本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

神谷 隆宏 (かみや たかひろ) 教授 KAMIYA Takahiro

メール

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系
理工研究域自然システム学系長
理工学域自然システム学類長

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

進化古生物学研究室 TEL:076-264-6523 FAX:076-264-6545

学歴

【出身大学院】
東京大学 博士課程 理学系研究科 地質学専門課程 1986/03 修了
東京大学 修士課程 理学系研究科 地質学専門課程 1983/03 修了
【出身大学】
静岡大学 理学部 地球科学科 1981/04 卒業
【取得学位】
理学博士

職歴

金沢大学 自然科学研究科(1994/01/01-)

生年月

1958年04月

所属学会

日本古生物学会
日本地質学会
日本ベントス学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○日本古生物学会学術賞(2005/07/01)
○日本古生物学会論文賞(2008/07/04)

専門分野

層位・古生物学、生物多様性・分類

専門分野キーワード

進化、古環境、オストラコーダ

研究課題

海生及び淡水性貝形虫類の分類・生態・進化

第三紀・第四紀の古環境復元

著書

  • 化石の研究法ー採集から最新の解析法まで 共立出版株式会社 2000/08 原著書 共著
  • 古生物の科学 第三巻 「古生物の生活史」 朝倉書店 2001/01 原著書 共著 矢島道子・神谷隆宏、 北里洋・神谷隆宏
  • The Ostracoda: Applications in quaternary research American Geophisical Union 2002/03 原著書 共著 D. L. Danielopol, E. Ito, G. Wansard, T. Kamiya, T. M. cronin
  • 日曜の地学6 「北陸の自然をたずねて」 築地書店 2001/03 原著書 共著 大村明雄・神谷隆宏

論文

  • The ontogeny of Loxoconcha japonica Ishizaki, 1968 (Cytheroidea, Ostracoda, Crustacea) Robin Smith, Takahiro Kamiya HYDROBIOLOGIA 490巻 1-3号 31-52頁 2003/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The ontogeny of Neonesidea oligodentata. (Bairdioidea, Ostracoda, Crustacea) Robin Smith, Takahiro Kamiya HYDROBIOLOGIA 489巻 1-3号 245-275頁 2002/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Onboard results from sediment samplings on the R. V. Tansei-maru Cruises KT00-14 in the southwestern marginal part of the Japan Sea and KT00-17 in the northeastern marginal part of the East China Sea Shinji Tsukawaki, Junichiro Kuroda, Hirokazu Ozawa, Takahiro Kamiya, Michio Kato Bulletin of the Japan Sea Research Institute, Kanazawa University 33号 14頁 2002/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Palaeoceanographic records related to glacio-eustatic fluctuations in the Pleistocene Japan Sea coast based on ostracods from the Omma Formation Hirokazu Ozawa, Takahiro Kamiya Palaeogeography, Palaeoclimatology, palaeoecology 170巻 22頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preliminary results from the R. V. Tansei-maru Cruise KT95-14 Leg 2 in the southern marginal area in the Japan Sea-Part 1: sediments, benthic foraminifers, and ostracodes S. Tsukawaki, T. Kamiya, M. Kato, T. Matsuzaka, H. Naraoka, K. Negishi, H. Ozawa, R. Ishiwatari Bulletin of the Japan Sea Research Institute, Kanazawa University 28号 31頁 1997/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Preliminary results from the R. V. Tansei-maru Cruise KT96-17 Leg 2 in the southwestern part of the Japan Sea-sediments, benthic foraminifers, and ostracodes S. Tsukawaki, T. Kamiya, H. Ozawa, M. Kato Bulletin of the Japan Sea Research Institute, Kanazawa University 29号 23頁 1998/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preliminary results from the R. V. Tansei-maru Cruise KT97-15 in the eastern marginal part of the Japan Sea off Tsugaru Peninsula, Northeast Japan-sediments, benthic and planktonic foraminifers, and ostracodes S. Tsukawaki, H. Ozawa, H. domitsu, Y. Tanaka, T. Kamiya, M. Kato, M. Oda Bulletin of the Japan Sea Research Institute, Kanazawa University 30号 42頁 1999/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preliminary results from the R. V. Tansei-maru Cruise KT98-17 in the southeastern marginal part of the Japan Sea-sediments, benthic and planktonic foraminifers, and ostracodes S. Tsukawaki, H. Ozawa, H. Domitsu, T. Kamiya, M. Kato, M. Oda Bulletin of the Japan Sea Research Institute, Kanazawa University 31号 31頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preliminary results from the R. V. Tansei-maru Cruise KT99-14 in the central and northeastern marginal part of the Japan Sea-sediments, benthic and planktonic foraminifers, and ostracodes S. Tsukawaki, H. Ozawa, H. Domitsu, K. Hirano, T. Maeda, Y. Tomii, S. Saito, T. Kamiya, M. Kato, M. Oda Bulletin of the Japan Sea Research Institute, Kanazawa University 32号 28頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Subaqueous sedimentary process around the mangrove habitats in Khlong Thom and Satun areas, south Thailand Shinji Tsukawaki, Izumi Asano, Takahiro Kamiya Tropics 8巻 3号 26頁 1999/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The first record of an Entocytherid ostracod (Crustacea: Cytheroidea) from Japan Robin J. Smith, Takahiro Kamiya Benthos Research 56巻 2号 5頁 2001/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preliminary results from the submarine sediment samplings off the mangrove habitats in the Khlong Thom and Satun areas, south Thailand S. Tsukawaki, I. Asano, H. Ozawa, T. Kamiya In T. Miyagi (ed.), Organic material and sea-level change in mangrove habitat 11頁 2000/03 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • A New Species of Sagmatocythere (Crustacea: Ostracoda: Loxoconchidae) from the Pleistocene Kawachi Formation in Central Japan Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series C (Geology & Paleontology) 39巻 7-15頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Habitat segregations and adaptive morphology of ostracodes in intertidal zones in Indonesia Insafitri, T. Kamiya Ecology, Environment and Conservation 4巻 2014/12 査読有 原著論文
  • The freshwater ostracod (Crustacea) genus Notodromas Lilljeborg, 1853 (Notodromadidae) from Japan; taxonomy, ecology and lifestyle Zootaxa 3841巻 2号 239-256頁 2014/04 査読有 原著論文
  • Sperm lengths variations in five species of cypridoidean non-marine ostracods (Crustacea) Cell and Tissue Research 366巻 2号 483-497頁 2016/05 査読有 原著論文
  • Seven new species of the genus Xestoleberis (Ostracoda: Podocopida: Cytheroidea) from the Fiji Archipelago Zootaxa 4208巻 4号 325-348頁 2016/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A new species of the genus Paracypria (Crustacea: Ostracoda: Cypridoidea) from the Fiji Islands Zootaxa 4158巻 3号 433-442頁 2016/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Four new species of the subfamily Candoninae (Crustacea, Ostracoda) from freshwater habitats in Japan Smith R. J., T. Kamiya European Journal of Taxonomy 136巻 1-34頁 2015/08 査読有 原著論文
  • Sperm lengths of non-marine cypridoidean ostracods (Crustacea) Acta Zoologica (Stockholm) 97巻 1-17頁 2016/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Reproduction in the superfamily Cypridoidea ) Ostracoda, Crustacea). What do giant sperm tell us?(会議名:2nd Asian Ostracodologist' Meeting)
  • Origin of Xestoleberis species of the Fiji Islands(会議名:2nd Asian Ostracodologist' Meeting)
  • Quaternary explosive evolution of intertidal ostracods in the northern hemisphere(会議名:2nd Asian Ostracodologist' Meeting)(2016/06/28)
  • Sperm metamorphosis and fertilization process of marine ostracod Xestoleberis hanaii(会議名:2nd Asian Ostracodologist' Meeting)(2016/06/28)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○日本海における生物進化
○淡水環境指標
○ウニ類の古生物学

科研費

○基盤研究(B)(海外学術調査)「新たな生物進化モデルの展開:日本海多様化工場説とその世界的インパクト」(2014-2016)
○基盤研究(B)「進化生物学の新材料の開発-介形虫における「ポア時計」の確立」(1998-) 代表者
○基盤研究(B)「進化生物学の新材料の開発-介形虫における「ポア時計」の確立」(1997-) 代表者
○基盤研究(B)「介形虫高次分類における異時性の重要性」(1997-) 代表者

学域・学類担当授業科目

○地学実験(2017)
○地学実験(2017)
○地球学野外調査法(2017)
○古生物学実験(2017)
○層位・古生物学(2017)
○地球学野外実習B(2017)
○教職地学(2017)
○地球史概論(2017)
○教職地学(2017)
○応用試料解析実験(2017)
○自然システム序論B(2017)
○教職地学(2017)
○試料解析実験(2017)
○地球学巡検1(2017)
○応用試料解析実験(2016)
○地球学野外調査法(2016)
○地球史概論(2016)
○古生物学実験(2016)
○地球学巡検1(2016)
○教職地学(2016)
○層位・古生物学(2016)
○試料解析実験(2016)
○生命・地球学概論(2016)
○地球学野外実習B(2016)
○地球生物圏と人間(2016)
○教職地学(2016)
○教職地学(2016)
○地学実験(2016)
○地球生物圏と人間(2016)
○自然システム序論(2015)
○古生物学実験(2015)
○地球史概論(2015)
○応用試料解析実験(2015)
○地球学野外実習B(2015)
○層位・古生物学(2015)
○地球学野外調査法(2015)
○地学実験(2015)
○大学・社会生活論(2015)
○教職地学(2015)
○教職地学(2015)
○教職地学(2015)
○地学実験(2014)
○大学・社会生活論(2014)
○教職地学(2014)
○古生物学実験(2014)
○地球学野外調査法(2014)
○地球史概論(2014)
○教職地学(2014)
○教職地学(2014)
○層位・古生物学(2014)
○地球学野外実習B(2014)
○応用試料解析実験(2014)
○自然システム序論(2014)

大学院担当授業科目

○国際研究インターンシップ(2017)
○国際研究インターンシップ(2017)
○進化古生物学A(2017)
○自然システムキャリア実習(2017)
○進化古生物学B(2017)
○研究者倫理(2017)
○総合自然システム学特論(2017)
○総合自然システム学特論(2017)
○環境進化生物学(2017)
○総合自然システム学特論(2017)
○環境進化生物学(2017)
○環境進化生物学(2017)
○研究者として自立するために(2017)
○研究者として自立するために(2017)
○環境進化生物学(2017)
○総合自然システム学特論(2016)
○環境進化生物学(2016)
○進化古生物学A(2016)
○進化古生物学B(2016)
○進化古生物学(2015)
○環境進化生物学(2015)
○環境進化生物学(2015)
○環境進化生物学(2014)
○環境生物進化学Ⅰ(2014)
○環境地球学(2014)
○環境生物進化学Ⅱ(2014)
○環境進化生物学(2014)
○進化古生物学(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○日本海の古環境
○生物進化と環境変化

その他公的社会活動

このページの先頭へ