本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2022年08月15日

白坂 善之 (しらさか よしゆき) 准教授 SHIRASAKA Yoshiyuki

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 薬学系

教育分野

所属研究室等

薬物動態学 TEL:076-234-4422 FAX:076-264-6284

学歴

【出身大学院】
摂南大学 博士課程 薬学研究科 薬学専攻 2007/03 修了
【出身大学】
摂南大学 薬学部 薬学科 2002/03 卒業
【取得学位】
博士(薬学)

職歴

金沢大学 医薬保健研究域薬学系 准教授(2020/04-)
東京薬科大学 薬学部 准教授(2017/04-2020/03)
東京薬科大学 薬学部 講師(2015/01-2017/03)
上原記念生命科学財団 リサーチフェローシップ(2014/01-2014/12)
ワシントン大学 薬学部 客員研究員(2012/01-2014/12)
日本学術振興会 海外特別研究員(2012/01-2014/01)
金沢大学 医薬保健研究域薬学系 助教(2008/04-2012/01)
東京理科大学 薬学部 助教(2007/04-2008/03)

生年月

1978年12月

所属学会

日本薬学会(2004-)
トランスポーター研究会 幹事(2008-)
日本消化吸収学会 評議員(2017-)
米国薬理学会 (ASPET)(2019-)
日本医療薬学会(2018-)
日本薬剤学会 代議員(2003-)
日本薬物動態学会 代議員(2002-)
日本痛風・尿酸核酸学会(202201-)
国際薬物動態学会 (ISSX)(2007-)
日本臨床薬理学会(2019-)
創剤フォーラム(2015-)
米国薬学会 (AAPS)(2006-)
日本消化管学会(2008-2010)

学内委員会委員等

受賞学術賞

○トランスポーター研究会第4回関東部会 優秀発表賞(2019)
○日本薬学会北陸支部第123回例会 優秀発表賞(2010)
○第62回日本薬学会関東支部大会 優秀口頭発表賞(2018)
○日本医療薬学会 第3回フレッシャーズ・カンファランス 優秀演題発表賞(2019)
○DMPK ベストダウンロード論文賞 第3位(2008)
○APSTJ Global Education Seminar Presentation Award 2009(2009)
○4th Asia/Pacific ISSX Best Presentation Award, 1st Place(2011)
○日本薬学会 医療薬科学部会 第15回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 優秀発表賞(2021)
○平成27年度 日本薬物動態学会 奨励賞(2015)
○日本薬物動態学会 第36回年会 ベストポスター賞(2021)
○APSTJ Global Education Seminar Presentation Award 2013(2013)
○トランスポーター研究会第3回関東部会 最優秀発表賞(2018)
○平成30年度 日本薬学会関東支部 奨励賞(2018)
○10th International ISSX Poster Award, Finalist(2013)
○トランスポーター研究会第3回関東部会 優秀発表賞(2018)
○日本薬物動態学会 第24回年会 ベストポスター賞 第1位(2009)
○平成29年度 日本薬剤学会 奨励賞(2017)
○3rd Asia/Pacific ISSX Best Presentation Award, 2nd Place(2009)
○第34回製剤セミナー Postdoctoral Presentation Award(2009)
○The 3rd Workshop for Japan-Korea Young Scientists on Pharmaceutics, Best Poster Award(2019)
○日本薬物動態学会 第25回年会 ベストポスター賞 ファイナリスト(2010)
○日本薬学会 医療薬科学部会 第13回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 優秀発表賞(2019)
○日本薬剤学会第24年会 最優秀発表者賞(2009)
○APSTJ フォーカスグループ発表賞(2008)
○日本薬剤学会第34年会 最優秀発表者賞(2019)

専門分野

薬物動態学

専門分野キーワード

薬物動態学,生物薬剤学,薬物吸収,薬物相互作用,薬剤性消化器毒性,薬物輸送,薬物代謝,バイオアベイラビリティ

研究課題

吸収/排泄型トランスポーターの優位性に基づいた消化管吸収性評価システムの構築

著書

  • 標準医療薬学 臨床薬物動態学 医学書院 医学書院 2009/11 共著 澤田康文、大谷壽一、山本康次郎、白坂善之、玉井郁巳、堀 里子 74-92頁
  • ニュースレター(アドメノート) 薬物体内動態に関わるトランスポーターと臨床的諸問題/OATPおよびP-gpを介した薬物吸収動態とその相互作用:グレープフルーツジュースを巡る薬物動態的相互作用の新展開 Drug Metab Pharmacokinet 2011/05 原著書 単著 白坂善之

論文

  • Effect of ingested fluid volume and solution osmolality on intestinal drug absorption: Impact on drug interaction with beverages Yuta Funai,Miyuki Takemura,Katsuhisa Inoue,Yoshiyuki Shirasaka European Journal of Pharmaceutical Sciences 172巻 106136頁 2022/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of Platinum Anticancer Drug-Induced Kidney Injury in Primary Culture of Rat Kidney Tissue Slices by Using Gas-Permeable Plates Hiroshi Arakawa,Yurika Nagao,Shiho Nedachi,Yoshiyuki Shirasaka,Ikumi Tamai Biological and Pharmaceutical Bulletin 45巻 3号 316頁 2022/03 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Multiple Transport Mechanisms Involved in the Intestinal Absorption of Metformin: Impact on the Nonlinear Absorption Kinetics Yoshiyuki Shirasaka,Maria Seki,Marie Hatakeyama,Yuko Kurokawa,Hiroki Uchiyama,Miyuki Takemura,Yugo Yasugi,Hisanao Kishimoto,Ikumi Tamai,Joanne Wang,Katsuhisa Inoue Journal of Pharmaceutical Sciences 2022/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of osmolality on gastrointestinal fluid volume and drug absorption: potential impact on oral salt supplementation Miyuki Takemura,Yuki Tanaka,Katsuhisa Inoue,Ikumi Tamai,Yoshiyuki Shirasaka Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences 7巻 1号 2021/12 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Utilization of Sodium Nitroprusside as an Intestinal Permeation Enhancer for Lipophilic Drug Absorption Improvement in the Rat Proximal Intestine Hisanao Kishimoto,Kaori Miyazaki,Hiroshi Tedzuka,Ryosuke Ozawa,Hanai Kobayashi,Yoshiyuki Shirasaka,Katsuhisa Inoue Molecules 26巻 21号 6396頁 2021/10/22 査読有 研究論文(学術雑誌) 

全て表示

  • Model Analysis of the Apparent Saturation Kinetics of Purine Nucleobase Uptake in Cells co-Expressing Transporter and Metabolic Enzyme Satoru Suzuki,Katsuhisa Inoue,Ikumi Tamai,Yoshiyuki Shirasaka Pharmaceutical Research 38巻 9号 1585頁 2021/09 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • 3CL Protease Inhibitors with an Electrophilic Arylketone Moiety as Anti-SARS-CoV-2 Agents. Sho Konno,Kiyotaka Kobayashi,Miki Senda,Yuta Funai,Yuta Seki,Ikumi Tamai,Laura Schäkel,Kyousuke Sakata,Thanigaimalai Pillaiyar,Akihiro Taguchi,Atsuhiko Taniguchi,Michael Gütschow,Christa E Müller,Koh Takeuchi,Mikako Hirohama,Atsushi Kawaguchi,Masaki Kojima,Toshiya Senda,Yoshiyuki Shirasaka,Wataru Kamitani,Yoshio Hayashi Journal of medicinal chemistry 2021/07/27 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Quantitative analysis of gastrointestinal physiology for better prediction of oral drug absorption and interaction. Shirasaka Y Yakugaku-Zasshi. 140巻 5号 599頁 2020 査読有
  • Functional characterization of monocarboxylate transporter 12 (SLC16A12/MCT12) as a facilitative creatine transporter. Takahashi M,Kishimoto H,Shirasaka Y,Inoue K Drug Metab Pharmacokinet. 35巻 3号 281頁 2020 査読有
  • Quantitative analysis of the effect of controlled-release formulation on nonlinear gastrointestinal absorption of P-glycoprotein substrate talinolol using physiologically based pharmacokinetic absorption model. Suzuki S,Shirasaka Y,Okada R,Eguchi A,Kishimoto H,Langguth P,Inoue K Journal of Drug Delivery Science and Technology 56巻 Part B号 2020 査読有
  • Mucins are Involved in the Intestinal Permeation of Lipophilic Drugs in the Proximal Region of Rat Small Intestine. Miyazaki K,Kishimoto H,Muratani M,Kobayashi H,Shirasaka Y,Inoue K Pharm Res. 36巻 11号 162頁 2019 査読有
  • Effect of osmolality on the pharmacokinetic interaction between apple juice and atenolol in rats. Funai Y,Shirasaka Y,Ishihara M,Takemura M,Ichijo K,Kishimoto H,Inoue K Drug Metab Dispos. 47巻 4号 386頁 2019 査読有
  • Organic anion transporter 1 (OAT1/SLC22A6) enhances bioluminescence based on D-luciferin–luciferase reaction in living cells by facilitating the intracellular accumulation of D-luciferin Biochemical and Biophysical Research Communications 495巻 3号 2152頁 2018/01/15 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Interspecies comparison of the functional characteristics of plasma membrane monoamine transporter (PMAT) between human, rat and mouse JOURNAL OF CHEMICAL NEUROANATOMY 83巻 99頁 2017/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Osmolality of Orally Administered Solutions Influences Luminal Water Volume and Drug Absorption in Intestine JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES 106巻 9号 2889頁 2017/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Physiologically based pharmacokinetic model of all- trans-retinoic acid with application to cancer populations and drug interactions. Jing J,Nelson C,Paik J,Shirasaka Y,Amory JK,Isoherranen N Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics 361巻 5号 385頁 2017/02 査読有
  • Involvement of organic cation transporter 3 (Oct3/Slc22a3) in the bioavailability and pharmacokinetics of antidiabetic metformin in mice DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS 31巻 5号 385頁 2016/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Interindividual variability of CYP2C19-catalyzed drug metabolism due to differences in gene diplotypes and cytochrome P450 oxidoreductase content PHARMACOGENOMICS JOURNAL 16巻 4号 375頁 2016/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Absorption-Enhancing Effect of Nitric Oxide on the Absorption of Hydrophobic Drugs in Rat Duodenum JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES 105巻 2号 729頁 2016/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Atenolol Renal Secretion Is Mediated by Human Organic Cation Transporter 2 and Multidrug and Toxin Extrusion Proteins DRUG METABOLISM AND DISPOSITION 43巻 12号 1872頁 2015/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The CYP2C19 Intron 2 Branch Point SNP is the Ancestral Polymorphism Contributing to the Poor Metabolizer Phenotype in Livers with CYP2C19(star)35 and CYP2C19(star)2 Alleles DRUG METABOLISM AND DISPOSITION 43巻 8号 1226頁 2015/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Substrate- and Dose-Dependent Drug Interactions with Grapefruit Juice Caused by Multiple Binding Sites on OATP2B1 PHARMACEUTICAL RESEARCH 31巻 8号 2035頁 2014/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of CYP3A5 Expression on the Inhibition of CYP3A-Catalyzed Drug Metabolism: Impact on Modeling CYP3A-Mediated Drug-Drug Interactions DRUG METABOLISM AND DISPOSITION 41巻 8号 1566頁 2013/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of CYP2C19 and CYP3A4 by Omeprazole Metabolites and Their Contribution to Drug-Drug Interactions DRUG METABOLISM AND DISPOSITION 41巻 7号 1414頁 2013/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • A role of prostaglandin transporter in regulating PGE₂ release from human bronchial epithelial BEAS-2B cells in response to LPS. Shirasaka Y,Shichiri M,Kasai T,Ohno Y,Nakanishi T,Hayashi K,Nishiura A,Tamai I The Journal of endocrinology 217巻 3号 265頁 2013/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Long-lasting inhibitory effect of apple and orange juices, but not grapefruit juice, on OATP2B1-mediated drug absorption Drug Metabolism and Disposition 41巻 3号 615頁 2013/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Major active components in grapefruit, orange, and apple juices responsible for OATP2B1-mediated drug interactions JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES 102巻 1号 280頁 2013/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Major active components in grapefruit, orange, and apple juices responsible for OATP2B1-mediated drug interactions Journal of Pharmaceutical Sciences 102巻 9号 3418頁 2013/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • MDR1 is related to intestinal epithelial injury induced by acetylsalicylic acid. Cellular physiology and biochemistry : international journal of experimental cellular physiology, biochemistry, and pharmacology 32巻 4号 942頁 2013 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Active intestinal absorption of fluoroquinolone antibacterial agent ciprofloxacin by organic anion transporting polypeptide, Oatp1a5 BIOPHARMACEUTICS & DRUG DISPOSITION 33巻 6号 332頁 2012/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Functional Pleiotropy of Organic Anion Transporting Polypeptide OATP2B1 Due to Multiple Binding Sites DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS 27巻 3号 360頁 2012/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of functional groups on the surface of carboxyl group-terminated polyamidoamine dendrimers bearing arbutin in inhibition of Na⁺/glucose cotransporter 1 (SGLT1)-mediated D-glucose uptake. Sakuma S,Kanamitsu S,Teraoka Y,Masaoka Y,Kataoka M,Yamashita S,Shirasaka Y,Tamai I,Muraoka M,Nakatsuji Y,Kida T,Akashi M Molecular pharmaceutics 9巻 4号 922頁 2012/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Functional Characterization of Apical Transporters Expressed in Rat Proximal Tubular Cells (PTCs) in Primary Culture MOLECULAR PHARMACEUTICS 8巻 6号 2142頁 2011/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Estimation of Michaelis-Menten constant of efflux transporter considering asymmetric permeability INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS 418巻 2号 161頁 2011/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Differential Effect of Grapefruit Juice on Intestinal Absorption of Statins Due to Inhibition of Organic Anion Transporting Polypeptide and/or P-glycoprotein JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES 100巻 9号 3843頁 2011/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Identification and functional characterization of uric acid transporter Urat1 (Slc22a12) in rats Masanobu Sato,Tomohiko Wakayama,Hideaki Mamada,Yoshiyuki Shirasaka,Takeo Nakanishi,Ikumi Tamai Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes 1808巻 6号 1441頁 2011/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Quantitative Time-Lapse Imaging-Based Analysis of Drug-Drug Interaction Mediated by Hepatobiliary Transporter, Multidrug Resistance-Associated Protein 2, in Sandwich-Cultured Rat Hepatocytes DRUG METABOLISM AND DISPOSITION 39巻 6号 984頁 2011/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The effects of the SLCO2B1 c.1457C > T polymorphism and apple juice on the pharmacokinetics of fexofenadine and midazolam in humans PHARMACOGENETICS AND GENOMICS 21巻 2号 84頁 2011/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Organic Cation Transporter-Mediated Renal Secretion of Ipratropium and Tiotropium in Rats and Humans DRUG METABOLISM AND DISPOSITION 39巻 1号 117頁 2011/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Intestinal Absorption of HMG-CoA Reductase Inhibitor Pitavastatin Mediated by Organic Anion Transporting Polypeptide and P-Glycoprotein/Multidrug Resistance 1 DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS 26巻 2号 171頁 2011 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Carnitine precursor γ-butyrobetaine is a novel substrate of the Na(+)- and Cl(-)-dependent GABA transporter Gat2. Nakanishi T,Fukuyama Y,Fujita M,Shirasaka Y,Tamai I Drug metabolism and pharmacokinetics 26巻 6号 632頁 2011 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Intestinal Absorption of HMG-CoA Reductase Inhibitor Pravastatin Mediated by Organic Anion Transporting Polypeptide PHARMACEUTICAL RESEARCH 27巻 10号 2141頁 2010/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Intestinal Absorption Mechanism of Tebipenem Pivoxil, a Novel Oral Carbapenem: Involvement of Human OATP Family in Apical Membrane Transport MOLECULAR PHARMACEUTICS 7巻 5号 1747頁 2010/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Carboxyl group-terminated polyamidoamine dendrimers bearing glucosides inhibit intestinal hexose transporter-mediated D-glucose uptake EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICS AND BIOPHARMACEUTICS 75巻 3号 366頁 2010/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Quantitation of Talinolol in Rat Plasma By LC-MS-MS JOURNAL OF CHROMATOGRAPHIC SCIENCE 48巻 5号 367頁 2010/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of Choline Transporter-Like Proteins, CTL1 and CTL2, in Glucocorticoid-Induced Acceleration of Phosphatidylcholine Synthesis via Increased Choline Uptake BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 33巻 4号 691頁 2010/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Model Analysis of the Concentration-Dependent Permeability of P-gp Substrates PHARMACEUTICAL RESEARCH 27巻 3号 442頁 2010/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Renal Secretion of Uric Acid by Organic Anion Transporter 2 (OAT2/SLC22A7) in Human BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 33巻 3号 498頁 2010/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Species Difference in the Effect of Grapefruit Juice on Intestinal Absorption of Talinolol between Human and Rat JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS 332巻 1号 181頁 2010/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Transport of Ipratropium, an Anti-Chronic Obstructive Pulmonary Disease Drug, Is Mediated by Organic Cation/Carnitine Transporters in Human Bronchial Epithelial Cells: Implications for Carrier-Mediated Pulmonary Absorption MOLECULAR PHARMACEUTICS 7巻 1号 187頁 2010/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Hepatic uptake of gamma-butyrobetaine, a precursor of carnitine biosynthesis, in rats AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY 297巻 4号 G681頁 2009/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Oseltamivir (Tamiflu) Is a Substrate of Peptide Transporter 1 DRUG METABOLISM AND DISPOSITION 37巻 8号 1676頁 2009/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Organic anion transporter OAT1 is involved in renal handling of citrulline AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY 297巻 1号 F71頁 2009/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Expression Levels of Human P-Glycoprotein in In Vitro Cell Lines: Correlation between mRNA and Protein Levels for P-Glycoprotein Expressed in Cells BIOPHARMACEUTICS & DRUG DISPOSITION 30巻 3号 149頁 2009/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Transport Characteristics of L-Citrulline in Renal Apical Membrane of Proximal Tubular Cells BIOPHARMACEUTICS & DRUG DISPOSITION 30巻 3号 126頁 2009/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Concentration-Dependent Effect of Naringin on Intestinal Absorption of beta(1)-Adrenoceptor Antagonist Talinolol Mediated by P-Glycoprotein and Organic Anion Transporting Polypeptide (Oatp) PHARMACEUTICAL RESEARCH 26巻 3号 560頁 2009/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Stabilization of enzyme-susceptible glucoside bonds of phloridzin through conjugation with poly(gamma-glutamic acid) JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE 133巻 2号 125頁 2009/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Scaling of in vitro membrane permeability to predict P-glycoprotein-mediated drug absorption in vivo DRUG METABOLISM AND DISPOSITION 36巻 5号 916頁 2008/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of gastrointestinal drug absorption in cynomolgus monkeys MOLECULAR PHARMACEUTICS 5巻 2号 340頁 2008/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of P-glycoprotein expression levels on the concentration-dependent permeability of drugs to the cell membrane JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES 97巻 1号 553頁 2008/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Oseltamivir (Tamiflu) efflux transport at the blood-brain barrier via P-glycoprotein DRUG METABOLISM AND DISPOSITION 36巻 1号 6頁 2008/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Angiotensin II Receptor Blockers on Renal Handling of Uric Acid in Rats DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS 23巻 4号 263頁 2008 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of human P-glycoprotein (MDR1/ABCB1) ATPase activity assay method by comparing with in vitro transport measurements: Michaelis-Menten kinetic analysis to estimate the affinity of P-glycoprotein to drugs BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 29巻 12号 2465頁 2006/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of human P-glycoprotein in Caco-2 cells: Development of a highly sensitive assay system for P-glycoprotein-mediated drug transport DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS 21巻 5号 414頁 2006 査読有 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 消化管内水分動態変動に起因した薬物-飲料間相互作用とその定量的予測(会議名:第28回日本医療薬学会年会 (シンポジウム 48))(2018/11/25)
  • 消化管水分調節機構の定量的解析に基づく薬物吸収動態予測(会議名:GastroPlus Users Meeting 2018 (特別講演))(2018/12/05)
  • いまさら聞けない実践薬物動態学 ~基礎から実践へ~(会議名:R&D支援センター 薬物動態セミナー)(2019/05/27)
  • ゼロから学ぶ!はじめての薬物動態学 ~入門、基礎、そして実践へ~(会議名:情報機構 薬物動態セミナー)(2018/03/12)
  • シトクロムP450を介した薬物相互作用に及ぼす代謝物の影響とその定量的評価(会議名:第36回日本臨床薬理学会学術総会)(2015/12/10)

全て表示

  • Role of Drug Absorption and Pharmacokinetics in Drug Discovery: Mechanistic and Kinetic Analysis of Intestinal Drug Absorption(会議名:University of Hyogo Leading Program International Symposium 2017)(2017/12/04)
  • Impact of CYP3A5 Expression on CYP3A-Mediated Drug-Drug Interactions –Based on Research Abroad for Improving English, Experiencing Other Cultures, Meeting New People, Challenging Myself, and Becoming Global Expert in Pharmaceutics-(会議名:日本薬剤学会第28年会 東西合同グローバルGEセミナーワークショップ)(2013/05/25)
  • 製剤-動態連携による創薬研究: 医薬品候補化合物の創出を加速する製剤-動態研究の新戦略(会議名:大日本住友製薬社内講演会)(2018/03/12)
  • 輸送体および代謝酵素を介した薬物の吸収動態制御機構に関する研究(会議名:日本薬物動態学会 第30回年会)(2015/11/13)
  • 創薬/創剤に挑む製剤-動態連携研究の新志向(会議名:日本薬剤学会第32年会 (ラウンドテーブルセッション 5))(2017/05/13)
  • ゼロから学ぶ!実践薬物動態学 ~入門、基礎、そして実践へ~(会議名:情報機構 薬物動態セミナー)(2019/05/27)
  • いまさら聞けない実践薬物動態学 ~入門、基礎、応用、そして実践へ~(会議名:情報機構 薬物動態セミナー)(2017/11/24)
  • 今こそ6年制薬学教育の一本化へ: 足並み揃わぬ国公立/私立大学教育とその研究者育成への影響(会議名:日本薬剤学会第33年会 (薬学教育シンポジウム))(2018/06/01)
  • Multiple Binding Sites (MBS) Hypothesis: Substrate- and Dose-Dependent Drug Interactions Caused by Multiple Binding Sites on OATP2B1(会議名:日本薬剤学会 第1回薬物相互作用FGシンポジウム)(2015/02/17)
  • Education of Pharmacists and Pharmaceutical Researchers in Japan: Current Problems, Suggestions and Future Challenges(会議名:7th Conference of Asia Pacific Pharmacy Education Network (AP-PEN))(2018/10/07)
  • その時歴史が動いた ~SNPEE幕開けから10年~(会議名:日本薬剤学会第30年会 SNPEE2015)(2015/05/22)
  • Interindividual Variability of CYP2C19-Catalyzed Drug Metabolism Due to Differences in the Diplotypes(会議名:10th International ISSX Meeting)(2013/09/30)
  • 薬物吸収予測の高精度化を志向した消化管生理機能の定量的解析(会議名:第62回 日本薬学会 関東支部大会 (受賞講演))(2018/09/15)
  • Research Activities at University of Washington –Based on Research Abroad for Improving English, Experiencing Other Cultures, Meeting New People, Challenging Myself, and Becoming Global Expert in Pharmaceutics-(会議名:摂南大学薬学部 大学院特別講義)(2013/05/29)
  • Inhibition of CYP2C19 and CYP3A4 by Omeprazole and its Metabolites(会議名:18th International Conference on Cytochrome P450)(2013/06/19)
  • Impact of Water Absorption/Secretion on the Intestinal Drug Absorption and Drug-Beverage Interactions(会議名:2016 AAPS Annual Meeting and Exposition)(2016/11/13)
  • Research Activities at University of Washington -Predictions of Transporter- and Metabolic Enzymes (P450)-Mediated Drug-Drug Interactions-(会議名:立命館大学薬学部 特別セミナー)(2013/05/28)
  • Influx/Effluxトランスポーターによる薬物の消化管吸収制御(会議名:日本薬学会第131年会 第6回若手が拓く新しい薬剤学)(2011/03/29)
  • CYP3Aを介した薬物相互作用に及ぼすCYP3A5発現の影響とその定量的解析(会議名:第7回理研(公開)シンポジウム)(2016/02/16)
  • リスクテイク&チャレンジ ~リスクに挑む創薬研究と人生~: 消化管水分環境に起因した薬物吸収動態変動とその定量的予測(会議名:沢井製薬社内講演会)(2018/12/20)
  • Attenuation of Oral Absorption of P-glycoprotein Substrate Drugs by Administrating in Controlled-Release Formulation(会議名:International Symposium on BA/BE of Oral Drug Products)(2011/06/30)
  • Inhibition of CYP2C19 and CYP3A4 by Omeprazole Metabolites and Their Contribution to Drug-Drug Interactions(会議名:日本薬剤学会第28年会)(2013/05/25)
  • はじめまして!薬物動態学 ~入門、基礎、そして実践へ~(会議名:情報機構 薬物動態セミナー)(2018/07/20)
  • 薬物動態学・薬物速度論の基礎を理解し実務に応用するための“薬物動態学の基礎と実践”(会議名:TH企画セミナーセンター 薬物動態セミナー)(2018/11/28)
  • くすりと飲料の相互作用:なぜくすりは水で飲まないといけないのか(会議名:東薬セミナー2017 (第64回東薬祭))(2017/11/05)
  • Characteristic and Kinetic Analysis of Gastrointestinal Drug Concentration: Impact on Drug Absorption, Transport and Delivery(会議名:University of Washington, School of Pharmacy, Special Seminar)(2016/11/18)
  • Characteristic and Kinetic Analysis of Gastrointestinal Water Dynamics to Predict Oral Drug Absorption and Interaction(会議名:University of Washington, School of Pharmacy, Special Seminar)(2019/07/18)
  • Species Difference in the Transporter-Mediated Drug Absorption between Human and Rat -Impact of OATP and P-gp on Grapefruit Juice-Drug Interaction-(会議名:University of Washington, Special Seminar)(2012/09/27)
  • 消化管生理機能の定量的解析に基づいた薬物吸収性予測法の確立(会議名:日本薬剤学会第32年会 (受賞講演))(2017/05/13)
  • Impact of CYP3A5 Expression on the Inhibition of CYP3A-Catalyzed Drug Metabolism: Considerations for Modeling CYP3A-Mediated Drug-Drug Interactions(会議名:18th North American Regional ISSX Meeting)(2012/10/15)
  • Characteristic and Kinetic Analysis of Gastrointestinal Water Dynamics: Impact on Drug Absorption, Transport and Interaction(会議名:日本ベーリンガーインゲルハイム社内研修会講演)(2019/02/05)
  • 医薬品と飲料の薬物動態学的相互作用: 消化管生理機能に基づくメカニズム解析と定量的予測(会議名:第27回日本医療薬学会年会 (シンポジウム 9))(2017/11/03)
  • Research Activities at University of Washington -Risk Assessment of Cytochrome P450-Mediated Drug-Drug Interactions-(会議名:金沢大学薬学部 特別セミナー)(2013/05/27)
  • Characteristic and Kinetic Analysis of Gastrointestinal Water Dynamics: Impact on Oral Drug Absorption(会議名:3rd International Symposium on BA/BE of Oral Drug Products (Session 2))(2018/10/11)
  • Multiple Transport Mechanisms Involved in the Intestinal Absorption and Disposition of Antidiabetic Metformin(会議名:19th North American ISSX Meeting/29th JSSX Meeting)(2014/10/19)
  • Interindividual Variability of CYP2C19-Catalyzed Drug Metabolism Due to Differences in Gene Diplotypes and Cytochrome P450 Oxidoreductase Content(会議名:2014 AAPS Annual Meeting and Exposition)(2014/11/02)
  • Characteristic and Kinetic Analysis of Gastrointestinal Water Dynamics to Predict Oral Drug Absorption and Interaction(会議名:7th International Postgraduate Conference on Pharmaceutical Sciences (iPoPS2020))(2020/02/29)
  • セロトニン動態/腸内細菌叢の因果性に基づく経口医薬品の消化器毒性発現機構解析(会議名:日本薬学会第142年会 (一般シンポジウムS20: 化学物質のヒト健康影響評価とリスク解析の今後~若手研究者目線で~))(2022/03/27)
  • 薬物の消化管吸収、送達、相互作用および毒性を予測する(会議名:創剤研究コンソーシアム2021年度第2回研究会 (創薬研究における新しい潮流))(2022/02/18)
  • 食事影響を含めた吸収の新たな方法論: 消化管水分調節機構の定量的解析に基づく薬物吸収動態予測(会議名:JSSX-APDD 合同ワークショップ -今後の医薬品開発促進への薬物動態学の貢献 (第二回)-)(2019/09/03)
  • 消化管内生理環境・機能を考慮した薬物吸収動態の定量的予測とその活用(会議名:第41回日本臨床薬理学会学術総会 (一般シンポジウム 6))(2020/12/03)
  • 消化管内生理環境・機能解析に基づく薬物-飲食物間相互作用予測(会議名:第42回日本臨床薬理学会学術総会 (一般シンポジウム18: 日本薬物動態学会共催シンポジウム 薬物吸収に及ぼす食事の影響とその定量的予測 -臨床-動態-製剤の相互理解による医薬品開発の効率化-))(2021/12/09)
  • 薬物動態の視点から: 消化管内生理環境・機能に起因した薬物-飲食物間相互作用とその定量的予測(会議名:日本薬物動態学会第36回年会 (シンポジウム5: ゼロから学ぶ薬物吸収動態学: 薬物吸収と食事の影響を予測する ~動態-製剤-臨床の相互理解から最新研究まで~))(2021/11/17)
  • リスクテイク&チャレンジ:モダリティ多様化時代に描く低分子創薬の将来像 ~消化管内生理環境・機能を考慮した統合的な薬物吸収動態解析~(会議名:中外製薬社内講演 (KSF seminar))(2020/09/11)
  • 薬物の消化管吸収と食事の影響(会議名:第52回 日本消化吸収学会総会 (合同シンポジウム「消化管とトランスポーター」 基調講演))(2021/10/30)
  • 医薬品の消化管吸収におけるトランスポーターの役割(会議名:医薬品の吸収性評価検討会主催講演会)(2009/03)
  • 薬物の消化管吸収に及ぼすP糖蛋白質の影響とその評価に関する研究(会議名:日本薬剤学会第34回製剤セミナー)(2009/07)
  • Interplay of P-Glycoprotein and OATP on Intestinal Drug Absorption -Species Difference in Talinolol-(会議名:APSTJ Global Education Seminar West 08-2)(2009/03)
  • トランスポーターを介した薬物吸収動態とその相互作用(会議名:摂南大学薬学部 薬剤学特論)(2010/04)

その他(報告書など)

  • 日本薬剤学会第26年会 印象記 白坂善之 Drug Deliverly System 26巻 2011/11 ⑬会議報告書等
  • 日本薬剤学会フォーカスグループ レポート:第1回経口吸収フォーカスグループ合宿討論会 白坂善之 PHRM TECH JAPAN 27巻 7号 2011/07 ⑬会議報告書等
  • ニュースレター(アドメノート) 薬物体内動態に関わるトランスポーターと臨床的諸問題/OATPおよびP-gpを介した薬物吸収動態とその相互作用:グレープフルーツジュースを巡る薬物動態的相互作用の新展開 白坂善之 Drug Metab Pharmacokinet 21巻 5号 2011/05 ⑭その他記事
  • Influx/Effluxトランスポーターの優位性に基づいた薬物の消化管吸収解析 白坂善之 Drug Deliverly System 23巻 6号 2008/06 ⑭その他記事
  • 薬物の消化管吸収に及ぼすトランスポーターの影響とその評価に関する研究 白坂善之 Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan 70巻 2号 2010/02 ⑭その他記事

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)「有機アニオン輸送体を介した薬物の肝移行性調節とその種差」(2007-2008) 分担者
○若手研究(スタートアップ)(2006-2009)「吸収/排泄型トランスポーターの優位性に基づいた消化管吸収性評価システムの構築」(2008-2009) 代表者
○萌芽研究(2002-2008)「細胞内オルガネラ膜トランスポーター活性の定量的可視化による薬物の細胞毒性評価」(2009-2010) 分担者
○基盤研究(B)「尿酸動態調節機構の解明に基づく血清尿酸値変動評価システムの樹立」(2009-2011) 分担者
○基盤研究(C)「部位差を考慮した薬物の消化管吸収性評価システムの構築とその製剤設計最適化への応用」(2011-2013) 代表者
○若手研究(B)「吸収/排泄型トランスポーターの相殺性に基づく薬物吸収動態予測」(2009-2010) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2008-) 研究 トランスポーター評価を組み込んだ薬物の消化管吸収性予測システムの開発 医薬基盤研究所
○競争的資金(学外) (2008-) 研究 環境物質および薬物によるトランスポーター活性撹乱に起因した肺障害発症機構 財団法人 稲盛財団
○競争的資金(学外) (2008-) 研究 プロスタグランジントランスポーターを創薬標的とした新規抗炎症薬の開発 財団法人 鈴木謙三記念 医科学応用研究財団
○競争的資金(学外) (2008-) 研究 プロスタグランジントランスポーター(PGT)を薬理標的とした新規炎症療法の構築 財団法人 臨床薬理研究振興財団
○競争的資金(学外) (2008-) 研究 トランスポーター評価を組み込んだ薬物の消化管吸収性予測システムの開発 財団法人 井上科学振興財団 井上リサーチアウォード
○競争的資金(学外) (2014-2015) 研究,社会貢献 代謝酵素/トランスポーターを介した薬物吸収動態解析 上原記念生命科学財団 平成25年度 海外留学助成リサーチフェローシップ  上原記念生命科学財団
○競争的資金(学外) (2015-2016) 研究,社会貢献 消化管部位特性の定量的解析に基づく薬物吸収動態予測システムの開発 2015年度 住友財団 基礎科学研究助成 住友財団
○競争的資金(学外) (2015-2016) 研究,社会貢献 放出制御製剤による個別化薬物療法を指向した代謝酵素/トランスポーター基質薬物の吸収部位特性解析法の確立 平成27年度(第28回)中冨健康科学振興財団 研究助成金 中冨健康科学振興財団
○競争的資金(学外) (2017-2020) 研究,社会貢献 消化管水分動態解析に基づく薬物-飲食物間相互作用予測法の確立 臨床薬理研究振興財団 平成29年度 (第42回) 研究奨励金 臨床薬理研究振興財団
○競争的資金(学外) (2020-2021) 研究,社会貢献 セロトニントランスポーターを介した体液調節機構の定量解明とその薬物性消化器毒性予測への応用 持田記念医学薬学振興財団 2020年度 研究助成金 持田記念医学薬学振興財団
○競争的資金(学外) (2020-2023) 研究,社会貢献 セロトニンによる体液調節機構解析を基盤にした薬物性消化器毒性評価法の確立 第41回(2020年度)薬学研究奨励財団 研究助成金 薬学研究奨励財団
○競争的資金(学外) (2021-2022) 研究,社会貢献 消化管水分調節機能の定量的機構解析を基盤にした薬物-飲食物間相互作用予測法の確立 令和3年度(第34回)中冨健康科学振興財団 研究助成金 中冨健康科学振興財団 研究助成金
○競争的資金(学外) (2020-2020) 研究,社会貢献 肺胞細胞増殖および重症化抑制を目指した超多重ガイドRNA発現ゲノム編集アデノベクターとプロテアーゼ阻害剤の併用による抗COVID-19 療法の戦略的開発 令和2年度 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業 日本医療研究開発機構

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○日韓若手薬剤学研究者ワークショップ組織委員長(2018-2020)
○日本薬剤学会英語セミナー 委員(2016-2020)
○トランスポーター研究会関東部会 部会長(2018-2019)
○日本薬剤学会「薬剤学」編集委員会 副委員長(2016-2018)
○日本薬剤学会薬物相互作用フォーカスグループ 委員(2016-)
○日本薬剤学会「薬剤学」編集委員会 委員長(2018-2020)
○トランスポーター研究会幹事(2007-)
○FrontiersReview Editor of Frontiers in Pharmacology(2021/03-)
○トランスポーター研究会関西部会 組織委員(2020-)
○日本薬剤学会経口吸収フォーカスグループ 副リーダー(2020-)
○日本薬物動態学会DMPK活性化委員会 委員(2021/11-)
○日本薬学会北陸支部例会 実行委員(2020-)
○日本薬剤学会令和のビジョン委員会 委員(2021/04-)
○日本消化吸収学会第49回日本消化吸収学会総会 実行委員(2018-)
○日本薬物動態学会代議員(2016-)
○日本薬剤学会「薬剤学」編集委員会 アドバイザー(2020-)
○日本薬剤学会経口吸収フォーカスグループ 委員(2020-)
○日本薬物動態学会吸収DIS 世話人(2019-)
○Absorption Club代表世話人(2016-)
○日本薬学会医療薬科学部会 若手世話人(2018-)
○日本薬剤学会経口吸収フォーカスグループ 委員(2010-2014)
○日本薬剤学会代議員(2016-)
○日韓若手薬剤学研究者ワークショップ副組織委員長(2017-2018)
○日本消化吸収学会評議員(2019-)
○PharmaceuticsTopic Editor of Pharmaceutics(2021/04-)
○日本薬物動態学会DMPK 編集顧問委員会 (EAB)(2017-)
○日本薬剤学会英語セミナー 西地区 委員(2008-2010)
○日米合同薬物動態学会(19th NA-ISSX/29th JSSX)Short Course Co-Chairs(2014-2014)
○日本薬剤学会英語セミナー 副委員長(2018-2020)
○日本薬剤学会SNPEE 組織委員(2005-2007)
○日本薬剤学会SNPEE 組織委員長(2005-2006)
○日本薬物動態学会吸収DIS 代表世話人(2019-)
○日本薬剤学会国際交流促進委員会 委員(2020-)
○トランスポーター研究会関東部会 組織委員(2018-)
○日韓若手薬剤学研究者ワークショップ組織委員(2017-)
○日本薬剤学会「薬剤学」編集委員会 委員(2016-)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ