本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

6名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

化学

合成化学

キーワード 研究者名 研究情報
不斉合成、触媒、有機金属化学 宇梶 裕
共同研究希望テーマ
・有機化合物の効率的合成法の開発

研究課題
・不斉合成
・高効率的合成反応の開発
・機能性物質の創生

科研費採択テーマ
・不斉付加環化反応による高効率的・高選択的光学活性環状化合物の合成法の開発と応用
・1,3-双極子を活用する複素環合成の革新
・立体固定型発色団合成を基盤とするフィトクロムの構造と機能の解明
・酒石酸エステルを活用する二核キラル反応場の構築と光学活性化合物合成への応用
・酒石酸エステルを活用する二核キラル反応場の構築と光学活性化合物合成への応用
・キラル反応場の複核化に基づく新規不斉合成反応の開発
・複核キラル反応場における複合的制御を基盤とする不斉付加環化反応の革新
・複核キラル反応場における複合的制御を基盤とする不斉付加環化反応の革新
・シン効果の本質解明と応用
・シン効果の本質解明と応用
・複核キラル反応場の精密化・力量化による高効率的分子変換法の開発
・複核キラル反応場の精密化・力量化による高効率的分子変換法の開発
・複核キラル反応場の精密化・力量化による高効率的分子変換法の開発
・1,3-双極子の高次立体制御法の開発と光学活性複素環化合物合成への応用
・1,3-双極子の高次立体制御法の開発と光学活性複素環化合物合成への応用

グリーンケミストリー、環境、資源、有機合成化学 内山 正彦
研究課題
・Cu(I)とGa(III)の協働作用による触媒的Conia-ene反応
・対称Diketone類のパン酵母による不斉還元に関する研究
・光学活性セレン試剤を用いる不斉反応に関する研究
・固相担持型マンガン(・)反応剤を用いる酸化的ラジカル環化反応の開発とその応用
・セリウム(IV)反応剤を用いる酸化的ラジカル反応の触媒化および不斉化に関する研究

科研費採択テーマ
・固相担持型Mn(III)反応剤を用いる酸化的ラジカル環化反応の開発とその応用
・Ce(IV)とフッ素アニオンを用いる有機ケイ素化合物からの新規ラジカル発生法の開発

環状エーテルの開環重合、ポリウレタン、メタクリル酸エステルのアニオン重合 加納 重義
共同研究希望テーマ
・環状エーテルの開環重合

研究課題
・新規なキラルπ共役(高)分子システムの開発
・多糖誘導体を利用した新規キラル材料の開発
・光エネルギー変換材料の創製

出願済みの発明名称
・軸不斉を有する光学活性な重合触媒および光学活性高分子の合成法
・光学活性化合物の合成法
・光学活性な有機重合体の製造方法
・光学活性な有機重合体及びその製造方法
・アルミニウム化合物を用いたオキセタン誘導体の開環重合
・環拡大異性化反応による5又は6員環エーテルの製造方法
・アルキレンオキシド重合用触媒およびそれを用いたポリ(アルキレンオキシド)の製造方法
・固体状態で不斉選択性の切り替えが可能な光学異性体分離剤
・比色検出型キラルセンサー
・多糖誘導体、及びその蛍光性キラルセンサーとしての用途
・軸不斉を有する光学活性な重合触媒および光学活性高分子の合成法
・光学活性な有機重合体及びその製造方法
・アルミニウム化合物を用いたオキセタン誘導体の開環重合
・環拡大異性化反応による5又は6員環エーテルの製造方法

カルコゲン元素、アシルシラン、有機金属化学 千木 昌人
共同研究希望テーマ
・ヘテロ原子を含む複素環化合物合成の共同研究
・イオウおよびセレン原子を含む有機化合物の合成に関する研究
・芳香族多塩素化合物の脱塩素化による無害化技術の開発

研究課題
・カルコゲン元素の多重結合を含む高反応性化学種の合成と反応
・イオウあるいはセレン原子を有する不斉二座配位子の合成研究
・有機金属および有機ヘテロ原子化学を基にした新規合成反応の開発

科研費採択テーマ
・4族遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的分子変換反応の開発
・有機ジルコニウム化合物およびセレン元素の特性を活用した効率的官能基導入法の開発
・遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的官能基変換反応の開発
・有機ジルコニウム化合物およびセレン元素の特性を活用した効率的官能基導入法の開発
・遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的官能基変換反応の開発
・複数の元素の協同作用を利用する多官能性分子構築法の開発
・複数の元素の協同作用を利用する多官能性分子構築法の開発
・炭素三員環とシリル基の特性を利用した立体選択的合成反応の開発

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・非天然型人工核酸の創製を目指した機能性核酸塩基部位をもつ新規セレノヌクレオシド誘導体合成法の開発

有機合成化学,有機金属化学,グリーンケミストリー 本田 光典
共同研究希望テーマ
・新規有機化合物の構築法の開発に関する研究

研究課題
・不斉中心が連続した炭素鎖をもつ有機化合物の設計
・特定の幾何配置をもつ有機化合物の設計
・フルオラス合成を利用した有機合成
・新規イオン液体の創製
・ポリフェノール類の合成と抗酸化機構の解明

科研費採択テーマ
・アシルシランシリルエノールエーテルのアルドール反応による連続不斉中心の選択的生成
・フルオラスケミストリーを指向した新規イオン液体の創製
・環境調和型化学反応を目指したアシルシランの合成とその利用に関する研究
・金属及びヘテロ元素の反応特性を複合的に活用した効率的分子変換反応の開発
・炭素三員環とシリル基の特性を利用した立体選択的合成反応の開発
・複数の元素の共同作用を利用する多官能性分子構築法の開発
・遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的官能基変換反応の開発
・有機ジルコニウム化合物およびセレン元素の特性を活用した効率的官能基導入法の開発
・シクロプロピルアシルシランとその誘導体のキラル化合物への立体選択的変換
・遷移金属触媒によるシクロプロピルシリルアルケン類の開環および環拡大反応
・4族遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的分子変換反応の開発
・シクロプロピルアシルシランの環拡大反応とその合成的利用
・シクロプロピルアシルシランのハロゲン化ホモアリル誘導体への立体選択的変換

有機合成化学、有機光化学、有機金属化学 前多 肇
共同研究希望テーマ
・高効率、高選択的な光化学反応の開発に関する研究
・蛍光性物質の分子設計に関する研究
・典型元素の特性を利用する有機合成反応の開発に関する研究

研究課題
・高効率、高選択的な光化学反応の開発に関する研究
・蛍光性物質の分子設計に関する研究
・典型元素の特性を利用する有機合成反応の開発に関する研究

出願済みの発明名称
・新規蛍光性化合物およびその製造方法
・光反応の特性を利用する高選択的新規ベンゾ四環系化合物の一段階合成法の開発

科研費採択テーマ
・キラルな反応場における光誘起電子移動反応
・14族元素を含む外部刺激応答性機能物質の合成と反応
・励起状態における分子認識能を利用した可逆的分子内光環化付加反応の設計と制御
・電子移動を経由する芳香族化合物の光酸素酸化反応
・微小空間の特性を利用する不斉光化学反応の開発
・励起分子錯体の特性を利用する反応制御
・不斉光環化付加反応の開発
・TiO2光触媒とする芳香族化合物の光酸化反応
・固液界面における反応環境場の制御と立体選択的光化学反応への応用
・光環化付加によるベンゾトリキナン類の新規骨格構築法
・分子内光環化付加反応を用いるベンゾトリキナン骨格の一段階構築法
・反応性有機ビラジカルの熱発光の機構解明と新規発光システムへの展開
・蛍光性有機ケイ素化合物の開発と発光材料としての利用
・環境応答型強発光性スイッチ分子の開発
・含ケイ素芳香族化合物を鍵骨格とする強発光性蛍光センサーの開発

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・極めて強い発光を示す包接錯体型有機蛍光材料の開発

このページの先頭へ