本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

矢口 直道 (やぐち なおみち) 准教授 YAGUCHI Naomichi

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 人間科学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 人文学類 フィールド文化学コース
人間社会学域 国際学類 アジアコース
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 人文学専攻
【大学院後期課程】
人間社会環境研究科 人間社会環境学専攻

所属研究室等

人間社会学域 人文学類 フィールド文化学コース

学歴

【出身大学院】
名古屋大学 博士課程 工学研究科 建築学専攻 1998/09 修了
マイソール大学大学院 博士課程 古代史・考古学専攻 1996/02 中退
【出身大学】
名古屋大学 工学部 建築 1989/03 卒業
【取得学位】
博士(工学)

職歴

生年月

1965年12月

所属学会

日本印度学仏教学会
日本南アジア学会
北陸都市史学会
北陸宗教文化学会 理事(2008-)
日本建築学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

インド建築史

専門分野キーワード

インド中世建築史

研究課題

著書

  • Ajanta: History and Development -Vol Seven- Bagh, Dandin, Cells and Cell Doorways ブリル 2016 原著書 共著 「ウォルター M. スピンク」「矢口 直道」
  • Ajanta: History and Development -Vol Six- Defining Features ブリル 2014 原著書 共著 「ウォルター M. スピンク」、「矢口 直道」 9789004180154
  • Buddhist Texts and Tradition レプリカプレス 2015/10 原著書 共著 マヘシュ デオカル 編 9788192969718
  • Narasimhapriya サンディープ・プラカーシャン 2000/04 原著書 共著 I.K.シャルマ、D.デーヴァラージ、R.ゴーパール編
  • 建築史の想像力 学芸出版社 1996/06 原著書 共著 溝口正人、野々垣篤、矢口直道 他

全て表示

  • 都市・建築・歴史 第2巻 東京大学出版会 2005/08 原著書 共著
  • 近代を歩く いまも息づく東海の建築・土木遺産 ひくまの出版 1994/09 原著書 共著 小寺武久、溝口正人他
  • 世界宗教建築事典 東京堂出版 2001/09 原著書 共著 中川武監修 4490104820
  • 世界美術大全集 東洋編 第14巻 インド(2) 小学館 1999 原著書 共著 肥塚隆、宮治昭編 4096010642

論文

  • インド・ホイサラ朝寺院の平面についての類型学的考察 日本建築学会計画系論文集 第506号号 pp.169 - 175頁 1998/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • まつられた神格とそれらの位置からみたインド・ホイサラ寺院の類型学的考察 日本建築学会計画系論文集 第511号号 pp.201 - 208頁 1998/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ナヴァランガからみたインド・ホイサラ寺院の平面分析 日本建築学会計画系論文集 第532号号 pp. 255 - 262頁 2000/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 後期チャールキヤ寺院の平面構成 −ホイサラ寺院との比較を通した考察− 岐阜市立女子短期大学研究紀要 第51輯巻 pp.239-246頁 2002/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 後期チャールキヤ寺院の壁面構成に関する考察 −平面構成との関連について− 岐阜市立女子短期大学研究紀 第53輯巻 pp.189-196.頁 2004/03 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)

全て表示

  • 後期チャールキヤ寺院にまつられた神格と平面構成 −ホイサラ寺院との比較を通した考察− 岐阜市立女子短期大学研究紀要 第52輯巻 pp.239-246頁 2003/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • ホイサラ朝寺院の平面構成について −ホイサラ朝寺院の空間構成に関する考察(その一) 日本建築学会東海支部研究報告集 第31号号 pp. 665 - 668頁 1993/02 査読無 研究論文(プロシーディング)
  • ホイサラ朝寺院の星形プランについて −ホイサラ朝寺院の空間構成に関する考察(その二) 日本建築学会東海支部研究報告集 第31号号 pp. 669 - 672頁 1993/02 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 公立大学に於ける公開講座の意義 久保村里正、山田綾 岐阜市立女子短期大学研究紀要 第53輯巻 pp.197-208.頁 2004/03 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • On the Spatial Units of the Hoysala Temples 岐阜市立女子短期大学研究紀要 第54輯巻 pp.183-189頁 2005/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • アジャンター後期石窟西群の正面廊僧坊の変遷と開窟順序に関する研究 日本建築学会北陸支部研究報告集 第51号号 467-470頁 2008/03 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • インド石窟寺院の住環境 北陸都市史学会誌 第16号号 p.29頁 2009/08 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • パッラヴァ朝の初期ヒンドゥー教石窟の空間構成 矢口直道 岐阜市立女子短期大学研究紀要 第57輯巻 77-84頁 2008 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)

講演・口頭発表等

  • Technological Development of Cell Door Fittings of Vihara Caves At Ajanta – in Order To Consider the Sequence of the Excavation-(会議名:The International Symposium on Architectural Interchanges in Asia)(2012)
  • On the Development and the Sequence of the Porch Cells in the Western Group of Vakataka Caves at Ajanta(会議名:"Exploring Buddhast Cave Temples" International Conferrence in honor of Walter M Spink)(2008)
  • A study on the Development and the Sequence of the Porch Cells of Vakataka Caves at Ajanta(2009)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)(一般)「インド・アジャンター後期石窟寺院の建築構成に関する研究」(2013-2015) 代表者
○若手研究(B)「南インド宗教建築の左右対称性に関する研究」(2003-2005) 代表者

学域・学類担当授業科目

○比較文化論(2017)
○南アジア文化論(2017)
○フィールド基礎実習(2017)
○フィールド調査法A(2017)
○比較文化学実習B(2017)
○学類共通英語2(フィールド文化学)(2017)
○フィールド調査法B(2017)
○南アジア文化論演習A(2017)
○比較文化論(2017)
○比較文化学概説B(2017)
○比較文化学概説A(2017)
○宗教学A(2017)
○情報処理基礎(2017)
○宗教学A(2017)
○比較文化学実習A(2017)
○フィールド調査法(2017)
○南アジア文化論(2017)
○比較文化学概説(2017)
○卒業論文演習A(フィールド文化学)(2017)
○南アジア文化論演習A(2017)
○宗教学A-宗教建築入門-(2016)
○情報処理基礎(2016)
○宗教学A-宗教建築入門-(2016)
○学類共通英語2(フィールド文化学)(2016)
○比較文化学実習A(2016)
○南アジア文化論演習B(2016)
○南アジア文化論演習A(2016)
○南アジア文化論(2016)
○比較文化学実習B(2016)
○比較文化学概説(2016)
○フィールド基礎実習(2016)
○南アジア文化論(2016)
○フィールド基礎実習(2015)
○比較文化学実習A(2015)
○フィールド調査法(2015)
○南アジア文化論演習A(2015)
○学類共通英語2(フィールド文化学)(2015)
○比較文化学実習B(2015)
○南アジア文化論演習B(2015)
○比較文化論(2015)
○南アジア文化論(2015)
○情報処理基礎(2015)
○宗教学A-宗教建築入門-(2015)
○宗教学A-宗教建築入門-(2014)
○情報処理基礎(2014)
○比較文化学実習B(2014)
○南アジア文化論演習A(2014)
○南アジア文化論演習B(2014)
○比較文化学実習A(2014)
○フィールド基礎実習(2014)
○宗教文化論(2014)
○比較文化学概説(2014)
○フィールド調査法(2014)
○学類共通英語2(フィールド文化学)(2014)

大学院担当授業科目

○宗教造形論演習1(2017)
○アジア宗教建築史(2017)
○宗教造形論演習2(2017)
○アジア宗教建築史Ⅱ(2017)
○比較文化学実習Ⅰ1(2017)
○比較文化学実習Ⅰ2(2017)
○アジア宗教建築史演習Ⅱ(2017)
○比較文化学実習Ⅱ2(2017)
○比較文化学実習Ⅱ1(2017)
○アジア宗教建築史演習(2017)
○アジア宗教建築史(2017)
○アジア宗教建築史演習(2017)
○Information Science of Cultural Resource II1(2017)
○文化資源情報学演習Ⅱ2(2017)
○アジア宗教建築史演習Ⅰ(2017)
○文化資源情報学演習Ⅱ1(2017)
○文化資源情報学Ⅱ1(2017)
○アジア宗教建築史Ⅰ(2017)
○文化資源情報学Ⅱ2(2017)
○宗教造形論2(2017)
○宗教造形論1(2017)
○Information Science of Cultural Resource II2(2017)
○アジア宗教建築史(2016)
○アジア宗教建築史(2016)
○Information Science of Cultural Resource Ⅱ1(2016)
○アジア宗教建築史演習(2016)
○アジア宗教建築史演習(2016)
○文化資源情報学Ⅱ2(2016)
○宗教芸術論演習Ⅱ(2016)
○論文指導Ⅱ(2016)
○比較文化学実習Ⅱ(2016)
○Information Science of Cultural Resource Ⅱ(2016)
○文化資源情報学Ⅱ(2016)
○東方文化交流史(2016)
○比較文化学実習Ⅰ(2016)
○文化資源情報学演習Ⅱ(2016)
○アジア宗教建築史Ⅰ(2016)
○アジア宗教建築史演習Ⅰ(2016)
○アジア宗教建築史Ⅱ(2016)
○アジア宗教建築史演習Ⅱ(2016)
○宗教造形論演習2(2016)
○文化資源情報学Ⅱ1(2016)
○Information Science of Cultural Resource Ⅱ2(2016)
○宗教造形論2(2016)
○文化資源情報学演習Ⅱ1(2016)
○文化資源情報学演習Ⅱ2(2016)
○比較文化学実習Ⅰ1(2016)
○宗教造形論演習1(2016)
○比較文化学実習Ⅰ2(2016)
○宗教造形論1(2016)
○比較文化学実習Ⅱ1(2016)
○比較文化学実習Ⅱ2(2016)
○アジア宗教建築史(2015)
○宗教芸術論演習Ⅱ(2015)
○文化資源情報学演習Ⅱ(2015)
○宗教造形論(2015)
○宗教芸術論演習Ⅰ(2015)
○比較文化学実習Ⅱ(2015)
○アジア宗教建築史演習(2015)
○アジア宗教建築史(2015)
○アジア宗教建築史演習(2015)
○文化資源情報学Ⅲ(2015)
○比較文化学実習Ⅰ(2015)
○表現文化論(2015)
○文化資源情報学Ⅱ(2015)
○アジア宗教建築史演習(2014)
○アジア宗教建築史(2014)
○アジア宗教建築史(2014)
○南アジア文化史特論(2014)
○南アジア宗教史演習(2014)
○比較文化学実習Ⅱ(2014)
○南アジアの文化と宗教(2014)
○比較文化学実習Ⅰ(2014)
○南アジア宗教史演習(2014)
○Seminar in Information Science of Cultural Resources II(2014)
○東方文化交流史(2014)
○宗教芸術論演習Ⅰ(2014)
○文化資源情報学Ⅰ(2014)
○宗教造形論(2014)
○文化資源情報学Ⅱ(2014)
○文化資源情報学演習Ⅱ(2014)
○宗教芸術論演習Ⅱ(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ