本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年07月24日

平安 恒幸 (ひらやす こうゆき) 准教授 HIRAYASU, Kohyuki

メール

所属組織・役職等

先進予防医学研究センター  免疫・マイクロバイオーム部門
准教授

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類

所属研究室等

免疫学 華山研究室

学歴

【出身大学院】
東京大学 大学院医学系研究科 博士課程 国際保健学専攻 2009/03 修了
【出身大学】
東京大学 医学部 健康科学・看護学科 2004/03 卒業
【取得学位】
博士(保健学) (指導教員:徳永勝士 教授)

職歴

日本学術振興会 特別研究員(2008/04/01-2010/03/31)
大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 免疫化学研究室 特任研究員(2010/04/01-2012/03/31)
大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 免疫化学研究室 特任助教(2012/04/01-2017/12/31)
金沢大学 先進予防医学研究センター 特任准教授(2018/01/01-)

生年月

1979年05月

所属学会

日本人類遺伝学会
日本細菌学会
日本組織適合性学会
日本免疫学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○文部科学大臣表彰若手科学者賞(2019/04/17)
○第9回ライフサイエンス研究交流セミナー最優秀ポスター賞(2018/05/10)
○第12回日本免疫学会研究奨励賞(2017/12/13)
○第45回日本免疫学会学術集会ベストプレゼンテーション賞(2017/02/08)
○大阪大学微生物病研究所優秀学術賞(2015/01/30)
○第15回日本組織適合性学会学術奨励賞(2006/09/26)

専門分野

免疫学、人類遺伝学、微生物学

専門分野キーワード

NK細胞レセプター、KIR、LILR、白血球レセプター複合体(LRC)

研究課題

著書

論文

  • Sialic Acids on Varicella-Zoster Virus Glycoprotein B Are Required for Cell-Cell Fusion JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 290巻 32号 19833頁 2015/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Long-term persistence of both functional and non-functional alleles at the leukocyte immunoglobulin-like receptor A3 (LILRA3) locus suggests balancing selection HUMAN GENETICS 119巻 4号 436頁 2006/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • A motif in LILRB2 critical for Angptl2 binding and activation BLOOD 124巻 6号 924頁 2014/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Single nucleotide polymorphisms and outcome risk in unrelated mismatched hematopoietic stem cell transplantation: an exploration study BLOOD 119巻 26号 6365頁 2012/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Association of HLA-A, -B, and-DRB1 with pulmonary tuberculosis in western Javanese Indonesia HUMAN IMMUNOLOGY 71巻 7号 697頁 2010/07 査読有 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Evidence for natural selection on leukocyte immunoglobulin-like receptors for HLA class I in Northeast Asians AMERICAN JOURNAL OF HUMAN GENETICS 82巻 5号 1075頁 2008/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Donor killer immunoglobulin-like receptor (KIR) genotype-patient cognate KIR ligand combination and antithymocyte globulin preadministration are critical factors in outcome of HLA-C-KIR ligand-mismatched T cell-replete unrelated bone marrow transplantation BIOLOGY OF BLOOD AND MARROW TRANSPLANTATION 14巻 1号 75頁 2008/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • DigiTag assay for multiplex single nucleotide polymorphism typing with high success rate ANALYTICAL BIOCHEMISTRY 346巻 2号 281頁 2005/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Leukocyte Immunoglobulin-Like Receptor (LILR). Hirayasu K,Arase H Encyclopedia of Signaling Molecules. 2nd Edition. Springer. 2854頁 2018/01 査読有
  • Immune evasion of Plasmodium falciparum by RIFIN via inhibitory receptors. Nature 552巻 7683号 101頁 2017/12/07 査読有
  • Myeloperoxidase/HLA Class II Complexes Recognized by Autoantibodies in Microscopic Polyangiitis. Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.) 69巻 10号 2069頁 2017/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Microbially cleaved immunoglobulins are sensed by the innate immune receptor LILRA2. Nature microbiology 1巻 6号 16054頁 2016/04/25 査読有
  • Functional and genetic diversity of leukocyte immunoglobulin-like receptor and implication for disease associations JOURNAL OF HUMAN GENETICS 60巻 11号 703頁 2015/11 査読有
  • Negative regulation of DSS-induced experimental colitis by PILRα. Kishida K,Kohyama M,Kurashima Y,Kogure Y,Wang J,Hirayasu K,Suenaga T,Kiyono H,Kunisawa J,Arase H International immunology 27巻 6号 307頁 2015/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • β2-Glycoprotein I/HLA class II complexes are novel autoantigens in antiphospholipid syndrome. Tanimura K,Jin H,Suenaga T,Morikami S,Arase N,Kishida K,Hirayasu K,Kohyama M,Ebina Y,Yasuda S,Horita T,Takasugi K,Ohmura K,Yamamoto K,Katayama I,Sasazuki T,Lanier LL,Atsumi T,Yamada H,Arase H Blood 125巻 18号 2835頁 2015/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Engineering large viral DNA genomes using the CRISPR-Cas9 system MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY 58巻 9号 513頁 2014/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Autoantibodies to IgG/HLA class II complexes are associated with rheumatoid arthritis susceptibility. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 111巻 10号 3787頁 2014/03/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Transport of misfolded endoplasmic reticulum proteins to the cell surface by MHC class II molecules INTERNATIONAL IMMUNOLOGY 25巻 4号 235頁 2013/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Significant Association of KIR2DL3-HLA-C1 Combination with Cerebral Malaria and Implications for Co-evolution of KIR and HLA PLOS PATHOGENS 8巻 3号 e1002565頁 2012/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • LILRB4 signalling in leukaemia cells mediates T cell suppression and tumour infiltration Nature 562巻 7728号 605頁 2018/10 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Plasmodium falciparum RIFIN is a novel ligand for inhibitory immune receptor LILRB2. Biochemical and biophysical research communications 548巻 167頁 2021/04/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular mechanism of the recognition of bacterially cleaved immunoglobulin by the immune regulatory receptor LILRA2 Journal of Biological Chemistry 295巻 28号 9531頁 2020/07/10 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • 免疫活性化受容体LILRA2のANGPTL6認識機構の解明(The understanding of binding mechanism of LILRA2 and ANGPTL6) 日本薬学会年会要旨集 141年会巻 28P01頁 2021/03
  • Characterization of LILRB3 and LILRA6 allelic variants in the Japanese population. Journal of human genetics 66巻 7号 739頁 2021/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Blockade of checkpoint ILT3/LILRB4/gp49B binding to fibronectin ameliorates autoimmune disease in BXSB/Yaa mice. International immunology 33巻 8号 447頁 2021/07/23 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Genotype and phenotype analysis of patients with pediatric cutaneous mastocytosis, especially wild‐type KIT patients The Journal of Dermatology 47巻 4号 426頁 2020/04 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Heightened BRAF and BRAF pseudogene expression levels in 2 Japanese patients with Erdheim-Chester disease Journal of Cutaneous Immunology and Allergy 1巻 1号 16頁 2018/04 査読有 研究論文(学術雑誌) 

講演・口頭発表等

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○医学類1年後期 初学者ゼミ II(2018)
○医学類2年後期 免疫学(2018)
○医学類3年前期 免疫学実習(2018)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ