本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

吉田 国光 (よしだ くにみつ) 准教授 YOSHIDA Kunimitsu

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

人間社会研究域 学校教育系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 学校教育学類 教科教育学コース 社会科専修 
人間社会学域 地域創造学類 地域プランニングコース
【大学院前期課程】
教育実践高度化専攻 カリキュラム研究コース 社会分野
人間社会環境研究科 人文学専攻 地理学

所属研究室等

地理学教官室 FAX:no

学歴

【出身大学院】
筑波大学 博士課程 地球環境科学専攻 2011/07 修了
【出身大学】
関西学院大学 文学部 史学科 地理学専修 2006/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)
修士(地球環境科学)
学士(文学)

職歴

日本学術振興会特別研究員(2008/04/01-2010/09/30)
熊本大学 政策創造研究教育センター 特任助教(2010/10/01-2011/12/31)

生年月

1982年07月

所属学会

日本地理学会 代議員(2016-)
人文地理学会 代議員(2016-2018)
人文地理学会 広報委員(2013-2014)
日本村落研究学会
経済地理学会
地理科学学会
東北地理学会
地理空間学会
石川地理学会

学内委員会委員等

○地域政策研究センター 委員(2014-2016)
○金沢大学附属図書館 ECO学習コンクール 委員(2012-2013)
○教育実習運営委員会 委員(2012-2013)
○学校教育学類教務・学生生活委員会 委員(2013-2013)
○地域連携推進センター 委員(2012-)

受賞学術賞

○地理空間学会学会賞(2016/06/18)
○地理空間学会学会賞(2012/06/30)
○日本地理学会学会賞(若手奨励部門)(2011/03/28)

専門分野

人文地理学、地理学

専門分野キーワード

地理学,人文地理学(とくに生業活動,資源利用,村落社会,人間関係)

研究課題

社会関係と農地利用・管理に関する地理学的研究

著書

  • 農地管理と村落社会ー社会ネットワーク分析からのアプローチー 世界思想社 2015/03 原著書 単著 吉田国光
  • 年報村落社会研究第51集 災害と村落 農山漁村文化協会 2015/10 原著書 分担執筆 日本村落研究学会, 植田今日子企画編 978-4540151408
  • 農林水産の経済学 中央経済社 2015/06 原著書 分担執筆 馬奈木俊介編 978-4502145919
  • 人文地理学事典 丸善出版 2013 原著書 分担執筆 人文地理学会編 978-4621086872
  • 地域振興としての農村空間の商品化 農林統計出版 2015/02 原著書 分担執筆 田林 明 978-4897323138

全て表示

  • 茨城県筑西市協和地域における小玉スイカ産地の維持要因.山本 正三・田林 明・菊地 俊夫 編 『小農複合経営の地域的展開』  二宮書店 2012/04 原著書 共著 淡野寧彦・大石貴之・永井伸昌・飯島 崇・田林 明・トム=ワルデチュック

論文

  • 生産・流通の動向からみた「加賀野菜」をめぐるブランド化の諸相 形田夏実, 吉田国光 地理空間 9巻 2号 189-204頁 2016/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 重要伝統的建造物群保存地区における景観保全活動の展開−富山県高岡市金屋町の事例− 鎧塚典子・吉田国光 日本海域研究 47号 35-47頁 2016/03 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 地方都市中心部における買物環境をめぐる課題−石川県金沢市長土塀地区の事例− 島 英浩・吉田国光 日本海域研究 47号 71-84頁 2016/03 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 長野県木島平村糠千地区における地域づくりの現状と課題−行政・住民・大学の取り組みに注目して− 馬場千遥, 吉田国光 地理空間 8巻 1号 1-18頁 2015/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ベトナム・ハノイにおける教育実践研究の成果と課題 吉田国光・Nguyen QuocVuong・中川知成・中村淳志・山本祐喜子・吉岡由哲 教育実践研究 41号 2015/10 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)

全て表示

  • 学界展望 村落 人文地理 67巻 3号 228-230頁 2015/06 査読無 展望 研究論文(学術雑誌)
  • 熊本県天草市崎津における漁村景観維持の背景−保全活動と生業変化に着目して−  鎧塚典子, 山本祐大, 島 英浩, 形田夏実, 𠮷田国光 地理科学 70巻 1号 1-21頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 淡路島三原平野における農業生産をめぐるネットワーク 村落社会研究ジャーナル 20巻 1号 35-46頁 2013/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 十勝平野における農家間ネットワークからみた大規模畑作の動態 経済地理学年報 59巻 2号 1-19頁 2013/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  •  2013.黒部市生地地区における漁業の変遷と地域資源を活用した漁村地域活性化の取り組み. 横山貴史・橋爪孝介・村上翔太・藤永豪・吉田国光・田林明 人文地理学研究 33号 145-173頁 2013/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 集約的農業地域における社会関係からみた農地移動の展開−兵庫県南あわじ市上幡多集落の事例− 人文地理 64巻 2号 103-122頁 2012/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 近現代における小規模経営による味噌・醤油醸造業の地域的展開 : 長野県須坂市を事例として 吉田 国光,杉野 弘明 地理科学 66巻 2号 61-79頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 天王山における「里山の荒廃」と「竹林拡大」の関係性 吉田 国光 熊本大学政策研究 2巻 0号 67-82頁 2011/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 山村における棚田維持の背景--長野県中条村大西地区を事例として 吉田 国光 人文地理 63巻 2号 149-164頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 大都市近郊における社会関係からみた稲作農家の農地集積形態 吉田 国光,市川 康夫,花木 宏直,栗林 賢,武田 周一郎,田林 明 地学雑誌 119巻 5号 810-825頁 2010/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 印旛沼湖畔集落における複合的生業形態の変容--千葉県成田市北須賀地区を事例として 吉田 国光,市川 康夫,武田 周一郎ほか3名 地域研究年報 0巻 32号 71-101,地図別1枚頁 2010/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 近代三浦半島における生業形態からみた地曳網漁の様相--下浦地域を事例として 田村 真実,吉田 国光,市川 康夫 歴史地理学野外研究 0巻 14号 145-162頁 2010/03 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 北海道大規模畑作地帯における社会関係からみた農地移動プロセス 吉田 国光 地理学評論 = Geographical review of Japan 82巻 5号 402-421頁 2009/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 茨城県筑西市協和地域における小玉スイカ産地の維持要因 淡野 寧彦,吉田 国光,大石 貴之ほか4名 地域研究年報 0巻 30号 1-31,地図別1枚頁 2008/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 甲府市における学校林活動の展開 吉田 国光,高橋 良輔 地域研究年報 0巻 29号 29-40頁 2007/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)

講演・口頭発表等

  • 都市近郊中山間地域における就業動向からみた農地利用の維持基盤―石川県能美市舘集落を事例に(会議名:日本地理学会2017年春季学術大会)(2017/03/28)
  • Analysis of Changing Livelihoods for Some Aspects of the Japan’s Cultural Landscapes in the Sakitsu District, Amakusa City, Kumamoto Prefecture(会議名:The 9th Korea-China-Japan Joint Conference on Geography)(2014/07/08)
  • 熊本県天草市崎津地区における生業変化からみた重要文化的景観の諸相(会議名:日本地理学会2014年春季学術大会)(2014/03/28)
  • 農をめぐる“お付き合い”−農村研究の一視点−(会議名:経済地理学会2013年中部支部10月例会)(2013/10/12)
  • 農業生産とネットワークと空間−機械共有と堆肥調達,出荷を取り上げて−(会議名:日本地理学会2013年春季学術大会)(2014/03/29)

全て表示

  • Analysis of Farmers’ Networks for the Dynamism of Large-scale Upland Farming in Tokachi Plain. (会議名:The 8th Korea-China-Japan Joint Conference on Geography)(2013/08/01)
  • The Local Context of Acquiring Farmland Rights in Upland Farming Area, Japan.(会議名: 32nd International Geographical Congress Cologne 2012)(2012/08/29)
  • Aspects of Maintaining Farmland in Terms of Social Relationships in Intensive agricultural area: A Case Study of Mihara Plain, Awaji Island. (会議名:The 6th Korea-China-Japan Joint Conference on Geography)(2011/11/07)
  • Regional development of a large-scale upland farming in Tokachi plain, Hokkaido. (会議名:The 5th China-Japan-Korea Joint Conference on Geography)(2010/11/08)
  • 農業生産とネットワークと空間−機械共有と堆肥調達,出荷を取り上げて−.日本地理学会2013年春季学術大会(立正大学)(2013)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(A)「集落再編の国際比較と生活空間論による再考」(2016-2020) 分担者
○基盤研究(B)「沿岸漁場における順応的環境ガバナンスの地理学的研究」(2016-2019) 分担者
○基盤研究(B)「地域統合下におけるアジア農民の生計戦略と持続可能性に関する研究」(2016-2019) 分担者
○若手研究(B)「条件不利地域における社会関係からみた農地利用の維持システムに関する研究」(2013-2016)
○特別研究員奨励費「土地利用型農業における農地利用をめぐる農家間ネットワークに関する地理学的研究」(2008-2010) 代表者

学域・学類担当授業科目

○地域創造体験実習B(2017)
○地域プランニング論Ⅱ(2017)
○地域プランニング論(2017)
○社会科基礎(2017)
○地域創造体験実習C(2017)
○地理学(2017)
○地理学演習B(2017)
○地域プランニング論Ⅰ(2017)
○卒業演習(2017)
○地域プランニング演習(2017)
○卒業研究(2017)
○地理学演習A(2017)
○農村地理学演習(2017)
○社会科カリキュラム研究Ⅰ(2016)
○農村地理学(2016)
○社会科基礎(2016)
○地理学演習B(2016)
○地理学演習A(2016)
○地理学(2016)
○地域プランニング演習(2016)
○農村地理学演習(2016)
○地域創造体験実習C(2016)
○農村地理学(2016)
○卒業演習(2016)
○地域プランニング論(2016)
○卒業研究(2016)
○地域創造体験実習A(2016)
○地域創造体験実習B(2016)
○地域プランニング論Ⅱ(2016)
○地域プランニング論Ⅰ(2016)
○地域概論(2016)
○卒業演習(2015)
○地域地理学(2015)
○農村地理学演習(2015)
○農村地理学(2015)
○歴史地理学(2015)
○卒業研究(2015)
○身近な環境の地理学(2015)
○社会科カリキュラム研究Ⅰ(2015)
○社会科基礎(2015)
○社会科カリキュラム研究Ⅱ(2015)
○地理学演習B(2015)
○地理学演習A(2015)
○地理学(2015)
○地誌学(2015)
○農村地理学(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○地域プランニング演習(2015)
○地域プランニング論(2015)
○地域創造体験実習C(2015)
○地域創造体験実習B(2015)
○地域創造体験実習A(2015)
○初学者ゼミ(2014)
○地域創造体験実習B(2014)
○地域創造体験実習C(2014)
○地域創造体験実習A(2014)
○地域プランニング論(2014)
○卒業研究(2014)
○地域プランニング演習(2014)
○歴史地理学(2014)
○農村地理学(2014)
○農村地理学演習(2014)
○地域地理学(2014)
○卒業演習(2014)
○農村地理学(2014)
○地誌学(2014)
○社会科カリキュラム研究Ⅱ(2014)
○社会科基礎(2014)
○社会科カリキュラム研究Ⅰ(2014)
○地理学演習A(2014)
○地理学演習B(2014)
○地理学(2014)

大学院担当授業科目

○地理学特論Ⅷ2(2017)
○地理学特論Ⅷ1(2017)
○地域調査実習1(2017)
○地域調査演習1(2017)
○地域調査実習2(2017)
○地域調査演習2(2017)
○教育実践高度化プロジェクト研究(ハノイ)(2016)
○社会科教科内容研究演習C(2016)
○社会科教科内容研究特論C(2016)
○社会科教科内容研究特論C(2015)
○社会科教科内容研究演習C(2015)
○教育実践高度化プロジェクト研究(ハノイ師範大学)(2015)
○社会科教科内容研究演習B(2014)
○社会科教科内容研究特論C(2014)
○社会科教科内容研究特論B(2014)
○教育実践高度化プロジェクト研究(ハノイ師範大学)(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

○Asian SmallholdersNational university of Singaporeシンガポール(20160101-20181231)シンガポールおよび日本Research Coordinators

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○農林水産省北陸農政局むらづくり審査会委員審査委員(2013/04/01-2018/03/31)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ