本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

平瀬 直樹 (ひらせ なおき) 教授 HIRASE Naoki

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 歴史言語文化学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 人文学類 歴史文化学コース
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 人文学専攻
【大学院後期課程】
人間社会環境研究科 人文学コース

所属研究室等

平瀬直樹研究室(人間社会1号館3階304号室) TEL:076-264-5322 FAX:076-264-5362

学歴

【出身大学院】
京都大学 博士課程 文学研究科 国史学 1986/03 単位取得満期退学
【出身大学】
京都大学 文学部 国史学 1981/03 卒業
【取得学位】
博士(文学)

職歴

金沢大学 人間社会研究域歴史言語文化学系 教授
金沢大学 人間社会研究域歴史言語文化学系 准教授
金沢大学 文学部 助教授(1996-)
山口県教育庁文化財保護課 文化財専門員
山口県文書館 専門研究員
山口県文書館 研究員(1986-)

生年月

1957年07月

所属学会

史学会 評議員
北陸都市史学会 幹事
仏教史学会
日本史研究会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

日本史

専門分野キーワード

日本中世、宗教

研究課題

中世の社会集団-寺社・村・武士団-

著書

  • ミネルヴァ評伝選『大内義弘』 ミネルヴァ書房 2017/03 単著 平瀬直樹 978-4-623-08029-8
  • 『大内氏の領国支配と宗教』 塙書房 2017/02 単著 平瀬直樹 978-4-8273-1286-7
  • 『能登半島地震から学ぶ』 2011/03 分担執筆 金沢大学能登半島地震学術調査部会
  • 『安心して住み続けられる地域を創る―金沢大学能登半島地震学術調査部会報告書―』 金沢大学能登半島地震学術調査部会 2010/03 分担執筆 176-179頁
  • 『下関市史 原始‐中世』 山口県下関市 2008/03 分担執筆 平瀬直樹

全て表示

  • 『防府市史』通史Ⅰ 原始・古代・中世 山口県防府市役所 2004/03 分担執筆 平瀬直樹
  • 『金沢大学50年史 通史編』 2001/08 分担執筆 金沢大学創立50周年記念事業後援会
  • 『図説・山口県の歴史』 河出書房新社 1998/11 分担執筆 平瀬直樹
  • 『山口県の歴史』 山川出版社 1998/03 分担執筆
  • 『下関市史』資料編Ⅲ 1994/03 分担執筆 下関市
  • 『大畠町史』 1992/06 分担執筆
  • 『萩藩閥閲録別巻 家わけ文書目録』 1989/01 単著 山口県文書館

論文

  • 「南北朝期大内氏の本拠地‐弘世期を中心に‐」 平瀬直樹 『日本歴史』 810号 13-27頁 2015/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 「近世の文学・演劇に描かれた大内氏」 平瀬直樹 『山口県地方史研究』 112号 1-12頁 2014/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 「南北朝期大内氏に見る地域支配権力の確立‐大内弘世と妙見祭祀‐」 平瀬直樹 『鎌倉遺文研究』 34号 41-56頁 2014/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 「室町期における大内氏の妙見信仰と祖先伝説」 平瀬直樹 『史林』 97巻 5号 33-64頁 2014/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 「日本中世の妙見信仰と鎮宅霊符信仰‐その基礎的考察‐」 平瀬直樹 『仏教史学研究』 56巻 1号 21-37頁 2013/11 査読有 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • 「応永の乱と堺-大内義弘の拠点について-」 『北陸都市史学会誌』 18号 10-18頁 2012/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 「中世北陸における顕密寺社と地域社会‐安元事件と延暦寺‐」 『北陸宗教文化』 20号 68-79頁 2008/03 研究論文(学術雑誌)
  • 「中世高野山における祈雨の意義-宥快著『水天供表白』の分析-」 平瀬直樹 『金沢大学文学部日本史学研究室紀要』 Vol.1巻 11-20頁 2005/03 査読有 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「中世都市の空間構造-周防国山口を中心に-」 『北陸都市史学会誌』 8号 1-13頁 2001/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 「長門国正吉郷の中世‐「有光家文書」の世界‐」 平瀬直樹 『日本社会の史的構造 古代・中世』 365‐388頁 1997/05 査読無 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 「守護大名大内氏と海辺の武装勢力‐海賊・警固衆・倭冦」 平瀬直樹 『山口県地方史研究』 71号 23‐32頁 1994/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 「文書に見る中世末期のまじない―周防・長門両国―」 『山口県文書館研究紀要』 21号 55‐66頁 1994/03 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「興隆寺の天台密教と氏神=妙見の変質」  『山口県史研究』 2号 111‐121頁 1994/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 「文書館におけるコンピュ‐タ利用‐山口県文書館‐」  『山口県文書館研究紀要』 20号 47‐59頁 1993/03 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「氷上山興隆寺文書の伝来について‐データベースによる分析‐」  『山口県文化財』 23号 26‐33頁 1992/07 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • 「興隆寺伝来文書編年目録‐データベース化の試み‐」・「データベースと文書館業務」  『山口県文書館研究紀要』 19号 1‐36頁 1992/03 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「大内氏の妙見信仰と興隆寺二月会」  『山口県文書館研究紀要』 17号 1990/03 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「中世防府天満宮の社坊について」  『山口県文書館研究紀要』 15号 55-71頁 1988/03 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「中世寺院の身分と集団‐金剛峯寺の中下層身分を中心に‐」  『中世寺院史の研究』 下巻 108‐133頁 1988/03 査読無 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 「中世文書の目録化について‐『萩藩閥閲録』別巻の作成を通して‐」  『山口県文書館研究紀要』 14号 83‐90頁 1987/03 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「日本中世寺院研究の一課題‐大衆集団を中心に‐」  『新しい歴史学のために』 177号 15‐22頁頁 1985/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 「中世寺院の組織構造と庄園支配―金剛峯寺領官省符庄の支配権力―」  『日本史研究』 267号 1‐30頁 1984/11 査読有 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 中世加賀の武士と白山寺社(会議名:市民公開講座「金沢学」)(2017/02/18)
  • 中世の星の信仰―北斗と妙見(会議名:石川県民大学校 記念講演)(2017/01/21)
  • 陰陽道と修験道―中世社会とまじない―(会議名:広島県立歴史博物館文化講演会)(2016/06/04)
  • 書評:須田牧子『中世日朝関係と大内氏』第4章「大内氏の先祖観の形成とその意義」(会議名:北陸中世・近世移行期研究会 第4回)(2014/07/01)
  • 守護大名の在地支配と神社祭祀‐大内氏の場合‐(会議名:地方史研究協議会 第64回(金沢)大会)(2013/10/01)

全て表示

  • 守護大名の残像-近世の文学・演劇に描かれた大内氏-(会議名:軍記・語り物研究会 第398回例会)(2013/07/14)
  • 「『平家物語』から見た北陸の宗教と社会―源平合戦前夜―」(会議名:石川県民大学校講座「いしかわいきいき講座」)(2011/09)
  • 能登常徳寺所蔵典籍調査報告(会議名:北陸史学会大会)(2009/11)
  • 「室町時代のおける地域の意義―守護大内氏と幕府―」(会議名:日本史教材研究会)(2010/04)
  • 「教科書記述のとらえ直し~経済から文化へ~」(会議名:石川県高等学校地歴科・公民科教育研究会 平成21年度 研究大会)(2009/11)
  • 「県道27号(金沢―井波線)沿道の中世宗教遺跡」(会議名:北陸4大学連携まちなかセミナー 富山会場:サブテーマ「北陸の信仰」)(2008/11)
  • 守護大名大内氏の領国支配と宗教‐妙見信仰を中心に‐(会議名:日本史研究会中世史部会)(2008/03)
  • 日本中世の聖地に生きる人々‐僧、ヒジリ、陰陽師、神人を訪ねて‐(会議名:金沢大学サテライトプラザ ミニ講演)(2007/12)
  • 中世北陸における顕密寺社と地域社会(会議名:北陸宗教文化学会シンポジウム「中世北陸の宗教」、)(2007/07)
  • 金沢大学サテライトプラザ公開講座「日欧の中世都市」(「加賀と能登の都市について(野々市と七尾)」)(2006/07)
  • 守護大名大内氏の妙見信仰(会議名:読史会大会)(2005/11)
  • 「ベルギーの中世史研究に触れて―宗教勢力・都市・民衆―」 (会議名:北陸都市史学会富山大会)(2004/08)
  • “Relationship between ecclesiastical institutions and society in Medieval Japan” (会議名:Meeting: Japanese Research at the Department of Mediaeval History)(2003/10)
  • 記念講演「大内義隆の時空」(会議名:「西京歴史フォーラム-大内義隆とその時代-」)(2000/09)
  • 「戦国時代の越中」、富山県公文書館講演会(会議名:富山県公文書館講演会)(1999/11)
  • 「中世都市の空間構造‐周防国山口を中心に‐」 (会議名:北陸都市史学会金沢大会)(1999/08)
  • 「中世後期の顕密主義・試論」 (会議名:北陸史学会大会)(1996/12)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○研究成果公開促進費(学術図書)「『大内氏の領国支配と宗教』」(2016-2016) 代表者
○基盤研究(C)「室町期における地域権力と宗教の関係‐大内氏領国を中心に‐」(2005-) 代表者

学域・学類担当授業科目

○卒業論文演習A(日本史学)(2017)
○日本古代中世史概説B(2017)
○日本古代中世史概説B2(2017)
○卒業論文演習B(日本史学)(2017)
○日本古代中世史概説B1(2017)
○日本史学実習A2(2017)
○日本史学実習B1(2017)
○室町戦国時代史演習A(2017)
○日本史学実習B(2017)
○日本史要説(2017)
○日本史・日本文化(2017)
○日本史要説(2017)
○室町戦国時代史演習B(2017)
○日本史・日本文化(2017)
○学類共通英語2(日本史学)(2017)
○日本史学実習A(2017)
○日本史学実習A1(2017)
○日本史学実習B2(2017)
○日本史・日本文化(2016)
○日本史要説(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○日本史学実習B(2016)
○日本史学実習A(2016)
○卒業論文演習A(日本史学)(2016)
○卒業論文演習B(日本史学)(2016)
○日本中世寺院史演習A(2016)
○日本中世地域史特殊講義(2016)
○日本中世寺院史演習B(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○日本中世地域史演習B(2015)
○卒業論文演習A(日本史学)(2015)
○日本史学実習A(2015)
○日本古代中世史概説B(2015)
○日本中世地域史演習A(2015)
○日本史学実習B(2015)
○卒業論文演習B(日本史学)(2015)
○情報処理基礎(2015)
○日本史要説(2015)
○日本中世の社会と宗教(2015)
○日本史学演習Ⅰ(2014)
○日本史学演習Ⅰ(2014)
○日本史学実習(2014)
○日本史学特殊講義(2014)
○日本中世祈りの風景-生死と宗教-(2014)
○日本史要説(2014)
○情報処理基礎(2014)
○日本史学実習B(2014)
○日本史学実習A(2014)
○室町戦国時代史演習B(2014)
○室町戦国時代史演習A(2014)
○日本古代中世史特殊講義B(2014)
○日本中世寺院史特殊講義(2014)
○卒業論文演習B(日本史学)(2014)
○卒業論文演習A(日本史学)(2014)
○日本史要説(2014)

大学院担当授業科目

○日本中世史演習Ⅳ1(2017)
○日本中世宗教史Ⅱ(2017)
○日本中世宗教史Ⅰ(2017)
○日本中世史演習Ⅲ2(2017)
○日本中世宗教史演習(2017)
○日本史学研究法演習Ⅳ2(2017)
○日本史学実習2(2017)
○日本中世宗教史演習Ⅰ(2017)
○日本中世宗教史演習Ⅱ(2017)
○日本史学実習1(2017)
○日本中世史演習Ⅲ1(2017)
○日本中世史演習Ⅳ2(2017)
○日本史学研究法演習Ⅲ2(2017)
○日本古代中世史概説B/人間社会学域(2017)
○日本史学研究法演習Ⅲ1(2017)
○日本中世宗教史(2017)
○日本史学研究法演習Ⅳ1(2017)
○日本史学研究法演習Ⅱ2(2016)
○日本中世宗教史演習(2016)
○日本中世宗教史(2016)
○論文指導Ⅱ(2016)
○日本古代中世史Ⅱ2(2016)
○日本古代中世史Ⅱ1(2016)
○日本史学研究法演習Ⅱ(2016)
○日本古代中世史Ⅱ(2016)
○日本中世史演習Ⅰ(2016)
○日本中世史演習Ⅱ(2016)
○日本史学研究法演習Ⅰ(2016)
○日本中世宗教史演習Ⅱ(2016)
○日本中世宗教史Ⅰ(2016)
○日本中世宗教史演習Ⅰ(2016)
○日本中世宗教史Ⅱ(2016)
○日本中世史演習Ⅰ1(2016)
○日本史学研究法演習Ⅰ2(2016)
○日本中世史演習Ⅱ2(2016)
○日本史学研究法演習Ⅱ1(2016)
○日本史学研究法演習Ⅰ1(2016)
○日本中世史演習Ⅱ1(2016)
○日本中世史演習Ⅰ2(2016)
○日本中世宗教史(2015)
○日本史学研究法演習Ⅲ(2015)
○日本中世史演習Ⅲ(2015)
○日本中世史演習Ⅳ(2015)
○日本史学実習(2015)
○日本史学研究法演習Ⅳ(2015)
○日本中世宗教史演習(2015)
○日本中世宗教史(2014)
○日本古代中世史Ⅲ(2014)
○日本史学研究法演習Ⅱ(2014)
○日本中世史演習Ⅱ(2014)
○日本古代中世史Ⅱ(2014)
○日本中世史演習Ⅰ(2014)
○日本史学実習(2014)
○日本史学研究法演習Ⅰ(2014)

他大学の客員教授

○Ghent大学 Faculty of Arts and Philosophy

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○中世の都市
○中世の宗教

その他公的社会活動

○能登半島地震ボランティア活動(2007-2008) 常徳寺所蔵 藤懸得住関連資料の調査(石川県志賀町、旧富来町)。平成20年度科学研究費補助金(特別研究促進費 課題番号 19900002)「過疎・超高齢化地域での地震による生活被害実態の解明と人間・地域の復興のための調査研究」(代表・井上英夫)の活動の一端として。

このページの先頭へ