本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年07月11日

板谷 智也 (いたたに ともや) 助教 ITATANI, Tomoya

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 博士課程 2016/09 修了
【出身大学】
大阪大学医学部保健学科  2011/03 卒業

職歴

生年月

所属学会

日本公衆衛生学会
日本在宅医療学会
日本在宅ケア学会
日本ケアマネジメント学会
医療経済学会
日本看護科学学会
日本地域看護学会
日本災害看護学会
日本看護教育学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

地域看護学

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • Cost-effectiveness analysis of a pertussis vaccination programme for Japan considering intergenerational infection Vaccine 6巻 31号 2891-7頁 2013/04/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Load on low back muscles during home care activities: experimental study involving novice caregivers Journal of the Tsuruma Health Science Society Kanazawa University 40巻 1号 45-54頁 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influences of care dependency on attitudes toward evacuation among elderly community residents Journal of the Tsuruma Health Science Society, Kanazawa University. 40巻 23-32号 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Factors Related to Evacuation Intentions of Power-Dependent Home Care Patients in Japan Journal of Community Health Nursing 33巻 4号 196-208頁 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 地理情報システムを活用した地域ニーズと資源のマッチングシステムの開発 地域ケアリング 19巻 4号 70-72頁

全て表示

  • 訪問入浴に従事する看護師の就業継続意思に関する研究 癌と化学療法 43巻 Supplement Ⅰ号 71-73頁 査読有
  • Cost-benefit analysis of the rubella vaccination in Japan to prevent congenital rubella syndrome: analyses from three perspectives Biomedical Research and Clinical Practice 1巻 2号 27-35頁 2016/04/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 訪問入浴に従事する看護師の就業継続意思に関する研究(会議名:第27回日本在宅医療学会学術集会)
  • 先天性風疹症候群予防を目的とした風疹ワクチン接種施策の経済分析-三視点の分析-(会議名:第75回日本公衆衛生学会総会.)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○在宅看護論(2017)
○公衆衛生看護実習(2017)
○地域アセスメント技術演習(2017)
○在宅看護技術演習(2017)
○ヘルスプロモーション実習(2017)
○地域健康支援技術論(2017)
○保健統計演習(2017)
○地域健康支援技術各論(2017)
○公衆衛生看護実習(2017)
○地域健康支援技術演習(2017)
○保健医療福祉概論(2017)
○地域看護活動基礎実習(2017)
○在宅看護実習(2017)
○看護基礎統計(2017)
○地域概論(2016)
○保健統計演習(2016)
○公衆衛生看護技術演習(2016)
○疫学演習(2016)
○公衆衛生看護実習(2016)
○地域看護活動基礎実習(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○看護基礎統計(2016)
○地域保健指導論(2016)
○在宅看護論(2016)
○在宅看護技術演習(2016)
○在宅看護実習(2016)

大学院担当授業科目

○公衆衛生・在宅看護学特論(2017)
○公衆衛生・在宅看護学演習(2017)
○予防医学概論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ