本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年07月11日

塚脇 真二 (つかわき しんじ) 教授 TSUKAWAKI Shinji

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

環日本海域環境研究センター 研究領域部門 陸域環境領域
教授

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 国際学類 国際社会コース
理工学域 環境デザイン学類
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 国際学専攻 国際関係・地域研究コース
【大学院後期課程】
自然科学研究科 環境科学専攻

所属研究室等

環日本海域環境研究センター 研究領域部門 陸域環境領域 TEL:076-264-5814 FAX:076-264-5990

学歴

【出身大学院】
東北大学 修士課程 理学研究科 地学専攻 1987/03 修了
東北大学 博士課程 理学研究科 地学専攻 1990/03 修了
【出身大学】
ウェールズ大学スワンジー校 地質学部 地質学専攻 1984/07 その他
鹿児島大学 理学部 地学科 1985/03 卒業
【取得学位】
理学修士
理学博士

職歴

東北大学 理学部地質学古生物学教室 日本学術振興会特別研究員(1990/04/01-1992/03/31)
プノンペン王立芸術大学 考古学部 特別講師(1992/08/10-1994/03/24)
金沢大学 教養部地学教室 助教授(1994/04/01-1995/04/30)
金沢大学 工学部基礎工学教室 助教授(1995/05/01-1996/03/31)
金沢大学 工学部土木建設工学科 助教授(1996/04/01-2002/03/31)
金沢大学 自然計測応用研究センター 助教授(2002/04/01-2007/03/31)
金沢大学 環日本海域環境研究センター 准教授(2007/04/01-2010/03/31)
金沢大学 環日本海域環境研究センター 教授(2010/04/01-)

生年月

1959年10月

所属学会

日本応用地質学会 中部支部評議員,中部支部顧問(1999-)
東京地学協会
日本地質学会
日本堆積学会
日本熱帯生態学会
国際堆積地質学会
米国石油地質学協会

学内委員会委員等

○日本海域研究編集委員会 その他(2007-)
○国際基幹教育院基礎科目・リメディアル教育部会 委員(2016-2017)
○共通教育委員会予算・施設委員会 委員長(2012-2015)
○国際基幹教育院教務・学生委員会 委員(2016-2017)
○共通教育委員会教務・学生委員会 委員(2012-2015)
○共通教育委員会 委員(2012-2015)

受賞学術賞

○日本地質学会論文賞(2010/09/21)
○Best poster presentation(2010/11/21)

専門分野

海洋地質学,堆積学,地域地質学、環境動態解析、層位学,地史学、文化財科学

専門分野キーワード

地域地質学,堆積学,層序学,後期新生代,北陸,金沢,能登,加賀,海洋地質学,日本海,完新世,環境動態解析,古環境解析,カンボジア,タイ,トンレサップ湖,マングローブ,アンコール世界遺産,世界遺産,生物多様性

研究課題

北陸地方における後期新生代地質構造発達史

北陸地方における後期新生代地質構造発達史

カンボジアのアンコール世界遺産における環境汚染・環境破壊の現状評価

カンボジアのアンコール世界遺産における環境汚染・環境破壊の現状評価

カンボジアのトンレサップ湖における生態系維持機構の評価

カンボジアのトンレサップ湖における生態系維持機構の評価

カンボジアのトンレサップ湖の形成ならびに発達史

カンボジアのトンレサップ湖の形成ならびに発達史

日本海における後氷期海洋環境変遷史

日本海における後氷期海洋環境変遷史

東南アジアのマングローブ生態系におけるスマトラ-アンダマン津波の影響評価

東南アジアのマングローブ生態系におけるスマトラ-アンダマン津波の影響評価

島弧-海溝系背弧域における堆積盆の形成・発達史

島弧-海溝系背弧域における堆積盆の形成・発達史

著書

  • CIC-Angkor: 20 Ans de Coopération Internationale pour la Conservation et le Développement Durable  UNESCO Office in Phnom Penh 2013/05 原著書 共著 Bun Hok Lim, et al.
  • ICC-Angkor: 20 Years of International Cooperation for Conservation and Sustainable Development UNESCO Office in Phnom Penh 2013/05 原著書 共著 Bun Hok Lim, et al.
  • ESD(持続可能な未来を拓く教育)ブックレット「水と生きる 大地と生きる-アンコール世界遺産のさまざまな暮らし-(児童編)」 前田印刷株式会社 2013/04 原著書 共著 塚脇真二・平吹喜彦・ハン プゥ
  • ESD(持続可能な未来を拓く教育)ブックレット「水と生きる 大地と生きる-アンコール世界遺産のさまざまな暮らし-(指導者編)」 前田印刷株式会社 2013/04 原著書 共著 塚脇真二・平吹喜彦・ハン プゥ
  • ESD(持続可能な未来を拓く教育)ブックレット「水と生きる 大地と生きる-アンコール世界遺産のさまざまな暮らし-」 前田印刷株式会社 2013/04 原著書 共著 塚脇真二・平吹喜彦・ハン プゥ

全て表示

  • カンボジアのトンレサップ湖における現地調査報告-トンレサップ湖における総合学術調査の必要性の提言に向けて- 社団法人国際建設技術協会 2002/03 原著書 共著 トンレサップ湖総合学術調査提言委員会(遠藤秀一・片倉晴雄・塚脇真二・箕田冠一・江川良武)
  • アンコール遺跡と社会文化発展 連合出版 2001/04 原著書 共著 坪井善明・塚脇真二,ほか9名
  • 堆積学辞典 朝倉書店 1998/11 原著書 共著
  • 御所浦の地質.刊,中央印刷紙工,熊本,120p. 御所浦町全島博物館構想推進協議会 1997/10 原著書 共著 嶋村 清・塚脇真二・田代正之・前田晴良ほか11名

論文

  • インドシナ半島南部における過去6500年間の環境変遷史-カンボジアを中心に- 塚脇真二 東南アジア考古学 20巻 55-62頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 底生有孔虫から推定される過去2万年間の親潮域における海洋環境 大串健一・根本直樹・村山雅史・中村俊夫・塚脇真二 第四紀研究 39巻 4号 427-438頁 2000/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Palaeogeographic map of Cambodia at the Holocene Optimum (c.a. 6 Ka) Tsukawaki, S. Journal of Southeast Asian Archaeology 20号 63-66頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Holocene history of Lake Tonle Sap, Cambodia Mildenhall, D. C. and Tsukawaki, S. Geological Society of New Zealand Newsletter 128号 27-33頁 2002/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Submarine sedimentary environments in and around the mangrove habitats in Khlong Thom and Satun areas, South Thailand Tsukawaki, S., Asano, I. and Kamiya, T. Tropics, 8, 291-316. 8巻 291-316頁 1999/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • 完新世日本海古海洋変動の解明 竹井智宏・箕浦幸治・塚脇真二・中村俊夫 名古屋大学加速器質量分析計業績報告書 11号 200-209頁 2000/03 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 試錐ならびに14C年代よりみたアンコール遺跡東バライ貯水池跡の表層地下構造 塚脇真二・奥野 充・大河原正文・加藤道雄・中村俊夫 名古屋大学加速器質量分析計業績報告書 9号 272-280頁 1998/03 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 石川県金沢市卯辰山~上涌波地域の地質-とくに下部更新統大桑層の岩相層序について- 清水 徹・西川政弘・塚脇真二 日本海域研究所報告 29号 91-113頁 1998/03 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 石川県金沢市田上~不動寺地域の地質-とくに下部更新統大桑層の岩相層序について- 吉岡 勉・金山悟志・西井敏恭・塚脇真二 日本海域研究所報告 30号 35-67頁 1999/03 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 石川県金沢市東部東原~蓮如地域の地質 前田崇志・冨井康博・西山暢一・西下知彦・加藤道雄・塚脇真二 日本海域研究 31号 1-31頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 石川県金沢市南部大桑~山川地域の地質 堀 雄貴・陰地章仁・塚脇真二 日本海域研究 32号 29-53頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 石川県金沢市北東部加賀朝日~桐山地域の地質 樽見哲史・塚脇真二 日本海域研究 33号 23-41頁 2002/03 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 石川県辰口町~小松市北部地域における地質学的研究 冨井康博・前田崇志・塚脇真二 日本海域研究 33号 1-21頁 2002/03 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 表層堆積物の分布ならびに堆積相からみた石川県河北潟における堆積作用 塚脇真二・浅野いずみ 日本海域研究所報告 30号 69-97頁 1999/03 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 富山県南部黒部湖湖底堆積物の分布ならびに組成 塚脇真二・浅野いずみ 日本海域研究 32号 55-67頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Lithological features of cored sediments from the northern part of Lake Tonle Sap, Cambodia Tsukawaki, S. Proceedings of International Conference on Stratigraphy and Tectonic Evolution of Southeast Asia and the South Pacific 232-239頁 1997/08 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Preliminary results from the R. V. Tansei-maru cruise KT95-14 Leg 2 in the southern marginal area in the Japan Sea - part II: Soft X-ray radiograph observations of cored sediments- Tsukawaki, S. Bull. Japan Sea Res. Inst., Kanazawa Univ. 29号 67-89頁 1998/03 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Preliminary results from R. V. Tansei-maru cruise KT97-15 in the eastern marginal part of the Japan Sea west off the Tsugaru Peninsula, NE Japan - sediments, benthic and planktonic foraminifers, and ostracodes - Tsukawaki, S., Ozawa, H., Domitsu, H., Tanaka, Y., Kamiya, T., Kato, M. and Oda, M. Bull. Japan Sea Res. Inst., Kanazawa Univ. 30号 99-139頁 1999/03 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Preliminary results from R. V. Tansei-maru cruise KT98-17 in the southwestern marginal part of the Japan Sea - sediments, benthic and planktonic foraminifers, and ostracodes - Tsukawaki, S., Ozawa, H., Domitsu, H., Kamiya, T., Kato, M. and Oda, M. Bull. Japan Sea Res. Inst., Kanazawa Univ., 31, 89-119. 31号 89-119頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Preliminary results from R. V. Tansei-maru cruise KT99-14 in the central and northeastern marginal parts of the Japan Sea - sediments, benthic and planktonic foraminifers, and ostracodes - (Part 1: surface sediments) Tsukawaki, S., Ozawa, H., Domitsu, H., Hirano, K., Maeda, T., Tomii, Y., Saito, S., Xu, X., Kamiya, T., Kato, M. and Oda, M. Bull. Japan Sea Res. Inst., Kanazawa Univ., 32, 1-27. 32号 1-27頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Preliminary results from R. V. Tansei-maru cruises KT00-14 and KT00-17 in the southwestern marginal parts of the Japan Sea and the northeastern marginal part of the East China Sea Tsukawaki, S., Kuroda, J. Ozawa, H., Kamiya, T. and Kato, M. Bull. Japan Sea Res. Inst., Kanazawa Univ. 33号 43-55頁 2002/03 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Preliminary results on the sediment samplings during the R. V. Tansei-maru cruise KT96-17 Leg 2 in the southwestern part of the Japan Sea - sediments, benthic foraminifers and ostracodes Tsukawaki, S., Kamiya, T., Ozawa, H. and Kato, M. Bull. Japan Sea Res. Inst., Kanazawa Univ 29号 51-65頁 1998/03 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • West Pacific marginal seas during Last Glacial Maximum: amplification of environmental signals and its impact on monsoon climate Wang, P., Bradshaw, M., Ganzei, S. S., Tsukawaki, S., Bin Hassan, K., Hantoro, W. S., Poobrasert, S., Burne, R., Zhao, Q. and Kagami, H. Proceedings of the 30th IGC- Marine Geology and Palaeoceanography 13巻 65-86頁 1997/08 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • インドネシアの世界遺産「バリ州の文化的景観:スバック灌漑システム」 塚脇真二 GSJ 地質ニュース 6巻 6号 204-207頁 2017/06/15 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • CCOP-GSJ-GA Groundwater Phase III Meeting開催報告 内田洋平, シュレスタ ガウラブ, 塚脇真二 GSJ 地質ニュース 6巻 6号 202-203頁 2017/06/15 査読無 総説 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Rapport du groupe d'experts ad hoc pour le développement durable Furt, J.-M., Hubert, B., Tsukawaki, S. Comité Technique, Comite International de Coordination pour la Sauvegarde et le Developpement du Site Historique d'Angkor 27巻 2017/03/24 査読有 論説 その他
  • Report from the ad hoc group of experts for sustainable development Furt, J.-M., Hubert, B., Tsukawaki, S. Technical Committee, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor 27巻 2017/03/25 査読有 論説 その他
  • Rapport du groupe d'experts ad hoc pour le développement durable Furt, J.-M., Hubert, B., Tsukawaki, S. Comité Technique, Comite International de Coordination pour la Sauvegarde et le Developpement du Site Historique d'Angkor 25巻 2016/06/05 査読有 論説 その他
  • Report from the ad hoc group of experts for sustainable development Furt, J.-M., Hubert, B., Tsukawaki, S. Technical Committee, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor 25巻 2016/06/25 査読有 論説 その他
  • Rapport du groupe d'experts ad hoc pour le développement durable Furt, J.-M., Tsukawaki, S. Comité Technique, Comite International de Coordination pour la Sauvegarde et le Developpement du Site Historique d'Angkor 23巻 136-141頁 2014/06/05 査読有 論説 その他
  • Report from the ad hoc group of experts for sustainable development Furt, J.-M., Tsukawaki, S. Technical Committee, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor 23巻 122-126頁 2014/06/05 査読有 論説 その他
  • Rapport du groupe d'experts ad hoc pour le développement durable Hubert, B., Furt, J.-M., Tsukawaki, S. Session Plénière, Comite International de Coordination pour la Sauvegarde et le Developpement du Site Historique d'Angkor 21巻 39-44頁 2014/12/04 査読有 論説 その他
  • Report from the ad hoc group of experts for sustainable development Hubert, B., Furt, J.-M., Tsukawaki, S. Plenary Session, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor 21巻 36-40頁 2014/12/04 査読有 論説 その他
  • Report from the ad hoc group of experts for sustainable development Furt, J.-M., Tsukawaki, S. Technical Committee, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor 24巻 122-126頁 2015/06/05 査読有 論説 その他
  • Rapport du groupe d'experts ad hoc pour le développement durable Furt, J.-M., Tsukawaki, S. Comité Technique, Comite International de Coordination pour la Sauvegarde et le Developpement du Site Historique d'Angkor 24巻 136-141頁 2015/06/05 査読有 論説 その他
  • The effects of climate and pollution on the monuments in the Angkor Park Tsukawaki, S., Beschaouch, A. Technical Committee, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor 22巻 118-120頁 2013/12/04 査読有 総説 その他
  • របយករណ៍របស់អនកជំនញចំេពះកិចច ស្រមប់ករអភិវឌ􀆌េ􀆽យចីរភព េ􀆽យ􀇒្រ􀇒្ត ចរយ Furt, J.-M., Hurbert, B., Tsukawaki, S. សម័យ្របជុំេពញអងគេលើកទី២២ 22巻 29-36頁 2015/12/03 査読有 論説 その他
  • Rapport du groupe d'experts ad hoc pour le développement durable Furt, J.-M., Hurbert, B., Tsukawaki, S. Session Plénière, Comite International de Coordination pour la Sauvegarde et le Developpement du Site Historique d'Angkor 22巻 32-39頁 2015/12/03 査読有 論説 その他
  • Report from the ad hoc group of experts for sustainable development Furt, J.-M., Hurbert, B., Tsukawaki, S. Plenary Session, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor 22巻 30-35頁 2015/12/03 査読有 論説 その他
  • Les changements récents de l'environnement et de la vie des habitants dans le village flottant de Chong Khneas au sud de Siem Reap Araki, S., et al. Comité Technique, Comite International de Coordination pour la Sauvegarde et le Developpement du Site Historique d'Angkor 22巻 81-82頁 2013/12/04 査読有 論説 その他
  • Recent changes in the environment and people's livelihood in the area of Chong Khneas floating village, south of Siem Reap Araki, S., et al. Technical Committee, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor 22巻 72-73頁 2013/12/04 査読有 原著論文 その他
  • Recommendations du groupe d'experts ad hoc pour le développement durable Furt, J.-M., Hurbert, B., Tsukawaki, S. Comité Technique, Comite International de Coordination pour la Sauvegarde et le Developpement du Site Historique d'Angkor 22巻 136-143頁 2013/12/04 査読有 論説 その他
  • Recommendations of the ad hoc group of experts for sustainable development Furt, J.-M., Hurbert, B., Tsukawaki, S. Technical Committee, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor 22巻 123-129頁 2013/12/04 査読有 論説 その他
  • Les effets du climat et de la pollution sur les monuments du parc d'Angkor Tsukawaki, S., Beschaouch, A. Comité Technique, Comite International de Coordination pour la Sauvegarde et le Developpement du Site Historique d'Angkor 22巻 130-133頁 2013/12/04 査読有 総説 その他
  • 奥能登地域の学校教育における栽培体験活動の現況:世界農業遺産の継承に向けて 荒木祐二・岡村浩美・塚脇真二 日本海域研究 46巻 49-55頁 2015/03/26 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 早川和一・塚脇真二 早川和一・塚脇真二 日本海域研究 45巻 1-2頁 2014/03/27 査読有 総説
  • 環境における「流れ」の役割とその解明-自然計測領域エコテクノロジー研究部門- 木村繁男・塚脇真二・松木 篤 日本海域研究 45巻 11-14頁 2014/03/27 査読有 総説
  • 金沢大学日本海域研究所と「日本海域研究」-地域研究領域- 塚脇真二 日本海域研究 45巻 29-33頁 2014/03/27 査読有 総説
  • 広域大気汚染の解明と国際的観測網への貢献-自然計測領域エコテクノロジー研究部門- 松木 篤・木村繁男・塚脇真二 日本海域研究 45巻 39-43頁 2014/03/27 査読有 総説
  • 東アジアの中の日本海域-地域研究の拠点としての地域研究領域- 塚脇真二・全 希永・Hang Peou 日本海域研究 45巻 57-60頁 2014/03/27 査読有 総説
  • Environmental changes in Cambodia over the last 20,000 years and environmental changes in the Angkor World Heritage site over the last 20 years Tsukawaki Shinji Proceedings of Conference and International Symposium "Science and Technology for Culture" of the 15th Science Council of Asia 4巻 9-10頁 2015/05/18 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • The impact on bottom sediments and ostracods in the khlong thom river mouth following the 2004 indian ocean tsunami Yamada, Katsura; Terakura, Miyabi; Tsukawaki, Shinji Paleontological Research 18巻 2号 104-117頁 2014/01/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 

講演・口頭発表等

  • An Environmental Crisis in the Angkor World Heritage of Cambodia - A Complex of Natural Environment, Cultural Heritage and Local Society(会議名:International Symposium on Science, Sustainability, and Teaching at Illinois College)(2016/03/18)
  • Environmental changes in Cambodia over the last 20,000 years and environmental changes in the Angkor World Heritage site over the last 20 years(会議名:Conference and International Symposium "Science and Technology for Culture" of the 15th Science Council of Asia)(2015/05/16)
  • The effects of climate and pollution on the monuments in Angkor Park(会議名:22nd Technical Committee, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor)(2015/12/03)
  • Water resources and water management in popular tourist areas - An example of the Angkor World Heritage site, Cambodia(会議名:CCOP-GSJ-GA Groundwater Phase III Meeting)(2017/03/23)
  • Importance of seasonal water level fluctuation in lake ecosystems: Possibility of high productivity of Lake Tonle Sap Biosphere Reserve(会議名:Thematic Symposium of the Department of Inter-institutional Corporation, Institute of Nature and Environmental Technology, Kanazawa University)(2017/03/01)

全て表示

  • Changing floodplain-vegetation of Tonle Sap Biosphere Reserve in Cambodia and livelihoods in floating village(会議名:Thematic Symposium of the Department of Inter-institutional Corporation, Institute of Nature and Environmental Technology, Kanazawa University)(2017/03/01)
  • Economic growth in Cambodia after the civil war and its influence on the biosphere reserves(会議名:Thematic Symposium of the Department of Inter-institutional Corporation, Institute of Nature and Environmental Technology, Kanazawa University)(2017/03/01)
  • Opening remarks for Thematic International Symposium on UNESCO Programmes for Sustainable Development in East and Southeast Asia – World Heritage, Biosphere Reserves and Global Geoparks -(会議名:Thematic Symposium of the Department of Inter-institutional Corporation, Institute of Nature and Environmental Technology, Kanazawa University)(2017/03/01)
  • Present environmental conditions of Lake Tonle Sap and the Angkor World Heritage Site in Cambodia(会議名:Thematic Session “Geoscience for the Society”, 52nd CCOP Annual Session)(2016/11/02)
  • Member Country Report (Japan)(会議名:52nd CCOP Annual Session)(2016/11/01)
  • Relationship between topography and aquatic vegetation in the re-inundated North Baray Reservoir, Cambodia.(会議名:The 26th Annual Meeting of the Japan Society of Tropical Ecology (JASTE26))(2016/06/24)
  • Report from ad hoc group of experts for sustainable development(会議名:27th Technical Committee, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor)(2017/01/25)
  • アンコール地域の北バライにおける水生植生の分布パターン(会議名:第63回日本生態学会全国大会)(2016/03/21)
  • 奥能登地域の人工林における下層植生の地理的差異(会議名:第27回日本産業技術教育学会関東支部大会)(2015/12/13)
  • カンボジアの自然とひとびとの暮らし(会議名:シンポジウム「ASEANと日本の交流 カンボジアとの交流に学ぶ-日本として各国へ何ができるか-」)(2015/07/11)
  • 後氷期日本海の現在型表層水環境の成立-「日本海域研究」の成果を中心として-(会議名:金沢大学環日本海域環境研究センターシンポジウム-平成26年度共同研究成果報告会-)(2015/03/06)
  • 能登世界農業遺産地域の小中学校における栽培体験学習の現況(会議名:第16回埼玉大学栽培・環境教育研究会)(2014/08/03)
  • 奥能登地域における栽培体験活動の現況-世界農業遺産の継承に向けて(会議名:金沢大学環日本海域環境研究センターシンポジウム-平成26年度共同研究成果報告会-)(2015/03/06)
  • 世界農業遺産地域における栽培学習の現状把握:奥能登地域を例として(会議名:第26回日本産業技術教育学会関東支部大会)(2014/12/14)
  • Report from ad hoc group of experts for sustainable development(会議名:21st Plenary Session, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor)(2014/12/04)
  • Member Country Report of Japan(会議名:51st Annual Session, Coordinating Committee for Geoscience Programmes in East and Southeast Asia (CCOP) )(2015/11/24)
  • Member Country Report of Japan(会議名:50th Annual Session, Coordinating Committee for Geoscience Programmes in East and Southeast Asia (CCOP) )(2014/10/21)
  • Member Country Report of Japan(会議名:49th Annual Session, Coordinating Committee for Geoscience Programmes in East and Southeast Asia (CCOP) )(2013/10/22)
  • Recent changes of the people's livelihood and its circumstances in the area of Chong Kneas floating village, south of Siem Reap(会議名:22nd Technical Committee, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor)(2015/12/04)
  • Recommendation of the ad hoc group of experts for sustainable development(会議名:22nd Technical Committee, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor)(2015/12/04)
  • Report from ad hoc group of experts for sustainable development(会議名:22nd Plenary Session, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor)(2015/12/03)
  • Report from ad hoc group of experts for sustainable development(会議名:24th Technical Committee, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor)(2015/06/05)
  • Report from ad hoc group of experts for sustainable development(会議名:23rd Technical Committee, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor)(2014/06/05)
  • Report from ad hoc group of experts for sustainable development(会議名:26th Technical Committee, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor)(2016/06/23)
  • New technologies: new approaches, new technologies, new competencies(会議名:3rd Intergovernmental Congress, International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Histric Site of Angkor)(2013/12/05)
  • カンボジア・トンレサップ湖とアンコール世界遺産公園内の魚類多様性(会議名:2016年度日本魚類学会年会)(2016/09/25)
  • Environmental changes in Lake Tonle Sap and the Mekong River System in Cambodia during the last 6,500 years(会議名:The First International Symposium on the Geoenvironmental Changes and Biodiversity in the Northeast Asia)(2001/10)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)「カンボジアのトンレサップ湖における生物多様性維持機構の再評価」(2016-2018) 代表者
○奨励研究(特別研究員)「島弧-海溝系前弧域における堆積盆の形成とその発達史」(1990-1991) 代表者
○挑戦的萌芽研究「アンコール文明と流域環境の相互変遷に着目した「時空を旅する ESD 教材」の創出」(2010-2012) 分担者
○基盤研究(B)「カンボジアのアンコール遺跡区域における環境破壊・汚染の現状と影響評価」(2007-2008) 代表者
○萌芽研究「湿潤アジアの‘伝統的なホームガーデン'を素材とした環境学習プログラムの創出」(2006-2008) 分担者
○基盤研究(B)「東南アジア地域の天然ゴムプランテーションで発生する大気汚染物質の特性と影響評価」(2005-2007) 分担者
○基盤研究(B)「カンボジアのトンレサップ湖における生物多様性維持機構の評価」(2003-2005) 代表者
○基盤研究(B)「カンボジアのトンレサップ湖における過去2万年間の環境変遷史」(2000-2002) 代表者
○基盤研究(A)「マングローブ生態系の有機物蓄積過程と海水準変動」(1998-1999) 分担者
○基盤研究(C)「北陸地方に分布する更新統大桑層ならびに同層相当層の層位学的研究」(1997-1999) 代表者
○国際学術研究「海水準変動によるマングローブ生態系の立地変動予測」(1996-1997) 分担者

学域・学類担当授業科目

○環境動態学概説Ⅱ(2017)
○英国諸島の地史Ⅱ(2017)
○地学実験(2017)
○海外異文化体験学習(2017)
○環境動態学概説Ⅰ(2017)
○地学実験(2017)
○英国諸島の地史Ⅰ(2017)
○地域概論(2017)
○地学実験(2017)
○海外異文化体験学習(2017)
○地学実験(2017)
○海外異文化体験学習(2017)
○海外異文化体験学習(2017)
○海外異文化体験学習(2017)
○環境動態学概説Ⅱ(2017)
○英国諸島の地史Ⅰ(2017)
○海外異文化体験学習(2017)
○海外異文化体験学習(2017)
○英国諸島の地史Ⅱ(2017)
○海外異文化体験学習(2017)
○海外異文化体験学習(2017)
○海外異文化体験学習(2017)
○海外異文化体験学習(2017)
○海外異文化体験学習(2017)
○環境動態学概説Ⅰ(2017)
○海外異文化体験学習(2017)
○海外異文化体験学習(2017)
○地球環境論E(2017)
○地球環境論2E(2017)
○地球環境論1E(2017)
○地質学概論(2017)
○海外異文化体験学習(2016)
○海外異文化体験学習(2016)
○海外異文化体験学習(2016)
○海外異文化体験学習(2016)
○海外異文化体験学習(2016)
○海外異文化体験学習(2016)
○海外異文化体験学習(2016)
○海外異文化体験学習(2016)
○海外異文化体験学習(2016)
○海外異文化体験学習(2016)
○海外異文化体験学習(2016)
○海外異文化体験学習(2016)
○海外異文化体験学習(2016)
○海外異文化体験学習(2016)
○地質学概論(2016)
○地球環境論E(2016)
○環境動態学概説(2016)
○環境動態学概説(2016)
○英国諸島の地史(2016)
○地学実験(2016)
○地学実験(2016)
○地学実験(2016)
○地学実験(2016)
○英国諸島の地史(2016)
○海外異文化体験学習(2015)
○海外異文化体験学習(2015)
○地球環境論E(2015)
○金沢入門-自然と風土-(2015)
○英語で学ぶ環境科学(2015)
○環境動態学概説(2015)
○地学実験(2015)
○地学実験(2015)
○日本列島の誕生(2015)
○英国諸島の地史(2015)
○地質学概論(2015)
○海の地質学(2014)
○海外異文化体験学習(2014)
○海外異文化体験学習(2014)
○地球環境論E(2014)
○金沢入門-自然と風土-(2014)
○英語で学ぶ環境科学(2014)
○環境動態学概説(2014)
○地学実験(2014)
○地学実験(2014)
○日本列島の誕生(2014)
○英国諸島の地史(2014)
○地質学概論(2014)
○世界遺産への招待(2013)
○海の地質学(2013)
○地質学概論(2013)
○地球環境論E(2013)
○金沢入門-自然と風土-(2013)
○環境動態学概説(2013)
○地学実験(2013)
○地学実験(2013)
○日本列島の誕生(2013)

大学院担当授業科目

○地球環境論演習Ⅱa(2017)
○地球環境論演習Ⅱb(2017)
○地球環境論特論Ⅱb(2017)
○地球環境論特論Ⅱa(2017)
○地球環境論演習Ⅰa(2016)
○地球環境論特論Ⅰ(2016)
○地球環境論演習Ⅰ(2016)
○地球環境論特論Ⅰb(2016)
○地球環境論特論Ⅰa(2016)
○地球環境論演習Ⅰb(2016)
○地球環境論特論Ⅱ(2015)
○地球環境論演習Ⅱ(2015)
○堆積環境論Ⅰ(2014)
○堆積環境論Ⅱ(2014)
○地球環境論特論Ⅰ(2014)
○地球環境論演習Ⅰ(2014)
○堆積環境論Ⅱ(2013)
○堆積環境論Ⅰ(2013)

他大学の客員教授

○アンコール世界遺産整備機構
○アンコール世界遺産整備機構
○上智大学
○大阪電気通信大学
○放送大学
○筑波大学
○滋賀大学
○小松短期大学

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

○アンコール世界遺産国際管理運営委員会特別専門家委員会UNESCO,カンボジア王国政府,日本国政府,フランス政府カンボジア(2012-)カンボジア特別専門家委員会委員持続的開発グループ(環境保全・開発担当)
○アンコール世界遺産国際管理運営委員会UNESCO,カンボジア王国政府,日本政府,フランス政府カンボジア王国(2005-2011)カンボジア王国アンコール世界遺産の環境評価チーム代表として出席.
○アンコール世界遺産水資源管理会議UNESCOプノンペン事務所国際機関(2007-)カンボジア専門家委員

留学生参加の社会活動

○留学生の課外活動「華道」(2011)
○留学生の課外活動「華道」(2012)
○留学生の課外活動「華道」(2013)
○留学生の課外活動「華道」(2014)
○留学生の課外活動「華道」(2015)
○留学生の課外活動「華道」(2016)

審議会等の参加

○河北潟浄化対策検討会専門家委員(1997/04/01-2002/03/31)
○柴山潟ビオパーク検討委員会専門家委員(1998/04/01-1999/03/31)
○第17期太平洋研究連絡委員会委員(1999/09/01-2000/10/20)
○第18期太平洋研究連絡委員会委員(2000/10/21-2004/10/20)
○アジア学術会議連携会員(2015-2015)

講演可能なテーマ

○アンコール世界遺産の自然,文化財,地域の暮らし
○カンボジアのトンレサップ湖の自然と生物多様性
○北陸地方の地質学
○日本海の地質学
○海面変動とマングローブ生態系

その他公的社会活動

このページの先頭へ