本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年02月15日

中尾 眞二 (なかお しんじ) 教授 NAKAO Shinji

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 細胞移植学
附属病院副病院長

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 がん医科学専攻 細胞移植学

所属研究室等

細胞移植学 TEL:076-265-2274 FAX:076-234-4252

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 血液病学 1984/03 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学科 1980
【取得学位】
甲種博士号

職歴

アメリカ国立衛生研究所 臨床血液部門 客員研究員(1997/04/24-1999/04/30)

生年月

1955年08月

所属学会

日本内科学会 評議員(2003-2018)
日本血液学会 理事(2003-2005)
日本輸血学会
アメリカ血液学会 Corresponding Member(1995-1995)
日本造血細胞移植学会 副理事長(2011-2018)

学内委員会委員等

受賞学術賞

○第6回日本血液学会賞(2017/10/19)
○難病医学研究財団第18回研究奨励助成金(1994/01/27)
○平成7年度持田記念医学薬学振興財団研究助成金(1995/06/24)
○平成5年度内藤医学研究振興財団研究助成金(1993/04/20)

専門分野

再生不良性貧血 造血幹細胞移植 マイナー組織適合抗原、内科学一般(含心身医学)、免疫学

専門分野キーワード

再生不良性貧血、移植片対白血病作用、骨髄不全

研究課題

自己免疫性の再生不良性貧血の発症機序の解明

同種骨髄移植後の移植片対白血病作用の増強に関する研究

骨髄不全における免疫病態の解明

著書

  • 「 免疫学辞典」第2版 東京化学同人 2001/12 原著書 単著 中尾眞二
  • Annal Review血液 2001 中外医学社 2001/02 原著書 単著 中尾眞二
  • Annual Review 血液 1997 中外医学社 1997/01 原著書 単著 中尾眞二
  • Annual Review血液 中外医学社 1997/01 原著書 単著 中尾眞二
  • KEY WORD 1998-2000 血液 先端医学社 1998/08 原著書 単著 中尾眞二

全て表示

  • Molecular Medicine臨時増刊号 症候・病態の分子メカニズム 中山書店 1998/12 原著書 単著 中尾眞二
  • インフォームド・コンセントガイダンス?血液疾患診療編? 先端医学社 2001/10 原著書 単著 中条達也,中尾眞二
  • 今日の治療指針 2000年版?私はこう治療している 医学書院 2000/01 原著書 単著 中尾眞二
  • 治療2月増刊号 南江堂 2001/02 原著書 単著 中尾眞二
  • 疾患別最新処方 メジカルレビュー社 1998/12 原著書 単著 中尾眞二
  • 新しい造血幹細胞移植 南江堂 1998 原著書 単著 中尾眞二
  • 専門医がすすめる最新処方128ーこんな時この処方ー 総合医学社 2002/01 原著書 単著 中尾眞二
  • 白血病治療マニュアル 南江堂 2001/02 原著書 単著 中尾眞二
  • 分子予防医学 医学書院 1999/10 原著書 単著 中尾眞二
  • 免疫抑制薬の選び方と使い方 南光堂 1999/09 原著書 単著 中尾眞二
  • 臨床薬物治療学 疾病の解説と薬の使い方 アークメディア 2000/04 原著書 単著 中尾眞二
  • Annal Review血液2002 中外医学社 2002/01 原著書 共著 中条達也、中尾眞二
  • 別冊・医学のあゆみ 血液疾患 Ver.2-state of arts 医歯薬出版 1998/06 原著書 共著 中条達也、中尾眞二
  • 別冊日本臨床 血液症候群I 日本臨床社 1998/08 原著書 共著 中尾眞二、松田 保
  • アトラス対応血液病学ケーススタディ 医薬ジャーナル社 2001/12 原著書 単著 中尾眞二
  • 看護のための最新医学講座?血液・造血器疾患 中山書店 2001/08 原著書 単著 中尾眞二
  • 血液疾患診療マニュアル 日本医師会 2000/10 原著書 単著 中尾眞二
  • 最新内科学大系プログレス3 血液・造血器疾患 中山書店 1997/06 原著書 単著 中尾眞二
  • 内科学 文光堂 1999/09 原著書 単著 中尾眞二
  • Aplastic anemia-pathophysiology, epidemiology, clinical presentation and treatment Cambridge University Press 2000 原著書 単著 Nakao S
  • Paroxysmal nocturnal hemoglobinuria and related diorders 2003/09 原著書 共著 Nakao S, Wang HB, Chuhjo T
  • Annual Review血液2004 中外医学社 2004/01 原著書 共著 中尾眞二

論文

  • Hematopoiesis by iPSC-derived hematopoietic stem cells of aplastic anemia that escape cytotoxic T-cell attack Espinoza JL, Elbadry MI, Chonabayashi K, Yoshida Y, Katagiri T, Harada K, Nakagawa N, Zaimoku Y, Imi T, Hassanein HA, Khalifa ANA, Takenaka K, Akashi K, Hamana H, Kishi H, Akatsuka Y, Nakao S Blood Adv 2巻 390-400頁 2018 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Large-Volume Leukapheresis法を用いた末梢血幹細胞採取?効率と安全性? 佐藤英洋、塩原信太郎、 ほか3名 日本輸血学会誌 44巻 11号 41-48頁 1998/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Immune-Mediated Hematopoietic Failure after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation: A Common Cause of Late Graft Failure in Patients with Complete Donor Chimerism.  Maruyama K, Aotsuka N, Kumano Y, Sato N, Kawashima N, Onda Y, Maruyama H, Katagiri T, Zaimoku Y, Nakagawa N, Hosomichi K, Ogawa S, Nakao S Biol Blood Marrow Transplan 24巻 43-49頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ranimustine投与後に急性骨髄性白血病(M1)へ急性転化した血小板増加症を伴う骨髄線維症 三浦裕次、中尾眞二、 ほか5名 癌の臨床 43巻 13号 1607-1612頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The simultaneous inhibition of the mTOR and MAPK pathways with Gnetin-C induces apoptosis in acute myeloid leukemia Espinoza JL, Elbadry MI, Taniwaki M, Harada K, Trung LQ, Nakagawa N, Takami A, Ishiyama K, Yamauchi T, Takenaka K, Nakao S Cancer Lett 400巻 127-136頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • シクロスポリンMEPCの再生不良性貧血および赤芽球癆に対する臨床使用経験 溝口秀昭、北村 聖、 ほか10名 Biotherapy 12巻 11号 1459-1472頁 1998/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic value of sequencing-based minimal residual disease detection in patients with multiple myeloma who underwent autologous stem-cell transplantation Takamatsu H, Takezako N, Zheng J, Moorhead M, Carlton VEH, Kong KA, Murata R, Ito S, Miyamoto T, Yokoyama K, Matsue K, Sato T, Kurokawa T, Yagi H, Terasaki Y, Ohata K, Matsumoto M, Yoshida T, Faham M, Nakao S Ann Oncol 28巻 2503-2510頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 再生不良性貧血における免疫学的機序の多様性:シクロスポリン反応例における骨髄T細胞レパトアの解析 中尾眞二、曽 維華、 ほか3名 厚生省特定疾患に関する免疫研究班平成9年度研究業績報告書 28-31頁 1998 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 再生不良性貧血患者骨髄におけるVβ15+T細胞クロノタイプの相同性 中尾眞二、曽 維華、 ほか3名 厚生省特定疾患に関する免疫研究班平成8年度研究業績報告書 27-29頁 1997/03 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Administration of G-CSF to normal individuals diminishes L-selectin+T cells in the peripheral blood that respond better to alloantigen stimulation than L-selectin- T cells. Sugimori N, Nakao S, ほか8名 Bone Marrow Transplant 23巻 2号 119-124頁 1999/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Allogeneic bone marrow transplantation for a patient complicated by chronic hepatitis due to precore mutant hepatitis B virus: failure of management with interferon-a therapy. Miura Y, Takamatsu H,ほか4名 Am J Hematol 54巻 4号 344-345頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Allogeneic peripheral blood stem cell transplantation for standard-risk leukemia. Harada M, Shinagawa K,ほか14名 Bone Marrow Transplant 21巻 sup3号 S54-S56頁 1998/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • All-trans retinoic acid is partially effective against lipopolysaccharide-induced but not against tissue-factor-induced disseminated intravascular coagulation in rat models. Asakura H, Aoshima K, ほか 10名 Blood Coagul Fibrinolysis 12巻 4号 301-306頁 2001/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An enhanced fibrinolysis prevents the development of multiple organ failure in disseminated intravascular coagulation in spite of much activation of blood coagulation. Asakura H, Ontachi Y, ほか 8名 Crit Care Med 29巻 6号 1164-1168頁 2001/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Apheresis therapy for prolonged red cell aplasia after major ABO-mismatched bone marrow transplantation. Ohta S, Yokoyama H,ほか6名 Intern Medicine 36巻 7号 487-491頁 1997/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Beneficial effect of the active form of vitamin D3 against LPS-induced DIC but not against tissue-factor-induced DIC in rat models. Asakura H, Aoshima K, ほか 6名 Thromb Haemost 85巻 2号 287-290頁 2001/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Blockade of eosinophil migration and airway hyperresponsiveness by cPLA2-inhibition. Myou S, Sano H, ほか 11名 Nat Immunol 2巻 2号 145-149頁 2001/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CD20-positive T-cell chronic lymphocytic leukaemia. Takami A, Saito M,ほか7名 Br J Haematol 102巻 1327-1329頁 1998/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CD4(+) cytotoxic T-cell clones specific for bcr-abl b3a2 fusion peptide augment colony formation by chronic myelogenous leukemia cells in a b3a2-specific and HLA-DR-restricted manner. Yasukawa M, Ohminami H,ほか10名 Blood 92巻 9号 3355-3361頁 1998/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CD59-deficient blood cells and PIG-A gene abnormalities in Japanese patients with aplastic anaemia. Azenishi Y, Ueda E, ほか8名 Br J Haematol 104巻 3号 523-529頁 1999/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CD8-depleted donor leukocyte transfusions for cytomegalovirus antigenemia in patient with acute lymphoblastic leukemia treated with allogeneic CD34(+) cell transplantation. Okumura H, Yoshida T, ほか7名 Am J Hematol 65巻 4号 278-280頁 2000/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of T-cell repertoire in the bone marrow of immune-mediated aplastic anemia: evidence for the involvement of antigen-driven T cell response in cyclosporine-dependent aplastic anemia. Zeng W, Nakao S, ほか8名 Blood 93巻 9号 3008-3016頁 1999/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of the T-cell repertoire in autologous graft-versus-host disease (GVHD): evidence for the involvement of antigen-driven T-cell response in the development of autologous GVHD. Miura Y, Thoburn CJ, ほか 6名 Blood 98巻 3号 868-876頁 2001/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Consensus Conference on the Treatment of Aplastic Anemia. Kojima S, Nakao S, ほか6名 Int J Hematol 72巻 1号 118-123頁 2000/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cytotoxicity against lymphoblastoid cells mediated by a T-cell clone from an aplastic anaemia patient: role of CD59 on target cells. Takami A, Zeng W, ほか3名 Br J Haematol 107巻 4号 791-796頁 1999/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Decreased plasma activity of antithrombin or protein C is not due to consumption coagulopathy in septic patients with disseminated intravascular coagulation. Asakura H, Ontachi Y, ほか12 名 Eur J Haematol 67巻 3号 170-175頁 2001/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Depressed plasma activity of plasminogen or alpha2 plasmin inhibitor is not due to consumption coagulopathy in septic patients with disseminated intravascular coagulation. Asakura H, Ontachi Y, ほか 9名 Blood Coagul Fibrinolysis 12巻 4号 275-281頁 2001/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dominant negative isoform of the Ikaros gene in patients with adult B-cell acute lymphoblastic leukemia. Nakase k, Ishimaru F, ほか23名 Cancer Res 60巻 15号 4062-4065頁 2000/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Donor leukocyte infusion for Japanese patients with relapsed leukemia after allogeneic bone marrow transplantation: indications and dose escalation. Shiobara S,Nakao S, ほか 12名 Ther Apher 5巻 1号 40-45頁 2001/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Donor leukocyte infusion for Japanese patients with relapsed leukemia after allogeneic bone marrow transplantation: lower incidence of acute graft-versus-host disease and improved outcome. Shiobara S, Nakao S, ほか12名 Bone Marrow Transplant 26巻 7号 769-774頁 2000/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Early establishment of hematopoietic chimerism following allogeneic peripheral blood stem cell transplantation in comparison with allogeneic bone marrow transplantation. Nakao S, Zeng W, ほか9名 Eur J Haematol 62巻 4号 265-270頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of a cysteinyl leukotriene antagonist, pranlukast hydrate, on acetaldehyde-induced bronchoconstriction in asthmatic patients. Myou S, Fujimura M, ほか 9名 Prostaglandins Leukot Essent Fatty Acids 65巻 1号 41-44頁 2001/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of aerosolized administration of KF19514, a phosphodiesterase 4 inhibitor, on bronchial hyperresponsiveness and airway inflammation induced by antigen inhalation in guinea-pigs. Myou S, Fujimura M, ほか4名 Clin Exp Allergy 30巻 5号 713-718頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of oral steroids on blood CXCR3+ and CCR4+ T cells in patients with bronchial asthma. Kurashima K, Fujimura M,ほか8名 Am J Respir Crit Care Med 164巻 5号 754-758頁 2001/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of suplatast tosilate, a new type of anti-allergic agent, on airway cough hypersensitivity induced by airway allergy in guinea-pigs. Myou S, Fujimura M, ほか 6名 Clin Exp Allergy 31巻 12号 1939-1944頁 2001/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Elevated levels of free tissue factor pathway inhibitor antigen in cases of disseminated intravascular coagulation caused by various underlying diseases. Asakura H, Ontachi Y, ほか 9名 Blood Coagul Fibrinolysis 12巻 1号 1-8頁 2001/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Elevated plasma levels of free-form of TFPI antigen in hypercholesterolemic patients. Morishita E, Yamaguchi K,ほか7名 Atherosclerosis 154巻 1号 203-212頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced mobilization of hematopoietic progenitor cells by mouse MIP-2 and granulocyte colony-stimulating factor in mice. Wang J, Mukaida N,ほか4名 J Leukoc Biol 62巻 4号 503-509頁 1997/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Graft rejection and recovery of host-derived hematopoiesis after allogeneic bone marrow transplantation: relation to conditioning with high dose etoposide and total body irradiation. Hara M, Shinagawa K,ほか9名 Int J Hematol 68巻 1号 95-100頁 1998/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • GVHD after transfusion of stored RBC concentrates in a solution of mannitol, adenine, phosphate, citrate, glucose, and NaCl following trauma. Kita T, Nei j, ほか6名 transfusion 40巻 3号 297-301頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of T-cell clones showing expansion associated with graft-versus-leukemia effect on chronic myelogenous leukemia in vivo and in vitro. Kondo Y, Shiobara S, ほか1名 Exp Hematol 29巻 4号 471-476頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Impaired response of granulocyte-committed progenitor cells to stem cell factor and granulocyte colony-stimulating factor in human cyclic neutropenia. Takami A, Nakao S, ほか2名 Ann Hematol 78巻 4号 197-199頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of autocytotoxic T cells with cyclosporine and interferon-_ for patients with non-Hodgkin's lymphoma after transplantation of peripheral blood stem cells. Nakao S, Miura Y,ほか6名 J Allergy Clin Immunol 100巻 6 pt 2号 S65-S69頁 1997/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of autologous graft-versus-host disease with cyclosporin A after peripheral blood stem cell transplantation: analysis of factors affecting induction. Miura Y, Ueda M, ほか7名 J Allergy Clin Immunol 106巻 1 pt 2号 S51-S57頁 2000/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of immature erythroid progenitor cell proliferation by macrophage inflammatory protein-1alpha by interacting mainly with a C-C chemokine receptor, CCR1. Su S, Mukaida N,ほか5名 Blood 90巻 2号 605-611頁 1997/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Isolation of a T-cell clone showing HLA-DRB1*0405-restricted cytotoxicity for hematopoietic cells in a patient with aplastic anemia Nakao S, Takami A,ほか11名 Blood 89巻 10号 3691-3699頁 1997/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lymphocyte collection for donor leukocyte infusion from normal donors: estimation of the minimum processed blood volume and safety of the procedure. Sato H, Shiobara S, ほか3名 Vox Sang 81巻 2号 124-127頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Marked difference in pathophysiology between tissue factor- and lipopolysaccharide-induced disseminated intravascular coagulation models in rats. Asakura H, Suga Y, ほか10名 Crit Care Med 30巻 1号 161-164頁 2002/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Menatetrenone, a vitamin K(2) analog, ameliorates cytopenia in patients with refractory anemia of myelodysplastic syndrome. Takami A, Asakura H, ほか1名 Ann Hematol 81巻 1号 16-19頁 2001/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Monitoring of human herpesviruses after allogeneic peripheral blood stem cell transplantation and bone marrow transplantation. Maeda Y, Teshima T, ほか15名 Br J Haematol 105巻 1号 295-302頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Non-myeloablative stem cell transplantation for accelerated-phase chronic myeloid leukaemia: circumvention of graft rejection with donor leucocyte infusion early after transplantation. Takami A, Chuhjo T, ほか6 名 Br Jhaematol 115巻 2号 483-484頁 2001/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • One missense mutation in the factor X gene causing factor X deficiency--factor X Kanazawa. Morishita E, Yamazaki K, ほか 7名 Int J Hematol 73巻 3号 390-392頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pneumonitis and eosinophilia induced by ethambutol. Takami A, Nakao S,ほか4名 J Allergy Clin Immunol 100巻 5号 712-713頁 1997/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reasons for the delays in the definitive diagnosis of lung cancer for more than one year from the recognition of abnormal chest shadows. Yoshimoto A, Tsuji H, ほか6名 Intern Med 41巻 2号 95-102頁 2002/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Relative increase of granulocytes with a paroxysmal nocturnal haemoglobinuria phenotype in aplastic anaemia patients: the high prevalence at diagnosis. Wang H, Chujo T,ほか5名 Eur J Haematol 66巻 3号 200-205頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sensory neuropeptides are not involved in acetaldehyde-induced bronchoconstriction in guinea-pigs. Myou S, Fujimura M, ほか7名 J Auton Pharmacol 21巻 3号 139-143頁 2001/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Successful non-myeloablative stem cell transplantation for a heavily transfused woman with severe aplastic anemia complicated by heart failure. Nishio M, Nakao S, ほか7 名 Bone Marrow Transplant 28巻 8号 783-785頁 2001/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Successful therapy of myelodysplastic syndrome with menatetrenone, a vitamin K2 analog. Takami A, Nakao S, ほか3名 Int J Hematol 69巻 1号 24-36頁 1999/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Successful treatment of B-cell lymphoma associated with hemophagocytic syndrome using autologous peripheral blood CD34 positive cell transplantation followed by induction of autologous graft-versus-host disease. Takami A, Nakao S, ほか4名 Ann Hematol 79巻 7号 389-391頁 2000/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Successful treatment of Epstein-Barr virus-associated natural killer cell large granular lymphocytic leukaemia using allogeneic peripheral blood stem cell transplantation. Takami A, Nakao S,ほか10名 Bone Marrow Transplant 21巻 12号 1279-1282頁 1998/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Successful treatment of persistent erythroid aplasia caused by parvovirus B19 infection in a patient with variable immunodeficiency with low-dose immunoglobulin. Chuhjo T, Nakao S, ほか1名 Am J Haematol 60巻 3号 222-224頁 1999/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Vitamin K administration to elderly patients with osteoporosis induces no hemostatic activation, even in those with suspected vitamin K deficiency. Asakura H, Myou S, ほか7名 Osteoporos Int 12巻 12号 996-1000頁 2001/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reduced-intensity allogeneic stem cell transplantation for renal cell carcinoma: in vivo evidence of a graft-versus-tumor effect Takami A, Nakao S,ほか3名 HAEMATOLOGICA 89巻 375-376頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Polyclonal hematopoiesis maintained in patients with bone marrow failure harboring a minor population of paroxysmal nocturnal hemoglobinuria-type cells Ishiyama K, Nakao S, ほか4名 BLOOD 102巻 4号 1211-1216頁 2003/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Clinical significance of a minor population of paroxysmal nocturnal hemoglobinuria-type cells in bone marrow failure syndrome Wang H, Nakao S,ほか3名 BLOOD 100巻 12号 3897-3902頁 2002/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Graft-versus-leukemia effect of allogeneic stem cell transplantation; a Japanese single center study Ishiyama K, Nakao S, ほか3名 HAEMATOLOGICA 89巻 7号 887-889頁 2004/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Enhancement of cyclosporin A-induced autologous graft-versus-host disease after peripheral blood stem cell transplantation by utilizing selected CD34(+) cells Miura Y, Nakao S, ほか4名 BONE MARROW TRANSPLANTATION 32巻 8号 785-790頁 2003/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Clinical significance and origin of leukocytes that lack HLA-A allele expression in patients with acquired aplastic anemia Exp Hematol 44巻 931-939頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Glycosylphosphatidylinositol-specific T cells, IFN-gamma-producing T cells, and pathogenesis of idiopathic aplastic anemia Blood 129巻 388-392頁 2017 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • A functional polymorphism in the NKG2D gene modulates NK-cell cytotoxicity and is associated with susceptibility to Human Papilloma Virus-related cancers Sci Rep 6巻 39231頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hypomegakaryocytic thrombocytopenia (HMT): an immune-mediated bone marrow failure characterized by an increased number of PNH-phenotype cells and high plasma thrombopoietin levels Br J Haematol  175巻 246-251頁 2016 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of an HLA class I allele closely involved in the auto-antigen presentation in acquired aplastic anemia Blood in press巻 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

○再生不良性貧血患者血清に存在する自己抗体の検出方法(公開年月:2005/11/01)(出願国名:日本)(特許番号:3735676)

共同研究希望テーマ

○骨髄不全における免疫病態の診断方法の確立
○造血器腫瘍に対する新規ワクチン療法の開発
○新規マイナー組織適合抗原の同定

科研費

○基盤研究(C)「再生不良性貧血の原因としてのheat shock protein70 の解析」(1997-) 代表者
○基盤研究(C)「再生不良性貧血の原因としてのheat shock protein70 の解析」(1998-) 代表者
○基盤研究(C)「自己免疫性再生不良性貧血における自己抗原の同定」(1999-) 代表者
○基盤研究(C)「自己免疫性再生不良性貧血における自己抗原の同定」(2000-) 代表者
○基盤研究(B)「自己免疫性再生不良性貧血における自己抗原の解析-CD4陽性T細胞エピトープの同定-」(2001-) 代表者
○基盤研究(B)「自己免疫性骨髄不全発症の引き金となる自己抗原の同定」(2009-) 代表者
○萌芽研究(2002-2008)「PIG-A遺伝子変異をマーカーとしたヒト造血幹細胞動態の解明」(2009-) 代表者
○「多施設共同医師主導治験による新規医薬品の効果に関する臨床的エビデンス創出と新移植技術の開発研究」(2009-) 分担者
○「同種造血幹細胞移植成績の一元化登録と国際間の共有およびドナーとレシピエントのQOLを視野に入れた成績の向上に関する研究」(2009-) 分担者
○「特発性造血障害に関する調査研究」(2009-) 分担者
○「再発等の難治性造血器腫瘍に対する同種造血幹細胞移植を用いた効果的治療法確立に関する研究」(2009-) 分担者
○「成人難治性造血器腫瘍に対する非血縁者間の同種造血幹細胞移植法の確立に関する研究」(2009-) 分担者
○「アレムツズマブを用いたHLA不一致同種造血幹細胞移植療法の医師主導治験および造血幹細胞移植領域における医師主導治験発展のための研究」(2009-)
○基盤研究(B)「自己抗体とCLIP置換型Ii鎖ライブラリーを利用した再生不良性貧血自己抗原の同定」(2008-) 代表者
○萌芽研究(2002-2008)「自己抗体による免疫担当細胞からのサイトカイン分泌増強を介した骨髄不全病態の解析」(2008-) 代表者
○「多施設共同医師主導治験による新規医薬品の効果に関する臨床的エビデンス創出と新移植技術の開発研究」(2008-) 分担者
○「同種造血幹細胞移植成績の一元化登録と国際間の共有およびドナーとレシピエントのQOLを視野に入れた成績の向上に関する研究」(2008-) 分担者
○「特発性造血障害に関する調査研究」(2008-) 分担者
○「再発等の難治性造血器腫瘍に対する同種造血幹細胞移植を用いた効果的治療法確立に関する研究」(2008-) 分担者
○「成人難治性造血器腫瘍に対する非血縁者間の同種造血幹細胞移植法の確立に関する研究」(2008-) 分担者
○基盤研究(B)「自己抗体とCLIP置換型Ii鎖ライブラリーを利用した再生不良性貧血自己抗原の同定」(2007-) 代表者
○萌芽研究(2002-2008)「自己抗体による免疫担当細胞からのサイトカイン分泌増強を介した骨髄不全病態の解析」(2007-) 代表者
○「特発性造血障害に関する調査研究・特発性造血障害に関する調査研」(2007-) 分担者
○「アレムツズマブを用いたHLA不一致同種造血幹細胞移植療法の医師主導治験および造血幹細胞移植領域における医師主導治験発展のための研究」(2007-) 分担者
○「再発等の難治性造血器腫瘍に対する同種造血幹細胞移植を用いた効果的治療法確立に関する研究」(2007-) 分担者
○「成人難治性造血器腫瘍に対する非血縁者間の同種造血幹細胞移植法の確立に関する研究:同種移植に伴う免疫不全対策に関する研究」(2007-) 分担者
○基盤研究(B)「骨髄不全における自己抗体特異的T細胞を介したPNHクローン増幅メカニズムの解明」(2006-) 代表者
○「特発性造血障害に関する調査研究」(2006-) 分担者
○「同種造血幹細胞移植治療の成績向上を目指した包括的臨床研究」(2006-) 分担者
○「アレムツズマブを用いたHLA二座以上不一致血縁ドナーからの同種造血幹細胞移植療法の開発に関する研究」(2006-) 分担者
○基盤研究(B)「骨髄不全における自己抗原特異的T細胞を介したPNHクローン増幅メカニズムの解明」(2005-) 代表者
○萌芽研究(2002-2008)「抗原ペプチド/MHC分子高結合性CTLの誘導を指標とした腫瘍抗原の同定:新規ワクチン療法の開発」(2005-) 代表者
○「特発性造血障害に関する調査研究」(2005-) 分担者
○「若年者骨髄性造血器腫瘍を対象とした骨髄破壊的前処置と骨髄非破壊的前処置を用いた同種末梢血幹細胞移植の比較検討(第Ⅲ相ランダム化盲検比較試験)」(2005-) 分担者
○「同種造血幹細胞移植治療の成績向上を目指した包括的臨床研究」(2005-) 分担者
○「アレツズマブを用いたHLAニ座以上不一致血縁ドナーからの同種造血幹細胞移植療法の開発に関する研究」(2005-) 分担者
○「アレムツズマブを用いたHLA不一致同種造血幹細胞移植療法の医師主導治験および造血幹細胞移植領域における医師主導治験発展のための研究」(2008-) 分担者
○⑥ 革新的がん医療実用化研究事業 難治性がんの標準的治療法の開発に関する臨床研究「TP53遺伝子変異陽性骨髄異形成症候群に対する新規治療戦略」(2017-2019) 分担者
○厚生労働科学研究委託費 難治性疾患実用化研究事業「次世代シーケンシングによる再発・難治性後天性赤芽球癆の診断と治療に関する研究」(2017-2019) 分担者
○厚生労働科学研究委託費 難治性疾患実用化研究事業「骨髄異形成症候群(MDS)のオミックス解析による治療反応性および病型進展の新たなバイオマーカーの同定とその実用化に関する研究」(2016-2018) 分担者
○基盤研究(B)「再生不良性貧血におけるクローン性造血機序の解明」(2016-2018) 代表者
○基盤研究(B)「再生不良性貧血におけるゲノム異常を利用した造血抑制因子の同定」(2012-2014) 代表者
○挑戦的萌芽研究「造血幹細胞におけるHLAアレル欠失現象を利用した再生不良性貧血自己抗原の同定」(2011-2012) 代表者
○挑戦的萌芽研究「PIG-A遺伝子変異をマーカーとしたヒト造血幹細胞動態の解明」(2009-2010) 代表者
○基盤研究(B)「自己免疫性骨髄不全発症の引き金となる自己抗原の同定」(2009-2011) 代表者

学域・学類担当授業科目

○内科学臨床実習BSL(2017)
○一般内科(2017)
○一般内科(2017)
○免疫アレルギー(2017)
○内科学臨床実習BSL(2017)
○呼吸器(2017)
○血液(2017)
○感染症(2017)
○感染症(2016)
○免疫アレルギー(2016)
○血液(2016)
○内科学臨床実習BSL(2016)
○呼吸器(2016)
○内科学臨床実習BSL(2015)
○血液(2015)
○免疫アレルギー(2015)
○呼吸器(2015)
○感染症(2015)
○免疫アレルギー(2014)
○呼吸器(2014)
○血液(2014)
○感染症(2014)

大学院担当授業科目

○分子生物学入門(2017)
○細胞移植学特論(2017)
○臨床腫瘍学演習(2017)
○臨床腫瘍学特論(2017)
○細胞移植学特論(2017)
○内科学概論(2017)
○細胞移植学特論(2017)
○分子生物学入門(2017)
○臨床腫瘍学特論(2017)
○分子生物学入門(2017)
○細胞移植学特論(2017)
○内科学概論(2017)
○臨床腫瘍学特論(2017)
○細胞移植学特論(2017)
○臨床腫瘍学特論(2017)
○臨床腫瘍学演習(2017)
○細胞移植学特論(2017)
○分子生物学入門(2017)
○分子生物学入門(2017)
○臨床腫瘍学演習(2017)
○臨床腫瘍学演習(2017)
○メディカルサイエンスセミナー(2016)
○臨床腫瘍学特論(2016)
○分子生物学入門(2016)
○臨床腫瘍学特論(2016)
○臨床腫瘍学演習(2016)
○臨床腫瘍学演習(2016)
○臨床腫瘍学演習(2016)
○臨床腫瘍学特論(2016)
○細胞移植学特論(2016)
○細胞移植学特論(2016)
○内科学概論(2016)
○分子生物学入門(2016)
○細胞移植学特論(2016)
○分子生物学入門(2016)
○分子生物学入門(2015)
○臨床腫瘍学演習(2015)
○臨床腫瘍学特論(2015)
○細胞移植学特論(2015)
○細胞移植学特論(2014)
○分子生物学入門(2014)
○臨床腫瘍学特論(2014)
○臨床腫瘍学演習(2014)
○研究倫理(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○貧血の診療
○がんの免疫療法
○血液のがん

その他公的社会活動

このページの先頭へ