本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

大橋 竜太郎 (おおはし りゆうたろう) 助教 OHASHI Ryutaro

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系
助教

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類 化学コース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

金沢大学理工研究域物質化学系理論化学研究室 TEL:076-264-5924 FAX:076-264-5742

学歴

【出身大学院】
京都大学 博士課程 理学研究科 化学専攻 2007/01 修了
京都大学 修士課程 理学研究科 化学専攻 2003/03 修了
【出身大学】
京都大学 理学部 理学科 2001/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

研究員(科学振興) 京都大学大学院理学研究科 研究員(科学振興)(2007/02/01-2007/03/31)
ポスドク研究員(2007/04/25-2008/03/24)
NIMSポスドク研究員 物質・材料研究機構 ナノ計測センター NIMSポスドク研究員(2008/04/01-2009/03/31)
助教 金沢大学理工研究域物質化学系(2009/04/01-)

生年月

1976年04月

所属学会

日本核磁気共鳴学会
固体NMR・材料フォーラム
日本化学会
高分子学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○若手ポスター賞(2002/11/07)

専門分野

物理化学

専門分野キーワード

固体NMR、構造解析、ダイナミクス解析

研究課題

核磁気共鳴法を用いた固体中の分子構造やダイナミクスの解析

核磁気共鳴法は分子の局所構造及びダイナミクスの解析に極めて有効です。本研究では,固体核磁気共鳴(NMR)の測定法とNMRスペクトルのシミュレーションプログラムを開発し,様々な分子の構造やダイナミクスの解析を行っています。

著書

論文

  • Observation of 47,49Ti NMR Spectra of TiCl4/MgCl2 Catalysts under an Ultra-high Magnetic Field  大橋 竜太郎、他7名 Chemistry Letters 41巻 12号 1563-1565頁 2012/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular Dynamics of Octyl Urea Crystals Analyzed by Solid-State NMR 大橋 竜太郎、他5名 Chemistry Letters 41巻 11号 1433-1435頁 2012/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Solid-State NMR Investigations of the Unusual Effects Resulting from the Nanoconfinement of Water within Amphiphilic Crosslinked Polymer Networks 大橋 竜太郎、他4名 Advanced Functional Materials 19巻 21号 3404-3410頁 2009/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Cross polarization via the non-Zeeman spin reservoirs under MAS 大橋 竜太郎、竹腰 清乃理、寺尾 武彦 SOLID STATE NUCLEAR MAGNETIC RESONANCE 31巻 2号  115頁 2007/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Asymmetric 13C-13C polarization transfer under dipolar-assisted rotational resonance in magic-angle spinning NMR 大橋 竜太郎、竹腰 清乃理 JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS 125巻  214503頁 2006/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Identification of Physiological and Toxic Conformations in Ab42 Aggregates Yuichi Masuda, Satoko Uemura, Ryutaro Ohashi, Azusa Nakanishi, K. Takegoshi, Takahiko Shimizu, Takuji Shirasawa, Kazuhiro Irie ChemBioChem 10巻 2号 287頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Verification of the C-terminal intramolecular beta-sheet in Abeta42 aggregates using solid-state NMR: Implications for potent neurotoxicity through the formation of radicals. Yuichi Masuda, Satoko Uemura, Azusa Nakanishi, Ryutaro Ohashi, K Takegoshi, Takahiko Shimizu, Takuji Shirasawa, Kazuhiro Irie BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY 18巻 11号 3206頁 2008/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Verification of the intermolecular parallel beta-Sheet in E22K-Abeta42 aggregates by solid-state NMR using rotational resonance: Implications for the supramolecular arrangement of the toxic conformer of Abeta42. Yuichi Masuda, Azusa Nakanishi, Ryutaro Ohashi, K Takegoshi, Takahiko Shimizu, Takuji Shirasawa, Kazuhiro Irie Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 72巻 8号 2170頁 2008/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Toxic Conformation of the 42-residue Amyloid beta Peptide and Its Relevance to Oxidative Stress in Alzheimer's Disease. Kazuhiro. Irie, K. Murakami, Y. Masuda, A. Morimoto, H. Ohigashi, H. Hara, Ryutaro Ohashi, K. Takegoshi, H. Fukuda, M. Nagao, T. Shimizu, T. Shirasawa Mini-Reviews in Medicinal Chemistry 7巻 10号 1001頁 2007/10 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Verification of the turn at positions 22 and 23 of the beta-amyloid fibrils with Italian mutation using solid-state NMR. Yuichi Masuda, Kazuhiro Irie, Kazuma Murakami, Hajime Ohigashi, Ryutaro Ohashi, K Takegoshi, Takahiko Shimizu, Takuji Shirasawa Bioorganic & Medicinal Chemistry 13巻 24号 6803頁 2005/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structure of beta-amyloid fibrils and its relevance to their neurotoxicity: implications for the pathogenesis of Alzheimer's disease. Kazuhiro Irie, Kazuma Murakami, Yuichi Masuda, Akira Morimoto, Hajime Ohigashi, Ryutaro Ohashi, Kiyonori Takegoshi, Masaya Nagao, Takahiko Shimizu, Takuji Shirasawa Journal of Bioscience and Bioengineering 99巻 5号 437頁 2005/06 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Hydration water dynamics in bovine serum albumin at low temperatures as studied by deuterium solid-state NMR Journal of Molecular Structure 1121巻 80-85頁 2016 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • An NMR study on the mechanisms of freezing and melting of water confined in spherically mesoporous silicas SBA-16 Physical Chemistry Chemical Physics 18巻 18555-18562頁 2016 査読有 原著論文
  • Phase transition behavior of hydrogen bonded liquid crystal (6BA)2-(BPy)x as studied by 2H NMR Hyperfine Interactions 237巻 135頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 2H and 13C NMR studies of orientational order and actual amount of n-heptane molecule in liquid crystal phases of the 7CB-n-heptane system Chemicsl Physics Letters 639巻 114-119頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Solid-state 47/49Ti nuclear magnetic resonance of TiO2 Chemistry Letters 43巻 9号 1520-1521頁 2014/01/01 
  • Local structure and dynamics of imidazole molecules in proton-conducting poly(vinylphosphonic acid)-imidazole composite material Macromolecules 47巻 21号 7469-7476頁 2014/11/11 
  • Molecular orientation of hydrogen-bonded liquid crystal (6BA)2-(BPy)x as Studied by 2H NMR Hyperfine Interactions 2014/10/30 
  • Local structure and molecular motions in imidazolium hydrogen malonate crystal as studied by 2H and 13C NMR Hyperfine Interactions 2014/10/30 

講演・口頭発表等

  • 2次元交換NMRの交換速度に対する3スピンフリップーフロップの影響(会議名:第55回 NMR討論会)(2016/11/16)
  • 23Na solid-state NMR analysis of hydration water around sodium ions in cellulose nanocrystal films(会議名:第2回超分子による 革新的マテリアル開発の 拠点形成国際シンポジウム)(2016/10/26)
  • 固体ナトリウムNMRによるセルロースナノ結晶フィルムの解析(会議名:第60回 固体NMR・材料フォーラム)(2016/10/20)

芸術・フィールドワーク

特許

○固体NMR用試料入れ替え容器

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「固体NMRによる結晶化が困難なタンパク質のための構造解析法の開発」(2012-2013) 代表者
○若手研究(B)「非晶質試料の構造解析のための固体NMRによる炭素間距離決定法の開発」(2016-) 代表者

学域・学類担当授業科目

○物質化学実験A(2017)
○物質化学実験C(2017)
○物質化学実験C(2016)
○物質化学実験C(2015)
○物質化学実験C(2014)
○物質化学実験C(2013)
○化学実験(2012)
○物質化学実験C(2012)
○物質化学実験C(2011)
○物質化学実験C(2010)
○理論化学実験(2009)
○理論化学実験(2009)

大学院担当授業科目

○物質解析セミナー平成29年10月入学者用(2017)
○物質解析セミナー平成29年度入学生用(2017)
○物質解析セミナー平成28年度入学生用(2016)
○物質解析セミナー平成28年10月入学者用(2016)
○物質解析セミナー平成27年度入学生用(2015)
○物質解析セミナー平成27年10月入学者用(2015)
○物質解析セミナー平成26年10月入学者用(2014)
○物質解析セミナー平成26年度入学生用(2014)
○物質解析セミナー平成25年度入学生用(2013)
○物質解析セミナー平成25年10月入学者用(2013)
○物質解析セミナー平成24年10月入学者用(2012)
○物質解析セミナー平成24年度入学生用(2012)
○物質解析セミナー(2012)
○演習(2011)
○演習(2010)
○演習(2009)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ