本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年09月20日

羽賀 由利子 (はが ゆりこ) 准教授 HAGA Yuriko

所属組織・役職等

人間社会研究域 法学系 人間社会研究域 法学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 法学類 企業関係法コース
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 法学・政治学専攻

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
九州大学 博士課程 大学院法学府 国際関係法学専攻 修了
【取得学位】
博士(法学)

職歴

生年月

所属学会

国際私法学会
著作権法学会
国際著作権法学会
EU学会
国際法学会

学内委員会委員等

○法学・政治学専攻国際交流委員(2014-)
○法学・政治学専攻運営委員会(2014-)
○人間社会系教育研究会議国際委員会(2014-)
○広報委員会(2015-2015)
○国際交流委員会(2014-)

受賞学術賞

○著作権情報センター(CRIC)第8回著作権・著作隣接権論文第1位
○北海道大学知的財産法若手研究者論文懸賞入賞

専門分野

国際法学

専門分野キーワード

国際私法、国際取引法、情報法

研究課題

人格権・プライバシーの準拠法

忘れられる権利

著作者人格権の準拠法

著書

論文

  • Right to be Forgotten: A New Privacy Right in the Era of Internet Corrales, Fenwick and Forgó (eds.), New Technology, Big Data and the Law 97-126頁 2017/09
  • 著作者人格権の処分可能性の準拠法について 金沢法学 60巻 1号 147-182頁 2017/07
  • 人格権の準拠法に関する若干の思案 金沢法学 59巻 2号 157-193頁 2017/03
  • 著作者人格権の処分についての序論的検討 羽賀由利子, 橋本阿友子 金沢法学 59巻 1号 95-145頁 2016/07
  • アレクサンドラ・メンドーザ=カミナード「伝統的ノウハウの活用と保護:文化遺産に迫りつつある脅威」 金沢法学 58巻 2号 123-136頁 2016/03

全て表示

  • 「忘れられる権利」:忘れることを忘れた世界の新たな権利 羽賀由利子 コピライト 655号 44-52頁 2015/11
  • 国際私法から見る「忘れられる権利」 羽賀由利子 金沢法学 58巻 1号 61-82頁 2015
  • 著作者人格権侵害の準拠法に関する考察 羽賀由利子 国際私法年報 16号 2015/03 査読有
  • Conflicts on the Rights of Personality and Its New Aspects: A Study from the Perspective of Japanese Private International Law Yuriko HAGA Kyushu University University Legal Research Bulletin 4号 2014/09 査読有 論説 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「フランスにおける著作者人格権の準拠法:Asphalt Jungle事件の検討を通して」 羽賀由利子 第8回著作権・著作隣接権論文集 1-23頁 2012/02 査読有
  • Applicable Law to Moral Right: A Possibility of “Right of Personality” Approach? (La Ley Aplicable a Los Derechos Morales: ¿Es Posible un Enfoque como “Derechos de la Personalidad”?) Anuario Espanol de Derecho Internacional Privado XI巻 309-333頁 2012/09 査読有
  • Law Applicable to Infringement of Moral Rights in Japan – “Chinese poem” case [Tokyo District Court decision of 31 May 2004, Case No. 26832 (wa) of 2002] Kyushu University Legal Research Bulletin 2巻 40-47頁 2012/03 査読有

講演・口頭発表等

  • プライバシーの現代化:法学分野における概念の変化と発展/現代の情報社会における「インターネットとプライバシー」の検討:法学、政治コミュニケーション論からのアプローチをベースに(会議名:2017年社会情報学会(SSI) 学会大会)(2017/09/17)
  • プライバシー侵害と国際私法(会議名:国際法学会2017年度(第120年次)研究大会)(2017/09/05)
  • International Issues on Contract on Authors’ Rights: Focusing on Moral Interests(会議名:5th Asia Pacific IP Forum: Challenges and Opportunities for IP Protection)(2017/03/19)
  • Right to be forgotten: Japanese reaction to waves from EU(会議名:The 2016 EUSA AP Annual Conference: 30 Years after the Single European Act)(2016/06/29)
  • Reconsideration of the lex personalis toward new phenomena on personality rights(会議名:Journal of Private International Law 10th anniversary conference)(2015/09/03)

全て表示

  • 国際私法における人格権をめぐる法性決定(会議名:香川大学法学部講演会「性質決定研究の現在」)(2015/08/27)
  • Is Privacy Mandatory?: Reactions of Private International Law to New Phenomena(会議名:12th ASLI annual conference "Law 2.0")(2015/05/22)
  • Arbitration and Moral Rights(会議名:全球治理與民主發展:台灣與日本的經驗比較)(2015/03/06)
  • What and against whom do/can we claim? – Expansion of the right of personality(会議名:EUSA-AP Conference: Reassessing the EU-Asia Pacific)(2013/05/17)
  • Personality in timeline: Traditional and “modern” rights of personality(会議名:11th ASLI Conference "Law in Asia: Balancing Tradition & Modernization")(2014/05/29)
  • Right of Personality as “Sword” - New Aspects of Rights Concerning Personality(会議名:Munich University –Kyushu University “Law & Behavior” symposium)(2013/02/13)
  • Protection of Cultural Heritage under Intellectual Property Law System -- Through the question of folklore(会議名:Catholic University of Leuven - Kyushu University joint Symposium “Heritage and Law : Dialogue between cultural and legal studies”)(2012/09/10)
  • Legal Questions on Illicit Traffic of Cultural Properties(会議名:Kyushu University - Leuven Catholic University Joint Symposium “Heritage and Law : Dialogue between cultural and legal studies”)
  • Trade, Transfer and Theft – Theories and Practice on Traffic of Cultural Heritage(会議名:Kyushu University - Leuven Catholic University Joint Symposium “Heritage and Law : Dialogue between cultural and legal studies”)(2012/09/10)
  • Hybrid impact of laws in/of EU onto Asia – Through the example of EU law study in Japan(会議名:European Union Studies Association – Asia Pacific Conference: EU’s Unknown Asia: New Horizon)(2012/06/04)
  • Applicable Law to Moral Right: A Possibility of “Right of Personality” Approach?(会議名:VI Seminario de Derecho internacional privado)(2012/03/22)
  • Actors and Interests in Parody – Some Inspirations from France(会議名:Hokkaido University GCOE Conference “Law and Multi-agential Governance: An Impact of Law on Market, Competition and/or Innovation”)(2011/08/18)
  • Author’s rights in Today’s Japan(会議名:Training Course for Judicial Officers of the Thai Office of the Judiciary)(2011/06/06)
  • Parody in Choice-of-Law Question on Author's Moral Rights(会議名:8th Asian Law Institute Conference “Law in a Sustainable Asia”)(2011/05/11)
  • Reconsidering the Moral Rights(会議名:Joint Munich-Kyushu Universities Symposium)(2011/02/14)
  • Original and Parody: Balancing the Interests(会議名:German-Japanese Symposium “Law and Behaviour”)(2010/03/16)
  • Parody and the Right of Integrity(会議名:Joint Hokkaido-Kyushu Universities Seminar “Contemporary Issues in International Economic and Business Law”)(2010/02/15)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○国際法務特講(国際ビジネス法務)(2017)
○国際私法(2017)
○国際取引法(2017)
○国際私法・国際取引法演習(2017)
○外国書講読(フランス語)(2017)
○国際取引法(2017)
○国際法務特講(国際ビジネス法務)(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○国際取引法(2016)
○国際私法・国際取引法演習(2016)
○国際取引法(2016)
○外国書講読(フランス語)(2016)
○国際私法(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○外国書講読(フランス語)(2015)
○国際取引法(2015)
○国際私法・国際取引法演習(2015)
○国際私法(2015)
○国際取引法(2015)
○国際取引法(2015)
○国際私法・国際取引法演習(2015)
○外国書講読(フランス語)(2015)
○国際私法(2015)
○国際私法・国際取引法演習(2014)
○外国書講読(フランス語)(2014)
○国際取引法(2014)
○国際私法(2014)
○大学・社会生活論(2014)
○国際私法・国際取引法演習(2014)
○国際私法(2014)
○国際取引法(2014)
○外国書講読(フランス語)(2014)
○国際取引法(2014)
○国際私法(2013)
○国際取引法(2013)

大学院担当授業科目

○国際私法・国際取引法演習Ⅱ(2017)
○国際企業法務管理論(2017)
○国際私法演習Ⅱ(2017)
○国際私法・国際取引法演習(2017)
○国際取引法特論Ⅰ(2017)
○国際取引法演習(2017)
○国際企業法務管理論演習(2017)
○国際私法・国際取引法研究Ⅰ(2017)
○国際取引法特論Ⅱ(2017)
○国際取引法特論(2017)
○国際私法・国際取引法演習Ⅰ(2017)
○国際取引法演習Ⅰ(2017)
○国際私法・国際取引法研究(2017)
○国際私法演習(2017)
○国際私法特論Ⅰ(2017)
○国際私法・国際取引法研究Ⅱ(2017)
○国際私法特論(2017)
○国際私法特論Ⅱ(2017)
○国際取引法演習Ⅱ(2017)
○国際私法演習Ⅰ(2017)
○国際私法・国際取引法研究Ⅱ(2016)
○国際私法・国際取引法演習Ⅰ(2016)
○国際私法・国際取引法演習Ⅱ(2016)
○国際私法・国際取引法研究Ⅰ(2016)
○国際取引法演習(2016)
○国際私法特論(2016)
○国際取引法演習Ⅰ(2016)
○国際取引法特論Ⅰ(2016)
○国際私法演習(2016)
○国際取引法特論Ⅱ(2016)
○国際私法演習Ⅱ(2016)
○国際取引法特論(2016)
○国際取引法演習Ⅱ(2016)
○国際私法演習Ⅰ(2016)
○国際私法特論Ⅰ(2016)
○国際私法特論Ⅱ(2016)
○国際企業法務管理論(2016)
○国際私法・国際取引法演習(2016)
○国際私法・国際取引法研究(2016)
○国際企業法務管理論演習(2016)
○国際企業法務管理論(2015)
○国際私法・国際取引法演習(2015)
○国際私法・国際取引法研究(2015)
○国際企業法務管理論演習(2015)
○国際取引法特論(2015)
○国際取引法演習(2015)
○国際私法特論(2015)
○国際私法演習(2015)
○国際企業法務管理論(2014)
○国際私法・国際取引法演習(2014)
○国際私法・国際取引法研究(2014)
○国際取引法理論研究(2014)
○国際私法理論研究(2014)
○国際取引法特論(2014)
○国際取引法演習(2014)
○国際私法演習(2014)
○国際私法特論(2014)
○国際取引法理論研究(2013)
○国際私法理論研究(2013)
○国際取引法演習(2013)
○国際私法演習(2013)
○国際取引法特論(2013)
○国際私法特論(2013)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

○大メコン地域における無形文化遺産に関する法制度研究(国立文化財機構アジア太平洋無形文化遺産研究センター)(2013-)

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ