本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2018年10月02日

向井 加奈恵 (むかい かなえ) 助教 MUKAI, Kanae

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系

教育分野

所属研究室等

慢性・創傷看護技術学分野 TEL:076-265-2552

学歴

【出身大学院】
金沢大学大学院 医薬保健学総合研究科 博士課程 保健学専攻 2015/03 修了
金沢大学大学院 医学系研究科 修士課程 保健学専攻 2012/03 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部  保健学科 看護学専攻 2010/03 卒業
【取得学位】
博士(保健学)
修士(保健学)

職歴

金沢大学 医薬保健研究域保健学系 助教(2015/03/24-)
北陸学院大学 短期大学部食物栄養学科 非常勤講師(2012/04/01-2014/09/30)

生年月

1987年08月

所属学会

日本看護技術学会
日本創傷・オストミー・失禁管理学会
コ・メディカル形態機能学会
看護理工学会
日本解剖学会
日本創傷治癒学会
日本褥瘡学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○平成27年度 日本褥瘡学会 大浦賞(2015/08/28)
○平成26年度 金沢大学学長表彰(2015/03/23)
○Poster prize KCL Award 4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies(2012/09/06)
○学会奨励賞 第13回 コ・メディカル形態機能学会学術集会・総会(2014/09/20)
○平成25年度 公益財団法人安田記念医学財団癌看護研究助成
○第5回看護理工学会学術集会、第11回看護実践学会学術集会、国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会第7回学術集会 合同学術集会 優秀口演賞(2017/10/30)

専門分野

専門分野キーワード

エストロゲン、皮膚創傷治癒、栄養不良

研究課題

著書

論文

  • Non-invasive longitudinal monitoring of angiogenesis in a murine full-thickness cutaneous wound healing model using high-resolution three-dimensional ultrasound imaging Kanae Mukai, Wenjing Zhu, Yukari Nakajima, Masato Kobayashi, Toshio Nakatani Skin Research and Technology 23巻 4号 581-587頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of effects of topical estradiol benzoate application on cutaneous wound healing in ovariectomized female mice  Kanae Mukai, Tamae Urai, Kimi Asano, Yukari Nakajima, Toshio Nakatani PLOS ONE  in press巻 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of the effects of a combination of Japanese honey and hydrocolloid dressing on cutaneous wound healing in male mice Kanae Mukai, Miki Koike, Saki Nakamura, Fumika Katagiri, Saki Nojiri, Yuki Yamada, Eri Miyajima, Mayuko Matsumoto, Emi Komatsu, Yukari Nakajima, Tamae Urai, Naoko Murakado, Toshio Nakatani Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine vol. 2015巻 Article ID 910605号 9 pages頁 2015/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The effect of 17β-estradiol on cutaneous wound healing in protein-malnourished ovariectomized female mouse model (doi:10.1371/journal.pone.0115564) Kanae Mukai, Emi Komatsu, Yukari Nakajima, Tamae Urai, Nasruddin, Junko Sugama, Toshio Nakatani PLOS ONE 9巻 12号 e115564頁 2014/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 17β-Estradiol administration promotes delayed cutaneous wound healing in 40-week ovariectomised female mice  Kanae Mukai, Yukari Nakajima, Tamae Urai, Emi Komatsu, Nasruddin, Junko Sugama, Toshio Nakatani International Wound Journal 13巻 5号 636-644頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Anatomical investigation of position of crossing of superficial branch of radial nerve and cephalic vein and its frequency Kanae Mukai, Emi Komatsu, Tamae Urai, Yukari Nakajima, Kimi Asano, Noriyuki Ozaki, Toshio Nakatani Structure and Function 14巻 1号 3-10頁 2015/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A simple technique to improve contractile effect of cold plasma jet on acute wound of mouse by dropping water[Epub ahead of print]  Nasruddin, Yukari Nakajima, Kanae Mukai, Emi Komatsu, Heni Setyowati Esti Rahayu, Muhammad Nur, Tatsuo Ishijima, Hiroshi Enomoto, Yoshihiko Uesugi, Junko Sugama, Toshio Nakatani Plasma Processes and Polymers 12巻 10号 1128-1138頁 2015/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of the effects of honey on acute-phase deep burn wounds Yukari Nakajima, Kanae Mukai, Nasruddin Nasruddin, Emi Komatsu, Terumi Iuchi, Yukie Kitayama, Junko Sugama, Toshio Nakatani Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine Article ID 784959巻 20 pages頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lymph drainage during wound healing in a hindlimb mouse model Emi Komatsu, Yukari Nakajima, Kanae Mukai, Tamae Urai, Kimi Asano, Mayumi Okuwa, Junko Sugama, Toshio Nakatani Lymphatic Research and Biology 15巻 1号 32-38頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effectiveness of Changing the Application of Japanese Honey to a Hydrocolloid Dressing in Between the Inflammatory and Proliferative Phases on Cutaneous Wound Healing in Male Mice  Kanae Mukai, Emi Komatsu, Misa Yamanishi, Misako Hutakuchi, Kayo Kanzaka, Yuka Uno, Shizuka Yamazaki, Shizuka Kato, Tomomi Yamamoto, Mayumi Hattori, Yukari Nakajima, Tamae Urai, Kimi Asano, Naoko Murakado, Mayumi Okuwa, Toshio Nakatani WOUNDS 29巻 1号 1-9頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Comparison of Techniques for Collecting Skin Microbiome Samples: Swabbing versus Tape-Stripping Kazuhiro Ogai, Satoshi Nagase, Kanae Mukai, Terumi Iuchi, Yumiko Mori, Miki Matsue, Kayo Sugitani, Junko Sugama, Shigefumi Okamoto Frontiers in Microbiology 2018/10/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Near-infrared fluorescence imaging directly visualizes lymphatic drainage pathways and connections between superficial and deep lymphatic systems in the mouse hindlimb in press巻 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Efficacy of honeydew honey and blossom honey on full-thickness wound healing in mice in press巻 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Does Obesity without Hyperglycemia Delay Wound Healing in an Obese Mouse Model Induced by a High-Fat Diet?  9巻 12号 1660-1679頁 2017 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Safety of Venipuncture Sites at the Cubital Fossa as Assessed by Ultrasonography Mukai K, Nakajima Y, Nakano T, Okuhira M, Kasashima A, Hayashi R, Yamashita M, Urai T, Nakatani T Journal of Patient Safety [Epub ahead of print]巻 2017/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 看護系大学における解剖生理学教育の実態調査 向井加奈恵、山口豪、大島千佳、石田陽子、松田友美、竹野ゆかり、荒川満枝 形態・機能 16巻 1号 8-18頁 2017/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Establishing a new appropriate intramuscular injection site in the deltoid muscle Yukari Nakajima, Kanae Mukai, Kana Takaoka, Toshiko Hirose, Keiko Morishita, Takuya Yamamoto, Yuka Yoshida, Tamae Urai, Toshio Nakatani Human Vaccines & Immunotherapeutics 12巻 1-7頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 肥満マウスにおける円形皮膚全層欠損創の創形状保持を目的とした板状皮膚保護材使用の有用性 浦井珠恵, 浅野きみ, 中島由加里, 向井加奈恵, 中谷壽男 形態・機能 15巻 57-61頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The relationship between cutaneous wounds made on obese mice or those with decreased body weight and serum leptin level Tamae Urai, Haryanto, Kanae Mukai, Tatsuhiko Matsushita, Kimi Asano, Yukari Nakajima, Mayumi Okuwa, Junko Sugama, Toshio Nakatani  Health 8巻 11号 1015-1028頁 2016/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 未経験者による三角筋筋肉内注射の位置決め器具の使用に関する正確性と簡便性の生体での検討 向井加奈恵, 小松恵美, 中島由加里, 浦井珠恵, 浅野きみ, 中谷壽男 形態・機能 14巻 2号 75-83頁 2016/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The effect of 17β-estradiol administration on cutaneous wound healing in 24-week ovariectomized female mice Kanae Mukai, Yukari Nakajima, Tamae Urai, Emi Komatsu, Kana Takata, Yuriko Miyasaka, Nasruddin, Junko Sugama, Toshio Nakatani Journal of Hormones Article ID 234632巻 8 pages頁 2014/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ご遺体での三角筋筋注部位の位置決め器具の有用性と決定した筋注部位の安全性の検討  小松恵美*, 向井加奈恵*, 中島由加里, 尾崎紀之, 中谷壽男 形態・機能 13巻 1号 17-24頁 2014/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of the cutaneous wound healing of ovariectomized mouse at 12 weeks with that of SHAM and estrogen-administered mice Kanae Mukai, Yuriko Miyasaka, Kana Takata, Tamae Urai, Yukari Nakajima, Emi Komatsu, Junko Sugama, Toshio Nakatani Journal of Hormones Article ID 484258巻 6 pages頁 2014/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cold plasma on full-thickness cutaneous wound accelerates healing through promoting inflammation, re-epithelialization and wound contraction Nasruddin, Yukari Nakajima, Kanae Mukai, Heni Setyowati Esti Rahayu, Muhammad Nur, Tatsuo Ishijima, Hiroshi Enomoto, Yoshihiko Uesugi, Junko Sugama, Toshio Nakatani Clinical Plasma medicine 2巻 1号 28-35頁 2014/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of three types of Japanese honey on full-thickness wound in mice Yukari Nakajima, Yuki Nakano, Sono Fuwano, Natsumi Hayashi, Yukiho Hiratoko, Ayaka Kinoshita, Megumi Miyahara, Tsuyoshi Mochizuki, Kasumi Nishino, Yusuke Tsuruhara, Yokokawa Yoshika, Terumi Iuchi, Yuka Kon, Kanae Mukai, Yukie Kitayama, Naoko Murakado, Mayumi Okuwa, Toshio Nakatani Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine Article ID 504537巻 11 pages頁 2012/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Is estrogen effective for full-thickness cutaneous wound healing in young male mice?  Yukari Nakajima, Yuka Eno, Mariko Hirata, Sawako Kobori, Ayano Sugiura, Maiko Takeuchi, Miho Taniguchi, Megumi Tanisaki, Asuka Hayashi, Keiko Hikishima, Naoki Matsuo, NatsumiWada, Kanae Mukai, Naoko Murakado, Mayumi Okuwa, Toshio Nakatani WOUNDS 25巻 10号 278-286頁 2013/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 生体における股関節屈曲0°, 45°, 90°位置での新殿筋注点とクラークの点との比較 中島由加里, 向井加奈恵, 小松恵美, 井内映美, 北山幸枝, 中谷壽男 形態・機能 11巻 2号 109-115頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 解剖体におけるゲル注入による新殿筋注点の安全性の検証と超音波診断装置による刺入の深さの検討 中島由加里, 井内映美, 向井加奈恵, 小松恵美, 北山幸枝, 尾崎紀之, 中谷壽男 形態・機能 11巻 2号 102-108頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effectiveness of Indonesian honey towards acceleration of cutaneous wound healing: an experimental study in mice Haryanto, Tamae Urai, Kanae Mukai, Suriadi, Junko Sugama, Toshio Nakatani WOUNDS 24巻 4号 110-119頁 2012/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The effect of isoflavone-daidzein oral medication on cutaneous wound healing in female ovariectomized mice Kanae Mukai, Mari Nagasawa, Eri Nakamura, Natsuki Nishida, Ayaka Hori, Yukari Yagi, Aya Yamagishi, Ai Watanabe, Tamae Urai, Kana Takada, Yuriko Hara, Yukari Nakajima, Mayumi Okuwa, Miho Shogenzi, Toshio Nakatani Structure and Function 10巻 2号 96-102頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 新しい殿部筋肉内注射部位「新殿筋注点」と従来のクラークの点との解剖体による比較研究 中島由加里*, 向井加奈恵*, 今有香, 北山幸枝, 大桑麻由美, 尾崎紀之, 中谷壽男 形態・機能 10巻 2号 101-107頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • キトサンオリゴ糖の腹膜腔内投与により誘発される腹膜炎の組織像 向井加奈恵*, 浅野きみ*, 中島由加里, 高田佳奈, 原由里子, 浦井珠恵, 松尾淳子, 中谷壽男 形態・機能 10巻 2号 75-81頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 新しい殿部筋肉内注射部位「新殿筋注点」と従来のクラークの点との生体における比較から得られた安全な殿部筋肉内注射部位の検討 中島由加里*, 向井加奈恵*, 江野有香, 井内映美, 北山幸枝, 大桑麻由美, 中谷壽男 形態・機能 10巻 2号 65-72頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Evaluation of the effect of estradiol benzoate on cutanoues wound healing in ovariectomized female mice. Focus on the imflammatory response.(会議名:WUWHS2016)(2016/09)
  • 超音波診断装置を用いた肘窩の静脈穿刺を安全に実施するための基礎研究―駆血前後の血管径・深さ・神経及び動脈との位置関係の計測―(会議名:第122回日本解剖学会総会全国学術集会)(2017/03)
  • 小動物用超音波高解像度イメージングシステムVevo2100を用いた血管新生の3次元縦断評価方法の検討(会議名:第46回日本創傷治癒学会)(2016/12)
  • Evaluation of the effect of estradiol benzoate on cutanoues wound healing in ovariectomized female mice. Focus on the imflammatory response.(会議名:5th congress of World Union of Wound Healing Societies)(2016/09)
  • 看護学分野における解剖生理学教育の実態調査(会議名:コ・メディカル形態機能学会第15回学術集会・総会)(2016/09/17)

全て表示

  • 基礎研究を知る―エストロゲンと皮膚創傷治癒の研究を通して―(会議名:第17回日本褥瘡学会学術集会)(2015/08)
  • The effect of estrogen endermic medication on cutaneous wound healing in aged ovariectomized female mice(会議名:4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies)(2012/09)
  • 17β-estradiol promotes cutaneous wound healing in 24-week ovariectomized female mice by modulating wound inflammation and promoting wound contraction(会議名:XXIII International Symposium on Morphological Sciences)(2013/09)
  • 2型糖尿病db/dbマウスの上皮化遅延に関与する遺伝子の探索(会議名:第20回日本褥瘡学会)(2018/09)
  • 性周期に伴うP. acnes量の変化と皮膚生理機能の関係(会議名:コ・メディカル形態機能学会第17回学術集会・総会)(2018/09)
  • 2型糖尿病モデルマウス(db/db)皮膚創傷へのestradiol benzoate創部塗布の効果の検証(会議名:第47回日本創傷治癒学会)(2017/11)
  • 最適な肘窩の静脈穿刺部位の選定―超音波診断装置による駆血前後の血管面積・深さ・正中神経及び上腕動脈との距離の計測から―(会議名:第5回看護理工学会学術集会・第11回看護実践学会学術集会・国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会第7回学術集会)(2017/10)
  • 肘窩の皮静脈の可視性に与える要因の検討(会議名:コ・メディカル形態機能学会第16回学術集会・総会)(2017/09)
  • OVXマウスの皮膚創傷へのEstradiol benzoate創部塗布の効果(会議名:コ・メディカル形態機能学会第15回学術集会・総会)(2016/09/17)
  • Estradiol Benzoateの創部塗布による皮膚創傷治癒への効果―肉眼的検討―(会議名:第45回日本創傷治癒学会)(2015/11)
  • OVXマウスの皮膚創傷へのEstradiol benzoate創部塗布の効果(会議名:コ・メディカル形態機能学会第15回学術集会・総会)(2016/09/17)
  • 腹腔内投与されたキトサンオリゴ糖により惹起された腹膜炎の電顕像(会議名:第9回コ・メディカル形態機能学会学術集会)(2010/09)
  • イソフラボンの経口投与が卵巣摘出マウスの皮膚創傷治癒過程に及ぼす影響(会議名:第40回創傷治癒学会学術集会)(2010/12)
  • The effect of isoflavone on wound healing of full thickness skin defect in ovariectomized mice given feed containing isoflavone(会議名:第116回日本解剖学会総会・学術集会)(2011/03)
  • 24週齢の卵巣摘出マウスへの17βエストラジオール経皮投与が皮膚創傷治癒過程に与える影響の肉眼的観察(会議名:第20回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会)(2011/05)
  • 24週齢の卵巣切除マウスへの17βエストラジオール経皮投与が皮膚創傷治癒へ与える影響(会議名:第14回日本褥瘡学会学術集会)(2012/09)
  • 17β-estradiol経皮投与の皮膚創傷治癒促進効果:卵巣切除した高齢マウスモデルにおける検証(会議名:第42回日本創傷治癒学会)(2012/12)
  • 蛋白質栄養不良卵巣切除マウス皮膚創傷への17βエストラジオール経皮投与の効果―肉眼的所見による検証-(会議名:第43回日本創傷治癒学会)(2013/11)
  • マウスの皮膚全層欠損創への日本産蜂蜜とハイドロコロイド被覆材併用による効果の検証(会議名:第16回日本褥瘡学会)(2014/08)
  • ご遺体を用いた橈側皮静脈と橈骨神経浅枝の交叉の位置と頻度の調査 (会議名:第13回 コ・メディカル形態機能学会学術集会)(2014/09)
  • 橈骨神経浅枝が皮下へ出現する位置及び橈骨神経浅枝と橈側皮静脈の交叉の位置と頻度に関する解剖学的調査(会議名:日本解剖学会第74回中部支部学術集会)(2014/10)
  • 3%蛋白質含有食飼料を摂取した卵巣切除マウスの皮膚創傷への17β-estradiol投与の効果(会議名:第44回日本創傷治癒学会学術集会)(2014/12)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)(一般)「リンパ浮腫に対する培養リンパ管移植の効果と瘢痕組織のリンパ管再生阻害の基礎研究」(2018-2020) 分担者
○基盤研究(B)(一般)「2型糖尿病モデルマウス皮膚創傷へのエストロゲン創部塗布効果の網羅的解明」(2018-2020) 代表者
○基盤研究(C)「マウスを用いたリンパ浮腫発生機序から浮腫軽減や線維化を防止する効果的なケアの開発」(2016-) 分担者
○若手研究(B)「糖尿病性潰瘍の治癒促進に向けたエストロゲンによる血管新生促進作用の解明」(2016-) 代表者
○研究活動スタート支援「皮膚創傷治癒促進に有効なケア開発の基礎ー17βエストラジオール投与方法の選定ー」 代表者

学域・学類担当授業科目

○看護研究(2017)
○基礎看護実習(2017)
○基礎看護技術演習(2017)
○看護生態アセスメント演習(2017)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ