本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

浅川 淳司 (あさかわ あつし) 准教授 ASAKAWA, Atsushi

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 学校教育系
准教授

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 学校教育学類

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
広島大学大学院教育学研究科 博士課程 教育人間科学専攻 2012 修了
【取得学位】
博士(心理学)

職歴

生年月

所属学会

日本発達心理学会 インターネットニューズレター委員(2015-2017)
日本心理学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○2012年度小貫英教育賞
○2011年度日本赤ちゃん学会第11回学術集会優秀発表賞
○2010年度日本発達心理学会学会賞

専門分野

発達心理学、子ども学(子ども環境学)

専門分野キーワード

数と指、幼児期、表象発達、身体性

研究課題

乳幼児期における手指と数の関係

著書

  • 発達心理学・再入門――ブレークスルーを生んだ14の研究 新曜社 2017/03 ②翻訳書 ④共訳 アラン・M・スレーター,ポール・C・クイン 編,加藤弘通・川田学・伊藤崇 監訳 浅川他13名
  • ワーキングメモリと日常ー人生を切り拓く新しい知性ー 北大路書房 2015/10 ②翻訳書 ⑧分担執筆 湯澤正通, 湯澤美紀(監訳), 浅川他12名
  • 保育の心理学Ⅰ 中央法規出版 2015/11 ①原著書 ⑧分担執筆 杉村, 白川, 清水(編), 浅川他11名
  • エピソードで学ぶ生涯発達心理学 ミネルヴァ書房 2013/04 ②共著 編者:岡本祐子,深瀬裕子,分担執筆:浅川淳司,宇都宮博,岡崎義弘他10名

論文

  • The stuffed animal sleepover: enhancement of reading and the duration of the effect Heliyon 3巻  e00252頁 2017/02/28 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ぬいぐるみお泊まり会の効果と子どもの読書活動傾向 岡崎善弘, 浅川淳司, 大田紀子 岡山大学大学院教育学研究科研究集録 162巻 41-46頁 2016 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 教員を目指す大学生と看護学生が持つ発達イメージの比較 浅川淳司, 山田真世 金沢大学人間社会学域学校教育学類紀要 7巻 83-89頁 2015 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Developmental trajectory in the relationship between calculation skill and finger dexterity: A longitudinal study Japanese Psychological Research 56巻 189-200頁 2014/04 査読有 ①原著論文
  • 児童を中心とした話し合い型算数授業におけるワーキングメモリの小さい児童の授業態度と教師のリヴォイシング 水口啓吾, 湯澤正通, 浅川淳司, 蔵永瞳, 渡辺大介 科学教育研究 39巻 97-106頁 2014/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • ワーキングメモリの小さい子どもに対する学習支援―小学校5年による授業の困難場面の話し合いと共有― 宮崎理恵, 湯澤正通, 蔵永瞳, 前田一誠, 坂田行平, 宮谷真人, 中條和光, 森田愛子, 水口啓吾, 浅川淳司 広島大学学部・附属学校共同研究機構研究紀要 42巻 237-242頁 2014 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 5歳児の遊びにおける模倣の役割 岡花祈一郎, 牧亮太, 佐藤裕樹, 浅川淳司, 杉村伸一郎 幼年教育研究年報 33巻 73-78頁 2011/12 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 幼児期の模倣における創造の萌芽 浅川淳司, 杉村伸一郎, 岡花祈一郎, 牧亮太, 鄭暁琳 幼年教育研究年報 33巻 105-113頁 2011/12 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 幼児期における計算能力と手指の巧緻性の特異的関係 浅川淳司, 杉村伸一郎 発達心理学研究 22巻 130-139頁 2011/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 保育場面における幼児の模倣-感覚・感情的側面からの検討- 杉村伸一郎, 浅川淳司, 岡花祈一郎, 牧亮太, 松本信吾, 日切慶子, 菅田直江, 林よし恵, 落合さゆり, 久原有貴, 佐藤裕樹, 鄭暁琳 学部・附属学校共同研究紀要 39巻 303-308頁 2011/03 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 幼児期の発達における運動の役割 杉村伸一郎, 岡花祈一郎, 浅川淳司, 財満由美子, 松本信吾, 林よし恵, 上松由美子, 落合さゆり 学部・附属学校共同研究紀要 38巻 295-300頁 2010/03 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 幼児における手指の巧緻性と計算能力の関係 浅川淳司, 杉村伸一郎 発達心理学研究 20巻 243-250頁 2009/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 保育における最近接発達領域に関する検討 岡花祈一郎, 多田幸子, 浅川淳司, 杉村伸一郎 幼年教育研究年報 31巻 131-137頁 2009/07 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 幼児における足し算時の指の利用方略-短期記憶,手指の巧緻性,たし算成績との関係- 浅川淳司, 杉村伸一郎 幼年教育研究年報 31巻 103-111頁 2009/07 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 自然体験を通した幼児の「育ち」と「学び」に関する検討 杉村伸一郎, 岡花祈一郎, 浅川淳司, 財満由美子, 松本信吾, 林よし恵, 上松由美子, 落合さゆり 学部・附属学校共同研究紀要 31巻 239-246頁 2009/03 査読無 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 児童期の愛他行動と共感性に関する発達的研究 浅川潔司, 八尋義晴, 浅川淳司 兵庫教育大学研究紀要 33巻 31-38頁 2008/09 ①原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)

講演・口頭発表等

  • The effect of imitation on drawing in young children(会議名:The 26th European Early Childhood Education Research Association)(2016/09)
  • The image of Development in university student and nursing student(会議名:The 13th Annual Hawaii International Conference on Education)(2015/01/06)
  • Finger counting habit in the Japanese(会議名:The 14th European Congress of Psychology)(2015/07)
  • 算数成績及ぼす手指の巧緻性の訓練の効果(会議名:第25回日本発達心理学会)(2014/03/22)
  • ワーキングメモリと生徒の授業態度との関連:教師における生徒の行動評定と授業スタイルを踏まえての検討(会議名:第11回日本ワーキングメモリ学会大会)(2013/11/29)

全て表示

  • ワーキングメモリの小さい児童の授業態度に関する縦断的検討:授業場面別の授業参加率に着目して(会議名:第11回日本ワーキングメモリ学会大会)(2013/11/29)
  • 小学校低学年における指示対象付与とワーキングメモリとの発達的関連(会議名:日本心理学会第77回大会)(2013/09/19)
  • 幼児における計算能力と手指の巧緻性の関係(会議名:日本心理学会第77回大会)(2013/09/19)
  • Mediation process between their numerical abilities and finger dexterity of young children(会議名:The 16th European Conference on Developmental Psychology)(2013/09/06)
  • 児童における手指の巧緻性と計算能力の関係(会議名:日本教育心理学会第55回総会)(2013/08/17)
  • 幼児における手指の巧緻性と計算能力の媒介過程(会議名:第24回日本発達心理学会)(2013/03/15)
  • 手指の器用さの訓練は算数成績を向上させるのか?(会議名:第24回日本発達心理学会)(2013/03/15)
  • Relation between the empathy and the radiation anxiety in Japanese school teachers(会議名:The 11th Annual Hawaii International Conference on Education)(2013/01/06)
  • 幼児における計算能力と手指の巧緻性の関係-手指の巧緻性の構成要素と足し算課題の提示方法の検討-(会議名:第23回日本発達心理学会)(2012/03/10)
  • 幼児期の計算能力と手指の巧緻性の関係の発達的変化(会議名:第 23 回日本発達心理学会)(2012/03/10)
  • 幼児期における足し算時の指の利用-二年間の縦断研究-(会議名:日本心理学会第75回大会)(2011/09/12)
  • 幼児の模倣における創造の萌芽(会議名:日本教育心理学会第53回総会)(2011/07/25)
  • 幼児における模倣の可能性を問い直す(会議名:日本教育心理学会第53回総会)(2011/07/25)
  • Predicting Arithmetical Achievement from Finger Dexterity of Young Children.(会議名:The 12th European Congress of Psychology)(2011/07/05)
  • Effects of Perception and Action on Children's Mental Imagery(会議名:The 12th European Congress of Psychology)(2011/07/07)
  • 幼児期の計算能力に対する手指の巧緻性の予測力に関する縦断研究(会議名:日本赤ちゃん学会第11回学術集会)(2011/05/11)
  • 幼児期の計算能力と手指の巧緻性の関係に関する縦断的研究(会議名:第22回日本発達心理学会)(2011/03/25)
  • 幼児期における計算時の指の利用に関する縦断的研究(会議名:第22回日本発達心理学会)(2011/03/25)
  • 5歳児における遊びの展開プロセス-模倣による縦と横の広がり-(会議名:第22回日本発達心理学会)(2011/03/26)
  • 保育場面における幼児の模倣-感覚・感情的側面からの検討-(会議名:第22回日本発達心理学会)(2011/03/26)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「手指からみる幼児期の計算能力の発達に関する基礎的研究」(2014-2016)

学域・学類担当授業科目

○発達心理学演習Ⅱ(2017)
○幼児の人間関係指導法(2017)
○発達心理学(2017)
○発達と学習の心理(障害児の発達と学習を含む)(a)(2017)
○発達と学習の心理(2017)
○発達と学習の心理(障害児の発達と学習を含む)(2017)
○発達と学習の心理(障害児の発達と学習を含む)(b)(2017)
○教職実践演習A(教諭)(教育基礎専修)(2017)
○現代子ども学(2017)
○発達心理学特殊講義(2017)
○発達心理学演習Ⅰ(2017)
○発達と学習の心理(障害児の発達と学習を含む)(a)(2016)
○発達と学習の心理(障害児の発達と学習を含む)(2016)
○発達心理学演習Ⅱ(2016)
○現代子ども学(2016)
○発達心理学演習Ⅰ(2016)
○幼児の人間関係指導法(2016)
○発達心理学(2016)
○発達と学習の心理(2016)
○発達と学習の心理(障害児の発達と学習を含む)(b)(2016)
○発達心理学特殊講義(2016)

大学院担当授業科目

○学習・発達研究(2017)
○発達心理学(2016)
○学校教育心理演習A(発達心理学)(2016)
○学習・発達研究(2016)
○学校教育心理特論A(発達心理学)(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ