本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

西嶋 義憲 (にしじま よしのり) 教授 NISHIJIMA Yoshinori

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 経済学経営学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 経済学類 比較社会経済コース
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 国際学専攻
【大学院後期課程】
人間社会環境研究科 人間社会環境学専攻

所属研究室等

人間社会2号館563号室 TEL:076-264-5428 FAX:076-264-5444

学歴

【出身大学院】
広島大学 博士課程 文学研究科 ドイツ語学ドイツ文学 1988/03 中退
【出身大学】
千葉大学 人文学部 人文学科独文学専攻 1980/03 卒業
【取得学位】
文学修士

職歴

金沢大学 人間社会研究域 経済学経営学系 教授(2008/04/01-)
金沢大学 経済学部 教授(2002/10/01-2008/03/31)
レーゲンスブルク大学 ドイツ語学科 客員教授(DAAD招聘)(2001/09/01-2003/01/31)
金沢大学 経済学部 助教授(1996/04/01-2002/09/30)
ハイデルベルク大学 客員研究員(1997/05/01-1998/02/28)
金沢大学 教養部 助教授(1992/04/01-1996/03/31)
愛媛大学 教養部 非常勤講師(1990/04/01-1992/03/31)

生年月

1957年04月

所属学会

日本独文学会
国際異文化間コミュニケーション学会
日本文体論学会
社会言語科学会
日独社会科学学会
日本独文学会中国四国支部

学内委員会委員等

受賞学術賞

○国際交流基金派遣フェローシップ事業(2001/05/01)

専門分野

テクスト言語学、社会言語学、ドイツ語学、言語学、外国語教育、ヨーロッパ文学

専門分野キーワード

ポライトネス、相互行為、カフカ

研究課題

社会言語学的研究

社会言語学的研究

社会言語学的研究

社会言語学的研究

「ポライトネス」の日常的概念

「ポライトネス」の日常的概念

カフカ作品のテクスト言語学的分析

カフカ作品のテクスト言語学的分析

カフカ作品のテクスト言語学的分析

カフカ作品のテクスト言語学的分析

著書

  • カフカと「お見通し発言」─「越境」する発話の機能― 鳥影社 2016/05 原著書 単著 西嶋義憲 978-4-86265-551-6
  • 『カフカと通常性 ―作品内対話における日常的言語相互行為の「歪み」―』 金沢大学経済学部研究叢書15 2005/03 原著書 単著 西嶋義憲
  • 『カフカ中期作品論集』 同学社 2011/07 編著 古川昌文、西嶋義憲、有村隆広ほか11名 978-4-8102-0228-1 カフカ研究
  • Distance in Language. Grounding a Metaphor Cambridge Scholars Publishing 2015/04 原著書 分担執筆 Barbara Sonnenhauser, Anastasia Meermann, ほか9名. 978-1-4438-7261-4
  • Herausforderung der Sprachenvielfalt in der Europäischen Union Nomos 2007/08 原著書 共著 Roswitha Fischer (ed.), Rainer Arnold, Yoshinori Nishijima ほか18名 978-3-8329-2698-4 107-120頁

全て表示

  • Socio-Cultural Transformation in the 21st Century? Risks and Challenges of Social Changes. 金沢電子出版 2007/03 原著書 編著 楠根重和、西嶋義憲、足立英彦 978-4-340-54000-6
  • 『地域統合と人的移動 ―ヨーロッパと東アジアの歴史・現状・展望―』 御茶の水書房 2006/03 原著書 共著 野村真理、弁納才一、西嶋義憲ほか8名 4-275-00423-x
  • 『カフカ後期作品論集』  同学社 2016/01 原著書 共著 上江憲治, 野口広明, 西嶋義憲, 他8名 978-4-8102-0322-6
  • 『カフカ初期作品論集』 同学社 2008/04 原著書 共著 有村隆広, 西嶋義憲ほか7名 978-4-8102-0456-8
  • Life Course and Life Style in Comparison 2013/12 原著書 単著 A. Tokuyasu, M. Kobayashi, & M. Mori 277-286頁
  • Linguistic Studies of Human Language ATINER 2013/05 原著書 単著 Nishijima, Yoshinori 978-960-9549-45-5
  • Quality of Life and Working Life in Comparison Peter Lang 2009/11 原著書 単著 978-3-631-58633-4
  • Contrastive Sociolinguistics Walter de Gruyter 1996/01 原著書 共著 Marui, I.; Nishijima, Y., et al. 9783110149661

論文

  • Different Strategies in Apologetic Situations: A Contrastive Analysis of Functionally Equivalent Routine Formulas in Japanese and German Yoshinori NISHIJIMA Intercultural Communication Studies 25巻 3号 156-167頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Teinei (丁寧), Limao (禮貌), and Kongson (恭遜): A Comparison of Japanese, Chinese, and Korean Concepts of Politeness  Lin TAO, Sumi YOON, and Yoshinori NISHIJIMA Intercultural Communication Studies 25巻 3号 134-155頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Politeness in Sign Expressions: A Comparison of English, German, and Japanese. Yoshinori Nishijima Intercultural Communication Studies (ICS) 23 巻 2 号 110-123頁 2014/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A Contrastive Analysis of Traffic Signs in Japanese and German: The Difference of Perspective 『文体論研究』 60号 17-32頁 2014/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Methods for Comparison of Perspectives in Linguistic Formulation: Japanese and German. Intercultural Communication Studies (ICS) 22巻 2号 110-123頁 2013/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 

全て表示

  • Perspectives in Japanese and German: A Contrastive Analysis of Sign Expressions in Public Spaces 19th ICL Papers 2013/07 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング) 
  • „Perspektive in Routineformeln im Deutschen und Japanischen" 『言語文化論叢』 10号 157-182頁 2006/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • Seeing-through Utterances in the Work of Franz Kafka: A Functional Analysis of Three Novels Georgeta Rata (ed.): Linguistic Studies of Human Language 55-68頁 2013/05 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • Zum Verstehen von Franz Kafkas Stück Die Bäume. - Ein textlinguistischer Ansatz zur Vielschichtigkeit des Stücks - Yoshinori NISHIJIMA 『金沢大学文学部論集 言語・文学篇』 20号 175-195頁 2000/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • Durchschauende Äußerung im Dialog von Kafkas Werken. Yoshinori NISHIJIMA 『文体論研究』 51号 13-24頁 2005/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Concepts of Labour-Related Words in German and Japanese: Comparing Lexical Semantics Gy?rgy Sz?ll & Ute Sz?ll (eds.): Quality of Life and Working Life in Comparison 151-164頁 2009/11 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • For a Contrastive Study of Routine Formulas for Controlling Communicative Behaviors in German and Japanese: A Pilot Investigation. Socio-Cultural Transformation in the 21th Century? Risks and Challenges of Social Changes. 347-357頁 2007/03 査読有 研究論文(プロシーディング) 
  • Perspectives in Routine Formulas: A Contrastive Analysis of Japanese and German Intercultural Communication Studies 19巻 2号  55-63頁 2010/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 'Freundlich' und 'höflich': Interkulturelle Aspekte des kommunikativen Verhaltens Yoshinori NISHIJIMA 『言語文化論叢』 4号 185-207頁 2000/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Concepts of Communicative Virtues (CCV) in Japanese and German 385-409頁 1996 査読有 原著論文 研究論文(その他学術会議資料等)
  • Über den Bedeutungswandel des Wortes "teinei": Zum interkulturellen Vergleich der Konzepte von kommunikativen Tugenden 『好村冨士彦教授退官記念論文集』 207-220頁 1995 査読有 原著論文 研究論文(その他学術会議資料等) 
  • Bewertende Konzepte kommunikativen Verhaltens (BKKV) und soziale und kulturelle Verhältnisse. - Ein lexikalischer Ansatz anhand der Beschreibung in Lexika 『金沢大学教養部論集』 33巻 2号  155-178頁 1996 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • Different Perspectives in Communicative Normalities: A Contrastive Analysis of Functionally Equivalent Routine Formulas in Japanese and German LNG2015-1918巻 1-12頁 2016/07/15 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング) 
  • 公共サインにおける言語表現の日独比較――新しい言語比較の手法の提案とその有効性の検証―― 西嶋義憲 『ドイツ文学論集』 47号 32-46頁 2014/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)  
  • 日独新聞記事の文体比較のために――日本語らしい報道とドイツ語らしい報道―― 西嶋義憲 『言語文化論叢』 21号 83-98頁 2017/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • カフカの『小さな女』における「お見通し行為」 西嶋義憲 『言語文化論叢』 18巻 107-126頁 2014/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • 「お見通し行為としての『父への手紙』」 『かいろす』 50号 18-31頁 2012/12 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • 「お見通し発言」と2人称断定文 ―「奇妙な」言い回しの考察― 西嶋義憲 『言語文化論叢』 19号 85-108頁 2015/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「『丁寧さ』・『礼貌』・『공손(恭遜)』――“Politeness” に対応する日常的個別概念の日・中・韓比較――」 陶琳、尹秀美 語彙研究会『語彙研究』 10号 1-12頁 2012/12 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • 「「お見通し」発言と翻訳――レトリックの翻訳可能性――」 日本独文学会中国四国支部『ドイツ文学論集』 45号 33-46頁 2012/10 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • 「見通す行為と『お見通し』発言」 日本独文学会中国四国支部『ドイツ文学論集』 44号 48-60頁 2011/10 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • 「『お見通し』発言のレトリック ――カフカの長編三作の分析――」 『文体論研究』 57号 23-35頁 2011/03 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • コミュニケーション行動評価概念の日中比較 陶琳 『語彙研究』 8号  32-44頁 2010/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • カフカと「お見通し」発言 『言語文化論叢』 14巻  53-73頁 2010/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要) 
  • コミュニケーション行動評価概念の日中比較 陶琳 『語彙研究』 7巻  66-78頁 2009/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • カフカのテクスト『失踪者』(Der Verschollene)における「お見通し」発言 ―その共感的機能をめぐって― 『かいろす』 47巻  49-63頁 2009/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • カフカの長編『訴訟』(Der Proceß)における「お見通し」発言 ―登場人物間における優位性の明示手段の分析― 『ドイツ文学論集』 42巻  39-49頁 2009/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「カフカのテクスト『城』における『お見通し』発言」 『言語文化論叢】 13巻 23-43頁 2009/03 査読無 原著論文
  • カフカのテクスト『流刑地にて』における「お見通し」発言 ―『判決』との構造的類似性の分析― 『言語文化論叢』 12巻 77-100頁 2008/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • アジアから見たヨーロッパの言語多様性とドイツ語の役割 『金沢大学経済論集』 2007/07 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「定住外国人と言語政策 ―ドイツにおける言語問題―」 『金沢大学経済学部論集』 26巻 1号 91-124頁 2006/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「ポライトネス・グラマー ―コミュニケーション行動評価概念の日韓比較―」 南相瓔、西嶋義憲、斉木麻利子 『金沢大学留学生センター紀要』 9号 1-20頁 2006/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「カフカのテクストAuf der Galerie の構造分析 ―日常的非現実話法構文との対比から―」 『言語文化論叢』 2005/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • カフカ作品における対話の「歪み」 ―Von den Gleichnissen のテクスト言語学的分析― 西嶋義憲 日本独文学会中国四国支部 『ドイツ文学論集』 33号 5-14頁 2000/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Was kann ich für Sie tun? は「偉そう」か? ―常用句を利用したコミュニケーション行動の日独比較― 西嶋義憲 『かいろす』 41号 19-36頁 2003/11 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 伝達動詞の日独対照の試み ―小説およびその翻訳を利用して― 西嶋義憲 『文体論研究』 46号 42-60頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 

講演・口頭発表等

  • "Seeing-through utterance" as Wordplay: Interpersonal Games in Fictional Conversation of Franz Kafka(会議名:The Dynamics of Wordplay)(2016/10/01)
  • Different Strategies in Apologizing Situations: A Contrastive Analysis of Functionally Equivalent Routine Formulas in Japanese and German(会議名:The 21st International Conference of International Association for Intercultural Communication Studies)(2015/07/17)
  • Politeness in Controlling Routine Formulas for Communicative Behavior: A Contrastive Study of Japanese and German(会議名:The 20th International Conference of the International Association of Intercultural Communications Studies)(2014/08/02)
  • Different Perspectives in Communicative Normalities: A Contrastive Analysis of Functionally Equivalent Routine Formulas in Japanese and German(会議名:The 8th Annual International Conference on Language & Linguistics)(2015/07/07)
  • Are Young People in Japan Getting More Polite?: Change in Use of Evaluating Concepts of Communicative Behavior in Japanese.(会議名:9th International Im/Politeness Conference)(2015/07/01)

全て表示

  • "Perspectives in Japanese and German: A Contrastive Analysis of Sign Expressions in Public Spaces"(会議名:19th International Congress of Linguists (ICL))(2013/07/21)
  • "Politeness in Routine Formulas in Public Spaces: A Comparison of English, German, and Japanese"(会議名:19th International Conference of the International Association of Intercultural Communication Studies (IAICS))(2013)
  • "A Contrastive Analysis of Traffic Signs between Japanese and German" (会議名:3rd International Conference of Meaning, Context and Cognition (MCC))(2013)
  • "Rhetorical use of non-evidentials in the work of Franz Kafka"(会議名:International Linguistic Conference: Distance in Language, Language of Distance)(2013)
  • "Teinei (丁寧)", "limao (礼貌)", and "konson (恭遜)": A Comparison of Corresponding Japanese, Chinese, and Korean Concepts of "politeness" in English "Teinei" (with Lin TAO and Sumi YOON)(会議名:The 2013 International Conference on Applied Linguistics (APLX 2013))(2013)
  • 「新聞記事の日独比較」(会議名:日本文体論学会第110回大会研究フォーラム)(2016/11/20)
  • 「ドイツの避難勧告・避難指示――日本語との比較――」(会議名:平成28年度「防災のことば研究会」第3回関西地区(特別)研究発表会)(2016/12/03)
  • 「2人称断定文と『お見通し発言』」(会議名:日本文体論学会第106回大会研究フォーラム)(2014/10/26)
  • 「公共サインの言語表現の日独比較」(会議名:第62回日本独文学会中国四国支部研究発表会)(2013/11/02)
  • 「交通標識の言語的説明表現の日独英比較 ―「らしさ」の対照―」(会議名:日本文体論学会第103回大会)(2013)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○コミュニケーション行動原則に関する共同研究
○カフカ作品の言語学的分析

科研費

○基盤研究(C)「コミュニケーション行動制御慣用表現の日独対照研究」(2008-2010) 代表者
○基盤研究(C)「標識・看板・ステッカー慣用表現の日独対照研究」(2011-2013) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「サイン表現における対人配慮の日独比較研究」(2014-2016) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「機能的に対応するが意味的には対応しないサイン表現の日独比較」(2017-2019) 代表者

学域・学類担当授業科目

○社会言語学A(2017)
○ドイツ語A3-1(2017)
○ドイツ語A3(2017)
○ドイツ語A3-1(2017)
○ドイツ語A1-1(2017)
○ドイツ語A1-2(2017)
○ドイツ語A1(2017)
○ドイツ語A1-1(2017)
○演習/社会言語学(2017)
○ヨーロッパ社会言語学(2017)
○社会言語学B(2017)
○ドイツ語A3-2(2017)
○ドイツ語A1(2017)
○ドイツ語A3(2017)
○ドイツ語A3-2(2017)
○ドイツ語A1-2(2017)
○ドイツ語A3(2016)
○ドイツ語A1(2016)
○ドイツ語A3(2016)
○演習/社会言語学(2016)
○ドイツ語A1(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○ヨーロッパ社会言語学(2016)
○社会言語学B(2016)
○社会言語学A(2016)
○ドイツ語A1(2015)
○ドイツ語A1(2015)
○ヨーロッパ社会言語学(2015)
○演習/社会言語学(2015)
○社会言語学A(2015)
○社会言語学B(2015)
○社会言語学B(2015)
○社会言語学A(2015)
○ドイツ語A3(2015)
○ドイツ語A3(2015)
○社会言語学B(2014)
○社会言語学A(2014)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A3(2014)
○ドイツ語A1(2014)
○ドイツ語A1(2014)
○演習/社会言語学(2014)
○ヨーロッパ社会言語学(2014)
○社会言語学A(2014)
○社会言語学B(2014)

大学院担当授業科目

○対照社会言語学演習a(2017)
○社会言語論(2017)
○社会言語学演習Ⅰa(国際関係コース)(2017)
○異文化間コミュニケーション演習(2017)
○社会言語学演習Ⅰb(国際関係コース)(2017)
○社会言語学演習Ⅱa(国際関係コース)(2017)
○社会言語学演習Ⅱb(国際関係コース)(2017)
○異文化間コミュニケーション(2017)
○社会言語学演習Ⅱb(日本語コース)(2017)
○社会言語学演習Ⅱa(日本語コース)(2017)
○対照社会言語学演習b(2017)
○対照社会言語学特論Ⅱb(日本語コース)(2017)
○社会言語論Ⅰ(2017)
○対照社会言語学特論b(2017)
○社会言語論演習(2017)
○社会言語学演習Ⅰb(日本語コース)(2017)
○社会言語学演習Ⅰa(日本語コース)(2017)
○対照社会言語学特論Ⅰa(日本語コース)(2017)
○対照社会言語学特論Ⅰb(日本語コース)(2017)
○対照社会言語学特論Ⅱa(日本語コース)(2017)
○対照社会言語学特論a(2017)
○対照社会言語学特論Ⅰa(国際関係コース)(2017)
○対照社会言語学特論Ⅰa(2017)
○対照社会言語学特論Ⅰb(2017)
○対照社会言語学特論Ⅱa(2017)
○対照社会言語学特論Ⅱb(2017)
○対照社会言語学演習Ⅰa(2017)
○社会言語論演習Ⅱ(2017)
○社会言語論演習Ⅰ(2017)
○社会言語論Ⅱ(2017)
○対照社会言語学演習Ⅰb(2017)
○対照社会言語学演習Ⅱa(2017)
○対照社会言語学演習Ⅱb(2017)
○対照社会言語学特論Ⅰb(国際関係コース)(2017)
○対照社会言語学特論Ⅱa(国際関係コース)(2017)
○対照社会言語学特論Ⅱb(国際関係コース)(2017)
○対照社会言語学演習Ⅰb(日本語コース)(2016)
○社会言語論演習(2016)
○対照社会言語学演習Ⅱb(日本語コース)(2016)
○対照社会言語学演習Ⅱa(日本語コース)(2016)
○対照社会言語学演習Ⅱb(2016)
○対照社会言語学演習Ⅰa(日本語コース)(2016)
○対照社会言語学特論Ⅰa(2016)
○対照社会言語学特論Ⅰ(日本語コース)(2016)
○対照社会言語学特論Ⅱ(日本語コース)(2016)
○対照社会言語学特論Ⅰ(国際コース)(2016)
○対照社会言語学演習Ⅰ(日本語コース)(2016)
○対照社会言語学演習Ⅱ(日本語コース)(2016)
○異文化間コミュニケーション演習(2016)
○社会言語論演習Ⅰ(2016)
○対照社会言語学演習Ⅱ(国際コース)(2016)
○異文化間コミュニケーション(2016)
○対照社会言語学演習Ⅰ(国際コース)(2016)
○対照社会言語学特論Ⅱ(国際コース)(2016)
○対照社会言語学特論Ⅱa(日本語コース)(2016)
○対照社会言語学演習Ⅱa(国際コース)(2016)
○対照社会言語学演習Ⅰb(国際コース)(2016)
○対照社会言語学演習Ⅰa(国際コース)(2016)
○対照社会言語学特論Ⅰa(日本語コース)(2016)
○対照社会言語学特論Ⅱb(国際コース)(2016)
○対照社会言語学特論Ⅱa(国際コース)(2016)
○対照社会言語学特論Ⅰb(国際コース)(2016)
○対照社会言語学特論Ⅰa(国際コース)(2016)
○社会言語論(2016)
○対照社会言語学演習Ⅰa(2016)
○対照社会言語学特論Ⅱb(日本語コース)(2016)
○対照社会言語学特論Ⅰb(2016)
○対照社会言語学演習Ⅱb(国際コース)(2016)
○対照社会言語学特論Ⅰb(日本語コース)(2016)
○対照社会言語学演習a(2016)
○対照社会言語学特論a(2016)
○社会言語論Ⅰ(2016)
○社会言語論演習Ⅱ(2016)
○社会言語論Ⅱ(2016)
○異文化間コミュニケーション(2015)
○異文化間コミュニケーション演習(2015)
○社会言語論演習(2015)
○社会言語論(2015)
○対照社会言語学特論Ⅰ(2015)
○対照社会言語学特論Ⅱ(2015)
○対照社会言語学特論Ⅰ(2015)
○対照社会言語学特論Ⅱ(2015)
○対照社会言語学演習Ⅰ(2015)
○対照社会言語学演習Ⅱ(2015)
○対照社会言語学演習Ⅰ(2015)
○対照社会言語学演習Ⅱ(2015)
○対照社会言語学演習a(2015)
○対照社会言語学特論a(2015)
○異文化間コミュニケーション演習(2014)
○異文化間コミュニケーション(2014)
○社会言語論(2014)
○対照社会言語学特論Ⅰ(2014)
○対照社会言語学演習Ⅰ(2014)
○対照社会言語学演習Ⅰ(2014)
○対照社会言語学特論Ⅰ(2014)
○対照社会言語学演習a(2014)
○対照社会言語学特論a(2014)

他大学の客員教授

○レーゲンスブルク大学

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○カフカ作品内対話の「歪み」(キーワード:カフカ,歪み,対話)
○コミュニケーション行動の日独の違い(キーワード:社会,コミュニケーション,相互行為)

その他公的社会活動

○石川日独協会(副会長)(2007-2016) ドイツ文化の紹介、日本人とドイツ人との交流促進など
○石川EU協会(事務局長)(2008-2016) EUに関する情報の提供など
○石川日独協会(会長)(2016-) ドイツ文化の紹介、日本人とドイツ人との交流促進など

このページの先頭へ