本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年04月18日

北村 敬一郎 (きたむら けいいちろう) 教授 KITAMURA, Kei-ichiro

研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系
教授

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類 検査技術科学専攻
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻

所属研究室等

北村研究室

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 自然科学研究科 生命科学 2002/03 修了
【出身大学】
福井大学 工学部 工業化学科 1977
【取得学位】
博士(理学)

職歴

金沢大学 金沢大学大学院医学系研究科保健学専攻 准教授(2007/04/01-2015/01/31)
金沢大学 金沢大学大学院医薬保健総合研究科保健学系 教授(2015/02/01-)
金沢大学 金沢大学大学院医学系研究科保健学専攻 助教授(2002/05/01-2007/03/31)
金沢大学 金沢大学大学院医学系研究科保健学専攻 講師(2000/04/01-2002/04/30)
金沢大学 医学部保健学科 講師(1996/04/01-2000/03/31)

生年月

1954年05月

所属学会

日本循環器学会
日本心電学会
日本分子生物学会
日本生体医工学会

学内委員会委員等

○屋外運動場の 再整備に関するWG 委員(2016-)
○体育施設管理委員会 委員(2016-)
○交通計画小委員会 委員(2016-)
○保健学学生委員会 委員長(2016-2017)
○学生生活委員会 委員(2016-2017)
○つるま保険学会誌編集委員会 委員(2014-2015)
○保健学広報委員会 委員(2012-2013)

受賞学術賞

○日本動物学会論文賞(2014/06/10)

専門分野

線虫(C.elegans)における学習と記憶、動物生理・行動、応用健康科学

専門分野キーワード

非侵襲的生体情報計測、骨粗鬆症予防、ウロコモデル

研究課題

非侵襲的生体情報計測

非侵襲的生体情報計測 深部体温は、体の代謝状態を反映し、健康状態がわかる安定した指標である。特に新生児、術中モニタリング、ICU患者などの異常早期発見に役立つ。この深部体温を、非侵襲的に体の表面から、計測しようとする研究など。

ウロコを骨モデルとした骨代謝に関する研究

ウロコを骨モデルとした骨代謝に関する研究 例えば、骨形成や骨粗鬆症の予防にはどのような運動をすればよいかといった疑問に対し、ヒトの膜性骨類似の魚類のウロコを骨モデルとして、ヒトが活動する時の加速度強度を計測し、その負荷強度をウロコへ負荷し、培養後のウロコの骨代謝変化を測定することにより運動の骨代謝への影響を研究する。

著書

  • 線虫ラボマニュアル、電気生理学的技術 シュプリンガー・フェアラーク東京 2003/10 原著書 共著 北村敬一郎、佐々壽浩、細野隆次 4-431-71028-0
  • 線虫ラボマニュアル、mRNAおよびタンパク質の発現解析 シュプリンガー・フェアラーク東京 2003/10 原著書 共著 佐々壽浩、北村敬一郎、細野隆次 4-431-71028-0
  • 線虫 究極のモデル生物 シュプリンガー・フェアラーク東京 2003/10 原著書 共著 細野隆次、佐々壽浩、北村敬一郎 4-431-71029-9

論文

  • Fish scale is a suitable model for analyzing determinants of skeletal fragility in type 2 diabetes. Suzuki N, Kitamura K, Hattori A Endocrine 54巻 575-577頁 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of hyperglycemia on bone metabolism and bone matrix in goldfish scales. Kitamura K, Andoh T, Okesaku W, Tazaki Y, Ogai K, Sugitani K, Kobayashi I, Suzuki N, Chen W, Ikegame M, Hattori A Comparative Biochemistry and Physiology, Part A 203巻 152-158頁 2016/09/16 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A detailed protocol for perspiration monitoring using a novel, small, wireless device. Ogai K, Fukuoka M, Kitamura K, Uchide K, Nemoto T J Vis Exp. 117巻 2016/11/24 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Is vaccenic acid (18:1t n-7) associated with an increased incidence of hip fracture? An explanation for the calcium paradox. Hamazaki K., Suzuki N., Kitamura K., Hattori A., Nagasawa T., Itomura M., Hamazaki T.  Prostaglandins, Leukotrienes and Essential Fatty Acids 109巻 8-12頁 2016/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Increased level of tumor necrosis factor-alpha (TNF-α) on the skin of Japanese obese males: measured by quantitative skin blotting. Ogai K, Matsumoto M, Aoki M, Minematsu T, Kitamura K, Kobayashi M, Sanada H and Sugama J International Journal of Cosmetic Science 38巻 5号 462-469頁 2016/03/18 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Low-intensity pulsed ultrasound induces apoptosis in osteoclasts: Fish scales are a suitable model for the analysis of bone metabolism by ultrasound. Suzuki N, Hanmoto T, Yano S, Furusawa Y, Ikegame M, Tabuchi Y, Kondo T, Kitamura K, Endo M, Yamamoto T, Sekiguchi T, Urata M, Mikuni-Takagaki Y, Hattori A.  Comp. Biochem. Physiol. Part A 195巻 26-31頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of a small wireless device for perspiration monitoring. Ogai K, Fukuoka M, Kitamura K, Uchide K, Nemoto T Med Eng Phys.  38巻 4号 391-397頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Novel tryptophan derivatives as potentially effective therapeutic drugs to treat bone diseases. Suzuki, N., Somei, M., Seki, A., Sekiguchi, T., Tabuchi, Y., Mishima, H., Kase, Y., Kaminishi, A., Yachiguchi, K., Kitamura, K., Oshima, Y., Hayakawa, K., Yano, S. and Hattori, A. Am. J. Life Sci. 3巻 3-2号 31-38頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of an improved method for quantitative analysis of skin blotting: Increasing reliability and applicability for skin assessment. Ogai K, Matsumoto M, Minematsu H, Kitamura K, Kobayashi M, Sugama J and Sanada H International Journal of Cosmetic Science 37巻 4号 425-432頁 2015 査読有 原著論文
  • A basic study for prediction of food hardness based on an acceleration monitoring of lower jaw during mastication. Ogai K, Kitamura K, Nemoto T Journal of Nursing Science and Engineering. 2巻 1号 9-14頁 2015/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Monohydroxylated polycyclic aromatic hydrocarbon influences spicule formation in the early development of sea urchins (Hemicentrotus pulcherrimus). Suzuki, N., Ogiso, S., Yachiguchi, K., Kawabe, K., Makino, F., Toriba, A., Kiyomoto, M., Sekiguchi, T., Tabuchi, Y., Kondo, T., Kitamura, K., Hong, C., Srivastav, A.K., Oshima, Y., Hattori, A., Hayakawa, K. Comp Biochem Physiol C Toxicol Pharmacol. 171巻 55-60頁 2015/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of a novel pulse wave velocity measurement system: Using dual piezoelectric elements. Medical Engineering and Physics 36巻 7号 927頁 2014/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of inorganic mercury and methylmercury on osteoclasts and osteoblasts in the scales of the marine teleost as a model system of bone. ZOOLOGICAL SCIENCE 31巻 5号 330頁 2014/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genes responsive to low-intensity pulsed ultrasound in MC3T3E1 preosteoblast cells International Journal of Molecular Sciences 2013/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Zebrafish scales respond differently to in vitro dynamic and static acceleration: Analysis of interaction between osteoblasts and osteoclasts Kitamura, K., Takahira, K., Inari, M., Satoh, Y., Hayakawa, K., Tabuchi, Y., Ohgai, K., et al. Comp Biochem Physiol A Mol Integr Physiol 166巻 1号 74-80頁 2013/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Favorable and unfavorable amino acid residues in water-soluble and transmembrane proteins. Nakashima, H., Yoshihara, A. and Kitamura, K. J. Biomed. Sci. Eng. 6巻 1号 36-44頁 2013/01 研究論文(学術雑誌)
  • Determination of Calcium Sensing Receptor in the Scales of Goldfish and Induction of Its mRNA Expression by Acceleration Loading. Kakikawa, M., Yamamoto, T., Chowdhury, V.S., Satoh, Y., Kitamura, K., et al. Biol. Sci. Space 26巻 1号 26-31頁 2013/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Osteoblasts and osteoclasts in regenerating goldfish scales respond to mechanical loading: Analysis of osteoblastic and osteoclastic marker mRNA expression. Kitamura, K., Satoh, Y., Inari, M., Takahira, K., Okesaku, W., et al. Biological Sciences in Space 26巻 1号 42-46頁 2013/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Polychlorinated biphenyl (118) activates osteoclasts and induces bone resorption in goldfish. Yachiguchi, K., Matsumoto, N., Haga, Y., Suzuki, M., Matsumura, C., Tsurukawa, M., Okuno, T., Nakano, T., Kawabe, K., Kitamura, K., et al. ENVIRONMENTAL SCIENCE AND POLLUTION RESEARCH 2012/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Prostaglandin E2 increases both osteoblastic and osteoclastic activity in the scales and participates in calcium metabolism in goldfish. Omori, K., Wada, S., Maruyama, Y., Hattori, A., Kitamura, K., et al. ZOOLOGICAL SCIENCE 29巻 8号 499-504頁 2012/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 魚類のウロコを用いた評価系の開発と骨代謝研究への応用. 鈴木信雄, 舟橋久幸, 耿 啓達, 柿川真紀子, 山田外史, 廣田憲之, 北村敬一郎,ほか まぐね 7巻 4号 174-178頁 2012/08 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Detection of Daily Lifestyle Change from Pulse Rate Measured during Sleep. Chen, W., Watanabe, H., Zhu, X., Kitamura, K., Nemoto, T. HealthInf2012 1号 358-361頁 2012/02 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Automatic sleep monitoring system for home healthcare. Jiang, L., Tang, Z., Liu, Z., Chen, X., Kitamura, K., Nemoto, T. Biomedical and Health Informatics 2012 894-897頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Comparison of pulse rate variability indices estimated from pressure signal and photoplethysmogram. Zhu, X., Chen, W., Kitamura, K., Nemoto, T. Biomedical and Health Informatics 2012 1号 867-870頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 魚類のウロコを用いた宇宙生物学的研究:ウロコ及び頭蓋骨に対する重力応答 鈴木信雄,大森克徳,井尻憲一,北村敬一郎,根本 鉄,清水宣明,笹山雄一,染井正徳,池亀美華,田畑 純,中村正久,近藤 隆,古澤之裕,松田恒平,田渕圭章,高崎一朗,和田重人,安東宏徳,笠原春夫,永瀬 睦,久保田幸治,土屋美和,谷川直樹,吉馴重徳,大嶋一成,鈴木 徹,遠藤雅人,竹内俊郎,江尻貞一,小萱康徳,前田斉嘉,内田秀明,田谷敏貴,林 明生,中村貞夫,杉立久仁代,芹野 武,嶋津 徹,矢野幸子,奈良雅之,服部淳彦 Space Utilization Res 27巻 209-212頁 2011/03 査読有 展望 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 自動面積測定法によるキンギョのウロコを骨のモデルとしたアッセイ法の改良 北村敬一郎, 中野 淳, 川部季美, 早川和一, 佐藤雄亮, 根本 鉄, 大嶋雄治, 島崎洋平, 遠藤 雅人, 服部淳彦, 鈴木信雄 日本海域研究 42巻 27-34頁 2010/03 査読有 原著論文
  • Toxic effect of polycyclic aromatic hydrocarbon metabolites on fish bone metabolism WIT Transactions on Ecology and the Environment  135巻 231-241頁 2010/09 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Effects of inorganic mercury on osteoclasts and osteoblasts of the goldfish scales in an in vitro J. Fac. Agr. Kyushu U. 56巻 47-51頁 2010/08 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Osteoblast activity in the goldfish scale responds sensitively to mechanical stress COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY A-MOLECULAR AND INTEGRATIVE PHYSIOL 156巻 3号 357-363頁 2010/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Acceleration-based study of optimum exercise for human weight-bearing bones enhancement Biological Sciences in Space 24巻 83-90頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Long-term monitering of heart rate, respiration rhythm, and body movement during sleep based on network TELEMEDICINE JOURNAL AND E-HEALTH 16巻 2号 244-253頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of low-intensity ultrasound on osteoblasts and osteoclasts in goldfish scale Biological Sciences in Space 24巻 29-34頁 2010/03 査読有 原著論文
  • Development of a new method for the noninvasive measurement of deep body temperature without a heater MEDICAL ENGINEERING & PHYSICS 32巻 1-6頁 2010/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Response of osteoblasts and osteoclasts in regenerating scales to gravity loading Biological Sciences in Space 23巻 211-217頁 2009/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 魚類のウロコを用いた宇宙生物学的研究:宇宙実験に適したウロコの培養法の検討. 鈴木信雄,田畑 純,大森克徳,井尻憲一,北村敬一郎,根本 鉄,清水宣明,染井正徳,池亀美華,中村正久,近藤 隆,古澤之裕,松田恒平,田渕圭章,高崎一朗,和田重人,安東宏徳,笠原春夫,永瀬 睦,久保田幸治,鈴木 徹,遠藤雅人,竹内俊郎,奈良雅之,服部淳彦 Space Utiliz. Res. 25巻  166-169頁 2009/12 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Development of a new accelerometer-based physical activity-monitoring system using a high-frequency sampling rate Biological Sciences in Space 23巻 77-83頁 2009/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Novel bromomelatonin derivatives suppress osteoclastic activity and increase osteoblastic activity: Implications for the treatment of bone diseases JOURNAL OF PINEAL RESEARCH 44巻 3号 326-334頁 2008/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Unconstrained monitoring of long-term heart and breath rates during sleep. PHYSIOLOGICAL MEASUREMENT 29巻 2号 N1-N10頁 2008/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 疑似微少重力および過重力下における骨代謝制御:培養ウロコを用いた解析. 鈴木信雄、大森克徳、井尻憲一、北村敬一郎、清水宣明、田畑 純、池亀美華、中村正久、近藤 隆、松平恒平、安東宏徳、笠原春夫、永瀬 睦、久保田幸治、奈良雅之、服部淳彦 Space Utiliz. Res. 24巻 230-233頁 2008/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Scale osteoblasts and osteoclasts sensitively respond to low-gravity loading by centrifuge. Biol. Sci. Space 2008/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of vibration on osteoblastic and osteoclastic activities: analysis of bone metabolism using goldfish scale as a model for bone. Journal of Advanced Space Research 40巻 1号 1711-1721頁 2007/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Novel bromomelatonin deriveatives activate osteoblasts and suppress osteoclasts in the goldfish scale. BONE 40巻 6号 s177-s178頁 2007/09 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Real-time monitoring of respiration rhythm and pulse rate during sleep. IEEE TRANSACTIONS ON BIOMEDICAL ENGINEERING 53巻 12号 2553-2563頁 2006/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of three genes C08F11.1, cec-1, and gtl-1 that contribute to learning in Caenorhabditis elegans cDNA microarrays. Journal of Tsuruma Health Science Society Kanazawa Univercity 30巻 1号 1-11頁 2006/08 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Unconstrained detection of respiration rhythm and pulse rate with one under-pillow sensor during sleep. Display Settings 43巻 2号 306-312頁 2005/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Accurate determination of respiratory rhythm and pulse rate using an under-pillow sensor based on wavelet transformation. IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY MAGAZINE 6巻 5869-5872頁 2005/06 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Evaluation of alteration in T wave amplitude during exercise testing. Journal of the Tsuruma Health Science Society 27巻 1号 47-54頁 2003/08 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Role of Caenorhabditis elegans protein phosphatase type 1, CeGLC-7beta, in metaphase to anaphase transition during embryonic development Sassa T, Ueda-Ohba H, Kitamura K, Harada S, Hosono R. EXPERIMENTAL CELL RESEARCH 287巻 7号 350-360頁 2003/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Contribution of neurons to habituation to mechanical stimulation in Caenorhabditis elegans Kei-ichro Kitamura, Shigetoyo Amano ほか1名 JOURNAL OF NEUROBIOLOGY 46巻 1号 29-40頁 2001/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hierarchy of Mechanical Stimuli in Caenorhabditis elegans. Shigetoyo Amano, Keiichiro Kitamura, Ryuuji Hosono Zoological Science 16巻 1号 423-429頁 1999/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Arterial Baroreceptor on Cardiac Autonomic Nerve Activity during Body Tilting. Keiichiro Kitamura、Shigeo Takata、Takuma Hashimoto、Hideo Futamata、Tohru Sakagami、Ken-ichi Kobayashi Memoirs Health Sci. Med.Kanazawa Univ. 21巻 1号 31-35頁 1997/09 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 迷走神経活動に及ぼす体位変動の影響. 北村敬一郎、高田重男、二俣秀夫、寺上貴子、橋本琢磨 臨床病理 45巻 8号 771-777頁 1997/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fish scale is a suitable model for analyzing determinants of skeletal fragility in type 2 diabetes. Suzuki N, Kitamura KI, Hattori A. Endocrine. 査読有
  • Effects of hyperglycemia on bone metabolism and bone matrix in goldfish scales. Kitamura K, Andoh T, Okesaku W, Tazaki Y, Ogai K, Sugitani K, Kobayashi I, Suzuki N, Chen W, Ikegame M, Hattori A Comp Biochem Physiol A Mol Integr Physiol. 203巻 152頁 2016/09 査読有 原著論文
  • Static and dynamic hypergravity responses of osteoblasts and osteoclasts in medaka scales. Yano S, Kitamura K, Satoh Y, Nakano M, Hattori A, Sekiguchi T, Ikegame M, Nakashima H, Omori K, Hayakawa K, Chiba A, Sasayama Y, Ejiri S, Mikuni-Takagaki Y, Mishima H, Funahashi H, Sakamoto T, Suzuki N. Zoolog Sci. 30巻 3号 217頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Polychlorinated biphenyl (118) activates osteoclasts and induces bone resorption in goldfish. Yachiguchi K, Matsumoto N, Haga Y, Suzuki M, Matsumura C, Tsurukawa M, Okuno T, Nakano T, Kawabe K, Kitamura K, Toriba A, Hayakawa K, Chowdhury VS, Endo M, Chiba A, Sekiguchi T, Nakano M, Tabuchi Y, Kondo T, Wada S, Mishima H, Hattori A, Suzuki N. Environ Sci Pollut Res Int. 21巻 10号 6365頁 2014/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A detailed protocol for perspiration monitoring using a novel, small, wireless device. Ogai K, Fukuoka M, Kitamura K, Uchide K, Nemoto T Journal of Visualized Experiments 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Increased level of tumor necrosis factor-alpha (TNF-α) on the skin of Japanese obese males: measured by quantitative skin blotting.  Ogai K, Matsumoto M, Aoki M, Minematsu T, Kitamura K, Kobayashi M, Sanada H and Sugama J International Journal of Cosmetic Science 38巻 5号 462-469頁 2016/05/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • IDENTIFICATION OF GENES RESPONSIVE TO LOW-INTENSITY PULSED ULTRASOUND IN MOUSE PREOSTEOBLAST CELLS.(会議名:International Conference on Biomedical Ultrasound 2013)(2013/10/22)
  • Improvement of the dual-heat-flux method for deep body temperature measurement based on a finite element model.(会議名:35th Annual International Conference of the IEEE)(2013/07/03)
  • 魚類のウロコにおける骨細胞マーカー、sost1の発現と発現細胞の同定.(会議名:第40回北陸臨床病理集談会)(2015/09/12)
  • アロキサン誘発高血糖キンギョにおける骨代謝および骨質の解析.(会議名:日本宇宙生物科学会第29回大会)(2015/09/02)
  • Melatonin effects on stimulated osteoclast activity in the regenerating scales of goldfish under modelled microgravity.(会議名:13th Congress of the International Society of Bone Morphometry 2015)(2015/04/27)

全て表示

  • Teleost Scale metabolite profiling reveals differential changes in response to gravitational stress. 58th American Society for Mass Spectrometry conference on Mass Spectro metory Conference , Salt Lake City, Utah, USA , May 23 - 27, 2010.(2010)
  • Characterization of Maternal Body Movement During Sleep Before and After Parturition. 33rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC11), Boston, USA(2011)
  • Adaptive Pulse Template Method for Accurate Heart Beat Detection from Pressure Signals Measured during Sleep. 3rd International Conference on Awareness Science and Technology, Dalian, China.(2011)
  • Spatial Covariance-Based Inverse Modeling for Heat Conduction in Human Abdominal Phantom. 50th Annual Conference of Japanese Society for Medical and Biological Engineering. Tokyo, Japan (April 29-May 1, 2011)(2011)
  • Characterization of body movement in a female before and after parturition. 50th Annual Conference of Japanese Society for Medical and Biological Engineering, Tokyo, Japan (April 29-May 1, 2011)(2011)
  • キンギョのウロコに存在する破骨細胞は微小重力下で活性化する. 第29回日本骨代謝学会学術集会, 大阪国際会議場(2011.07.28-30)(2011)
  • 微小重力に対するウロコの破骨細胞の応答:国際宇宙ステーションにおける宇宙実験. 第53回歯科基礎医学会学術大会, 長良川国際会議場 (2011. 09.30-10.02)(2011)
  • 宇宙におけるウロコの破骨細胞の形態及び細胞活性の変化. 平成23年度 日本動物学会 中部支部大会、福井大学文教キャンパス アカデミーホール (2011.07.30-31)(2011)
  • 魚類の再生ウロコの骨代謝に及ぼす機械的刺激の影響:in vivoおよびin vitroアッセイによる解析. 日本宇宙生物科学会第25回大会、横浜国立大学教育文化ホール(2011.09.30‒10.01)(2011)
  • 物理的刺激に対するメダカのウロコの骨芽及び破骨細胞の応答. 日本宇宙生物科学会第25回大会、横浜国立大学教育文化ホール(2011.09.30‒10.01)(2011)
  • キンギョの再生ウロコのin vivoおよびin vitro系による機械的刺激の骨代謝への影響. 平成23年生体医工学北陸支部大会, 金沢大学サテライト・プラザ (2011.12.10)(2011)
  • Detection of daily lifestyle change from pulse rate measured during sleep. International Conference on Health Informatics 2012, Vilamoura, Portugal, Feb 1-4, 2012.(2012)
  • Comparison of pulse rate variability indices estimated from pressure signal and photoplethysmogram. Biomedical and Health Informatics 2012, Jan. 5-7, 2012, Hong Kong, China.(2012)
  • Automatic sleep monitoring system for home healthcare. Biomedical and Health Informatics 2012, Jan. 5-7, 2012, Hong Kong, China.(2012)
  • 魚類の骨代謝に及ぼす多環芳香族炭化水素類の作用. 第46回日本水環境学会年会, 東洋大学 白山第二キャンパス(2012. 3.14~16)(2012)
  • 深部体温計測のための解剖学に基づいた人間腹部の二次元モデルの逆熱伝導問題. 第51回日本生体医工学会大会、福岡国際会議場(2012. 5.10~12)(2012)
  • 睡眠中の脈拍数による睡眠品質の評価. 第51回日本生体医工学会大会、福岡国際会議場(2012. 5.10~12)(2012)
  • 過重力及び擬似微小重力に対する破骨細胞及び骨芽細胞の応答解析. 平成24年度 日本動物学会 中部支部大会 松本市浅間温泉みやま荘 (2012.11.17-18)(2012)
  • 骨モデル(魚のウロコ)に対する宇宙放射線(重粒子線)の影響. 平成24年度 日本動物学会 中部支部大会 松本市浅間温泉みやま荘 (2012.11.17-18)(2012)
  • 魚類の骨代謝に対する多環芳香族炭化水素類の影響評価:再生ウロコを用いた解析. 平成24年度 日本動物学会 中部支部大会 松本市浅間温泉みやま荘 (2012.11.17-18)(2012)
  • 小型デュアル圧電素子を用いた脈波伝播速度測定の検討. 平成24年度日本生体医工学北陸支部大会, 福井市地域交流プラザAOSSA モール(2012.12.01)(2012)
  • 糖尿病状態キンギョのモデルの作製. 第37回日本比較内分泌学会大会, 福井大学文京キャンパス(2012.11.29~12.01)(2012)
  • ポリ塩化ビフェニル(PCB-118)は魚の破骨細胞を活性化させ骨吸収を誘起する. 第37回日本比較内分泌学会大会, 福井大学文京キャンパス(2012.11.29~12.01)(2012)
  • 鈴木信雄、田畑 純、大森克徳、井尻憲一、北村敬一郎,根本 鉄、清水宣明、染井正徳、池亀美華、中村正久、近藤 隆、松田恒平、田渕圭章、高崎一朗、和田重人、安東宏徳、笠原春夫、永瀬 睦、久保田幸治、鈴木 徹、奈良雅之、服部淳彦:魚類のウロコを用いた宇宙生物学的研究-宇宙実験に適したウロコの培養法の検討. 宇宙利用シンポジウム(25回)、宇宙航空研究開発機構・相模原キャンパス(2009.1.14-15)(2009)
  • 北村敬一郎, 鈴木信雄, 根本 鉄, 山田依里、田畑 純、池亀美華、清水宣明, 大森克徳, 服部淳彦: 再生鱗を用いた骨代謝モデル系開発と振動刺激の骨代謝への影響評価, 第48回日本生体医工学会大会, タワーホール船堀 (2009.4.23-25)(2009)
  • 大貝和裕、井上 瞳、北村敬一郎、根本 鉄:衣服上からの呼吸数・心拍数計測装置の開発、第48回日本生体医工学会大会, タワーホール船堀 (2009.4.23-25)(2009)
  • 根本 鉄、大貝和裕、北村敬一郎、陳 文西:睡眠時の身体各部の振動計測装置の開発、第48回日本生体医工学会大会, タワーホール船堀 (2009.4.23-25)(2009)
  • Kitamura, K.: Investigation of the effects of low-intensity ultrasound on bone metabolism in the scale of goldfish (Carassius auratus), JSBSS23, Headquarters building, Tsukuba Space Center, JAXA (2009. Oct 2-3)(2009)
  • 大貝和裕、北村敬一郎、根本 鉄:圧電素子を用いた呼吸数・心拍数計測装置の開発、平成21年度日本生体医工学会北陸支部大会、金沢大学サテライト・プラザ (2009.12.12)(2009)
  • 1) Suzuki, N., Furusawa, Y., Takasaki, I., Tabuchi, Y, Kitamura K., Wada, S., Hori, T., Kondo, T., Nemoto, T., Shimizu, N., Hattori, A.: Effect of low-intensity pulsed ultrasound on osteoblasts and osteoclasts of the zebrafish scales. 2nd Joint Meeting of the International Bone & Mineral Society and the Australian & New Zealand Bone & Mineral Society, Sydney, Australia, Mar 21-25, 2009(2009)
  • 1) Maeda, M., Hayashi, A., Nakamura, S., Serino, T., Kitamura, K., Suzuki, N.: Teleost Scale metabolite profiling reveals differential changes in response to gravitational stress. 58th American Society for Mass Spectrometry conference on Mass Spectro metory Conference , Salt Lake City, Utah, USA , May 23 - 27, 2010.(2010)
  • 北村 敬一郎、土田 眞人、根本 鉄: 非侵襲的非加熱型体表面深部体温計の開発. 日本臨床体温研究会第25回学術集会, 札幌医科大学記念ホール(2010.08.28)(2010)
  • 根本 鉄、土田 眞人、北村 敬一郎:非加熱型深部体温計による睡眠時の腹部深部温度測定. 日本臨床体温研究会第25回学術集会, 札幌医科大学記念ホール(2010.08.28)(2010)
  • 北村 敬一郎、陳 文西、朱 欣、鈴木信雄、矢野 幸子、根本 鉄: 加速度計測に基づく過重負荷骨骨形成のための最適運動. 日本宇宙生物科学会第24 回大会, 東北大学片平キャンパス生命科学プロジェクト総合研究棟 (2010.09.17-18)(2010)
  • 鈴木信雄,柿川真紀子,山田外史,田渕圭章,高崎一朗,古澤之裕,近藤 隆,和田重人,廣田憲之,北村敬一郎,岩坂正和,服部淳彦,上野照剛: 交流磁場の骨形成促進作用:再生ウロコを用いたin vivoの解析. 日本宇宙生物科学会第24 回大会, 東北大学片平キャンパス生命科学プロジェクト総合研究棟 (2010.09.17-18)(2010)
  • 1. International Symposium on Sonochemistry and Sonoprocessing 2007 Symposium: Effects of low-intensity ultrasound on bone metabolism in goldfish scale, Kyoto, Japan, Dec 6-9, 2007. 2. 第24回宇宙利用シンポジウム,疑似微少重力及び過重力下における骨代謝制御:培養ウロコを用いた解析, 2008.1(2008)
  • 高血糖状態におけるウロココラーゲン繊維への糖化と異常架橋の解析(会議名:日本動物学会中部支部大会)(2014/11/23)
  • 骨にいい運動とは?(会議名:日本動物学会中部支部大会)(2014/11/24)
  • Geometrical Improvement of a Noninvasive Core Temperature Thermometer based on Numeric Modeling and Experiment Validation.(会議名:35th Annual International Conference of the IEEE)(2014/03/03)
  • Characterization of Ultradian and Circadian Rhythms of Core Temperature Based on Wavelet Analysis.(会議名:36th Annual International IEEE EMBS Conference 2014)(2014/08/26)
  • Response of osteoclasts and receptor activator of nuclear factor kappa-B ligand expression in the regenerating scales of goldfish under microgravity.(会議名:International Symposium on Mechanobilogy (ISMB) 2014)(2014/05/20)
  • IDENTIFICATION OF GENES RESPONSIVE TO LOW-INTENSITY PULSED ULTRASOUND IN MOUSE PREOSTEOBLAST CELLS.(会議名:International Conference on Biomedical Ultrasound 2013)
  • Automatic sleep monitoring system for home healthcare.(会議名:Biomedical and Health Informatics 2012)(2012)
  • Comparison of pulse rate variability indices estimated from pressure signal and photoplethysmogram.(会議名:Biomedical and Health Informatics 2012)(2012)
  • Detection of daily lifestyle change from pulse rate measured during sleep.(会議名:Health Informatics 2012)(2012)
  • 魚類のウロコを用いた宇宙生物学的研究-宇宙実験に適したウロコの培養法の検討(会議名:宇宙利用シンポジウム(25回))(2009)
  • Teleost Scale metabolite profiling reveals differential changes in response to gravitational stress.(会議名: 58th American Society for Mass Spectrometry conference on Mass Spectro metory Conference)(2010)
  • Effect of low-intensity pulsed ultrasound on osteoblasts and osteoclasts of the zebrafish scales.(会議名:2nd Joint Meeting of the International Bone & Mineral Society and the Australian & New Zealand Bone & Mineral Society)(2009)
  • 交流磁場の骨形成促進作用:再生ウロコを用いたin vivoの解析(会議名:日本宇宙生物科学会第24 回大会)(2010)
  • 加速度計測に基づく過重負荷骨骨形成のための最適運動(会議名:日本宇宙生物科学会第24 回大会)(2010)
  • 非加熱型深部体温計による睡眠時の腹部深部温度測定(会議名:日本臨床体温研究会第25回学術集会)(2010)
  • 非侵襲的非加熱型体表面深部体温計の開発(会議名:日本臨床体温研究会第25回学術集会)(2010)
  • 圧電素子を用いた呼吸数・心拍数計測装置の開発(会議名:平成21年度日本生体医工学会北陸支部大会)(2009)
  • Investigation of the effects of low-intensity ultrasound on bone metabolism in the scale of goldfish (Carassius auratus)(会議名:JSBSS23)(2009)
  • 睡眠時の身体各部の振動計測装置の開発(会議名:第48回日本生体医工学会大会)(2009)
  • 衣服上からの呼吸数・心拍数計測装置の開発(会議名:第48回日本生体医工学会大会)(2009)
  • 再生鱗を用いた骨代謝モデル系開発と振動刺激の骨代謝への影響評価(会議名:第48回日本生体医工学会大会)(2009)

芸術・フィールドワーク

特許

○骨疾患治療用磁場発生装置および、それを用いた骨疾患治療の評価及び開発システム(出願国名:日本)
○非加熱型深部体温計およびそれを用いた深部体温測定装置(出願国名:日本)

共同研究希望テーマ

○ウロコを用いた骨粗鬆症モデルの開発とヒトへの応用

科研費

○基盤研究(C)「新規2型糖尿病骨代謝モデルによる糖尿病骨代謝機構解析と運動による改善法の提案」(2015-2017) 代表者
○基盤研究(C)「神経再生におけるcellular Factor XIII活性化機構の解明」(2014-2016) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「新規糖尿病モデルを用いた骨代謝機構の解析と運動による改善に関する研究」(2012-2014) 代表者
○基盤研究(C)「機械的刺激による骨形成促進に関与するWnt/βカテニンシグナルネットワークの解明 」(2010-2011) 分担者
○基盤研究(C)「骨形成運動ではなく骨吸収抑制運動の同定とその機序解明」(2009-2011) 代表者
○萌芽研究(2002-2008)「迅速・高感度・簡便な新規骨粗鬆症モデル系の開発と予防法への応用」(2006-2008) 代表者
○基盤研究(C)「ひずみ誘導型液体流動を用いた力学刺激適応型再生骨培養システムの開発 」(2006-2007) 分担者
○基盤研究(C)「新規硬組織モデルを用いた微小重力・過重力下での骨吸収及び骨形成の機構解析」(2012-2014) 分担者

学域・学類担当授業科目

○生体の機能(2016)
○医用工学概論実習(2016)
○生体の機能(2016)
○検体検査学・免疫学臨地実習(2016)
○医用工学概論(2016)
○検査機器概論(2016)
○生理学演習(2016)
○医用工学概論実習(2015)
○医用工学概論(2015)
○検体検査学・免疫学臨地実習(2015)
○検査機器概論(2015)
○生理学演習(2015)
○生体の機能(2015)
○生体の機能(2015)
○検体検査学・免疫学臨地実習(2014)
○検査機器概論(2014)
○検査管理学(2014)
○生理学演習(2014)
○検体検査概論(2014)
○検体検査学実習(2014)
○医用工学概論(2014)
○医用工学概論実習(2014)

大学院担当授業科目

○保健学研究方法論(2016)
○分子生物検査学課題研究(2016)
○分子生物検査学特講演習(2016)
○分子生物検査学特別研究(2016)
○分子生物検査学特講(2016)
○医用工学特論(2016)
○医用工学演習(2016)
○医用検査科学研究方法論(2016)
○医用検査科学研究方法論(2015)
○医用工学特論(2015)
○医用工学演習(2015)
○分子生物検査学課題研究(2015)
○分子生物検査学特講(2015)
○分子生物検査学特講演習(2015)
○分子生物検査学特別研究(2015)
○医用検査科学研究方法論(2014)
○医用工学特論(2014)
○医用工学演習(2014)
○分子生物検査学特講(2014)
○分子生物検査学特別研究(2014)
○分子生物検査学特講演習(2014)
○分子生物検査学課題研究(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○骨塩密度の維持・増加のための日常運動(キーワード:骨粗鬆症予防,骨への負荷刺激,骨塩密度)

その他公的社会活動

このページの先頭へ