本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2021年04月14日

水本 泰成 (みずもと やすなり) 講師 MIZUMOTO Yasunari

所属組織・役職等

附属病院

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 薬学専攻

所属研究室等

学歴

【取得学位】
博士(医学)

職歴

生年月

1973年10月

所属学会

石川産科婦人科学会 幹事(2019-2021)
公益社団法人 日本産科婦人科学会 理事会内委員会「広報委員会」委員(2015-2017)

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • [CA72 -4 (TAG72)]. 京哲、高倉正博、中村充宏、井上正樹  日本臨牀 68巻 7号 717-9頁 2010/06 査読無 解説
  • Activation of NF-kappaB is a novel target of KRAS-induced endometrial carcinogenesis. 研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of telomeric single-strand overhang length in human endometrial cancers. 研究論文(学術雑誌)
  • High Twist expression is involved in infiltrative endometrial cancer and affects patient survival. 研究論文(学術雑誌)
  • Creation of tumorigenic human endometrial epithelial cells with intact chromosomes by introducing defined genetic elements. 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Distinct telomere length regulation in premalignant cervical and endometrial lesions: implications for the roles of telomeres in uterine carcinogenesis 研究論文(学術雑誌)
  • Activation of ERK1/2 occurs independently of KRAS or BRAF status in endometrial cancer and is associated with favorable prognosis. CANCER SCIENCE 研究論文(学術雑誌)
  • The culdotomy two U procedure for vaginal ovarian cystectomy. Surg Innov 研究論文(学術雑誌)
  • Forkhead transcription factor FOXO1 is a direct target of progestin to inhibit endometrial epithelial cell growth. 研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic impact of CD133 expression as a tumor-initiating cell marker in endometrial cancer. 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of HER-2 affects patient survival and paclitaxel sensitivity in endometrial cancer. 研究論文(学術雑誌)
  • Experience and efficacy of a bipolar vessel sealing system for radical abdominal hysterectomy. 研究論文(学術雑誌)
  • Intraperitoneal administration of telomerase-specific oncolytic adenovirus sensitizes ovarian cancer cells to cisplatin and affects survival in a xenograft model with peritoneal dissemination. 研究論文(学術雑誌)
  • Diagnostic potential and limitation of imaging cancer cells in cytological samples using telomerase-specific replicative adenovirus. 研究論文(学術雑誌)
  • The Culdotomy FourS Two U procedure for transvaginal access to the peritoneal cavity. 研究論文(学術雑誌)
  • Role of menin in the regulation of telomerase activity in normal and cancer cells. 研究論文(学術雑誌)
  • Concomitant activation of AKT with extracellular-regulated kinase 1/2 occurs independently of PTEN or PIK3CA mutations in endometrial cancer and may be associated with favorable prognosiss. CANCER SCIENCE 研究論文(学術雑誌)
  • Use of laparoscopic support to avoid laparotomy in vaginal ovarian cystectomy. J Minim Invasive Gynecol 研究論文(学術雑誌)
  • Ultrasound-guided culdotomy for vaginal ovarian cystectomy using a renal balloon dilator catheter. 研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of outcome of Stage I-III endometrial cancer treated with systematic operation omitting paraaortic lymphadenectomy. 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「癌間質線維芽細胞を標的とした新たな子宮内膜癌治療戦略の開発」(2012-2014) 代表者
○若手研究(B)「NFkB制御と抗EGFR抗体によるKRAS変異子宮内膜癌治療戦略に関する基礎研究」(2010-2011) 代表者
○基盤研究(C)「卵管上皮に対する月経と排卵に伴う液性因子の発がん誘導作用の解析」(2016-2018) 代表者

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○女性生殖臓器病態学特論(2017)
○女性生殖臓器病態学特論(2017)
○女性生殖臓器病態学特論(2016)
○女性生殖臓器病態学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ