本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

近藤 明 (こんどう あきら) 教授 KONDO Akira

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 学校教育系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 学校教育学類 教科教育学コース
人間社会学域 国際学類 日本・日本語教育コース
【大学院前期課程】
教育実践高度化専攻 カリキュラム研究コース 国語分野

所属研究室等

国語学研究室 TEL:076-264-5539 FAX:

学歴

【出身大学院】
東北大学 修士課程 文学研究科 国文学国語学日本思想史学 1984/03 修了
東北大学 博士課程 文学研究科 国文学国語学日本思想史学 1985/03 中退
【出身大学】
新潟大学 法文学部 文学科 1981
【取得学位】
文学修士

職歴

梅花短期大学 国語科 講師(1987/04/01-1991/03/31)
山形女子短期大学 国文科 講師(1985/04/01-1987/03/31)

生年月

1958年06月

所属学会

日本語学会 常任査読委員(2013-2015)
日本言語学会
訓点語学会
解釈学会
日本語文法学会
日本文芸研究会

学内委員会委員等

○全学教員評価委員会 委員(2016-)
○学校教育学類新カリキュラム検討委員会 委員(2015-2015)
○学校教育学類教務・学生生活委員会 委員長(2014-2014)
○教育企画会議 委員(2014-2014)
○共通教育改革検討委員会 委員(2014-2014)
○学校教育学類教務・学生生活委員会 委員(2013-2013)
○学校教育学類教務・学生生活委員会 委員(2011-2012)

受賞学術賞

専門分野

日本語文法史 日本語語彙・表記史 日本語文体史、日本語学

専門分野キーワード

動詞、助動詞、国語史(日本語史)

研究課題

日本語文法の歴史的研究

日本語語彙の史的研究

著書

  • 国語語彙史の研究34 和泉書院 2015/03 原著書 分担執筆 蜂矢真郷、近藤明ほか21名 978-4-7576-0756-9
  • 国語語彙史の研究32 和泉書院 2013/03 原著書 分担執筆 玉村文郎、近藤明ほか24名 4-7576-0658-6 C3381
  • 国語語彙史の研究25 和泉書院 2006/03 原著書 分担執筆 山口佳紀、近藤明ほか11名 4-7576-0355-x c3381
  • 国語語彙史の研究20 和泉書院 2001/03 原著書 分担執筆 柳田征司,近藤明ほか24名 4757601026
  • 語から文章へ 「語から文章へ」編集委員会 2000/08 原著書 分担執筆 安部清哉,近藤明ほか27名

全て表示

  • 語彙・語法の新研究 明治書院 1999/09 原著書 分担執筆 安部清哉,近藤明ほか28名 4-625-42117-9
  • 国語論究7 中古語の研究 明治書院 1998/12 原著書 分担執筆 小林芳規,近藤明ほか11名 4-625-52067-3
  • 日本語の歴史地理構造 明治書院 1997/07 原著書 分担執筆 大木一夫,近藤明ほか37名 4-625-42103-9
  • 国語語彙史の研究 16 和泉書院 1996/10 原著書 分担執筆 浅見徹,近藤明ほか16名 4087088-832-7
  • 国語論究5 中世語の研究 明治書院 1994/12 分担執筆 佐藤喜代治,蜂谷清人,近藤明ほか11名 4-625-52065-7
  • 語源探究 4 明治書院 1994/06 分担執筆 吉田金彦,馬淵和夫,近藤明他10名 4-625-42088-1
  • 国語語彙史の研究13 和泉書院 1993/07 原著書 分担執筆 前田富祺,近藤明 ほか13名 4-87088-606-5
  • 国語論究3 文章研究の新視点 明治書院 1991/10 原著書 分担執筆 佐藤喜代治,近藤明ほか11名 4-625-52063-0
  • 日本語大事典 朝倉書店 2014/11 原著書 分担執筆 978-4-254-51034-8
  • 日本語学研究事典 明治書院 2007/01 原著書 分担執筆 978-4-625-60306-8
  • 概説日本語の歴史 朝倉書店 1995/10 原著書 分担執筆 佐藤武義,近藤明ほか11名 4-254-51019-5

論文

  • 古文教材における「タダ+動詞+ニ+動詞」型の扱い―「ちごのそら寝」の「ただくひにくふ」等― 近藤 明 教育実践研究 42号 11-21頁 2016/09/01 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 向田邦子「ごはん」教材研究二題―父の「命令形」/「艦載機」とB29の心象等― 近藤 明 教育実践研究 42号 1-10頁 2016/09/01 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 動詞重複形・接頭辞・補助形容詞関係論考 追補―「ひとつむすびては**して」/「直後」の意の動詞重複形/「ウチカヘス」/「〰ヅライ」の動向―  近藤 明 金沢大学人間社会学域学校教育学類紀要 8号 1-9頁 2016/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 危惧表現形式の一環としての複合助動詞「ヌベシ」「ツベシ」の位置 近藤 明 金沢大学人間社会学域学校教育学類紀要 8号 11-20頁 2016/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 「モゾ」「モコソ」の表す「危惧」の性質をめぐって(下) 近藤 明 北陸古典研究 30号 38-46頁 2015/11 査読無

全て表示

  • 近世前期における危惧表現形式―近松世話浄瑠璃を中心に― 近藤 明 金沢大学人間社会学域学校教育学類紀要 7号 1--10頁 2015/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 「モゾ」「モコソ」の表す「危惧」の性質をめぐって(上) 近藤明 北陸古典研究 29号 24-29頁 2014/11 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 万葉集・三代集における危惧表現をめぐって―「モゾ」「モコソ」を基点として― 近藤 明 金沢大学人間社会学地域学校教育学類紀要 6号 13-20頁 2014/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 形容詞系難易表現の史的変遷をめぐって 金沢大学人間社会学域学校教育学類紀要 5号 11-21頁 2013/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 「~アヘズ」と「~ヤラズ」―「言ふ」「書く」等に下接する場合を中心に―    北陸古典研究 28号 17-28頁 2013/11 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 容易の意の「~ヨシ/ヨイ」の語史 金沢大学人間社会学域学校教育学類紀要 4号 1-10頁 2012/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 「~ヤスシ/ヤスイ」の語史への視点 天谷友美 金沢大学人間社会学域学校教育学類紀要 2号 31-38頁 2010/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 二つの「居給タレカシ」―十訓抄七‐三二より― 金沢大学人間社会学域学校教育学類紀要 1号 1-8頁 2009/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 「~カネル」「~カネナイ」における「話し手の期待」の正負の方向性をめぐって 金沢大学語学・文学研究 36号 3-17頁 2008/12 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 「ゐ給へれ」と「ゐ給へ」―宇治拾遺物語巻七-五「長谷寺参籠男利生にあづかる事」より― 金沢大学教育学部紀要人文科学・社会科学編 57頁 2008/02 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 「~ニクシ」の意味・用法の時代的変化―院政・鎌倉期まで― 金沢大学語学・文学研究 33号 1-10頁 2005/09 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 「~ニクシ/ニクイ」の語史への一視点―現代語「~ヅライ」との対照から― 近藤明 金沢大学教育学部紀要人文科学編社会科学編 53号 1-9頁 2004/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 梁塵秘抄四三八番歌の「ゐよ」と「ゐたれ」 近藤明 解釈 50巻 11.12号 24-25頁 2004/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 助動詞「リ・タリ」が命令形になる場合 近藤明 金沢大学語学・文学研究 32号 1-12頁 2004/09 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 中古における四段「~アフ」について―「複数主体」と解し難い例を中心に―(下) 近藤明 金沢大学語学・文学研究 30.31号 1-11頁 2003/09 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • アスペクトから見た動詞「生ク」(四段・上二) 近藤明 金沢大学教育学部紀要人文科学社会科学編 52号 49-56頁 2003/06 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 助動詞「リ・タリ」に否定辞が下接する場合 近藤明 国語学研究 42号 1-13頁 2003/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「セム心地ス」と「スル心地ス」―源氏物語を中心に― 近藤明 金沢大学教育学部紀要 人文科学編 51号 13-22頁 2002/02 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 中古における四段「~アフ」について―「複数主体」と解し難い例を中心に―(上) 近藤明 金沢大学語学文学研究 29号 8-23頁 2001/09 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 主体変化動詞が重複形になる場合 近藤明 金沢大学教育学部紀要 人文科学編 50号 1-9頁 2001/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 「セムヤウナリ」と「スルヤウナリ」―推量系助動詞の文末用法の一端― 近藤明 国文学 解釈と教材の研究 46巻 2号 121-123頁 2001/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 下二段「~アフ」「~アヘズ」の意味展開 近藤明 金沢大学語学文学研究 27号 8-23頁 1999/09 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 「ウチカヘス」考―「ウチ」が接辞化しているものの場合― 近藤明 金沢大学教育学部紀要 人文科学編 47号 9-18頁 1998/02 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 芥川龍之介の「ジョウダン」表記―「冗談」から「常談」へ― 近藤明 解釈 44巻 1号 22-29頁 1998/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「只局に局たてゝ」考―枕草子「正月に寺にこもりたるは」段― 金沢大学教育学部紀要 人文科学・社会科学編 46号 31-38頁 1997/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 企図・期待・予想の意の動詞のツ形と非実現性―「~カヌ」に「ツ」が下接することとの関連から― 近藤明 金沢大学語学文学研究 26号 1-15頁 1997/07 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 張り切る・意気込む・頑張る・気張る 日本語学 15巻 3号 22-27頁 1996/03 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 今昔物語集巻二八第四一「尋〃ル」の訓み方―連体形重複「タヅヌルタヅヌル」存疑― 解釈 42巻 9号 37-42頁 1996/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 接尾辞「―サス」の下接語と意味の関連(下) 北陸古典研究 10号 56-62頁 1996/10 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 接尾辞「―サス」の下接語と意味の関連(上) 北陸古典研究 10号 56-62頁 1995/09 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 動作動詞がヌ形をとる場合―「泣く」「笑ふ」「ゑむ」― 近藤明, 橋本直美 金沢大学教育学部紀要 人文科学・社会科学編 44号 1-6頁 1995/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 中世の「カイモチヒ」について―宇治拾遺物語第十二話を中心に― 解釈 41巻 9号 8-13頁 1995/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 危惧の「~カネナイ」の成立 北陸古典研究 7号 73-81頁 1994/09 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 現代語における「強調」の「動詞+ニ+動詞」型 近藤仁美 金沢大学留学生教育センター紀要 2号 1-12頁 1993/10 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 伊勢物語第十四段「きつにはめなで」考―「なで」を中心に― 解釈 37巻 8号 25-29頁 1991/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 沙石集の国語学的諸問題(二) 斉藤由美子,大谷伊都子 梅花短大国語国文 3号 1-24頁 1990/07 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 沙石集の国語学的諸問題(一) 斉藤由美子,大谷伊都子 梅花短大国語国文 2号 61-83頁 1989/07 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 助動詞ツ・ヌに否定辞が下接する場合―ヌ+デを中心に― 国語学研究 29号 1-10頁 1989/12 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 中世後期口語資料・近世における動詞重複型継起反復表現―「同じ所へ行っては帰り行っては帰り」等― 梅花短期大学研究紀要 37号 1-14頁 1989/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「コロセバ来**ル」小考 梅花短大国語国文 1号 7-13頁 1988/07 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 接尾語カヌの下接語の時代的変化―助動詞ツとの関係の衰退― 国語学 152号 1-11頁 1988/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 動詞重複型継起反復表現の重複範囲―「ひとつむすびてはゆひ**」等の読み方― 梅花短期大学研究紀要 36号 43-55頁 1988/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 助動詞「つ」「ぬ」の否定法・接続法・中止法 山形女子短期大学紀要 18号 139-162頁 1986/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 助動詞「り」「たり」の活用形の偏在をめぐって 国語学研究 24号 10-23頁 1985/01 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 助動詞「り」「たり」の勢力関係の変遷―平安時代和文を中心として― 文芸研究 107号 31-44頁 1984/09 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 助動詞「けり」の上接語―万葉集・平安時代の勅撰集の傾向差をめぐって― 新潟大学国文学会誌 25号 107-118頁 1982/02 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「迷惑」の意味変化 追補―松井利彦氏・横川澄枝氏の論との関連から― 近藤 明 金沢大学人間社会学域学校教育学類紀要 6号 21-28頁 2014/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 『太陽の子』覚書―「はじめから、沖縄を守る気なんかなかったんや」― 金沢大学人間社会学域学校教育学類紀要 2巻 25-30頁 2010/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • B29の心象 続貂―『大人になれなかった弟たちに…』との関連から 金沢大学人間社会学域学校教育学類紀要 5号 1-10頁 2013/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 「迷惑」の意味変化―虎明本狂言から四迷・漱石まで― 邢 叶青 金沢大学人間社会学域学校教育学類紀要 3巻 116-124頁 2011/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 日本語「迷惑」と中国語「麻煩」の意味・用法の対照的考察 邢 叶青 金沢大学教育学部紀要人文科学社会科学編 57巻 31-40頁 2008/02 査読無 原著論文

講演・口頭発表等

  • 危惧表現史記述への課題(会議名:第65回中部日本・日本語学研究会)(2013/07/20)
  • 古語における危惧表現をめぐって(会議名:北陸古典研究会2011年度下期研究発表会)(2012/03/31)
  • 「~ニクシ/ニクイ」の意味・用法の時代的変化―「心理的抵抗」以外の拡大―(会議名:第77回国語語彙史研究会)(2004/09/25)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「日本語危惧表現の史的研究」(2013-2015) 代表者
○基盤研究(C)「日本語可能表現・難易表現とその周辺に関する史的研究」(2010-2012) 代表者

学域・学類担当授業科目

○ことばと文学J-日本語の「変化」と乱れ-(2017)
○ことばと文学J-日本語の「変化」と乱れ-(2017)
○日本語の文字・表記2(2017)
○日本語の文字・表記(2017)
○日本語の文字・表記1(2017)
○国語科カリキュラム研究Ⅰ(2017)
○国語基礎(書写を含む)(2017)
○国語科カリキュラム研究Ⅱ(2017)
○ことばと文学J-日本語の「変化」と乱れ-(2016)
○ことばと文学J-日本語の「変化」と乱れ-(2016)
○音声言語の研究と文章表現(2016)
○国語史(2016)
○国語基礎(書写を含む)(2016)
○国語学概論(2016)
○国語学演習A(2016)
○日本語の文字・表記(2016)
○国語科カリキュラム研究Ⅰ(2016)
○国語科カリキュラム研究Ⅱ(2016)
○日本語史A(2016)
○日本語の文字・表記(2015)
○国語学演習A(2015)
○国語学概論(2015)
○国語史(2015)
○国語基礎(書写を含む)(2015)
○国語科カリキュラム研究Ⅰ(2015)
○日本語史A(2015)
○国語科カリキュラム研究Ⅱ(2015)
○ことばと文学J-日本語の「変化」と乱れ-(2015)
○音声言語の研究と文章表現(2015)
○日本語の文字・表記(2014)
○大学・社会生活論(2014)
○国語科カリキュラム研究Ⅱ(2014)
○国語科カリキュラム研究Ⅰ(2014)
○ことばと文学J-日本語の「変化」と乱れ-(2014)
○音声言語の研究と文章表現(2014)
○日本語史A(2014)
○国語史(2014)
○国語学概論(2014)
○国語学演習A(2014)
○国語基礎(書写を含む)(2014)
○国語学演習A(2013)
○国語科カリキュラム研究Ⅱ(2013)
○国語科カリキュラム研究Ⅰ(2013)
○日本語史A(2013)
○国語学概論(2013)
○国語史(2013)
○音声言語の研究と文章表現(2013)
○ことばと文学J-日本語の「変化」と乱れ-(2013)
○日本語の文字・表記(2013)
○日本語史A(2013)
○国語基礎(書写を含む)(2013)

大学院担当授業科目

○国語科教科内容研究特論C(2016)
○国語科教科内容研究演習C(2016)
○国語科教科内容研究演習C(2015)
○国語科教科内容研究特論C(2015)
○国語科教科内容研究演習C(2014)
○国語科教科内容研究特論C(2014)
○国語科教科内容研究特論C(2013)
○国語科教科内容研究演習C(2013)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○言葉から読み解く日本古典文学
○歴史的研究の立場から見た現代日本語の問題

その他公的社会活動

このページの先頭へ