本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

國嶋 崇隆 (くにしま むねたか) 教授 KUNISHIMA Munetaka

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 薬学系 生物有機化学
大学院医薬保健学総合研究科副研究科長
大学院医学系研究科副研究科長
医薬保健学域創薬科学類長
医薬保健研究域薬学系長
薬・創薬科学類附属薬用植物園長

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 創薬科学類
医薬保健学域 薬学類
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻
自然科学研究科 生命科学専攻

所属研究室等

生物有機化学研究室 TEL:076-264-6201 FAX:076-264-6201

学歴

【出身大学院】
京都大学 博士課程 薬学研究科 薬学専攻 修了
【取得学位】
薬学博士

職歴

神戸学院大学 薬学部 教授

生年月

1961年01月

所属学会

日本薬学会北陸支部 監事(2016-2017)
日本薬学会 医薬化学部会常任世話人(2015-)
フルオラス科学研究会 評議員(2008-)
日本薬学会北陸支部 監事(2010-2012)
日本薬学会 評議員(2010-2010)
フルオラス研究会 評議員(2005-2008)

学内委員会委員等

○教務学生生活委員会 委員(2008-2011)
○教育問題検討委員会(FD) 委員(2009-2011)
○財務委員会委員 委員長(2014-)
○キャリア形成支援委員会 委員(2012-2013)
○財務委員会委員 委員(2012-2013)
○将来計画策定委員会委員 委員(2012-2013)
○将来計画策定委員会委員 委員長(2014-)
○教務・学生生活委員会 委員長(2012-2013)
○医薬保健系教育研究会議代議員会 委員(2012-)
○共通教育委員会委員 基礎科目企画部会 委員(2012-2012)
○共通教育委員会委員 全学共通科目企画部会 委員(2012-2012)
○教育企画会議部会:学生生活部会 委員(2012-2012)
○共通教育委員会委員 FD委員会 委員(2012-2012)
○共通教育委員会委員 委員(2012-2012)
○教育企画会議 委員(2012-)

受賞学術賞

○日本薬学会学術振興賞(2007/03/28)
○第6回シクロデキストリン奨励賞(2002/10/15)
○アステラス病態代謝研究会最優秀理事長賞(2012/10/20)
○第9回有機合成化学協会関西支部賞受賞(2011/10/28)

専門分野

化学系薬学

専門分野キーワード

研究課題

生体機能を利用した有機触媒並びに有機合成手法の開発

生体分子の機能解明を志向した化学修飾法の開発

著書

  • トリアジン誘導体を用いた脱水縮合反応 化学同人 化学フロンティア19 2007/07 原著書 共著 宍戸宏造 新藤充 監修

論文

  • Mild Amide-Cleavage Reaction Mediated by Electrophilic Benzylation Kohei Yamada, Yukiko Karuo, Yuichi Tsukada, Munetaka Kunishima Chem. Eur. J. 22巻 39号 14042-14047頁 2016/09/19 査読有 原著論文
  • Development of a Triazine-Based tert-Butylating Reagent, TriAT-tBu Kohei Yamada, Naoko Hayakawa, Hikaru Fujita, Masanori Kitamura, Munetaka Kunishima Eur. J. Org. Chem. 2016巻 23号 4093-4098頁 2016/08 査読有 原著論文
  • N,N'-Dimethylated benzyloxytriazinedione: A stable solid reagent for acid-catalyzed O-benzylation  Hikaru Fujita, Satoshi Kakuyama, Munetaka Kunishima Eur. J. Org. Chem. 2017巻 833頁 2017 査読有
  • Study of O-Allylation using Triazine-based Reagents Kohei Yamada, Naoko Hayakawa, Hikaru Fujita, Masanori Kitamura, Munetaka Kunishima Chem. Pharm. Bull. 65巻 1号 112頁 2017 査読有 原著論文
  • Alcohol- and Amine-Tolerant Synthesis of Six-Membered Cyclic Quaternary Ammonium Salts by Using a Triazine-Based Reagent Masanori Kitamura, Seina Yamamura, Kohei Yamada, Munetaka Kunishima Asian J. Org. Chem.  5巻 1508頁 2016 査読有 原著論文

全て表示

  • Development of Acid-Catalyzed Fluorous Benzylating Reagents Based on a Triazinedione Core Munetaka Kunishima, Ryohei Asao, Kohei Yamada, Masanori Kitamura, Hikaru Fujita J. Fluor. Chem. 190巻 68-74頁 2016/10 査読有 原著論文
  • Role of Linkers in Tertiary Amines That Mediate or Catalyze 1,3,5-Triazine-Based Amide-Forming Reactions Masanori Kitamura, Fumitaka Kawasaki, Kouichi Ogawa, Shuichi Nakanishi, Hiroyuki Tanaka, Kohei Yamada, Munetaka Kunishima J. Org. Chem. 79巻 8号 3709-3714頁 2014/04/18 査読有 原著論文
  • Potent triazine-based dehydrocondensing reagents substituted by an amido group Munetaka Kunishima, Daiki Kato, Nobu Kimura, Masanori Kitamura, Kohei Yamada, Kazuhito Hioki Beilstein J. Org. Chem. 12巻 1897–1903頁 2016/08/24 査読有 原著論文
  • Study of 1,3,5-Triazine-Based Catalytic Amide-Forming Reactions: Effect of Solvents and Basicity of Reactants Kunishima, Munetaka;Kitamura, Masanori;Tanaka, Hiroyuki;Nakakura, Ichiro;Moriya, Takahiro;Hioki, Kazuhito CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 61巻 8号 882-886頁 2013/08/01 査読有 原著論文 
  • Development of a New Benzylating Reagent Spontaneously Releasing Benzyl Cation Equivalents at Room Temperature Kohei Yamada, Yuichi Tsukada, Yukiko Karuo, Masanori Kitamura, Munetaka Kunishima Chem. Eur. J. 20巻 38号 12274-12278頁 2014/09/15 査読有 原著論文
  • O-Benzylation of carboxylic acids using 2,4,6-tris(benzyloxy)-1,3,5-triazine (TriBOT) under acidic or thermal conditions. Kohei Yamada, Saki Yoshida, Hikaru Fujita, Masanori Kitamura, Munetaka Kunishima Eur. J. Org. Chem. 36号 7997-8002頁 2015/12 査読有 原著論文
  • Study of the reactivities of acid-catalyzed O-benzylating reagents based on structural isomers of 1,3,5-triazine. Hikaru Fujita, Naoko Hayakawa, and Munetaka Kunishima J. Org. Chem. 80巻 21号 11200-11205頁 2015/10/12 査読有 原著論文
  • 4-(4,6-Dimethoxy-1,3,5-triazin-2-yl)-4-methylmorpholinium Chloride Masanori Kitamura, Munetaka Kunishima e-EROS Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis 2013/04 解説
  • Binding of sulforhodamine B to human serum albumin: A spectroscopic study Masanori Kitamura, Koji Murakami, Kohei Yamada, Keiichi Kawai, Munetaka Kunishima DYES AND PIGMENTS 99巻 3号 588-593頁 2013/12/21 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Practical Method for p-Methoxybenzylation of Hydroxy Groups Using 2,4,6-Tris(p-methoxybenzyloxy)-1,3,5-triazine (TriBOT-PM) Kohei Yamada, Hikaru Fujita, Masanori Kitamura, Munetaka Kunishima Synthesis  45巻 21号 2989-2997頁 2013/11 査読有 原著論文
  • Synthesis of pyrrolidinium salts using a triazine-based reagent under mild conditions Chemistry Letters 43巻 10号 1593-1595頁 2014/10/05 査読有 原著論文 
  • A Novel Acid-Catalyzed O‐Benzylating Reagent with the Smallest Unit of Imidate Structure Kohei Yamada, Hikaru Fujita, Munetaka Kunishima ORGANIC LETTERS 14巻 19号 907頁 2012/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A new method using 2-chloro-4,6-dimethoxy-1,3,5-triazine for facile elimination of dimethylamino group in Eschenmoser’s methylenation for synthesis of a,b-unsaturated esters Kohei Yamada, Kazumasa Masaki, Yuri Hagimoto, Seina Kamiya, Munetaka Kunishima TETRAHEDRON LETTERS 54巻 13号 1758頁 2013/03/27 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Specific labeling of streptavidin for better understanding of ligand modification in modular method for affinity labeling (MoAL) Chemical and Pharmaceutical Bulletin 62巻 11号 1146-1150頁 2014/11/01 査読有 原著論文 
  • Synthesis and evaluation of iodinated cyclopropanecarboxylic acid {3-[6-(phenylamino)-pyrimidin-4-ylamino]-phenyl}-amides as EGFR-TK imaging agents Yoshimoto, Mitsuyoshi;Kimura, Sadaaki;Yamada, Kohei;Hirata, Masahiko;Ohmomo, Yoshiro;Kunishima, Munetaka;Kawai, Keiichi;Fujii, Hirofumi JOURNAL OF LABELLED COMPOUNDS & RADIOPHARMACEUTICALS 56巻 0号 S373-S373頁 2013 
  • One-Pot Preparation of Oxazol-5(4H)-ones from Amino Acids in Aqueous Solvents Fujita, Hikaru;Kunishima, Munetaka CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 60巻 7号 907-912頁 2012
  • 界面集積型脱水縮合剤とその反応 和光純薬時報 81巻 1号 2頁 2013/01 査読無 総説 その他
  • Substrate-Selective Dehydrocondensation at an Interface of Micelles and Emulsions of Common Surfactants Munetaka Kunishima, Kanako Kikuchi, Yukio Kawai, Kazuhito Hioki ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION 51巻 9号 2080頁 2012/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • N-Isopropyl-p-iodoamphetamine Hydrochloride (IMP) is Predominantly Metabolized by CYP2C19 Ken-ichi Fujita, Minako Sugiyama, Yuko Akiyama, Kazuhito Hioki, Munetaka Kunishima, Kodai Nishi, Masato Kobayashi, Keiichi Kawai, Yasutsuna Sasaki 40巻 5号 843頁 2012/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • One-Pot Preparation of Oxazol-5(4H)-ones from Amino Acids in Aqueous Solvents Hikaru Fujita, Munetaka Kunishima CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 60巻 7号 907頁 2012/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Study on 1,3,5-Triazine Chemistry in Dehydrocondensation: Gauche Effect on the Generation of Active Triazinylammonium Species Munetaka Kunishima, Takae Ujigawa, Yoshie Nagaoka, Chiho Kawachi, Kazuhito Hioki, Motoo Shiro CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL 18巻 15856頁 2012/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Labeling study of avidin by modular method for affinity labeling (MoAL). Nakanishi S,Tanaka H,Hioki K,Yamada K,Kunishima M BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS 20巻 23号 7050-3頁 2010/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Convenient modular method for affinity labeling (MoAL method) based on a catalytic amidation. Kunishima M,Nakanishi S,Nishida J,Tanaka H,Morisaki D,Hioki K,Nomoto H CHEMICAL COMMUNICATIONS 37号 5597-9頁 2009/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • New approach to oligotriazoles using a cobalt complex of propargyl azides as a synthetic component Yuichi Tsukada, Kohei Yamada, and Munetaka Kunishima TETRAHEDRON LETTERS 52巻 3358-60頁 2011/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 新しい固定化脱水縮合剤の開発 国嶋崇隆 化学工業 58巻 4号 236-8頁 2007/04 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 反応場の特性を基盤とする反応制御と実用的試薬の開発研究 国嶋崇隆 薬誌 128巻 3号 425-38頁 2008/03 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 機能拡張性を備えた実用的なポリマー型脱水縮合剤の開発 国嶋崇隆 薬学研究の進歩 24巻 29-35頁 2008/04 査読無 総説 その他
  • Unusual Rate Enhancement of Bimolecular Dehydrocondensation Forming Amides at the Interface of Micelles of Fatty Acid Salt M. Kunishima, H. Imada, K. Kikuchi, K. Hioki, J. Nishida, S. Tani Angew. Chem. Int. Ed 44巻 7254-7257頁 2005/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Primary-Amine-Specific Lactamization of -Amino Acids by an Artificial Cyclotransferase Based on [18]Crown-6 M. Kunishima, K. Hioki, T. Moriya, J. Morita, T. Ikuta, S. Tani Angew. Chem. Int. Ed. 45巻 1252-55頁 2006/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Useful Reagents for Introduction of Boc and Fmoc Protective Groups to Amines: Boc-DMT and Fmoc-DMT K. Hioki, M. Kinugasa, M. Kishimoto, M. Fujiwara, S. Tani, M. Kunishima Synthesis 12号 1931-33頁 2006/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spontaneous membrane fusion induced by chemical formation of ceramides in a lipid bilayer. Kunishima M,Tokaji M,Matsuoka K,Nishida J,Kanamori M,Hioki K,Tani S J. Am. Chem. Soc. 128巻 45号 14452-3頁 2006/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Study on Medicinal Plants from Malaysia Focused on Acalypha siamensis OLIV. ex GAGE. Isolation and Structure of a New Tetraterpene, Acalyphaser A. H. Kambara, T. Yamada, M. Tsujioka, S. Matsunaga, R. Tanaka, H. I. Ali, C. Wiart, M. Yusof, H. Hassan, A. Hanifah, Z. M. Fauzi, N. H. Mazlan, M. Jay, M. Kunishima, E. Akaho Chem. Biodiver 3巻 1301-6頁 2006/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of Chlorotriazine Polymer Dehydrocondensing Reagents (Poly-Trzs)  M. Kunishima, K. Yamamoto, K. Hioki, T. Kondo, M. Hasegawa, S. Tani Tetrahedron 63巻 2604-12頁 2007/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Immobilized Triazine-type Dehydrocondensing Reagents for Carboxamide Formation: ROMP-Trz-Cl and ROMP(OH)-Trz-Cl K. Hioki, S. Kameyama, S. Tani, M. Kunishima Chem. Pharm. Bull. 55巻 825-8頁 2007/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Antitumor Studies-Part 2: Structure-Activity Relationship Study for Flavin Analogs Including Investigations on Their in vitro Antitumor Assay and Docking Simulation into Protein Tyrosine Kinase. H. I. Ali, K. Tomita, E. Akaho, M. Kunishima, Y. Kawashima, T. Yamagishi, H. Ikeya, T. Nagamatsu Eur. J. Med. Chem. 43巻 1376-89頁 2008/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Convenient one-pot synthesis of 2-oxazolines from carboxylic acids. Hioki K,Takechi Y,Kimura N,Tanaka H,Kunishima M Chem Pharm Bull (Tokyo) 56巻 12号 1735-7頁 2008/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Direct Preparation of Primary Amides by Reaction of Carboxylic Acids and Ammonia in Alcohols Using DMT-MM T. Mizuhara, K. Hioki, M. Yamada, H. Sasaki, D. Morisaki, M. Kunishima Chem Lett. 37巻 12号 1190-91頁 2008/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Simple Practical Method for Synthesis of 4,6-Dimethoxy-1,3,5-triazin-2(1H)-one Using Dimethylamine-Functionalized Solid-Phase Reagents K. Hioki, K. Ohshima, Y. Sota, M. Tanaka, M. Kunishima Synthesis 4号 542-544頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of Aza-bridged Calix(4-methoxy)triazines toward Flattened -Conjugated Macrocycles H. Tanaka, A. Wada, M. Shiro, K. Hioki, D. Morisaki , M. Kunishima Heterocycles 79巻 1号 609-19頁 2009/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of stereochemistry and β-substituents on the rates of vinylic SN2 reaction of hypervalent vinyl(phenyl)-λ3-iodanes with tetrabutylammonium halides Kazunori Miyamoto, Takuji Okubo, Masaya Hirobe, Munetaka Kunishima, Masahito Ochiai, Tetrahedron 66巻 31号 5819-26頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 国際学会発表 1件 国内学会発表 9件(2016)
  • 国際学会発表 7件 国内学会発表 7件(2015)
  • 国際学会発表 1件 国内学会発表 11件(2014)
  • 国際学会発表 4件 国内学会発表 15件(2013)
  • 国際学会発表 3件 国内学会発表 17件(2011)

全て表示

  • 国際学会発表 1件 国内学会発表 12件(2012)
  • 国際学会発表 2件 国内学会発表 7件(2006)
  • 国際学会発表 2件 国内学会発表 5件(2007)
  • 国際学会発表 1件 国内学会発表 7件(2010)
  • 国内学会発表 10件(2009)
  • 国内学会発表 4件(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

○トリアジン化合物(公開年月:2016/09/05)
○脱水縮合剤(公開年月:2016/08/08)
○脱水縮合剤(公開年月:2015/01/29)
○新規アフィニティーラベル化方法及びラベル化方法を用いたスクリーニング方法(特許番号:5219144)

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「脱水縮合反応を基盤とした薬物標的タンパク質の効率的探索法の開発」(2011-2013) 代表者
○基盤研究(B)(一般)「脱水縮合反応を志向した新規骨格を有する電子欠乏性含窒素芳香環の開発」(2014-2016) 代表者
○挑戦的萌芽研究「カルボカチオンを活性種とする不斉誘起反応の開発」(2014-2015) 代表者
○基盤研究(B)「トリアジンを基盤とする脱水縮合反応場の開拓と新技術の創成」(2008-2010) 代表者
○挑戦的萌芽研究「胆管側膜輸送体の定量的可視化法の樹立と薬物間相互作用評価系への展開」(2011-2012) 分担者
○萌芽研究(2002-2008)「二本鎖脂質分子の膜内での化学合成によって誘起される膜の形態変化に関する研究 」(2006-2007) 代表者
○基盤研究(C)「ホスト化合物を利用した人工アシル基転移酵素モデルの開発とその応用 」(2002-2004) 代表者

学域・学類担当授業科目

○有機化合物の扱い方を学ぶ(2017)
○大学・社会生活論(2017)
○生物有機化学(2017)
○有機化学Ⅰ(2017)
○大学・社会生活論(2016)
○生物有機化学(2016)
○ラボローテーションⅠ(2016)
○有機化合物の扱い方を学ぶ(2016)
○有機化学Ⅰ(2016)
○創薬科学演習(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○有機化学Ⅰ(2015)
○化学エクササイズⅡ(2015)
○化学エクササイズⅠ(2015)
○有機化合物の扱い方を学ぶ(2015)
○大学・社会生活論(2015)
○ラボローテーションⅢ(2015)
○ラボローテーションⅠ(2015)
○創薬科学研究Ⅰ(2015)
○創薬科学研究Ⅱ(2015)
○生物有機化学(2015)
○ラボローテーションⅡ(2015)
○ラボローテーションⅢ(2014)
○化学エクササイズⅡ(2014)
○化学エクササイズⅠ(2014)
○初学者ゼミ(2014)
○大学・社会生活論(2014)
○有機化合物の扱い方を学ぶ(2014)
○生物有機化学(2014)
○ラボローテーションⅠ(2014)
○有機化学Ⅰ(2014)
○ラボローテーションⅢ(2013)

大学院担当授業科目

○ファーマケミストリー先端セミナー(2017)
○ファーマケミストリー特論(2017)
○大学院有機化学IV(2017)
○生物有機化学特論(2017)
○天然薬物応用学(2017)
○大学院有機化学III(2017)
○アドバンスト有機化学特論(2017)
○生体機能を志向した有機化学(2017)
○生物有機化学特論(2016)
○生物有機化学特論(2015)
○創薬科学基礎(2015)
○生体機能を志向した有機化学(2015)
○薬科学特別研究(2015)
○薬科学特別演習(2015)
○薬科学特別研究(2014)
○薬科学特別演習(2014)
○薬科学特別研究(2014)
○薬科学特別演習(2014)
○生体機能解明を志向した有機反応(2014)
○水中有機合成(2014)
○生体機能解明を志向した有機反応(2014)
○生物有機化学特論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ