本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月24日

平山 明子 (ひらやま あきこ) 准教授 HIRAYAMA, Akiko

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 薬学系 医薬保健研究域 薬学系 生体防御応答学
准教授

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 創薬科学類
医薬保健学域 薬学類
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻 生体防御応答学
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻
自然科学研究科 生命科学専攻

所属研究室等

生体防御応答学

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 自然科学研究科 生命科学 1998/03 修了
【取得学位】
博士(学術)

職歴

医薬保健研究域 薬学系 准教授(2008/04/01-)
金沢大学医学系研究科 医学系研究科 循環医科学専攻 准教授(2008/01/01-2008/03/31)
金沢大学医学系研究科 医学系研究科 循環医科学専攻 講師(1998/07/01-2008/12/31)
金沢大学 医薬保健研究域薬学系,医学系研究科(2008/01/01-)
金沢大学 薬学部 講師(1998/07/01-2001/03/31)
日本学術振興会特別研究員(PD)(1998/04/01-1998/03/31)

生年月

所属学会

日本生化学会 男女共同参画委員会委員(2013-2014)
日本生化学会 北陸支部会幹事(2010-2011)
日本生化学会 北陸支部会幹事
日本分子生物学会
日本発生生物学会
日本組織培食学会
日本アポトーシス研究会
日本薬学会 トピックス委員(2003-2004)

学内委員会委員等

受賞学術賞

○日本油化学会オレオサイエンス賞(2010/09/16)
○日本生化学会北陸支部会奨励賞(2004/05/28)
○日本アポトーシス研究会奨励賞(2005/07/29)
○アメリカアンドロロジー学会奨励賞(2001/05/10)
○日本組織培養学会奨励賞(1999/06/21)
○井上科学振興財団井上研究奨励賞(1999/02/04)

専門分野

機能生物科学、生物系薬学

専門分野キーワード

貪食,自然免疫,微生物,感染免疫、食細胞,アポトーシス,精子形成,ショウジョウバエ,細菌,ウイルス,遺伝子発現,感染症,二成分制御系,シグマ因子,マクロファージ

研究課題

宿主内での細菌遺伝子の発現制御と感染調節

外来性および内在性の微生物と宿主との相互作用により,両者が遺伝子発現を変化させる仕組みを明らかにするとともに,その感染維持や病原性調節への意義を明らかにすることを目的としている。

自然免疫による微生物の貪食排除

哺乳類の免疫応答には自然免疫と獲得免疫とがあり,それぞれ液性反応と細胞性反応が含まれます。このうち,自然免疫での微生物認識では,菌の構造や増殖様式などに基づく分類ごとに共通する「分子パターン」が免疫細胞の「パターン認識受容体」に感知されると考えられます。私たちは,貪食を中心とする細胞性反応の仕組みを,哺乳類とショウジョウバエとを併用して調べています。ショウジョウバエは自然免疫しか持たず,遺伝学が適用できます。また,哺乳類とショウジョウバエでその基本的仕組みは共通するため,両者の利点をいかした解析ができることが期待されます。

環境因子による細菌遺伝子発現調節と生物毒性

水圏および大気圏の環境中物質により細菌の遺伝子発現が変化し,その結果として細菌の生物毒性が変化することを見いだしている。そのような環境物質の実体,環境物質を感知する細菌のセンサー分子,遺伝子発現制御機構,生物活性を担う実行因子のそれぞれを明らかにすることを目的として,モデル感染系を利用した解析を行っている。

アポトーシス細胞の貪食機構

私たちの体内では,生理的状態からはずれた「変性自己細胞」が頻繁に出現します。生体恒常性が維持されるためには,これらが食細胞に迅速かつ選択的に貪食除去される必要があります。貪食目印は,新たに作られるのではなく,細胞が持っている物質が局在や構造の一部を変化させたもので,これらが食細胞の特異受容体に感知されて反応が規定されます。貪食が適切に行われないと,形態形成や組織機能に異常が生じ,また,自己免疫疾患など様々な疾患原因になります。私たちは,貪食を「生体恒常性維持機構」と位置づけ,反応の仕組みと意義を解析しています。

哺乳動物の精子形成機構

哺乳類の精子形成過程では,精子へ分化中の精子形成細胞の大部分がアポトーシスで死にますが,死の機構や意義は不明でした。私たちは,ラットやマウスの初代培養細胞系で,精子形成細胞がセルトリ細胞に貪食されることを見いだし,この反応を規定する貪食リガンドとその受容体の同定,食細胞内情報伝達機構を明らかにしました。さらに,アポトーシス精子形成細胞の貪食除去は精子生産に必要であることを証明し,生理的状態での死細胞貪食の意義を示した初めての例です。現在,セルトリ細胞のプロテオーム解析より同定した,貪食依存の精子形成支持因子を調べています。

著書

  • スタンダード薬学シリーズII生物系薬学I生命現象の基礎 東京科学同人 2015/03 原著書 共著 執筆分担 白土明子(他29名)
  • Pattern recognition in phagocytic clearance of altered self. In: Target Pattern Recognition in Innate Immunity 2009 原著書 共著
  • 薬学生のための細胞生物学 廣川書店 2005/03 原著書 共著 堅田利明,中西義信,白土明子ほか9名
  • アポトーシス細胞の貪食誘導と検出 羊土社 実験医学別冊 細胞死実験プロトコール 2011/07 原著書 共著 白土明子,中西義信,刀祢重信,小路武彦,他24名 978-4-7581-0181-3
  • ショウジョウバエ胚におけるアポトーシス細胞貪食の検出.  実験医学 羊土社 2011/10 原著書 共著 白土明子、永長一茂、中西義信.

全て表示

  • マウス肺組織における貪食の解析. 実験医学 羊土社 2011/10 原著書 共著 白土明子、中西義信.
  • アポトーシス細胞のin vitro貪食反応. 実験医学 羊土社 2011/10 原著書 共著 白土明子、中西義信.

論文

  • Signaling pathway for phagocyte priming upon encounter with apoptotic cells.  Nonaka, S., Ando, Y., Kanetani, T., Hoshi, C., Nakai, Y., Nainu, F., Nagaosa, K., Shiratsuchi, A., and Nakanishi, Y.  J. Biol. Chem.  jbc.M116.769745.巻 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of phagocytic killing of Escherichia coli in Drosophila hemocytes by RNA chaperon Hfq. Shiratsuchi, A., Nitta, M., Kuroda, A., Komiyama, C., Gawasawa, M., Shimamoto, N., Tran Quoc, T., Morita, T., Aiba, H., and Nakanishi, Y. J. Immunol. 197巻 1298-1307頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Protection of insects against viral infection by apoptosis-dependent phagocytosis.  Nainu, F., Tanaka, Y., Shiratsuchi, A., and Nakanishi J. Immunol. 195巻 5696-5706頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Peptidoglycan recognition protein-triggered induction of Escherichia coli gene in Drosophila melanogaster.  Kong, Q., Nakai, Y., Kuroda, N., Shiratsuchi, A., Nagaosa, K., and Nakanishi, Y. J. Biochem. 157巻 507-517頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Role for σ38 in prolonged survival of Escherichia coli in Drosophila melanogaster.  Shiratsuchi,A., Shimamoto, N., Nitta, M., Tuan, T. Q., Firdausi, A., Gawasawa, M., Yamamoto, Y., Ishihama, A., and Nakanishi, Y.  J. Immunol. 192巻 666-675頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Involvement of EnvZ-OmpR two-component system in virulence control of Escherichia coli in Drosophila melanogaster.  Pukklay, P., Nakanishi, Y., Nitta, M., Yamamoto, K., Ishihama, A., and Shiratsuchi, A. Biochem. Biophys. Res. Commun.  438巻 306-311頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Differences in the mode of phagocytosis of bacteria between macrophages and testicular Sertoli cells.  Shiratsuchi, A., Osada, Y., Nakanishi, Y. Drug Discov. Ther.  438巻 306-311頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Difference in the way of macrophage recognition of target cells depending on their apoptotic states Chifumi Fujii, Akiko Shiratsuchi, Junko Manaka, Shin Yonehara, Yoshinobu Nakanishi Cell Death and Differenciation 8巻 11号 1113頁 2001/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 細胞貪食と生体防御,「新たな広がりをみせる 細胞死による多様な生体防御」 アポトーシス細胞貪食に依存した生体恒常性維持 白土明子,中西義信 実験医学 28巻 7号 1055-1061頁 2010/07 査読無 総説 その他
  • Essential role of phosphatidylserine externalization in apoptosing cell phagocytosis by macrophages Akiko Shiratsuchi, Sachie Osada, Susumu Kanazawa, Yoshinobu Nakanishi Biochemica et Biophysica Research Communications 246巻 2号 549頁 1998/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phosphatidylserine-mediated phagocytosis of anticancer drug-treated cells by macrophages Akiko Shiratsuchi, Yoshinobu Nakanishi Journal of Biochemistry 126巻 6号 1101頁 1999/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phosphatidylserine-mediated phagocytosis of influenza A virus-infected cells by mouse peritoneal macrophages Akiko Shiratsuchi, Masako Kaido, Takenori Takizawa, Yoshinobu Nakanishi Journal of Virology 74巻 19号 9240頁 2000/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Integrin alphaPS3/betanu-mediated phagocytosis of apoptotic cells and bacteria in Drosophila. Nonaka, S., Nagaosa, K., Mori, T., Shiratsuchi, A., and Nakanishi, Y. J. Biol. Chem.  288巻 10374-10380頁 2013/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Phagocytic removal of cells that have become unwanted: implications for animal development and tissue homeostasis.  Nakanishi, Y., Nagaosa, K., and Shiratsuchi, A. 53巻 149-160頁 2011/02 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Structural change of ribosomes during apoptosis: Degradation and externalization of ribosomal proteins in doxorubicin-treated cells Jun Nishida, Akiko Shiratsuchi, Daita Nadano, Taka-aki Sato, Yoshinobu Nakanishi Journal of Biochemistry 131巻 3号 485頁 2002/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Role of phosphatidylserine exposure and sugar chain desialylation at the surface of influenza virus-infected cells in efficient phagocytosis by macrophages Watanabe, Y., Shiratsuchi他3 J. Biol. Chem. 277巻 18222-18228頁 2002/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Recognition of phosphatidylserine on the surface of apoptotic spermatogenic cells and subsequent phagocytosis by Sertoli cells of the rat Akiko Shiratsuchi, Masato Umeda, Yoshiki Ohba, Yoshinobu Nakanishi Journal of Biological Chemistry 272巻 4号 2354頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phosphatidylserine binding of class B scavenger receptor type I Kanawaki, Y., Shiratsuchi, A. 他3名 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 277巻 27559-27566頁 2002/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Role of class B scavenger receptor type I in phagocytosis of apoptotic rat spermatogenic cells by Sertoli cells Akiko Shiratsuchi, Yuki Kawasaki, Mamoru Ikemoto, Hiroyuki Arai, Yoshinobu Nakanishi Journal of Biological Chemistry 274巻 9号 5901頁 1999/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lipoteichoic acid-dependent, Draper-mediated phagocytosis of Staphylococcus aureus by Drosophila hemocytes. in press頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Auxiliary role for D-alanylated wall teichoic acid in Toll-like receptor 2-mediated survival of Staphylococcus aureus in macrophages. 129巻  268-277頁 2010/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The triacylated ATP binding cluster transporter substrate-binding lipoprotein of Staphylococcus aureus functions as a native ligand for the toll-like receptor 2. 284巻 8406-8411頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Signaling pathway involving GULP, MAPK, and Rac1 for SR-BI-induced phagocytosis of apoptotic cells. 145巻 387-394頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibitory effect of N-palmitoylphosphatidylethanolamine on macrophage phagocytosis through inhibition of Rac1 and Cdc42. 145巻  43-50頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bridging effect of recombinant human mannose-binding lectin in macrophage phagocytosis of Eschericha coli. 124巻 575-583頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of cannabinoid receptor CB2 in dectin-1-mediated macrophage phagocytosis. 86巻 179-184頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • TLR2-mediated survival of Staphylococcus aureus in macrophages: a novel bacterial strategy against host innate immunity. 178巻  4917-4925頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Participation of nitric oxide reductase in survival of Pseudomonas aeruginosa in LPS-activated macrophages. 355巻  587-591頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of calreticulin as a marker for phagocytosis of apoptotic cells in Drosophila. 313巻  500-510頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evidence for phagocytosis of influenza virus-infected, apoptotic cells by neutrophils and macrophages in mice. 178巻  2448-2457頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Perturbation of spermatogenesis by androgen antagonists directly injected into seminiferous tubules of live mice. 133巻  21-27頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of mitogen-activated protein kinases in class B scavenger receptor type I-induced phagocytosis of apoptotic cells. 312巻  1820-1830頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Selective expression of the scaffold protein JSAP1 in spermatogonia and spermatocytes. 131巻  711-719頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of COX-1 and up-regulated prostaglandin E synthases in phosphatidylserine liposome-induced prostaglandin E2 production by microglia. 172巻  112-120頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Augumentation of fatality of influenza in mice by inhibition of phagocytosis. 337巻  881-886頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Externalization and recognition by macrophages of large subunit of eukaryotic translation initiation factor 3 in apoptotic cells. 309巻  137-148頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Isolation of Drosophila gene coding for a protein containing novel phosphatidylserine-binding motif. 137巻  593-599頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phosphatidylserine- and integrin-mediated phagocytosis of apoptotic rat luteal cells by macrophages. 47巻  153-161頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • In vivo analysis of phagocytosis of apoptotic cells by testicular Sertoli cells. 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Distinct localization of lipid rafts and externalized phosphatidylserine at the surface of apoptotic cells. 327巻  94-99頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibitory effect of Toll-like receptor 4 on fusion between phagosomes and endosomes/lysosomes in macrophages 172巻  2039-2047頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Impaired spermatogenesis and male fertility defects in CIZ/Nmp4-disrupted mice 9巻  575-589頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression and function of class B scavenger receptor type I on both apical and basolateral sides of the plasma membrane of polarized testicular Sertoli cells of the rat 46巻  283-298頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibitory role for D-alanylation of wall teichoic acid in activation of insect Toll pathway by peptidoglycan of Staphylococcus aureus. 185巻 2424-2431頁 2010/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Draper-mediated and phosphatidylserine-independent phagocytosis of apoptotic cells by Drosophila hemocytes/macrophages 279巻  48466-48476頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stimulation of phagocytosis of influenza virus-infected cells through surface desialylation of macrophages by viral neuraminidase 48巻  875-881頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 93-kDa twin-domain serine protease inhibitor (serpin) has a regulatory function of the beetle Toll proteolytic signaling cascade. 286巻 35087-35095頁 2010/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibitory role for D-analylation of wall theichoic acid in activation of insect Toll pathway by peptidoglycan of Staphylococcus aureus. 185巻  2424-2431頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 黄色ブドウ球菌の細胞壁成分による自然免疫の誘導と制御 生化学 84巻 737-7852頁 2012/06 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Phagocytic removal of cells that have become unwanted: implications for animal development and tissue homeostasis.  Dev. Growth Differ. 53巻 149-160頁 2011/05 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Differences in the mode of phagocytosis of bacteria between macrophages and testicular Sertoli cells.  Drug Discov. Ther. 2013/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Role of NPxY motif in Draper-mediated apoptotic cell clearance in Drosophila.  Drug Discov. Ther. 6巻 291-297頁 2012/12 査読有 原著論文
  • Independent recognition of Staphylococcus aureus by two receptors for phagocytosis in Drosophila. 287巻 21663-21672頁 2012/05 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)

講演・口頭発表等

  • Role for RNA chaperon Hfq in bacterial persistence to host(和訳:RNAシャペロンHfqによる細菌の宿主持続感染への役割) (会議名:日本生化学会第89回大会)(2016/09/25)
  • Posttranscriptional regulation of bacterial genes for persistence infection in Drosophila(会議名:Second Asian Invertebrate Immunology Symposium)(2016/10/14)
  • Drosophila C virus 感染免疫へのショウジョウバエDraperの働き. (会議名:日本生化学会大会)(2016/09/25)
  • Drosophila C virus 感染免疫へのショウジョウバエDraperの働き. (会議名:日本生化学会大会)(2016/09/25)
  • ショウジョウバエ宿主感染モデルを利用した細菌の病原性調節遺伝子の解析(会議名:The Japan-Korea basic scientific cooperation program (JSPS-NRF) 日本学術振興会 二国間共同研究事業(韓国との共同研究)ワークショップ)(2016/02/29)

全て表示

  • Role for two-component regulatory system in virulence control of bacteria in Drosophila.(会議名:The Japan-Korea basic scientific cooperation program (JSPS-NRF) 日本学術振興会 二国間共同研究事業(韓国との共同研究)講演会)(2015/01/28)
  • 免疫を感知することによる細菌の病原性調節機構.(会議名:熊本大学拠点形成研究A主催 講演会)(2014/11/21)
  • ワークショップ「糖鎖を利用した,異物と宿主の生存戦略」オーガナイザー(会議名:第38回日本分子生物学会年会・日本生化学会第88回大会合同大会)(2015/12/03)
  • アポトーシス細胞と細菌の貪食機構の共通性と進化的な保存(会議名:日本生化学会第87回大会 シンポジウム「生体膜を利用した細胞内外の処理による生体恒常性の維持」)(2014/10/18)
  • ワークショップ「宿主内環境により変化する微生物の反応と感染症」オーガナイザー(会議名:第36回日本分子生物学会年会)(2013/02/04)
  • Phagocytosis of apoptotic cells and bacteria with a common mechanism in Drosophila.(会議名:Gordon Research Conference on Apoptotic Cell Recognition and Clearance)(2013/06/25)
  • ショウジョウバエモデルによる宿主免疫と相互作用する細菌因子の遺伝学的解析(会議名:日本生化学会第84回大会)(2011/09/22)
  • 2011日本生化学会年会シンポジウム「感染や共生時における微生物-宿主間のコミュニケーション」オーガナイザー(2011)
  • 2009年: ・Gordon Research Conference: Apoptotic Cell Recognition &, Clearance(ディスカッションリーダー)2009年6月29,30日,7月1,2日(4セッション) ・第82回日本生化学会大会 フォーラム男女共同参画の現状、実践そして将来(講演、パネラー)2009年10月23日 2008年: ・第17回アポトーシス研究会学術集会(京都市)2008年8月1日シンポジウム:生殖・内分泌系のアポトーシス「哺乳類精巣でのアポトーシス細胞貪食の機構と意義」(招待講演) 2007年: ・19th FAOBMB Seoul Conference (Seoul, Korea) 2007年5月「TLR2-mediated survival of Staphylococcus aureus in macrophages: a novel bacterial strategy against host innate immunity.」 (selected talk session) ・第19回微生物シンポジウム(東京都)2007年9月 シンポジウム:発展する微生物科学.「マクロファージに貪食された黄色ブドウ球菌のToll様受容体TLR2経路を介する生存:細菌の宿主自然免疫に対する新たな戦略」(招待講演) ・第18回フォ-ラム・イン・ドージン 感染症をめぐる宿主の応答と微生物の戦略 2007年11月「細菌による免疫機構の乗っ取り:TLR2を介した黄色ブドウ球菌のマクロファージ内での生存」(招待講演) ・Gordon Conference Apoptotic Cell Recognition and Clearance (採択発表) 2007年6月 「TLR2-mediated survival of Staphylococcus aureus in macrophatges.」 2006年: ・6th International Cell Death Society Symposimu 2006年6月「Elimination of influenza virus-infected cells by apoptosis-dependent phagocytosis in mice. 」(selected talk) ・第20回国際生化学・分子生物学会2006年6月「Toll-like receptor 2-mediated resistance of Staphylococcus aureus against phagocytic killing in macrophages.」 2005年: ・ Gordon Research Conference: Clearance of Apoptotic Cells (New England, CT, USA) 2005年6月「Draper-mediated and phosphatidylserine-independent phagocytosis of apoptotic cells by Drosophila hemocytes/macropahges」(招待講演) ・平成17年度日本アポトーシス研究会 奨励賞受賞講演 2005年7月「自然免疫によるアポトーシス細胞貪食機構と生理学的意義.」(招待講演) ・日本ー台湾若手研究者交流事業 台湾大学・台湾アカデミアシニカ・陽明大学(台湾市,台湾)2005年9月(日本側訪問代表研究者)(2008)
  • Role of D-alanylated wall teichoic acid in Toll-like receptor 2-mediated survival of Stapylococcus aureus in macrophages(会議名:International Union of Microbiological Societies (IUMS) 2011 Congress)(2011)

芸術・フィールドワーク

特許

○ヒト由来タウプロティンキナーゼ、それをコードする遺伝子及びその産生方法(特許番号:P05-041160)
○タウプロティンキナーゼIに対するアンチセンスオリゴヌクレオチドを含むアルツハイマー病の予防又は治療薬、アルツハイマー病治療薬のスクリーニング法、タウプロティンキナーゼI及びそれをコードするDNA、組み替えヒトタウプロティンキナーゼIの製造方法等(公開年月:2004/02)(特許番号:EPC No.616032)

共同研究希望テーマ

○スカベンジャー受容体による脂質・アポトーシス細胞取り込み

科研費

○基盤研究(C)(一般)「宿主内で活性化する細菌遺伝子発現制御系と食細胞を介する感染調節」(2017-2019) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「宿主内で発現変動する細菌遺伝子による貪食反応への抵抗性と感染維持の調節機構」(2014-2016)
○基盤研究(C)「宿主感染時の病原性にかかわる細菌遺伝子発現制御と細胞貪食機構の解析」(2011-2013) 代表者
○基盤研究(C)「微生物および変性自己細胞の食細胞による貪食機構と意義」(2008-) 代表者
○特定領域研究「食細胞による死細胞貪食の細胞内情報経路の研究」(2006-) 代表者
○基盤研究(C)「食細胞による死細胞および微生物の貪食機構と意義」(2006-) 代表者
○基盤研究(C)「細胞貪食による要除去細胞排除の分子機構と生理学的意義」(2004-)
○若手研究(B)「貪食による要除去細胞排除の分子機構」(2001-)
○若手研究(B)「貪食による不要細胞の除去機構」(1999-)
○特別研究員奨励費「セルトリ細胞による細胞膜リン脂質を介した精子形成細胞の貪食機構」(1998-)

学域・学類担当授業科目

○生物の取り扱いを学ぶⅠ(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○応用細胞機能学(2017)
○分子細胞生物学Ⅴ(2017)
○分子細胞生物学Ⅳ(2017)
○生物の取り扱いを学ぶ1(2016)
○ゲノムと細胞(2016)
○応用細胞機能学(2016)
○分子細胞生物学4(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○地域概論(2016)
○生物の取り扱いを学ぶⅠ(2016)
○応用細胞機能学(2016)
○分子細胞生物学Ⅳ(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○生物の取り扱いを学ぶ1(2015)
○ゲノムと細胞(2015)
○応用細胞機能学(2015)
○分子細胞生物学4(2015)
○生物学Ⅰ(2015)
○ゲノムと細胞(2015)
○応用細胞機能学(2015)
○生物の取り扱いを学ぶⅠ(2015)
○分子細胞生物学Ⅳ(2015)
○ゲノムと細胞(2014)
○生物学Ⅰ(2014)
○応用細胞機能学(2014)
○分子細胞生物学Ⅳ(2014)
○生物の取り扱いを学ぶⅠ(2014)

大学院担当授業科目

○細胞性自然免疫学(2017)
○バイオファーマサイエンス概論(2017)
○バイオファーマサイエンス先端セミナー(2017)
○タンパク質の機能制御機構(2017)
○生体機能分析科学(2017)
○自然免疫と生体防御(2016)
○自然免疫と生体防御(2015)
○細胞性自然免疫学(2015)
○細胞死機構論(2014)
○貪食機構論(2014)
○自然免疫と生体防御(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

○血清成分による貪食制御に関する研究韓国NRF韓国(2014-2015)韓国宿主感染時における大腸菌および歯周病菌の病原性制御遺伝子の解析に関して,ジョイントセミナーを行うとともに,研究技術交流および研究打ちあわせを行った
○日本学術振興会二国間交流事業共同研究韓国NRF韓国(2005-2006)韓国血清成分による貪食制御に関する研究について,韓国研究者を訪問して学術シンポジウムを開催するとともに,研究交流を行った
○交流協会 日本-台湾若手研究者交流事業台湾交流協会(公式に国交のない中華民国(台湾)との実務関係を行う窓口機関)台湾(2005-2005)台湾日本の大学教員が指導学生とともに台湾のホスト研究者のもとに滞在し,研究交流を行うプロジェクトの代表をつとめた
○金沢大学薬学部・韓国釜山国立大学薬学部・中国瀋陽薬科大学合同シンポジウム瀋陽薬科大学韓国,中国(2011-2011)中国3大学薬学部が定期的に研究および教育上の交流を持ち,中国の相手方大学を訪問してシンポジウムにて発表を行った

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○文部科学省科学研究費助成事業第1段審査委(2013-2015)

講演可能なテーマ

○不要細胞の貪食機構と生理的意義

その他公的社会活動

○金沢大学薬学系(2007-) 薬学系教員による高校への出張講義を行った

このページの先頭へ