本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

鈴木 克徳 (すずき かつのり) 教授 SUZUKI Katsunori

メール

所属組織・役職等

国際基幹教育院 国際基幹教育院GS教育系
国際基幹教育院GS教育系長・教授

教育分野

所属研究室等

環境保全センター TEL:076-234-6899 FAX:076-234-6899

学歴

【出身大学】
東京大学 工学部 都市工学科 1976/03 卒業

職歴

環境省/環境庁 地球環境局環境保全対策課(最終) 課長(1976/04/01-2010/09/01)
国連大学高等研究所 国連大学高等研究所 シニアフェロー(2002/09/11-2007/08/31)
国連アジア太平洋経済社会委員会 環境調整ユニット 環境専門家(1885/07/01-1988/09/30)
世界銀行 アジア技術局環境課 環境専門家(1992/07/01-1995/12/31)
日本環境衛生センター酸性雨研究センター 所長代理(1998/04/01-2000/12/31)

生年月

1952年05月

所属学会

環境経済・社会学会
日本資源循環学会
全国都市清掃会議 廃棄物辞典編集委員会(1980-1982)
教育社会学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

環境政策、環境教育、土木環境システム

専門分野キーワード

越境大気汚染、環境国際協力、環境政策

研究課題

著書

  • 都市スラムにおける水・環境衛生:バングラデシュのスラムのケーススタディ 国連大学高等研究所 2005/03 原著書 共著 鈴木克徳、佐藤裕子他1名 過去の研究成果の発表
  • RCEに基づく世界的な学びの場の構築に向けたESD推進 国連大学高等研究所 2005/06 原著書 共著 過去の研究(ESD)成果の発表
  • 中国環境ハンドブック2009-2010 蒼蒼社 2009/06 原著書 編著 森路未央、張 玉林、平野悠一郎、鈴木克徳等30名 研究の一部を活用
  • 持続可能な社会への挑戦 上智大学 上智大学現代GP 2010/03 原著書 共著 鬼頭 宏、瀬本正行、安井 至、鈴木克徳等13名 研究の一部を活用

論文

講演・口頭発表等

  • 越境大気汚染に係る東アジアの 環境協力の課題と展望(第2期日韓新時代共同研究プロジェクト東京会合環境パートナーシップ・セッションでの発表)(2012)
  • 持続可能な開発のための教育(ESD)と 高等教育機関が果たすべき役割(HESDフォーラム2012での基調講演) (2012)
  • Development in International Policy and Governance - Asian Perspective - (Saltsjöbaden V, Taking International Air Pollution Policies into the FutureのSession on Air pollution Agreements - Going for Global Governance of the Troposphereでの発表)(2013)
  • EDSの視点に立った 学習指導における評価規準について(日本環境教育学会)(2013)
  • ユネスコスクールにおけるESDの評価手法(日本教育社会学会)(2013)

全て表示

  • 「気候変動対策促進のためのコベネフィット・アプローチの活用」(環境経済・政策学会企画セッション)(2012)
  • 大気汚染対策の観点から見た気候変動 国際枠組み推進に向けた論点(環境経済・政策学会企画セッション「2012年以降および2020年以降の温暖化対策国際枠組み」での発表)(2012)
  • Towards Better Air Quality Management in Asia(International Forum for Sustainable Asia and the Pacific (ISAP)2013, Session on Mitigating Air Pollution and Climate Change in Asia での発表)(2013)
  • Co-benefits Approach for Short-lived Climate Forcers (SLCFs) (International Forum for Sustainable Asia and the Pacific (ISAP) 2012 Climate Change Sessionでの発表)(2012)
  • Need and Possible Modality of a Better Regional Cooperative Framework for Air Quality Management in East Asia ((Better Air Quality Conference 2012 (BAQ2012) Side Event on Strengthening the Science Policy Interface for Air Pollution Controlでの発表) (2012)
  • 持続可能な開発のための教育(ESD)推進に向けた大学の役割(日本教育社会学会) (2009)
  • 持続可能な開発のための教育(ESD)推進に向けて高等教育機関が果たすべき役割(日本教育社会学会) (2011)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「ユネスコスクールの質の向上に向けたESD評価手法の分析」(2012-2014) 代表者
○基盤研究(C)「ESD推進に向けた地域の拠点(RCE)の活用とESDの学力向上への効果の評価」(2009-2011) 代表者

学域・学類担当授業科目

○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(英語クラス)(2017)
○環境学とESD(英語クラス)(2017)
○環境学とESD(2017)
○廃棄物管理と循環型社会(2017)
○環境学とESD(英語クラス)(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(英語クラス)(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(英語クラス)(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(英語クラス)(2017)
○ESD入門(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○大学・社会生活論(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○ESD入門(2017)
○廃棄物管理と循環型社会(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(英語クラス)(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(英語クラス)(2017)
○大学・社会生活論(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2017)
○環境学とESD(2016)
○環境学とESD(英語クラス)(2016)
○環境学とESD(2016)
○環境学とESD(2016)
○環境学とESD(2016)
○環境学とESD(2016)
○環境学とESD(英語クラス)(2016)
○環境学とESD(2016)
○環境学とESD(2016)
○ESD入門(2016)
○環境学とESD(2016)
○環境学とESD(2016)
○大学・社会生活論(2016)
○環境学とESD(2016)
○環境学とESD(2016)
○ESD入門(2016)
○環境学とESD(2016)
○環境学とESD(2016)
○大学・社会生活論(2016)
○環境学とESD(2016)
○大学・社会生活論(2016)
○大学・社会生活論(2016)
○環境学とESD(2016)
○大学・社会生活論(2015)
○大学・社会生活論(2015)
○地球環境と持続可能な社会づくり(2015)
○大学・社会生活論(2015)
○大学・社会生活論(2015)
○大学・社会生活論(2015)
○地球環境と持続可能な社会づくり(2014)
○大学・社会生活論(2014)
○大学・社会生活論(2014)
○大学・社会生活論(2014)
○大学・社会生活論(2014)
○英語Ⅲ(専門セミナー)(2014)
○大学・社会生活論(2014)
○大学・社会生活論(2014)

大学院担当授業科目

○持続可能な社会と環境(2017)
○持続可能な社会と環境(2017)
○環境と健康総論(2017)
○持続可能な社会と環境(2016)
○環境と健康総論(2016)
○持続可能な社会と環境(2016)
○持続可能な社会と環境(2015)
○持続可能な社会と環境(2015)
○持続可能な社会と環境(2014)
○持続可能な社会と環境(2014)
○持続可能な社会と環境(2014)

他大学の客員教授

○上智大学

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

○東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)国連環境計画国連(1998-)東アジア13か国国連環境計画アドバイザー
○ProSPER Net国連大学高等研究所国連(2008-)アジア諸国ESDに関する大学院等での教育実践のためのアジアの高等教育機関のネットワーク。鈴木克徳は、2011年度からアドバイザーとして貢献。
○大気環境に関するアジア準地域合同会合国連環境計画国連(2009-)アジア地域諸国国連環境計画アドバイザー
○JICA中国廃棄物プロジェクトJICA中国(2010-2014)中国日本側国内支援委員会委員 食品廃棄物政策担当主査
○アジア・コベネフィット・パートナーシップ(ACP)地球環境戦略研究機関(IGES)日本(2010-)アジア諸国ACP共同議長

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○東アジア酸性雨モニタリングネットワーク対処方針会議東アジア大気汚染研究センター検討会委員(2010/04/01-)
○シニア・フェロー地球環境総合戦略機関(IGES)(2013/04/01-)
○国連大学サステナビリティ高等研究所客員教(2013/04/01-)
○内灘町環境審議会石川県内灘町環境審議会委員(2015/04/01-)
○小松市環境審議会小松市環境委審議会専門委員(2016/04/01-)
○石川県顧問(環境)(2008/04/01-)
○石川県環境審議会石川県環境審議会委員(2008/04/01-)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ