本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年04月15日

川井 惠一 (かわい けいいち) 教授 KAWAI Keiichi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類 放射線技術科学専攻
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

 TEL:076-265-2527 FAX:076-234-4366

学歴

【出身大学院】
京都大学 博士課程 薬学研究科 製薬化学 1988/03 中退
京都大学 修士課程 薬学研究科 製薬化学 1986/03 修了
【出身大学】
京都大学 薬学部 製薬化学 1983/03 卒業
【取得学位】
薬学博士
薬学修士

職歴

金沢大学 医薬保健研究域保健学系(2008/04/01-)
金沢大学 大学院医学系研究科(2005/04/01-2008/03/31)
金沢大学 医学部保健学科(2001/04/01-2005/03/31)
福井大学 高エネルギー医学研究センター 客員教授(2001/10/01-)
宮崎医科大学 医学部附属実験実習機器センター 助教授(1996/04/01-2001/03/31)
米国国立衛生研究所 臨床センターPET部門 研究顧問(1995/07/17-1995/08/04)
米国国立衛生研究所 臨床センターPET部門 客員研究員(1992/04/01-1993/03/31)
東京理科大学 薬学部 助手、講師(1988/04/01-1996/03/31)

生年月

1959年04月

所属学会

日本核医学会
米国核医学会
国際放射性薬品化学・生物学会
日本アイソトープ協会 医学・薬学部会 放射性医薬品専門委員会 専門委員(2012-)
日本薬学会 トピックス小委員(1988-1991)
日本薬物動態学会
放射性医薬品・画像診断薬研究会 世話人(2002-)
日本放射線安全管理学会 設立発起人(2001-2001)

学内委員会委員等

受賞学術賞

○第57回米国核医学会Oncology部門ベストポスター賞(2010/06/09)
○第36回日本核医学会賞(1998/10/15)
○平成9年度医用原子力技術に関する研究助成(1997/07/30)
○第8回井上研究奨励賞(1992/02/04)

専門分野

放射性薬品化学、核医学、医療系薬学

専門分野キーワード

分子イメージング、放射性医薬品化学、薬物動態学

研究課題

放射性機能分子による代謝機能診断用分子イメージング:代謝機能解析用画像診断薬の開発

放射性機能分子による代謝機能診断用分子イメージング:代謝機能解析用画像診断薬の開発  生体は、細胞レベルでの緻密な生命活動を正確かつ迅速に行うために、さまざまな機能性分子を発現させ利用している。中でも、トランスポーター、酵素、レセプターなどの機能性タンパクは代謝や生命活動に重要な役割を果たしている。本研究室では、主にトランスポーターや情報伝達物質生合成酵素などを標的分子とし、それらに親和性を有しかつ画像診断に必要な放射性核種を分子内に導入した放射性診断薬を分子設計・評価している。このような代謝や情報伝達に重要な機能性分子を標的とした代謝機能解析用画像診断は、近年注目を集めている「分子イメージング」の先端的研究に位置づけられている。

クスリの効果を高め、副作用を低減する:医薬品の体内動態制御法の開発

クスリの効果を高め、副作用を低減する:医薬品の体内動態制御法の開発  生体に投与された薬の有効成分は、吸収された後に高分子に結合し、あるいは体外に排泄されるなどにより、標的組織へ到達するものは僅か数%にも満たない。このような薬の有効成分の標的集積阻害要因を制御することで、同じ薬効成分を同じ量投与した場合でも、その薬効を増強し副作用を低減できる。本研究室では、薬の血清タンパク結合や腎臓排泄を制御する方法を考案し、画像診断薬に対する動態制御法の適応効果をイメージングで可視化により実証して国際特許も取得した。これらの研究成果を基盤として、診断薬のみならず治療薬もより効果的に使用するための体内動態制御法にも取り組んでいる。

癌の診断・個別化治療に用いる放射性医薬品:腫瘍の画像診断薬・内用放射線治療薬の開発

癌の診断・個別化治療に用いる放射性医薬品:腫瘍の画像診断薬・内用放射線治療薬の開発  腫瘍細胞に集積する放射性画像診断薬を用いる核医学画像診断は、癌の検出のみならず、その治療効果判定や予後評価に用いられてきた。さらに、殺細胞効果をもつ放射性核種で標識した内用放射線治療薬が開発され、外科的手術や放射線の体外照射では治療が困難な多発性転移性の癌でも、1回の注射で完全治癒した著効例が数多く報告されている。本研究室では、その放射性医薬品の癌や副作用部位への集積率を事前に確認することで薬物療法の効果予測や副作用防止を可能にし、真の個別化医療を提供する目的で、診断用核種と治療用核種の両方で標識可能な癌の画像診断薬・内用放射線治療薬を開発している。

著書

  • 放射線双書「放射線安全管理学」(改々題第3版) 通商産業研究社,東京 2017/03/01 原著書 共著 川井恵一,松原孝祐 978-4-86045-100-4
  • 「放射線関係法規概説 −医療分野も含めて−」(第7版) 通商産業研究社,東京 2017/02/20 原著書 単著 川井恵一 978-4-86045-097-7
  • 「新放射化学・放射性医薬品学」(改訂第4版) 南江堂, 東京 2016/08 共著 前田 稔, 川井恵一, 佐治英郎, 小島周二 他12名 978-4-524-40326-4
  • 「核医学技術総論」(第3版改訂版) 山代印刷,京都 2014/08 共著 川井恵一 他68名 978-4-9904207-0-3
  • 放射線双書「放射線安全管理学」(改々題第2版) 通商産業研究社,東京 2014/03 共著 飯田博美,安東 醇,川井恵一 978-4-86045-089-2

全て表示

  • 「図解診療放射線技術実践ガイド」(第3版) 文光堂,東京 2014/02 原著書 共著 川井恵一 978-4-8306-4231-9
  • 放射線技術学シリーズ「放射線安全管理学」(改訂2版) オーム社, 東京 2011/11 原著書 共著 西谷源展, 鈴木昇一, 富樫厚彦, 川井恵一 他5名 978-4-274-21133-1
  • 「医用画像ハンドブック」 オーム社,東京 2010/11 川井恵一 他175名 978-4-274-20955-0
  • 放射線双書「放射化学と放射線化学」(三訂版) 通商産業研究社,東京 2007/03 河村正一,井上 修,荒野 泰,川井恵一 978-4-86045-016-8
  • 放射線双書「放射線管理学」(改題第4版) 通商産業研究社,東京 2005/09 飯田博美,安東 醇,川井恵一 4-86045-004-3
  • PET and Molecular Imaging. State of the Art and Future Perspectives Elsevier, Amsterdam 2004/04 Nishii R., Kawano H., Kawai K. 他11名 0-444-51590-9
  • Proceedings of International Symposium on Serum Albumin and α1-Acid Glycoprotein from Basic Sciences to Clinical Applications 2001/07 Kawai K., Takamura N., Nishii R. 他5名
  • 診療放射線技術選書「放射性同位元素検査技術」(第5版) 南山堂,東京 2000/11 渡邊克司,陣之内正史,川井恵一,長町茂樹,大西 隆 4-525-27885-4
  • Recent Advances in Biomedical Imaging Elsevier, Amsterdam 1997/04 Kawai K., Kodama H., Fujibayashi Y. 他3名 0-444-82539-8

論文

  • Difference in Accumulation and the Transport Mechanism of L- and D-Methionine in High- and Low-Grade Human Glioma Cells. Kobayashi M., Mizutani A., Nishi K., Nakajima S., Shikano N., Nishii R., Fukuchi K., Kawai K. Nucl. Med. Biol. 44巻 2号 78-82頁 2017/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Assessment of Amino Acid/Drug Transporters for Renal Transport of [18F]Fluciclovine (anti-[18F]FACBC) in vitro. Ono M., Baden A., Okudaira H., Kobayashi M., Kawai K., Oka S., Yoshimura H. Int. J. Mol. Sci. 17巻 10号 1730頁 2016/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Simultaneous Acquisition of 99mTc- and 123I-labeled Radiotracers using a Preclinical SPECT Scanner with CZT Detectors. Kobayashi M., Matsunari I., Nishi K., Mizutani A., Miyazaki Y., Ogai K., Sugama J., Shiba K., Kawai K., Kinuya S. Ann. Nucl. Med. 30巻 4号 263-271頁 2016/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Novel Injection Strategy of Flurbiprofen-axetil by Inhibiting Protein Binding with 6-Methoxy-2-naphthylacetic Acid.. Ogata K., Takamura N., Tokunaga J., Ikeda T., Setoguchi N., Tanda K,., Yamasaki T., Nishio T., Kawai K. Eur. J. Drug Metab. Pharmacok. 41巻 2号 179-186頁 2016/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • [14C]Fluciclovine (alias anti-[14C]FACBC) Uptake and ASCT2 Expression in Castration-resistant Prostate Cancer Cells. Ono M., Oka S., Okudaira H., Nakanishi T., Mizokami A., Kobayashi M., Schuster D.M., Goodman M.M., Shirakami Y., Kawai K. Nucl. Med. Biol. 42巻 11号 887-892頁 2015/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Impact of Injection Dose, Post-reconstruction Filtering, and Collimator Choice on Image Quality of Myocardial Perfusion SPECT using Cadmium-zinc Telluride Detectors in the Rat. Mizutani A., Matsunari I., Kobayashi M., Nishi K., Fujita W., Miyazaki Y., Nekolla S.G., Kawai K. EJNMMI Physics 2巻 1号 7頁 2015/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Development of Radioiodine-labeled 4-Hydroxyphenylcysteamine for Specific Diagnosis of Malignant Melanoma. Kobayashi M., Nishii R., Shikano N., Flores II L.G., Mizutani A., Ogai K., Sugama J., Nagamachi S., Kawai K. Nucl. Med. Biol. 42巻 6号 536-540頁 2015/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Accumulation of trans-1-Amino-3-18F-fluorocyclobutanecarboxylic Acid in Prostate Cancer due to Androgen-induced Expression of Amino-acid Transporters. Okudaira H., Oka S., Ono M., Nakanishi T., Schuster D.M., Kobayashi M., Goodman M.M., Tamai I., Kawai K., Shirakami Y. Mol. Imaging Biol. 16巻 6号 756-764頁 2014/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of Image Quality with 62Cu and 64Cu-labeled Radiotracers in Positron Emission Tomography Whole-body Phantom Imaging. Kobayashi M., Mori T., Tsujikawa T., Ogai K., Sugama J., Kiyono Y., Kawai K., Okazawa H. Hell. J. Nucl. Med. 18巻 2号 103-107頁 2015/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • A Strategy for Improving FDG Accumulation for Early Detection of Metastasis from Primary Pancreatic Cancer: Stimulation of the Warburg Effect in AsPC-1 Cells. Ogura M., Shikano N., Nakajima S., Sagara J., Yamaguchi N., Kusanagi K., Okui Y., Mizutani A., Kobayashi M., Kawai K. Nucl. Med. Biol. 42巻 5号 475-481頁 2015/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Cross-linked Human Serum Albumin Dimer has the Potential for Use as a Plasma-retaining Agent for the Fatty Acid-conjugated Antidiabetic Drugs. Taguchi K., Chuang V.T., Yamasaki K., Urata Y., Tanaka R., Anraku M., Seo H., Kawai K., Maruyama T., Komatsu T., Otagiri M. J. Pharm. Pharmacol. 67巻 2号 255-263頁 2015/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • In Vivo Radioactive Metabolite Analysis for Individualized Medicine: A Basic Study of a New Method of CYP Activity Assay using 123I-IMP. Nishi K., Mizutani A., Shikano N., Fujita K., Kobayashi M., Ono M., Nishii R., Sasaki Y., Kinuya S., Kawai K. Nucl. Med. Biol. 42巻 2号 171-176頁 2015/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Intrastriatal Grafts of Fetal Ventral Mesencephalon Improve Allodynia-like Withdrawal Response to Mechanical Stimulation in a Rat Model of Parkinson's Disease. Takeda R., Ishida Y., Ebihara K., Abe H., Matsuo H., Ikeda T., Koganemaru G., Kuramashi A., Funahashi H., Magata Y., Kawai K., Nishimori T. Neurosci. Lett. 573巻 C号 19-23頁 2014/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Application of a Medium-energy Collimator for I-131 Imaging after Ablation Treatment of Differentiated Thyroid Cancer. Kobayashi M., Wakabayashi H., Kayano D., Konishi T., Kojima H., Yoneyama H., Okuda K., Tsushima H., Onoguchi M., Kawai K., Kinuya S. Ann. Nucl. Med. 28巻 6号 551-558頁 2013/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Surrounding Materials on Iterative Reconstruction Based Line-Source Response Function, and Annihilations outside the Source Assessed by a Small Animal PET Scanner. Miyazaki Y., Kobayashi M., Komatsu R., Hayashi A., Yonezawa S., Kawai K., Matsudaira M., Shiozaki J., Matsunari I. Ann. Nucl. Med. 28巻 6号 512-522頁 2014/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Performance Evaluation of the eXplore speCZT Preclinical Imaging System. Matsunari I., Miyazaki Y., Kobayashi M., Nishi K., Mizutani A., Kawai K., Hayashi A., Komatsu R., Yonezawa S., Kinuya S. Ann. Nucl. Med. 28巻 5号 484-497頁 2014/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Differences in Transport Mechanisms of Trans-1-amino-3-[18F]fluorocyclobutanecarboxylic Acid in Inflammatory, Prostate Cancer, and Glioma Cells: Comparison with L-[Methyl-11C]methionine and 2-Deoxy-2-[18F]fluoro-D-glucose. Oka S., Okudaira H., Ono M., Schuster D.M., Goodman M.M., Kawai K., Shirakami Y. Mol. Imaging Biol. 16巻 3号 322-329頁 2014/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Transport Mechanisms of Hepatic Uptake and Bile Excretion in Clinical Hepatobiliary Scintigraphy with 99mTc-N-pyridoxyl-5-methyltryptophan. Kobayashi M., Nakanishi T., Nishi K., Higaki Y., Okudaira H., Ono M., Tsujiuchi T., Mizutani A., Nishii R., Tamai I., Arano Y., Kawai K. Nucl. Med. Biol. 41巻 4号 338-342頁 2014/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Monitoring of Gefitinib Sensitivity with Radioiodinated PHY based on EGFR Expression. Yoshimoto M., Hirata M., Kanai Y., Naka S., Nishii R., Kagawa S., Kawai K., Ohmomo Y. Biol. Pharm. Bull. 37巻 3号 355-360頁 2014/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Influences of Artificial Heart-lung Machine Operation on the Binding Sites of Albumin: Possibility of an Effective Administration Plan. Totoribe K., Takamura N., Ogata K., Tokunaga J., Kawai K., Nakamura K., Ieiri I., Higuchi S. Int. J. Artif. Organs, 37巻 2号 99-108頁 2014/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Increased Metabolite Levels of Glycolysis and Pentose Phosphate Pathway in Rabbit Atherosclerotic Arteries and Hypoxic Macrophage. Yamashita A., Zhao Y., Matsuura Y., Yamasaki K., Moriguchi-Goto S., Sugita C., Iwakiri T., Okuyama N., Koshimoto C., Kawai K., Tamaki N., Zhao S., Kuge Y., Asada Y. PLoS One 9巻 1号 e86426頁 2014/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Prototype Imaging Protocols for Monitoring the Efficacy of Iodine-131 Ablation in Differentiated Thyroid Cancer. Kobayashi M., Wakabayashi H., Kojima H., Konishi T., Okuda K., Yoneyama H., Kayano D., Tobisaka M., Tsushima H., Onoguchi M., Kawai K., Kinuya S. Hell. J. Nucl. Med. 16巻 3号 175-180頁 2013/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Comparative Evaluation of Transport Mechanisms of Trans-1-amino-3-[18F]fluorocyclobutane-carboxylic Acid and L-[Methyl-11C]methionine in Human Glioma Cell Lines. Ono M., Oka S., Okudaira H., Schuster D.M., Goodman M.M., Kawai K., Shirakami Y. Brain Res. 1535巻 24-37頁 2013/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Diagnostic Usefulness of an Amino Acid Tracer, α-[N-methyl-11C]-methylaminoisobutyric Acid (11C-MeAIB), in the PET Diagnosis of Chest Malignancies. Nishii R., Higashi T., Kagawa S., Kishibe Y., Takahashi M., Yamauchi H., Motoyama H., Kawakami K., Nakaoku T., Nohara J., Okamura M., Watanabe T., Nakatani K., Nagamachi S., Tamura S., Kawai K., Kobayashi M. Ann. Nucl. Med. 27巻 9号 808-821頁 2013/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Arterial 18F-Fluorodeoxyglucose Uptake Reflects Balloon Catheter-induced Thrombus Formation and Tissue Factor Expression via Nuclear Factor-κB in Rabbit Atherosclerotic Lesions. Yamashita A., Zhao Y., Zhao S., Matsuura Y., Sugita C., Iwakiri T., Okuyama N., Ohe K., Koshimoto C., Kawai K., Tamaki N., Kuge Y., Asada Y. Circ. J. 77巻 10号 2679-2680頁 2013/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Binding of Sulforhodamine B to Human Serum Albumin: A Spectroscopic Study. Kitamura M., Murakami K., Yamada K., Kawai K., Kunishima M. Dyes and Pigments. 99巻 3号 588-593頁 2013/04 査読有
  • Pharmacokinetic Alteration of 99mTc-MAG3 using Serum Protein Binding Displacement Method. Nishi K., Kobayashi M., Nishii R., Shikano N., Takamura N., Kuga N., Yamasaki K., Nagamachi S., Tamura S., Otagiri M. and Kawai K. Nucl. Med. Biol. 40巻 3号 366-370頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Appropriate Collimators in a Small Animal SPECT Scanner with CZT Detector. Higaki Y., Kobayashi M., Uehara T., Hanaoka H., Arano Y. and Kawai K. Ann. Nucl. Med. 27巻 3号 271-278頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Predominant Contribution of L-Type Amino Acid Transporter to 4-Borono-2-18F-fluoro-phenylalanine Uptake in Human Glioblastoma Cells. Yoshimoto M., Kurihara H., Honda N., Kawai K., Ohe K., Fujii H., Itami J. and Arai Y. Nucl. Med. Biol. 40巻 5号 625-629頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Kinetic Analyses of Trans-1-amino-3-18F-fluorocyclobutanecarboxylic Acid Transport in Xenopus Laevis Oocytes Expressing Human ASCT2 and SNAT2. Okudaira H., Nakanishi T., Oka S., Kobayashi M., Tamagami H., Schuster D.M., Goodman M.M., Shirakami Y., Tamai I. and Kawai K. Nucl. Med. Biol. 40巻 5号 670-675頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Usefulness of 18F-FDG PET/MRI Fusion Image in Diagnosing Pancreatic Tumor: Comparison with 18F-FDG PET/CT. Nagamachi S., Nishii R., Wakamatsu H., Mizutani Y., Kiyohara S., Fujita S., Futami S., Sakae T., Furukoji E., Tamura S., Arita H., Chijiiwa K. and Kawai K. Ann. Nucl. Med. 27巻 6号 554-563頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Diclofenac Suppository-nabumetone Combination Therapy for Arthritic Pain Relief and A Monitoring Method for The Diclofenac Binding Capacity of HSA Site II in Rheumatoid Arthritis. Setoguchi N., Takamura N., Fujita K.I., Ogata K., Tokunaga J., Nishio T., Chosa E,., Arimori K., Kawai K. and Yamamoto R. Biopharm Drug Dispos. 34巻 2号 125-136頁 2013/02 査読有 原著論文
  • Down-regulation of Calcium/calmodulin-dependent Protein Kinase Kinase 2 by Androgen Deprivation Induces Castration-resistant Prostate Cancer. Shima T., Mizokami A., Miyagi T., Kawai K., Izumi K., Kumaki M., Ofude M., Zhang J., Keller E.T. and Namiki M. Prostate 72巻 16号 1789-1801頁 2012/12 査読有
  • Enhanced Expression of Organic Anion Transporting Polypeptides (OATPs) in Androgen Receptor-positive Prostate Cancer Cells: Possible Role of OATP1A2 in Adaptive Cell Growth under Androgen-depleted Conditions. Arakawa H., Nakanishi T., Yanagihara C., Nishimoto T., Wakayama T., Mizokami A., Kawai K. and Tamai I. Biochem. Pharmacol. 84巻 8号 1070-1077頁 2012/08 査読有 原著論文
  • Transport Mechanism of 11C-labeled L- and D-Methionine in Human-derived Tumor Cells. Kobayashi M., Hashimoto F., Ohe K., Nadamura T., Nishi K., Shikano N., Nishii R., Higashi T., Okazawa H. and Kawai K. Nucl. Med. Biol. 39巻 8号 1213-1218頁 2012/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • N-Isopropyl-p-iodoamphetamine Hydrochloride (IMP) is Predominantly Metabolized by CYP2C19. Fujita K., Sugiyama M., Akiyama Y., Hioki K., Kunishima M., Nishi K., Kobayashi M., Kawai K. and Sasaki Y. Drug Metab. Dispos. 40巻 5号 843-846頁 2012/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Appropriate Parameters of Ordered-Subset Expectation Maximization Algorithm on Measurement of Myocardial Blood Flow and Oxygen Consumption with 11C-Acetate PET. Kobayashi M., Mori T., Kiyono Y., Tsujikawa T., Maruyama R., Higaki Y., Shikano N., Nishii R., Kawai K., Kudo T. and Okazawa H. Nucl. Med. Commun. 33巻 2号 130-138頁 2012/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Agreement of Left Ventricular Function Parameters between 99mTc-Tetrofosmin Gated Myocardial SPECT and Gated Myocardial MRI. Kuroiwa Y., Nagamachi S., Miyati T., Yamaguchi K., Nishii R., Kuga N., Azuma T., Arita H., Maeda M., Tamura S. and Kawai K. Ann. Nucl. Med. 26巻 2号 147-163頁 2012/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cerebral Oxygen Metabolism of Rats using Injectable 15O-Oxygen with a Steady-state Method. Kobayashi M., Mori T., Kiyono Y., Tiwari V., Maruyama R., Kawai K. and Okazawa H. and Okazawa H. J. Cereb. Blood Flow Metab. 32巻 1号 33-40頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • MR Signal Change in Venous Thrombus Relates Organizing Process and Thrombolytic Response in Rabbit. Kuroiwa Y., Yamashita A., Miyati T., Furukoji E., Takahashi M., Azuma T., Sugimura H., Asanuma T., Tamura S., Kawai K. and Asada Y. Magn. Reson. Imaging 29巻 7号 975-984頁 2011/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Functional Characterization of Apical Transporters Expressed in Rat Proximal Tubular Cells (PTCs) in Primary Culture. Nakanishi T., Fukushi A., Sato M., Yoshifuji M., Gose T., Shirasaka Y., Ohe K., Kobayashi M., Kawai K. and Tamai I. Mol. Pharm. 8巻 6号 2142-2150頁 2011/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of Diagnostic and Prognostic Capabilities of 18F-FDG PET/CT, 131I-scintigraphy, and Diffusion-weighted Magnetic Resonance Imaging for Postoperative Thyroid Cancer. Nagamachi S., Wakamatsu H., Kiyohara S., Nishii R., Mizutani Y., Fujita S., Futami S., Arita H., Kuroki M., Nakada H., Uchino N., Tamura S. and Kawai K. Jpn. J. Radiol. 29巻 6号 413-422頁 2011/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Putative Transport Mechanism and Intracellular Fate of Anti-18F-FACBC (Trans-1-amino- 3-18F-fluorocyclobutanecarboxylic Acid) in Human Prostate Cancer. Okudaira H., Shikano N., Nishii R., Miyagi T., Yoshimoto M., Kobayashi M., Ohe K., Nakanishi T., Tamai I., Namiki M. and Kawai K. J. Nucl. Med. 52巻 5号 822-829頁 2011/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Differential Expression of FosB, c-Fos, and Zif268 in Forebrain Regions after Acute or Chronic L-DOPA Treatment in a Rat Model of Parkinson’s Disease. Ebihara K., Ishida Y., Takeda R., Abe H., Matsuo H., Kawai K., Magata Y. and Nishimori T. Neurosci. Lett. 496巻 2号 90-94頁 2011/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of an H215O Steady-state Method Combining a Bolus and Slow Increasing Injection with a Multiprogramming Syringe Pump. Kobayashi M., Kiyono Y., Maruyama R., Mori T., Kawai K. and Okazawa H. J. Cereb. Blood Flow Metab. 31巻 2号 527-534頁 2011/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Superior Plasma Retention of a Cross-linked Human Serum Albumin Dimer in Nephrotic Rats as a New Type of Plasma Expander. Taguchi K., Urata Y., Anraku M., Watanabe H., Kawai K., Komatsu T., Tsuchida E., Maruyama T. and Otagiri M. Drug Metab. Dispos. 38巻 12号 2124-2129頁 2010/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Radioiodinated 4-Iodo-L-meta-tyrosine, a System L Selective Artificial Amino Acid: Molecular Design and Transport Characterizationin in Chinese Hamster Ovary Cells (CHO-K1 Cells). Shikano N., Kotani T., Nakajima S., Ogura M., Nakazawa S., Sagara J., Kobayashi M., Baba T., Yamaguchi N., Kubota N. and Kawai K. Nucl. Med. Biol. 37巻 8号 903-910頁 2010/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of Cisplatin Protein Binding: a Possible Therapeutic Advantage. Tokunaga J., Matsuo Y., Takamura N., Ogata K., Yoshida H., Nagata M., Kishimoto S., Fukushima S., Ikeda O., Nishio T., Kawai K. and Arimori K. J. Appl. Therapeutic Res. 7巻 4号 127-132頁 2010/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Citrus Flavonoids Hesperetin and Naringenin Block the Lipolytic Actions of TNF-α in Mouse Adipocytes. Yoshida H., Takamura N., Shuto T., Ogata K., Tokunaga J., Kawai K. and Kai H. Biochem. Biophys. Res. Commun. 394巻 3号 728-732頁 2010/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Protein Binding Inhibitors on Biodistribution of 123I-N-Isopropyl-p-iodoamphetamine in Rats. Shikano N., Takamura N., Nishii R. and Kawai K. ASVPI 15巻 34-41頁 2010/04 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • The Reproducibility of Deep-inspiration Breath-hold 18F-FDG PET/CT Technique in Diagnosing Various Cancers Affected by Respiratory Motion. Nagamachi S., Wakamatsu H., Kiyohara S., Fujita S., Futami S., Arita H., Tamura S. and Kawai K. Ann. Nucl. Med. 24巻 3号 171-178頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Basic Study on Flurbiprofen Protein Binding Inhibition by an Albumin Site II Binding Inhibitor, 6-Methoxy-2-naphthyl Acetic Acid. Tokunaga J., Takamura N., Ogata K., Yoshida H., Setoguchi N., Kondo T., Nishio T. and Kawai K. J. Kyushu Univ. Health Welfare 11巻 153-158頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Comparison of the Transcellular Transport of FDG and D-Glucose by the Kidney Epithelial Cell Line LLC-PK1. Kobayashi M., Shikano N., Nishii R., Kiyono Y., Araki H., Nishi K., Oh M., Okudaira H., Ogura M., Yoshimoto M., Okazawa H., Fujibayashi Y. and Kawai K. Nucl. Med. Commun. 31巻 2号 141-146頁 2010/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Atherosclerotic Lesions Rich in Macrophages or Smooth Muscle Cells Discriminated in Rabbit Iliac Arteries Based on T1 Relaxation Time and Lipid Content. Kuroiwa Y., Yamashita A., Miyati T., Furukoji E., Takahashi M., Azuma T., Sugimura H., Tamura S., Kawai K. and Asada Y. Acad. Radiol. 17巻 2号 230-238頁 2010/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stimulation of 125I-3-Iodo-alpha-methyl-L-tyrosine in Chinese Hamster Ovary (CHO-K1) Cells by Tyrosine Esters.  Shikano N., Ogura M., Sagara J., Nakajima S., Kobayashi M., Baba T., Yamaguchi N., Iwamura Y., Kubota N. and Kawai K. Nucl. Med. Biol. 37巻 2号 189-196頁 2010/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Uptake of 3-[125I]Iodo-α-methyl-L-tyrosine into Colon Cancer DLD-1 Cells: Characterization and Inhibitory Effect of Natural Amino Acids and Amino Acid-like Drugs. Shikano N., Ogura M., Okudaira H., Nakajima S., Kotani T., Kobayashi M., Nakazawa S., Baba T., Yamaguchi N., Kubota N., Iwamura Y. and Kawai K. Nucl. Med. Biol. 37巻 2号 197-204頁 2010/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intracellular Reactions Affecting 2-Amino-4-([11C]methylthio)butyric acid ([11C]Methionine) Response to Carbon Ion Radiotherapy in C10 Glioma Cells. Uehara T., Nakagawa M., Takai N., Koike S., Furusawa Y., Ando K., Kawai K., Akizawa H., Irie T. and Arano Y. Nucl. Med. Biol. 36巻 8号 985-991頁 2009/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of Radioiodinated Vesamicol Analogs for Sigma Receptor Imaging in Tumor and Radionuclide Receptor Therapy. Ogawa K., Shiba K., Akhter N., Yoshimoto M., Washiyama K., Kinuya S., Kawai K. and Mori H. Cancer Sci. 100巻 11号 2188-2192頁 2009/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Improvement of N-isopropyl-p-[123I]iodoamphetamine Cerebral Accumulation by Competitive Displacement of Serum Protein Binding with Amino-Acid Infusion. Kuga N., Shikano N., Takamura N., Nishii R., Yamasaki K., Kobayashi M., Nagamachi S., Tamura S. and Kawai K. J. Nucl. Med. 50巻 8号 1378-1383頁 2009/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Usefulness of a Deep-inspiration Breath-hold 18F-FDG PET/CT Technique in Diagnosing Liver, Bile Duct, and Pancreas Tumors. Nagamachi S., Wakamatsu H., Kiyohara S., Fujita S., Futami S., Arita H., Nishii R., Tamura S. and Kawai K. Nucl. Med. Commun. 30巻 5号 326-332頁 2009/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Usefulness of Competitive Inhibitors of Protein Binding for Improving the Pharmacokinetics of 186Re-MAG3-conjugated Bisphosphonate (186Re-MAG3-HBP), an Agent for Treatment of Painful Bone Metastases. Ogawa K., Mukai T., Kawai K., Takamura N., Hanaoka H., Hashimoto K., Shiba K., Mori H. and Saji H. Eur. J. Nucl. Med. Mol. Imaging 36巻 1号 115-121頁 2009/01 査読有 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Altered Chain-length and Glycosylation Modify the Pharmacokinetics of Human Serum Albumin. Iwao Y., Hiraike M., Kragh-Hansen U., Kawai K., Suenaga A., Maruyama T. and Otagiri M. Biochim. Biophys. Acta 1794巻 4号 634-641頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Serum Protein Binding Displacement: Theoretical Analysis using a Hypothetical Radiopharmaceutical and Experimental Analysis with 123I-N-isopropyl-p-iodoamphetamine. Kawai K., Nishii R., Shikano N., Makino N., Kuga N., Yoshimoto M., Jinnouchi S., Nagamachi S., Tamura S. and Takamura N. Nucl. Med. Biol. 36巻 1号 99-106頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Differential Expression of Fos and Zif268 in the Nigrostriatal System after Methamphetamine Administration in a Rat Model of Parkinson’s Disease. Ishida Y., Kawai K., Magata Y., 他8名 Synapse 62巻 12号 920-926頁 2008/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Usefulness of rCBF Analysis in Diagnosing Parkinson's Disease: Supplemental Role with MIBG Myocardial Scintigraphy. Nagamachi S., Wakamatsu H., Kiyohara S., Fujita S., Futami S., Tamura S., Nakazato M., Yamashita S., Arita H., Nishii R. and Kawai K. Ann. Nucl. Med. 22巻 7号 557-564頁 2008/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • αvβ3 Integrin-targeting Radionuclide Therapy and Imaging with Monomeric RGD Peptide. Yoshimoto M., Ogawa K., Washiyama K., Shikano N., Mori H., Amano R. and Kawai K. Int. J. Cancer 123巻 3号 709-715頁 2008/08 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of Haemodialysis on the Binding Sites of Human Serum Albumin; Possibility of an Efficacious Administration Plan using Binding Inhibition. Nishio T., Takamura N., Nishii R., Tokunaga J., Yoshimoto M. and Kawai K. Nephrol. Dial. Transplant. 23巻 7号 2304-2310頁 2008/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Assessment of Diastolic Function using 16-frame 201Tl Gated Myocardial Perfusion SPECT: A Comparative Study of QGS2 and pFAST2. Nagamachi S., Wakamatsu H., Fujita S., Nishii R., Kamimura K., Kiyohara S., Futami S., Onitsuka H., Nagoshi Y., Tamura S., Kawai K. and Arita H. Ann. Nucl. Med. 22巻 2号 115-122頁 2008/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dosage Plan of Flurbiprofen Injection Product using Inhibition of Protein Binding by Lipid Emulsion in Rats. Ogata K., Takamura N., Tokunaga J., Kawai K., Arimori K. and Higuchi S. J. Pharm. Pharmacol. 60巻 1号 15-20頁 2008/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fluorescent X-ray Imaging with Synchrotron Radiation for the Evaluation of Probes for Biomedical Functions: A Pilot Study on 4-Bromo-DL-phenylalanine for Cancer Detection in Mice. Shikano N., Kotani T., Nakajima S., Ogura M., Hyodo K., Sugiyama H., Monma M., Kawai K., Takeda T., Kubota N., Nishimura K., Mori K. and Ishikawa N. ASVPI 12巻 67-73頁 2007/11 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Changes of Net Charge and Alpha-helical Content Affect the Pharmacokinetic Properties of Human Serum Albumin. Iwao Y., Hiraike M., Kragh-Hansen U., Mera K., Noguchi T., Anraku M., Kawai K., Maruyama T. and Otagiri M. Biochim. Biophys. Acta 1774巻 12号 1582-1590頁 2007/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pharmacokinetics of 3-[125I]Iodo--methyl-L-tyrosine, a Tumor Imaging Agent, after Probenecid Loading in Mice Implanted with Colon Cancer DLD-1 Cells. Nakajima S., Shikano N., Kotani T., Ogura M., Nishii R., Yoshimoto M., Yamaguchi N., Iwamura Y., Kubota N., Ishikawa N. and Kawai K. Nucl. Med. Biol. 34巻 8号 1003-1008頁 2007/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transport of D-[1-14C]-Amino Acids into Chinese Hamster Ovary (CHO-K1) Cells: Implications for Use of Labeled D-Amino Acids as Molecular Imaging Agents. Shikano N., Nakajima S., Kotani T., Ogura M., Sagara J., Iwamura Y., Yoshimoto M., Kubota N., Ishikawa N. and Kawai K. Nucl. Med. Biol. 34巻 6号 659-665頁 2007/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Diagnosis of Misery Perfusion using Noninvasive 15O Gas PET. Kobayashi M., Okazawa H., Tsuchida T., Kawai K., Fujibayashi Y. and Yonekura Y. J. Nucl. Med. 47巻 10号 1581-1586頁 2006/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Radio-iodinated VEGF to Image Tumor Angiogenesis in a LS180 Tumor Xenograft Model. Yoshimoto M., Kinuya S., Kawashima A., Nishii R., Yokoyama K. and Kawai K. Nucl. Med. Biol. 33巻 8号 963-969頁 2006/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Recombinant Human Serum Albumin Dimer has High Blood Circulation Activity and Low Vascular Permeability in Comparison with Native Human Serum Albumin. Matsushita S., Chuang V.T., Kanazawa M., Tanase S., Kawai K., Maruyama T., Suenaga A. and Otagiri M. Pharm. Res. 23巻 5号 882-891頁 2006/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Oxidation of Arg-410 Promotes the Elimination of Human Serum Albumin. Iwao Y., Anraku M., Yamasaki K., Kragh-Hansen U., Kawai K., Maruyama T. and Otagiri M. Biochim. Biophys. Acta 1764巻 4号 743-749頁 2006/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Detection of Maleate-induced Fanconi Syndrome by Decreasing Accumulation of 125I-3-Iodo--methyl-L-tyrosine in the Proximal Tubule Segment-1 Region of Renal Cortex in Mice: A Trial of Separate Evaluation of Reabsorption. Shikano N., Nakajima S., Kotani T., Itoh Y., Nishii R., Yoshimoto M., Flores II L.G., Saji H., Ishikawa N. and Kawai K. Ann. Nucl. Med. 20巻 3号 175-181頁 2006/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Structural and Pharmacokinetic Properties of Oxidized Human Serum Albumin, Advanced Oxidation Protein Products (AOPP). Iwao Y., Anraku M., Hiraike M., Kawai K., Nakajou K., Kai T., Suenaga A. and Otagiri M. Drug Metab. Pharmacokinet. 21巻 2号 140-146頁 2006/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Percutaneous Endoscopic Gastrostomy on Gastrointestinal Motility: Evaluation by Gastric-emptying Scintigraphy. Wakamatsu H., Nagamachi S., Nishii R., Higaki K., Kawai K., Kamimura K., Fujita S., Futami S. and Tamura S. Nucl. Med. Commun. 29巻 6号 562-567頁 2008/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bucolome, a Potent Binding Inhibitor for Furosemide, Alters the Pharmacokinetics and Diuretic Effect of Furosemide: Potential for Use of Bucolome to Restore Diuretic Response in Nephrotic Syndrome. Takamura N., Maruyama T., Chosa E., Kawai K., Tsutsumi Y., Uryu Y., Yamasaki K., Deguchi T. and Otagiri M. Drug Metab. Dispos. 33巻 4号 596-602頁 2005/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibitory Effects of Amino-acid Fluids on Drug Binding to Site II of Human Serum Albumin in vitro. Yamasaki K., Kuga N., Takamura N., Furuya Y., Hidaka M., Iwakiri T., Nishii R., Okumura M., Kodama H., Kawai K. and Arimori K. Biol. Pharm. Bull. 28巻 3号 549-552頁 2005/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Regional Distribution of Manganese, Iron, Copper and Zinc in the Brains of 6-Hydroxydopamine-indeced Parkinsonian Rats. Tarohda T., Ishida Y., Kawai K., 他2名 Anal. Bioanal. Chem. 383巻 2号 224-234頁 2005/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Alteration of Striatal [11C]Raclopride and 6-[18F]Fluoro-L-3,4-dihydroxyphenylalanine Uptake Precedes Development of Methamphetamine-induced Rotation Following Unilateral 6-Hydroxydopamine Lesions of Medial Forebrain Bundle in Rats. Ishida Y., Kawai K., Magata Y., 他6名 Neurosci. Lett. 389巻 1号 30-34頁 2005/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cerebral Blood Flow Abnormalities Induced by Transient Hypothyroidism after Thyroidectomy. —Analysis by Tc-99m-HMPAO and SPM96 —. Nagamachi S., Jinnouchi S., Nishii R., Ishida Y., Fujita S., Futami S., Kodama T., Tamura S. and Kawai K. Ann. Nucl. Med. 18巻 6号 469-477頁 2004/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Changes in Dopamine D2 Receptors and 6-[18F]Fluoro-L-3,4-dihydroxyphenylalanine Uptake in the Brain in 6-Hydroxydopamine Lesioned Rats. Ishida Y., Kawai K., Magata Y., 他5名 Neurodegenerative Dis. 1巻 2-3号 109-112頁 2004/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Renal Accumulation and Excretion of Radioiodinated 3-Iodo-α-methyl-L-tyrosine. Shikano N., Kawai K., Nakajima S., 他6名 Ann. Nucl. Med. 18巻 3号 263-270頁 2004/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transcellular Transport of Radioiodinated 3-Iodo-α-methyl-L-tyrosine across Monolayers of Kidney Epithelial Cell Line LLC-PK1. Shikano N., Kawai K., Nakajima S., 他4名 Ann. Nucl. Med. 18巻 3号 227-234頁 2004/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transcellular Transport of 4-Iodo-L-meta-tyrosine via System L across Monolayers of Kidney Epithelial Cell Line LLC-PK1. Shikano N., Kawai K., Nakajima S., 他4名 Nucl. Med. Biol. 31巻 4号 477-482頁 2004/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transport of 99mTc-MAG3 via Rat Renal Organic Anion Transporter 1. Shikano N., Kanai Y., Kawai K., 他2名 J. Nucl. Med. 45巻 1号 80-85頁 2004/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Novel Radiopharmaceutical for Detection of Malignant Melanoma Based on Melanin Formation: 3-Iodo-4-hydroxyphenyl-L-cystein. Nishii R., Kawai K., Flores II L.G., 他5名 Nucl. Med. Commun. 24巻 5号 575-582頁 2003/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Varidation of the Chloramine-T Induced Oxidation of Human Serum Albumin as a Model for Oxidative Damege in vivo. Anraku M., Kragh-Hansen U., Kawai K.,他4名 Pharm. Res. 20巻 4号 684-692頁 2003/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An Artificial Amino Acid, 4-Iodo-L-meta-tyrosine: Biodistribution and Excretion via Kidney. Shikano N., Kawai K., Flores II L.G. 他4名 J. Nucl. Med. 44巻 4号 625-631頁 2003/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 関節リウマチ(RA)患者に対する鎮痛薬ナブメトンの効果的な投与法  高村徳人,帖佐悦男,奥村 学,横田 崇,藤田健一,日高宗明,緒方賢治,山崎啓之,徳永 仁,津田聖一,川井恵一,有森和彦 医薬ジャーナル 39巻 3号 1041-1046頁 2003/03 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Isoform Selectivity of 3-125I-iodo-α-methyl-L-tyrosine Membrane Transport in Human L-Type Amino Acid Transporters. Shikano N., Kanai Y., Kawai K. 他4名 J. Nucl. Med. 44巻 2号 244-246頁 2003/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of 3-[125I]Iodo-α-methyl-L-tyrosine Transport via Human L-Type Amino Acid Transporter 1. Shikano N., Kanai Y., Kawai K. 他2名 Nucl. Med. Biol. 30巻 1号 31-37頁 2003/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prediction of Plasma Concentration-Time Curve of Orally Administered Theophylline Based on a Scintigraphic Monitoring of Gastrointestinal Transit in Human Volunteers. Haruta S., Kawai K., Nishii R., Jinnouchi S., Ogawara K., Higaki K., Tamura S., Arimori K. and Kimura T. Int. J. Pharm. 233巻 1-2号 179-190頁 2002/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Serial Change in 123I-MIBG Myocardial Scintigraphy in Non-insulin-dependent Diabetes Mellitus. Nagamachi S., Jinnouchi S., Kurose T., Nishii R., Kawai K., Futami S., Tamura S. and Matsukura S. Ann. Nucl. Med. 16巻 1号 33-38頁 2002/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Correlation between 99mTc-MIBI Uptake and MIB-1 as a Nuclear Proliferation Marker in Glioma : A Comparative Study with 201Tl. Nagamachi S., Jinnouchi S., Kawai K. 他8名 Neuroradiology 43巻 12号 1023-1030頁 2001/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Regulation of 123I-IMP Cerebral Accumulation by Competitive Displacement of Serum Protein Binding. Kawai K., Nishii R., Takamura N., Jinnouchi S., Nagamachi S., Tamura S., Arimori K. and Otagiri M. J. Labelled Compd. Radiopharm. 44巻 462-464頁 2001/05 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of Absorption Kinetics of Orally Administered Theophylline in Rats Based on Gastrointestinal Transit by Gamma Scintigraphy. Haruta S., Kawai K., Jinnouchi S., Ogawara K., Higaki K., Tamura S., Arimori K. and Kimura T. J. Pharm. Sci. 90巻 4号 464-473頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A New Probe for the Cerebral Dopaminergic Presynaptic Function: 6-Radioiodinated L-meta-Tyrosine. Flores II L.G., Kawai K., Nakagawa M., Shikano N., Jinnouchi S., Tamura S., Watanabe K. and Kubodera A. J. Cereb. Blood Flow Metab. 20巻 1号 207-212頁 2000/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of DOPA Decarboxylase Activity in Presynaptic Dopaminergic Neuron with 6-Radioiodinated L-meta-Tyrosine. Flores II L.G., Kawai K., Nakagawa M., Jinnouchi S., Tahara Y., Tamura S. and Kubodera A. J. Labelled Compd. Radiopharm. 42巻 420-422頁 1999/11 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Brain Uptake of Iodinated L-meta-Tyrosine, a Metabolically Stable Amino Acid Derivative. Kawai K., Flores II L.G., Nakagawa M., Shikano N., Jinnouchi S., Tamura S. and Kubodera A. Nucl. Med. Commun. 20巻 2号 153-157頁 1999/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Assessment of the Radiochemical Design of Antibodies with a Metabolizable Linkage for Target-selective Radioactivity Delivery. Arano Y., Wakisaka K., Akizawa H., Ono M., Kawai K., Nakayama M., Sakahara H., Konishi J. and Saji H. Bioconjugate Chem. 9巻 4号 497-506頁 1998/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 3-[123I]Iodo-α-(difluoromethyl)tyrosine Methyl Ester, a New Radiopharmaceutical for Amino Acid Decarboxylase Measurement. Kawai K., Kodama H., Jinnouchi S., Nagamachi S., Kubodera A. and Watanabe K. J. Labelled Compd. Radiopharm. 40巻 701-703頁 1997/12 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Novel Radioiodination Reagent for Protein Radiopharmaceuticals with L-Lysine as a Plasma-stable Metabolizable Linkage to Liberate m-Iodohippuric Acid after Lysosomal Proteolysis. Wakisaka K., Arano Y., Uezono T., Akizawa H., Ono M., Kawai K., Ohmomo Y., Nakayama M. and Saji H. J. Med. Chem. 40巻 16号 2643-2652頁 1997/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Evaluation of Radioiodinated 6-Iodo-L-DOPA as a Cerebral L-Amino Acid Transport Marker. Kawai K., Ohta H., Kubodera A., Channing M.A. and Eckelman W.C. Nucl. Med. Biol. 23巻 3号 251-255頁 1996/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of Polymer-bound 6-Mercuric Carboxylate DOPA Precursors and Solid Phase Labeling Method of 6-Radioiodinated L-DOPA. Kawai K., Ohta H., Channing M.A., Kubodera A. and Eckelman W.C. Appl. Radiat. Isot. 47巻 1号 37-44頁 1996/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of 6-[123I]iodo-L-DOPA as a Cerebral L-DOPA Transport Marker. Kawai K., Ohta H., Kubodera A., Channing M.A. and Eckelman W.C. J. Labelled Compd. Radiopharm. 37巻 161-163頁 1995/12 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Canine SPECT Studies for Cerebral Amino Acid Transport by Means of 123I-3-iodo-α-methyl-L-tyrosine and Preliminary Kinetic Analysis. Kawai K., Fujibayashi Y., Yonekura Y., Tanaka K., Saji H., Konishi J., Kubodera A. and Yokoyama A. Ann. Nucl. Med. 9巻 1号 47-50頁 1995/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of Polymer-bound 6-Thiolatomercury and 6-Mercuric Sulfonate DOPA Precursors and Their Halodemercuration Reactivity. Kawai K., Channing M.A., Kiesewetter D.O. and Eckelman W.C. Nucl. Med. Biol. 22巻 1号 37-43頁 1995/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An Artificial Amino Acid Radiopharmaceutical for Single Photon Emission Computed Tomographic Study of Pancreatic Amino Acid Transports: 123I-3-iodo-alpha-methyl-L-tyrosine. Kawai K., Fujibayashi Y., Yonekura Y., Konishi J., Saji H., Kubodera A. and Yokoyama A. Ann. Nucl. Med. 6巻 3号 169-175頁 1992/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Strategy for the Study of Cerebral Amino Acid Transport Using 123I-labeled Amino Acid Radiopharmaceutical: 3-Iodo-alpha-methyl-L-tyrosine. Kawai K., Fujibayashi Y., Saji H., Yonekura Y., Konishi J., Kubodera A. and Yokoyama A. J. Nucl. Med. 32巻 5号 819-824頁 1991/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Myocardial Uptake of Radioiodinated Methyl-branched Fatty Acids: Acute Inhibition of Beta-oxidation and Chronic Myocardial Damage. Yonekura Y., Fujibayashi Y., Kawai K., Tamaki N., Yamamoto K., Matsumori A., Ohkusa T., Yokoyama A., Kawai C. and Konishi J. NucCompact 21巻 226-228頁 1990/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Monoiodo-D-tyrosine, an Artificial Amino Acid Radiopharmaceutical for Selective Measurement of Membrane Amino Acid Transport in the Pancreas. Kawai K., Fujibayashi Y., Saji H., Konishi J., Kubodera A. and Yokoyama A. Nucl. Med. Biol. 17巻 4号 369-376頁 1990/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Problems of [S-methyl-11C]-L-methionine as a Protein Synthesis Marker in the Pancreas. Fujibayashi Y., Kawai K., Yonekura Y., Matsumoto K., Konishi J. and Yokoyama A. Ann. Nucl. Med. 4巻 1号 29-33頁 1990/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • New Approach for the Search of Exploitable Function of Amino Acid as for Pancreatic Radiopharmaceutical. Fujibayashi Y., Kawai K., Saji H., Torizuka K. and Yokoyama A. J. Labelled Compd. Radiopharm. 23巻 1363-1365頁 1986/12 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Radiopharmaceutical for Pancreatic Exocrine Functional Diagnosis: Zn-62-EDDA Metabolism in Pancreas. Fujibayashi Y., Saji H., Kawai K., Unuma Y., Miyata S., Okuno T., Hosotani R., Inoue K., Adachi H., Horiuchi K., Torizuka K. and Yokoyama A. Int. J. Nucl. Med. Biol. 12巻 6号 447-451頁 1986/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Zn-62-EDDA: A Radiopharmaceutical for Pancreatic Functional Diagnosis. Fujibayashi Y., Saji H., Yomoda I., Kawai K., Horiuchi K., Adachi H., Torizuka K. and Yokoyama A. Int. J. Nucl. Med. Biol. 12巻 6号 439-446頁 1986/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • [I-125] Radioiodinated Metaraminol: A New Platelet-specific Labeling Agent. Ohmomo Y., Yokoyama A., Kawai K., Arano Y., Horiuchi K., Tanaka C., Saji H. and Torizuka K. Eur. J. Nucl. Med. 10巻 5-6号 269-275頁 1985/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 放射線技術の深化 -形態から機能:分子の世界へ-(会議名:第64回日本放射線技術学会九州部会学術大会・第10回九州放射線医療技術学術大会シンポジウム講演)(2016/11)
  • 分子イメージングの創薬への応用 -トランスポーター標的PET製剤と個別化医療-(会議名:“金沢大学安全創薬グループ”ブレーンストーミングセミナー)(2013/02/18)
  • 分子イメージングの創薬への応用 -がんの個別化医療と薬物動態制御-(会議名:“金沢大学安全創薬グループ”ブレーンストーミングセミナー)(2013/01/08)
  • 薬物動態解析に特化した小動物用インビボ分子イメージング装置の開発(会議名:平成24年度医療機器開発マッチングフォーラム)(2012/12)
  • 放射性医薬品の体内動態制御と薬物代謝機能診断法開発の可能性(会議名:平成23年度埼玉医科大学卒後教育第3回腫瘍内科セミナー)(2012/03)

全て表示

  • 放射性医薬品の開発・体内動態制御と個別化医療(会議名:バイオセミナー“未来へのバイオ技術”月例会)(2011/12)
  • アイソトープ施設と他分野連携研究(会議名:平成22年度北海道地区大学等放射線施設協議会アイソトープ利用研究会)(2011/02)
  • 薬物体内動態制御法と薬物療法の適正化を目指した個別化変動要因モニタリング法の開発(会議名:第7回次世代医療システム産業化フォーラム2010)(2010/12)
  • 放射性医薬品の体内動態制御とターゲティングコンファーマティヴ個別化医療(会議名:第66回日本放射線技術学会総会学術大会)(2010/04)
  • ビジュアルキネティクスによるターゲッティングコンファーマティヴ個別化医療(会議名:第4回筑波大学学際物質戦略イニシアチブバイオグループシンポジウム ?新しい創薬・治療?)(2009/05)
  • ビジュアルキネティクスによる体内物流解析と個別化医療(会議名:第2回筑波大学学際物質戦略イニシアチブバイオグループシンポジウム ?可視化と治療?)(2009/03)
  • 分子イメージングによるがん治療モニタリング・内用放射線治療と薬剤師技術への応用(会議名:医療人GP合同フォーラム)(2008/11)
  • 薬の動きで人体の機能を調べる ?核医学画像診断法?(会議名:第16回北陸大学学術フロンティア特別講演会)(2006/09)
  • 生体内競合作用を利用した放射性医薬品の体内動態制御(会議名:第16回京滋核医学セミナー)(2006/08)
  • 放射性医薬品によるがん治療効果モニタリングと内用放射線治療(会議名:第13回臨床薬剤師講習会)(2006/06)
  • 放射性医薬品の開発と体内動態制御(会議名:第10回核医学技術研修会)(2005/10)
  • 分子イメージングを目指したもう一つの創薬戦略 -蛋白結合置換による薬物動態制御-(会議名:平成15年度文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C)企画研究公開シンポジウム)(2003/11)
  • 金沢大学における放射線安全管理教育(会議名:日本保健物理学会企画講演会「今、放射線安全教育に何が求められているか-医療系大学・学部における放射線安全管理教育-」)(2002/09)
  • 癌の免疫核医学治療を目的とする腫瘍部位解裂性ヨウ素標識試薬の開発(会議名:平成13年度文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C)企画研究公開シンポジウム)(2001/12)
  • 放射性医薬品からみたもう一つの核医学(会議名:第13回海の中道RIカンファランス)(2000/07)
  • 新しい放射性医薬品の開発(会議名:21世紀カンファレンス記念講演会 ?核医学21世紀に向けて?)(1998/11)
  • 核医学画像診断薬 ?開発の現場から?(会議名:平成9年度宮崎県病院薬剤師会研修会)(1998/03)

芸術・フィールドワーク

特許

○心臓疾患診断剤、心臓疾患診断用組合せ医薬及び心臓疾患診断用キット
○薬物代謝機能を測定するための検査薬
○細胞増殖性疾患の治療用または診断用薬剤
○分子イメージングにより代謝機能を測定するための検査薬
○薬物代謝機能測定方法(特許番号:特許2016-6024939)
○尿検査方法及び尿検査用キット
○心筋用放射性画像診断剤又は放射性治療薬(公開年月:2006/09/01)(特許番号:特許2011-4863345)
○薬物の血漿蛋白質結合における血漿蛋白質上の結合部位の測定法及び血漿蛋白質変異の測定法(公開年月:2004/05/01)(出願国名:アメリカ, ヨーロッパ, カナダ, 台湾)(特許番号:JP4236050,US7175991,EP1557671,TW I 33071)
○薬物の血漿蛋白質結合を制御するための製剤(公開年月:2004/03/01)(出願国名:アメリカ, ヨーロッパ, カナダ, 台湾)(特許番号:TW I 306762)
○血漿蛋白質に結合親和性を有する薬剤の投与方法(公開年月:2000/12/01)(出願国名:アメリカ, ヨーロッパ, カナダ)(特許番号:JP4343473,US7029653,EP1197227,CA2376159)
○標識α-ハロゲノアルキル芳香族アミノ酸およびこれを用いる標識試薬(公開年月:1999/10/01)

共同研究希望テーマ

○脳内神経伝達機能の新規画像診断薬の開発
○がんの内部照射治療薬の開発
○医薬品の動態制御法に基づく製剤化・投与設計

科研費

○奨励研究(A)「脳内アミノ酸代謝機能の画像診断を目的とした放射性診断薬の開発に関する基礎研究」(1994-1994) 代表者
○奨励研究(A)「脳内アミノ酸代謝機能の画像診断を目的とした放射性診断薬の開発に関する基礎研究」(1995-1995) 代表者
○奨励研究(A)「脳内神経伝達機能の画像診断を目的とした放射性診断薬の開発に関する基礎研究」(1996-1996) 代表者
○基盤研究(B)「癌の免疫核医学診断・治療を目的とする腫瘍部位解裂性ヨウ素標識試薬の開発」(1997-1999) 代表者
○奨励研究(A)「脳内神経伝達機能の画像診断を目的とした新規放射性診断薬の開発に関する基礎研究」(1997-1998) 代表者
○特別研究員奨励費「脳内ドーパミン神経機能診断を目的とする放射性診断薬の開発と診断法の確立」(1998-1999) 代表者
○基盤研究(B)「脳内神経伝達機能の画像診断を可能にする新規放射性診断薬の開発に関する研究」(1999-2001) 代表者
○基盤研究(B)「腫瘍特異的代謝亢進に基づく癌の内部照射治療を可能にするヨウ素標識薬剤の開発」(2000-2002) 代表者
○基盤研究(C)「術後甲状腺機能低下症に起因する鬱状態における脳血流変化に関する研究」(2000-2002) 分担者
○基盤研究(B)「アイソフォーム選択的アミノ酸トランスポーター画像診断薬の実現」(2001-2003) 分担者
○基盤研究(C)「がんの内用放射線治療薬剤の開発研究」(2001-2001) 分担者
○基盤研究(B)「脳内神経変性疾患の早期検出を可能にする新規放射性診断薬の開発に関する研究」(2002-2004) 代表者
○萌芽研究「腫瘍内アミノ酸・アミン代謝を利用した癌の内部照射治療薬剤の検索」(2002-2004) 代表者
○基盤研究(B)「低酸素腫瘍を標的とする内部照射治療薬剤に関する研究」(2002-2004) 分担者
○基盤研究(C)「分子イメージングによる核医学診断のための放射性医薬品の創薬戦略に関する研究」(2003-2003) 分担者
○萌芽研究「transporter 遺伝子導入による腫瘍の内照射療法および核医学画像診断法の開発」(2003-2005) 分担者
○基盤研究(C)「癌細胞膜アビジン発現とスカベンジャー受容体内在化による特異的普遍的内照射法の開発」(2004-2006) 分担者
○基盤研究(B)「脳内神経変性疾患に対する再生医療効果判定を可能にする新規放射性診断薬の開発」(2005-2007) 代表者
○萌芽研究「ポストFDGを担う腫瘍診断用ポジトロン放出核種標識人工アミノ酸製剤の探索」(2005-2007) 代表者
○基盤研究(B)「アイソフォーム特異的アミノ酸トランスポーター放射性機能診断薬の実現」(2005-2007) 分担者
○基盤研究(C)「薬物の経口吸収動態を制御する生理学的因子の解析とその吸収挙動予測への応用」(2005-2006) 分担者
○基盤研究(B)「シグナル伝達を指標にした分子イメージングによる癌分子標的薬剤治療効果予測法の開発」(2006-2008) 分担者
○基盤研究(B)「悪性神経内分泌腫瘍に対する血管新生阻害下内用療法:基礎研究から臨床応用へ」(2007-2010) 分担者
○基盤研究(C)「小腸粘膜における初回通過効果の解析とその薬物経口吸収挙動の予測への応用」(2007-2008) 分担者
○萌芽研究「腫瘍血管新生の可視化を可能にする分子イメージング剤の開発」(2007-2009) 分担者
○基盤研究(A)「脳内神経変性疾患に対する再生医療・遺伝子治療効果判定に有用な放射性診断薬の開発」(2008-2011) 代表者
○基盤研究(B)「ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害に基づく癌分子標的PET診断法の開発」(2008-2010) 分担者
○基盤研究(C)「量子医療技術による機能イメージング法のリハビリテーション医療への応用に関する研究」(2008-2010) 分担者
○挑戦的萌芽研究「ヒト培養細胞の機能性分子発現解析に基づくポストFDG腫瘍診断薬の設計戦略の構築」(2009-2011) 代表者
○挑戦的萌芽研究「不安定プラークの早期・特異的同定:プレターゲティング法による組織因子イメージング」(2011-2012) 分担者
○基盤研究(B)「HDAC分子標的エピジェネティクスPET診断の基礎及び臨床的応用」(2011-2014) 分担者
○挑戦的萌芽研究「細胞の遺伝子発現解析に基づく機能性分子発現系を利用した腫瘍診断薬の設計戦略の検証」(2012-2014) 代表者
○基盤研究(C)「半導体検出器を搭載した最新型小動物用SPECT/CT装置における定量測定法の確立」(2012-2014) 分担者
○基盤研究(B)「精神神経疾患の個体差を克服する個別化薬物療法に有用な分子標的放射性診断薬の開発」(2013-2016) 代表者
○基盤研究(B)「動脈硬化の治療戦略に役立つ核医学イメージング法:EBMのための実験的研究」(2014-2017) 分担者
○挑戦的萌芽研究「癌関連トランスポーター発現解析に基づく機能性分子発現系による腫瘍診断薬の開発戦略」(2015-2016) 代表者
○基盤研究(C)「抗がん剤の個別化医療を可能にするSPECTを利用した高精度多剤耐性予測法の確立」(2015-2017) 分担者
○挑戦的萌芽研究「プロスタグランジン輸送体を作用標的とする新規抗炎症薬の提唱」(2015-2016) 分担者
○基盤研究(B)「PET分子画像診断によるEGFR阻害癌分子標的薬個別化医療」(2016-2020) 分担者

学域・学類担当授業科目

○放射性同位元素検査技術学演習(2016)
○放射性薬品学(2016)
○放射線生物作用学(2016)
○放射線関係法規(2016)
○放射線衛生管理学実験(2016)
○放射線衛生管理学(2016)
○初学者ゼミ(2015)
○放射能・放射線とその利用(2015)
○放射線生物作用学(2015)
○放射性薬品学(2015)
○放射線関係法規(2015)
○放射線衛生管理学(2015)
○放射線衛生管理学実験(2015)
○放射性同位元素検査技術学演習(2015)
○放射能・放射線とその利用(2014)
○放射性同位元素検査技術学演習(2014)
○放射線衛生管理学実験(2014)
○放射線衛生管理学(2014)
○放射線関係法規(2014)
○放射性薬品学(2014)
○放射線生物作用学(2014)

大学院担当授業科目

○医用放射線科学研究方法論(2016)
○保健学研究方法論(2016)
○分子腫瘍医科学(2016)
○機能画像解析学特別研究(2016)
○機能画像解析学特講(2016)
○機能画像解析学特講演習(2016)
○機能画像解析学課題研究(2016)
○生体機能解析学演習(2016)
○生体機能解析学特論(2016)
○保健学研究方法論(2015)
○生体機能解析学演習(2015)
○生体機能解析学特論(2015)
○機能画像解析学課題研究(2015)
○医用放射線科学研究方法論(2015)
○機能画像解析学特講(2015)
○機能画像解析学特講演習(2015)
○機能画像解析学特別研究(2015)
○機能画像解析学特講(2014)
○機能画像解析学特講演習(2014)
○機能画像解析学特別研究(2014)
○生体物質動態特論(2014)
○環境物質生体内動態特論(2014)
○生体機能解析学演習(2014)
○保健学研究方法論(2014)
○生体機能解析学特論(2014)
○機能画像解析学課題研究(2014)
○医用放射線科学研究方法論(2014)

他大学の客員教授

○福井大学高エネルギー医学研究センター
○福井医科大学高エネルギー医学研究センター

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○宮崎県ウラン対策専門委員会宮崎県ウラン対策専門委員(2000/08/01-2001/03/31)
○医学・薬学部会 放射性医薬品専門委員会放射性医薬品専門委員会  専門委員(2012/04/01-)
○放射性医薬品取り扱いガイドライン講習会ワーキンググループ放射性医薬品取り扱いガイドライン 委員(2016/12-)

講演可能なテーマ

○薬をより良く効かせる方法-薬物の体内動態制御法-(キーワード:薬,体内動態制御,副作用軽減)
○薬の動きで人体の機能を調べる-核医学画像診断法-(キーワード:人体の機能,核医学画像診断)
○人体組織をどう誤魔化すか-放射性機能診断薬の開発-(キーワード:機能診断薬,放射性医薬品)
○放射線被曝の人体影響-メリットとリスクのバランス-(キーワード:放射線利用,放射線被曝,リスク)
○放射線・放射能・放射性物質とその影響(キーワード:放射線,放射能,放射性物質)

その他公的社会活動

このページの先頭へ