本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

三邉 義雄 (みなべ よしお) 教授 MINABE Yoshio

メール メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系
子どものこころの発達研究センター長

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 脳医科学専攻

所属研究室等

脳情報病態学(神経精神医学) TEL:076-265-2300 FAX:076-234-4254

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 1982/03 修了
【出身大学】
金沢大学  1978/03 卒業
【取得学位】
医学博士

職歴

生年月

1953年12月

所属学会

日本精神神経学会 代議員(2013-)

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

精神神経科学

専門分野キーワード

研究課題

著書

  • 金沢大学附属病院神経科精神科における気分障害のうつ状態へのアリピプラゾールの使用状況について 第10回DPA研究会記録集 2014/09 ①原著書 ②共著 長澤達也, 諸岡知美, 北山昌平, 佐野滋彦, 三邉義雄
  • 自閉症の生物学的精神医学研究の発達に必要なこと アスペ・エルデの会 2011/09 ①原著書 ①単著

論文

  • 水中毒による意識障害後、悪性症候群と昏迷の鑑別が困難であった1例 諸岡 知美, 長澤 達也, 金田 礼三, 中谷 英夫, 三邉 義雄 精神科 25巻 4号 452-456頁 2014/10
  • Lower gene expression for KCNS3 potassium channel subunit in parvalbumin-containing neurons in the prefrontal cortex of subjects with schizophrenia Georgiev D, Arion D, Enwright JF, Kikuchi M, Minabe Y, Corradi JP, Lewis DA, Hashimoto T American Journal of Psychiatry 171巻 62-71頁 2014
  • Unusual developmental pattern of brain lateralization in young boys with autism spectrum disorder: power analysis with a child-sized MEG. Hiraishi H, Kikuchi M, Yoshimura Y, Kitagawa S, Hasegawa C, Munesue T, Takesaki N, Ono Y, Takahashi T, Suzuki M, Higashida H, Asada M, Minabe Y Psychiatry Clin Neurosci(Epub) 2014/11
  • A longitudinal study of auditory evoked field and language development in young children.  Yoshimura Y, Kikuchi M, Ueno S, Shitamichi K, Remijn GB, Hiraishi H, Hasegawa C, Furutani N, Oi M, Munesue T, Tsubokawa T, Higashida H, Minabe Y Neuroimage 101C巻 440-447頁 2014/07
  • Efficacy and safety of yokukansan in treatment-resistant schizophrenia: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial (a Positive and Negative Syndrome Scale, five-factor analysis). Miyaoka T, Furuya M, Horiguchi J, Wake R, Hashioka S, Tohyama M, Mori N, Minabe Y, Iyo M, Ueno S, Ezoe S, Murotani K, Hoshino S, Seno H Psychopharmacology (Berl)(Epub) 2014/06

全て表示

  • Broader autism phenotype in mothers predicts social responsiveness in young children with autism spectrum disorders. Hasegawa C, Kikuchi M, Yoshimura Y, Hiraishi H, Munesue T, Nakatani H, Higashida H, Asada M, Oi M, Minabe Y Psychiatry Clin Neurosci(Epub) 2014/06
  • Proteomic analysis of carbonylated proteins in the monkey substantia nigra after ischemia-reperfusion. Oikawa S, Kobayashi H, Kitamura Y, Zhu H, Obata K, Minabe Y, Dazortsava M, Ohashi K, Tada-Oikawa S, Takahashi H, Yata K, Murata M, Yamashima T Free Radical Research(Epub) 2014/04
  • Somatosensory evoked field in response to visuotactile stimulation in 3- to 4-year-old children. Remijn GB, Kikuchi M, Shitamichi K, Ueno S, Yoshimura Y, Nagao K, Tsubokawa T, Kojima H, Higashida H, Minabe Y Front Hum Neurosci 8巻 170頁 2014/03
  • Reduced long-range functional connectivity in young children with autism spectrum disorder. Kikuchi M, Yoshimura Y, Hiraishi H, Munesue T, Hashimoto T, Tsubokawa T, Takahashi T, Suzuki M, Higashida H, Minabe Y Soc Cogn Affect Neurosci(Epub) 2014/03
  • Relationship between brain network pattern and cognitive performance of children revealed by MEG signals during free viewing of video. Duan F, Watanabe K, Yoshimura Y, Kikuchi M, Minabe Y, Aihara K Brain Cogn 86C巻 10-16頁 2014/02

講演・口頭発表等

  • Facilitated or delayed habit formation of appetitive instrumental learning in each subject of Sprague-Dawley rats(Iguchi Y, Lin Z, Nishikawa H, Minabe Y, Toda S)(会議名:The 8th research area meeting Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas(Tokyo))(2014/12/11)
  • せん妄に対する睡眠薬、抗不安薬の使用は重症度、持続期間に影響するか(堺奈々, 長澤達也, 中谷英夫, 三邉 義雄)(会議名:第27回日本総合病院精神医学会総会(筑波))(2014/11/28)
  • 統合失調症患者に対する指先触圧覚認知P3測定システムを用いた触・痛覚の研究(長澤 達也, 南部 裕子, 中田 晶子, 酒井 佳夫, 和田 隆志, 栗田 俊治, 三邉 義雄)(会議名:第44回日本臨床神経生理学会学術大会(福岡))(2014/11/19)
  • Repeated mild oxidative stress favors habits over goal-directed action in instrumental learning: Effects of 2-cyclohexne-1-one on behaviors associated with the dopaminergic system in rats(Iguchi Y, Lin A, Nishikawa H, Kosugi S, Minabe Y, Toda S)(会議名:The 74th annual meeting of Japanese society for animal psychology(Aichi))(2014/07/19)
  • 金沢大学付属病院におけるリエゾン・コンサルテーションの現状と課題(中谷英夫, 堺奈々, 三邉義雄)(会議名:第186回北陸精神神経学会(内灘))(2014/07/13)

全て表示

  • クロス・マルチスケールエントロピー解析を用いた統合失調症における脳内神経ネットワーク障害の検討(田中悠二, 高橋哲也, 菊知充, 上野幹二, 岡崎玲子, 高橋紘一, 東間正人, 三邉義雄, 和田有司)(会議名:第110回日本精神神経学会学術総会(横浜))(2014/06/26)
  • MirtazapineはBenzodiazepine系薬を減量するか(佐野滋彦, 長澤達也, 中谷英夫, 三邉 義雄)(会議名:第110回日本精神神経学会学術総会(横浜))(2014/06/26)
  • 慢性酸化ストレス負荷がコカイン逆耐性形成に与える影響(戸田重誠, 井口善生, 小杉桜子, 西川宏美, 林子喬, 三邉義雄)(会議名:日本精神神経学会総会(横浜))(2014/06/26)
  • アーバンス神経心理テストを用いた早期アルツハイマー病のスクリーニング(船木のぞみ, 三邉義雄, 稲木杏吏, 大井学, 山嶋哲盛)(会議名:日本精神神経学会総会(横浜))(2014/06/26)
  • Individual differences in pre-stress state predict distinct responses to chronic unpredictable stress in rats(Iguchi Y, Kosugi S, Minabe Y, Toda S)(会議名:The 7th research area meeting Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas(Fukuoka))(2014/06/06)
  • 摂食障害パスを用いた摂食障害の治療について(廣澤徹、金田礼三、中谷英夫、三邉義雄)(会議名:第185回北陸精神神経学会(金沢))(2014/01/26)
  • 隔離拘束下でたこつぼ型心筋症を発症し、二次性QT延長症候群を合併した認知症の一例(北山昌平, 金田礼三, 長澤達也, 中谷英夫, 森雅之, 三邉義雄)(会議名:第185回北陸精神神経学会(金沢))(2014/01/26)

芸術・フィールドワーク

特許

○脳画像生成装置・脳画像生成方法・及びプログラム(公開年月:2014/07/03)(特許番号:特登-06056060)

共同研究希望テーマ

科研費

○COI-STREAM サテライト「脳の個性を生かし、子どもの健やかなこころを育てる街の実現:特異から得意へのパラダイムシフト」(2013-2021) ①代表者
○基盤研究(B)「自閉症関連障害のオキシトシン関連遺伝子cd38の変異とオキシトシン補充療法」(2008-2010) ①代表者
○「統合失調症の再発予防の確立に関する研究20」(2009-) ①代表者
○基盤研究(B)「高機能自閉症成人例におけるオキシトシンの効果と生物学的背景の検討」(2012-2014) ①代表者
○挑戦的萌芽研究「神経細胞死におけるHsp70とその関連蛋白の意義」(2012-2014) ①代表者
○挑戦的萌芽研究「尿メタボローム解析による、自閉症生物学的マーカーの探索」(2010-2011) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○大学・社会生活論(2017)
○神経精神医学臨床実習BSL(2017)
○神経精神(2017)
○大学・社会生活論(2016)
○神経精神(2016)
○神経精神医学臨床実習BSL(2016)
○神経精神(2015)
○神経精神医学臨床実習BSL(2015)
○大学・社会生活論(2015)
○神経精神(2014)

大学院担当授業科目

○脳情報病態学特論(2017)
○脳情報病態学特論(2017)
○脳情報病態学特論(2017)
○脳情報病態学特論(2016)
○脳情報病態学特論(2016)
○脳情報病態学特論(2016)
○最新医科学英語(2015)
○脳情報病態学特論(2015)
○最新医科学英語(2014)
○脳情報病態学特論(2014)
○最新医科学英語(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○子どものこころのケア研究会(2012-) 子どもの問題行動、情緒的問題などに対し、各機関で対応した相談事例をもとに医療的見立てや助言方法について検証し、事例を通して気づきを深めることにより、地域における診療等支援体制の構築を図る。
○能登地域認知症診療ネットワーク推進連絡協議会(2010-2014) 地域医療再生貴金の一環で、石川県より石川県地域医療支援センター(金沢大学内)へ、能登地域の認知症医療のネットワークを構築し、地域の医療提供体制の確保・充実を図る目的で能登地域の認知症医療の診療支援を兼ねた実地研究を行う。

このページの先頭へ