頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Host–Guest Complexation of Perethylated Pillar[5]arene with Alkanes in the Crystal State Ogoshi, T.; Sueto, R.; Yoshikoshi, K. Sakata, Y.; Akine, S.; Yamagishi, T. Angew. Chem. Int. Ed.  54巻 34号 9849頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of tetrafunctionalized pentiptycenequinones for construction of cyclic dimers with a cylindrical shape by boronate ester formation Akine, S.; Kusama, D.; Takatsuki, Y.; Nabeshima, T. Tetrahedron Lett.  56巻 34号 4880頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Overcoming Statistical Complexity: Selective Coordination of Three Different Metal Ions to a Ligand with Three Different Coordination Sites Akine, S.; Matsumoto, T.; Nabeshima, T. Angew. Chem. Int. Ed. 55巻 3号 960頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • π-Electron Systems That Form Planar and Interlocked Anion Complexes and Their Ion-Pairing Assemblies Yamakado, R.; Sakurai, T.; Matsuda, W.; Seki, S.; Yasuda, N.; Akine, S.; Maeda, H. Chem. Eur. J. 22巻 2号 626頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Solvent-Dependent Dual-Mode Photochromism between T- and P-Types in a Dipyrrinone Derivative Sakata, Y.; Fukushima, S.; Akine, S.; Setsune, J.-i. Chem. Commun.  52巻 6号 1278頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • New mechanistic insight into intramolecular arene hydroxylation initiated by (μ-1,2-peroxo)diiron(III) complexes with dinucleating ligands Sekino, M.; Furutachi, H.; Tasaki, K.; Ishikawa, T.; Mori, S.; Fujinami, S.; Akine, S.; Sakata, Y.; Nomura, T.; Ogura, T.; Kitagawa, T.; Suzuki, M. Dalton Trans. 45巻 2号 469頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis, Ion Recognition Ability, and Metal-Assisted Aggregation Behavior of Dinuclear Metallohosts Having a Bis(Saloph) Macrocyclic Ligand Akine, S.; Utsuno, F.; Piao, S.; Orita, H.; Tsuzuki, S.; Nabeshima, T. Inorg. Chem. 55巻 2号 810頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Kinetically “locked” metallomacrocycle  Nishino, T.; Yamada, Y.; Akine, S.; Sugimoto K.; Tanaka, K. Dalton Trans. 45巻 9号 3831頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • らせん型錯体の多段階ヘリシティー反転 秋根茂久 化学と工業 68巻 1号 25頁 2015 査読有 解説 研究論文(学術雑誌)
  • Lanthanide contraction for helicity fine-tuning and helix-winding control of single-helical metal complexes  Sairenji, S.; Akine, S.; Nabeshima, T. Dalton Trans. 45巻 38号 14902頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Molecular Leverage for Helicity Control and Helix Inversion Akine, S.; Hotate, S.; Nabeshima, T. J. Am. Chem. Soc. 133巻 35号 13868頁 2011/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of Planar Metal Complexes and the Stacking Abilities of Naphthalenediol-Based Acyclic and Macrocyclic Salen-Type Ligands Akine, S.; Varadi, Z.; Nabeshima, T. Eur. J. Inorg. Chem. 2013巻 35号 5987頁 2013/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spontaneous Enrichment of One-handed Helices by Dissolution of Quasiracemic Crystals of a Tetranuclear Single Helical Complex Akine, S.; Hotate, S.; Matsumoto, T.; Nabeshima, T. Chem. Commun. 47巻 10号 2925頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of Acyclic Tetrakis- and Pentakis(N2O2) Ligands for Single-helical Heterometallic Complexes with a Greater Number of Winding Turns Akine, S.; Matsumoto, T.; Sairenji, S.; Nabeshima, T. Supramol. Chem. 23巻 1-2号 106頁 2011/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Wheel-Shaped ErIIIZnII3 Single-Molecule Magnet: A Macrocyclic Approach to Designing Magnetic Anisotropy Yamashita, A.; Watanabe, A.; Akine, S.; Nabeshima, T.; Nakano, M.; Yamamura, T.; Kajiwara, T. Angew. Chem., Int. Ed. 50巻 17号 4016頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multistep Oligometal Complexation of the Macrocyclic Tris(N2O2) Hexaoxime Ligand Akine, S.; Sunaga, S.; Nabeshima, T. Chem. Eur. J. 17巻 24号 6853頁 2011/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nuclearity Control of a Trisaloph Zinc Cluster Complex Dependent on Minute Structural Differences in the Bridging Anions Yamamura, M.; Miyazaki, H.; Iida, M.; Akine, S.; Nabeshima, T. Inorg. Chem. 50巻 12号 5315頁 2011/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Highly Cooperative Double Metalation of a Bis(N2O2) Ligand Based on Bipyridine-Phenol Framework Driven by Intramolecular π-Stacking of Square Planar Nickel(II) Complex Moieties Akine, S.; Shimada, T.; Nagumo, H.; Nabeshima, T. Dalton Trans. 40巻 34号 8507頁 2011/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Remarkably Selective Recognition of Iodobenzene Derivatives by a Macrocyclic Bis-PtII Metallohost Trokowski, R.; Akine, S.; Nabeshima, T. Chem. Eur. J. 17巻 51号 14420頁 2011/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Design and controlled emission properties of bioorganometallic compounds composed of uracils and organoplatinum(II) moieties Moriuchi, T.; Sakamoto, Y.; Noguchi, S.; Fujiwara, T.; Akine, S.; Nabeshima, T.; Hirao, T. Dalton Trans. 41巻 28号 8524頁 2012/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hierarchical Helix of Helix in the Crystal: Formation of Variable-Pitch Helical π-Stacked Array of Single-Helical Dinuclear Metal Complexes Akine, S.; Nagumo, H.; Nabeshima, T. Inorg. Chem. 51巻 10号 5506頁 2012/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Oligometallic Template Strategy for Synthesis of a Macrocyclic Dimer-Type Octaoxime Ligand for Its Cooperative Complexation Akine, S.; Tadokoro, T.; Nabeshima, T. Inorg. Chem. 51巻 21号 11478頁 2012/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Conformational control of electron-rich calix[6]arene skeleton by paraquat recognition Akine, S.; Kusama, D.; Nabeshima, T. Tetrahedron Lett. 54巻 3号 205頁 2013/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ligand Modification of Cyclometalated Ruthenium Complexes in the Aerobic Oxidative Dehydrogenation of Imidazolines Aiki, S.; Kijima, Y.; Kuwabara, J.; Taketoshi, A.; Koizumi, T.; Akine, S.; Kanbara, T. ACS Catal. 3巻 5号 812頁 2013/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Programmed multiple complexation for the creation of helical structures from acyclic phenol–bipyridine oligomer ligands Akine, S.; Nagumo, H.; Nabeshima, T. Dalton Trans.  42巻 45号 15974頁 2013/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stepwise Helicity Inversions by Multisequential Metal Exchange Akine, S.; Sairenji, S.; Taniguchi, T.; Nabeshima, T. J. Am. Chem. Soc. 135巻 35号 12948頁 2013/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cage-like tris(salen)-type metallocryptand for cooperative guest recognition Akine, S.; Piao, S.; Miyashita, M.; Nabeshima, T.  Tetrahedron Lett. 54巻 48号 6541頁 2013/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • テンプレートを用いたトリプチセン型配位子の自己集合による大環状錯体の選択的形成(会議名:日本化学会 第97春季年会)(2017/03/16)
  • らせん型コバルト(III)メタロクリプタンドへのキラルアミン導入によるヘリシティー制御(会議名:日本化学会 第97春季年会)(2017/03/16)
  • 白金(II)アルキン錯体で連結された新規な自己集合型超分子の構築(会議名:日本化学会 第97春季年会)(2017/03/16)
  • 18-Crown-6型ニッケル(II)メタロホストのカチオン認識による種々のスタッキング構造の形成(会議名:日本化学会 第97春季年会)(2017/03/16)
  • 24-crown-8骨格を有する環状二核メタロホストを輪分子とした新規ロタキサン構造の構築(会議名:日本化学会 第97春季年会)(2017/03/16)

全て表示

  • 分子内架橋構造を有する大環状二核コバルト(III)メタロホストのゲスト認識制御(会議名:日本化学会 第97春季年会)(2017/03/16)
  • 24-crown-8型環状メタロホストを輪分子とした新規なロタキサン構造の構築と動的構造変換(会議名:平成28年度北陸地区講演会と研究発表会)(2016/11/25)
  • コバルト(III)メタロホストの位置選択的配位子交換を利用したゲスト認識制御(会議名:平成28年度北陸地区講演会と研究発表会)(2016/11/25)
  • 環状メタロホストを利用した新規ロタキサン型構造の構築と溶媒添加をトリガーとする動的構造変換(会議名:第6回CSJ化学フェスタ)(2016/11/14)
  • Helicity Induction of Cobalt(III) Metallocryptands by Introduction of Chiral Carboxylate Ions(会議名:2nd International Symposium on Center of Excellence for Innovative Material Sciences Based on Supramolecules)(2016/10/26)
  • Formation of Various Kinds of Stacking Structures Using 18-Crown-6 Type Metallohosts Having Different Bridging Scaffold(会議名:2nd International Symposium on Center of Excellence for Innovative Material Sciences Based on Supramolecules)(2016/10/26)
  • Construction of Solvent Dependent Dynamic Rotaxane Using 24-crown-8 type Metallohost(会議名:2nd International Symposium on Center of Excellence for Innovative Material Sciences Based on Supramolecules)(2016/10/26)
  • Control of Guest Recognition Ability of Cobalt(III) Metallohost by Site-selective Ligand Exchange(会議名:2nd International Symposium on Center of Excellence for Innovative Material Sciences Based on Supramolecules)(2016/10/26)
  • 大環状Schiff塩基コバルト錯体の事後修飾を活用したゲスト認識制御(会議名:第46回複素環化学討論会)(2016/09/28)
  • カルボン酸架橋を有する二核鉄(III)ペルオキソ錯体の酸化反応性(会議名:錯体化学会第66回討論会)(2016/09/10)
  • 24-crown-8 型環状メタロホストを利用した新規な超分子構造の構築(会議名:錯体化学会第66回討論会)(2016/09/10)
  • 軸配位子交換を利用した新規機能性環状二核コバルト(III)メタロホストの構造変換(会議名:錯体化学会第66回討論会)(2016/09/10)
  • Synthesis of a topologically chiral ladder catenane(会議名:錯体化学会第66回討論会)(2016/09/10)
  • らせん型メタロクリプタンドへのキラルカルボン酸イオンの導入によるヘリシティー制御(会議名:第10回バイオ関連化学シンポジウム)(2016/09/07)
  • 配位子交換を利用したコバルト(III)メタロホストの事後修飾とゲスト認識(会議名:第10回バイオ関連化学シンポジウム)(2016/09/07)
  • 二核鉄(III)ペルオキソ錯体の酸化反応性(会議名:第10回バイオ関連化学シンポジウム)(2016/09/07)
  • 人工大環状メタロホストのカチオン認識を利用した新規な超分子構の構築(会議名:第10回バイオ関連化学シンポジウム)(2016/09/07)
  • 人工環状メタロホストを利用した誘導適合型ゲスト包接(会議名:第10回バイオ関連化学シンポジウム)(2016/09/07)
  • キサンテン骨格をもつ高平面性メタロホストのカチオン認識とスタッキング構造形成(会議名:第27回基礎有機化学討論会)(2016/09/01)
  • トリプチセン骨格を有する剛直な屈曲型配位子のテンプレート自己集合による選択的大環状錯体形成(会議名:第27回基礎有機化学討論会)(2016/09/01)
  • ゲスト認識によるコバルト(III)メタロホストの骨格変換速度のコントロール(会議名:第27回基礎有機化学討論会)(2016/09/01)
  • Dynamic helicity control of helical tetranuclear complexes by chemical stimuli(会議名:42nd International Conference on Coordination Chemistry)(2016/07/07)
  • 位置選択的軸配位子交換に基づく環状二核コバルト(III)メタロホストの事後修飾(会議名:第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム)(2016/06/04)
  • キサンテン骨格を導入した高平面性メタロホストの合成とカチオン認識(会議名:第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム)(2016/06/04)
  • ゲスト包接が駆動するメタロホスト上での位置選択的配位子交換(会議名:第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム)(2016/06/04)
  • Dynamic Structural Conversion of helical oligosalen complexes(会議名:Mini-symposium "Innovative Material Science Based on Supramolecules")(2016/01/19)
  • Multi-step Helicity Inversion of Helical Multinuclear Complex by Stepwise Metal Exchange(会議名:International Symposium on Coordination Programming (ISCP2014))(2014/01/20)
  • Formation of Pentacenequinone Dimer by Sandwich Complexation with Alkali Metal Ion(会議名:CENIDE-CNMM-TIMS Joint Symposium on Interdisciplinary Nano-Science and Technology)(2014/01/06)
  • Development of a rational strategy for helicity inversion of helical metal complexes(会議名:4th Asian Conference on Coordination Chemistry)(2013/11/04)
  • Multi-step helicity inversion of helical oligooxime complex by exchange of constituent metal ions(会議名:4th Tetrahedron Symposium-Asian Edition)(2013/10/21)
  • Stepwise Helicity Inversion of Helical Complex by Exchange of Constituent Metal Ions(会議名:The 3rd German-Japan Nanoworkshop ~ Energy Conversion and Storage ~)(2013/09/03)
  • シリル基の除去反応を活用したらせん型亜鉛多核錯体の動的ヘリシティー反転(会議名:日本化学会第94春季年会)(2014/03/27)
  • アルカリ金属イオンとの錯形成を利用したペンタセンキノン二量体の形成(会議名:日本化学会第94春季年会)(2014/03/27)
  • 開口部に架橋ジアミン配位子をもつ新規かご型コバルト三核錯体の合成とゲスト認識(会議名:日本化学会第94春季年会)(2014/03/27)
  • らせん構造を自在に操る:錯体化学+有機化学+超分子化学による挑戦(会議名:金沢大学理工研究域 平成25年度理学談話会)(2013/12/06)
  • らせん構造をもつニッケル三核メタロクリプタンドの合成と分子認識(会議名:錯体化学会第63回討論会)(2013/11/02)
  • クラウンエーテル部位を導入したペンタセンキノンの合成と錯形成(会議名:第3回CSJ化学フェスタ)(2013/10/21)
  • 複数のフェニル基を導入したビピリジンおよびテルピリジン配位子の合成と錯形成(会議名:第3回CSJ化学フェスタ)(2013/10/21)
  • 三つのsaloph部位を有するニッケル三核メタロクリプタンドの合成とゲスト認識(会議名:第3回CSJ化学フェスタ)(2013/10/21)
  • 構造解析支援ソフトウェア Yadokari-XG 2013(会議名:平成25年度日本結晶学会年会)(2013/10/12)
  • 直鎖オリゴオキシムの錯形成によるらせん構造の創製と段階的な金属添加による多段階ヘリシティー反転(会議名:第24回基礎有機化学討論会)(2013/09/05)
  • キラルなカルボン酸イオンの化学変換を活用したらせん型メタロフォルダマーの動的ヘリシティー制御(会議名:第24回基礎有機化学討論会)(2013/09/05)
  • 三つの遷移金属錯体部位をもつメタロクリプタンドの合成と分子認識(会議名:第10回ホスト・ゲスト化学シンポジウム)(2013/05/25)
  • キラルカウンターイオンの化学変換によるらせん型錯体の動的ヘリシティー制御(会議名:第10回ホスト・ゲスト化学シンポジウム)(2013/05/25)
  • トリプチセン骨格を有する剛直な屈曲型配位子を用いた新規メタロマクロサイクルの開発(会議名:日本化学会 第96春季年会)(2016/03/24)
  • 大環状二核コバルト(III)メタロホストにおける配位子交換と連動したゲスト認識(会議名:日本化学会 第96春季年会)(2016/03/24)
  • 大環状二核コバルト(III)メタロホストにおける位置選択的配位子交換(会議名:日本化学会 第96春季年会)(2016/03/24)
  • キサンテン骨格を有する新規大環状配位子の合成と二核メタロホストへの変換(会議名:日本化学会 第96春季年会)(2016/03/24)
  • 24-crown-8骨格を有する新規な環状二核メタロホストの有機カチオン分子認識(会議名:日本化学会 第96春季年会)(2016/03/24)
  • 自己組織的大環状金属錯体の構築:酸化的な構造固定化とトポロジカル不斉なラダー型カテナンの合成(会議名:日本化学会 第96春季年会)(2016/03/24)
  • 配位キラリティーの動的変換(会議名:日本化学会 第96春季年会(委員会企画 配位アシンメトリー:非対称分子設計と異方集積化に基づく新物質科学))(2016/03/24)
  • Anion-Triggered Guest Exchange in a Cationic Metallohost(会議名:The First International Symposium on Center of Excellence for Innovative Material Sciences Based on Supramolecules)(2016/03/10)
  • Development of New Metallo-Macrocycles Using a Rigid Bent Ligand Based on a Triptycene Scaffold(会議名:The First International Symposium on Center of Excellence for Innovative Material Sciences Based on Supramolecules)(2016/03/10)
  • Site-selective Post-modification of Macrocyclic Cobalt(III) Dinuclear Metallohost(会議名:The First International Symposium on Center of Excellence for Innovative Material Sciences Based on Supramolecules)(2016/03/10)
  • Cation Recognition Behavior of a New Macrocyclic Dinuclear Nickel(II) Metallohost Having a 24-crown-8-like Scaffold(会議名:The First International Symposium on Center of Excellence for Innovative Material Sciences Based on Supramolecules)(2016/03/10)
  • Helix Inversion of Helical Multinuclear Complexes Controlled by Molecular Recognition(会議名:The 9th Japan-China Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures)(2016/02/23)
  • Dynamic Structural Conversion of Oligo(salen) Metal Complexes(会議名:Japan-Canada Symposium for International Exchange Initiative)(2016/01/08)
  • カチオン性環状メタロホストを利用したアニオンをトリガーとするゲスト交換(会議名:第25回日本MRS年次大会)(2015/12/08)
  • Synthesis of a helical trinickel(II) metallo-cryptand and regulation of its helix inversion rate by guest recognition(会議名:International Chemical Congress of Pacific Basin Societies)(2015/12/08)
  • 24-crown-8骨格を有する新規環状二核ニッケル(II)メタロホストのゲスト認識(会議名:日本化学会近畿支部 平成27年度北陸地区講演会と研究発表会)(2015/11/27)
  • 環状二核Co(III)メタロホストの軸配位子交換を利用した新規機能性ホストの開拓(会議名:日本化学会近畿支部 平成27年度北陸地区講演会と研究発表会)(2015/11/27)
  • キサンテン骨格をもつ新規環状配位子の合成と錯形成(2015/11/27)
  • カルボン酸イオン架橋を含む二核鉄ペルオキソ錯体の酸化反応性(会議名:日本化学会近畿支部 平成27年度北陸地区講演会と研究発表会)(2015/11/27)
  • 酸素活性種を含む二核銅およびニッケル錯体の酸化反応性(会議名:日本化学会近畿支部 平成27年度北陸地区講演会と研究発表会)(2015/11/27)
  • 塩化物イオンを含む二核鉄(III)ペルオキソ錯体の酸化反応性(会議名:日本化学会近畿支部 平成27年度北陸地区講演会と研究発表会)(2015/11/27)
  • 結晶構造解析支援・学習支援ソフトウェア Yadokari-XG 2015 年版(会議名:平成27年度日本結晶学会年会)(2015/10/17)
  • アニオンキャップを導入した環状メタロホストにおけるゲスト交換速度の精密制御(会議名:第26回基礎有機化学討論会)(2015/09/24)
  • 24-crown-8型環状二核メタロホストの合成とサイズ選択的カチオン認識(会議名:錯体化学会第65回討論会)(2015/09/21)
  • 二核化配位子の架橋骨格による二核銅(II)ペルオキソ錯体の酸化反応性の制御(会議名:錯体化学会第65回討論会)(2015/09/21)
  • 酸素活性種を含む二核鉄錯体の酸化反応性(会議名:錯体化学会第65回討論会)(2015/09/21)
  • キノリル基を有する二核化配位子を用いた二核鉄(III)ペルオキソ錯体の合成(会議名:錯体化学会第65回討論会)(2015/09/21)
  • Precise Control of Guest Exchange Rates Using a Cationic Cobalt(III) Dinuclear Macrocyclic Metallohost(会議名:錯体化学会第65回討論会)(2015/09/21)
  • オリゴマー状配位子の金属錯形成によるらせん構造の創出と動的構造変換(会議名:第64回高分子討論会)(2015/09/17)
  • クラウンエーテル骨格を有する新規な環状二核ニッケル(II)メタロホストの選択的カチオン認識(会議名:第13回ホスト・ゲスト化学シンポジウム)(2015/06/07)
  • ゲスト交換のタイムプログラムを可能とする新規コバルト(III)環状二核メタロホストの開発(会議名:第13回ホスト・ゲスト化学シンポジウム)(2015/06/06)
  • ルテニウム(II)saloph 錯体の軸配位を利用した集合型メタロホストの合成とカチオン認識(会議名:日本化学会第95春季年会)(2015/03/26)
  • キラルなカルボン酸イオンの配位を利用したらせん型四核錯体の動的ヘリシティー制御(会議名:日本化学会第95春季年会)(2015/03/26)
  • 新規なクラウンエーテル型環状二核ニッケル(II)メタロホストの合成と性質(会議名:日本化学会第95春季年会)(2015/03/26)
  • コバルト(III)を含む新規な環状二核メタロホストの合成とゲスト認識(会議名:日本化学会第95春季年会)(2015/03/26)
  • らせん型錯体のヘリシティーを自在に制御する:有機化学的設計による挑戦(会議名:高分子学会 第8回超分子若手懇談会)(2014/10/09)
  • チオラート配位子を有するRu(II)錯体の合成と性質(会議名:錯体化学会第64回討論会)(2014/09/18)
  • ヘテロ二核 Ni(II)Fe(II)錯体の合成と性質(会議名:錯体化学会第64回討論会)(2014/09/18)
  • 高原子価二核Ni(III)オキソ錯体の酸化反応性(会議名:錯体化学会第64回討論会)(2014/09/18)
  • フルオロ基を含む二核化配位子を有する二核鉄(III)ペルオキソ錯体の合成および酸化反応性の研究(会議名:錯体化学会第64回討論会)(2014/09/18)
  • 酸素活性種を含む二核鉄錯体の合成と酸化反応性(会議名:錯体化学会第64回討論会)(2014/09/18)
  • 二核銅(II)ペルオキソ錯体の架橋骨格による酸化反応性の制御(会議名:錯体化学会第64回討論会)(2014/09/18)
  • ヒドロキソおよびオキソ架橋を有する二核鉄(III)ペルオキソ錯体の酸化反応性(会議名:錯体化学会第64回討論会)(2014/09/18)
  • Control of helix inversion of helical multinuclear complexes by molecular recognition(会議名:錯体化学会第64回討論会 シンポジウム"Frontier of Synthetic Coordination Chemistry — Coordination Bonds Producing Novel Materials and New Functions —")(2014/09/18)
  • 生体内色素分子にインスパイアされた光応答性極性変換システムの開発(会議名:第25回基礎有機化学討論会)(2014/09/07)
  • 分子認識を利用した三重らせん型かご型錯体のヘリシティー保持(会議名:第25回基礎有機化学討論会)(2014/09/07)
  • A Helical Trinickel(II) Metallo-cryptand for Efficient Regulation of the Helix Inversion Rate(会議名:41st International Conference on Coordination Chemistry)(2014/07/21)
  • アルカリ金属イオンとの錯形成によるペンタセンキノンダイマーの形成(会議名:第12回ホスト・ゲスト化学シンポジウム)(2014/05/31)
  • らせん型メタロクリプタンドの合成と分子認識によるらせん反転速度の制御(会議名:第12回ホスト・ゲスト化学シンポジウム)(2014/05/31)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○新学術領域研究(計画研究)「配位キラリティーの動的変換とタイムプロファイル制御」(2016-2020) 代表者
○挑戦的萌芽研究「多環芳香族パネリングによるπ電子系多面体の合成と新規巨大フラーレンの探索」(2015-2016) 代表者
○基盤研究(B)(一般)「開閉機構をもつ新規なカゴ型錯体の合成と応答型物質捕捉・放出制御への応用」(2014-2016)
○挑戦的萌芽研究「ジグザグ型カーボンナノチューブ部分構造としての環状アセンキノンの合成とその連結」(2013-2014)
○新学術領域研究(研究領域提案型)(継続の研究領域)「円筒型配位子の配位プログラミングによる新規な物質移動および制御システムの開発」(2012-2013)

学域・学類担当授業科目

○錯体構造論(2017)
○無機化学Ⅲ(2017)
○物質化学実験B(2017)
○無機化学Ⅰ(2017)
○物質化学実験B(2016)
○化学Ⅱ(2016)
○無機化学Ⅰ(2016)
○無機化学Ⅲ(2016)
○錯体構造論(2016)
○化学実験(2015)
○化学特別講義(錯体化学特論)(2015)
○錯体構造論(2015)
○物質化学実験B(2015)
○無機化学Ⅰ(2015)
○無機化学Ⅲ(2015)
○化学Ⅱ(2014)
○無機化学Ⅰ(2014)
○錯体構造論(2014)
○物質化学実験B(2014)
○無機化学Ⅲ(2014)

大学院担当授業科目

○錯体化学特論(2017)
○錯体合成化学(2017)
○物質創成セミナー平成29年10月入学者用(2017)
○物質創成化学Ⅲ(2017)
○物質創成セミナー平成29年度入学生用(2017)
○錯体化学特論(2017)
○錯体化学特論(2017)
○錯体化学特論(2017)
○物質創成化学Ⅲ(2016)
○錯体合成化学(2016)
○物質創成セミナー平成28年度入学生用(2016)
○物質創成セミナー平成28年10月入学者用(2016)
○錯体化学特論(2016)
○錯体合成化学(2015)
○錯体化学特論(2015)
○化学特別講義(錯体化学特論)(2015)
○物質創成セミナー平成27年10月入学者用(2015)
○物質創成化学Ⅲ(2015)
○物質創成セミナー平成27年度入学生用(2015)
○錯体化学特論(2014)
○物質創成セミナー平成26年10月入学者用(2014)
○物質創成セミナー平成26年度入学生用(2014)
○錯体合成化学(2014)
○物質創成化学Ⅲ(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ