本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年06月25日

大竹 茂樹 (おおたけ しげき) 理事 OHTAKE Shigeki

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

事務局
理事(基幹教育改革・財務・附属病院担当)・副学長
国際基幹教育院長

教育分野

所属研究室等

理事室 TEL:076-264-5083 FAX:076-234-4017

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 内科学第三 1983/03 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学科 1977/03 卒業
【取得学位】
医学博士

職歴

金沢大学 医学部附属病院(1983/04/01-1986/04/30)
恵寿総合病院 内科 内科医長(1986/05/01-1988/04/30)
金沢大学 医学部附属病院(1988/05/01-1991/06/30)
金沢大学 医学部附属病院(1991/07/01-1997/03/31)
金沢大学 医学部附属病院(1997/04/01-1998/03/31)
金沢大学 医学部(1998/04/01-)

生年月

1952年11月

所属学会

日本血液学会 功労会員(2018-2030)
日本内科学会

学内委員会委員等

○共通教育委員会 委員(2008-2013)
○カリキュラム検討委員会 委員(2008-)
○カリキュラム調整委員会 委員長(2008-)
○がんプロ教務委員会 委員長(2008-)

受賞学術賞

専門分野

血液内科学、病態検査学

専門分野キーワード

白血病

研究課題

血液悪性疾患の化学療法

白血病に対する骨髄移植

白血病の病態解析

著書

  • AMLの寛解導入療法 中外医学社 血液疾患エキスパート 白血病 2009/11 原著書 共著
  • 急性骨髄性白血病に対する寛解後療法(大量シタラビン療法に関する再考を含めて) 文光堂 臨床に直結する血液疾患診療のエビデンス 2009/05 共著
  • 急性骨髄性白血病の治療プロトコール 初発例の治療プロトコール 南江堂 白血病治療マニュアル 2009/05 共著
  • エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック メディカルレビュー社 2004/08 原著書 共著 有吉 寛,大竹 茂樹,ほか120名 4-89600-734-4
  • 血液疾患臨床ハンドブック 中外医学社 2002/04 原著書 共著 中尾眞二,大竹茂樹ほか17名

全て表示

  • 白血病・悪性リンパ腫治療プロトコール集(改訂版) 医薬ジャーナル社 2003/06 原著書 共著 大野竜三,大竹茂樹ほか
  • 白血病とAra-C大量療法 医薬ジャーナル社 2001/08 原著書 共著 大野竜三、大竹茂樹、ほか9名
  • 白血病・悪性リンパ腫治療プロトコール集 医薬ジャーナル社 2001/10 原著書 共著 大竹茂樹、ほか9名

論文

  • CD56 expression is an independent prognostic factor for relapse in acute myeloid leukemia with t(8;21). Iriyama N,Hatta Y,Takeuchi J,Ogawa Y,Ohtake S,Sakura T,Mitani K,Ishida F,Takahashi M,Maeda T,Izumi T,Sakamaki H,Miyawaki S,Honda S,Miyazaki Y,Taki T,Taniwaki M,Naoe T Leuk Res 37巻 9号 1021-6頁 2013/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Role of hematopoietic stem cell transplantation for relapsed acute promyelocytic leukemia: A retrospective analysis of JALSG-APL97. Fujita H,Asou N,Iwanaga M,Hyo R,Nomura S,Kiyoi H,Okada M,Inaguma Y,Matsuda M,Yamauchi T,Ohtake S,Izumi T,Nakaseko C,Ishigatsubo Y,Shinagawa K,Takeshita A,Miyazaki Y,Ohnishi K,Miyawaki S,Naoe T,the Japan Adult Leukemia Study Group Cancer Sci 2013/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Antithrombin deficiency in three Japanese families: One novel and two reported point mutations in the antithrombin gene. Maruyama K,Morishita E,Karato M,Kadono T,Sekiya A,Goto Y,Sato T,Nomoto H,Omi W,Tsuzura S,Imai H,Asakura H,Ohtake S,Nakao S Thromb Res 2013/06
  • The demarcation between younger and older acute myeloid leukemia patients: A pooled analysis of 3 prospective studies. Yanada M,Ohtake S,Miyawaki S,Sakamaki H,Sakura T,Maeda T,Miyamura K,Asou N,Oh I,Miyatake J,Kanbayashi H,Takeuchi J,Takahashi M,Dobashi N,Kiyoi H,Miyazaki Y,Emi N,Kobayashi Y,Ohno R,Naoe T,for the Japan Adult Leukemia Study Group 2013/06 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Discontinuation of imatinib in Japanese patients with chronic myeloid leukemia. Takahashi N,Kyo T,Maeda Y,Sugihara T,Usuki K,Kawaguchi T,Usui N,Okamoto S,Ohe Y,Ohtake S,Kitamura K,Yamamoto M,Teshima H,Motoji T,Tamaki T,Sawada K,Ohyashiki K HAEMATOLOGICA 97巻 6号 903-6頁

全て表示

  • Plasma levels of platelet-derived microparticles in patients with obstructive sleep apnea syndrome. Maruyama K,Morishita E,Sekiya A,Omote M,Kadono T,Asakura H,Hashimoto M,Kobayashi M,Nakatsumi Y,Takada S,Ohtake S J Atheroscler Thromb 19巻 1号 98-104頁
  • Significant decrease in factor VII activity by tissue thromboplastin derived from rabbit brain in a patient with congenital factor VII deficiency (FVII Padua). Sekiya A,Morishita E,Maruyama K,Asakura H,Nakao S,Ohtake S Rinsho Ketsueki 53巻 3号 357-60頁
  • Long-term outcome following imatinib therapy for chronic myelogenous leukemia, with assessment of dosage and blood levels: the JALSG CML202 study. Ohnishi K,Nakaseko C,Takeuchi J,Fujisawa S,Nagai T,Yamazaki H,Tauchi T,Imai K,Mori N,Yagasaki F,Maeda Y,Usui N,Miyazaki Y,Miyamura K,Kiyoi H,Ohtake S,Naoe T,for the Japan Adult Leukemia Study Group Cancer Sci
  • Pre-transplant imatinib-based therapy improves the outcome of allogeneic hematopoietic stem cell transplantation for BCR-ABL-positive acute lymphoblastic leukemia. 25巻 1号 41 - 47頁 2011/01 査読有 原著論文
  • Analysis of bacteremia/fungemia and pneumonia accompanying acute myelogenous leukemia from 1987 to 2001 in the Japan Adult Leukemia Study Group. 93巻 1号 66 - 73頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A single nucleotide polymorphism of IL-17 gene in the recipient is associated with acute GVHD after HLA-matched unrelated BMT. 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Two case reports of inherited antithrombin deficiency: a novel frameshift mutation and a large deletion including all seven exons detected using two methods.  93巻 2号 216 - 219頁 2011/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Randomized study of induction therapy comparing standard-dose idarubicin with high-dose daunorubicin in adult patients with previously untreated acute myeloid leukemia: the JALSG AML201 Study. 117巻 8号 2358 - 2365頁 2011/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A randomized comparison of 4 courses of standard-dose multiagent chemotherapy versus 3 courses of high-dose cytarabine alone in postremission therapy for acute myeloid leukemia in adults: the JALSG AML201 Study. 117巻 8号 2366 - 2372頁 2011/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • A single-nucleotide polymorphism of the Fcγ receptor type IIIA gene in the recipient predicts transplant outcomes after HLA fully matched unrelated BMT for myeloid malignancies. 46巻 2号 238 - 243頁 2011/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • GPI-anchored protein-deficient T cells in patients with aplastic anemia and low-risk myelodysplastic syndrome: implications for the immunopathophysiology of bone marrow failure. 86巻 3号 226 - 236頁 2011/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • BCR-ABL1 mutations in patients with imatinib-resistant Philadelphia chromosome-positive leukemia by use of the PCR-Invader assay.  35巻 5号 598 - 603頁 2011/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Qualitative near-infrared vascular imaging system with tuned aperture computed tomography. 16巻 7号 076004頁 2011/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Randomized trial of response-oriented individualized versus fixed-schedule induction chemotherapy with idarubicin and cytarabine in adult acute myeloid leukemia: the JALSG AML95 study. 91巻 2号 276 - 283頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • AML寛解導入におけるイダルビシンとダウノルビシンの比較(JALSG AML201) 血液内科 62巻 3号 389 - 397頁 2011/03 査読無 総説
  • Allogeneic stem cell transplantation versus chemotherapy as post-remission therapy for intermediate or poor risk adult acute myeloid leukemia: results of the JALSG AML97 study. 91巻 2号 284 - 292頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phase I trial of gemtuzumab ozogamicin in intensive combination chemotherapy for relapsed or refractory adult acute myeloid leukemia (AML): Japan Adult Leukemia Study Group (JALSG)-AML206 study. Cancer Sci 102巻 7号 1358 - 1365頁 2011/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The clinical characteristics of CD7+ CD56+ acute myeloid leukemias other than M0. 91巻 2号 303 - 309頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アントラサイクリンの用量と成人AMLの治療成績 血液・腫瘍科 61巻 4号 460 - 465頁 2010/10 査読無 総説
  • [An elderly case of congenital prekallikrein deficiency].  日本老年医学会雑誌 46巻 4号 348 - 351頁 2009/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • NKG2D gene polymorphism has a significant impact on transplant outcomes after HLA-fully-matched unrelated bone marrow transplantation for standard risk hematologic malignancies. 94巻 10号 1412 - 1434頁 2009/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • [Primary mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma of the urinary bladder successfully treated by radiotherapy and rituximab]. 臨床血液 49巻 1号 30 - 34頁 2008/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Karyotype at diagnosis is the major prognostic factor predicting relapse-free survival for patients with Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia treated with imatinib-combined chemotherapy. 93巻 2号 287 - 290頁 2008/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Diagnosis of acute myeloid leukemia according to the WHO classification in the Japan Adult Leukemia Study Group AML-97 protocol. 87巻 2号 144 - 151頁 2008/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Living-donor lobar lung transplantation for broncho-bronchiolitis obliterans after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation: does bronchiolitis obliterans recur in transplanted lungs? 86巻 4号 369 - 373頁 2007/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Increased macrophage colony-stimulating factor levels in patients with Graves' disease. 88巻 3号 272 277頁 2008/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Prospective monitoring of BCR-ABL1 transcript levels in patients with Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukaemia undergoing imatinib-combined chemotherapy. 143巻 4号 503 - 510頁 2008/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multicenter prospective study of interferon alpha versus allogeneic stem cell transplantation for patients with new diagnoses of chronic myelogenous leukemia. Ohnishi K, Ohtake S, et al INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY 26巻 2号 276-280頁 2004/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cytogenetic heterogeneity of acute myeloid leukaemia (AML) with trilineage dysplasia: Japan Adult Leukaemia Study Group-AML 92 study Miyazaki Y, Ohtake Sほか10名 BRITISH JOURNAL OF HAEMATOLOGY 120巻 1号 56-62頁 2003/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Accelerated telomere length shortening in granulocytes. A diagnostic marker for myeloproliferative diseases Terasaki Y, Okumura H, Ohtake S, Nakao S EXPERIMENTAL HEMATOLOGY 30巻 12号 1399-1404頁 2002/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Induction therapy by frequent administration of doxorubicin with four other drugs, followed by intensive consolidation and maintenance therapy for adult ALL Takeuchi J, Ohtake S,ほか22名 LEUKEMIA 16巻 7号 1259-1266頁 2002/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multicenter prospective study of interferon-alpha versus bone marrow transplantation for newly diagnosed patients with chronic myelogenous leukemia: a preliminary analysis Ohnishi K, Ino T, Kishimoto Y, Usui N, Shimazaki C, Ohtake S, Taguchi H, Kusumoto S, Kuriyama K, Hotta T, Ohno R Cancer Chemother Pharmacol 48巻 1号 59-64頁 2001/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of prognostic factors in newly diagnosed patients with acute promyelocytic leukemia: the APL92 study of the Japan Adult Leukemia Study Group (JALSG). Asou N, Adachi K, Tamura U, Kanamaru A, Kageyama S, Hiraoka A, Omoto E, Akiyama H, Tsubaki K, Saito K, Kuriyama K, Oh H, Kitano K, Miyawaki S, Takeyama U, Yamada O, Nishikawa K, Takahashi M, Matsuda S, Ohtake S, Ohno R Cancer Chemother Pharmacol 48巻 1号 65-71頁 2001/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Brain natriuretic peptide is a predictor of anthracycline-induced cardiotoxicity Okumura H, Iuchi K, Yoshida T, Nakamura S, Takeshima M, Takamatsu H, Ikeno A, Usuda K, Ishikawa T, Ohtake S, Matsuda T Acta Haematol 104巻 4号 158-163頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Trisomy 14 with thrombocytosis and monocytosis Kaya H, Nakamura S, Okafuji K, Terasaki Y, Maeno K, Tanaka N, Ohtake S, Matsuda T Acta Haematol 103巻 4号 206-209頁 2000/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CD8-depleted donor leukocyte transfusions for cytomegalovirus antigenemia in patient with acute lymphoblastic leukemia treated with allogeneic CD34(+) cell transplantation Okumura H, Yoshida T, Takamatsu H, Mochizuki Y, Takeshima M, Ohtake S, Ikeno T, Nakamura S, Nakao S. Am J Hematol 65巻 4号 278-280頁 2000/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Macで簡単、メールサーバーの設置 大竹茂樹 広報(金沢大学情報処理センター) 23巻 1号 35-39頁 1999/12 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • No beneficial effect from addition of etoposide to daunorubicin, cytarabin, and 6-mercaptopurine in individualized induction therapy of acute myeloid leukemia: the JALSG-AML92 study Miyawaki S, Ohtake S, Ohno R, ほか23名 International J Hematol 70巻 2号 97-104頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Clinical Analysis and TPO Levels in Three Patients With Refractory Thrombocytopenia Kyoda K, Nakamura S, Takeshima M, Okumura H, Ohtake S, Matsuda T and Miyakoshi H Am J Hematol 62巻 1号 103-105頁 1999/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anti-Fas IgM monoclonal antibody enhances apoptosis induced by low-dose cytosine arabinoside Nakamura S, Takeshima M, Nakamura Y, Ohtake S, Matsuda T Anticancer Res 19巻 1号 197-204頁 1999/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 化学療法に抵抗し巨大肝脾腫を伴った劇症型多発性骨髄腫の1例 経田克則、中村忍、武島稔、大竹茂樹、松田保、宮腰久嗣 癌の臨床 44巻 13号 1621-1624頁 1998/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A long term follow-up of a randomized trial comparing interferon-alpha with busulfan for chronic myelogenous leukemia. The Kouseisho Leukemia Study Group Ohnishi K, Tomonaga M, Kamada N, Onozawa K, Kuramoto A, Dohy H, Mizoguchi H, Miyawaki S, Tsubaki K, Miura Y, Omine M, Kobayashi T, Naoe T, Ohshima T, Hirashima K, Ohtake S, Takahashi I, Morishima Y, Naito K, Asou N, Tanimoto M, Sakuma A, Ohno R Leukemia Res 22巻 9号 779-786頁 1998/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Acute Hepatitis A Virus Infection-Associated Hemophagocytic Syndrome Kyoda K, Nakamura S, Machi T, Kitagawa S, Ohtake S, Matsuda T Am J Gastroenterology 93巻 7号 1187-1188頁 1998/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Primary Prostatic Lymphoma of Mucosa-Associated Lymphoid Tissue Tomikawa S, Okumura H, Yoshida Y, Mochizuki H, Miwa A, Takayanagi K, Yoshino T, Ohtake S, Fujimura M, Nakamura S, Matsuda T Internal Medicine 37巻 7号 628-630頁 1998/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lack of prognostic significance of CD34 expression in adult AML when FAB M0 and M3 are excluded Kyoda K, Nakamura S, Hattori N, Takeshima M, Nakamura K, Kaya H, Matano S, Okumura H, Kanno M, Ohtake S, Matsuda T Am J Hematol 57巻 3号 265-266頁 1998/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of prognostic factors in newly diagnosed acute promyelocytic leukemia treated with all-trans retinoic acid and chemotherapy. Asou N, Adachi K, Tamura J, Kanamaru A, Kageyama S, Hiraoka A, Omoto E, Akiyama H, Tsubaki K, Saito K, Kuriyama K, Oh H, Kitano K, Miyawaki S, Takeyama K, Yamada O, Nishikawa K, Takahashi M, Matsuda S, Ohtake S, Suzushima H, Emi N, Ohno R J Clin Oncol 16巻 1号 78-85頁 1998/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Thyroid Tumor as Initial Presentation of Hodgkin\'s Disease: A Case Report Including an Immuno- phenotypic Characterization Nakamura S, Ohtake S, ほか4名 Acta Haematol 98巻 4号 214-216頁 1997/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic significance of immunoglobulin heavy chain gene rearrangement in patients with acute myelogenous leukemia Kyoda K, Ohtake S,ほか3名 Leukemia 11巻 6号 803-806頁 1997/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 白血病細胞におけるP糖蛋白による多剤耐性の検討 彼谷裕康、中村忍、池野恒久、服部憲尚、武島稔、中村喜久、大竹茂樹 日本臨床細胞学会誌 36巻 3号 299-304頁 1997/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Treatment of acute myeloid leukemia and myelodysplastic syndrome with orally administered cytarabine ocfosfate and granulocyte colony-stimulating factor Okumura H, Ohtake S,ほか12名 Int J Hematol 65巻 3号 263-268頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○白血病の治療に関する研究
○臨床研究用Web Applicationの開発

科研費

○基盤研究(C)「白血病細胞におけるIineage crossoverの臨床的意義」(1999-1999) 代表者
○基盤研究(C)「白血病細胞におけるlineage crossoverの臨床的意義」(2000-2000) 代表者
○基盤研究(C)「白血病細胞におけるIineage crossoverの臨床的意義」(2001-2001) 代表者
○特定領域研究(C)(2000-2001)「血漿中の腫瘍由来核酸を用いた腫瘍マーカー検査法の確立」(2002-2002) 代表者
○特定領域研究(C)(2000-2001)「血漿中の腫瘍由来核酸を用いた腫瘍マーカー検査法の確立」(2003-2003) 代表者
○特別研究促進費「難治性白血病に対する標準的治療法の確立に関する研究(臨床研究チームの整備)」(2003-2003) 代表者
○研究活動スタート支援「難治性白血病に対する標準的治療法の確立に関する研究」(2008-2010) 分担者
○研究活動スタート支援「難治性白血病に対する標準的治療法の確立に関する研究 」(2005-2007) 分担者

学域・学類担当授業科目

○健康科学(2017)
○血液学(2017)
○臨床医学概論(2017)
○健康科学(2017)
○健康科学(2017)
○健康科学(2016)
○健康科学(2016)
○健康科学(2016)
○血液学(2016)
○血液検査学実習(2016)
○病態生理学Ⅰ(2016)
○臨床医学概論(2016)
○健康科学(2016)
○健康科学(2016)
○健康科学(2016)
○健康科学(2016)
○健康科学(2016)
○健康科学(2016)
○健康科学(2016)
○健康科学(2016)
○健康科学(2016)
○健康科学(2016)
○健康科学(2016)
○血液検査学(2016)
○臨床医学入門(2016)
○臨床細胞学実習(2016)
○病態生理学Ⅰ(2015)
○臨床細胞学実習(2015)
○臨床医学概論(2015)
○血液学(2015)
○医療と情報(2015)
○臨床医学概論(2015)
○臨床医学入門(2015)
○健康増進科学(2014)
○医療と情報(2014)
○臨床医学概論(2014)
○臨床医学入門(2014)
○病態生理学Ⅰ(2014)
○臨床細胞学実習(2014)
○血液学(2014)
○臨床医学概論(2014)

大学院担当授業科目

○腫瘍検査学特別研究(2016)
○腫瘍検査学課題研究(2016)
○血液免疫病態学特論(2016)
○血液免疫病態学演習(2016)
○医用検査科学研究方法論(2016)
○腫瘍検査学特講演習(2016)
○腫瘍検査学特講(2016)
○医用検査科学研究方法論(2015)
○血液免疫病態学特論(2015)
○血液免疫病態学演習(2015)
○腫瘍検査学課題研究(2015)
○腫瘍検査学特講演習(2015)
○腫瘍検査学特別研究(2015)
○腫瘍検査学特講(2015)
○腫瘍検査学特講演習(2014)
○腫瘍検査学特講(2014)
○腫瘍検査学特別研究(2014)
○医用検査科学研究方法論(2014)
○血液免疫病態学演習(2014)
○血液免疫病態学特論(2014)
○腫瘍検査学課題研究(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○石川県国民健康保険診療報酬審査委員会審査委員(2000/04/01-)
○金沢市健康教育推進委員会委員(2010/04/01-)
○金沢市精度管理員会委員
○石川県医師会臨床検査精度管理調査委員会委員(1998/04/01-)

講演可能なテーマ

○白血病の治療戦略(キーワード:白血病,治療戦略,治癒)

その他公的社会活動

このページの先頭へ