本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

中谷 壽男 (なかたに としお) 教授 NAKATANI Toshio

メール 研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系 看護科学領域
教授

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類 看護学専攻 Department of Nursing
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻 看護科学領域
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻 看護科学領域

所属研究室等

医薬保健研究域保健学系看護科学領域臨床実践看護学講座 TEL:076-265-2542

学歴

【出身大学院】
富山医科薬科大学 博士課程 医学研究科 生理系 解剖学 1987/03 修了
【出身大学】
富山医科薬科大学 医学部 医学 1983/03 卒業
【取得学位】
医学博士

職歴

富山医科薬科大学 医学部 助手(1987/04/01-1995/03/31)
金沢大学 医学部 講師(1995/04/01-1996/03/31)
金沢大学 医学部 助教授(1996/04/01-1998/10/31)
金沢大学 医学部保健学科  教授(1998/11/01-)
金沢大学 大学院医学系研究科 教授(2002/04/01-)
金沢大学 医薬保健研究域保健学系 教授(2008/04/01-)

生年月

1955年10月

所属学会

日本解剖学会 中部地方会評議委員(1999-)
日本組織細胞化学会
日本看護研究学会
日本褥瘡学会
日本看護科学学会
日本創傷治癒学会 評議委員(2015-)
コ・メディカル形態機能学会 副学術委員長(2008-2011)
日本看護技術学会
日本創傷・オストミー・失禁管理学会
コ・メディカル形態機能学会 副会長,会計委員長(2011-)

学内委員会委員等

○学生生活部会委員会/学生相談連絡会委員 委員(2012-2013)

受賞学術賞

○日本褥瘡学会大浦賞(2006/09/01)
○欧州褥瘡諮問委員会第1位ポスター(2005/05/05)

専門分野

肉眼解剖学 創傷 リンパ管、リンパ学、褥瘡 創傷、解剖学一般(含組織学・発生学)、臨床看護学、基礎看護学

専門分野キーワード

皮膚創傷治癒、リンパ管小孔、肉眼解剖,組織学、看護技術

研究課題

皮膚創傷の治癒過程の研究

横隔膜リンパ管小孔の働きと形成にかかわる因子

肉眼解剖における破格の研究

著書

  • ナースのためのプロフェッショナル“脚”ケア 大腿から足先まで 中央法規 2009/10 原著書 編著 978-4-8058-3146-5
  • リンパ管形態・機能・発生. 西村書店 1997/05 原著書 編著

論文

  • 女性下顎骨の成長について 松田健史,森沢佐歳,津島邦彦,武田公男,篠原治道,戸島雅宏,中林智之,中谷壽男,相模嘉男,窪田淑子 成長 21巻 3号 49-57頁 1982 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • VSDを伴った遠位型大動脈肺動脈中隔欠損症 関 雅博,上山武史,橋本英樹,明元克司,中谷壽男,山本恵一 臨床胸部外科 4巻 3号 347-350頁 1984 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 良性家族性血尿の臨床遺伝学的研究-日本人、アメリカ人、ユダヤ人との比較- 松井昌,富山俊一,深澤利之,森沢佐歳,武田公男,篠原治道,中谷壽男,松田健史 臨床遺伝研究 6巻 1-2号 33-51頁 1984 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Morphology of the intercapsular segment of the oviduct in the golden hamster with special reference to ovumtransit from ruptured follicles in the ampulla. 41巻 3号 368-370頁 1985 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The presence of lymphatic stomata in the ovarian bursa of the golden hamster 231巻 1号 44-52頁 1985 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • On the ovarian bursa of the golden hamster. I. Scanning electron microscopy of the inner surface and stomatal orifices. 147巻 45-54頁 1986 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • On the ovarian bursa of the golden hamster. II. Intercellular connections in the bursal epithelium and passage of ferritin from the cavity into lymphatics. 148巻 1-12頁 1986
  • Mast cells in the ovarian bursa of the golden hamster. 36巻 2号 445-450頁 1987 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Postnatal development of the ovarian bursa of the golden hamster (Mesocricetus auratus): Its complete closure and morphogenesis of lymphatic stomata. 179巻 4号 385-402頁 1987 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pericardium of rodents: Pores connect the pericardial and pleural cavities. 220巻 2号 132-137頁 1988 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The mouse pericardium: It allows passage of particulate matter from the pleural to the pericardial cavity. 222巻 1号 1-5頁 1988 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A transmission electron microscopical study of dysplastic naevi. 70巻 5号 411-416頁 1990 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Case with a high-positioned origin of the testicular artery. 226巻 2号 264-266頁 1990 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The postnatal development of the mouse pericardium; the time and mechanism of formation of pericardial pores. 67巻 2-3号 115-120頁 1990 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An ultrastructural study of human epidermal Langerhans cells irradiated with grenz rays and ultraviolet A. 7巻 266-268頁 1990 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ultrastructural changes in Darier's disease induced by ultraviolet irradiation 71巻 2号 108-112頁 1991 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A case report of acute febril neutrophilic dermatosis (Sweet's syndrome) and Crohn's disease. 71巻 4号 360-363頁 1991 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Measurements of the auricle in the human fetus. 68巻 4号 215-218頁 1992 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A transmission electron microscopic study of macromelanosomes in sporadic dysplastic naevi. 69巻 2-3号 109-114頁 1992 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Microanatomy of the rat diaphragm: A scanning electron and confocal laser scanning microscopic study 56巻 3号 317-328頁 1992 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Localization of antigenic determinants recognized by a monoclonal antibody in rat epididymal spermatozoa, with particular reference to sperm maturation. 27巻 1号 47-53頁 1994 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spatial organization of the collagen and elastin fibers of the lung in the Japanese monkeys, Macaca fuscata. 102巻 181-187頁 1994 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A qualitative ultrastructural study of melanocytes after Grenz-ray and UVA irradiation. 72巻 2-3号 59-68頁 1995 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Microanatomy of the rat diaphragm with special reference to the lymphatics and mesothelial stomata. 100巻 143-153頁 1995 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lymphatic stomata in the murine diaphragmatic peritoneum: The timing of their appearance and a map of their distribution. 244巻 4号 529-539頁 1996 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An autopsy case of an extracoronary artery presenting evidence for the dualism of blood supply to the human heart. 71巻 5号 551-556頁 1996 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Retroesophageal right subclavian artery originating from the aortic arch distal and dorsal to the left subclavian artery. 178巻 3号 269-271頁 1996 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The superficial ulnar artery originating from the axillary artery. 178巻 3号 277-279頁 1996 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Case report: bilateral location of the axillary arery posterior to the medial cord of the brachial plexus 189巻 2号 457-459頁 1996 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Superficial brachial arteries observed in bilateral arms. 71巻 4号 308-312頁 1996 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A variant branch of the internal laryngeal nerve supplying filaments to the cricothyroid muscles: An autopsy case. Tanaka S, Nakatani T, ほか3名 Acta Anatomica Nipponica 72巻 2号 135-139頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A rare case: The medial cord of the brachial plexus sandwiched between the axillary and superficial brachial arteries. Nakatani T, Mizukami S, Tanaka S. Acta Anatomica Nipponica 72巻 2号 151-154頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Peritoneal lymphatic stomata of the diaphragm in the mouse: Process of their formation. Nakatani T, Tanaka S, ほか4名 Anatomical Record 248巻 1号 121-128頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Three cases of the musculocutaneous nerve not perforating the coracobrachialis muscle. Nakatani T, Mizukami S, Tanaka S. Acta Anatomica Nipponica 72巻 3号 191-194頁 1997/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Superficial brachial artery continuing as the common interosseous artery. Nakatani T, Tanaka S, Mizukami S. Journal of Anatomy 191巻 1号 155-157頁 1997/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Two rare anomalies of the brachial plexus. Nakatani T, Tanaka S, Mizukami S. Journal of Anatomy 192巻 2号 303-304頁 1998/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An anomalous triad of a left-sided inferior vena cava, a retroesophageal right subclavian artery, and bilateral superficial brachial arteries in one individual. Nakatani T, Tanaka S, Mizukami S. Clinical Anatomy 11巻 2号 112-117頁 1998/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Posterior sinus node artery and accessory atrioventricular node artery arising by a common origin: A case report. Tanaka S, Lee H-Y, Mizukami S, Nakatani T, Chung I-H. Clinical Anatomy 11巻 2号 106-111頁 1998/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Branches of the vagus nerve destined for the heart and the adjoining great vessels in the house shrew, Suncus murinus, with reference to the terminology of the vagal cardiac branches. Tanaka S, Nakatani T. ほか5名 Acta Anatomica Nipponica 73巻 2号 141-156頁 1998/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Duplication of the inferior vena cava: Two cases reports. Nakatani T, Tanaka S, Mizukami S. Acta Anatomica Nipponica 73巻 2号 171-174頁 1998/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Aberrant branch of the superior laryngeal nerve passing through the thyroid foramen: A macroscopical study. Tanaka S, Shoumura S, Chen H, Nakatani T, Mizukami S. Acta Anatomica Nipponica 72巻 4号 251-256頁 1997/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Absence of the musculocutaneous nerve with innervation of coracobrachialis, biceps brachii, brachialis and the lateral border of the forearm by branches from the lateral cord of the brachial plexus. Nakatani T, Mizukami S, Tanaka S. Journal of Anatomy 191巻 3号 459-460頁 1997/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Right superior bronchial artery arising from the the right subclavian artery and accompanying nerve branches: An autopy case. Tanaka S, Nakatani T, ほか3名 Acta Anatomica Nipponica 72巻 5号 455-460頁 1997/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bilateral four-headed biceps brachii muscles: the median nerve and brachial artery passing through a tunnel formed by a muscle slip from the accessory head. Nakatani T, Tanaka S, Mizukami S. Clinical Anatomy 11巻 3号 209-212頁 1998/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A metopic suture observed in a 91-year-old Japanese male. Nakatani T, Tanaka S, Mizukami S. Acta Anatomica Nipponica 73巻 3号 265-267頁 1998/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Superficial ulnar artry originating from the brachial artery and its clinical importance. Nakatani T, Tanaka S, Mizukami S. Surgical and Radiologic Anatomy 20巻 5号 383-385頁 1998/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bilateral superficial median arteries. Nakatani T, Izumi A, Tanaka S. Journal of Anatomy 194巻 3号 475-477頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 肘部での静脈注射:浅前腕動脈に注意を. 中谷壽男,稲垣美智子ほか8名 金沢大学医学部保健学科紀要 23巻 1号 93-96頁 1999/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 三角筋への筋肉内注射:腋窩神経を損傷しないための適切な部位. 中谷壽男,稲垣美智子ほか8名 金沢大学医学部保健学科紀要 23巻 1号 83-86頁 1999/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 下腿潰瘍を繰り返す患者のセルフケア指導. 稲垣美智子,真田弘美,須釜淳子,永川宅和,中谷壽男ほか4名 石川看護研究会誌 12巻 1号 39-42頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 乳癌患者に対する放射線皮膚炎のスキンケア指導法の検討. 須釜淳子,稲垣美智子,真田弘美,永川宅和,中谷壽男,紺家千津子,大桑麻由美 石川看護研究会誌 12巻 1号 36-38頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 閉塞性動脈硬化症(ASO)患者の皮膚障害に対するセルフケア指導. 大桑麻由美,稲垣美智子,真田弘美,須釜淳子,永川宅和,中谷壽男 石川看護研究会誌 12巻 1号 31-35頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 糖尿病性壊疽のフットケアの検討?保存的に治癒した症例を通して?. 紺家千津子,稲垣美智子,真田弘美,須釜淳子,永川宅和,中谷壽男,樋木和子 石川看護研究会誌 12巻 1号 27-30頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 超音波画像による褥瘡の深度判定の有効性. 紺家千津子,真田弘美,須釜淳子,大桑麻由美,永川宅和,中谷壽男,田端恵子 日本褥瘡学会誌 1巻 2号 249-253頁 1999/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Appropriate site for intramuscular injection in the delotoid muscle evaluated in 35 cadaverous arms. Nakatani T, Sanada H. ほか4名 Memoirs of School of Health Sciences Faculty of Medicine Kanazawa University 24巻 2号 27-31頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者における褥瘡治癒過程からみた形態的分類と看護ケアとの関係-ポケット形成のある褥瘡に焦点をあてて- 紺家千津子,真田弘美,須釜淳子,大桑麻由美,中谷壽男,永川宅和 日本褥瘡学会誌 4巻 1号 60-69頁 2002/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者における褥瘡治癒過程からみた形態的分類と看護ケアとの関係ーポッケト形成のある褥瘡に焦点をあててー 紺家千津子,真田弘美,須釜淳子,大桑真由美,中谷壽男,永川宅和 日本褥瘡学会誌 4巻 1号 60-69頁 2002/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The course of the axillary nerve projected on the skin covering the deltoid muscle of a cadaver for safely administering intramuscular injection in he deltoid muscle T. Nakatani, et al. 6名 金沢大学医学部保健学科つるま保健学会誌 27巻 33-37頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • The effect of bathing on local blood flow in elderly patients with pressure ulcers. Sanada H, Nakatani T. ほか3名 Memoirs of School of Health Sciences Faculty of Medicine Kanazawa University 24巻 2号 61-65頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The actual situation of treatment of biliary tract cancer based on its statistics registry in Japan. Nagakawa T, Sanada H, Inagaki M, Nakatani T. Memoirs of School of Health Sciences Faculty of Medicine Kanazawa University 24巻 2号 93-101頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Change of cytokine in pressure ulcer with undermining C. Konya, H. Sanada, T. Nakatani, 他2名 金沢大学医学部保健学科つるま保健学会誌 28巻 25-30頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Appropriate site for intramuscular injection in the deltoid comparing cadaverous with living arms T. Nakatani, A. Tanaka 他14名 金沢大学医学部保健学科つるま保健学会誌 28巻 121-126頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Histological examination of pressure ulcer tissue in terminally ill cancer patients A. Kitagawa, H. Sanada, T. Nakatani, 他4名 Japan Journal of Nursing Science 1巻 35-46頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An extremely rare inversion of the predudenal portal vein and common bile duct associated with multiple malformations. Report of an adult cadaver case with a brief review of the literature S.-Q. Yi, T. Nakatani, et al. 4名 ANATOMY AND EMBRYOLOGY 208巻 87-96頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 褥瘡におけるポケット形成にいたるまでの過程の検討 越村洵子,紺家千津子,中谷壽男,他4名 日本褥瘡学会誌 6巻 4号 607-615頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Histological examinatioin of the distribution change of myofibroblasts in wound contraction A. Tanaka, T. Nakatani, et al. 4名 EWMA Journal 4巻 1号 13-18頁 2004/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 坐骨結節部褥瘡に特異的に認められた不良肉芽の組織学的検討 田中愛,中谷壽男,真田弘美,紺家千津子,山崎真代,ほか2名 日本褥瘡学会誌 6巻 1号 51-55頁 2004/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cellular localization of endocrine cells in the adult pancreas of the house musk shrew, Suncus murinus: a comparative immunocytochemical study S.-Q. Yi, T. Nakatani, et al. 7名 GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY 136巻 2号 162-170頁 2004/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Distribution of myofibroblasts in stage II and IV pressure ulcers A. Kitagawa, T. Nakatani, H. Sanada ほか1名 金沢大学医学部保健学科つるま保健学会誌 29巻 1号 1-9頁 2005/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pressure-induced ischemic wound healing with bacterial inoculation in the rat J. Sugama, H. Sanada, T. Nakataniほか2名 WOUNDS-A COMPENDIUM OF CLINICAL RESEARCH AND PRACTICE 17巻 7号 157-168頁 2005/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ポケットを有する褥瘡のポケット被蓋部の組織学的研究 黄芳,中谷壽男,真田弘美,紺家千津子,鈴木定,佐藤文,間脇彩奈 日本褥瘡学会誌 7巻 4号 798-803頁 2005/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between the distribution of myofibroblasts, and stellar and circular scar formation due to the contraction of square and circular wound healing. A. Mawaki, T. Nakatani, J. Sugama, C. Konya Anatomical Science International 82巻 3号 147-155頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • マウス皮膚における創周囲皮膚の清潔が創傷治癒過程に及ぼす影響 北山幸枝,中谷壽男,真田弘美,田中愛,青木和恵,佐藤文,玉井奈緒 日本褥瘡学会誌 7巻 4号 818-826頁 2005/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Gross anatomical study of the sympathetic cardiac nerves in the house musk shrew (Suncus murinus). A. Tanaka, S.i Tanaka, K. Miyamoto, S.-Qi, Yi, T. Nakatani ANATOMICAL RECORD 250巻 5号 468-476頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ずれが褥瘡治癒に及ぼす影響 ―ラット褥瘡モデルを持田組織学的研究―. 藤居久美子,須釜淳子,中谷壽男,真田弘美,大桑麻由美 日本褥創学会誌 9巻 2号 152-159頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 超音波皮脂厚計を用いた下肢筋厚測定値の妥当性と筋力・筋量との関連について 宮本賢作,田中 聡,田中 愛,松村秀一,谷沢俊嗣,守山成則,中谷壽男,田中重徳 形態・機能 6巻 1号 27-32頁 2007/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 1%キトサンオリゴ糖の腹腔内投与がマウスの皮膚創傷治癒過程におよぼす効果 島村きみ,村中美緒,石田陽子,二山未央,森摩由美,紺家千津子,須釜淳子,中谷壽男 形態・機能 5巻 2号 97-104頁 2007/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 1%キトサンオリゴ糖の長期腹腔内投与による皮膚創傷治癒への影響と腹膜炎の誘起 島村きみ,村中美緒、井上 歩、上田葵子、紺家千津子、大桑麻由美、須釜淳子、中谷壽男 形態・機能 6巻 2号 83-872頁 2008/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between lymphangiogenesis and exudates during wound healing process of mouse skin full thickness wound 島村 きみ,中谷 壽男,上田 葵子,須釜 淳子,大桑 麻由美 WOUND REPAIR AND REGENERATION 17巻 4号  598-605頁 2009/07 査読有 原著論文
  • 腋窩神経の走行を推定するために,神経に伴行する後上腕回旋動脈の位置をポケット型超音波血流検知器を用いて測定することの有効性の研究 島村きみ、木元仁美、黒田知佳子、中澤悦子、廣瀬幸恵、宮嶋美穂、渡辺奈穂、山本尚代、大桑麻由美、中谷壽男 形態・機能 7巻 1号  3-6頁 2009/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 肘窩における皮静脈と皮神経の走行関係:静脈穿刺技術のための基礎研究 木森佳子、臺美佐子、須釜淳子、中谷壽男 形態・機能 8巻 2号 67-72頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 筋肉注射で重要な生体の腋窩神経走行推定のために、後上腕回旋動脈を超音波血流検知器および超音波診断装置で測定することの有効性の研究 原由里子、黒川佳奈、浦井珠恵、大桑麻由美、中谷壽男 形態・機能 8巻 2号 59-65頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of the timing of switching a protein-free to a protein-containing diet on the wound healing process in a rat all-layer skin defect 津田恭子,中谷壽男ほか3名 International Wound Journal 7巻 3号 135-146頁 2010/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ulceration and delayed healing following pressure loading in hyperglycemic rats with an immature dermal collagen fiber network Lijuan Huang,中谷壽男ほか6名 Wounds 22巻 9号 237-244頁 2010/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 末梢静脈カテーテル留置において目視困難な静脈を確実・安全に穿刺するための基礎研究―血管径・深さ・皮膚色の非侵襲的計測― 木森佳子,須釜淳子,中谷壽男,福田汐里,宮地利明,紺家千津子,大桑麻由美,真田弘美 日本看護技術学会誌 10巻 1号 103-110頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development and validity of a new model for assessing pressure redistribution properties of support surfaces 松尾淳子,中谷壽男ほか5名 Journal of Tissue Viability  20巻 2号 55-66頁 2011/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 新しい殿部筋肉内注射部位「新殿筋注点」と従来のクラークの点との解剖体による比較研究 中島由加里、向井加奈恵、今有香、北山幸枝、大桑麻由美、尾崎紀之、中谷壽男  形態・機能 10巻 2号 108-114頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • The effect of isoflavone-daidzein oral medication on cutaneous wound healing in female ovariectomized mice 向井加奈恵,中島由加里,中谷壽男 ほか12名 Structure and Function 10巻 2号 94-100頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • キトサンオリゴ糖の腹膜腔内投与により誘発される腹膜炎の組織像 向井加奈恵、浅野きみ、中島由加里、高田佳奈、原由里子、浦井珠恵、松尾淳子、中谷壽男 形態・機能 10巻 2号 73-79頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Effectiveness of Indonesian honey towards acceleration of cutaneous wound healing: an experimental study in mice Wounds 24巻 4号 110-119頁 2012/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 新しい殿部筋肉内注射部位「新殿筋注点」と従来のクラークの点との生体における比較から得られた安全な殿部筋肉内注射部位の検討 中島由加里、高田佳奈、原由里子、浦井珠恵、松尾淳子、中谷壽男 形態・機能 10巻 2号 65-72頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Effects of three types of Japanese honey on full-thickness wound in mice 中島由加里,中谷壽男ほか16 Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine  2013巻 504537号 11頁 2013/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)  
  • 解剖体におけるゲル注入による新殿筋注点の安全性の検証と超音波診断装置による刺入の深さの検討 中島由加里、井内映美、向井加奈恵、小松恵美、北山幸枝、尾崎紀之、中谷壽男 形態・機能 11巻 2号 102-108 頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 生体における股関節屈曲 0°、45°、90°位置での新殿筋注点と クラークの点との比較 中島由加里、向井加奈恵、小松恵美、井内映美、北山幸枝、中谷壽男 形態・機能 11巻 2号 109-115 頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Is estrogen effective for full-thickness cutaneous wound healing in young male mice?  WOUNDS 2013/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of the effects of honey on acute-phase deep burn wounds.  中島 由加里,中谷 壽男 6人 Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine  2013巻 784959号 1-20頁 2013/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The effect of 17ß-estradiol administration on cutaneous wound healing in 24-week ovariectomized female mice.  向井 加奈恵、中谷 壽男 ほか7名 Journal of Hormones 2014巻 234632号 1-8頁 2014/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cold plasma on full-thickness cutaneous wound accelerates healing through promoting inflammation, re-epithelialization and wound contraction. Nasruddin,中谷 壽男,ほか8名 Clinical Plasma Medicine 2巻 1号 28-35頁 2014/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The nature of sleep in 10 bedridden elderly patients with disorders of consciousness in a Japanese hospital.  松本 勝,中谷 壽男,ほか11名 Biological Research For Nursing 1-8頁 2014/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ご遺体での三角筋筋注部位の位置決め器具の有用性と 決定した筋注部位の安全性の検討 小松 恵美,向井 加奈恵,中島 由加里,尾崎 紀之,中谷 壽男 形態・機能 13巻 1号 2014/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 17ß-estradiol administration promotes delayed cutaneous wound healing in 40-week ovariectomized female mice. Kanae Mukai, Yukari Nakajima, Tamae Urai, Emi Komatsu, Nasruddin, Junko Sugama, Toshio Nakatani International Wound Journal 2014/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The effect of 17β-estradiol on cutaneous wound healing in protein-malnourished ovariectomized female mouse model Kanae Mukai, Emi Komatsu, Yukari Nakajima, Tamae Urai, Nasruddin, Junko Sugama, Toshio Nakatani PLoS ONE 9巻 12号 2014/12/17 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A simple technique to improve contractile effect of cold plasma jet on acute wound of mouse by dropping water.  Nasruddin, Yukari Nakajima, Kanae Mukai, Emi Komatsu, Heni Setyowati Esti Rahayu, Muhammad Nur, Tatsuo Ishijima, Hiroshi Enomoto, Yoshihiko Uesugi, Junko Sugama, Toshio Nakatani Plasma Processes and Polymers 12巻 1128-1138頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of the effects of a combination of Japanese honey and hydrocolloid dressing on cutaneous wound healing in male mice. Kanae Mukai, Miki Koike, Saki Nakamura, Fumika Katagiri, Saki Nojiri, Yuki Yamada, Eri Miyajima, Mayuko Matsumoto, Emi Komatsu, Yukari Nakajima, Tamae Urai, Naoko Murakado, Toshio Nakatani Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine 2015巻 1-9頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anatomical investigation of position of crossing of superficial branch of radial nerve and cephalic vein and its frequency. Kanae Mukai, Emi Komatsu, Tamae Urai, Yukari Nakajima, Kimi Asano, Noriyuki Ozaki, Toshio Nakatani 形態・機能 14巻 1号 3-11頁 2015/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 未経験者による三角筋筋肉内注射の位置決め器具の使用に関する正確性と簡便性の生体での検討. 向井 加奈恵,小松 恵美,中島 由加里,浦井 珠恵,浅野 きみ,中谷 壽男 形態・機能 14巻 2号 75-83頁 2016/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The relationship between cutaneous wounds made on obese mice or those with decreased body weight and serum leptin level. Tamae Urai, Haryanto, Kanae Mukai, Tatsuhiko Matsushita, Kimi Asano, Yukari Nakajima, Mayumi Okuwa, Junko Sugama, Toshio Nakatani Health 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effectiveness of changing the application of Japanese Honey to a hydrocolloid dressing in between the inflammatory and proliferative phases on cutaneous wound healing in male mice Kanae Mukai, Emi Komatsu, Misa Yamanishi, Misako Hutakuchi, Kayo Kanzaka, Yuka Uno, Shizuka Yamazaki, Shizuka Kato, Tomomi Yamamoto, Mayumi Hattori, Yukari Nakajima, Tamae Urai, Kimi Asano, Naoko Murakado, Mayumi Okuwa, Toshio Nakatani Wounds 2017/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lymph drainage during wound healing in a hindlimb lymphedema mouse model.  Lymphatic Research and Biology 2017/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of Effects of Topical Estradiol Benzoate Application on Cutaneous Wound Healing in Ovariectomized Female Mice.  PLoS ONE 11巻 9号 e0163560頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 肥満マウスにおける円形皮膚全層欠損創の創形状保持を目的とした板状皮膚保護材使用の有用性 浦井珠恵、浅野きみ、中島由加里、向井加奈恵、中谷壽男 形態・機能 15巻 2号 57-61頁 2017/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation the effectiveness of combinative treatment of cold plasma jet, Indonesian honey, and micro-well dressing to accelerate wound healing Nasruddin, Indri Kartika Putri,  Sodiq Kamal, Heni Setyowati Esti Rahayu, Heni Lutfiyati, Prasojo Pribadi, Tiara Mega Kusuma, Zaenul Muhlisin, Muhammad Nur, Laela Hayu Nurani, Budi Santosa, Tatsuo Ishijima, Toshio Nakatani Clinical Plasma Medicine 5-6巻 14-25頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Effectiveness of Indonesia Honey toward acceleration of wound healing: An experimental study in mice (Pilot Study).。(2010/09/02)
  • イソフラボンの皮膚全層欠損創治癒への効果:卵巣摘出マウスにイソフラボン含有飼料を摂取させての実験(会議名:第88回日本生理学会大会,第116回日本解剖学会総会・全国学術集会合同大会)(2011)
  • 24週齢の卵巣摘出マウスへの17βエストラジオール経皮投与が皮膚創傷治癒過程の与える影響の肉眼的観察(会議名:第20回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会)(2011)
  • 高脂肪飼料飼育肥満マウスにおける創作製後の体重減少と血清レプチン濃度との関連の検討(会議名:第20回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会)(2011)
  • 殿部筋肉内注射部位の新たな決定法:クラークの点との位置の比較(会議名:コ・メディカル形態機能学会 第10回学術集会・総会)(2011)

全て表示

  • 殿部筋肉内注射部位の新たな決定法:殿部筋肉内注射部位の新たな決定法:解剖体におけるクラークの点との位置の比較(会議名:第71回解剖学会中部支部会)(2011)
  • 雄マウスへのエストロゲン経皮投与が創傷治癒に及ぼす影響(会議名:第41回日本創傷治癒学会)(2011)
  • 日本産蜂蜜の皮膚創傷治癒への効果(会議名:第117回日本解剖学会総会・全国学術集会)(2012)
  • 24週齢の卵巣切除マウスへの17βエストラジオール経皮投与が皮膚創傷治癒へ与える影響(会議名:第14回日本褥瘡学会学術集会)(2012)
  • INTERFACE PRESSURE AND PRESSURE GRADIENT WITH PRESSURE ULCER DEVELOPMENT, SHAPE OF MORPHOLOGICAL OF PRESSURE ULCERS, AND PRESSURE ULCER INCIDENCE IN INTENSIVE CARE UNITS IN PONTIANAK, INDONESIA(会議名:The 4th Congress of
the World Union of Wound Healing Societies WUWHS2012)(2012)
  • 皮膚創傷治癒過程における雄マウスへのエストロゲン経皮投与の効果の検証(会議名:第14回日本褥瘡学会学術集会)(2012)
  • MICROCLIMATE AND DEVELOPMENT OF PRESSURE ULCERS AND SUPERFICIAL SKIN CHANGES(会議名:The 4th Congress of
the World Union of Wound Healing Societies WUWHS2012)(2012)
  • EFFECTS OF HONEY ON ACUTE-PHASE DEEP BURN WOUNDS(会議名:. The 4th Congress of
the World Union of Wound Healing Societies WUWHS2012)(2012)
  • THE EFFECT OF ESTROGEN ENDERMIC MEDICATION ON CUTANEOUS WOUND HEALING IN AGED OVARIECTOMIZED FEMALE MICE(会議名:The 4th Congress of
the World Union of Wound Healing Societies WUWHS2012)(2012)
  • 生体と解剖体におけるクラークの点との比較(会議名:第11回 日本看護技術学会学術集会)(2012)
  • 静脈穿刺における肘窩の神経と動脈の位置関係について―超音波画像による検討―(第1報)(会議名:第11回 日本看護技術学会学術集会)(2012)
  • 静脈穿刺における肘窩の神経と動脈の位置関係について―超音波画像による検討―(第2報)(ポスター)(会議名:第11回 日本看護技術学会学術集会)(2012)
  • 新殿筋注点とクラークの点の生体における比較研究:関節拘縮と刺入針の深さの検討(会議名:コ・メディカル形態機能学会第11回学術集会)(2012)
  • 殿部筋肉内注射部位の新たな決定法:解剖体におけるクラークの点との位置の比較(会議名:日本解剖学会第72回中部支部学術集会)(2012)
  • 17β-estradiol経皮投与の皮膚創傷治癒促進効果:卵巣切除した高齢マウスモデルにおける検証(会議名:第42回日本創傷治癒学会)(2012)
  • 蜂蜜が熱傷創のzone of stasisに及ぼす影響(会議名:第42回日本創傷治癒学会)(2012)
  • Effect of Cold Plasma Jet Treatment on Full-Thickness Wound Healing(会議名:The 6th International Conference on PLAsma Nanotechnology & Science (IC-PLANTS 2013))(2013)
  • 新しい殿部筋肉内注射部位「新殿筋注点」の生体と御遺体における刺入の検討(会議名:第118回日本解剖学会総会・全国学術集会)(2013)
  • 17β-estradiol promotes cutaneous wound healing in 24-week ovariectomized female mice by modulating wound inflammation and promoting wound contraction. (2013/09/10)
  • Study of the effects of combining Japanese honey and a hydrocolloid dressing on skin wound healing. (2013/09/10)
  • ご遺体での三角筋筋注部位の位置決め器具を使用と使用しない方法での位置の比較(会議名:コ・メディカル形態機能学会第12回学術集会・総会)(2013/09/14)
  • 急性期三度熱傷創における蜂蜜の抗炎症作用の効果(会議名:第43回日本創傷治癒学会)(2013/11/14)
  • 蛋白質栄養不良卵巣切除マウス皮膚創傷への 17β エストラジオール経皮投与の効果―肉眼的所見による検証-(会議名:第43回日本創傷治癒学会 )(2013/11/14)
  • 皮膚創傷治癒過程に日本産蜂蜜とハイドロコロイド被覆材を併用することによる効果の検討(会議名:第43回日本創傷治癒学会)(2013/11/14)
  • 三角筋筋注部位決定器具は腋窩神経の位置を正確に特定できるか(会議名:第119回日本解剖学会総会・全国学術集会)(2014/03/27)
  • mproving the Healing Effect of Cold Plasma Treatmenton Wound using Water Adding.(2014/02/04)
  • Visually non contact argon plasma jet on microliter water dropped wound accelerates wound healing. (2016/03/18)
  • 創傷治癒過程の炎症期においてマウスの皮膚全層欠損創へ日本産蜂蜜を使用することによる効果の検討(会議名:第16回日本褥瘡学会学術集会)(2014/08/29)
  • マウスの皮膚全層欠損創への日本産蜂蜜とハイドロコロイド被覆材併用による効果の検証(会議名:第16回日本褥瘡学会学術集会)(2014/08/29)
  • ご遺体を用いた橈側皮静脈と橈骨神経浅枝の交叉の位置と頻度の調査(会議名:第13回コ・メディカル形態機能学会)(2014/09/20)
  • 橈骨神経浅枝が皮下へ出現する位置及び橈骨神経浅枝と橈側皮静脈の交叉の位置と頻度に関する解剖学的調査(会議名:日本解剖学会第74回中部支部学術集会)(2014/10/11)
  • 三角筋筋肉注射の際に腋窩神経の走行を推測する方法の正確性と簡便性の検討(会議名:第13回日本看護技術学会学術集会)(2014/11/23)
  • 3%蛋白質含有食飼料を摂取した卵巣切除マウスの皮膚創傷への17β-estradiol投与の効果(会議名:第44回日本創傷治癒学会)(2014/12/02)
  • Influence of obesity on cutaneous wound healing in an obese mouse model fed a high-fat diet.(2015/02/05)
  • 看護学教育での解剖生理学の教育の方法 Teaching anatomy and physiology in nursing education. シンポジウム30/Symposium 30 コメディカル解剖・生理学教育に必要と思われる教授内容と視点 Contents and view points necessary for the co-medical education of anatomy and physiology(会議名:第120回日本解剖学会・全国学術集会(第92回日本生理学大会との合同大会))(2015/03/21)
  • Cutaneous tissue repair following atmospheric plasma jet treatment. (2015/03/16)
  • Controlling the effect of cold plasma treatment on mouse skin wound by modifying its surface using water.(2015/03/26)
  • リンパ節切除とリンパ管切断による皮膚創傷治癒への影響.(会議名:第17回日本褥瘡学会学術集会)(2015/09/26)
  • 三角筋筋肉内注射位置決め器具の使用未経験者における測定部位のずれの検討.(会議名:コ・メディカル形態機能学会 第14回学術集会)(2015/09/26)
  • 鼡径リンパ節を郭清した下腿に作製した創傷は治癒が遅延するか.(会議名:第45回日本創傷治癒学会)(2015/11/30)
  • Estradiol Benzoateの創部塗布による皮膚創傷治癒への効果―肉眼的検討―(会議名:第45回日本創傷治癒学会)(2015/11/30)
  • 三角筋・中殿筋の筋肉内注射(筋注)部位選定の方法(会議名:第121回日本解剖学会総会・全国学術集会)(2016/03/27)
  • OVXマウスの皮膚創傷へのEstradiol benzoate創部塗布の効果.(会議名:コ・メディカル形態機能学会第15回学術集会・総会)(2016/09/17)
  • マウス下肢リンパ浮腫モデルにおけるリンパの流れと創傷治癒との関連.(会議名:コ・メディカル形態機能学会第15回学術集会・総会)(2016/09/17)
  • Evaluation of the effect of estradiol benzoate on cutanoues wound healing in ovariectomized female mice. Focus on the imflammatory response.(2016/09/25)
  • Effects of honeydew honey on wound healing.(2016/09/25)
  • Effect of obesity on cutaneous wound healing without tension in obese mice. (2016/09/25)
  • Establishment of a chronic lymphedema model in mice.(会議名:第46回日本創傷治癒学会)(2016/12/09)
  • マウス皮膚全層欠損創への蜂蜜塗布の創傷治癒遅延要因の探索.(会議名:第46回日本創傷治癒学会)(2016/12/09)
  • 肥満マウスの皮膚張力による創形状変形回避のためにストーマ補正用皮膚保護材を副子として用いる有用性の検証.(会議名:第46回日本創傷治癒学会)(2016/12/09)
  • 甘露蜂蜜のマウス皮膚全層欠損創への効果の検証.(会議名:第46回日本創傷治癒学会)(2016/12/09)
  • 肥大化した脂肪細胞が角化細胞の遊走に与える影響.(会議名:第46回日本創傷治癒学会)(2016/12/09)
  • 小動物用超音波高解像度イメージングシステムVevo2100を用いた血管新生の3次元縦断評価方法の検討.(会議名:第46回日本創傷治癒学会)(2016/12/09)
  • 頭頸部がんで放射線治療を受ける患者の色調の変化.(会議名:第46回日本創傷治癒学会)(2016/12/09)
  • 超音波診断装置を用いた三角筋部の安全な筋肉内注射部位の検討.(会議名:第122回日本解剖学会総会全国学術集会)(2017/03/28)
  • 超音波診断装置を用いた肘窩の静脈穿刺を安全に実施するための基礎研究—駆血前後の血管径・深さ・神経及び動脈との位置関係の計測—.(会議名:第122回日本解剖学会総会全国学術集会)

芸術・フィールドワーク

特許

○筋注部位の位置決め器具(出願国名:日本)

共同研究希望テーマ

○創傷,褥瘡の治癒過程の基礎研究

科研費

○基盤研究(C)「全胚免疫組織化学染色法等による鶏胚と哺乳類胚の神経・血管・筋の発生の三 次元的研究」(1995-) 分担者
○基盤研究(C)「 全胚免疫組織化学染色法等による心・鰓弓系器官の神経・血管・筋の発生の三 次元的研究」(1998-) 分担者
○基盤研究(C)「全胚免疫・分子組織化学的染色による神経系、血管系と内臓の形態形成の三次 元的解明」(2002-2004) 分担者
○基盤研究(C)「体位返還時に生じる応力が褥瘡治癒糧に及ぼす影響ー組織学的検討ー」(2003-2004) 分担者
○基盤研究(C)「全胚免疫染色と分子生物学的方法による内臓と四肢の神経・血管・筋の形成と 再生の解明」(2004-2005) 分担者
○基盤研究(C)「褥瘡治癒促進に向けた看護技術の開発ー動物モデルを用いたずれ力の実証ー」(2005-) 分担者
○基盤研究(C)「皮膚創傷を美しく治癒させる看護ケアのための動物を用いた基礎的研究」(2007-2009) 代表者
○基盤研究(C)「褥瘡予防の体位変換時間方程式の開発-組織耐久性低下動物モデルを用いた実証」(2008-2010) 分担者
○基盤研究(C)「肥満、閉経、リンパ管、蜂蜜がきれいな皮膚創傷治癒にどのように影響するかの基礎研究」(2010-2012) 代表者
○基盤研究(B)「巻後ケアに繋がるリンパ浮腫と創傷,蜂蜜を熱傷,エストロゲンと創傷の動物での研究」(2013-2015) 代表者

学域・学類担当授業科目

○生体の機能(2017)
○生体の構造(2017)
○ひとのからだⅠ(2017)
○人体機能学(2017)
○生体の構造(2017)
○ひとのからだⅡ(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○地域概論(2017)
○臨床実践看護学入門(2017)
○ひとのからだⅠ(2017)
○解剖学実習(2017)
○情報処理基礎(2017)
○ひとのからだⅡ(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○ひとのからだⅡ(2016)
○ひとのからだⅠ(2016)
○情報処理基礎(2016)
○ひとのからだⅡ(2016)
○ひとのからだⅠ(2016)
○解剖学実習(2016)
○臨床実践看護学入門(2016)
○人体機能学(2016)
○生体の機能(2016)
○生体の構造(2016)
○生体の構造(2016)
○臨床実践看護学入門(2015)
○解剖学実習(2015)
○病理学(2015)
○人体機能学(2015)
○生体の構造(2015)
○生体の機能(2015)
○生体の構造(2015)
○情報処理基礎(2015)
○ひとのからだⅠ(2015)
○ひとのからだⅡ(2015)
○ひとのからだⅠ(2014)
○ひとのからだⅡ(2014)
○情報処理基礎(2014)
○病理学(2014)
○解剖学実習(2014)
○生体の構造(2014)
○生体の機能(2014)
○生体の構造(2014)
○人体機能学(2014)

大学院担当授業科目

○創傷看護技術学特論(2017)
○保健学研究方法論Ⅱ(2017)
○看護学研究方法特論Ⅱ(2017)
○創傷看護技術学演習(2017)
○慢性・創傷看護技術学特講演習(2017)
○慢性・創傷看護技術学特別研究(2017)
○慢性・創傷看護技術学特講(2017)
○研究者として自立するために(2017)
○生体機能学特論(2017)
○慢性・創傷看護技術学課題研究(2017)
○保健学研究方法論(基礎)(2017)
○生体機能学特論(2016)
○慢性・創傷看護技術学特別研究(2016)
○慢性・創傷看護技術学特講演習(2016)
○看護学研究方法特論(2016)
○保健学研究方法論Ⅱ(2016)
○創傷看護技術学演習(2016)
○慢性・創傷看護技術学課題研究(2016)
○創傷看護技術学特論(2016)
○慢性・創傷看護技術学特講(2016)
○生体機能学特論(2015)
○看護学研究方法特論(2015)
○慢性・創傷看護技術学課題研究(2015)
○創傷看護技術学演習(2015)
○創傷看護技術学特論(2015)
○慢性・創傷看護技術学特講演習(2015)
○慢性・創傷看護技術学特講(2015)
○慢性・創傷看護技術学特別研究(2015)
○慢性・創傷看護技術学特別研究(2014)
○慢性・創傷看護技術学特講(2014)
○慢性・創傷看護技術学特講演習(2014)
○看護学研究方法特論(2014)
○生体機能学特論(2014)
○創傷看護技術学特論(2014)
○創傷看護技術学演習(2014)
○慢性・創傷看護技術学課題研究(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○人体の構造(キーワード:人体,肉眼解剖学,顕微解剖学)

その他公的社会活動

このページの先頭へ