本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

深澤 のぞみ (ふかさわ のぞみ) 教授 FUKASAWA Nozomi

メール メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

人間社会研究域 歴史言語文化学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 国際学類 日本・日本語教育コース
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 国際学専攻
【大学院後期課程】
人間社会環境研究科 人間文化環境論コース

所属研究室等

人文社会5号館4F 3411号室

学歴

【出身大学院】
金沢大学 社会環境科学研究科 修了
【出身大学】
津田塾大学 学芸学部 国際関係学科 卒業
【取得学位】
博士(学術)

職歴

金沢工業大学 非常勤講師(1992-1996)
金沢大学留学生センター 非常勤講師(1995/10-1999/03)
富山大学留学生センター 准教授(1999/09-2008/03/31)
金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系 准教授(2008/04/01-2009/03/31)
金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系 教授(2009/04/01-)
石川県立看護大学 非常勤講師(2012/04/01-)

生年月

1958年09月

所属学会

日本語教育学会 大会委員(2015-)
日本語教育学会 理事(2013-)
専門日本語教育学会 編集幹事(2008-)
大学日本語教員養成課程研究協議会 理事(2011-2014)
日本語教育学会 学会誌編集委員(2009-2013)
日本語教育方法研究会
CIEC(コンピュータ利用教育協議会
社会言語科学会

学内委員会委員等

○国際学類入試委員会 委員長(2013-2015)
○国際学類FD委員会 委員長(2016-)
○教員免許更新講習運営部会委員 委員(2008-)
○全学FD委員会 委員(2016-)
○国際学類広報・学生募集委員会 委員(2012-)
○国際学類広報・学生募集委員会 委員長(2012-2013)
○歴史言語文化学系財務委員会 委員(2013-2013)
○全学入試委員会 委員(2014-2015)
○入試制度検討委員会 委員(2014-2014)
○国際学類マネジメント委員会 委員(2012-2015)
○歴史言語文化学系財務委員会 委員長(2012-2012)
○広報・学生募集委員会 委員(2012-2012)
○国際学類就職委員 委員(2008-2011)
○人材育成目標検討ワーキング委員(2008-2011)

受賞学術賞

専門分野

日本語教育

専門分野キーワード

日本語教育、専門日本語教育、口頭コミュニケーション論

研究課題

多文化共生社会における日本語教育

多文化共生社会における日本語教育 現在の日本は,外国人の人口に占める割合が年々増え,多文化共生社会への道を歩み始めています。すでに日系人労働者が自動車産業などを中心に多く働いていることは知られていますが,外国人看護師・介護士の受け入れなども本格的に始まっています。日本語教育は,このような社会の中で,貢献していくことができる,あるいは求められる分野です。私自身も,実践と研究と同時に進めながら,多文化共生社会における日本語教育とは何かと考えていきたいと思っています。

専門日本語教育

専門日本語教育 日本語学習者は,ますます多様化しているため,学習者のニーズに適合した日本語教育が何より重要になってきます。それを,「専門日本語教育」や,Japanese for Specific Purpose(JSP)と呼んでいます。どのような分野にどのような日本語教育が必要なのか,ふさわしい教授法は,そして最も効果的な教材は何か,ということを考えていきます。

日本語学習者のITリテラシー

日本語学習者のITリテラシー IT(情報技術)の世界的な広がりとともに,ITリテラシーが多くの分野で必要な能力となってきています。日本で生活する外国人にとって,日本語環境でのコンピューターや,携帯電話や端末機器の使用は,日本語の専門語や日本語入力の点で困難があります。このような困難の原因を分析し,克服するためにどのような手段があるのかを考えます。

著書

  • 科学技術基礎日本語:留学生・技術研修生のための使える日本語(再販) 凡人社 2016 原著書 共著 札野寛子,深澤のぞみ
  • 『日本語でできる!外国人のためのパソコンのきほん』 スリーエーネットワーク 2010 原著書 共著
  • 科学技術基礎日本語:留学生・技術研修生のための使える日本語-読解編- 金沢工業大学出版局,紀伊国屋書店 2000 原著書 共著 深澤のぞみ,能波由佳
  • 最初の一歩からはじめる日本語学習者と日本人学生のためのアカデミックプレゼンテーション入門 ひつじ書房 2006 原著書 共著 三浦香苗,岡澤孝雄,深澤のぞみ,ヒルマン小林恭子
  • 科学技術基礎日本語:留学生・技術研修生のための使える日本語 金沢工業大学出版局,紀伊国屋書店 1996 原著書 共著 札野寛子,深澤のぞみ

論文

  • 中国人留学生と日本人大学生の断りのEメールの比較 濱田美和・古本裕子・桑原陽子・深澤のぞみ 富山大学人間発達科学部紀要 8巻 1号 221-233頁 2013 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • グローバル人材育成としての日本語教師養成 深澤のぞみ・加藤和夫・志村恵 金沢大学留学生センター紀要 16号 pp.1-13頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • グローバル人材育成としての日本語教師養成 その実践と成果 深澤のぞみ・太田亨,峯正志 金沢大学留学生センター紀要 16号 pp.63-79頁 2013 査読有 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • パブリックスピーキングとしてのアカデミックプレゼンテーションにおける聴衆重視の仕組み ―式辞スピーチとの比較から― 深澤のぞみ 応用言語学研究論集 第6輯号 pp40-53頁 2013 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 日本語式辞スピーチの構成要素と展開パターン―日本語パブリックスピーキングの一ジャンルの特徴として― 深澤のぞみ・ヒルマン小林恭子 専門日本語教育研究 14号 pp.27-34頁 2012/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • 日本語パブリックスピーキング能力養成のニーズを探るための基礎調査 深澤のぞみ・ヒルマン小林恭子 金沢大学留学生センター紀要 15号 pp.25-43頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 日本語教科書における口頭発表指導について -日本語パブリックスピーキングの教授法確立を目指した基礎研究-  深澤のぞみ・ヒルマン小林恭子 金沢大学留学生センター紀要 第14号号 pp.29-42頁 2011/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 外国籍年少者のための日本語学習環境デザイン-散在地域の学習を支えるためにー 山﨑けい子,深澤のぞみ,中河和子,田上栄子 富山大学人文学部紀要 51頁 2009/08 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 外国人散在(非集住)地域における外国籍年少者支援ネットワークに関する考察- 深澤のぞみ,山崎けい子,中河和子,田上栄子 インターカルチュラル(日本国際文化学会年報) 7頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 日本語教育から見た日本の国際化 深澤のぞみ 2008
  • 留学生教育におけるITリテラシー支援の現状と課題 濱田美和,深澤のぞみ 富山大学留学生センター紀要 6巻 29-40頁 2007 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 地域在住外国人に対する日本語ボランティアの養成シラバス 中河和子,松岡裕見子 富山大学留学生センター紀要 5巻 1-15頁 2006 査読無 原著論文
  • 学部留学生の情報リテラシー養成のための基礎調査 深澤のぞみ コンピュータ&エデュケーションCIEC(コンピュータ利用教育協議会) 20巻 87-93頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 日本語学習支援サイトの役割と効果-大学における総合的日本語学習支援態勢の構築とサイトの開設 後藤寛樹,深澤のぞみ 富山大学留学生センター紀要 3巻 1-13頁 2004 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 視覚効果を持つ表現の特徴-留学生のプレゼンテーション支援のために- 富山大学留学生センター紀要 2巻 13-24頁 2003 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 『留学生のためのコンピュータ用語集』の開発 深澤のぞみ,濱田美和,後藤寛樹 専門日本語教育研究 5巻 45-50頁 2003 査読有 原著論文
  • 留学生の現代日本事情理解のツールとしての映像と「映像読解教育」の試み 深澤のぞみ,濱田美和 富山大学留学生センタ-紀要 2巻 33-44頁 2003 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 留学生センターにおける情報化への取り組み-現状と展望- 出原節子,濱田美和,深澤のぞみ,後藤寛樹 富山大学総合情報処理センター広報 7巻 2-6頁 2003 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • コンピュータ用語のデータベース作成と特徴の分析 深澤のぞみ,濱田美和 富山大学留学生センター紀要 1巻 3-14頁 2002 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 留学生向けコンピュータ教材の開発とその使用 深澤のぞみ,濱田美和 日本語教育 110巻 150-159頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 留学生センターにおけるコンピュータ教育について 深澤のぞみ,後藤寛樹 富山大学総合情報処理センター広報 5巻 24-32頁 2001 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 科学技術日本語読解教材の開発-『意味ある受信』を支える教材選択と『意味ある発信』を実現させるタスク練習- 札野寛子 専門日本語教育研究 2巻 30-37頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 金沢大学留学生センター開発の活用練習CAI ソフトについて 鎌田倫子,深澤のぞみ,笹原幸子,芳浦 惠,深川美帆 金沢大学留学生センター紀要 2巻 83-94頁 1999 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • ボランティア・チューターの意識調査 岡澤孝雄 金沢大学留学生センター紀要 2巻 49-66頁 1999 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 異文化間コミュニケーションにおける日本語母語話者の「聞き手性」-視線行動を含めた割り込み発話の観察を中心に- 社会環境研究 3巻 163-173頁 1998 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 日本語CAI 教材の開発に向けて-金沢大学留学生に対するニーズ調査- 鎌田倫子,能波由佳,深澤のぞみ 金沢大学留学生センター紀要 1巻 85-106頁 1998 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 科学技術論文作成を目指した作文指導 -専門教員と日本語教師の視点の違いを中心に- 日本語教育 84巻 27-39頁 1994 査読有 原著論文
  • 留学生の口頭発表に対する評価を探る-本当に伝えたいことが伝わるためには何が必要か- 深澤のぞみ 金沢大学留学生センター紀要 1巻 1-15頁 1998 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 理工系留学生を対象にした「読む本番」を意識した読解教材開発について 日本語教育 92巻 25-35頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 会話への積極関与としての割り込み発話 -異文化間コミュニケーションの会話分析- 社会環境研究 2巻 131-139頁 1997 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 外国人留学生と日本人学生へのアカデミック・スキル指導についての考察 ー演習型授業におけるレジュメの分析からー 深川美帆・深澤のぞみ・札野寛子・濱田美和 金沢大学留学生センター紀要 19号 57-68頁 2016 査読有
  • 中国語式辞スピーチの構成要素と展開パターン ー日本語式辞スピーチとの比較ー 深澤のぞみ・陳会林 金沢大学歴史言語文化学系論集 言語・文学篇 8号 45-58頁 2016 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • グローバル人材育成としての日本語教師養成 海外日本語教育実習の実践と成果 深澤のぞみ・冷麗敏 金沢大学留学生センター紀要 17 号 43-55頁 2014 査読有 原著論文

講演・口頭発表等

  • 外国語教育におけるビブリオバトルと「説得」(会議名:計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015)(2015/11/19)
  • 中級レベル日本語授業におけるパブリックスピーキング指導 ―「コンテクスト共有」に着目して―(会議名:計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2015)(2015/11/19)
  • アカデミック・ジャパニーズイメージモデルと新規教材開発に向けての既存教材の特性分析(会議名:2014年度日本語教育学会秋季大会予稿集)(2014/10)
  • 断りの E メールにおける理由の述べ方―中国人留学生を例に―(会議名:2014年度日本語教育学会秋季大会予稿集)(2014/10)
  • パブリックスピーキングにおけるコンテクスト共有―「ビブリオバトル」の導入部の観察から―(会議名:2014年度日本語教育学会春季大会予稿集)(2014/05/31)

全て表示

  • 演習発表型授業でのレジュメにおける問題点の考察-留学生と日本人学生のアカデミック・スキルに注目して- (会議名:第16回専門日本語教育研究学会研究討論会発表要旨集)(2014/03/01)
  • 日本語式辞スピーチにおける聞き手重視のしくみ‐日本語パブリックスピーキングの特徴として(会議名:北京師範大学金沢大学日本語教育フォーラム)(2012)
  • 外国人日本語話者のパブリックスピーキングに関するニーズ調査(会議名:日本語教育国際研究大会名古屋2012)(2012)
  • 日本語ビジネス(式辞)スピーチの構造―パブリックスピーキングの一ジャンルとして―(会議名:2011年度日本語教育学会春季大会)(2011)
  • パブリックスピーキングのジャンルとしての日本語式辞スピーチの特徴(会議名:ICJLE2010日本語教育世界大会(台湾 国立政治大学))(2010)
  • 外国籍年少者送迎保護者への日本語支援活動―外国人散在地域での支援ネットワーク構築の試み― (会議名:2009(平成21)年度研究集会 ─第4回─富山)(2009)
  • 留学生の断りのEメールの分析-eラーニング教材開発を目指して-(会議名:JSAA-ICJLE2009日本語教育国際研究大会(オーストラリア ニューサウスウェールズ大学))(2009)
  • 日本語のビジネススピーチの特徴と日本語教育への活用の可能性(会議名:JSAA-ICJLE2009日本語教育国際研究大会(オーストラリア ニューサウスウェールズ大学))(2009)
  • 留学生のための情報セキュリティ・モラルに関するタスク型教材の開発(会議名:2008(平成20)年度日本語教育学会秋季大会)(2008)
  • 外国人散在(非集住)地域における外国籍年少者の学習環境創出の試み(会議名:日本語教育世界大会2008(韓国釜山外国語大学))(2008)
  • 外国人留学生の情報セキュリティ・情報モラルに関する実態調査 (会議名:日本語教育世界大会2008(韓国釜山外国語大学)(2008)
  • IT用語の日常への浸透と習得(会議名:第4回日本語教育とコンピュータ」国際会議(米国ハワイ大学カピオラニ校))(2007)
  • 相互学習型日本語支援活動ができる日本語ボランティアの養成シラバス-活動に有用なスキル獲得を目指して-(会議名:2006(平成18)年度日本語教育学会春季大会)(2006)
  • 日本語学習者の情報リテラシー養成のための教科書開発(会議名:日本語教育国際研究大会ICJLC2006(米国コロンビア大学)(2006)
  • 留学生に必要な情報リテラシーとはどのようなものか(会議名:2005(平成17)年度日本語教育学会春季大会)(2005)
  • 地域に根ざした日本語ボランティア養成講座の受講生の意識調査 (会議名:2005(平成17)年度日本語教育学会春季大会)(2005)
  • 留学生のための科学技術日本語教材のe-ラーニングコンテンツ化 (会議名:教育システム情報学会30周年記念全国大会)(2005)
  • 日本語学習者のためのアカデミックプレゼンテーション入門教科書の研究開発(会議名:2005(平成17)年度日本語教育学会秋季大会)(2005)
  • 大学教員が求める情報リテラシーと留学生の有する情報リテラシーの重なりとズレ(会議名:2005(平成17)年度日本語教育学会秋季大会)(2005)
  • 留学生の情報リテラシー養成のための効果的指導法開発に向けての基礎調査(会議名:第7回専門日本語教育研究会研究討論会)(2005)
  • 日本語式辞スピーチにおける聞き手重視のしくみ‐日本語パブリックスピーキングの特徴として(北京師範大学金沢大学日本語教育フォーラム) (2012)
  • 外国人日本語話者のパブリックスピーキングに関するニーズ調査(日本語教育国際研究大会名古屋2012) (2012)
  • 中河和子・松岡裕見子・深澤のぞみ 「相互学習型日本語支援活動ができる日本語ボランティアの養成シラバス−活動に有用なスキル獲得を目指して−」2006(平成18)年度日本語教育学会春季大会(2006)
  • 濱田美和・深澤のぞみ 「IT用語の日常への浸透と習得」「第4回日本語教育とコンピュータ」国際会議(米国ハワイ大学カピオラニ校)(2007)
  • 濱田美和・深澤のぞみ・深川美帆 「外国人留学生の情報セキュリティ・情報モラルに関する実態調査」日本語教育世界大会2008(韓国釜山外国語大学)(2008)
  • 深澤のぞみ・山崎けい子・田上栄子・中河和子 「外国人散在(非集住)地域における外国籍年少者の学習環境創出の試み」日本語教育世界大会2008(韓国釜山外国語大学)(2008)
  • 深川美帆・深澤のぞみ・濱田美和 「留学生のための情報セキュリティ・モラルに関するタスク型教材の開発」2008(平成20)年度日本語教育学会秋季大会(2008)
  • 深澤のぞみ・桑原陽子・濱田美和・古本裕子「留学生の断りのEメールの分析−eラーニング教材開発を目指して−」JSAA-ICJLE2009日本語教育国際研究大会(オーストラリア ニューサウスウェールズ大学)(2009)
  • ヒルマン小林恭子・深澤のぞみ「日本語のビジネススピーチの特徴と日本語教育への活用の可能性」JSAA-ICJLE2009日本語教育国際研究大会(オーストラリア ニューサウスウェールズ大学)(2009)
  • 深澤のぞみ・前田和夫「外国籍年少者送迎保護者への日本語支援活動—外国人散在地域での支援ネットワーク構築の試み—」 2009(平成21)年度研究集会 ─第4回─富山(2009)
  • ヒルマン小林恭子・深澤のぞみ「パブリックスピーキングのジャンルとしての日本語式辞スピーチの特徴」ICJLE2010日本語教育世界大会(台湾 国立政治大学)(2010)
  • 深澤のぞみ・ヒルマン小林恭子「日本語ビジネス(式辞)スピーチの構造—パブリックスピーキングの一ジャンルとして—」2011年度日本語教育学会春季大会(2011)
  • 深澤のぞみ・濱田美和 「日本語学習者の情報リテラシー養成のための教科書開発」日本語教育国際研究大会ICJLC2006(米国コロンビア大学)(2006)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「グローバル化時代の自己表現のための日本語パブリックスピーキングに関する研究」(2013-2016) 代表者
○基盤研究(C)「アカデミックCan−Doグリッドに基づく日本語教材モデルの設計」(2013-2016) 分担者
○基盤研究(C)「日本語パブリックスピーキングの教授法確立を目指した総合的研究」(2010-2013) 代表者
○基盤研究(C)「誤用例の文脈分析に依拠した上級作文教材― 日中両国語パラレルコーパスの活用」(2009-2011) 分担者
○萌芽研究(2002-2008)「科学研究費補助金(萌芽研究)「e-Learning用教材コンテンツテンプレート・ジェネレーターシステムの」(2004-2005) 分担者
○基盤研究(C)「外国籍年少者のための学習環境デザイン:散在(非集住)地域型共生サポートの形を探る」(2008-2010) 分担者
○基盤研究(C)「グローバル化時代のパブリックスピーキングにおける「説得」の諸相」(2016-) 代表者

学域・学類担当授業科目

○日本語B(アカデミック基礎日本語A)(2017)
○日本語B(アカデミック基礎日本語B)(2017)
○海外日本語教育実習(2017)
○日本語教育実習B(2017)
○日本研究演習B(2017)
○日本語教育学基礎1(2017)
○日本研究演習B(2017)
○日本研究演習A(2017)
○日本研究演習A(2017)
○日本語教育学基礎2(2017)
○日本語教授法B(2017)
○日本語教育学基礎(2017)
○アカデミック基礎日本語B(2017)
○アカデミック基礎日本語A(2017)
○アカデミック基礎日本語B(2016)
○日本研究演習B(2016)
○日本研究演習B(2016)
○日本研究演習A(2016)
○海外日本語教育実習(2016)
○日本語教授法B(2016)
○日本語教科書研究(2016)
○日本語B(アカデミック基礎日本語A)(2016)
○日本語B(アカデミック基礎日本語B)(2016)
○日本語教育とコンピュータ(2016)
○アカデミック基礎日本語A(2016)
○日本語教育実習B(2016)
○日本語教育学基礎(2016)
○日本研究演習B(2015)
○日本研究演習B(2015)
○日本研究演習A(2015)
○海外日本語教育実習(2015)
○日本語B(アカデミック基礎日本語Ⅰ)(2015)
○日本語教育とコンピュータ(2015)
○日本語教科書研究(2015)
○日本語教育学基礎(2015)
○日本語教授法B(2015)
○日本語教育実習B(2015)
○異文化理解(2015)
○日本研究演習B(2014)
○日本研究演習B(2014)
○日本研究演習A(2014)
○日本研究演習A(2014)
○日本語B(アカデミック基礎日本語Ⅰ)(2014)
○日本語教育とコンピュータ(2014)
○異文化理解(2014)
○日本語教科書研究(2014)
○日本語教授法B(2014)
○日本語教育実習B(2014)
○日本語教育学基礎(2014)
○異文化理解(2013)
○日本語教育実習B(2013)
○日本語教育とコンピュータ(2013)
○日本語教授法B(2013)
○日本語教科書研究(2013)
○日本語教育学基礎(2013)
○日本研究演習B(2013)

大学院担当授業科目

○日本語教授法研究特論Ⅱb(2017)
○日本語教育方法論Ⅱ(2017)
○日本語教育方法論(2017)
○日本語教育方法論演習(2017)
○日本語教育方法論演習Ⅱ(2017)
○日本語教育方法論演習Ⅰ(2017)
○日本語教授法研究演習Ⅳb(2017)
○日本語教育方法論(2017)
○日本語教授法研究演習Ⅲb(2017)
○日本語教授法研究演習Ⅲa(2017)
○日本語教育方法論Ⅰ(2017)
○日本語教育実践演習Ⅰ(2017)
○日本語教育方法論演習(2017)
○日本語教授法研究特論Ⅱa(2017)
○日本語教授法研究演習Ⅳa(2017)
○日本語教授法研究特論Ⅰa(2017)
○日本語教授法研究特論Ⅰb(2017)
○日本語教授法研究特論Ⅰ(2016)
○日本語教授法研究特論Ⅱ(2016)
○日本語教授法研究演習Ⅳb(2016)
○日本語教授法研究演習Ⅲ(2016)
○日本語教育方法論(2016)
○日本語教授法研究特論Ⅱb(2016)
○日本語教育方法論(2016)
○日本語教育方法論演習Ⅰ(2016)
○日本語教育方法論演習Ⅱ(2016)
○日本語教育方法論演習(2016)
○日本語教育方法論演習(2016)
○日本語教授法研究特論Ⅰa(2016)
○日本語教授法研究特論Ⅰb(2016)
○日本語教授法研究演習Ⅳ(2016)
○日本語教育実践演習Ⅰ(2016)
○日本語教授法研究演習Ⅲa(2016)
○日本語教授法研究演習Ⅲb(2016)
○日本語教授法研究演習Ⅳa(2016)
○日本語教授法研究特論Ⅱa(2016)
○日本語教育方法論Ⅰ(2016)
○日本語教育方法論Ⅱ(2016)
○日本語教育方法論演習(2015)
○日本語教育方法論(2015)
○日本語教育方法論演習(2015)
○日本語教授法研究特論Ⅱ(2015)
○日本語教授法研究特論Ⅰ(2015)
○日本語教授法研究演習Ⅳ(2015)
○日本語教授法研究演習Ⅲ(2015)
○日本語教育方法論演習(2014)
○日本語教育方法論(2014)
○日本語教授法研究演習Ⅳ(2014)
○日本語教授法研究演習Ⅲ(2014)
○日本語教授法研究特論Ⅰ(2014)
○日本語教授法研究特論Ⅱ(2014)
○日本語教授法研究特論Ⅱ(2013)

他大学の客員教授

○石川県立看護大学

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○多文化共生社会における日本語および日本語教育

その他公的社会活動

このページの先頭へ