本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

長谷川 雅人 (はせがわ まさと) 助教 HASEGAWA Masato

メール

所属組織・役職等

理工研究域 機械工学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 機械工学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 機械科学専攻

所属研究室等

流体科学研究室 TEL:076-234-4753 FAX:076-234-4753

学歴

【出身大学院】
筑波大学 博士課程 工学研究科 構造工学 2000
【出身大学】
筑波大学 第三学群 基礎工学類 1995/03 卒業
【取得学位】
博士(工学)

職歴

生年月

1972年05月

所属学会

日本伝熱学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

流体工学、熱工学

専門分野キーワード

流動抵抗低減、伝熱

研究課題

超微細凹凸面における流動抵抗低減に関する研究

著書

  • マイクロマシン技術と応用 シーエムシー出版 2002/03 ①原著書 ⑤編著 (分担執筆)長谷川雅人,矢部彰,尾崎浩一,松本壮平

論文

  • 管内強制対流熱伝達に対する電気流体力学的効果の数値解析 長谷川雅人,矢部彰,成合英樹 日本機械学会論文集B編 64巻 620号 1196-1201頁 1998/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 超微細凹凸面による流動抵抗変化に関する研究 金子和史,長谷川雅人ほか5名 日本機械学会論文集B編 64巻 644号 1085-1090頁 2000/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Drag Reduction and thermal behavior of nanoscale concave-convex surfaces M. Hasegawa, A. Yabe, S. Matsumoto, and H. Nariai Thermal Science & Engineering 7巻 6号 133-138頁 1999/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Heat Transfer Enhancement of Airflow in a Channel Using Corona Discharge M. Molki, M. M. Ohadi, B. Baumgarten, M. Hasegawa, A. Yabe Journal of Enhanced Heat Transfer 7巻 6号 411-426頁 2000/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Drag Reduction on Microscale Concave-convex Surface M. Hasegawa, H. Nariai, K. Kaneko, H. Maki, A. Yabe, and S. Matsumoto Proceedings of the ASME Heat Transfer Division -- 1999, the 1999 ASME International Mechanical Engineering Congress and Exposition 1巻 317-322頁 1999/11 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)

全て表示

  • Numerical Analysis of Electro-Hydrodynamical Enhancement Mechanism of Forced Convection Heat Transfer in Duct Flow M. Hasegawa, A. Yabe, H. Nariai ASME Proceedings of the 32nd National Heat Transfer Conference 10巻 11-15頁 1997/08 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Turbulent Generation and Mechanism Analysis of Forced-Convection Heat Transfer Enhancement by Applying Electric Fields in the Restricted Region near the Wall M. Hasegawa, A. Yabe, H. Nariai Proceedings of the 5th ASME/JSME Joint Thermal Engineering Conference (CD-ROM) 1999/03 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Effect of the Micro-Structure of Highly Water-Repellent Surface on Drag Reduction M. Hasegawa, N. Koyamaほか2名 マイクロエンジニアリングに関する国際シンポジウム予稿集 363-368頁 2003/12 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • はっ水性微細構造を有する平板間流れの数値解析 長谷川雅人,上野久儀 日本機械学会論文集B編 72巻 720号 1907-1912頁 2006/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • トンネル内火災時の縦流換気風に逆らった熱気流の遡上距離(模型トンネルによる火災実験) 峰広智哉,藤田克志,川端信義,長谷川雅人,田中太 日本機械学会論文集(B編) 77巻 776号 1064-1074頁 2011/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Drag Reduction Effect and Wettability of Surface with Dual-Length Micro-pillars Journal of Fluid Science and Technology 4巻 3号 614-622頁 2009/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 煙流動CFDを用いた避難行動シミュレーションによる道路トンネル火災安全性の評価方法 清家美帆,川端信義,長谷川雅人 土木学会論文集F2(地下空間研究) 70巻 1号 1-12頁 2014/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Forced wetting of microstructured surfaces 長谷川雅人 Journal of Fluid Science and Technology 9巻 1号 JFST0010頁 2014/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Suggestion of estimation method of smoke generation rate by CFD simulation and fire experiments in full-scale tunnels Miho SEIKE, Yasuhito EJIRI, Nobuyoshi KAWABATA, Masato HASEGAWA Journal of Fluid Science and Technology 9巻 2号 JFST0018頁 2014/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Experiments of evacuation speed in smoke-filled tunnel Miho Seike, Nobuyoshi Kawabata, Masato Hasegawa Tunnelling and Underground Space Technology 53巻 61-67頁 2016/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Behavior of thermo-sensitive gel in polymer solution Masato Hasegawa, Takashi Kamikido, Nobuyoshi Kawabata International Communications in Heat and Mass Transfer 76巻 55-58頁 2016/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • International congress - Fire computer Modeling, "Numerical simulation of water discharge from large-capacity foam monitor," 2012.10(2012)
  • International Symposium on Biomechanics, Healthcare and Information Science-Fourth B-J-K Symposium on Biomechanics-,",Drag Reduction Effect and Wettability of Micro-Structured Surface",NULL,2008/3 第45回日本伝熱シンポジウム,「微細構造はっ水面における気体層消失の評価」,2008/5(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

○流動抵抗の低減方法及び装置(特許番号:4257973)

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「感温性ゲルを利用した逆対流発生粒子の開発」(2010-2011) ①代表者
○若手研究(B)「微細構造表面における気液界面の挙動」(2007-) ①代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「はっ水性微細凹凸面上の流動抵抗低減に関する研究」(2001-) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○流れ学Ⅰ及び演習(2017)
○環境機械(2017)
○環境機械(2017)
○機械工学設計製図基礎(2017)
○Fluid Mechanics I and Exercise(2017)
○流れ学Ⅰ及び演習(2017)
○流れ学Ⅰ及び演習(2016)
○流れ学Ⅰ及び演習(2016)
○流れ学Ⅰ及び演習(2016)
○環境機械(2016)
○機械工学実験Ⅱ(2016)
○機械工学実験Ⅰ(2016)
○機械工学設計製図基礎(2016)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ