本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

10名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

医歯薬学

病態検査学

キーワード 研究者名 研究情報
血栓止血異常、臨床検査、DIC、抗リン脂質抗体症候群、血栓症、出血 朝倉 英策
共同研究希望テーマ
・播種性血管内凝固症候群
・血栓止血異常

研究課題
・播種性血管内凝固症候群の病態生理と治療について
・抗リン脂質抗体症候群の病態解析と治療
・血栓止血異常の臨床検査医学的解析
・血栓止血学

科研費採択テーマ
・組織因子およびLPS誘発DICモデルにおける血管作動性物質発現機序と微小循環障害
・組織因子およびLPS誘発DICモデルにおける血管作動性物質発現機序と微小循環障害
・播種性血管内凝固における炎症と凝固のクロストークと血管作動性物質の意義
・播種性血管内凝固における炎症と凝固のクロストークと血管作動性物質の意義
・播種性血管内凝固における炎症と凝固の相互作用と血管作動性物質の関与
・播種性血管内凝固における炎症と凝固の相互作用と血管作動性物質の関与
・播種性血管内凝固における炎症と凝固の相互作用と血管作動性物質の関与
・DIC病型分類別にみた炎症と凝固の相互作用と血管作動性物質の意義
・DICにおける炎症と凝固の相互作用遮断と血管作動性物質
・DICにおける炎症と凝固の相互作用遮断と血管作動性物質
・DICにおける炎症と凝固の相互作用遮断と血管作動性物質
・DIC病態における炎症と凝固のクロストークと血管作動性物質の役割
・DIC病態における炎症と凝固のクロストークと血管作動性物質の役割
・血栓性血小板減少性紫斑病に対するリツキシマブの医師主導治験
・自己免疫性出血症治療の「均てん化」のための実態調査と「総合的」診療指針の作成
・血液凝固因子製剤の文献的考察等に関する研究
・血液凝固異常症調査研究

白血病、白血病、白血病 大竹 茂樹
共同研究希望テーマ
・白血病の治療に関する研究
・臨床研究用Web Applicationの開発

研究課題
・血液悪性疾患の化学療法
・白血病に対する骨髄移植
・白血病の病態解析

科研費採択テーマ
・白血病細胞におけるIineage crossoverの臨床的意義
・白血病細胞におけるlineage crossoverの臨床的意義
・白血病細胞におけるIineage crossoverの臨床的意義
・血漿中の腫瘍由来核酸を用いた腫瘍マーカー検査法の確立
・血漿中の腫瘍由来核酸を用いた腫瘍マーカー検査法の確立
・難治性白血病に対する標準的治療法の確立に関する研究(臨床研究チームの整備)
・難治性白血病に対する標準的治療法の確立に関する研究
・難治性白血病に対する標準的治療法の確立に関する研究

放射性薬剤 小川 数馬
研究課題
・新規放射性薬剤の開発

出願済みの発明名称
・金属錯体およびこれを含有する抗癌剤

科研費採択テーマ
・MMP-2を標的とした体内動態化学制御型の新規腫瘍核医学診断薬剤の開発
・新規アポトーシスイメージング剤による癌・虚血再灌流障害治療効果超早期診断法の確立
・新規放射性薬剤を用いた包括的転移性骨腫瘍診断治療法の確立を目指した研究
・革新的癌診断治療システムの開発研究-骨腫瘍診断治療からDDSへ

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・高性能アポトーシスイメージング薬剤の開発

細胞診、液状化細胞診、子宮頸部細胞診、CINマーカー、HPV検査、子宮頸癌 尾崎 聡
研究課題
・子宮頸管腺上皮細胞におけるHPV遺伝子状態を指標とした腺前癌病変の同定

科研費採択テーマ
・卵管上皮に対する月経と排卵に伴う液性因子の発がん誘導作用の解析
・末梢血中における子宮内膜癌幹細胞の検出とその臨床的意義の検討
・婦人科癌におけるテロメラーゼ活性化機転に基づく末梢血腫瘍細胞の検出・解析法の確立
・サイトカインバランスからみたIgG4関連血管病変の病態解析

ウイルス学 肝臓 がん 白崎 尚芳
科研費採択テーマ
・肝疾患におけるIFNλ4の機能的役割の解明
・C型肝炎ウイルス感染特異的な長鎖ノンコーディングRNAの探索
・C型慢性肝炎に対するIFN応答・不応答メカニズムの解明

医学的検査、血液学 關谷 暁子
研究課題
・ヘムオキシゲナーゼ-1(HO-1)が血液凝固・線溶系因子の発現調節に及ぼす影響の解明

科研費採択テーマ
・ヘムオキシゲナーゼ-1による血栓制御機構が妊娠予後改善にもたらす効果の解明
・ヘムオキシゲナーゼ‐1(HO‐1)が凝固・線溶系因子の発現調節に果たす役割の解明

微量測定法 本間 啓子
研究課題
・臨床検査法の改良

炎症、ケモカイン、炎症性サイトカイン 向田 直史
共同研究希望テーマ
・ケモカインを標的とした抗炎症療法
・ケモカインを標的とした抗癌療法
・慢性肝障害における発現遺伝子の網羅的検索
・新規セリン/スレオニン・キナーゼを標的とした抗がん治療薬の開発

研究課題
・がんの進展機構における炎症性サイトカイン・ケモカインに関する研究
・がんの発症・進展機構におけるPimキナーゼの役割の解析
・炎症反応における炎症性サイトカイン・ケモカインに関する研究

出願済みの発明名称
・置換フェナントレン化合物を有効成分とするがんを予防および/または治療するための医薬組成物
・ステモナミド合成中間体ならびにがんを予防および/または治療するための医薬組成物

科研費採択テーマ
・新規のケモカイン・ファミリー分子の分子生物学的方法による検索
・新規のケモカイン・ファミリー分子の分子生物学的方法による検索
・ケモカインならびにレセプターの分析法の開発とその病態検査学的意義の検討
・ケモカインならびにレセプターの病態生理学的役割の解析を通した抗炎症剤の開発
・ケモカインならびにレセプターの分析法の開発とその病態検査学的意義の検討
・肝障害の遷延化に関与する因子の検索に基づく、慢性肝障害の新規の早期診断法の開発
・ケモカインならびにレセプターの分析法の開発とその病態検査学的意義の検討
・肝傷害の遷延化に関与する因子の検索に基づく、慢性肝傷害の新規の早期診断法の開発
・ケモカインならびにレセプターの分析法の開発とその病態検査学的意義の検討
・肝障害の遷延化に関与する因子の検索に基づく,慢性肝障害の新規の早期診断法の開発
・微小転移巣での発現遺伝子の包括的解析に基づく、新規がんマーカーの検索
・微小転移巣での発現遺伝子の包括的解析に基づく、新規がんマーカーの検索
・微小転移巣での発現遺伝子の包括的解析に基づく、新規がんマーカーの検索
・膵癌選択的に発現しているキナーゼPim-3を分子標的とした新たな治療法の開発
・膵癌選択的に発現しているキナーゼPim-3を分子標的とした新たな治療法の開発
・新規セリン/スレオニン・キナーゼPim-3の膵臓がんの進展過程における役割の解明
・新規セリン/スレオニン・キナーゼPim-3の膵臓がんの進展過程における役割の解明
・炎症を基盤とするがん化過程における腫瘍壊死因子・ケモカインの役割の解析
・新規セリン/スレオニン・キナーゼPim-3の膵臓がんの進展機構における役割の解明
・炎症性サイトカイン・ケモカインを標的とした大腸がん予防の基礎的検討
・炎症を基盤とするがん化過程における腫瘍壊死因子・ケモカインの役割の解析
・炎症性サイトカイン・ケモカインを標的とした大腸がん予防の基礎的検討
・炎症を基盤とするがん化過程における腫瘍壊死因子・ケモカインの役割の解析
・炎症を基盤とするがん化過程における腫瘍壊死因子・ケモカインの役割の解析

産学連携・技術移転事業の採択テーマ
・大腸がんに対する抗ケモカイン療法の開発

血液学、血栓止血、先天性凝固異常症、抗リン脂質抗体症候群、DIC 森下 英理子
共同研究希望テーマ
・スタチンの抗血栓作用
・先天性凝固異常症の遺伝子解析及び病態解析

研究課題
・動脈硬化性疾患における血栓形成機序
・先天性凝固異常症の病態解析
・抗リン脂質抗体症候群の病態解析
・播種性血管内凝固症候群
・炎症と血栓
・ヘム蛋白の分解酵素であるヘムオキシゲナーゼ-1(HO-1)の抗血栓作用
・溶血性尿毒症症候群における血栓形成機序の解明
・先天性凝固異常症の病態解析
・動脈硬化性疾患における血栓形成機序

出願済みの発明名称
・抗変異型プロテインS抗体、該抗体を含む診断用組成物、変異型ヒトプロテインSの検出方法および該抗体を含むキット

科研費採択テーマ
・抗リン脂質抗体関連血小板減少症の病態解明と治療指針の構築に関する研究
・インテグリンMac-1を介する白血病細胞表面の凝固開始機構
・インテグリンMac-1を介する白血病細胞表面の凝固開始機構
・白血病における白血病インテグリンMac-1を介する線溶機序
・白血病における白血球インテグリンMac-1を介する線容機序
・生体侵襲時におけるヘムオキシゲナーゼ1を介する血栓形成制御機構の解明
・生体侵襲時におけるヘムオキシゲナーゼ1を介する血栓形成制御機構の解明
・ヒムオキシゲナーゼ-1(HO-1)が凝固・線容系因子の発現調節に果たす役割の解明
・ヘムオキシゲナ-ゼ-1と同種造血幹細胞移植後転帰の関連性および新規治療戦略
・ヘムオキシゲナーゼー1が造血幹細胞移植後治療成績におよぼす効果と新規治療戦略
・生体侵襲時におけるヘムオキシゲナーゼ-1を介する血栓形成制御機構の解明
・身近に感じる血液のしくみを一緒に体験してみよう
・身近に感じる血液のしくみを一緒に体験してみよう
・血液凝固異常症等に関する調査研究班」(主任研究者 村田満)
・ヘムオキシゲナーゼー1が造血幹細胞移植治療成績におよぼす改善効果の解明と新規治療戦略

腎臓学、臨床検査医学、血液浄化療法、臨床免疫学 和田 隆志
共同研究希望テーマ
・新規抗炎症剤・免疫抑制剤の開発と臨床応用
・血液浄化療法における新規膜素材の開発とその応用
・新規臨床検査診断法ならびにバイオマーカー開発

このページの先頭へ