本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

柴 和弘 (しば かずひろ) 教授 SHIBA Kazuhiro

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

学際科学実験センター 学際科学実験センター・トレーサー情報解析分野
学際科学実験センター長
日本放射線安全管理学会理事
大学等放射線施設協議会理事
北陸地域アイソトープ研究会会長

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類 検査技術科学専攻 トレーサー情報解析分野
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻 トレーサー情報解析分野
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 脳医科学専攻
自然科学研究科 生命科学専攻
連合大学院小児発達学研究科 こころの相互認知科学

所属研究室等

トレーサー情報解析分野 TEL:076-265-2470 FAX:076-234-4245

学歴

【出身大学】
金沢大学 薬学部 薬学 1980/03 卒業
【取得学位】
医学博士

職歴

金沢大学 学際科学実験センター センター長(2014/08/01-)
金沢大学 学際科学実験センター 教授(2009/04/01-)
金沢大学 学際科学実験センター 准教授(2003/04/01-2009/03/31)
金沢大学 アイソトープ総合センター 助教授(1999/04/01-2003/03/31)
金沢大学 金沢大学医療技術短期大学部 講師(1993/04/01-1995/03/31)
金沢大学 アイソトープ総合センター 助手(1980/04/01-1999/03/31)

生年月

1957年01月

所属学会

日本薬学会
日本核医学会
米国核医学会
日本放射線安全管理学会 副編集長(2010-)
日本放射線安全管理学会 理事(2010-)
北陸地域アイソトープ研究会 会長(2010-)
大学等放射線施設協議会 理事(2009-)
日本がん学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○第34回日本核医学会賞(1996/09/30)

専門分野

化学系薬学、放射線科学、放射線・化学物質影響科学

専門分野キーワード

脳、分子イメージング、放射性同位元素、アルツハイマー病、自閉症

研究課題

脳神経機能診断を目的とした放射性医薬品の開発に関する研究

内部被曝の高感度評価法の開発研究

著書

  • 大学等における申請書等の作製マニュアル 2016年版 株式会社 アドスリー 2016/05 共著 大学等放射線施設協議会「大学等における申請書等の 作製マニュアル」編集委員会 編集委員長 柴 和弘
  • 核医学テキスト 中外医学社 2013/04 原著書 共著 絹谷清剛、飛坂 実、柴 和弘、山田正人、中嶋憲一、奥田光一、松田博史、久慈一英ほか16名
  • 大学等における放射線安全管理の要点 アドズリー 1998/09 原著書 共著 遠藤正志、栗原紀夫、柴 和弘、中村尚司、西沢邦秀、巻出義紘、森 厚文、森川尚威
  • 大学等における放射線安全管理の要点(改訂版) アドズリー 2003/10 原著書 共著 遠藤正志、栗原紀夫、柴 和弘、中村尚司、西澤邦秀、巻出義紘、森 厚文、森川尚威
  • 大学等における放射線安全管理の要点とQ&A アドズリー 2007/06 原著書 共著 片田元己、栗原紀夫、佐藤信吾、柴 和弘、中村尚司、西澤邦秀、巻出義紘、森川尚威

全て表示

  • PET及びSPECT用インビボ分子イメージング剤の開発研究 北陸地域アイソトープ研究会誌 2010/07 原著書 単著 柴 和弘 11巻 2-12頁
  • 脳神経機能動態解析用放射性分子イメージング剤の開発 金沢大学十全医学会雑誌 2010/03 原著書 単著 柴 和弘 119巻 1号 13-14頁

論文

  • Evaluation of Chlorella as a decorporation agent to enhance the elimination of radioactive strontium from body. PLOS ONE 2016/02/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Simultaneous acquisition of 99mTc and 123I-labeled radiotracers using a preclinical SPECT scanner with CZT detector.  Kobayashi M, Matsunari I, Nishi K, Mizutani A, Miyazaki Y, Ogai K, Sugama J, Shiba K, Kawai K, Kinuya S Ann. Nucl. Med. 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • In vivo differences between two optical isomers of radioiodinated o-iodo-trans-decalinvesamicol for use as a radioligand for the vesicular acetylcholine transporter. Izumi Uno, Takashi Kozaka, Daisuke Miwa, Yoji Kitamura, Azim Mohammad Anwar-ul, Kazuma Ogawa, Junichi Taki, Seigo Kinuya and Kazuhiro Shiba. PLOS ONE DOI:10.1371/journal.pone.01467巻 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and evaluation of a new vesamicol analog o-[11C]methyl-trans-decalinvesamicol as a PET ligand for the vesicular acetylcholine transporter. Yoji Kitamura, Takashi Kozaka, Daisuke Miwa, Izumi Uno, Mohammad Anwar-ul Azim, Kazuma Ogawa, Junichi Taki, Seigo Kinuya and Kazuhiro Shiba. Ann. Nucl. Med. 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of postconditioning on dynamic expression of tenascin-C and left ventricular remodeling after myocardial ischemia and reperfusion. Taki J, Inaki A, Wakabayashi H, Matsunari I, Imada-Yoshida K, Ogawa K, Hiroe M, Shiba K, Yoshida T, Kinuya S. EJNMMI RESEARCH DOI: 10.1186/s13550-015-0100-8巻 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Preparation and evaluation of an astatine-211-labeled sigma receptor ligand for alpha radionuclide therapy.  Ogawa K, Mizuno Y, Washiyama K, Shiba, K, Takahashi N, Kozaka T, Shinohara A, Odani A. Nucl. Med. Biol 42巻 11号 875-879頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anxiety- and depression-like behavior in mice lacking the CD157/BST1 gene, a risk factor for Parkinson's disease Lopatina O, Yoshihara T, Nishimura T, Zhong J, Akther S, Fakhrul AA, Liang M, Higashida C, Sumi K, Furuhara K, Inahata Y, Huang JJ, Koizumi K, Yokoyama S, Tsuji T, Petugina Y, Sumarokov A, Salmina AB, Hashida K, Kitao Y, Hori O, Asano M, Kitamura Y, Kozaka T, Shiba K, Zhong F, Xie MJ, Sato M, Ishihara K, Higashida H. Front Behav Neurosci. 8巻 133頁 2014/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Potential of The Vesicular Acetylcholine Transporter (VAChT) Imaging Using Radiolabeled o-Bromo-trans-decalinvesamicol (OBDV) as a New PET Ligand  Mohammad Anwar-ul Azima, Takashi Kozakaa, Izumi Unoa, Daisuke Miwaa, Yoji Kitamuraa, Kazuma Ogawa, Akira Makino, Yasushi Kiyono, Kazuhiro Shiba. Synapse 68巻 445-453頁 2014/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Radiogallium Complex-Conjugated Bifunctional Peptides for Detecting Primary Cancer and Bone Metastases Simultaneously. Kazuma Ogawa, Jing Yu, Atsushi Ishizaki, Masaru Yokokawa, Masanori Kitamura, Yoji Kitamura, Kazuhiro Shiba, and Akira Odani. Bioconjugate.Chem. 26巻 8号 1561-1570頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Regional brain imaging of vesicular acetylcholine transporter (VAChT) using o-[125I]iodo-trans-decalinvesamicol as a new potential imaging probe.  Takashi Kozaka, Izumi Uno, Yoji Kitamura, Daisuke Miwa, Mohammad Anwar-ul Azim, Kazuma Ogawa, Kazuhiro Shiba Synapse 68巻 2014頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 14C-Methionine Uptake as a potential Marker of Inflammatory Processes After Myocardial Ischemia and Peperfusion. Junichi Taki, Hiroshi Wakabayashi, Anri Inaki, Kyoko Imanaka-Yoshida, Michiaki Hiroe, Kazuma Ogawa, Miyako Morooka, Kazuo Kubota, Kazuhiro Shiba, Toshimichi Yoshida and Seigo KInuya. 54巻 3号 431-436頁 2013/03 査読有 原著論文
  • Report regarding radioactivity removal from contaminated vegetables derived from the Fukushima nuclear accident.  柴 和弘 Radiation Safety Management. 12巻 1号 31-36頁 2013/03 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Development and evaluation of a novel 99mTc-labeled annexin A5 for early detection of response to chemotherapy. Kazuma Ogawa, Katsuichi Ohtsuki, Tomomi Shibata, Miho Aoki, Morio Nakayama, Yoji Kitamura, Masahiro Ono, Masashi Ueda, Tomoki Doue, Masahisa Onoguchi, Kazuhiro Shiba, Akira Odani. PLoS One. 8巻 12号 e81191頁 2013/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development and evaluation of a radiobromine-labeled sigma ligand for tumor imaging.   Kazuma Ogawa, Hiroya Kanbara, Yasushi Kiyono, Yoji Kitamura, Tatsuto Kiwada, Takashi Kozaka, Masanori Kitamura, Tetsuya Mori, Kazuhiro Shiba, Akira Odani. 40巻 4号 445-450頁 2013/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of novel radiogallium-labeled bone imaging agents using oligo-aspartic acid peptides as carriers Ogawa K, Ishizuka A, Takai K, Kitamura Y, Kiwada T, Shiba K, Odani A. PLoS One. 8巻 12号 e84335頁 2013/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Decontamination of radioactivity from contaminated vegetables derived from the Fukushima nuclear accident. Kazuhiro Shiba, Yoji Kitamura, Takashi Kozaka, Izumi Uno, Kikuo Shimizu, Kazuyoshi Masumoto, Masahiro Hirota, Shogo Higaki, Hirokazu Miyoshi, Takuya Saze, Minoru Sakama, Makoto Yanaga Radiation Measurement 55巻 26-29頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characteristics of radioactive contamination of vegetables derived from the Fukushima nuclear accident. Kazuhiro Shiba, Yoji Kitamura, Takashi Kozaka, Izumi Uno, Kikuo Shimizu, Masahiro Hirota, Shogo Higaki, Kazuyoshi Masumoto. Radiation Safety Management. 11巻 1号 23-26頁 2012/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Syntheses and in vitro evaluation of decalinvesamicol analogues as potential imaging probes for vesicular acetylcholine transporter (VAChT) 20巻 16号 4936-4941頁 2012/08 査読有 原著論文
  • Endogenous Secretory Receptor for Advanced Glycation End-products Inhibits Amyloid-β1-42 Uptake into Mouse Brain. Sugihara T, Munesue S, Yamamoto Y, Sakurai S, Akhter N, Kitamura Y, Shiba K, Watanabe T, Yonekura H, Hayashi Y, Hamada J, Yamamoto H. Journal of Alzheimers Disease, 28巻 3号 709-720頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chemical removal of radionuclides in contaminated spinach derived from the Fukushima nuclear accident.  Kazuhiro Shiba, Yoji Kitamura, Takashi Kozaka, Izumi Uno, Hirokazu Miyoshi, Makoto Yanaga, Radiation Safety Management 11巻 1号 19-22頁 2012/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation and evaluation of a radiogallium complex-conjugated bisphosphonate as a bone scintigraphy agent. Nuclear Medicine and Biology 38巻 5号 631-636頁 2011/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development and evaluation of a novel radioiodinated vesamicol analog as a sigma receptor imaging agent. Kazuma Ogawa, Hiroya Kanbara, Kazuhiro Shiba, Yoji Kitamura, Takashi Kozaka, Tatsuto Kiwada and Akira Odani. EJNMMI Research 54巻 2号 1-10頁 2012/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 放射線による健康影響―福島第一原発事故の放射能汚染とその影響― CAMPUS HEALTH 49巻 2号 141-146頁 2012/03 査読有 解説 研究論文(学術雑誌)
  • 福島原発事故で汚染した野菜はどれくらい放射能除去できるのか? 日本放射線安全管理学会が汚染除去をテーマに研究報告 ATOMOΣ 53巻 12号 817-820頁 2011/12 査読無 解説 研究論文(学術雑誌)
  • 福島第一原発事故によって汚染された野菜に付着した放射性物質の除去法に関する中間報告 柴 和弘 日本放射線安全管理学会誌 10巻 2号 110-112頁 2011/11 査読有 解説 研究論文(学術雑誌)
  • 福島第一原発事故によって汚染された野菜に付着した放射性物質の除去法に関する報告 柴 和弘、西澤邦秀 日本放射線安全管理学会誌 10巻 2号 135-151頁 2010/11 査読有 解説 研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic Expression of Tenascin-C After Myocardial Ischemia and Rperfusion: Assessment by 125I-Anti-Tenascin-C Antibody Imaging. 51巻  1116-1122頁 2010/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Usefulness of competitive inhibitors of protein binding for improving the pharmacokinetics of 186Re-MAG3-conjugated bisphosphonate (186Re-MAG3-HBP), an agent for treatment of painful bone metastases Ogawa K, Mukai T, K. Shiba K et al EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 36巻 115-121頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of 90Y-DOTA conjugated bisphosphonate for treatment of painful bone metastases. 36巻  129-135頁 2009/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of 90Y-DOTA conjugated bisphosphonate for treatment of painful bone metastases Ogawa K, Kawashima H, Shiba K,et al. NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 29巻 434-440頁 2009/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation and evaluation of 186/188Re-labeled antibody (A7) for radioimmunotherapy with rhenium(I) tricarbonyl core as a chelate site. 23巻  843-848頁 2009/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of radioiodinated vesamicol analogs for sigma receptor imaging in tumor and radionuclide receptor therapy. 100巻  2118-2192頁 2009/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Therapeutic effects for the palliation of metastatic bone pain of a rhenium-186 complex-conjugated bisphosphonate in an animal model. Ogawa K, Mukai T, Shiba K, et al JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 48巻 1号 122-127頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Changes of Tc-99m Sestanibi uptake in P-glycoprotein expressing Leukaemia Cells Treated in vivo with Antisense Oligodeoxynucleotide Complementary to mdr1 mRNA. Kinuya S, Bai J, Yokoyama K, Shiba K, et. al. World J. Nucl. Med. 5巻 2号 115-118頁 2006/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Binding with Serum Components Favorably Affects Cellular Uptake of 111In-Oligonucleotide in a Leukemia Cell Line. Bai, J., Kinuya, S., Shiba, K et al Cancer Biotherapy & Radiopharmaceuticals 21巻 1号 36-40頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 99mTc-sestamibi to monitor treatment with antisense oligodeoxynucleotide complementary to MRP mRNA in human breast cancer cells. S Kinuya, J Bai, K Shiba,et al. ANNALS OF NUCLEAR MEDICINE 20巻 1号 29-34頁 2006/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of molecular mechanisms of IgA nephropathy in β-1,4- galactosyltransferase-I-deficient mice. Nishie T, Renhua, Ogawa K, Shiba K et al NEPHROLOGY 11巻 S3号 A68頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anti-angiogenic therapy and chemotherapy affect 99mTc-sestamibi and 99mTc-HL91 accumulation differentially in tumour xenografts. Kinuya S, Yokoyama K, Fukuoka M, Shiba K et.al NUCLEAR MEDICINE COMMUNICATIONS 21巻 1067-1073頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hypoxia as a factor for 67Ga accumulation in tumorur cells Kinuya S, Feng X, Yokoyama K, Shiba K et.al NUCLEAR MEDICINE COMMUNICATIONS 25巻 49-53頁 2004/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Change of in Vivo Characteristics Depending on Specific Activity of Radioiodinated (+)-2-[4-(4-iodophenyl) piperidino] cyclohexanol [(+)-pIV] as a Ligand for Sigma Receptor Imaging. Akhter N, Shiba K, Ogawa K, Tsuji S, et al. NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 35巻 1号 29-34頁 2008 査読有 原著論文
  • In vivo Characterization of Radioiodinated (+)-2-[4-(4-iodophenyl) piperidino] cyclohexanol [(+)-pIV] as a potential sigma-1 receptor imaging agent. Akhter N, Shiba K, Ogawa K, Kinuya S et al NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 34巻 6号 697-702頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Self-radiolysis of tritiated thymidine. Radioisotopes. Radioisotopes. 46巻 622-626頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rapid Reduction of sigma-1 Receptor Binding and 18F-FDG Uptake in Rat Gliomas After In vivo Treatment with Doxorubicine. Waarde AV, Shiba K, Jong JR, Ishiwata K et al JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 48巻 8号 1320-1326頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of (+)-p-[11C]methylvesamicol for mapping sigma1 receptors : a comparison with [11C]SA4503. K. Ishiwata, K. Kawamura, K. Yajima, QingGeLeTu, H. Mori and K. Shiba NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 33巻 543-548頁 2006 査読有 原著論文
  • Intraperitoneal radioimmunotherapy to treat the early phase of peritoneal dissemination of human colon cancer cells in a murine model. Kinuya S, Yokoyama K, Fukuoka M, Shiba K, et al NUCLEAR MEDICINE COMMUNICATIONS 28巻 2号 129-133頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and binding affinities of methylvesamicol analogs for the acetylcholine transporter and sigma receptor. K. Shiba, K. Ogawa, K.Ishiwata, K. Yajima and H. Mori. BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY 14巻 2620-2626頁 2006/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and evaluation of fluorine-18-labeled SA4503 as a selective sigma1 receptor ligand for positron emission tomography. Kawamura K, Tsukada H, Shiba K, Tsuji C et al. NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 34巻 5号 571-577頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • In vitro detection of mdri1 mRNA in murine leukemia cells with 111In-labeled oligonucleotide. J. Bai, K. Yokoyama, K. Shiba他5名 EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 31巻 11号 1523-1529頁 2004/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A simple and rapid radiochemical choline acetyltransferase (ChAT) assay screening test. Shiba K, Ogawa K, KinuyaK, Yajima K and Mori H. JOURNAL OF NEUROSCIENCE METHODS 157巻 98-102頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and evaluation of vesamicol analog (-)-o-[11C]methylvesamicol as a PET ligand for vesicular acetylcholine transporter. K. Kawamura, K. Shiba, H. Tsukada, S. Nishiyama, H. Mori and K. Ishiwata ANNALS OF NUCLEAR MEDICINE 20巻 6号 417-424頁 2006/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Locoreginal radioimmunotherapy with 186Re-labeled monoclonal antibody in treating small peritoneal carcinomatosis of colon cancer in mice in comparison with 131I-counterpart. Kinuya S, Yokoyama K, Mori H, Shiba K et al. CANCER LETTERS 219巻 41-48頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • In vitro characterization of radioiodinated (+)-2-[4-(4-iodophenyl) piperidino]cyclohexanol [(+)-pIV] as a sigma-1 receptor ligand. Shiba, K., Ogawa, K., Mori, H BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY 13巻 4号 1095-1099頁 2005/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Improved survival of mice bearing liver metastases of colon cancer cells treated with a combination of radioimmunotherapy and antiangiogenic therapy S. Kinuya, K. Yokoyama, K. Koshida, H. Mori, K. Shiba et al. EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE MOLECULAR IMAGING 31巻 7号 981-985頁 2004/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Limitations of 99mTc tetrofosmin in assessing reversal effects of verapamil on the function of multi-drug resistance associated protein 1. S. Kinuya, X-F Li, H. Mori, K. Shiba, et al. NUCLEAR MEDICINE COMMUNICATIONS 25巻 6号 585-589頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reduction of 99mTc-sestamibi and 99mTc-tetrofosmin uptake in MRP-expressing breast cancer cells under hypoxic conditions is independent of MRP function. S. Kinuya, X-F Li, K. Yokoyama, K. Shiba,et al. EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE MOLECULAR IMAGING 30巻 11号 1529-1531頁 2003/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of Radioiodinated (-)-o-iodovesamicol as a radiotracer for mapping the vesicular acetylcholine transporter. Kazuhiro Shiba ほか2名 ANNALS OF NUCLEAR MEDICINE 17巻 6号 451-456頁 2003/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Local delivery of 131I-MIBG to treat peritoneal neuroblastoma. S. Kinuya, X-F Li, K. Yokoyama, K. Shiba et al EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE MOLECULAR IMAGING 30巻 9号 1246-1250頁 2003/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Benefits of combined radioimmunotherapy and anti-angiogenic therapy in a liver metastasis model of human colon cancer cells. X-F Li, S. Kinuya, K. Yokoyama, K. Shiba et al EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 29巻 12号 1669-1674頁 2002/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Feasibility of 186Re-radioimmunotherapy for treatment in an adjuvant setting of colon cancer. S. Kinuya, K. Yokoyama, K. Shiba et al JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY 129巻 392-396頁 2003/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The potentialof radioiodinated (-)-m-iodovesamicol for diagnosing cholinergic deficit dementia K. Shiba, H. Mori, E. Ikeda et al. Nuclear Medicine and Biology 28巻 261-264頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intraperitoneal radioimmunotherapy in treateing peritoneal carcinomatosis of colon cancer in mice compared with systemic radioimmunotherary. S. Kinuya, X-F Li, K.Yokoyama, K. Shiba、他7名 Cancer Sci. 94巻 7号 650-654頁 2003/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Retrograde transport of nerve growth factor from olfactory bulb to olfactory epithelium T. Miwa, N. Uramoto, T. Ishimaru, M. Furukawa, K. Shiba and T. Moriizumi NEUROREPORT 9巻 153-155頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reduction of vesicular acetylcholine transporter in B-amyloid protein infused rats with memory impairment E. Ikeda, K. Shiba, H. Mori, A. Ichikawa, H. Sumiya, I. Kuji and N. Tonami NUCLEAR MEDICINE COMMUNICATIONS 21巻 933-937頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Radioiodinated (-)-2-[4-(3-iodophenyl)piperidino]cyclohexanol: A Potential Radioligand for Mapping Presynaptic Cholinergic Neurons. K. Shiba, H. Mori, H. Matsuda, A. Ichikawa and N. Tonami. Nuclear Medicine Communications 17巻 485-492頁 1996 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of vagal autotransplantation on quantitative [3H]-vesamicol binding image in rats with unilateral lesions of nucleus basalis magnocellularis E. Ikeda, A. Ichikawa, H. Mori, K. Shiba, H. Sumiya and N. Tonami NEUROSCIENCE LETTERS 300巻 33-36頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Discrepancy between blood flow and muscariic receptor distribution in rat brain middle cerebral artery occlusion. I. Kuji, H. Matsuda, H. Sumiya, J. Taki, S. Tsuji, K. Kinuya, A. Ichikawa, K. Shiba, H. Mori, N. Tonami EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 24巻 665-669頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of radioiodinated (-)-ortho-iodovesamicol binding in rat brain preparations K. Shiba, H. Mori, N. Tonami. Life Sciences 65巻 2002 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Simultaneous acquisition of 99mTc and 123I-labeled radiotracers using a preclinical SPECT scanner with CZT detector. 30巻 263-271頁 査読有 原著論文
  • Characterization of Radioiodinated (-)-m-iodovesamicol in rat cerebral membranes. K. Shiba, H. Mori, A. Ichikawa and N. Tonami. Life Sciences 59巻 13号 1039-1045頁 1996 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 5員環を有するvesamicol類縁体のシグマ-1受容体イメージング剤としての基礎的評価(会議名:日本薬学会 第137年会)(2017/03/24)
  • 環サイズの異なるvesamicol類縁体の小胞アセチルコリントランスポーター及びシグマ受容体との構造活性相関(会議名:日本薬学会 第137年会)(2017/03/24)
  • 食品添加物確認試験の赤外線スペクトル測定におけるATR法の適用に関する検討(会議名:日本薬学会 第137年会)(2017/03/24)
  • 福島第一原発事故時の環境汚染と住民等の汚染と被ばく状況――医療機関としての準備――(会議名:石川県医師会緊急時医療研修会(金沢会場))(2017/03/02)
  • 福島第一原発事故時の環境汚染と住民等の汚染と被ばく状況――医療機関としての準備――(会議名:石川県医師会緊急時医療研修会(七尾会場))(2017/03/01)

全て表示

  • 福島第一原発事故時の環境汚染と住民等の汚染と被ばく状況――医療機関としての準備――(会議名:石川県医師会緊急時医療研修会)(2017/02/23)
  • o-Iodo-trans-decalinvesamicol (OIDV);新規VAChTイメージング剤としての可能性,(会議名:第6回 日本分子イメージング学会総会・学術集会)(2011)
  • 福島第一原発事故によって汚染された野菜に付着した放射性物質の除去法に関する中間報告(会議名:日本放射線安全管理学会 JRSM第8回6月シンポジウム)(2011)
  • 脳虚血時における亜鉛の挙動と神経細胞への影響に関する基礎的検討(会議名:第22回日本微量元素学会学術集会)(2011)
  • アルツハイマー病の早期診断を目的としたデカリンベサミコール誘導体の開発(会議名:第9回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム)(2011)
  • シグマ受容体を介した癌イメージング剤の開発(会議名:第9回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム)(2011)
  • 福島第一原発事故により汚染した野菜の放射能除去の可能性(会議名:第10回日本放射線安全管理学会学術大会)(2011)
  • Vesamicol誘導体を用いた新規VAChTイメージング剤の開発(会議名:第51回日本核医学会学術総会)(2011)
  • 福島第一原発によって汚染された茶葉に付着した放射性物質に関する報告(会議名:第10回日本放射線安全管理学会学術大会)(2011)
  • VAChTイメージング用新規プローブの合成とその評価(会議名:第11回放射性医薬品・画像診断薬研究会)(2011)
  • シグマ受容体を標的とした放射性薬剤開発に向けた基礎検討(会議名:第11回放射性医薬品・画像診断薬研究会)(2011)
  • Decontamination trial of radioactivity from contaminated vegetables caused by Fukushima nuclear accident(会議名:The 7th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring,)(2011)
  • The radioactivity removal of contaminated vegetables caused by the Fukushima nuclear accident(会議名:The 7th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring)(2011)
  • PETによるアルツハイマー病の早期診断を目的とした心機VAChTイメージング剤の開発(会議名:日本薬学会 第132年会)(2012)
  • 自閉症の治療に効果があるとされるオキシトシンの脳内移行性と代謝に関する検討(会議名:日本薬学会 第132年会)(2012)
  • 食品添加物の赤外スペクトル測定におけるATR法の適用に関する検討(会議名:日本薬学会 第132年会)(2012)
  • 福島第一原発事故で汚染した野菜の放射能除去法の検討(会議名:日本薬学会 第132年会)(2012)
  • Evaluation of 99mTc-labeled Annexin A5 using a bis(hydroxamamide) derivative for detection of tumor response to therapy.(会議名:2012 SNM annual meeting)(2012)
  • Postconditioning Attenuates Interstitial Tissue Remodeling in a Rat Model of Severe Ischemia and Reperfusion: Assessement by I-125-anti Tenascin-C Antibody Imaging.(会議名:2012 SNM annual meeting)(2012)
  • ラット心筋虚血再灌流モデルにおけるTenascin Cイメージング:Postconditioningにおける検討(会議名:第52回日本核医学会総会)(2012)
  • 前シナプスコリン作動性神経描画用新規VAChTイメージング剤の開発(会議名:第7回日本分子イメージング学会総会・学術大会)(2012)
  • 小動物用SPECT/CT装置におけるマウス用超高分解能ピンホールコリメータの開発(会議名:第52回日本核医学会総会)(2012)
  • PET用VAChTイメージング剤の開発研究(会議名:第12回放射性医薬品・画像診断薬研究会)(2012)
  • OIDVのジアステレオマー分離とその選択的VAChTイメージング剤としての評価(会議名:日本薬学会第133年会)(2013)
  • 小動物用SPECT-CT装置におけるラット用高感度ピンホールコリメータの開発(会議名:第8回日本分子イメージング学会学術集会)(2013)
  • アルツハイマー病の早期診断を目的とした新規PET用VAChTイメージング剤[11C]OMDVの合成とin vivo 評価(会議名:日本薬学会第133年会)(2013)
  • マウス用超高分解能ピンホールコリメータの性能評価とマウス脳SPECTイメージング(会議名:第8回日本分子イメージング学会学術集会)(2013)
  • 111In標識八臭素化ポルフィリン誘導体の腫瘍診断薬としての検討 (会議名:第8回日本分子イメージング学会学術集会)(2013)
  • The development of potential vesicular acetylcholine transporter (VAChT) PET imaging probes(会議名:2013 SNMMI 60th annual meeting.)(2013)
  • In vivo evaluation of radioiodinated o-iodo-trans-decalinvesamicol(OIDV) as a vesicular acetylcholine transporter (VAChT) imaging agent(会議名:2013 SNMMI 60th annual meeting)(2013)
  • Syntheses and in vitro evaluation of OBBV as a potential σ-1 receptor imaging probe(会議名:第8回日本分子イメージング学会学術集会)(2013)
  • Early prediction of myocardial remodeling by Tc-99m Annexin-V uptake in a rat model of myocardial ischemia and reperfusion(会議名: 2013 SNMMI 60th annual meeting)(2013)
  • Correlation between Tc-99m-Annexin-V and left vebtricular remodeling in rats with ischemia and reperfusion(会議名:2013 SNMMI 60th annual meeting.)(2013)
  • Development of ultra-high-resolution pinhole collimator for small animal SPECT with CZT detector(会議名:2013 SNMMI 60th annual meeting)(2013)
  • 非密封α核種の使用と廃棄物処理の現状について(会議名:JRSM6月シンポジウム)(2016/06/16)
  • Development of a radiobromine-labeled compound as a sigma receptor ligand for tumor imaging. (会議名:2016SNMMI 63th annual meeting, )(2016/06/11)
  • Dose it reflect inflammatory change or angiogenesis or both? (会議名:2016SNMMI 63th annual meeting, )(2016/06/11)
  • 111In標識八臭素化ポルフィリン誘導体の腫瘍イメージング剤としての開発研究.(会議名:日本分子イメージング学会(第11回学術集会))(2016/05/28)
  • In vitro evaluation meta-bromo benzovesamicol as PET VAChT imaging Probe(会議名:The 2nd Asian Nuclear Medicine Academic Forum 2016,(ANMAF 2016))(2016/05/05)
  • Vesamicolを母核とする新規σ-2受容体選択的リガンドの開発研究(会議名:日本薬学会第136年会)(2016/03/26)
  • ストレス性疾患の早期画像診断のターゲットとしてのシグマ受容体の可能性(会議名:日本薬学会第136年会)(2016/03/26)
  • CD157/BST1ノックアウトマウスのドーパミン神経系の局所脳内分布変化(会議名:日本薬学会第136年会)(2016/03/26)
  • 放射線の基礎知識とその利用(会議名:富山国際大学・放射線セミナー)(2015/12/16)
  • ラット虚血再灌流モデルにおけるI-125-RGD血管新生イメージングの検討(会議名:第55回日本核医学会学術総会()(2015/11/05)
  • シグマ受容体を標的としたAt-211標識薬剤の開発研究(会議名:第55回日本核医学会学術総会)(2015/11/05)
  • 脳神経機能疾患とin vivo分子イメージング(会議名:核化学夏の学校)(2015/08/29)
  • Imaging of angiogenesis using I-125 labeled arginine-glycine-asparate targeting alpha(v)beta(3) integrin after myocardial ischemia and reperfusion.(会議名:2015SNMMI 62th annual meeting)(2015/06/06)
  • 15q重複モデルマウスにおける脳内ドーパミン神経系の変化(会議名:日本薬学会第135年会)(2015/03/25)
  • 光学活性体(-)-[11C]OMDVのVAChTイメージング剤としての評価(会議名:日本薬学会第135年会)(2015/03/25)
  • 新規vesamicol類縁体PIDVのσ-2受容体イメージング剤としての可能性(会議名:日本薬学会第135年会)(2015/03/25)
  • ラット用超高感度コリメータによる心筋SPECT均一性改善に関する検討(会議名:第54回日本核医学会学術総会)(2014/11/06)
  • SPECT用σ-2受容体イメージング剤の合成と基礎的評価(会議名:第54回日本核医学会学術総会)(2014/11/06)
  • PET用イメージング剤[11C]OMDVの光学分割と動態評価(会議名:第54回日本核医学会学術総会)(2014/11/06)
  • 小動物PETにおいて複数匹ラットの同時収集が可能かの検討(会議名:第 10 回小動物インビホメーシク研究会)(2014/08/01)
  • 放射性金属-八臭素化ポルフィリン誘導体の腫瘍診断薬としての検討(会議名:第25回 日本微量元素学会学術集会)(2014/07/03)
  • Study of radiomeal-octabromoporphyrin complex as a tumor diagnostic agent(会議名:第24回金属の関与する生体関連反応シンポジウム)(2014/06/14)
  • Postconditioningfacilitate myocardial inflammatory resolution after severe ischemia and reperfusion: Assessment by C-14 methionine autoradiography. (会議名:2014 SNMMI 61th annual meeting.)(2014/06/07)
  • Introduction of radiobromine labeled decalinvesamicol analogue as a new and promising PET vesicular acetylcholine transporter (VAChT) imaging probe(会議名:2014 SNMMI 61th annual meeting.)(2014/06/07)
  • 新規σ -2受容体イメージング剤PIDVの開発研究(会議名:第9回日本分子イメージング学会学術集会)(2014/05/22)
  • [77Br]OBDV revealed the potentiality of [76Br]OBDV as a new VAChT PET imaging probe for the early diagnosis of AD(会議名:日本薬学会第134年会)(2014/03/27)
  • Evaluation of radiolabeled o-bromo-decalinvesamicol (OBDV) as a PET ligand for the Vesicular Acetylcholine Transporter (VAChT).(会議名:International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecologic Oncology)
  • In vivo evaluation of radiobromine-labeled o-bromo-trans-decalinvesamicol (OBDV) as a potential VAChT imaging probe(会議名:第13回放射性医薬品・画像診断薬研究会)(2013/12/14)
  • 鉛インソールの土壌中Cs-137に対するしゃへい効果の検討(会議名:日本放射線管理学会 第12回学術大会 )(2013/11/27)
  • 小動物SPECT-CT装置における超高感度ピンホールコリメータの開発と評価(会議名:第53回日本核医学会学術総会)(2013/11/08)
  • 小動物PET-CT装置を用いた複数同時撮像におけるX線CT現弱補正法の基礎的検討(会議名:第53回日本核医学会学術総会)(2013/11/08)
  • 心筋アポートーシスと虚血再灌流後の左室リモデリングの関係Tc-99m-annexin Vイメージングによる検討(会議名:第53回日本核医学会学術総会)(2013/11/08)
  • 脳内小胞アセチルコリントランスポーター(VAChT)のPETイメージングプローブ[11C]OMDVの開発(会議名:第11回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム)(2013/08/29)
  • VAChTイメージング用[125I]OIDVのジアステレオマー分離と in vivo 脳内動態変化.(会議名:第11回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム)(2013/08/29)
  • Development of ultra-high-resolution pinhole collimator for small animal SPECT with CZT detector.(会議名:2013 SNMMI 60th annual meeting.)(2013/06/08)
  • Correlation between Tc-99m-Annexin-V and left vebtricular remodeling in rats with ischemia and reperfusion.(会議名:2013 SNMMI 60th annual meeting.)(2013/06/08)
  • The development of potential vesicular acetylcholine transporter (VAChT) PET imaging probes. (会議名:2013 SNMMI 60th annual meeting.)(2013/06/08)
  • In vivo evaluation of radioiodinated o-iodo-trans-decalinvesamicol(OIDV) as a vesicular acetylcholine transporter (VAChT) imaging agent.(会議名:2013 SNMMI 60th annual meeting.)(2013/06/08)
  • Syntheses and in vitro evaluation of OBBV as a potential σ-1 receptor imaging probe. (会議名:第8回日本分子イメージング学会学術集会)(2013/05/30)
  • Ligand for vesicular acetylcholine transporter. Kazuhiro Sgiba 2009 BIO INTERNATIONAL CONVENTION"(BIO2009) Atlanta. USA. 2009/05/18-21(2009)
  • アルツハイマー病の早期診断を目的とした放射性医薬品研究の展望」金沢大学市民公開講座-市民のための放射能・放射線の話- 柴 和弘 金沢大学市民公開講座 金沢大学サテライトプラザ 平成 21年9月6日 (2009)
  • 遺伝子治療の可視化 柴 和弘、第1回重点戦略中核拠点形成-可視化と個別化医療-シンポジウム、 金沢大学自然科学講義棟、平成21年10月14日 (2010)
  • PET及びSPECT用インビボ分子イメージング剤の開発研究-脳神経機能の可視化を目指して- 柴 和弘 富山大学生命科学先端研究センター学術セミナー、富山市、平成21年11月24日(2009)
  • 脳の機能及び脳疾患の診断と分子イメージング  柴 和弘 北陸原子力懇談会 2011年3月17日 (金沢:金沢都ホテル)(2010)
  • 「放射能・放射線はどこまで安全か!? --福島原発事故の汚染及び健康影響について--  柴 和弘 野々市町生涯学習 平成23年7月5日(火) 野々市町公民館  (2011)
  •  「放射能・放射線はどこまで安全か!? --健康影響について--」柴 和弘 ののいち町民大学校「マイタウン塾」  平成23年8月24日(水)   稲荷集会所  野々市町 (2011)
  •  「今こそ知りたい放射線 --福島第一原発事故の放射能汚染とその影響---」 柴 和弘 石川エネの会教育講演  平成23年9月8日(木) ホテル金沢 金沢市 (2011)
  • 1, 柴 和弘 痴呆予防医療のためのSPECTイメージング剤開発、 第1回学際科学実験センターシンポジウム、2005、 5月、 金沢 (2008)

芸術・フィールドワーク

特許

○小胞アセチルコリントランスポーターに対するリガンド(出願国名:日本)(特許番号:特許第4985977号)
○細胞増殖性疾患の治療用または診断用薬剤 (公開年月:2015/08/24)

共同研究希望テーマ

○アルツハイマー病診断薬の開発
○アセチルコリン神経作用薬の探索

科研費

○基盤研究(C)「アルツハイマー病の早期診断を目的としたコリントランスポーターイメージング剤の開発」(2011-2013) 代表者
○基盤研究(C)「虚血心筋障害、リモデリングにおける心筋間質の病態変化とその画像化に関する研究」(2008-2010) 分担者
○基盤研究(C)「虚血心筋障害、リモデリングにおける心筋間質の病態変化とその画像化に関する研究」(2011-2013) 分担者
○基盤研究(B)「アルツハイマー病の早期診断用シナプス前コリン作動性神経分子イメージング剤の開発」(2007-2010) 代表者
○基盤研究(C)「認知症及びストレス性精神疾患の進行・治療指針予測を可能にするイメージング剤の開発(」(2007-2009) 分担者
○基盤研究(C)「新規トランスポーターマッピング剤による「アルツハイマー病の早期診断」に関する研究」(2005-2006) 代表者
○基盤研究(C)「アルツハイマー病の早期診断を目的とした放射性神経機能診断薬の開発」(2002-2004) 代表者
○基盤研究(C)「アルツハイマー病の客観的診断を目的としたトランスポーターマッピング剤の開発」(1999-2001) 代表者
○基盤研究(C)「アルツハイマー性痴呆の診断を目的とした放射性ヨウ素標識ベサミコールの開発研究」(1997-1998) 代表者

学域・学類担当授業科目

○放射性同位元素検査技術学演習(2017)
○放射化学実験(2017)
○放射線計測学実験Ⅱ(2017)
○放射性同位元素検査技術学演習(2016)
○放射線計測学実験Ⅱ(2016)
○放射化学実験(2016)
○放射化学実験(2015)
○放射線計測学実験Ⅱ(2015)
○放射能・放射線とその利用(2015)
○放射性同位元素検査技術学演習(2015)
○放射能・放射線とその利用(2014)
○放射性同位元素検査技術学演習(2014)

大学院担当授業科目

○探索イメージング学(2017)
○動物実験学演習(2017)
○行動・情動神経科学(2016)
○認知行動生物学演習(2016)
○基礎系領域融合セミナー(2016)
○動物実験学演習(2016)
○探索イメージング学(2016)
○学際医学セミナー(2016)
○学際センターセミナー(2016)
○学際医学セミナー(2015)
○放射活性物質情報解析学(2014)
○放射活性物質機能解析学(2014)
○学際医学セミナー(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○放射線・放射性物質の利用法について(キーワード:放射線,放射性物質,安全な利用方法)
○放射線の人体への影響と安全管理(キーワード:放射線,人体への影響,安全管理)
○アルツハイマー病の早期診断について(キーワード:アミロイドβ、コリン作動性神経)

その他公的社会活動

○大学等放射線施設協議会(2009-2014) 理事として、全国の放射線施設の安全管理の向上を目的とした放射線安全管理担当者のための全国研修やセミナー・シンポジウムを行っている。
○北陸地域アイソトープ研究会(2010-2014) 会長として、北陸地区の放射線安全管理の情報提供等による安全管理の推進及び放射性同位元素や放射線を用いた研究の推進や情報提供を進めている。
○財団法人先端医学薬学研究センター(2010-2014) 理事として、財団法人先端医学薬学研究センターの運営についての助言、放射線施設の安全審査及び研究センターの利用推進を図っている。
○日本アイソトープ協会放射線安全取扱部会中部支部長(2012-2013) 中部地区の放射線取扱主任者及び一般人に対する放射能・放射線に対する正しい知識や安全取扱に関する知識を得て貰うために、放射線関連施設の見学会や研究会・研修会を開催するとともに、中部地区の法令で定められた講習会を企画し、講師派遣を行っている。

このページの先頭へ