本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2018年04月05日

今村 龍 (いまむら りゆう) 助教 IMAMURA Ryu

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

がん進展制御研究所 腫瘍動態制御研究部門

教育分野

【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 がん医科学専攻

所属研究室等

腫瘍動態制御研究部門 TEL:076-264-6764 FAX:076-234-4513

学歴

【出身大学院】
熊本大学 博士課程 医学研究科 医学研究科(生理系) 1993/03 修了
【出身大学】
熊本大学 医学部 医学部進学課程、専門課程 1989/03 卒業
【取得学位】
医学博士

職歴

DNAX研究所 シグナル伝達研究分野 ポストドクトラルフェロー(1994/05/17-1998/09/30)
熊本大学医学部付属病院 中央検査部 医員(1993/04/02-1994/05/16)

生年月

1963年08月

所属学会

日本分子生物学会
日本免疫学会
日本癌学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

免疫学、分子生物学、病態医化学

専門分野キーワード

肝細胞増殖因子、Met受容体、自然免疫、Fasリガンド、炎症、シルナル伝達、転写因子

研究課題

肝細胞増殖因子(HGF)/Met受容体システムの分子・個体レベルでの解析およびその臨床応用

NLRファミリー蛋白と炎症・発がん

Fasリガンドの生理的役割に関する研究

アポトーシスと炎症の連関に関する研究

著書

論文

  • Hepatocyte Growth Factor in Physiology and Infectious Diseases Cytokine in press巻 2017 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Anti-inflammatory activity of PYNOD and its mechanism in human and mice 今村 龍ほか8名 J. Immunol. 184号 5874-5884頁 2010/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The involvement of p38MAPK in impaired neutrophil bactericidal activity of hemodialysis patients. Therapeutic Apheresis and Dialysis  2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Different growth and metastatic phenotypes associated with cell-intrinsic changeof Met in matastatic melanoma Oncotarget in press巻 70779-70793頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • NLRP3 Mediates NF-κB Activation and Cytokine Induction in Microbially Induced and Sterile Inflammation T. Kinoshita, R. Imamura, H. Kushiyama, T. Suda PLoS One 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Pyropotic cells externalize eat-me and release find-me signals and efficiently engulfed by macrophages. Int. Immunol. 25巻 363-372頁 2013/06 査読有 原著論文
  • Roles of the PI3K/Akt pathway and autophagy in TLR3 signaling-induced apoptosis and growth arrest of human prostate cancer cells. Cancer Immunol Immunothe 61巻 667-676頁 2012/05 査読有 原著論文
  • Fas ligand has a greater impact than TNF-alpha on apoptosis and inflammation in ischemic acute kidney injury. Nephron Extra 2巻 27-38頁 2012/01 査読有 原著論文
  • Caspase-1 induces apoptosis-associated speck-like protein containing caspase-recruitment domain (ASC)-mediated necrosis independently of its caspase activity 茂谷康、串山裕子、今村龍ほか3名 J. Biol. Chem. 2011/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Activation of ASC induces apoptosis or necrosis, depending on the cell type, and causes tumor eradication. 茂谷康、川瀬浩司、今村龍ほか3名 Cancer Sci. 101号 1822-1827頁 2010/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Distinct NFAT family proteins are involved in the nuclear NFAT-DNA bunding complexes from human thymocyte subsets Y.Amasaki, E.S.Masuda, R.Imamura, K.Arai, and N.Arai J. Immunol. 160巻 5号 2324-2333頁 1998/03 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Signalling into the T cell nucleus: NFAT regulation E.S.Masuda, R.Imammura, Y.Amasaki, K.Arai, and N. Arai Cell. Signal. 10巻 9号 599-611頁 1998/10 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The membrane-bound but not the soluble form of human Fas ligand is responsible for its inflammatory activity K.Shudo, K.Kinoshita, R.Imamura, H.Fan, K.Hasumoto, M.Tanaka, S.Nagata, and T.Suda Eur.J.Immunol. 31巻 8号 2504-2511頁 2001/08 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genomic structure and inducible expression of the IL-22 receptor a chain in mice 立入愛子、今村龍ほか4名 GENES AND IMMUNITY 4号 153-159頁 2003/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pypaf3, a PYRIN-containing APAF-1-like protein, is a feedback regulator of caspase-1-dependent interleukin-1b secretion. 木下健、今村龍ほか3名 280巻 23号 21720-21725頁 2005/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fas ligand induces cell-autonomous IL-23 production in dendritic cells, a mechanism for Fas ligand-induced IL-17 production. 木戸屋浩康、今村龍ほか5名 175巻 8024-8031頁 2005/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fas-associated factor 1 is a negative regulator of PYRIN-containing Apaf-1-like protein 1. 木下健、今村龍ほか3名 8巻 12号 1701-1706頁 2006/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mechanism of ASC-mediated apoptosis: Bid-dependent apoptosis in type II cells. Oncogene 長谷川瑞穂、今村龍ほか5名 26巻 1748-1756頁 2007/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mechanism and repertoire of apoptosis-asscosiated speck-like protein containing a caspase recruitment domain-mediated gene expression. JOURNAL OF IMMUNOLOGY 182頁 2009/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Control of NFATx1 nuclear translocation by a calcineurin-regulated inhibitory domain E.S.Masuda, J.Liu, R.Imammura, S. Imai, K.Arai, and N. Arai Mol. Cell. Biol. 17巻 4号 2066-2075頁 1997/04 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Caspase-8- and JNK-dependent AP-1 activation is required for Fas ligand-induced IL-8 production. 松本則彦、今村龍、須田貴司 274巻 2376-2384頁 2007/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • NFATz: a novel rel similarity domain containing protein S.Pan, R.Tsuruta, E.S.Masuda, R.Imamura, F.Bazan, K.Arai, N.Arai, and S.Miyatake Biochem. Biophys. Res. Commun. 272巻 3号 765-776頁 2000/01 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pathogen-associated molecular patterns sensitize macrophages to Fas ligand-induced apoptosis and IL-1b release. 福井雅之、今村龍ほか3名 171巻 1868-1874頁 2003/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of L-17 in Fas ligand-induced inflammation. 梅村正幸、今村龍ほか8名 16巻 8号 1099-1108頁 2004/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fas ligand induces cell-autonomous NF-kB activation and Interleukin-8 production by a mechanism distinct from that of tumor necrosis factor-a_ 今村龍ほか7名 279巻 45号 46415-46423頁 2004/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ASC-mediated NF-kB activation leading to Interleukin-8 production requires caspase-8 and is inhibited by CLARP. 長谷川瑞穂、今村龍ほか5名 280巻 15号 15122-15130頁 2005/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Carboxyl-terminal 15-amino acid sequence of NFATx1 is possibly created by tissue-specific splicing and is essential for transactivation activity in T cells R.Imamura, E.S.Masuda, Y.Naito, S.Imai, T.Fujino, T.Takano, K.Arai,and N.Arai J. Immunol. 161巻 7号 3455-3463頁 1998/10 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Novel Biological Function of HGF receptor Met in Immune Response.(会議名:The 1st NanoLSI International Symposium)(2018/02/21)
  • NLRP3 mediates NF-κB activation and cytokine gene induction under various cellular stress conditions.(会議名:第5回国際サイトカインインターフェロン学会)(2017/10/30)
  • Intrinsic HGF induced by cancer cells promotes lung metastasis in Met-high expressing melanomas(会議名:第76回日本癌学会学術総会)(2017/09/30)
  • Cellular Signaling and Gene Expression Profiles Evoked by Artificial MET/HGF Receptor-Agonist of Macrocyclic Peptide.(会議名:Frontiers in Biomedical Sciences 11th International Symposium of the Institute Network)(2017/01/26)
  • 多彩な生理活性を持つサイトカインLect2蛋白質の精製および機能解析(会議名:第39回日本分子生物学会年会)(2016/11/30)

全て表示

  • B16F10メラノーマの造腫瘍性/転移性におけるMet階層的発現の意義(会議名:第75回日本癌学会学術総会)(2016/10/08)
  • Role of PYNOD (NLRP10) in the migration of effector T cells to inflamed tissues(会議名:第43回日本免疫学会総会・学術集会)(2014/12/10)
  • HDAC inhibitors (HDACI) induce IL-1βproduction in human monocytes by activating NLRP3 inflammasome.(会議名:日本癌学会シンポジウム/共同利用・共同研究拠点シンポジウム)(2015/01/21)
  • Migration of skin antigen-transporting cells in PYNOD-deficient mice.(会議名:第43回日本免疫学会総会・学術集会)(2014/12/10)
  • がん細胞における自然免疫センサー分子NLRP3の役割 (会議名:第37回日本分子生物学会年会 )(2014/11/25)
  • HDAC阻害剤はヒト単球にNLRP3インフラマソーム依存性のIL-1β産生を誘導する(会議名:第73回日本癌学会学術総会)(2014/09/27)
  • Motani.K., Kushiyama. H., Imamura. R., Kinoshita. T., and Suda. T. Caspase-1 induces ASC-mediated necrosis independently of its catalytic activity. 13 th International TNF Conference Awaji Yumebutai international conference center (兵庫) 2011年5月18日 Imamura. R., Kinosita. T., Wang. Q., Kushiyama. H., and Suda. T. Anti-inflammatory activity of PYNOD and its mechanism in humans and mice 日本分子生物学会第11回春季シンポジウム・金沢国際がん生物学シンポジウム(金沢) 2011年5月26日 Kushiyama. H., Imamura R., and Suda. T. Trichostatin A induces macrophage IL-1b production by activating NLRP3 inflammasome. 第40回日本免疫学会学術集会(千葉) 2011年11月29日 Kinoshita. T., Imamura. R., and Suda. T. NLRP3 induces NF-B activation and cytokine induction in microbially induced and sterile inflammation. 第34回日本分子生物学会年会(横浜) 2011年12月14日 (2011)
  • Motani,K. Imamura, R. Kawase, K., and T.Suda: ASC mediates apoptosis or necrosis depending on the cell type. Cold Spring Harbor Laboratory Meeting on Cell Death (Cold Spring Harbor) Oct 2009 今村龍ほか4名:ASC;細胞死と炎症シグナル伝達の接点 第82回日本生化学会、シンポジウム(神戸)2009年10月 木下健、今村龍、須田貴司:The role for NLRP3 in the TNF-a production by macrophages. 第32回日本分子生物学会年会(横浜)2009年12月(2009)
  • Imamura, R. and Suda, T. Functional analyses of PYNOD (NLRP10) in mice 第41回日本免疫学会学術集会 神戸国際会議場 (神戸) 2012年12月6日 Kinoshita, T., Imamura, R., and Suda, T, The role of NLRP3 in the induction of cytokine gene expression in tumor cells 第35回日本分子生物学会年会 福岡国際会議場 (福岡) 2012年12月12日 Imamura, R., and Suda, T. Functional analyses of PYNOD (NLRP10) in mice 3rd International Symposium on Carcinogenic Spiral and International Symposium on Tumor Biology in Kanazawa Kanazawa Excel Hotel Tokyu (金沢)  2013年1月25日 (2012)
  • Motani, K., Kawase, K., Imamura R., Kinoshita, K., Kushiyama, H., and Suda, T.: Activation od ASC induces apoptotic or ncrotic cell death depending on the cell type and causes tumor rejection. 研究所ネットワーク国際シンポジウム(金沢)2010年6月 Motani, K., Imamura, R., Kushiyama, H., Kinoshita, T., and Suda, T.: Molecular switch for the ASC-mediated apoptosis and necrosis. 14th International Congress of Immunology (神戸)2010年8月 Imamura, R., Motani, K., Kinoshita, T., Wang, Q., Kushiyama, H., and Suda, T.: Anti-inflammatory activity of PYNOD and its mechanism in huans and mice. 14th International Congress of Immunology(神戸)2010年8月 Harashima. N., Imamura R., Okano, S., Suda, T., and Harada, M.: Toll-loke receptor 3-ligand induced apoptotic and autophagic cell death and growth arrest in human prostate cancer cells. 14th International Congress of Immunology (神戸)2010年8月(2010)
  • ●R. Imamura, K. Konaka, N. Matsumoto, and T. Suda. Fas ligand induces cell-autonomous NF-kB activation and IL-8 production by a mechanism distinct from that of TNFa. International Symposium on Tumor Biology in Kanazawa 2004年2月(金沢) 英語による口頭発表 ●今村龍、松本則彦、長谷川瑞穂、須田貴司. Fasリガンド刺激によるIL-8産生の分子機構. 第34回日本免疫学会総会 2004年12月(札幌) ●今村龍、松本則彦、須田貴司. Fasリガンド刺激によるIL-8産生の分子機構. 第35回日本免疫学会総会 2005年12月(横浜)ワークショップ採択(口頭発表) ●R. Imamura, M. Hasegawa, K. Kawase, N. Inohara, T. Kinoshita, and T. Suda. ASC mediates Bid-dependent apoptosis in type II cells. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology 2006年6月(京都) ●R. Imamura, N. Matsumoto, K. Motani, and T. Suda. ASCによる遺伝子発現の分子機構とレパトア. 第37回日本免疫学会総会2007年12月(東京) ●R. Imamura, and T. Suda. マウスにおけるPYNODの抗炎症活性 第38回日本免疫学会総会2008年12月(京都)ワークショップ採択(口頭発表)(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)「炎症抑制型NLR蛋白PYNODの生理的・病理的役割の解明」(2011-2013) 分担者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「胃がんおよび大腸がんの発症における細胞質病原体センサー蛋白の役割の解明」(2011-2012) 代表者
○基盤研究(C)「皮膚におけるASCおよびPYNODの機能の解明」(21-) 代表者
○基盤研究(C)「免疫臓器としての皮膚におけるASCの機能の解明」(2008-) 代表者
○「ASCを標的とした癌治療法の開発」(2009-) 分担者
○基盤研究(C)「抑制性Apaf-1様分子PYNODの機能解析」(2007-) 代表者
○「ASCを標的とした癌治療法の開発」(2008-) 分担者
○基盤研究(C)「Fasリガンドによる転写因子NF-kBおよびAP-1活性化の分子機構」(2006-) 代表者
○基盤研究(C)「Fasリガンドによるサイトカイン産生能とその分子機構」(2005-)
○「Fasリガンドによる炎症誘導作用の解明と免疫特権の再構成」(2005-) 代表者
○基盤研究(C)「Fasリガンドによる炎症誘導作用の分子・細胞生物学的解析」(2005-) 代表者
○基盤研究(C)「皮膚におけるASCおよびPYNODの機能の解明」(2009-2011) 代表者
○基盤研究(C)「抗炎症NLRファミリー分子PYNODの発現制御機構の解析」(2012-2014) 代表者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○腫瘍生物学特論(2017)
○腫瘍生物学特論(2017)
○腫瘍生物学特論(2016)
○腫瘍生物学特論(2016)
○がん研セミナー(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ