本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

桑村 有司 (くわむら ゆうじ) 准教授 KUWAMURA Yuji

メール

所属組織・役職等

理工研究域 電子情報学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 電子情報学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 電子情報科学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 電子情報科学専攻

所属研究室等

光通信工学研究室 TEL:076-234-4867 FAX:076-234-4870

学歴

【出身大学院】
徳島大学 修士課程 工学研究科 電子工学専攻 1983/03 修了
【出身大学】
徳島大学 工学部 電子工学科 1981/03 卒業
【取得学位】
工学修士
博士(工学)

職歴

生年月

1959年01月

所属学会

応用物理学会 代議員(2007-2010)
電子情報通信学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

応用光学 量子光工学、電子デバイス 機器工学、電子デバイス・電子機器、応用光学・量子光工学、電子・電気材料工学

専門分野キーワード

光デバイス、光増幅器、電子ビームを利用した光・電磁波放射

研究課題

半導体光デバイスに関する研究

電子ビームを利用した光・電磁波素子の開発

著書

  • Ultrafast and Ultra-parallel Optoelectronics 1995/08 原著書 編著 T.Sueta, T.Okoshi, M.Yamada, Y.Kuwamura 4-274-90055-X
  • Development of Ultra-Wide-Band Optical Amplifire 応用物理系学術誌刊行協会 2005 原著書 共著 4-900526-19-3

論文

  • 多重量子井戸構造を用いた低電圧駆動平面型光変調器の設計 桑村有司、西馬由岳、山田実 電子情報通信学会誌C-Ⅰ Vol.J82-C-I巻 No.4号 184-194頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 電子空乏化を用いた平面型半導体光変調器の設計及び試作 桑村有司、山田実 電子情報通信学会誌C-Ⅰ V0l.J81-C-I巻 No.2号 55-65頁 1998/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 半導体面型アレー光変調器の試作 桑村有司、寺本誠、山田実 電子情報通信学会誌C-I Vol.J82-C-I巻 No.4号 226-227頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Design and Fabrication of a Surface-Illuminated-Type Semiconductor Optical Modulator with Electron-Depleting Absorption Control Y.Kuwamura and M.Yamada Electronics and Communications in Japan Part2 vol.81巻 No.11号 42-53頁 1998/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Design of a Surface-Illuminated-Type Semiconductor Optical Modulator with Multi-Quantum-Well Structures Y.Kuwamura, Y.Nishiuma and M.Yamada Electronics and Communications in Japan Part2 Vol.83巻 No.5号 28-39頁 2000/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • 平面型半導体光変調器の特性改善 桑村有司,清水康宏,山田実 電子情報通信学会論文誌 C J85-C巻 12号 2002/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of Modified Franz-Keldysh Effect under Influecence of of Electronic Intraband Relaxation Phenomena Y.Kuwamura and M.Yamada Jpn. J. Appl. Phys. 35巻 12A号 6117-6125頁 1996/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of Opetaring Mechanism in Semiconductor Optical Modulator with Electron-Depleting Absorption Control Y.Kuwamura, M. Yamada and S. Hashimoto ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART II-ELECTRONICS 79巻 5号 12-23頁 1996/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Observation of Optical Amplification Excited by Traveling Electron Beam Yuji KUWAMURA, Minoru YAMADA, ほか3名 JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REV 43巻 10号 7109-7110頁 2004/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 電子空乏化を用いた半導体光変調器の動作機構解析 桑村有司、山田実、橋本晋 電子情報通信学会論文誌C-I J78巻 12号 616-625頁 1995/12 査読有 原著論文
  • Reduction of the intensity noise by electric positive and negative feedback in blue-violet InGaN semiconductor lasers M. Yamada, K. Saeki, E.Teraoka and Y.Kuwamura IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS 89C巻 6号 858-860頁 2006/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characteristics of intensity noise in blue-violet InGaN Semiconductor lasers K.Matsuoka, K.Saeki, E.Teraoka, M.Yamada and Y.Kuwamura Proceedings of SPIE 6133巻 61330P号 1-9頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Quantum noise and feed-back noise in blue-violet InGaN semiconductor lasers K.Matsuoka,K.Saeki,E.Teraoka,M.Yamada and Y.Kuwamura IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS 89巻 3号 437-439頁 2006/03 査読有 原著論文
  • Optical emission from a high-refractive-index waveguide excited by a traveling electron beam Y.Kuwamura, M.Yamada, R.Okamoto,T.Kanai and H.Fares JOURNAL OF APPLIED PHYSICS 104巻 103105号 1-10頁 2008/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Surface Roughness Effect on Raman Scattering From Surface Polaritons 51巻 8号 2568-2574頁 1982/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ATR Mode of Surface Polariton 51巻 9号 2962-2965頁 1982/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Experiment Observation of Long-Range Surface Plasmon Plaritons 52巻 7号 2350-2355頁 1983/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Long-Range Surface Polaritons in Metal Films Bounded by Similar-Refractive-Index Materials 53巻 8号 2828-2823頁 1984/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • High-Power Buried Coarctate Mesa-Structure AlGaAs Lasers 20巻 18号 728-730頁 1984/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Method for Estimating the Threshold Current Level in Semiconductor Injection Lasers E73巻 1号 133-134頁 1990/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Semiconductor Optical Modulator by Using Electron Depleting Absorption Control E75-C巻 9号 1063-1070頁 1992/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Panel-Type Semiconductor Optical Modulator Using Electron Depleting Absorption Control Part1/32巻 1B号 578-582頁 1993/01 査読有 原著論文
  • スパッタエッチング法を用いて荒らした金属上の蛍光色素添加有機膜からのフォトルミネッセンス増強 加藤雅貴、矢來 宙人、桑村 有司 電子情報通信学会技術研究報告 レーザ・量子エレクトロニクス LQE2016-3 pp.11-16頁 2016/05 査読無 原著論文
  • 半導体光増幅器の周波数雑音特性 牧野嶋和貴、高島 隆義、山田実、桑村有司 電子情報通信学会技術研究報告 レーザ・量子エレクトロニクス LQE2014 2014/05 査読無 原著論文
  • 銀回折格子上の表面プラズモンと電子ビームとの相互作用を利用した光放射 桑村有司, 板倉圭佑 電子情報通信学会技術研究報告 レーザ・量子エレクトロニクス LQE2015-8 IEICE-115巻 no.46号 pp.37-42頁 2015/05 査読無 原著論文 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Variation of Relative Intensity Noise With Optical Power in InGaAsP Semicondutor Optical Amplifier Minoru Yamada, Nobuhiro Takeuchi, Kyohei Sakumoto, and Yuji Kuwamura IEEE Phot. Tech. Lett. 24巻 22号 pp.2049-2051頁 2012/11 査読有 原著論文
  • Reduction of Intensity Noise in Semiconductor Lasers by Simultaneous Usage of the Superposition of High Frequency Current and the Electric Negative Feedback Minoru Yamada, Itaru Tera, Kenjiro Matsuoka, Takuya Hama, and Yuji Kuwamura IEICE Trans. Electron E95-C巻 8号 pp.1444-1446頁 2012/08 査読有 原著論文
  • A Theoretical Analysis of the Optical Feedback Noise Based on Multimode Model of Semiconductor Lasers Sazzad M.S. Imran, Minoru Yamada, and Yuji Kuwamura IEEE J. Quantum Electron 48巻 4号 pp.521-527頁 2012/04 査読有 原著論文
  • Classical and quantum mechanical analyses on electromagnetic wave emissions in the Chernkov free electron laser  The 1st International Particle Accelerator  http://www.JACoW.org巻 pp.2197-2199頁 2010/08 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • Current excitation model for Cerenkov lasers with a planar waveguide H.Fares, M,Yamada,Y.Kuwamura JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS  49巻 pp.096402-1-8頁 2010/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of Optical Emission Mechanism Utilizing Traveling Electron Beam on a Waveguide  H.Fares, M,Yamada,Y.Kuwamura IEEE JOURNAL OF QUANTUM ELECTRONICS Vol.46巻 No.6号 pp.981-990頁 2010/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effective Noise Reduction by Electric Positive and Negative Feedback in Semiconductor Lasers M.Yamada, M. Huda, E. Teraoka, and Y. Kuwamura IEEE JOURNAL OF QUANTUM ELECTRONICS vol.45巻 no.10号 pp.1248-1254頁 2009/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Two Models for Electro-Magnetic Wave Amplifier by Utilizing Traveling Electron Beam H.Fares, M.Yamada, Y.Kuwamura and M. Asada, he 8th International Conference on Numerical Simulation of Optoelectronic Devices 2008/09 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • Observation of optical emission from high refractive index waveguide excited by traveling electron beam Y.Kuwamura, M.Yamada, R.Okamoto, T.Kanai and H.Fares CLEO/QELS 2008 2008/05 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • Optical Emitter and Amplifier by Utilizing Traveling Eletron Beam M.Yamada and Y.Kuwamura 2008 International Nano-Optoelectronics Workshop 2008/08 研究論文(プロシーディング)

講演・口頭発表等

  • 平成23年度応用物理学会北陸・信越支部学術講演会,電子ビームを用いた高屈折率導波路からの光放射Ⅱ,2011年11月19日(2011)
  • Progress In Electromagnetics Research Symposium, ATheoretical Analysis of the Optical Feedback Noise Based on Multimode Model of Semiconductor Lasers, 19-23 August 2012,Moscow, Russia(2012)
  • The 4th International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Material and Related Nanotechnologis, Photo-luminescence enhancement from dye doped organic layer with surface roughness effct on metal interface, 2013,6,18, Ishikawa Ongakudo (Ishikawa)(2012)
  • 第58回応用物理学関係連合講演会,電子ビームを利用した回折格子上の表面プラズモンの発生,2011年3月27日(2010)
  • 第58回応用物理学関係連合講演会,半導体レーザにおける高周波重畳法および電気的負帰還法を併用した雑音の低減化,2011年3月26日(2010)

全て表示

  • 電子通信学会 レーザ・量子エレクトロニクス研究会LQE2006-18,InGaN系青紫色半導体レーザにおける電気的正負帰還による雑音低減化,2006年6月2日(2006)
  • 電子通信学会 レーザ・量子エレクトロニクス研究会LQE2007-1,半導体レーザにおける電気的電気的正負帰還による雑音低減の広帯域化,2007年5月25日(2007)
  • 電子通信学会 レーザ・量子エレクトロニクス研究会,進行する電子による導波路からの放射,2008年5月23日(2008)
  • 電子通信学会 レーザ・量子エレクトロニクス研究会,Two Models for Electro-Magnetic Wave Amplifier by Utilizing Traveling Electron Beam,2008年5月23日(2008)
  • International conference CLEO/QELS2008,Observation of optical emission from high refractive index waveguide excited by Traveling electron beam,5 May 2008(2008)
  • 2006ソサイエティ大会(電子情報通信学会),InGaN系青紫色半導体レーザにおける電気的正負帰還による雑音低減化の特性改善,2006年9月22日(2006)
  • 第53回応用物理学会関係連合講演会,InGaN系青紫色半導体レーザにおける電気的正負帰還による雑音低減化特性,2006年4月27日(2006)
  • 第54回応用物理学会関係連合講演会,半導体レーザにおける電気的正負帰還による雑音低減の広帯域化,2007年3月27日(2007)
  • 第68回応用物理学会学術講演会,電子ビームによる高屈折率導波路からの放射光の観測,2007年9月7日(2007)
  • 第55回応用物理学関係連合講演会,進行する電子による導波路からの光放射,2008年3月27日(2007)
  • 第55回応用物理学関係連合講演会,進行電子波を用いた電磁波増幅作用での2つの解析モデル,2008年3月27日(2007)
  • 平成19 年度応用物理学会 北陸・信越支部 学術講演会,平面型半導体光変調器の動作特性改良,2007年12月1日(2007)
  • 平成18 年度電気関係学会北陸支部連合大会,一方向性光増幅器に用いるSi細線導波路の試作,2006年9月17日(2006)
  • 平成18 年度電気関係学会北陸支部連合大会,平面型半導体光変調器の動作特性改善,2006年9月17日(2006)
  • 平成18 年度電気関係学会北陸支部連合大会,電子ビームを用いたミリ波増幅現象の観測,2006年9月17日(2006)
  • 平成19 年度電気関係学会北陸支部連合大会,電子ビームによる高屈折率導波路からの放射光の観測,2007年9月9日(2007)
  • 平成19 年度電気関係学会北陸支部連合大会,電子ビームを用いたミリ波増幅現象の観測,2007年9月9日(2007)
  • 電子通信学会 レーザ・量子エレクトロニクス研究会LQE2010-1,Current excitation model for Cerenkev Lasers with a planar waveguide,2010-5(2010)
  • 第56回応用物理学関係連合講演会,電子ビームを用いた表面プラズモン発生法の提案,2009年3月(2008)
  • 平成22年度応用物理学会 北陸・信越支部 学術講演会,電子ビームを用いた高屈折率導波路からの光放射,2010年11月(2010)
  • 平成22年度応用物理学会 北陸・信越支部 学術講演会,進行する電子による誘電体導波路からの光放射における電子分布の検討,2010年11月(2010)
  • 平成22年度応用物理学会 北陸・信越支部 学術講演会,電子ビームを利用した表面プラズモン発生条件のシミュレーション,2010年11月(2010)
  • 電子通信学会 レーザ・量子エレクトロニクス研究会,高周波重畳法および電気的負帰還法の併用による半導体レーザの雑音低減化,2009年5月(2009)
  • 第70回応用物理学会学術講演会,高周波重畳法および電気的負帰還法の併用による高出力半導体レーザの雑音低減化,2009年9月(2009)
  • 表面プラズモンと電子ビームとの相互作用を利用した光放射(会議名:平成27年度電気学会 基礎・材料・共通部門大会)(2015/09/18)
  • Optical emission from surface plasmons on silver grating excited by traveling electron beam (会議名:EM-NANO 2015 (国際会議))(2015/06/17)
  • 荒らした金属上の有機発光膜からのフォトルミネッセンス増強の広帯域化(会議名:平成27年度電気学会 基礎・材料・共通部門大会)(2015/09/18)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○半導体光デバイス
○半導体レーザ

科研費

○基盤研究(C)「並列情報処理用半導体光変調器の集積化」(1998-1999) 代表者
○基盤研究(C)「透過型半導体空間光変調パネルの高性能化・高機能化」(2001-2002) 代表者
○基盤研究(C)「電圧及び光駆動方式の半導体空間光変調パネルの開発」(2004-2005) 代表者
○基盤研究(C)「光透過タイプ半導体空間光変調パネルの実用化」(2006-2007) 代表者
○基盤研究(C)「超高速面型半導体光スイッチパネルの開発」(2008-2009) 代表者
○基盤研究(C)「電子ビームを用いた電磁波増幅メカニズムの解明」(2009-2010) 代表者
○基盤研究(B)「電子ビームを用いた光・ミリ波増幅器の開発」(2006-2008) 分担者
○基盤研究(A)「ミリ波から光領域での汎用能動素子の開発」(2009-2011) 分担者
○基盤研究(C)「電子ビームと表面プラズモンとの相互作用を利用した電磁波光源の開発」(2010-2012) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「表面プラズモンを利用した有機光デバイスの高効率化技術と深紫外線光源の開発」(2014-2016) 代表者

学域・学類担当授業科目

○地域概論(2017)
○物理学Ⅱ(2017)
○物理学実験(2017)
○光エレクトロニクス(2017)
○電磁波論(2017)
○電気電子工学実験第1(2017)
○自主課題研究(2017)
○電子情報生命工学序論A(2016)
○自主課題研究(2016)
○卒業研究(2016)
○卒業研究早期卒業予定者用(2016)
○電磁波論(2016)
○電気電子工学実験第1(2016)
○卒業研究後期からの卒業研究着手者(2016)
○光エレクトロニクス(2016)
○物理学Ⅱ(2016)
○物理学実験(2016)
○地域概論(2016)
○物理学実験(2015)
○物理学Ⅱ(2015)
○電磁波論(2015)
○電気電子工学実験第1(2015)
○光エレクトロニクス(2015)
○自主課題研究(2015)
○物理学実験(2014)
○電気電子工学実験第1(2014)
○光エレクトロニクス(2014)
○自主課題研究(2014)
○電磁波論(2014)
○光エレクトロニクス(2014)

大学院担当授業科目

○光エレクトロニクス特論(2017)
○光エレクトロニクス特論(2017)
○光エレクトロニクス特論(2017)
○光エレクトロニクス特論(2017)
○量子電子工学(2017)
○研究者倫理(2017)
○量子電子工学(2016)
○光エレクトロニクス特論(2016)
○光エレクトロニクス特論(2015)
○量子電子工学(2015)
○光エレクトロニクス特論(2014)
○量子光学(2014)
○光機能デバイス(2014)
○量子電子工学(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○半導体光デバイス

その他公的社会活動

このページの先頭へ