本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

東(遠藤) 浩 (ヒガシ(エンドウ) ヒロシ) 准教授 HIGASHI (ENDOH) HIROSHI

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 生命科学専攻

所属研究室等

遺伝学研究室 TEL:076-264-6232 FAX:076-264-6232

学歴

【出身大学院】
東北大学 修士課程 理学研究科 生物学 1981/03 修了
東北大学 博士課程 理学研究科 生物学 1984/03 修了
【出身大学】
東北大学 理学部 生物学科 1979/03 卒業
【取得学位】
理学博士
理学修士

職歴

金沢大学 教養部(1995/02/01-1996/03/31)
金沢大学 理学部(1996/04/01-2004/03/31)
金沢大学 自然科学研究科(2004/04/01-)

生年月

1956年01月

所属学会

日本原生生物学会 評議員(2014-2017)
日本進化原生生物学研究会 代表(2003-2011)
日本原生動物学会 評議員(2003-2006)
日本遺伝学会
国際原生動物学会
国際進化原生生物学会

学内委員会委員等

○微生物等安全管理委員会委員 ④委員(2010-2020)
○共通教育基礎科目部会委員 ④委員(2012-2017)

受賞学術賞

専門分野

進化生物学、遺伝・ゲノム動態、遺伝 進化 原生動物

専門分野キーワード

進化原生生物学、寄生適応、ミトコンドリアの分化

研究課題

原生動物テトラヒメナによる新規セルロース分解系の構築

原生動物テトラヒメナによる新規セルロース分解系の構築

中生動物ニハイチュウの進化と寄生適応

原生生物の分子進化戦略

渦ベン毛虫ヤコウチュウの生活史と系統的位置の解明

テトラヒメナの核アポトーシス

著書

  • 原生生物フロンティア その生物学と工学.  化学同人 2014/08 ①原著書 ⑧分担執筆 遠藤 浩、増田光平 9784759815177
  • ゾウリムシの遺伝学 東北大学出版会 1999/09 ①原著書 ②共著 (分担執筆)遠藤 浩
  • Evolution of Life: Fossils, Molecules and Culture 1991/01 ①原著書 ②共著 N. Okada, M. Aono, H. Endoh 他 4-431-70064-1

論文

  • Abortive conjugation induced by UV-B at meiotic prophase in conjugation of Tetrahymena thermophila. Takashi Kobayashi, Hiroshi Endoh DEVELOPMENTAL GENETICS 23巻 2号 151-157頁 1998/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Binarry fission and encystation of Opalina sp. in axenic medium. Kentarou Hanamura, Hiroshi Endoh ZOOLOGICAL SCIENCE 18巻 3号 381-387頁 2001/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Novel aberrant nuclear behavior in abortive conjugation of tetrahymena thermophila: Joint selection of a meiotic product and macronucleus during nuclear selection. Atsushi Mukai, Hiroshi Endoh GENES & GENETIC SYSTEMS 74巻 1号 29-32頁 1999/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A chimera theory on the origin of dicyemid mesozoans: Evolution driven by frequent lateral gene trnasfer from host to parasite BIOSYSTEMS 73巻 1号 73-83頁 2004/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Developmentally regulated extrachromosomal circular DNA formation in the mesozoan Dicyema japonicum Tomoko Noto, K. Yazaki, Hiroshi Endoh CHROMOSOMA 111巻 6号 359-368頁 2003/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Caspase-like activity in programmed nuclear death during conjugation of Tetrahymena thermophila Takashi Kobayashi, Hiroshi Endoh CELL DEATH AND DIFFERENTIATION 10巻 634-640頁 2003/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Presence of a bacterial-like citrate synthase gene in Tetrahymena thermophila: Recent lateral gene transfers (LGT) or multiple gene losses subsequent to a single ancient LGT? JOURNAL OF MOLECULAR EVOLUTION 58巻 5号 540-549頁 2004/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preferential cleavage of Paramecium DNA mediated by the C. elegans Tc1 transposase in vitro Sanae Nakayama, Hiroshi Endoh GENES & GENETIC SYSTEMS 78巻 6号 391-398頁 2003/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Delayed degradation of parental macromuclear DNA in progarammed nuclear death of Paramecium caudatum N. Kimura, K. Mikami, H. Endoh GENESIS 40巻 1号 15-21頁 2004/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Unusual distribution of mitochondrial large subunit rRNA in the cytosol during conjugation in Tetrahymena thermophila GENES & GENETIC SYSTEMS 79巻 5号 255-262頁 2004/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reevaluation of the evolutionary position of opalinids based on 18S rDNA, and alpha- and beta-tubulin gene phylogenies JOURNAL OF MOLECULAR EVOLUTION 60巻 6号 695-705頁 2005/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Differentiation of somatic mitochondria and the structural changes in mtDNA during development of the dicyemid Dicyema japonicum (Mesozoa) MOLECULAR GENETICS AND GENOMICS 273巻 6号 441-449頁 2005/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A possible role of mitochondria in the apoptotic-like programmed nuclear death of Tetrahymena thermophila T Kobayashi, H Endoh EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 272巻 20号 5378-5387頁 2005/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of fruiting body development in the aggregative ciliate Sorogena stoianovitchae (Ciliophora, Colpodea) H Sugimoto, H Endoh JOURNAL OF EUKARYOTIC MICROBIOLOGY 53巻 2号 96-102頁 2006/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Alteration of developmental program in Paramecium by treatment with trichostatin a: a possible involvement of histone modification PROTIST 157巻 3号 303-314頁 2006/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • New details from the complete life cycle of the red-tide dinoflagellate Noctiluca scintillans (Ehrenberg) McCartney EUROPEAN JOURNAL OF PROTISTOLOGY 42巻 3号 209-219頁 2006/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Peculiar behavior of distinct chromosomal DNA elements during and after development in the dicyemid mesozoan Dicyema japonicum CHROMOSOME RESEARCH 14巻 8号 817-830頁 2006/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phylogenetic analyses of the dinoflagellate Noctiluca scintillans based on beta-tubulin and Hsp90 genes. European Journal of Protistology 43巻 1号 1-7頁 2008/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Differentially expressed genes during fruiting body development in the aggregative ciliate Sorogena stoianovitchae (Ciliophora: Colpodea). Journal of Eukaryotic Microbiology 55巻 2号 10-16頁 2008/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Role of apoptosis-inducing factor (AIF) in programmed nuclear death during conjugation in Tetrahymena thermophila.  BMC Cell Biology 11巻 13-27頁 2010/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Gigantic macroautophagy in programmed nuclear death of Tetrahymena thermophila. Autophagy 6巻 7号 901-911頁 2010/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Programmed nuclear death and its relation to apoptosis and autophagy during sexual reproduction in Tetrahymena thermophila Takahiko AKEMATSU ほか5名 Japanese Journal of Protozoology 45巻 1, 2号 1-15頁 2012/04 査読有 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • A novel mitochondrial nuclease-associated protein: a major executor of the programmed nuclear death in Tetrahymena thermophila. BIOLOGY OF THE CELL 106巻 3号 97-109頁 2014/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A protein-protein interaction in magnetosomes: TPR protein MamA interacts with an Mms6 protein Biochemistry and Biophysics Reports 7巻 39-44頁 2016/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○挑戦的萌芽研究「原生生物テトラヒメナによる新規セルロース分解系の構築」(2015-2017) ①代表者
○基盤研究(C)「渦鞭毛虫ヤコウチュウの核ゲノムおよびミトコンドリアゲノム解析」(2007-) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○生物学課題研究(1)(2017)
○生物学課題演習(1)(2017)
○生物学課題演習(2)(2017)
○微生物学1(2017)
○生命・地球学概論(2017)
○遺伝学実験(2017)
○生物学課題研究(2)(2017)
○遺伝学(2017)
○生物学実験(2017)
○生物学実験(2017)
○生物学Ⅱ(2017)
○生物学課題演習(2)(2016)
○遺伝学実験(2016)
○生命・地球学概論(2016)
○微生物学1(2016)
○地球生物圏と人間(2016)
○地球生物圏と人間(2016)
○地球生物圏と人間(2016)
○地球生物圏と人間(2016)
○生物学実験(2016)
○生物学Ⅱ(2016)
○生物学実験(2016)
○地球生物圏と人間(2016)
○地球生物圏と人間(2016)
○生物学課題研究(1)(2016)
○遺伝学(2016)
○遺伝学実験(2016)
○生物学課題研究(2)(2016)
○生物学課題演習(1)(2016)
○生物学Ⅱ(2015)
○遺伝学実験(2015)
○生物学課題演習(2)(2015)
○生物学課題研究(2)(2015)
○生物学課題演習(1)(2015)
○遺伝学(2015)
○生物学課題研究(1)(2015)
○微生物学1(2015)
○生物学実験(2015)
○生物学実験(2014)
○生物学Ⅱ(2014)
○遺伝学(2014)
○遺伝学実験(2014)
○微生物学1(2014)
○生物学課題演習(1)(2014)

大学院担当授業科目

○進化原生生物学(2017)
○生命システム特別講義(2017)
○進化原生生物学(2017)
○進化原生生物学(2017)
○進化原生生物学(2017)
○ゲノム生命システム学A(2017)
○進化原生生物学(2016)
○生命システム基礎B(2016)
○ゲノム生命システム学A(2016)
○生命システム基礎(2015)
○ゲノム生命システム学(2015)
○進化原生生物学(2015)
○進化原生生物学(2014)
○原生生物遺伝学(2014)
○原生生物遺伝学(2014)
○繊毛虫分子遺伝学(2014)
○ゲノム生命システム学(2014)
○生命システム基礎(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○原生動物の世界(キーワード:原生動物,単細胞,進化の歴史)

その他公的社会活動

○進化原生生物学研究会(2003-) 全国の原生生物学者による研究集会の開催

このページの先頭へ